« Googleの検索結果をマウスオーバーでその場で表示するプラグイン | メイン | アップル・コンフィデンシャル2.5J »


 2006年04月18日

この日のCOTOBACO

Feedpathの銀のステッカーはとってもクールです。


digg.comユーザーに愛され始めた。 - Speed Feed [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

digg.comにfeedpathに関するコメントが寄せられていた。一読してみて、これ以上無い褒め言葉にうっかり感動してしまった。やっぱりWeb2.0サービスなら、英語でも作らなきゃだめだよなー、とつくづく思う、今日この頃。

ということでFeedpathが海外のユーザさんに評判がいいというお話です。

まあ、確かに英語版も用意することでユーザ数などは劇的に期待できるわけですが、その分サーバー資源というのの予測が立てにくくなるのでどうしても最初は日本国内市場を対象に、でスタートしてしまうんですよね。それに英語で質問メール着ても十分にサポートできなかったりもしますしね。そういう点でFeedpathはすごいなあ、と純粋に思うわけです。

で、気になったのはリンク先のコメントで、

Feedpathが、今よりさらに早く、ほとんどRealtimeで更新すれば、さらに魅力がアップすると思うので、Goo RSS Readerをライバルとして研究していただきますよう、お願いします。

というのがあって、これはいわゆるRSSリーダーでの反映速度についていっているわけですが、これについて小川さんはクローリング速度はードウェアの台数やネットワーク速度の問題と関係し、リアルタイム反映をさせるにはお金が必要なんだけどお金ないんでごめんなさい、という形で答えているのですが、クロールされる側からしてみれば、30秒に1回の頻度でこなくてもいいじゃん、みたいなもんがあります。それでなくてもうちのサーバーなんか各地で活動する多数のFreshReaderや各種RSSリーダーがそれぞれ勝手にひっきりなしにRSSを取得しに来て、それだけでうちのサーバーがいっぱいになっちゃいます。

お気に入りのブログが更新したらすぐに読みたい、という気持ちはよくわかるんですけど、正直ちょっと君たちハングリー過ぎない?というのが最近の感想かなあ。

良心的なRSSリーダーだと最小取得間隔は15分とか30分であったりして、それはとてもありがたかったりするわけで、自分のことだけじゃなくて相手のことも考えようね、と思う今日この頃です。

で、まあ海外で評判なFeedpathですが、「BlogPeople loves Feedpath」というキャンペーンを今やってて、このページから会員登録すると本とかステッカーが当たるという特典がついているんですけど、このステッカーがかっこいいんです。

銀のプレートのような厚みと表面のヘアライン加工のザラザラ感がたまりません。光沢も渋いし。
なので、Feedpath使ってみようかなあ、と思った人はせっかくなのでBlogPeople経由で申し込んでステッカーを狙ってみてください。

ということで、日本発で世界に挑戦しているFeedpathを応援したいと思います。がんばれ、日本!


 投稿者 nagasawa : 2006年04月18日 20:20

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1616