サイト内検索:

ScanSnap S1300をONEDARIしました。

ONEDARI BOYSでPFUさんよりカラーイメージスキャナー「ScanSnap S1300」をONEDARIしました。

ScanSnap S1300をONEDARIしました [ONEDARI BOYS]

R0011395.JPG

このScanSnapですが、私は家でこの上位機種であるS1500というやつを買いまして、気が狂わんばかりに紙に印刷されたものをデジタルデータ化しています。もうとにかく読み込みとPDF変換が速い速い速いので楽しくてスキャン作業が楽しくて仕方ありません。

とりあえず貯まっていた週間マンガ雑誌は土日の2日かけてすべてPDF化しました。

S1500を買った時に激しき断裁機の購入も勧められたのですが、さすがにそこまでは買い過ぎだろ、と思い買わなかったのですが、結局定番であるプラスの断裁機まで買ってしまいました。これで背がノリでとじられている本もバランバランにすることができます。

そんなわけで会社でもScanSnap買おうかなあ、と思っていたところにこのONEDARI話です。もう狂喜乱舞です。

で、今回ONEDARIしたS1300という機種は公式にWindowsでもMacでも使えるやつなのですが、他のメンバーはきっとMacでレビューすると思いますので私はWindowsでレビューしようと思います。

第1回となる今回はとりあえず梱包物のご紹介です。

R0011394.JPG

ACアダプタとACケーブル、そしてUSB給電ケーブルとUSBケーブルが同梱されていました。本体のサイズ比較のために横にタバコを置いてみました。まあ、これぐらいの大きさです。小さいですが、軽くはありません。が片手では持てます。

R0011390.JPG

ちなみに給電ケーブルですが、コンセントが近くにない場合などにPC本体のUSBポートをもう1つ使って給電するために利用されます。まあ、この手のやつは「モバイルスキャナー」といわれ外にも持ち出せますよ、といっていますが、実際どれぐらい外に持ち出して使うのか私には想像もつきません。まあ、でも会議室に一時的にPCとScanSnap持ち込んで書類の読み込み作業をやる、なんて時には使うかもしれませんね。

さて、次に蓋を開いてみました。ここにスキャンするドキュメントを差し込めばよいわけです。仕様的にはA4で10枚ぐらいまでを一度に搭載させることができるようです(紙の厚さで変わります)。

R0011389.JPG

次はケーブル以外の同梱物です。

R0011388.JPG

マニュアルとドライバ&ソフトウェアCD、そして楽2ライブラリというソフトウェアが入っていました。

この楽2ライブラリというのはスキャンしたデータを一元管理するためのフトウェアでWindowsでしか動作しません。詳しくはこちらのページをご覧ください。

ドライバCDを拡大したのが次の写真です。

R0011393.JPG

Mac用にはドライバと操作のためのScanSnap Managerという基本ソフトの他にCardMinderというアプリがあるだけですが、Windows用にはなんかいろいろ用意されています。

ちなみに私の家のScanSnap S1500はMacで使っているため、これらのWindowsソフトはまったくの初体験となります。ScanSnap ManagerとOrganizerって何が違うんだろうか・・・。

ということで、ScanSnapは使っているもののWindows版は初めてなので、ブログ記事を通じてその体験を書いていきたいと思います。

FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300 FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300




カテゴリ

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「iPhoneに特化したマイクロペイメントサービス「Square」」です。

次のブログ記事は「「ザワさん」「とめはね」ペーパーがもらえる書店フェア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク