« 教えて、Macのえらい人 | メイン | ゴゴッル、だったとは・・・ »

 2004年10月19日

JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示

JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示~船村徹会長ら新役員が会見

ファイル交換ソフトなどによる違法コピーへの対応を強化することがあらためて示されたほか、PCでの複製やiPodなどHDDプレーヤーへの転送など、現行法で想定していない利用を想定した私的録音補償金制度の見直しも要望していくとしている。

なんとなく「著作権をしっかりと守っていくことに尽力をつくしたい」というコメントで単に「お金儲けたい」というのをラッピングしているだけのような気が・・・

例えば、

吉田理事長はJASRACの方針として、著作権保護期間をベルヌ条約で規定された最低水準の死後50年から欧米で一般的な水準である70年に延長するなど、著作権法改正に向けて取り組むことを示した。

ねずみで有名なD社を抱える米国も同様ですが、死後50年も保証されてればいいじゃん。たしかにその権利で仕事している人にとっては問題だけど、全体から見てみれば誰でも自由に使えるようにして、次の新しいものつくりに注力すべきかと。

しかし、一番の問題はこうした権利関係を管理しているのが現実問題としてJASRACしかないことであり、ある種、独占的に方針が決められ、それを押し付けられるという現状を改善すべきかと。

たしかにJASRACを敵に回すと、そりゃたいへんだ、ってことはわかりますが、アーチストを中心に今の時代にあった音楽産業のあるべき姿を考えてみてほしいです。アーチストがJASRACから離れないことには話は始まらないので。



 投稿者 nagasawa : 2004年10月19日 13:56

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/1942

このリストは、次のエントリーを参照しています: JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示:

» JASRAC は音楽業界の発展を目的とできるか from あそびをせんとやうまれけむ
JASRAC は、権利団体であり、圧力団体ですから、当然、彼らにとって利のない動きには異を唱える、という感じでしょうか・・・文化とか音楽業界の発展の為にある組織... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年10月19日 17:12

» JASRAC CCCD 製造停止に不満を表明 from 酔うぞの遠めがね
INTERNET Watch の記事「JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示〓船村徹会長ら新役員が会見」なるものがありました。 レコード業界では、著作権保... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年10月19日 17:35

» CCCD廃止 from Rufuna Tearoom
JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示〜船村徹会長ら新役員が会見 (INTERNET Watch) - goo ニュース レコード業界では、著作権保... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年11月07日 22:45

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)