« 1月27日のラッキーさん | メイン | 1月28日のラッキーさん »


 2007年01月27日

この日のCOTOBACO

Wi-Fiスピーカー「VGF-WA1」レビュー


先日新しいVAIOである「TP1」と地デジチューナー「DP1」の体験会に参加したときに同時に発表になったWi-Fiスピーカー「VGF-WA1」のモニターを依頼されたので1週間使ってみた感想をまとめたいと思います。

WA1って要はPCのハードディスク上にある音楽データを無線LAN使ってスピーカーに飛ばして聞く、というものです。用途としては「PCにはスピーカーついてて音楽聴けるけど、逆言えばPCのそばじゃないと音楽聞けないんだよね」なんて人が、台所で料理作りながらとかベッドの近くに置いて音楽を聴く、なんてのに向いているわけです。なので狭い部屋の人はあんまり興味ないかもです。

こんな感じのスピーカーです。

WA1-1.jpg

この他に黒もあるようです。

ああ、大きさが伝わりませんね。タバコを置いてみました。

WA1-2.jpg

コンパクトですね。
でもこの大きさの割りに重いです。2.5Kgあります。
一般に重いスピーカーは音がよい、と言われますが、さすがにAVカンパニーが作るスピーカーだけあって音はいいですね。個人的には音量が低い場合でもJ-POPのような派手な音よりもJAZZっぽいアコースティックな音がしっかり鳴っているのが好印象です。

なので最近は夜寝るときにマイルス・デイビスの静かなやつを聴きながら眠りにつき、朝はジョージ・ベンソンのブリージンで爽やかに目覚める、ということをやっております。

あ、うちの場合はPCが2階にあって自分の部屋は1階なのでまさにこの「WA1」の用途にぴったりなんですよ。

で、書き忘れましたけど、無線使って音飛ばす、っていうのはよくあるわけですが、このWA1にはスピーカーの上部分にモニタ画面があってそれを使って聞きたい曲を選んだり、タイマーなどの各種設定ができるようになっています。

WA1-3.jpg

無線LANの暗号キーの設定のような文字入力する類の設定はすべてPC側で行ってそれをUSBを使ってWA1に送ってやる、というアプローチです。

そんなわけでデザインも落ち着いていますし、音も悪くないし、用途もはまる人にはぴったりって感じなのですが、それだけでレビューが終わってしまうとおもしろくもなんともないので次回は「?」な部分を取り上げてみたいと思います。


VGF-WA1
icon


 投稿者 nagasawa : 2007年01月27日 16:26

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2761

このリストは、次のエントリーを参照しています: Wi-Fiスピーカー「VGF-WA1」レビュー:

» �ʤá�����̵���Dz��ڤ���Ф�����Wi-Fi���ԡ�������VGF-WA1�� from Life Hacks by Zero Cool
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月28日 03:14