サイト内検索:

賃貸住宅の更新料は「無効」判決...京都地裁

賃貸マンションの契約更新の際に「更新料」の支払いを求める契約条項は、消費者契約法に反するとして、京都府長岡京市の20歳代の男性会社員が、支払い済みの更新料など46万6000円の返還を家主に求めた訴訟の判決が23日、京都地裁であった。

賃貸住宅の更新料は「無効」判決...京都地裁

で、結果はどうなったかというと、

辻本利雄裁判長は「入居者の利益を一方的に害する契約条項」と認定、同法に基づいて、更新料の契約条項を無効とする初の判断を示し、家主に請求全額の支払いを命じた。

よくわかんないのは、賃貸契約書の中に更新料に関する記述があって、それに同意したから契約が締結されたはずなので、なんでそれが反故できちゃうのか。

裁判で家主側は、「更新料には賃料の補充的要素がある」などと主張したが、辻本裁判長は「更新後の入居期間にかかわりなく賃料の2か月分を支払わなければならず、賃借人の使用収益の対価である賃料の一部とは評価できない」と指摘。そのうえで、「家主が主張する更新料の性質に合理的理由は認められず、趣旨も不明瞭(めいりょう)。男性に具体的かつ明確な説明もしていない」などと述べ、契約条項は無効と判断した。

確かにそうなんだけど、でも契約書中に記載されているのはどうするんだろうか。

契約する前に消費者契約法違反!を訴えて当該条項を削除してもらった上での契約、ならわかるんだけど。

まあ、たちの悪い貸し手が増えてきたってのがこういうところに影響していて、借りる側の権利が守られる方向に動いているんだろうな。

そんなわけで「更新料払いたくない」という人はこの判例を盾にがんばってください。



カテゴリ

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 賃貸住宅の更新料は「無効」判決...京都地裁

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT4/mt-tb.cgi/3512

» 賃貸住宅の更新料「違法」と初認定…京都地裁(堺市 賃貸)~のトラックバック

賃貸住宅の更新料が違法らしい。僕が住んでる大阪だとほぼ関係ないのだが、京都や関東は更新料が当たり前の地域だから大変な事だと思う。 続きを読む

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「谷桃子、横チチ激写「ギリギリのおっぱいです」 、なはずなんだけど・・・」です。

次のブログ記事は「メタボの原因は脂肪の炎症 薬で治療できるかも?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク