« ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング | メイン | Gmail Manager »


 2005年12月14日

この日のCOTOBACO

開店直前のアクシデントで生まれた店名「ジョナサン」


開店直前のアクシデントで生まれた店名「ジョナサン」:夕刊フジBLOG

同社は昭和54年5月、すかいらーくと米国のコーヒーショップチェーンのサンボ社との業務提携の下、「サンボ」という社名で創業。翌年の4月に米国店と同じスタイルの店を開店させる手はずになっていた。ところが開店直前に米国サンボ社の経営陣の交代などがあり、提携が解消。そこで急遽「サンボ」に代わる店名が必要になった。

で、こっからがややこしく、サンボという名前に変わる米国っぽい名前にしたかったらしくジョナサンというアメリカの男性に多い名前にしたそうなのですが、その後会社名だけは「ジョナス」に変更したとか。というのも、商談で取引先から「ジョナサンさんの〇〇さん」と呼ばれると、“さん”がだぶって呼びにくいという意見が出たからだそうです。

そういえば、米国サン・マイクロシステムズの社長はジョナサン・シュワルツですね。Sunも商談の時には「サンさん」といわれ、最初は相当違和感ありましたけど、そのうち慣れました。それと同じようなのか、ジョナスも今はジョナサンに戻ったそうです。

しかし、ファミレスも近くにあればもう飽きるほど通うのですが、引っ越してまわりになくなるととたんに行かなくなるもんですね。


 投稿者 nagasawa : 2005年12月14日 16:15

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1178