サイト内検索:

Appleの最近のブログ記事

AppleのMagic Trackpadが届きました。

 

昨晩届いたのですが、家で試す時間がなかったので会社に持ってきました。

magic trackpad

さて、会社のMacBook Airにさっそくつないでみたいんですが(電池は製品内に入った状態ですぐに使えます)、Bluetoothでつないでも普通にマウスとしか認識してくれませんでした。例の複数指によるオペレーションなどは使えませんでした。

そこでソフトウェア・アップデートを実行するとMagic Trackpad用のドライバが落とせるようになりました(製品のパッケージにはドライバのCDは入っていませんでした)。

で、ドライバのインストールが完了すると無事マルチタッチが使えるようになりました。と言ってもAirにはトラックパッドがついているので使い道ないんですが。

続いて昨日Windows版のドライバも出た、ということでBluetooth搭載のWindowsマシンにそのドライバをダウンロードして試してみました。が、しかし!

ダウンロードしたファイルをよく見てみるとBootCamp 3.1.35へのアップデートのものでありMagic Trackpad単体のものじゃないんですね。そんなわけでドライバはインストールできず。

でもこのあたりは3.1.35にインストールした誰かがドライバとiniファイルをどこかで配ってくれるでしょうから、それを待ってみることにします。

素直にMagic Trackpad用のドライバだけ出してくれればいいのになあ。

iPad用ブラウザー「iLunascape」公開、タブ/ボタンを下側配置で使いやすく

 
Lunascape株式会社は29日、iPad/iPhone向けアプリ開発への参入を発表。同日、iPad用のタブブラウザー「iLunascape」を公開した。App Storeから無料でダウンロードできる。

iPad用ブラウザー「iLunascape」公開、タブ/ボタンを下側配置で使いやすく

これは素晴らしい!

iPad標準のウェブブラウザーである「Safari」にはない機能としては、タブ表示(最大6個)、複数ページの同時読み込み、ボタン操作でのタブの切り替え、傾きによる回転のオン/オフ、表示中のページのキャプチャーがある。

いやいや、ほんとに素晴らしい!

検索のアイコンがメニューバー上にあるんですが、これも素晴らしいですね。

iPadは家にあるので家に帰ったら早速インストールです。落ちなければデフォルトブラウザになることでしょう。

また、閲覧中のページをキャプチャーするボタンも搭載。メモ替わりにページを記録しておくことで、オフライン環境でもページを閲覧できる。キャプチャーした画像は、写真アプリから閲覧する。

これも素晴らしいんですが、範囲指定できるようになるともっと嬉しいです。

こういう方向で機能が追加・強化されたブラウザがたくさん出てくるとiPadライフが充実してくるなあ。

Sleipnirは出さないのかな。

Magic Trackpadドライバ公開、Windows版も

 
アップルの最新つるつるガジェット Magic Trackpad 用ドライバが公開されました。対応OSは既報どおりMac OS X 10.6.4以降。Magic Trackpadを発注済の皆様には導入必須のドライバですが、すでにMacBook / MacBook Proをお持ちの場合は内蔵トラックパッドで新しく慣性スクロール / 3本指ジェスチャが利用できるようになるという効果があります。

Magic Trackpadドライバ公開、Windows版も

発表と同時にポチっとしたMagic Trackpadですが、本日自宅の方に届いたようです。今晩はこれをインストールしてiMacで遊んでみようとわくわくです。

で、Windows版のドライバも公開されたようです。これは早かったですね。

○本指の操作とか慣性スクロールとかどの程度の完成度で実装されているのかはわかりませんが、とりあえず明日会社に持ってきてWindowsマシンで試してみようと思います。

ちなみに64bit版も用意されています。

Windows 32bit版ドライバ
Windows 64bit版ドライバ

「iPhone 4」ホワイトモデルの発売、"今年後半"に延期

 
米Appleは7月23日(現地時間)、「iPhone 4」のホワイトモデルに関する声明を発表。販売開始が今年後半/年内(later this year)になる見通しであることを明らかにした。

「iPhone 4」ホワイトモデルの発売、"今年後半"に延期

ホワイトモデル、作るのたいへんなんですねえ。

それにしても「俺、ホワイトモデル出たら買うんだ」って思っていた人もさすがに今年の後半となると待ちきれずブラックモデルを買うことになるんでしょうね。

まあ、白いケースに入れちゃえば白モデルっぽくなるんでそれでいいと思うんだけどなあ。

ケースといえば例のアンテナ問題への解答としてケースを無料配布することにしたAppleですが、この配布にそれ用の専用iPhoneアプリを使う、ってのが素晴らしくスマートだなあ、と思いました。

アプリを使えば一人で複数台のiPhone持っている人でもUDIDは重複しないから、どのiPhone 4で配布手続きしたかどうかを管理しなくてもよくなるし、Apple的には全部をデジタルデータで管理できるようになるんでほとんど手間かからないわけで。

以前だったらApple StoreとかSBショップに持って行って書類にサインしながら手続きしなきゃいけなかったわけで、そうすると窓口がその業務で埋まってしまいますからね。

最初Appleから「ケース無料配布を受けたかったらアプリをダウンロードしてね」ってメール来た時は「えっ?なんでアプリ?」かと思いましたが、さすがです。

ちなみに私はすでに黒のケースを持っているので、黒のバンパーにしました。多分使わないんだろうけど、無料でくれる、というのでそれにしてみました。

秋葉原モバイルでiPhone 4ホワイトのバックプレートだけ販売中

 
発売再延期が告知されたばかりのiPhone 4ホワイトモデルだが、なんとバックプレートのみが非公認の補修パーツとして発売された。販売を確認したのは秋葉原モバイル、実売価格は4,980円だ。

iPhone 4ホワイトのバックプレートだけ販売中

そんなわけで、いつ訪れるかもしれない「iPhone 4を自分で修理する」というその日のためのメモ。

なお、同店が扱っているこのほかの保守パーツは液晶パネルが9,980円、シャーシにあたる「中間板+中間枠」が12,800円、バッテリが3,980円、Dockコネクタが2,480円、バックプレートのブラックタイプが3,980円。

ブラックの方がホワイトより1000円安いんですね。

それにしても各パーツはそれぞれ結構高いですね。バッテリが3,980円かあ。

あ、このパーツ使って中身にAndroidの基盤とか入れてみる、なんてお金持ちな遊びもできるかもしれませんね。

Xcode バージョン4のパブリックベータが公開

 

Appleの開発ツール「Xcode」のバージョン4のパブリックベータが公開されたようです。

What's New in Xcode - Developer Tools Technology Overview - Apple Developer

特徴としては

* Single Window
* LLVM Compiler 2.0
* New Debugger
* Interface Builder-Inside
* Fix-it
* Instruments for Xcode 4
* Assistant
* Version Editor

なんてのがリストアップされています。

「Single Window」というのはなんか笑いますね。

As an experienced Xcode user, the first thing you will notice about Xcode 4 is that the many windows used to perform the development tasks you work on every day have been consolidated into a single window.

まあ、使いやすくなっているんでしょう。

「Interface Builder-Inside」というのはいいですね。というか超昔に戻ったような感じですが。

でも、これでまたXcodeの日本語の書籍が昔のものになってしまいますね。でも、電子書籍ストアで個人が書いたモノを販売できる時代ですから、正式版が出るタイミングで日本の解説本だしたら結構売れるかもしれませんよ!

夏の盛りにランドセルCMのナゼ

 
列島をうだるような酷暑が駆け抜けるなか、なぜか季節はずれのランドセルCMが流れている。そのワケをメーカーに直撃すると、意外な"真相"が分かった。

夏の盛りにランドセルCMのナゼ、弘道お兄さんも出演

そうなんですよ。なんで弘道お兄さんが今のこの時期にランドセルのCMをやっているのか不思議でなりませんでした。

でもちゃんと理由がありました。

「昨年は8月からCMを始めました。お盆で帰省したとき、おじいちゃん、おばあちゃんが来年、小学校の入学を控えたお孫さんと選んでいただければ、というのがきっかけです」

なるほど。何か買ってあげたいおじいちゃん&おばあちゃんなんだけど必要ないものはいらないし。でさらにランドセルは結構お高いので買ってもらうとお父さん&お母さんはラッキーというところでしょうか。

さらにすごいなあと思ったのは、

「イトーヨーカドーさんや百貨店さんから『今年は6月から売り場を展開したい』と依頼されました。私の推測ですがどうも、子ども手当の影響があるようです」

いや、でも子供手当が支給されたからといってもちょっと気が早くないですか?と思ったのですが、

次の支給は10月。お母さんの懐が潤い、夏のレジャーに"転用"される前に、本来の目的に使ってもらおうという目論見か。

子供の為に使われる前に使っちゃえ、ってことですね。これも「なるほどなあ」ですね。

想像力が年々落ちてきているので当事者に近いところにいないとこのあたりの事情は言われないとわからなかったりするのが悲しい私です。

MacPaintのソースコードがサンノゼのコンピュータミュージアムに寄贈されたようです。

 

AppleがMacPaintのソースコードをサンノゼのコンピュータヒストリーミュージアムに寄贈した、というニュースがありました。

Apple Donates MacPaint Source Code To Computer History Museum - BusinessWeek

記事ではクヌース先生が「MacPaint "the best program ever written."」と言っていたことや、ビル・アトキンソンとかアンディ・ハーツフィールドの名前などが登場しています。

MacPaintはね、やっぱり一番最初に見せられた時はぶっ飛びましたよね。もう子供がお絵かきに夢中になるようにMacPaintでいろんな絵を描いていましたよ。

Finally in January of this year, Hertzfeld saw Apple CEO Steve Jobs, and told him of the stalled request for the source code. Within 24 hours, Jobs asked Apple's new general counsel, Bruce Sewell to approve it. The files are going live today.

おお、このあたりのやりとりを想像するとなんかかっこいいですね。

What you'll find are actually two files, one containing the source code of MacPaint itself, the other containing QuickDraw, which Hertzfeld calls "the single most important component of the original Macintosh technology." It was a key enabling technology not only for MacPaint but for the entire Mac interface, and by itself amounts to about one-third of the source code for the original Macintosh operating system.

QuickDrawのソースも寄贈されるんですね。確かにこれは人類の財産かもしれません。QuickDrawなしでは何も起こらなかったことでしょう。

でもソースコードが寄贈されたからといって見に行って楽しいのは昔のMacのプログラマだけなんだろうけど、そういう人達は相当楽しいのかもしれないですね。

そんなわけで、そのMacPaintとQuickDrawのソースコードはZIPアーカイブでcomputerhistory.orgのサイトからダウンロードできます。68000のアセンブラの世界をご堪能ください!

http://www.computerhistory.org/highlights/macpaint/

う、なかなか繋がらない・・・。

ユーザインタフェースが素晴らしいMac用アプリ30選。

 

ユーザインタフェースが素晴らしい、という観点で選ばれた30個のMac用のアプリを紹介している記事がありました。

Smoking Hot Mac Interface Design: 30 Stunning Apps | Mac.AppStorm

今でこそMacOS XのUIを代表するものの1つとなったCoverFlowインタフェースも、元々はサードパーティのCDジャケットを表示するソフトウェアでしたからね。MacOS X以外のサードパーティのアプリケーションのUIにはどんなものがあるか、を知ると明日のユーザインタフェースの姿が見えてくるかもしれません。

ちなみに、私的には結構知らないソフトウェアがあったのでこれを元にいろいろインストールして体験してみようと思います。

あ、体験といえば今日読んだ以下の記事に「体験」が足りていないという事が書かれていました。音楽やアプリ、電子書籍などの分野でAppleが強い立場にいる、ということを受けての話です。

メディア業界イベントで、欠席のAppleジョブズ氏が存在感

「こうしたさまざまな配信モデルのおかげで、コンテンツは不足していない」と語るのは、Discernのマネージング・ディレクターで、ITの未来についての研究者でもあるポール・サッフォー氏だ。「不足しているのは、体験の方だ。コンテンツはそうした体験の1つのピースにすぎず、結局のところ、消費者に最も近いところにいるのは、そうした体験をコントロールできる立場にいる人ということになる。現状では、それはAppleだ」と同氏は言う。

日本の場合だとまず十分な配信モデルがないわけで、この時点でUSには負けているわけで、体験どころの話じゃないですよ。

あ、だから私的には「体験」をどうコントロールするか、ってところから発想するといいよね、って話をしたいわけです。音楽を配信するシステム作って、そこで売り上げあげるのがゴール、というんじゃないんです。

「Aperture」「iPhoto」から画像付きツイートを投稿できるプラグイン

 
Blue Crowbarは8日、アップルの画像管理ソフト「Aperture」および「iPhoto」から画像付きのツイートをTwitterに投稿できるプラグイン「TwitExport2」を発売した。価格は5.90ドル。機能を制限したトライアル版も用意する。対応ソフトはAperture 2.1.4以降/3.0.3以降、iPhoto '08/'09。

Blue Crowbar、「Aperture」「iPhoto」から画像付きツイートを投稿できるプラグイン

なーんだ有料かあ、ってことで一気にテンションが下がりました。これ、そんな$6弱もするようなものなのだろうか。

で、肝心の写真はどこにアップロードされるんだろう、と思ったらTwitPicかMobypictureに送られるようです。

さらにTwitterのみならずFlickrやFacebook、Jaiku、Blogger、WordPress、YouTubeその他にも投稿できるみたい。ああ、それなら$6というのも少し理解できるかな。

試用版も用意されているのですが、試用版だと写真にウォーターマークが入るようです。

なんというかMacOS Xプログラミングを勉強している人がとりあえずゴールに設定するといいような感じのソフトウェアですね。

iPadをモバイルバッテリー化するケーブルが試作

 
iPadをモバイルバッテリ化するというユニークなケーブルをイケショップが試作した。展示やデモは行なわれておらず、製品化は未定だが、反響が大きければ製品化を検討するという。

iPadをモバイルバッテリー化するケーブルが試作

iPadの内蔵バッテリを出力側にして、携帯電話などの機器を充電できるようにする、というケーブルだそうです。

同店いわく「iPadのバッテリ容量が大きいので試してみた」とのことだが、バッテリ容量が小さいiPhoneなども出力側として使用できるという。また、ケーブルのアタッチメントを交換すればiPhoneやiPadなどの充電にも使えるとのこと。

まだ試作段階ということなんですが、なんというかiPadの「オラの元気を分けてやる」って感じがいいですね。

いつか使う時がくるかもしれないので、とりあえず製品として発売になったら買っておきたいと思います。

つうか、こういうケーブルは他からもたくさん出てきそうですね。

個人的にはデジカメが充電できるようになるといいなあ、と。ほんと外でデジカメの電池がなくなるとショックでかいんですよ。あ、でもそういえばiPadを外に持ち出したことってまだないな。

アップル、Time Capsuleに電源が入らない不具合 ~無償で修理/交換

 
アップルは9日、無線ルーター機能付きNAS「Time Capsule」の一部に電源が入らない不具合があるとし、無償で修理または交換を行なうと発表した。

アップル、Time Capsuleに電源が入らない不具合 ~無償で修理/交換

対象は、2008年2月~6月の間に販売した製品の一部で、シリアル番号が「XX807XXXXXX」~「XX814XXXXXX」までのもの。このシリアル番号の範囲に該当し、電源が入らなかったり、起動後に予期せずシャットダウンする場合は、修理と交換の対象となる。

自宅でバックアップ用に「Time Capsule」を使っているんですが、これ、いつ買ったんだっけ?

こんな時便利なのが自分のブログです。さて、記事検索をしてみると・・・あった、あった。

Time Capsule買った

2008年3月20日だそうです。まさにこの不具合起こしているやつにドンピシャですね。

とはいうものの、電源が入らない不具合はまだ発生していません。

Appleのサポート掲示板読んでいると、この時期に発売になったTimeCapsuleは電源用のコンデンサが溶けてしまうようなのですが、2年経った今でもそんな様子は感じられません。一応気持ちとしてはいつ起動しなくなっても大丈夫なようにはしているんですが、しかし、そんなバックアップデバイスの存在理由って一体なんなんだろうか・・・。

過去にこの問題に対して、修理と交換を有料で行なったユーザーへの返金についても、アップルに問い合わせるよう呼びかけている。

ということで、昔当該機種を有償で修理した人は返金されるみたいです。でもその時のレシートなんて保存していないだろうなあ。

鉛筆6本で作るiPad用スタンド

 

こんなのが作れます。

The Pencil iPad Stand | Geeky Gadgets

こういうのは貧乏っぽさが強ければ強いほど良い感じですね。

「テレビ」アプリがiPadにも対応―大画面でワンセグを視聴してみた

 
まず第1回で紹介したいのは、ワンセグを視聴できる「テレビ」アプリだ。同アプリはiPhone向けに提供されていたが、6月22日のバージョンアップで iPad(3G、Wi-Fi版)とiPhone 4に正式対応した。なお、テレビアプリの利用には別売の「TV&バッテリー」(9840円)が必要になる。

無料アプリで「iPad」を楽しむ:第1回 「テレビ」アプリがiPadにも対応――大画面でワンセグを視聴してみた - ITmedia +D モバイル

ああ、そういえばそんなアプリとデバイスがあったよね、ってな感じで懐かしさと共に思い出したこのワンセグ視聴環境なんですが、やはりiPadで気になるのは「2倍表示にしたらジャギだらけなんじゃないか」という点じゃないかと思います。

ワンセグを拡大表示しているだけあって、画質はあまりよくないが、ディスプレイのサイズが大きいので迫力は十分

まあ、遠目から見たらあまり気にならなくなるのかもしれないですね。それにiPhone 4でも使えるわけだし。

うちのiMacには地デジチューナーがついているので、利用的にはiMacで受信した地デジ番組をiPadにストリーミングで転送してくれる、というものなんですけど、そういうのってないよね。

iPhoneの電子コンパスのリセット方法。8の字というよりはむしろ∞で動かす。

 

ライフハッカーに「iPhoneの電子コンパス、「8の字に動かせ」の対処法」という記事がありました。

そういえばiPhone 4で電子コンパスアプリを起動したときに「コンパスの干渉」ということでiPhoneを8の字に動かしてリセットしろ、みたいなメッセージが表示され、その通りやってみたもののうまく動かず「まあ、いいや」とその場をやり過ごしたことを思い出しました。

それにしてもなんで8の字なんだろう。

で、以下のページにその理由が説明されていました。

Official Site for 電子コンパス キャリブレーション

このページからビデオによる説明が見れるのですが、要は前後・左右・上下の3方向に面を向けてリセットできるように動かせばよいわけです。なので、iPhoneを縦にもって上下方向に8の字を描いてもだめなわけです。

で、この前後・左右・上下の3方向を実現するにはDNAの2重螺旋構造みたいな∞の動きが一番効率的なようです。大きく回す必要もありません。

まあ、無限大マークのように動かせ、と言われたら何言ってるのかまったくわからないから、やっぱり8の字に動かせってなっちゃうんだろうなあ。

リークしたiPhone 4の電波受信問題への公式見解

 

Boy Genius Report というサイトで公開されたものです。Apple Storeのスタッフに送られたiPhone 4の電波受信問題へのガイドラインがリークしたようです。

Leaked: Apple's internal iPhone 4 antenna troubleshooting procedures

iPhone 4の電波受信問題というのはiPhone 4の持ち方によって電波の受信能力が落ちるというもので、スティーブ的には「持ち方変えろ」「ケースを使え」といってたやつです。

で、どんなガイドラインかというと、

1. Keep all of the positioning statements in the BN handy - your tone when delivering this information is important.

a. The iPhone 4’s wireless performance is the best we have ever shipped. Our testing shows that iPhone 4’s overall antenna performance is better than iPhone 3GS.

b. Gripping almost any mobile phone in certain places will reduce its reception. This is true of the iPhone 4, the iPhone 3GS, and many other phones we have tested. It is a fact of life in the wireless world.

c. If you are experiencing this on your iPhone 3GS, avoid covering the bottom-right side with your hand.

d. If you are experiencing this on your iPhone 4, avoid covering the black strip in the lower-left corner of the metal band.

e. The use of a case or Bumper that is made out of rubber or plastic may improve wireless performance by keeping your hand from directly covering these areas.

2. Do not perform warranty service. Use the positioning above for any customer questions or concerns.

3. Don't forget YOU STILL NEED to probe and troubleshoot. If a customer calls about their reception while the phone is sitting on a table (not being held) it is not the metal band.

4. ONLY escalate if the issue exists when the phone is not held AND you cannot resolve it.

5. We ARE NOT appeasing customers with free bumpers - DON'T promise a free bumper to customers.

ということで、要約すると、

iPhone 4のアンテナには問題はない、他の携帯電話でも同じような問題はある。持ち方変えろ、ケースまたはバンパー(iPhone 4のオプション)を使え、と説明しなさい
保証サービスは適用するな。
無料でバンパーを提供するなどといってお客をなだめるな。そんな約束は絶対にやっちゃだめだ。

ということで、しっかりと問題は認識しているようです。

Appleもなんかおかしな会社になってきたなあ。普通ならバンパーとかケースを無料支給だろうに。

iPhone 4で撮影・編集されたムービー「Apple of My Eye」

 

iPhone 4のカメラだめじゃん!なんて声も聞こえてくる今日この頃ですが、そのiPhone 4のカメラで撮影されただけじゃなくiPhone上のiMovieで編集されたムービーです。

Shot and edited entirely on the iPhone 4 / iMovie App (in 48 hours).

なんというか、使い方次第でここまでできるんだなあ、って感じでしょうか。さすがに48時間かかってますが。

リンク先のページではHD品質で見ることができます。そんなわけで、リンク先ページで見ることを推奨します。

"Apple of My Eye" - an iPhone 4 film from Michael Koerbel on Vimeo.

"Apple of My Eye" - an iPhone 4 film on Vimeo

iPadでマニュアルのPDF読んだら予想以上に素晴らしかったという話

 

デジカメのマニュアルを探していたんです。ええ、製品に同梱されている紙に印刷された小さく読みにくい本みたいなやつです。

でも、いくら探しても見つからないのでメーカーのサイトに行ってPDFファイルをダウンロードしようと思いました。

いい機会なのでiPadでGoodReaderでダウンロードしてみました。

で、オープンして読んでみたのですが、これがとても素晴らしかった!

というのも、まずとにかく読みやすい。

読みやすいというのは、1つには「ページが大きい」というのがあります。

デジカメに同梱されているマニュアルはパッケージ箱に入れる関係でとても小さいんです。まあ、読めなくはないけど、なんかゆっくり読めないんですよ。

1ページがだいたい倍ぐらいのサイズで表示されるわけですからとても読みやすい。

で、なんでこんなに読みやすいんだろう、と思いながら読んでいて途中ではたと気づいたのですが、ダウンロードしたPDF形式のマニュアルは2色刷りのものだったんです。

黒と水色の2色が使われていました。マニュアル本は黒1色です。

黒1色だけだと大事なところもそれほど大事な感じがしないのですが、PDF版だとちゃんと水色で枠線になってたり帯になっていたりするので章の切り替わりとかページ中の大事なポイントがすぐに理解できます。

PDFなんだからPCやノートPCのモニタで見ても同じだろ、と思うもしれませんが、ネットブックとかPCのモニタでPDF開いて読む、のとはちょっと感覚が違うんですよねえ。

なんというか、ネットブックとかPCでPDF開くと「読む」というよりは必要としている情報を「探す」方のベクトルが強くなるんですが、iPadだとその傾向が弱くなる、っていうのかなあ。あと、紙のマニュアルと同じで「手の中にある」というのも感覚的な違いでしょうか。

まあ、とにかく、マニュアルが「本」のような感覚で読める、というのが素晴らしいな、と思いました。

という、あくまで個人的なささやかな感動を書いてみました。

WindowsやLinuxで使えるAppleのCocoaのオープンソースな実装「cocotron」

 
Cross-platform Foundation and AppKit frameworks, including Objective-C runtime. AppKit runs on Windows, Foundation on Windows, Linux and Solaris.

cocotron - Project Hosting on Google Code

AppkitやFoundationフレームワークをWindowsやLinuxなどに実装した「cocotron」というものがありました(Objective-Cのランタイムも提供されているようです)。

本プロジェクトのページはこちら

The purpose of the project is to provide an easy to use cross-platform solution for Objective-C development. In particular, source code level compatibility with recent versions of Apple's frameworks (OS X 10.4 and 10.5).

これ、結構昔からあるようで、2007年2月のマイコミジャーナルで紹介されていました。

GNUStep? Yellow Box? いえ、Cocotronです

CocotronでビルドしたCocoaアプリをWindows上で起動したところ。結構感動しますよ

あれから3年経っているのでプロジェクトもかなり進行しているんでしょうね。

で、サンプルのページがあったのでTextEditorというやつをWindowsマシンでダウンロードしてみました。

BinaryをダウンロードしてZIPを展開するとTextEditor.appという名のフォルダが見えるので、それを開いて開くとWindowsというフォルダが見つかります。その中にTextEditor.exeという名前のファイルがあるので実行してみます。

おお、これはまるでTextEditみたいですね。日本語は入力できないけど、Ctrl+Tとかでフォントパネルまで開くし!

んなわけで時間のある方はお試しください。

Apple、iOS 4へのアップデートに伴いプライバシーポリシーを改定

 
米Appleは6月21日(現地時間)、iPhoneおよびiPad touch向け新OS「iOS 4」の配布開始に伴い、プライバシーポリシーを改定し、新たに位置情報に関する項目を追加した。

Apple、iOS 4へのアップデートに伴いプライバシーポリシーを改定

加えられた項目です。

追加されたのは「ロケーションベースサービスについて」と題した項目で、「アップル製品でのロケーションベースサービスを提供するために、アップルならびに当社のパートナーおよびライセンシーは、お客様のアップルコンピュータまたはデバイスのリアルタイムの所在地を含む正確な所在地データを収集、使用および共有することがあります。この所在地データは、お客様を個人として識別せずに、匿名で収集され、アップルならびに当社のパートナーおよびライセンシーにより、ロケーションベース製品およびサービスの提供および向上のために利用されます。」となっている。

で、これに伴い位置情報サービス機能のオン/オフをアプリごとに設定できるようになったようです。

さらに7月からAppleによる広告サービス「iAd」がスタートするのですが、それをオプトアウトさせる方法も記載されているようなんですが、

iOS 4搭載端末から「http://oo.apple.com」にアクセスすると「You have successfully opted out(オプトアウトに成功しました)」というメッセージが表示される。オプトアウトしても広告の数が減るわけではなく、匿名情報に基づいた関連広告が表示される。

