2004年02月19日

その1

空前の日本語ブームに乗じて、スプレンでは岩手県の生の方言をご紹介していきたいと思います。

・あめる
食べ物などが腐るときに使う言葉。「このご飯あめてら」などと使う。飴が糸を引く様子から来たんでしょうね。
また、岩手の若者の間では「腐るような状況、状態」など食べ物に限らず使う場合が増えてきた。例としては「今日トイレ掃除かー、あめるー」など。

・しゃっこい
冷たいといった意味。ひゃっこい、はっこいと土地土地で微妙に違う。

・やんた
「嫌だ」の意。「これ運べー」「やんたでー」などと使われる。

・いがすか
「いいですか?」と同意を求める言葉。ちょっと丁寧。「それでは初めていがすか?」などと使う。

どうですか?明日使えるものばかりですね!それでは皆様明日から出身地を偽ってみてはどうでしょうか!

Posted by kamiko at 2004年02月19日 22:13 | トラックバック
コメント

はじめまして。
笑ってしまったのは岩手県人だからでしょうか(笑)
私、どうしてもご高齢の方々の言葉が理解できなくって。
もっさげなござんすとか、
えんずぐらすぅとか、
私、若いからわかんない。(大嘘)
わかる・・・・かなぁ。

Posted by: はっち at 2004年02月22日 23:04

はじめまして。
おばあちゃん宛にかかってきた電話なんかだと、本当に聞き取れなくって固まってしまいます。地域によっても結構違いますし。でも、標準語を話すおじいちゃんおばあちゃんを見ると、やっぱり地方人は違和感を覚えてしまいすね。

Posted by: kamiko at 2004年02月22日 23:42

仙台弁ではやんたは「やんだ」です。

やんだ、やんだ。

雨じゃないのになあ。

Posted by: nagasawa at 2004年02月23日 00:26

伊達藩の言葉はこっちより威勢がいい感じがしますね。
エネルギッシュでいいなー、と思います。

Posted by: kamiko at 2004年02月23日 22:34
Trackback
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?