« ラバブルな笑顔 | メイン | リンククラブ、独自ドメインが利用できるブログサービス「LinkLog」 »

 2004年09月17日

ウェブログの未来系

ウェブログの未来系 - nikkeibp.jp - インタビュー

nikkeibp.jp、OVAL LINKコラボレーション・セミナーより

ということで先日の日経のセミナーの記事です。
記事の後半にブログを企業のイントラネットで利用する、ということについて触れています。

ブログは、企業の中で使っているグループウエアやナレッジマネジメントほど様式が決まっていません。ブログを利用することで、これらのシステムを利用する場合よりも、もっと自由に情報を共有することが出来るようになります。

個人的には企業内での情報共有ツールとしてのブログというのはうまくいかないんじゃないかと思っています。

「イントラネットでブログを活用し・・・」って言っている人のお話はよくわかるし筋が通っているのですが、それは社員が「記事を書いて投稿する」ということが前提になっているわけで、じゃあ、書かなかったらどうなるんだろう、ダメじゃん、ってなるわけです。

ブログは非常に能動的なメディアで「書きたいこと」「書く力のある人」には非常に魅力的なのですが、「書くことがない」とか「日本語がうまく書けません」「語るべき言葉を持たない」という人には非常に酷なツールであると思っています。

実際、知っている人にブログをやらせてみましたけど、続いているのは20%ぐらいでしょうか。これじゃだめですよね。100%にならないと。

会社として強制的にやらせたとしても、あがってくるテキストは従来の「日報」と変わらないのであれば、グループウェアを利用したこれまでの日報システムの方がはるかに効率的でシンプルです。

ブログのテキストって、無駄な部分が多いのが魅力で、それが時を重ねることによって書き手のキャラクターというものが読み手の中にできていってそしてコミュニケーションが始まっていくってのが楽しいのだと思っているのですが、読み手と書き手の顔が見えてて、無駄なテキストは企業的には効率よくないのでダメ、となると別にブログでなくてもいいじゃん、と思うわけです。

と、まあ、これは私の考えで、でもたいてい私が考えていることはたいてい外れるので、きっと企業内ブログって成功するのでしょう(笑

あ、でも、キーマンにだけブログやらせて他は閲覧とコメントのみ、っていうのはありかもしれないな。でもそういうのは企業内ブログとはいわないだろうな。



 投稿者 nagasawa : 2004年09月17日 13:43

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/1769

このリストは、次のエントリーを参照しています: ウェブログの未来系:

» イントラネット向けには “はてな” が向いてる? from I often think in music.
モダシンさんとこより。 Modern Syntax: ウェブログの未来系 会... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年09月17日 15:48

» blog をイントラネットで使うことなどを考察する from 酔うぞの遠めがね
blog はイントラネットに適用か?というのだが、ムリだと思うぞ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年09月18日 20:15

» サイバーレボリューション 2003.6.X 初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
というわけでIT革命というのは 今後社会のあり方をどう変えていって しまうのだろ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月10日 14:54

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)