サイト内検索:

昨日「ボジョレー ヌーヴォーの解禁の会」に行ってきました。

昨日はボジョレーヌーボーの解禁日、ということでサントリーさん主催の「ボジョレー ヌーヴォーの解禁の会」に行ってきました。

会場は代々木にある「Bistro a Vin La Patate」というビストロです。周りがすっかり民家でなんでこんな場所にこんなお店があるんだ!って感じなのですが、ここは素晴らしいです。ちょうどいい大きさで料理もおいしく、隠れ家として使うには最高ですね。そんなわけでクリスマスに向け下調べしたりいきなり予約したりするといいかもしれません。

会場はこんな感じ。15人ぐらいの集まりでした。

wine20071115-1.jpg

壁にはポスターが貼られお祝い気分が盛り上がります。

wine20071115-2.jpg

サントリーの人もボジョレーネクタイを着用しています。

wine20071115-3.jpg

さて、ここでわかっているようでわかってないボジョレーに関するアレコレの確認です。当日配られた資料をそのまま転記しますね。



■ボジョレーってなあに?
フランス・ブルゴーニュ地方の南部のワイン産地の名前です。ガメ種という葡萄からつくられたフルーティで軽やかな赤ワインが世界中で大人気を博しています。葡萄以外は何も使っていないのに、バラやスミレを思わせる花の香りや、イチゴやラズベリーみたいなチャーミングあ香りが口いっぱいにはじめるのはちょっと不思議な感じがします。

■で、ボジョレーヌーボーってなあに?
ヌーボーは、その年に収穫した葡萄でつくった「新酒」のこと。ボジョレー以外の地方にも様々なヌーボーがありますが、やっぱり一番有名なのはボジョレーヌーボーです。なお、解禁日は毎年11月の第3木曜日と世界的に決められています。

■ボジョレーヌーボーの作り方
ボジョレーヌーボーはマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬け法)という特殊な製造法でつくられていて、つくりたてのフレッシュでみずみずしい風味を楽しめます。一方、一般のボジョレーは伝統的な醸造法で作られ、風味がよりしっかりしているため、半年ほど熟成させてから翌年の春に出荷されます。ヌーボーが解禁から数ヶ月が一番おいしいのに対して、一般のボジョレーは数年間にわたっておいしく楽しめるのも大きな違いです。

で、飲んだのは「ジョルジュ・デュブッフ」というラベルのものです。

wine20071115-4.jpg

白1本と赤3本というラインナップでした。

最初に白の「ジョルジュ・デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーボー 2007」というのを頂いたのですが、これがうまい。

いやー、ボジョレーヌーボーってとりたてだからすっぱくてあまり美味しさはないよね、なんて思っていたのですがとても大きな間違いでした。とにかく旨い。もうその次に赤が3本も控えているのに、そんなの関係ねえノリで飲み続けましたよ。

で、早いとこ赤に移ってもらわないと白だけで酔っ払っちゃう、ということで赤の登場です。まず最初に登場したのは「ジョルジュ・デュブッフ ボジョレーヌーボー 2007」というストレートアヘッドな名前のやつです。フランスの三ツ星レストランの「ポールボキューズ」がもっとも気に入っているヌーボーとして知られているそうです。

wine20071115-6.jpg

味の印象はライトで水とまではいわないけれどごくごく飲めます。でも私にはちょっと物足りないかな、と思ったのですがそれがあとから大きく変わることになるとはこの時はまったく思いませんでした。

続けて次のワインの登場です。どんどん風味が重くなっていきます。「ジョルジュ・デュブッフ ボジョレー・ビラージュ ヌーボー 2007 プリントボトル」という名前のワインです。なんかコム・デ・ギャルソンのブランド展開みたいなネーミングですね。

wine20071115-7.jpg

ビラージュという名称はボジョレー地区の中でもよりコクのあるワインができる北部38村だけにゆるされている表示なんだそうです。なるほどなあ。

で、最後が「ジョルジュ・デュブッフ ボジョレー・ビラージュ ヌーボー セレクション プリュス 2007」です。「セレクション」という文字が追加されていますね。で、これが一番味がふくよかです。そしてやはり旨い。

wine20071115-8.jpg

ほんとにボジョレーヌーボーってうまいもんなんですね。びっくりです。

で、食事が始まるわけですが、こんなメニューを頂きました。

wine20071115-5.jpg

で、食べながらワインを飲んでいたのですが、食事しながらだと不思議なことに2番目に飲んで一番軽くて個人的にはちょっとどうかなあと思っていた「ジョルジュ・デュブッフ ボジョレーヌーボー 2007」が一番ぴったりきます。これだと、料理もワインも両方ともとてもおいしくなります。なので食事のお供にするならこれ、って感じでしょうか。

単にワインとチーズだけ、ということであればビラージュがきっとぴったりくることでしょう。

そんなわけでヌーボーが楽しめるのはこれから数ヶ月だけなのでこの期間を楽しみつつ、また来年の解禁日を待ちましょう!

PS.「ボジョレー ヌーヴォー」というキーワードだけでトラックバックしてくるスパムがたくさんくるんでこの記事はトラックバックできないようにしています。ごめんなさい。書いた1分後には来ちゃうんだもんなあ。

【参加したブログさんの記事】

ボジョレーヌーヴォーから始めてみる赤ワイン生活(Going My Way)
ボジョレヌーヴォー2007、飲んできました(あひるちゃんがゆく)
ボジョレー祭り(つんどらの会)
ボジョレー ヌーヴォー*パーティ(プチレディブログ)
ボジョレー ヌーヴォー2007のパーティでした(くうねるあそぶ)
解禁日にボジョレーヌーヴォーな食事会(たつをの ChangeLog)
解禁日にボジョレーヌーボーを堪能しちゃいました(Drift Diary12)

カテゴリ

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「ギブソン、自動チューニング可能な「Robot Guitar」を発売へ」です。

次のブログ記事は「AIVY Garoon Reminder バージョン2.1をリリースしました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク