2005年05月11日

胃カメラレポ

 8:30に病院に到着して、奥のベットに座らされる。胃の泡を消す薬を少量のむ。すっごく薄いポカリみたいな味。

次にのどに麻酔。キシロカインスプレーをシュっとのどに吹き付ける。すごくにがい。やられるたびにオエッっとなった。それを2分毎に3回。1回目の時点でのどが麻痺したのがわかる。唾液を飲み込むのがひどく億劫だった。

それが終わると診察台に横に。マウスピースを口にはめる。胃の動きを止める注射と、眠くなる注射をする。眠くなる注射をしたときに、ぴりぴりと血管痛がした。

と、はっきり覚えているのはここまで。

モニターで映像を見ていた気がするんだがよくおぼえてません。終わりごろに「あーやっぱ十二指腸潰瘍だねえ」といわれた気がします。「はいおわりでーす」といわれてふらふらベットまで行きました。ふわふわしたここちいい眠気と結果に関する不安で「おお、これはまさしく官能と憂鬱ではないか」などとニヤニヤしながら、えらい寝心地の悪いベット(たぶんなんかの診察用)でうつらうつら。

覚醒したころに看護婦さんがやってきて「ぐっすり寝てたから起こさなかったのよ」と半笑いでいわれて「へっ?」と思っていたらもう11:30とか。うつらうつらどころではなく熟睡していたらしい。本当にどこまで薬に弱いんだ私は。

結果は予想通り十二指腸潰瘍。薬を飲んでたのでだいぶよくはなってるらしい。ただあと最低でも半年は薬を飲み続けなくちゃいけないそうだ。あと胃の組織をとったんでピロリ菌の有無を調べるらしい。

そんなわけで再来週また病院へ行かなくっちゃ。あの病院へ行かなくっちゃ。二度とカメラなど飲むものかー。(なるよし)

そのあとおなかが猛烈に減ったのでパンを大量に買い込む。クロワッサン、クロックムッシュ、コロネ、チョコのパイ、ローストビーフのサンドイッチ。ウーロン茶をがぶがぶ飲みながら食べる。げふー。

そしたらまた眠気が襲ってきましたよ。これは食べ過ぎによる眠気なのか麻酔によるもんなんだかわかりません。とりあえず寝ます。おやすみなさーい。

Posted by kamiko at 2005年05月11日 13:52 | トラックバック
コメント
Trackback
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?