サイト内検索:
ジョブズ亡き後のAppleは"偉大な企業"でいられるか――200人以上に取材を重ねて"ジョブズ後"のAppleを追った「沈みゆく帝国」著者が来日し、Appleの今と今後を語った。

偉大であり続けるのは難しい──"ジョブズ後"のAppleは「光らなくなった」か 「沈みゆく帝国」著者語る

最初に「沈みゆく帝国」という書籍タイトルを見た時はそのタイトルはマイクロソフトの方が合うんじゃないか、よくあるメジャーを叩くことで注目を浴びるあざといやり方じゃね?と割とネガティブな印象を持ったんですが、先日その著者さんが来日してイベントでいろいろインタビューに答えていたのですが、それが意外と「わかってるじゃん」的な内容だったので気になった部分を引用してみます。

人間としては(病気などプライベートを)あまりほじくりたくはない。でも記者としてはやらないといけない。Appleを担当していた記者はみんなすごく悩んだと思います。ある時、「スティーブは、自分にスポットライトが当たるように仕向けて良いときだけ目立とうとし、悪い時は隠れようとするが、それは都合が良すぎるのでは」と言われ、だいぶ楽になりました。

うん、そう。スティーブはフェアではなく自分勝手なのです。でもまあ、それは仕方ないものだ、と周りは思っていたわけですが。

スティーブがいたころのAppleは彼中心に動いていました。スティーブの周りはいつも嵐のようで本当にめちゃくちゃだったと聞くし、周りは疲れる。でもそれによって何かが生まれてきました。

この「スティーブの周りはいつも嵐のようで本当にめちゃくちゃだった」というのはほんとそうですよね。まあこの言葉から想像されるほどめちゃくちゃではないのですが、嵐のように現れてはその場をぐちゃぐちゃにしてそそくさと立ち去っていくって感じでしょうか。でもまあ、それはそういうもんだ、と周りは思っていたわけですが。それは例えれば地震に慣れた日本人、みたいなもんでしょうか。で、その地震のおかげで日本の建築技術が向上しているわけで、それはそれで悪くないわけです。ただ、地震はやっぱり何が起こるかわからないのでなければないに超したことはないのとも同じです。

「クックはオペレーションの人なのでビジョンはない」と周囲の人は全員言います。一方でスティーブは「編集長だった」と。スティーブはビジョンに沿ってリーダーシップを取り、何をどれだけやるか、フォーカスを決める役割でした。今は、編集長の役割を担う人が浮かび上がって来ません。

私の印象は編集長というよりは指揮者でしょうか。どちらもリーダーですが、クリエイティブに対するエネルギーの違い、みたいな感じで。

スティーブの武器の中で大きかったのは彼の説得力です。何もないときに何かが出てくることを人に信じさせる宗教的な力、「現実歪曲空間」が武器でした。イノベーション自体も大事ですが、それをイノベーションと思わせる説得力も必要。それも今はないと思います。

ほんとにこれはね、生で目の前で説得されてみないとその凄さは実はよくわかんないと思うんですよ。

例えば世の中はこう変わる、って言われても「えー、そんなことないよー」と思うもののスティーブの話が終わるとあながち夢物語ではなくなんか実現できそうな気になるんです。単に夢を語っているだけじゃなくてちゃんとそこには理論とか裏付けがあるんです。それが「説得力」というやつなのかもしれません。

残された人はたちは、スティーブが言っていたのと同じようなことを言っていますが、なぜか説得力がない。スティーブとまったく同じことをクックが言っても、説得力がありません。それが大きな変化かなと。

よく「スティーブ・ジョブズになりたい」とか「スティーブ・ジョブズのようにやりたい」といって真似している人を見るのですが、それはやっぱり表面だけで全然迫力が違うんですよねえ。一番近くにいたティム・クックですらできないんですから。

またBeatsの買収に関しては、「スティーブはしなかった買い物だと思います。」、そしてIBMとの提携に関しては、

サプライズはないですよね。クックはIBM出身ですから。スティーブはBtoCしか興味がなかったが、コンシューマー市場は伸びるところまで伸びた感じがあり、次はビジネス市場をみるのはアリかなと。スティーブならしなかっただろうが、スティーブのAppleはもうないと思えば、前のAppleとは違う形で。Microsoftみたいな企業に落ち着くのかな

