2004年11月14日

NOM

ラーメンズ小林君が久しぶりに電波(ミュージックオンTV)に乗ったよレポ。

「Not Only Music」という番組内の、元キックザカンクルーのクレバが「レシピ」というテーマでゲストを呼ぶコーナー。
今回は「日本語のレシピ」ということでラーメンズの小林賢太郎迎えて、2週にわたって日本語であそぶことに。

1週目
田園調布学園大学の図書館にて。ホワイトボードの前にクレバと小林。

小林氏紹介場面で「gdh」の映像が出るが、その直後に現れた小林氏はそのころと比べると、あごから首にかけてのラインがおかしい。日村か。関係ないけど黒ぶち眼鏡。紐つけてある。

クレバの「希望の炎」の2番の歌詞を韻を踏みかえて遊ぶことに。
「そうさ俺は最低の人間 なんならここで泣いてもいいぜ」という歌詞をつける時に「抱いてもいいぜ」というボツもあったというクレバ。それを聞いて「最っ低だね」「豚ですよ!」と小林。桜の「蒲田の行進曲」を意識?やけに笑うクレバ。

「希望の炎」が「脂肪の炎」へ。
その後の歌詞をデブ使用に韻を踏みかえる。「やめるやめない」を「やせるやせない」、「チャンネル」は「ダンベル」といった調子。「だから」を「DAKARA」と変えたのが地味に面白い。次々変えてゆく小林を見てクレバがしみじみと「ハードライマーっすねえ」(クレバずっと若者敬語)

クレバが「移動の炎」もありですよね、というと「IDOの炎」にする小林。
最初の「そうさ」を「操作」に代えて以下にカギカッコつけて、最後に(^^);を書いて歌詞をメールの文面という設定にする小林。(顔文字書くのが手馴れてる気がしたのは私だけだろうか)

ホワイトボードで作業してるんだけど、小林氏は文字を消すときに指で消すもんだから指が真っ黒になってました。あとクレバ氏のことをクレってよんでました。

2週目見たんですが、今週いっぱい放送してるのでまた後で。

Posted by kamiko at 14:49 | コメント (0) | トラックバック

2004年03月14日

今回の「新撰組!」

まー、いつになったら京都に行くのよー。さすがに展開がタルい。いつまでたっても大倉君が出てこないじゃないの!野田秀樹はもうでてこないのかよー。

でも、きょうは元・ジョビジョバ坂田が出てきました。なんか、芹沢鴨の取り巻きで。眼帯つけてた。相変わらなかんじで懐かしくなりました。つーか残りの皆は生きてるのか!?マギーと六角はけっこう見るけど。うーん、がんばれー。

関係ないけど、梶原善はいつの間に帰国してたんですか。まあ、みんな思うところあるんでしょうか。よくわかりません。

Posted by kamiko at 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月03日

ミッチーはどこに!?

今古畑見てます。
ミッチーの居場所わかった!(ただ今の時刻22:40)

冷蔵庫ー!って案外わかりやすいね。
だからコックさん解雇して、奥さんのピザも辞めさせたんですね。
みんなもっとはやくわかるのかなあ。

Posted by kamiko at 22:39 | コメント (2) | トラックバック

2003年08月29日

どうしたNHK!

今日「蝉時雨」という教育テレビの時代劇を宮藤官九郎目当てで見ていたのに、微塵も出てこず。
かわりに130R板尾が『道場の嫌なやつ』というえらいはまり役でやたらアップが多く、ドギマギ。

ほんこんの行方も気になりますが、眠いので寝ます。

Posted by kamiko at 22:48 | コメント (8) | トラックバック

2003年08月27日

前言撤回!

もーね、あっけなくぜんげんてっかーい。ファンダンゴTV買うです。この年でひっさびさに親におねだりしましたわ。それもこれもカリカっちゅう芸人の単独を放送するからなのよ。ゆるして。もう、うそつきとでも何とでもお言いよ。
そしてその代わりにシアターテレビジョンを一時解約。10月はKERA特集っぽいのでまたそのとき。

えー、そんなことはともかく。
まだご紹介していないチャンネルについてレッツミシュラン!