えっ?オプトアウトというのは単に位置情報を「利用する/しない」だけで広告表示は消せないんですね。だったらオプトアウトせずに自分にとって有益な広告を表示してもらったほうがいいかもなあ。

iPhone 3GにiOS4を入れてもちゃんと動くのか

 
僕はiPhone 3Gを愛用しているんですが、このたびめでたく公開されました「iOS4」を、iPhone 3Gにインストール(3G×iOS4)してみましたので、ご報告させていただきます。

【長文注意】iPhone 3GにiOS4を入れたらちゃんと動くのか大検証! : ギズモード・ジャパン

iOS4がリリースされたわけですが、私も3Gユーザなのでこういう記事はとても助かります。

3GにiOS4を入れると重くなる、使えない機能が結構ある、という話をリリース前に各所から聞いていたので、どうせiPhone 4買うから3GはiOS4にしないでそのまま使おう、と思っていました。

使えない機能がある、というのはまあ別に今と変わりないのでいいのですが、問題は今でも重いのにさらに重くなっちゃうのか、ってところでしょうか。

さて、インストールは無事終わりました。動作は意外と軽い感じです。すげえ重くて困っちゃうぜ! というようなことはありません。

なるほど、なるほど。

Twitter見ていると、システムが重くなったってことよりも各アプリの機能アップのおかげで作業全体にかかる時間が短縮された、なんてつぶやきもありますね。

インストールには2時間ぐらいかかるそうなので、本来であれば夜にアップデート仕込んで寝てしまう、というのがいいんでしょうけど、私はiPhoneを目覚まし代わりに使っているのでそれもできないので、今度の土曜日にでも作業したいと思います。

それにしてもリンク先の記事の最後の画像バナーがすごいですなあ。仕事で並ばなきゃいけない、ってのは幸せなのか不幸なのかわかんなくなってくるよ。

2000年のiMacと今のiPhoneのスペック比較

 

2000年のiMacと今回2010年に発売されるiPhone 4の単純なスペックの比較が掲載されていました。

2000 iMac compared to the 2010 iPhone - Ars Technica OpenForum

つまり「10年」経ったらどうなっているか、って話なんですが、とりあえずスペックの比較を。

2000
iMac
Operating System - Mac OS 9.0.4
Processor - 500 MHz PowerPC G3 CPU, 128MB Memory
Graphics - ATI Rage 128 Pro, 8MB of memory (8 million triangles)
Screen - 786K pixels
Data Transfer Speeds - 1.3-12.5 MB/s (DVD-ROM-1/100 Ethernet)
Storage - 30GB Hard Drive
Dimensions - 15.0 x 15.0 x 17.1 inches
Weight - 34.7 pounds

2010
iPhone 4
Operating System - iOS 4.0
Processor - 1 Ghz ARM A4 CPU, 512MB Memory
Graphics - PowerVR SGX 535, uses system memory (28 million triangles)
Screen - 614K pixels
Data Transfer Speeds - .04-20MB/s (3G-WiFi)
Storage - 32GB Flash Drive
Dimensions - 4.5 x 2.31 x .31 inches
Weight - 4.8 ounces

わかっちゃいるけど、こうやって比較してみると10年で少なくともデータシート上ではすごい世界の変わりようです。昔を知っている人はこういう資料見るとそれぞれ思い起こされるものがあることでしょう。

とりあえず、途中まではよいとして最後の大きさと重量比較のところで「えっ?」ってなるでしょうね。あ、あと価格もあるとよかったかも、ですね。

これが掲載されているのはいわゆる「フォーラム」ということで、このお題に対して皆さんがそれぞれの感想などを書かれているわけですが、それもまた読んでいると楽しかったりします。

What will the device be like in 2020?

いや、ほんとに2020年にはどういうことになっているんでしょうかね。

Apple、MobileMe最新版をリリース

 
米Appleは6月18日(現地時間)、オンラインサービススイート「MobileMe」の最新版をリリースしたと発表した

Apple、MobileMe最新版をリリース 無料版は出ず

メールに幾つかの新機能を追加し、ユーザーインタフェースを改善したほか、同サービスと連係する「iPhoneを探す」アプリをリリースした。うわさされていた無料版はなく、年間利用料は従来通り9800円。

こんにちは、MobileMeユーザです。

今回アップデートしたということでアクセスしてみたんですが、スピードが速くなっていることにまずびっくりしました。これまでメール機能なんかはメールアイコンクリックしてからコンテンツがロードされるまで結構待ったんですが、それに比べれば1000倍ぐらい速くなっている感覚です。また、Macではletterbox使って縦3列のペイン表示をしているのですが、新しいMoileMeのメールもそれと同じレイアウトになったところが個人的にはとても嬉しいです。

また、雲の絵のMobileMeアイコンをクリックすると利用できるサービスがMacOS Xのcommand+tabキーを押した時にみたいに、ブラウザ画面の中央にどーんと出てくるのもわかりやすくていいです。

無料版が出なかったことに残念がる人もいますが、私としてはお金払っているので、無料サービスを提供することでユーザが増えてシステムが重くならなくてよかったなあ、と思っています。

今のMobileMeではメール、連絡帳、予定表、フォトギャラリー、ストレージサービス(iDisk)、iPhoneおよびiPadを探す機能が提供されているのですが、もっとサービス項目増やしたり、MobileMeの中からApple製品買うと値引きが適用されるといったサービスなどが提供されるといいな、なんて思っています。

なんというかMobileMeはWeb上でのサービス、というよりは複数端末間のデータ同期Hubみたいな役割の方が強いと個人的に思っており、このため色々なタイプの端末(iPhone、iPad、Mac、Windowsなど)を持っている人はMobileMeのIDを端末に入力するだけで設定なしで各種データが勝手に最新になるのでとても便利に利用できるのですが、端末を数台しか持っていない人にはなんかピンとこないサービスになっているのが残念といえば残念なんだけど、まあユーザが増えて重くなるよりいいので、そのあたりはあまり触れずに密かに利用していきたいと思います。

AppleのWWDC 2010での各セッションのビデオが無料で見られるようになりました。

 
Watch over 100 in-depth technical sessions from WWDC 2010. You'll learn advanced coding techniques that will show you how to enhance the capabilities of your applications with the revolutionary technologies in iOS and Mac OS X.

WWDC 2010 Session Videos - Apple Developer

Appleの開発者会議であるWWDCの今年の各セッションのビデオが無料でダウンロードして見られるようになっています。

これから勉強しよう、と思っている人にはとても参考になるでしょうが、とにかくたくさんあります。

Frameworks関係で40本、Core OSで12本、グラフィクスとメディアで26本、開発ツールで18本、インターネットとWebで13本あり、それぞれ50分程度あります。これは中々たいへんですね。

確かに現地に行かなくてもこうやって見れるのは嬉しい話なんでしょうけど、日本にいてビデオ見て勉強するだけの時間が確保できるか、って考えると相当強いモチベーションがないときついでしょうねえ。現地に行けば「元を取らなきゃ!」って一生懸命になれるけど。

ビデオの他にスライド資料もダウンロードできるので、まあとにかくやる気があればなんでもできますね。

ピタッとハマると気持ちいい! iPhone版『連ジグパズル』で頭を活性化

 
パオンから、ジグソーパズルのピースを使ったパズルゲーム『連ジグパズル』が2010年6月17日より配信された。本作は凹凸を持った6種類のジグソーピースを、縦の列と横の列に同じ形のピースが重複しないように配置して盤面を全て埋めるパズルゲーム。

ピタッとハマると気持ちいい! iPhone版『連ジグパズル』で頭を活性化 - ファミ通.com

縦列と横列に同形ピースが重複しないように配置するだけの簡単なルールと、ピースを選んでハメるだけの簡単操作なので、誰でもすぐに楽しむことができる。

こんな感じのゲームです。

でも350円もするんです。

で、評価を見てみたら、

ナンクロに似たパズルゲーム。でもナンクロよりも面白い。キャラもかわいいしオススメ!
ああでもない、こうでもない、と悩みながら遊んでいます。アクションみたいに慌てなくて良いので楽しいです!

iPadもあるんで、友達と一緒にあーでもない、こーでもないといいながら遊ぶと楽しいでしょう。で、私は娘と遊びたいなと思ったわけですよ。

連ジグパズル 連ジグパズル

シューター必見! iPhoneアプリの力作シューティングが謎の(?)セール中

 
EpicForceから配信中のiPhone/iPod touch向けアプリ『Super Laser: The Alien Fighter』が通常価格350円[税込]のところ、なぜか4年に一度のサッカーの祭典を記念してセール価格の115円[税込]で配信中。

シューター必見! iPhoneアプリの力作シューティングが謎の(?)セール中 - ファミ通.com


本作は縦スクロール形式のシューティングゲームで、オート連射、オートロックオンによるレーザー機能を搭載し、描きこまれたグラフィックや軽快な操作性と、オリジナルタイトルながらハイクオリティなデキの1本。

こんな感じのシューティングゲームです。

まあ、115円だったらゲーセン行って1回やってみた、的な感覚で購入できるかもですね。

Super Laser: The Alien Fighter Super Laser: The Alien Fighter

アップル、「Mac OS X v10.6.4 アップデート」をリリース

 
Appleは米国時間6月15日、「Mac OS X v10.6.4 アップデート」をリリースした。

アップル、「Mac OS X v10.6.4 アップデート」をリリース

修正点は以下の通り。

* キーボードやトラックパッドが反応しなくなる原因となる問題の解決
* Adobe CS3の一部のアプリケーションが起動しなくなる原因となる可能性がある問題の解決
* SMBファイルサーバ上のファイルをコピー、名称変更、削除するときに発生する問題に対応
* VPN接続の信頼性の向上
* 標準品質デインターレースを使用したDVDプレーヤーの再生時に発生する問題の解決
* 「iPhoto」または「Aperture」で、フルスクリーン表示での写真編集時に発生する問題を解決
* 一部の点字ディスプレイとの互換性の向上

うちのiMac 27インチで「iPhoto」でのフルスクリーン表示での編集の際にカラーテーブルが壊れたような感じになっちゃう問題がきっと解決されているの違いない。

あとうちのiMacではしばらく使っているとスリープ状態じゃないのに画面が真っ黒になっちゃう問題があって、この時は仕方ないので電源ボタン使って再起動させているんだけど、この問題ももしかして解決しているといいなあ。

iMac 27インチってディスプレイ系がまだちょっとおかしいですね。

iPhone Developer Program License Agreementの「セクション3.3.2」に変更が。

 

iPhone Developer Program License Agreementの「セクション3.3.2」が変更されたようです。

Apple Outsider » Hello, Lua

変更前はこんな感じ。

No interpreted code may be downloaded or used in an Application except for code that is interpreted and run by Apple's Documented APIs and built-in interpreter(s).

で、変更後。

Unless otherwise approved by Apple in writing, no interpreted code may be downloaded or used in an Application except for code that is interpreted and run by Apple's Documented APIs and built-in interpreter(s). Notwithstanding the foregoing, with Apple's prior written consent, an Application may use embedded interpreted code in a limited way if such use is solely for providing minor features or functionality that are consistent with the intended and advertised purpose of the Application.

変更前はiterpreted codeは完全にだめだったんですが、変更後は条件付きでOKになっているようです。

で、リンク先に記事ではLuaというゲームプラットフォーム用のスクリプト言語があるんですが、これのエンジンを内包することができるようになるんじゃないか、みたいなことが書かれています。

Lua

確かにゲームを開発したり移植するときに実績がある高速なエンジンを組み込めるようになる、というのは重要ですよね。

まあ、ただ、これはこういう用途であって、相変わらず意図が異なるコンパイルされていないコードとかマルチプラットフォームなコードはだめみたいです。

「Safariリーダー、いいなあ」と思っている非Safariユーザに捧げるブックマークレット「Readability」

 
Readability is a simple tool that makes reading on the Web more enjoyable by removing the clutter around what you're reading.

Readability - An Arc90 Lab Experiment

先日AppleからリリースされたブラウザSafari 5には見ているWebページの広告や余計な要素を除いて純粋にメインとなる記事だけを読めるようにする「Safariリーダー」という機能が搭載されました。

自分にとっては文字が小さかったり、行間が詰まってて読みにくかったりするときにこの機能を使うととても読み易くなるわけですが、これはSafari 5だけの機能です。

で、このSafariリーダーよりも前にこれと同じ機能を提供するブックマークレットが存在していました。それが「Readability」です。

ブックマークレットなのでブラウザのブックマークバーにお気に入りとして登録しておけば、起動したいWebページでそれをクリックするだけでシンプルなテキスト形式で記事が読めるようになります。

で、このReadabilityを提供しているarc90という会社のブログを読んでみると、ちょうど
Safari Readerについての記事を書いていました。この記事の最後のテキストはこんな感じ。

Update: We've since discovered that Safari's "Reader" feature is, in fact, based upon our own Readability.

ということで、Readabilityをベースにしているんですね。

Safariで使われている技術に関するコピーライトがまとめられるところにarc90社の名前があったようです。

Jaadu VNC「iTeleport4.0」をiPadにインストールしてみた

 

iPadからリモートアクセスしてみたいな、と思い、VNC関係をいろいろ調べていたら無料のものはないようなので、有料アプリを購入しようと思いました。

VNCに拘らずリモートアクセスを実現したいと思ったらLogMeIn Ignitionというのもあるんですが、まあLogMeInはどんなものかだいたいわかっているので、今回はJaadu VNC「iTeleport4.0」でやってみることにしました。

参考にさせていただいたのはこちらのブログさんです。

apptoi - iPhoneあっぷ使ってみた: iTeleport4.0:Jaadu VNC - iPhoneからMac, Windows, Linuxをリモート操作[更新]

もう、これでもか!ってぐらい丁寧に書いているので何も迷うことはありませんし、気づかなかったこともたくさん知ることができました。ありがとうございます。

で、こちらに書かれていた方法でVNCサーバーとJaadu VNC ConnectというクライアントアプリをWindowsとMacにインストールすることで、iPadから家庭と会社のWindowsとMacにアクセスすることができるようになりました。これはすごい。

LogMeIn Ignitionが3500円、iTeleportが2900円とiTeleportが安く、しかも1つ買えば複数台のマシンにリモートアクセスできるようになるので、非常にいい買い物をしたな、と思っております。

LogMeIn未体験の方はLogMeInでもいいと思いますよ。

Safari 5リリース。Win版はGPUもサポート!

 

AppleからSafari 5がリリースされました。

Apple - Safari - Download the world's most innovative browser.

さすがにバージョン番号が1つあがっているだけあって、いろいろ機能強化がなされているようです。ビルド番号はWin版は7533.16、Mac版が6533.16となっていました。

とりあえず新しいものとしては「Safari リーダー」でしょうか。

Safari リーダー:新しい"リーダー"アイコンをクリックすると、Web 上の記事が 1 ページに整理されて表示されます。

この「Safari リーダー」はSafariの「表示」メニューの一番下にあるのですが、それが使えるサイトと使えないサイトがあるようです。使えるサイトの場合はURLを入力するアドレスフィールドの後ろの方に「リーダー」というアイコンが表示されます(普段は「RSS」って表示されているところですね)。

Safariリーダーを実行するとinstapaper使ってページ読んでいるような感覚でページを読むことができるようになります。

その他の注目点は以下の通りです。

パフォーマンスの向上:Safari 5 では、JavaScript の実行速度が Safari 4 と比較して最大 25% 向上しました。
ページキャッシュおよび DNS プリフェッチの改善により、ブラウズ速度が向上しました。
Bing 検索オプション:Safari の検索フィールドで、Google および Yahoo! に加えて、新たに追加された Bing 検索オプションを選択できます。
HTML5 サポートの改善:多数の HTML5 新機能がサポートされました。これには、位置情報、HTML5 ビデオのフルスクリーン表示、HTML5 ビデオのクローズドキャプション、新規セクショニング要素(article、aside、footer、header、hgroup、nav、section)、HTML5 AJAX 履歴、EventSource、WebSocket、HTML5 draggable 属性、HTML5 フォーム検証、および HTML5 Ruby が含まれます。
Safari 開発者用ツール:"Web インスペクタ"に新たに追加された"タイムライン"パネルには、Safari が Web サイトに対して実行した対話処理が示されるため、どの部分を最適化すればよいかを知ることができます。新しいキーボードショートカットを使うと、パネルをすばやく切り替えることができます。

また改善点として以下のものがあります。

さらに賢くなったアドレスフィールド:スマート・アドレス・フィールドにテキストを入力すると、履歴やブックマークに存在する Web ページの URL だけでなく、それらの Web ページのタイトルからも検索されるようになりました。
タブ設定:新規 Web ページは、別個のウインドウではなく、自動的にタブに表示されます。
Windows 向けハードウェアアクセラレーション: コンピュータのグラフィックプロセッサのパワーを使って、PC および Mac 上でメディアやエフェクトをスムーズに表示します。
日付を使った履歴検索:全履歴検索に追加された日付インジケータに、Web ページを表示した日付が表示されます。
"Top Sites"/"履歴"ボタン:各ビューの一番上に新しくボタンが追加され、Top Sites と全履歴検索を簡単に切り替えることができます。
"プライベートブラウズ"アイコン:プライベートブラウズが入の場合、スマート・アドレス・フィールドに"プライベート"アイコンが表示されます。プライベートブラウズを切にするには、このアイコンをクリックします。
DNS プリフェッチ:Web ページ上にあるリンクのアドレスを検索して、すばやく読み込むことができます。
ページキャッシュの改善:キャッシュに追加できる Web ページの種類が増え、これらのページの読み込み速度が高速化されました。
XSS オーディタ:クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃で使用される、悪意があると思われるスクリプトをフィルタ処理できます。
JavaScript サポートの改善:Safari では、JSON(JavaScript Object Notation)を使用する Web アプリケーションをより高速かつ安全に実行することができます。

Windows版でGPUが利用できるようになった、というところが見た目のスピードアップに貢献しそうですね。

というか例のHTML5のショーケースのページですが、Win版Safari 4だとVRのやつがtranslate3dがサポートされていなかったので見れなかったのですが、Safari 5だとしっかり見れるだけじゃなくハードウェアアクセラレーションも効いているのは速いったらありゃしないw

そんなわけで良い感じなSafariなんですが、とにかくメモリを食うので、やっぱりWebkit2ベースにならないときついかなあ、という感じです。まあ、8GBとか16GBぐらいメモリたくさん搭載されているマシンだったら快適なんでしょうけどね。

「Speed Test」というiPhoneアプリでダウンロードスピードを測定してみた。

 

SPEEDTEST.NETというブロードバンドのスピード測定サイトがあるのですが、そこが出している無料のiPhone用のアプリをダウンロードしてみました。

Speedtest.net Speed Test for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Store (iTunesが開きます)

iPhone(3G)は会社の無線LANアクセスポイントに802.11gで接続されている状態なんですが、そこで計測してみると、下り(ダウンロード)で8.04Mbps、上りで9.94Mbpsという状態でした。3GSだともう少し速くなるのかな。

次に100MbpsのEthernetカードに有線で接続されたWindows PCでSPEEDTEST.NETのWebサイトで計測してみたところ下りで55.04Mbps、上りで51.42Mbpsという結果が出ました。凄いスピードだ。

そんなわけで、次は外に出て3G回線で測定してみようと思います。

300Kbps出ない、というお話もよく聞くのでとても楽しみです。

AppleのサイトにあるHTML5のショーケース

 

Appleが「Apple - HTML5」というタイトルのページを公開して、HTML5とCSS3でどんなことができるのか、といったデモを集めています。

Safariじゃないブラウザでこれらのデモ見ようとするとSafariのダウンロードを促されます。そんなわけでWindows版Safariで見るわけですが、3D transformsを使ったものはWindows版Safariだと動かないようで、MacOS X 10.6のSafariかiPhone OSのSafari、またはNightly buildの使用を勧められます。なるほど、だからWin版Safariでtranslate-3dが動かなかったのかあ。

にしてもこれだけできれば十分な気がするのですが、やはりAdobe様におかれましては「HTML5+CSS3でここまでできるか!」的なFlashを使ったショーケースを公開して全世界のFlash開発者を支援して欲しいものです。

自転車をこいで携帯を充電、Nokiaがキットを発表

 
携帯電話メーカーのNokiaは6月3日、自転車をこいで携帯電話を充電できるキット「Nokia Bicycle Charger Kit」を発表した。

自転車をこいで携帯を充電、Nokiaがキットを発表

このキットは充電器と小型の発電機、携帯電話を自転車に固定するホルダーで構成される。キットを自転車に取り付けると、自転車の車輪が回る動きを利用して発電し、携帯電話に電気を供給する。Nokiaのほとんどの携帯電話で使われている2ミリの充電ジャックに対応する。

自転車に固定するホルダーだけでも興味津々なプロダクトです。

まあ、ジョーク製品と思われるかもしれませんが、

Nokiaは、この製品は、電力の供給が不足している新興国市場をターゲットにすると同時に、先進国では環境に優しい点が売りになるとしている。

ということで新興国向けと考えればなるほどと理解できますね。

で、これに関するNOKIAのオフィシャルブログを読んでみると、書き出しが

NAIROBI, Kenya - Alongside the slew of phone releases today comes an altogether different product.

ケニアのナイロビ発のニュースとなっているようです。なるほど、ほんとこれですっきりしましたよ。

これの英語の製品名って「Nokia Bicycle Charger Kit」っていうんですね。でもプレスリリース読んでも値段は掲載されていませんでした。

iPhone Magazineに出ました

 

そういえばiPhone Magazineという月刊誌があるのですが、そこの「達人が選ぶアプリ紹介」みたいなコーナーがあってそこに出させて頂きました。

R0011730.JPG

同じページにはネタフルさんとかみたいもんさんがいました。今最も輝いているベストセラーブロガーと同じページに掲載されて嬉しかったですよ。雲の上の存在の人達ですからね。

で、このiPhone Magazineという雑誌ですが、気軽にiPhoneアプリの情報がゲットできたりと、とても読みやすくなっております。これからは電子出版!なんて言われているこのご時世にあえて紙の雑誌という形態でリリースするという理由はちゃんと具現化されていると思います。

そんなわけで、コンビニや書店で是非手にとってみてください。

公式サイトはこちらです。
iPhone Magazine 公式サイト

ソフトバンクの電波状態を確認して報告するiPhoneアプリ「電波チェッカー」

 
ソフトバンクモバイルが電波改善宣言の一環として、電波状況情報を収集し、ソフトバンクに報告できるiPhoneアプリ「電波チェッカー」をリリースした。

App Town ユーティリティ:ソフトバンクの電波状態を確認して報告――「電波チェッカー」

テレビのCMで爆笑問題がドコモの人になって街を歩きながら電波状況をチェックしていた、というのがあるのですが、あれのソフトバンク関連会社職員を使わずにユーザにやらせてしまえばいいじゃん!バージョンですね。

取得された電波状況情報はiPhoneのUDIDとともにソフトバンクモバイルに報告される。取得した情報はエリア改善の参考にすることがあるという。

まあ、単に報告するだけ、もしくは電波エリアマップの作成に使われるぐらいなんだろうなあ。

ここ電波弱いですよ、と連絡してもそう簡単に基地局が増えるわけではないですからね。

私もiPhone使ってて電波入らず終了!となる場面に何度も遭遇しているので、不満をつぶやく声の大きいユーザ向けの単なるプレゼンテーションで終わらないことを願う次第です。


ソフトバンク、iPad向けに月額制コンテンツ配信~雑誌や新聞など31誌

 
ソフトバンクグループの株式会社ビューンは、iPadやiPhone、iPod touchおよびソフトバンクの携帯電話向けに、新聞や雑誌、テレビニュースなどのコンテンツを月額の定額料金で閲覧できるサービス「ビューン」を6月1 日に開始する。月額料金はiPad向けが450円、iPhone/iPod touch向けが350円、ソフトバンク携帯電話向けが315円。

ソフトバンク、iPad向けに月額制コンテンツ配信~雑誌や新聞など31誌

閲覧できるコンテンツは、雑誌は週刊朝日やAERA(朝日新聞出版)、FRIDAY(講談社)、CanCam(小学館)、週刊ダイヤモンド(ダイヤモンド社)など、新聞はスポーツニッポン(スポーツニッポン社)や毎日新聞(毎日新聞社)、西日本新聞(西日本新聞社)、動画は日テレ NEWS 24(日本テレビ放送網)など。合計21社の31コンテンツを、すべて月額料金内で閲覧できる。
iPad向けのサービスでは、毎日新聞、西日本新聞、スポーツニッポンの3紙が「ビューン」限定の特別編集版を配信する。

日本の出版社のアプローチとしてはiPadは捨てがたいけど、配信プラットフォームのiBook Storeには関わり合いになりたくないよ、ということで、配信はいくつかのグループが形成されるってことになるのかな。

まあ、使いたいDRMが使えない、とか、料金設定に柔軟性がない、ということでiBook Storeを敬遠するのはよいかと思うのですが、逆にそれがコスト負担になってしまうとしわ寄せは利用者の方にくるので、なんとかうまく回るようになるといいですね。まあ、何にしてもiPadの登場で業界が動き出した、というのはいいことだと思います。

ちなみに、現時点ではまたApp Storeにビューンのアプリは上がっていないようですね。

30日間は無料で使えるようなので、まずはそれを試してみてから、でしょうか。

電子書籍1万点、iPad向けに販売 秋から

 
国内の主な出版社31社でつくる日本電子書籍出版社協会(電書協、代表理事・野間省伸講談社副社長)が、加盟社の電子書籍約1万点を、28日から発売されたアップル社の多機能携帯端末「iPad」で販売する。今秋からの予定だ。

asahi.com(朝日新聞社):電子書籍1万点、iPad向けに販売 秋から業界団体 - 社会

これ、本当?って感じのニュースですね。ソニー、凸版、KDDI、朝日新聞連合とはどうなっているんだ?