ということで、ああ、わかってるなあ、と思いました。

あと本を書くにあたって多くの人に取材しているのですが、それについては、

200人近くに会いました。スティーブがいたらこれほど話を聞けなかったと思います。スティーブの怒りは相当怖く、ビジネス抜きでもしゃべりたがらない人だから。Appleに二度と戻る気がない人でもスティーブをリスペクトしているし、スティーブから怒りの電話がかかってくるほど面倒なことはないので、彼が話して欲しくない内容の取材は断られたでしょう。

まさにその通りですね。あと付け加えるならみんな自分の心の中のスティーブというものを大事にしていてそれを表に出したくない、という感情はあるかと思います。大切な何か、なんですよ。なので私もスティーブが死んだ時にメディアから取材の依頼が来ましたけど全部断っていましたし、他の人もそうだったみたいでした。一方、取材に応じた奴らはつまりその・・・。

最後に面白い見方だなあ、と思った部分を引用します。「今後のAppleの見所は?」という質問に対し、

Appleは秋にまったく新しいプロダクトを出していくといわれていますが、過去のAppleを見ると、一発目で大成功したことはあまりないんですよね。一発目はまぁまぁの評判で、2回目で本当にすばらしものができあがり、大勢に買ってもらうパターンなので、次に新しいものを出し、まぁまぁの評判だったときにティムがどう出るか。スティーブのように投資するのか、一歩引いてしまうのかが見所だなと。

これが本当に楽しみですね。

3台のフォード・マスタングのドライバーが3人ともドリフトのスキルがないのにドリフトして何かしらの問題を起こしている、というビデオです。

これ、ドリフト大会かなんかのビデオなんでしょうかね?

とりあえずドリフトは真夜中のボーリング場の広大な駐車場で練習するとよいかと思います。冬なんて、下が凍っていたりするとクルクル回ってものすごくドキドキしますし。

▶ No Skills: 3 Ford Mustangs Fail At Drifting & Cause Some Damage In The Process; - YouTube

Over a third of parents report their child has had an accident on holiday that needed immediate first aid. Learn first aid for peace of mind. Find out more about the St John Ambulance Safety Suit campaign here - sja.org.uk/safetysuit

休日に子供が事故にあって応急処置の必要があった、というレポートが1/3以上の親からあったそうです。

応急処置について学ぶことは心の安らぎにつながるので是非トレーニングを受けましょう、というSt John Ambulanceという団体のキャンペーンビデオがこれです。

いまいちコンセプトがうまく表現できていないような気がします。

このビデオだと「過保護はよくないよ」って印象を受けるのは私だけでしょうか。

まあ、それはさておき、子供が何かしらの事故に遭遇したときにどう行動するか、というのは日々考えておきたいですね。例えばおもちゃとか食べちゃやばいの飲み込んじゃった、とか、高い所から落ちた、とか。あとは近くの小児用緊急病院の場所と診療時間、そして休日の対応など、ですね。

▶ St John Ambulance Safety Suit - YouTube

Here's a menu item that will encourage kids to play with their food. When baked, these innovative Puzzle Potatoes are a fun and healthier alternative to regular fries, offering something both parents and kids will love.

Puzzle Potatoes | US Foods

テトリスの形をした遊べるポテト「Puzzle Potato」です。こんな風にして楽しむようです。

Puzzle%20Potatoes%20%7C%20US%20Foods

さらにこんな風に収納できるようです。

Puzzle%20Potatoe

食べ物で遊んじゃいけないよ、という教えが日本にはあるのですが、海外にもそういう思想はあるんでしょうか。

でもとりあえずこのポテトだったらちょっと遊んでみたくなるかも。

"Time Is Dancing" withdraws from the empty display of time and offers the symbolization of the view of time.

time is dancing - meikeharde.com

時は踊る、ということでこんな感じのデザインの時計です。

time%20is%20dancing

足が針になっているんですが、これ、時間によってはあり得ない体勢になるんじゃないかと思うのですが、そこはちゃんと処理されているようです。

time%20is%20dancing%20

time%20is%20dancing%20

バレリーナのピシっとした姿勢が時計の時間表示と実にマッチしていていい感じです。

179ユーロで以下のサイトで購入できます。

K&M Classics Time Is Dancing Wanduhr

7月24日のラッキーさん

BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「KIYOS LOG | きよぞうのひとりごと -KIYOS-FACTORY-」さんです。

ブログのURLがwww.kiyos-factory.comということで独自ドメインで運用されている方のブログです。
右サイドバーに新潟県能生の潮の高さを示すブログパーツが掲載されているので釣りのブログさんなのかなあ、と思って読んでみたんですが、どうもそうじゃないみたいです。どちらかといえば車関係でしょうか。

で、さらに新潟にお住まいなのかな、と思ったらそれもどうやら違うようです。ああ、なるほど、釣りは能生まで行く、ってことなんですね。うーむ、プロフィールページはないのか!?