フジテレビ721・739
それぞれ別のchで、721はバラエティで739は主にスポーツを担当しております。そんなわけで見ているのは圧倒的に721。FACTORYとかの音楽番組をやってたりするので、音楽のほうも気を抜けません。何よりうれしいのはフジテレビ地上波の深夜帯の再放送。ちなみに今は初期のボキャブラをやってます。

あとは、「男おばさん」という謎の番組。内容はと言えばフジ内で1,2を争うオタク男性アナウンサー、軽部と笠井が映画を中心とした最新情報を、お互いの好みで薦めたり薦めなかったりする番組。それだけなんですが、軽部のキャラが黒く、笠井が異様にハイテンション。まあ、1回ぐらい見てもいいかも。

viewsic(731ch)
sony系の番組らしいので、スペースシャワーよりも内容的にはやわらかめ。オリコン左ページめ。わたしゃあんまり見ませんが、妹はこっちの方を良く見るみたい。嗚呼、影響力の無い姉(その話はまた今度)

えー、それはともかく。そんなヴュージックですが「コミック牙」という、ピエール瀧好き勝手番組(ほんとにそうとしか言いようが無い)やら、「OUR FAVOURITE SHOP」なんて番組もすごいもんで、内容自体は80&90年代のUKのクリップを流すっていうものなんですが、その曲紹介をするのがみんなパペット!というか動物鍋つかみ。うーむむ。人件費削減ってことでしょうか。

CARTOON NETWORE(274ch)
これはもう相当過去に見ていたやつです。その名のとおり、アメリカを中心とするアニメが24時間流されっぱなしと言う頭の腐りそうなことをやってるチャンネルです。これを見るとつくづく日本のアニメってえらいなあ、と思います。トムとジェリーったらなんだ。

でもいまはチェコとかフランスのアニメもやってるみたい。それはちょっとみたい。けど、あの原色ばっかつかったアニメはもう当分いいです。パワーパフガールズとか、かわいくねえもんなあ・・・。

Posted by kamiko at 21:18 | コメント (1) | トラックバック

2003年08月10日

スカパーミシュラン

実は我が家、スカパーに加入しております。アンテナさえあれば(日本の)チベットにも電波は届くんです!

と言うわけで改めてうちで購入している、または買ったことのあるチャンネルについて批評してみるでござる。これで気になるチャンネルがございましたら加入したらよいかも。webヤギの目の林氏はスカパーしか見てないそうですし。(だからなんだ)

・シアターテレビジョン(262ch)
一回倒産して、いまはサントリーとネビュラが経営しているシアターテレビジョン。気づくとキャラメルボックスを3本連続で流してたりするのは、ネビュラがキャラメルボックスの運営をしている会社だからあああー。うぜええー。誰が見るんだああー。知らないうちにGITI早稲田アワー「吉村作治の旅と文明」なんつー番組もしていたりで、「演劇専門チャンネル」と言う肩書きも危ういー。

しかも最近wowowが芝居に力を入れ始めて、やや押され気味?でも、私がキューティーもジッパーもミニも買わず「演劇ぶっく」を定期購読するきっかけを作った思い出深いチャンネル(スカパー加入したその月がクドカンとマギー特集で、たしか野田演劇もそのときはじめて見た)なので、いまだに見ています。演劇だけじゃなくてオペラなんかもやってます。

・ヨシモトファンダンゴTV(284ch)
これはシアターテレビジョンとうって変わって、1ヶ月ぐらいですぐ辞めました。新宿のルミネtheよしもとが家で見られる!と言うのが最大の売りのはずなんですが、いつまでたっても新しい舞台を放送しないので一週間も見るともう飽きてしまうんですな。

だいたいよく考えたら吉本の芸人嫌いなんだよ、わたしゃ。しかも中途半端な若手芸人がくっちゃべるだけのくだらない番組がいっぱいあって、もーほんと、二度と買いません。カリカという芸人のネタが見れたのは良かったなあとは思います。

・スペースシャワーTV(265ch)
CS音楽チャンネルの中では一番充実しているチャンネルといっても過言ではありません。たぶん。ココ主催のイベントもサイズを問わず沢山あって、その模様を独占して流せるのでかなりカラーの強いチャンネルになっています。あとはココでしか流さないバージョンのPVを作るアーティストもいるくらい、かなりアーティストとの関係も密接.

なんか文体硬っ。変な宣伝みたい。お部屋の空気を換えましょう。

えー、とにかくこのチャンネルは別格と言った風に充実しまくり。範囲も深くて広いし。最近はコーネリ特集いっぱいやってて楽しいー。あ、余談ですがPV監督にはこのチャンネルの関係者がいっぱいいるんですのよ。そいつで映画撮っちゃえー!ってことでスペシャでは映画制作もやっとります。今までのだと「うずまき」「けものがれ、俺らが猿と」それと今度公開する中島美嘉主演の「偶然にも最悪な少年」っつーのがそれにあたります。まあ映画の内容は長いPVですが、しっかし規模がでかいねー。と言う話。

いやー、長くなってしまいました。ほかはこんど。

Posted by kamiko at 21:11 | コメント (9) | トラックバック