対象は、電書協が直営する電子書店「電子文庫パブリ」でパソコンや携帯電話向けに売っている電子書籍。いずれも加盟社の既刊書で、2万点のうち当面は半数ほどを投入する。最多価格帯は500~600円で、iPadでも同額で販売する。

なんか、日本の電子書籍ってあまり安くないですよねえ。印刷・流通・在庫・管理の手間考えたらもっと安くできるはずなのに。

一方、角川書店も独自にiPadなどの電子書籍端末に向けて新刊や既刊のベストセラー、ライトノベル、漫画など数十点を、秋にも同時に販売することを決めた。今年の本屋大賞に選ばれた冲方丁(うぶかた・とう)さんの「天地明察」が有力候補になっている。

なんかみんなそれぞれ勝手に対応するみたいで、よくわかんないや。

とにかくやるのはいいけど、各社がそれぞれ独自にインフラ構築して運用するとコスト下げられないからそこの部分はみんな仲良くやって欲しいな。

メディアがミスリードしているかもしれないFoxconnの自殺者報道

 

iPhoneなどの製造を手がけている、ってことで注目浴びているFoxconnの自殺者のお話ですが、これはちょっとメディアのミスリードなんじゃない?っていう英語の記事です。

まずはFoxconnの自殺者に関するニュース記事です。

中国iPhone工場の連続自殺、デルやソニーも実態調査

米アップル(Apple)の携帯電話端末iPhone(アイフォーン)を委託製造している中国・広東省深セン(Shenzhen)にある台湾系大手電子機器メーカー、富士康集団(フォックスコン、Foxconn)の工場で27日夜、新たに1人が手首を切って自殺を図った。この男性は一命を取りとめたものの、同工場では今年に入ってからすでに11人が自殺している。

「今年に入ってからすでに11人」ってことで、その数の多さが問題になっているわけですが、この数と中国での平均的な自殺者数を比較検討したようです。それがこの記事。

Media gets its facts wrong - working at Foxconn significantly cuts suicide risk | ZDNet(Foxconnで働くと自殺のリスクを大幅に減らせるよ)

Media badly misplaying Foxconn suicides」という記事を受けての記事なのですが、要約すると、

===
Foxconnには従業員が800,000人いて、30万人以上が広東省深セン(Shenzhen)にあるひとつの工場に勤務している。で、中国の自殺者の割合というのは1年間に10万人あたり14人である。つまりFoxconnの自殺者数というのは中国全土の平均より低いのである。
===

としています。

ということで、このあたりは中国に住んでいる人じゃないと感覚的にわかんない話かとは思いますが、Foxconnの場合はiPhoneの製造を行っている=マイクロソフトを抜いて世界最大のIT企業になったAppleが絡んでいる、ということで必要以上に注目を浴びてしまったのかもしれません。まあ、メディアとしても記事タイトル考え易いしね。

そんな話もある、ってことで。

"iPadフィーバー"どこで買える?台数は?一部は当日売り

 
いよいよ日本でも28日に発売される米アップルの新型マルチメディア端末「iPad(アイパッド)」。全国のアップル直営店や大手家電量販店などの一部店舗で、予約なしでも買える当日販売分が用意されていることが分かり、前日の27日朝には都内のアップル直営店に人が並ぶフィーバーぶりとなっている。アップル側はどの店で当日売りをするか一切明かしていないが、一体、どこに行ったら買えるのか。

"iPadフィーバー"どこで買える?台数は?一部は当日売り

ほんとにどこに行ったら買えるんでしょうか。

アップルの日本法人は「店舗は明かせないが、若干数を販売する」としており、直営のアップルストア銀座店など予約を受け付けた大半の店舗で当日販売されるとみられる。具体的な家電量販店の店舗や、どの機種が取り扱われるかは不明。

2chやTwitterで情報が飛び交い、そして錯綜するんだろうなあw

ちなみに明らかに扱わないのは以下の県だそうです。

青森、秋田、鳥取、島根、山口、佐賀の6県にはiPadを取り扱う店舗はない。

で、Appleは明かしていないのですが、関係者(w)によると、

「アップル直営店7店舗や、ソフトバンク表参道店など同社のモバイルショップ16店舗、東京・秋葉原、有楽町、新宿、池袋などにある家電量販店159店舗で当日売りが行われる可能性が大きい。ただ、予約受け付けが多数寄せられて途中で打ち切りとなったことを考えると、当日売りされる台数はそれほど多くはないだろう」

ということで、穴を狙って小さな店に行ってもだめかもしれないですね。

多分、ポイントは予約している人が引き取りにこなかった時に、店側がどのタイミングでそれをキャンセル扱いにするか、でしょうか。タイミングが合えば労せずゲットすることができるかもしれません。私の知人でも2~3店舗で予約入れている人がいますから。

ちなみに私は明日、オンラインのApple Storeから届くようです。わーい。

『バイオハザード4:iPad Edition』がいまなら450円[税込]! 期間限定セールを実施

 
いよいよ日本発売の2010年5月28日まで1週間と迫ったiPad。すでにカプコンが同端末にいた対応した『バイオハザード4:iPad Editon』が配信中だが、今回iPadの日本発売を記念して期間限定セールが実施される。これまで800円[税込]だったが、セール中は450円[税込]に。

『バイオハザード4:iPad Edition』がいまなら450円[税込]! 期間限定セールを実施

iPad版のバイオハザード4が期間限定で800円が450円になっているようです。

期間限定、というのがいつまでなにか、がわからなかったのでApp Store見てみたんですが、そこにも「いつまで」とは書いていませんでした。

インストール後に再起動しないとゲーム中に落ちちゃう、みたいなコメントが書かれていたんですが、まあ何かあったらバージョンアップしてくるでしょうから、慌てずに、ですね。

ちなみに私はiPhone版のバイオを買ったんですが、全然銃の照準をゾンビに合わせることができなくてやられてしまい、まだ1面すらクリアしていません。

iPad版だったら照準合わせるの簡単にできるのかなあ。

Googleのオープン動画フォーマット「WebM」、Appleは不支持か

 
Google が新しい動画コーデック「WebM」を発表し、主要ブラウザメーカーの大半が支持を表明した。だがAppleが足並みをそろえない可能性があり、 HTML5の動画フォーマット問題は解決されないかもしれない。

Googleのオープン動画フォーマット「WebM」、Appleは不支持か

AppleはH.264だけでVP8はサポートしないのかなあ、と思ってたら誰かがスティーブにメールでそのことを聞いたようです。

同社のスティーブ・ジョブズCEOが、「VP8の発表についてどう思うか?」というユーザーからのメールに対し、不支持と取れる回答をしていると報じられている。同氏はこのメールに対する返信に、x264(オープンソースのH.264エンコーダ)開発者ジェイソン・ガレット-グレイザー氏のブログのURLだけを記している。

で、そのブログには

ガレット-グレイザー氏はVP8を詳細に分析しており、同技術はTheoraよりいいが、H.264より遅くて不完全だと評価。さらにH.264からコピーした部分が多く、特許問題が起きる危険性をはらんでいると指摘している。

ということなんで、このあたりの懸念が払拭されればSafariでもVP8がサポートされるようになるんでしょうか。でも、まあ、H.264の利用ライセンスは今のところ無料だけど、2015年からは費用が発生するようになるから、きっとその頃には態度を変えるかも、ですね。ずいぶん先の話だけど。

つうか多分サードパーティがSafari用のVP8コーデック・プラグインを開発して問題解決、かな。

そんなわけであまり気にするような問題じゃないような気がしてきた。

これは懐かしい。「詳解 NEXTSTEP 3.2J BOX」というブログ記事

 
NEXTSTEP 3.2JのインストールCDとマニュアル等が詰まった箱です.

今回は, この箱の中身を大量の写真と共に紹介ならぬ詳解していきたいと思います.

ただいまっく!おかえりんご!: 詳解 NEXTSTEP 3.2J BOX

学校で引っ越しがあってその時にNEXTSTEP 3.2Jのパッケージボックスを発見&もらったそうで、パッケージ及びその中身について写真で詳細にレポートされています。

知っている人は知っている話なのですが、私はその昔NeXTという会社で働いておりまして、このNEXTSTEP 3.2Jのパッケージを始め、ありとあらゆる「目で見える日本語」部分を担当しておりました(他にカタログとかWebとかFAXアンサーシステムとか。最後はOPENSTEPのUIもやらせてもらった)。

で、紹介されているパッケージですが、これらをどう作ったかというと、基本的には米国本社のマーケティングからNeXT用Illustrator形式のファイルで送られていくルのですが、NeXT用Illustratorは日本語化されていないので、そのファイルを自宅に持ち帰り自宅のMacのIllustratorで開いて英語テキスト部分に日本語を割り付けて、うまくいったら日本語フォントをアウトラインにした状態でセーブ。で、それを会社に持ち帰りNeXT版Illustratorで開いて問題ないことを確認してセーブして本社に送り返す、という手順でやっていました。日本独自のパーツがある時には「WHAT'S INSIDE」という同梱リストにそれのイラストを作って挿入&レイアウト調整なんかもやってたりで、「ダサいっ言われないかな」とドキドキしながら作業していました。

パッケージの箱に書かれているコピーは、

クライアントサーバ、カスタムアプリケーション 迅速な開発とビジネスへの展開、そしてオブジェクト指向。 それらの言葉で語られる環境、それがNEXTSTEP

と書かれていて、紹介されている「ただいまっく!おかえりんご!」さんは「若干, 文章がポエムチックになっているのも面白い.」と書かれているのですが、はい、それを書いたのは私です。

パッケージ裏のシステム要件の部分は日本語が多かったのでレイアウトに苦労したのが懐かしいです。

ユーザーズガイド等のマニュアルは、米国ではFrameMakerで作られていたんで、これは手が出せなかったので全部版下にして米国に郵送しておりました。版下出力するためのデータはキヤノンが出していた日本語DTPソフトでやっていました(後期はキャノン製ワープロソフト「文机」になりました)。