ブログシステムはWordPressを使われているんですが、写真には自動処理されているであろうExif情報が添付されていたり細部にわたっていろいろ面白そうな仕組みを導入されているのでWordPressを使っている方は興味深く読むことができるのではないでしょうか。

車はエルグランドに乗られているようですが、パーツをあれこれ変えられているようです。こちらも興味ある方はどうぞ。

それにしてもいろいろブログにしろ所有物にしろ、いろいろ手をかけていてすごいですね。

そんな感じのラッキーさんでした。

大事なことなので引用しておきます。

独立行政法人国民生活センターは22日、ベネッセコーポレーションにおける個人情報漏えいに便乗した不審な勧誘活動が報告されていることを公表した。

国民生活センター、ベネッセの個人情報漏えいに便乗した不審な勧誘に注意を呼び掛け

40代女性からの「消費生活センターをかたり、『ベネッセの情報漏えいの件で、あなたの情報が流出していないか確認している』と電話があった。特定の企業名をあげ、取引がないかを聞かれたが、途中で電話が切れた。不審だ。」、70代女性からの「『ベネッセの名簿にあなたの名前が載っている。このままでは口座凍結される』という不審な電話が番号非通知でかかってきた。『折り返し電話をする』と言ったら電話番号を教えられたが、どうしたらよいか。」といった相談が寄せられたという。

とにかく「ベネッセの情報漏洩に関して・・・」と始まりいろいろ聞いてくる電話というのがあるようです。

とりあえずうちの奥さんにはベネッセ関連で電話がかかってくることはないので、かかってきたらそれは詐欺の類だと思え、と伝えています。

国民生活センターでは、「あなたの個人情報が漏えいしているので削除してあげる」「名簿に名前が載っており、このままでは口座凍結される」などといった勧誘があっても、相手をせずにすぐに電話を切り、不安に感じた場合は消費生活センターなどに相談するよう呼び掛けている。

つうかこれ、電話かけてきた相手が誰であるかの情報を得られるような何かってないもんかなあ。この機会に一斉摘発とかにならないもんか。

皆さん、気を付けましょうね!

非常に失礼なタイトルで申し訳ないんですが、いわゆるポートレートモードで撮影されたビデオほど惜しいものはなくて、「なぜランドスケープモードで撮らないんだ!」と毎回思っていたところにこんなビデオを観てしまうと、縦での撮影も悪くないもんだな、と思うわけです。

つうか、これ、どうやって編集するんでしょうかね。

あ、このビデオはニューヨークに住むフィルムメーカーであるDan Tothさんによるものです。

やっぱりセンスなんだろうな。


▶ Sunnyside, Queens - New York City - YouTube

まさに「アウチ!」って感じの動画に仕上がっております。

ビデオの中では大笑いしていますが、首、大丈夫なんでしょうか。

でも、ついつい子供用のおもちゃとか遊具って懐かしくって戯れてみたくなるんですよねえ。

▶ SLIDE FAIL - YouTube

こういうなぞなぞみたいなTシャツがあるわけですよ。

memolition

んで、「シグマパイ」ってなんだ?と思ってぐぐったら結構有名なフレーズらしいんだけど日本語だと答えが見つからなかったんで英語で調べてみたらわかりました。

なるほど、Σをシグマと読んでしまうからわかんなくなっちゃうんですね。その意味で考えないと。

memolition.com -- New Post has been published on memolition

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

晩飯のヒント

ModernSyntaxRadioShow

RSS (アイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ)

235回目以降現在まで。
95-234回目
0-94回目

BlogPeople PEOPLE

トラックバック・ピープル

【BlogPeopleピープル】

お誕生日おめでとう

モバイル

Powered by Movable Type 6.0.3

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

アイテム

  • note.png