« Headline-Readerでリンク以外もRSSで取得できる新機能 | メイン | コンタクトセンターはたいへんだ »


 2006年06月19日

この日のCOTOBACO

ノルウェーのデジタル・ミュージック・プレーヤー「ASONO MICA」(アソノ ミカ)


ITmedia D LifeStyle:ソニーのデジタル・ウォークマン復活の日まで使いたい「ASONO MICA」

ノルウェーのデジタル・ミュージック・プレーヤー「ASONO MICA」(アソノ ミカ)は、さりげない高性能と見る人の目を惹き付けるユニークなデザインで、モバイルミュージックファンの期待を裏切らない商品だ。

こんな商品があるとは知りませんでした。

でも、別にここでソニーを引き合いに出さなくてもいいとは思うんだけど、きっとソニーが大好きで期待度が高いんでしょうね。
ソニーもだんだんとよくはなってきているんだけど、やっぱり「だんだんと」なわけで、大会社はたいへんなんでしょうなあ。

で、「ASONO MICA」(アソノ ミカ)のレビュー記事なんですけど、

その独特のデザインと扱いやすさは、そのハンディを差し引いてもプラスであると考える人も居るだろう。
さりげない高性能と、見る人の目を惹き付けるユニークなデザインは、同じ北欧デザインのB&O(バング・アンド・オルフセン社)のホームオーディオ装置に通じるソウルとコンセプトがあると感じるプロダクトだ。最近は国内でも、外観がASONO MICAによく似たデザインのデジタル・ミュージック・プレーヤーを見掛けることがあるが、まだまだそのデザインセンスはASONO MICAが2枚も3枚も上手だ。

ってな感じでそのデザインを賞賛しているわけですが、はっきりいってよくわかんないです。
どう見てもバットマンにしか見えないし。

それに512MBのモデルで2万2000円という値段はちょっとなあ、と思うわけですが、現物を見たら180度意見を撤回してしまうかもしれないので今度青山に行ったらベルコモンズの地下1階にいってみようと思います。

ちなみに扱っているベルコモンズの地下1階のお店のホームページはふるFlashで音楽は鳴るし、ポップアップでウィンドウを開かせるし、商品の写真は小さいしでまったく最悪なホームページとなっています。これだけ殺意を抱かせるサイトは久しぶりでした。

シボネ青山


 投稿者 nagasawa : 2006年06月19日 15:02

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1854