« キディランド | メイン | Modern Syntax Radio Show 34回目 »


 2006年05月28日

この日のCOTOBACO

飛騨高山らーめんをいただきました。


takayama-ramen.jpg

若い頃に、おばあちゃんが作っていた高山らーめんの味が忘れられませんでした。
縁あって高山らーめんをつくることになりあのおばあちゃんの味を目指すことにしました。

コクがあるけど、スッキリ飲み干せるスープ。
ノドごしのいい細いチヂレ麺。
「これぞ、元祖高山らーめんの味だ」
目指せ、そんならーめんを。
スープは自身の記憶と当時の常連さん達の意見を元に現在の贅沢になった舌を満足させつつどこか懐かしさの残るものとなりました。

麺に至っては、自身がピザを作っていた経験を生かし、小麦粉と対話しつつ、配合と打ち方の組み合わせや気候による水分の調整を幾度となく繰り返しました。
そしてやっと唇に麺のチヂレを感じ、ほどよくスープを絡め、しかも低かん水にもかかわらずコシのある延びにくい麺が完成しました。

「うんまいそばや。(飛騨弁で美味しいらーめんだ))」とお褒めの言葉も頂きました。おばあちゃんありがとう。おかげで、皆さんにも「美味しい」と言って頂けるらーめんができました。そんな「元祖高山らーめん」の味をお楽しみ下さい。

===

という案内が入っていた吉田屋さんの飛騨高山らーめんをONEDARIしました。

高山市って何県?ってぐらい高山らーめんというのを過去に食べたことがない私ですが、結論から言えばとてもうまかったです。もうね、もやしをどさって乗っけてゆで卵とチャーシューとメンマとネギという超王道を無造作に。

飛騨高山では「そば」と言えば”中華そば ”のことを言うそうで、スープは醤油味だけなんだそうです。ほんとスープは脂分が少なくかつお節の香りと味が実にうまいです。スープが全部飲めるラーメンはそんなに多くはないんですけど、これは全部飲めました。

麺は細麺なのでこれもさらっと食べられます。

醤油系の細麺ってお酒飲んだあとに食べるとうまいんですよねえ。太麺だと食べるの疲れちゃって酔っ払っている時はたいへんなんです、私の場合。

ということで頂いた吉田屋さんのやつは1食分250円ととてもリーズナブルなお値段なので下手に高いカップラーメンを買うぐらいだったらぜんぜんこっちの方がいいな、と思いました。チャーシューとメンマがついているやつがあるんですけど、そのパッケージがなかなか空かなくて奥さんが苦労してたので、普通の麺だけのやつでよいと思いますのでたまには違うラーメンをと思った人は是非試してみてください。

takayama-ramen2.jpg <- うちが作ったやつ。全然旨そうに見えない(笑

吉田屋さんのホームページ


 投稿者 nagasawa : 2006年05月28日 20:39

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1767