サイト内検索:

Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売

Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売

米Amazon.comは11月19日、電子書籍リーダー「Amazon Kindle」を発売した。データ通信方式のEV-DOに対応し、書籍やブログ、雑誌や新聞などをPCなしで直接ダウンロード可能。電子インクを使用した高解像度の画面はバックライトを使用しておらず、太陽光の下でも実際の紙面を読む感覚で読めるという。解像度は600×800ピクセル(167ppi)でモノクロ4階調。サイズは7.5×5.3×0.7インチ(19.05×13.46×1.78センチ)、重さ10.3オンス(292グラム)で、一般的なペーパーバックの書籍より軽量。価格は399ドルで、対応書籍はAmazon.comの「Kindle Store」で購入可能。既に9万冊以上の書籍を取り扱っている。

Wi-FiじゃなくてEV-DO、キーボード付き、そしてものすごく無骨なデザインと今の潮流からはまったく外れているかのような感じの「Kindle」ですが、これが物凄くよいらしいです。

eブックリーダー、「Amazon Kindle」が月曜日にデビュー―見場は悪いがスグレモノ

Kindleはどうみても史上最高のエレガントなデバイスには見えない。(実のところ70年代から抜け出してきたようなデザインだ)。しかし、機能のリストはたいしたものだし、もしかするとこれで初めてeブックがメインストリームに登場することになるかもしれない。そうなれば、見た目ははるかにエレガントだったSony Readerができなかったことをなしとげることになる。

やはり「Kindle」に直接ダウンロード(しかもEV-DO対応なのでいつでも、どこでも!)というのがすごい割り切り。でも現実的。

最新のベストセラーを含む9万冊以上の書籍のほか、New York TimesやWall Street Journalなどの新聞や雑誌、BoingBoingやTechCrunchなどの人気ブログも扱う。購読料金は、新聞が月額5.99~14.99ドル、雑誌は1.25~3.49ドル、ブログは0.99ドル。新聞は毎朝Kindleに自動配信され、雑誌やブログも最新号が自動配信される。

対象に「新聞」や「雑誌」が入っているのがものすごいインパクトですね。

まだモノクロモニタですが、これが普及すると同時にカラーモニタを搭載したら印刷屋さんはどうなるんだろうか、とか奨学金もらいつつ新聞配達している人たちはどうなるのかなあ、などと20年前に夢みたことを再び夢見るのでした。

iPodの書籍版、みたいな存在になりそうだなあ。いいなあ、アメリカ。



カテゴリ

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「加藤ローサ 2008年カレンダー」です。

次のブログ記事は「11月20日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク