« PDAはまだまだ死なない──日本HP「iPAQ rxシリーズ」 | メイン | Adobeのラボからリリースされたカラーピッカー「kuler」 »


 2006年12月13日

この日のCOTOBACO

著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱


ITmedia News:著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱

作者の死後、著作権は何年間保護するべきか――こんな議論が盛り上がっている。クリエイターの創作意欲を高め、文化を発展させるためには、現行の50年のままでいいのか、70年に延長すべきか。それぞれの立場で議論が行われた。

立場のまったく違う人同士の議論というのはおもしろいですね。

にしても70年支持の人たちは「延長で創作意欲が高まる」といっていますが、そういうもんなんでしょうかね。

クリエイターって別にお願いしてクリエイターという仕事をやってもらっているわけではなく、自らの内なる創作意欲とか湧き出てくるイマジネーションを外に出さないとやばいことになるからそれを形にしてアウトプットしているわけで、著作権が死後50年続くから何か作ろう、という人はすごくマーケティングにまみれた一部の成功者なわけで普通はそんなこと考えながらもの作らないってw。

だけどまあ、著作権切れるとそれを不当に利用して利益をあげようとするいやな奴もいるのもわかるんだけど、それより「発展」ということを考えれば著作権切れは短ければ短いほうがいいですね。つうか、利用料は無料だけど権利関係者の許諾が必要、ってことにすればいいのかなあ。

ここでオープンソースの話なんかがでれば面白かったんだろうな。

で、パネルには松本零士も参加しているわけですが、新しいものを作れなくなって過去の作品にしがみついて守るしかできなくなってしまった人というのは悲惨だなあ、とつくづく思いました。

彼はこんな発言もしたようです。

「文筆家や作家は、明日路傍に迷うことも覚悟の上で日々苦闘している。誰も助けてくれない壮烈な世界だと改めて言っておきたい。けんか腰の議論はしたくない。和気あいあいとおだやかに進めたい」

それがわかってても本書きたい、とか絵描きたいということで芸術家になるわけだから仕方ないよね。それに明日路頭に迷うかもしれないのはみんな同じで、そういう点からみるとモノ1つ作ってその権利が死後50年も守られる方が全然うらやましいですよ。

普通はモノ作って売って、売れればいいけど普通はあまり売れなくて、で、売れたとしても製品寿命なんて数年ですからね。ヒット商品と呼ばれるものの中には1年しかもたないものもあるし。

うーむ、こう考えるとちょっと甘やかし過ぎなのかもな。


 投稿者 nagasawa : 2006年12月13日 17:05

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2585