« 8月12日のラッキーさん | メイン | Modern Syntax Radio Show 45回目 »


 2006年08月13日

この日のCOTOBACO

8月13日のラッキーさん


BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「英語(米語?)が本当に喋れるようになるのか (TOEICの裏技も紹介)」さんです。

海外留学/生活経験の無い私が、アメリカのドラマ/映画/外国人との会話を通じて、英語の自然習得を試み、英語が本当に喋れるようになるのかを綴っていきます。基本的には、毎日使えるような基本フレーズのみを紹介していきたいと思います。

英語が話せるようになるには現地にしばらく住んでしまうのが一番なんですけど、そういうわけにもいかないわけで、そんな人が次にできるのはやはり米国企業の日本支店などに勤めてしまうことでしょう。もうね、いやがおうでも英語しゃべらないといけないので必死です。

私も以前はNeXTという外資系企業で6年ぐらい勤務していましたが、結果からいうとその時はあまり上手にしゃべれませんでした。だって、周りがとにかく映画見ているみたいにべらべら喋っているわけで、そうなると別に私が話する必要もないし、向こうもこっちの周りの人たちと同じぐらいの会話能力を期待しているんだろうなあ、と思うと腰が引けるわけです。

でも電子メールのやりとりでボキャブラリとか言い回し、ヒアリング能力はかなり向上しました。

で、NeXTをやめたあとにアジア系企業に勤務するわけですが、この時は逆に周りの人たちが喋らないので私が喋らざるをえなく、そんなわけでNeXTの時に培った英語がここで役に立つのでした。

まあ、そんなわけで英語は喋れるといろいろ便利なわけですが、中々身につかないものでもありますので、今日のラッキーさんのブログを読んで映画の見方を変えてみるというのが一番手っ取り早い方法なのかもしれません。

でも、勉強しても使う予定がないって場合は結局身につかないんですけど。

そう思いつつも今日のラッキーさんのブログは普通に読んでてもおもしろいので是非一度目を通してみてください。

そんな感じのラッキーさんでした!


 投稿者 nagasawa : 2006年08月13日 14:41

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2078