« 卵工場に隠しカメラ | メイン | 3月7日のラッキーさん »


 2006年03月06日

この日のCOTOBACO

Web2.0 BOOK読後感想と900以上あるweb2.0なサイト


Web2.0 BOOK」を読みました。

内容は?といえば、現在Web2.0と呼ばれているものの現時点でのまとめ、って感じでしょうか?

よく「Web 2.0って何ですか?」と仕事柄聞かれることがあるんですけど、GmailとかGoolgle Mapsを使ったことがない人には感覚的に伝えることができないのでなかなか苦労するのですが、そういう人にたいして「Web 2.0」というものを説明するときに役に立つかな、という感じです。

Web2.0は先述のように、何か特定の技術やサービスを示す言葉ではなく、数年前から起きているWebというインターネット上の環境の大きな変化そのものを示していると同時に、その新しいトレンドを意味しているということになります。

ということを前提に特定されない様々なサービスや技術がそれぞれ紹介され、それが以前とどう違うのかという比較とそしてその後についてを延々まとめているわけですが、普段からWeb2.0的な新しいサービスの登場にアンテナを張っている人はともかく、今回新しくWeb2.0というものを知った人には「へえ!」と驚くようなサービスが現在利用可能になっている現実を知り、いわゆるWeb2.0の潮流というものを感じすることができるでしょう。そのためのガイド、と本書は言えるかもしれません。なので、ちょっと出遅れちゃった人はこの本を読むことで「今」にキャッチアップしてみてください。

ちなみに本書の中ではいわゆる有名どころのWeb2.0ベンダーが紹介されているのですが、現実にはものすごい数のベンダが登場してきています。

以下のサイトでは900以上のベンダが50のカテゴリに分類されてまとめられていますので、「Web2.0 BOOK」を読んで現状を認識したら、その次のステップとしてアクセスしていろいろ試してみるといいかもしれません。

Web 2.0 Directory : Top Web 2.0 Sites
There are 900+ Web 2.0 sites/services/links in 50+ categories.

こういうサイトを一通り試してみてそのエッセンスを検討し自社のサービスにどう反映させていくか、または捨てていくかを日夜検討しているわけですから、サービスを提供しているベンダーはたいへんですね。

Web2.0 BOOK Web2.0 BOOK


 投稿者 nagasawa : 2006年03月06日 18:54

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1465

このリストは、次のエントリーを参照しています: Web2.0 BOOK読後感想と900以上あるweb2.0なサイト:

» API公開によるCGA(Consumer Generated App) from Dragonfly's blog
Modern Syntax : Web2.0 BOOK読後感想と900以上あるw [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月09日 00:16

» Web2.0 BOOKの書評 from Blogot
Web2.0 BOOK、発売後2週間経過しAmazonでも「★★★★」あるいは「 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月19日 16:52

 コメント

Web2.0 BOOK著者の後藤です。Web2.0 BOOKの感想ありがとうございました。
私のブログで引用させていただきました。

投稿者 後藤 康成 : 2006年03月19日 17:00