これも後期は版下ではなくフィルム入稿となるのですが、印刷工場によってフィルムも膜上とか膜下とかいろいろ指定があって、しかもそれを英語でコミュニケートしなきゃいけないけど、日本の印刷屋さんはそういう印刷専門用語を英語でなんていうか、なんてのがわからないので、これも苦労したところです。

で、リンク先記事を見てもらうとわかるのですが、とにかく同梱物が多いし、いろんな種類があるんでパーツ管理がたいへんで、ここはもう神経すり減らしながら慎重にやっていました(アップグレード版とかアカデミック版とかIntel版、SPARC版、PA-RISC版とかとにかく多い)。

ということで、懐かしいものを見たのでトラックバックしたくなりこのエントリーを書いてしまいました。

ちなみに私はこのパッケージは持っていなかったりしますw。

大事にしてくださいね!

iPad用のスタンド

 

ということで、「iPad用のスタンド」以外のなにものでもないわけですがw。

Stabile | iPad Stand | THOUGHT OUT Company

後ろが2つに割れているのはその間にケーブルを通すためだからのようです。

黒いスチールのモデルで$59.99、シルバーが$69.99だそうです。

なんか正直個人的には微妙です。まあ、こういう製品はこれから山のように出てくるだろうから、しばらく様子見です。

パピレス、iPad向けに「電子貸本」サービス。電子書籍6500冊が閲覧可能

 
パピレスは、iPadの国内販売開始に合わせて、電子書籍レンタルサービス「電子貸本Renta!」のiPad向けサイトを5月28日に開設する。コミックや小説・実用書、グラビア写真集など、6500冊以上の電子書籍がiPadで閲覧できる。

パピレス、iPad向けに「電子貸本」サービス。電子書籍6500冊が閲覧可能

電子書籍、っていう分野だとダウンロード購入よりもこういう「貸本」的なアプローチの方がいいかもしれないですね。

読みたいときにすぐにダウンロードできてしかも低価格、一定期間が過ぎると読めなくなるってところでDRMどーのこーのっていう問題も解決できそうだから。

「電子貸本Renta!」は、パピレスが開発した電子書籍配信システム「MEDUSA」を利用した、Webブラウザーのみで閲覧できる電子書籍のレンタルサービス。課金は「閲覧チケット」を事前に購入する形で、料金は1冊105円から。レンタル可能な時間(48時間~無制限)が書籍によって決められている。

多分問題はビューアだと思うのですが、これがiPadのような新しいデバイスにマッチしたものだったらいいのだけど・・・。

というわけで、期待しながらサービスが開始される5月28日を待ちたいと思います。

iPhoneを"おサイフケータイ"にするケース、VISAが発表

 
米VISAは5月17日、iPhoneでおサイフケータイのように支払いができるようにするケースを発表した。iPhoneを決済端末にかざすだけで、 VISAのクレジットカード決済ができるようになる。

iPhoneを"おサイフケータイ"にするケース、VISAが発表

これはちょっと、なんか怖いな。

このケース「In2Pay Case for iPhone」は、iPhone用の保護ケースに、非接触型決済技術を組み込んだmicroSDカードを差し込んだもの。店舗での買い物のほか、交通機関の運賃支払い、建物の入館認証などにも活用できる。VISAはこの技術の試験運用を2010年第2四半期中に開始する予定だ。

非接触型決済技術を組み込んだmicroSDカードが抜き差しできるようなので、まずこれが抜かれないかというのが心配。次にケースごと持っていかれないか心配。ケータイってどっかの置き忘れる、という事って結構あるから。

でも、いちおうカードを使う(読み取り機にかざす)前にアプリを立ち上げてアクティベートしなきゃいけないようなので、ここの時点でセキュリティがかかっている、といえばそうなんだろうけど、やっぱりなんか不安だ。

ああ、これがVISAのクレジットカード決済、ってんじゃなくてVISAでオートチャージができる1万円ぐらいまでしかチャージできない端末カード、とかってんだったらいいんだな。モバイルsuicaみたいに。

にしてもAppleもiPhoneの中にこういうチップ入れておサイフケータイ化すればいいのにね。そしたら、カード事業とかローン事業とかドコモが歩んできたような新しい事業をApple IDと連携させていろいろできるだろうに。

アップル、「MobileMe Mail beta」プログラムを開始

 
Appleは米国時間5月12日、同社メールサービスの新たなベータバージョン「MobileMe Mail beta」を立ち上げたことを発表した。

アップル、「MobileMe Mail beta」プログラムを開始

このベータバージョンには、ワイドスクリーン表示とコンパクト表示、メール振り分けルール、シングルクリックによるアーカイブ、フォーマット用ツールバー、SSLプロテクションなどが加わっている。

これまでのAppleのWebサービスのトラブルを考えるとなんかいやな予感がするなあ。

別にWebブラウザで「MobileMe Mail」にアクセスできなくなってもいいけど、IMAPでアクセスしているメーラからアクセスできなくならないでね。

で、このベータサービスはとりあえず希望者だけが参加できるようです。

このベータプログラムに参加するには、MobileMe Mailのウェブインターフェースの左下にある「Request an invitation」リンクをクリックする。ベータプログラムに加えられたユーザーには通知メールが届けられる。

そんなわけで申し込もうと思ったのですが、日本語インタフェースのMobile Me Mailだとその左下に「Request an invitation」リンクはありませんでした。

残念!

アップルとAT&T、特許侵害で訴えられる--モバイルデバイスのスケーラブル表示で

 
ソフトウェア開発企業のSoftViewは米国時間5月10日、Appleと「iPhone」の米国キャリアであるAT&Tがモバイルデバイス上でのウェブページ表示に関するSoftViewの特許を侵害しているとして、両社を提訴した。

アップルとAT&T、特許侵害で訴えられる--モバイルデバイスのスケーラブル表示で

侵害していると訴えている特許はこんなやつ。

同特許は、モバイルデバイス上でのインターネットコンテンツのスケーラブル表示を対象としている。これについて、同特許の要約書の冒頭には「解像度に依存しない、インターネット(ウェブ)コンテンツのスケーラブル表示をサポートし、ウェブページを小型スクリーン上で見やすいようにスケール表示(ズーム)したりパン表示したりできるモバイルデバイス」と書かれている。特許は2005年に出願、2008年に承認された。

ふむふむ。

で、対象は、

訴訟の対象になっているのは、ウェブページを小さいサイズに縮小して表示するAppleのiPhoneと「iPod touch」だが、その一方でMacTechは、モバイル版「Safari」が今回の標的だとしている。また訴状には、米国における iPhoneの独占キャリアとして、AT&Tの名前も書かれている。

さて、そんなわけでSoftViewのサイトを見てみると・・・

SoftView is a vector graphic display system and web browser for PDAs, cell phones, and other Internet devices.
Display of other vector based images like maps, stock charts, and CAD drawings on PDAs and Cell phones is an extra benefit of using our technology.

なんだベクターグラフィック・ベースじゃないか。iPhoneのスケール表示部分ってビットマップベースですよね。

さらに、ページにはなつかしいクリエが掲載されているんですが、ってことは多分特許を出願した2005年以前にスケール表示に関する部分は前例ありでスルーされるでしょうね。

な、わけであまり気にするような訴訟じゃないと思うのですが、訴えたほうも訴えられたほうもとにかく面倒、ということで。

iPad販売店を絞り込み Appleまた"強権"で混乱も

 
Appleが日本でのiPad取り扱い店舗を大幅に絞り込んでいる。ヤマダ電機の取り扱い店舗は直営店の1割、ソフトバンクショップは16店のみ。ブランドイメージの維持のためとみられる。

iPad販売店を絞り込み Appleまた"強権"で混乱も

販売店を絞り込む作業をしなきゃいけない日本のApple側の人もたいへんだし、取り扱い店を指定される販売店側もたいへんだし、買いにいったらその店舗では扱いがなくて空振りに終わるお客さんもたいへんなんだけど、まあ需要に対して供給がまったく追いついていない状況だから仕方ないのかな。

でも、まあ、普通は例えばヤマダ電機に1000台、ソフトバンクに2000台出すからあとはそっちで好きに割り振って、って感じだと思うのですが、そうですか、取り扱い店舗の指定まであるんですか。

ちなみに状況としては、ヤマダ電機では、直営約580店舗のうち1割の57店、業界2位のエディオンでも取り扱い店舗は直営418店のうち10店、そしてソフトバンクでも直営16店舗だけで、約2500店の系列ソフトバンクショップでは販売できないそうです。

このあたりの情報を踏まえつつ、お店に足を運びたいものです。

audio-technicaのiPod専用ヘッドホンアンプ 「AT-PHA30i」

 

ヘッドホンアンプというものの存在を知りながら今まで手を出していなかったのですが、なんかじわじわとこのオーディオ・テクニカにやつが欲しくなってきている今日この頃です。

audio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA30i BK audio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA30i BK

音質補正回路を搭載した高音質DockコネクターでiPodの性能をフル活用。従来のヘッドホン端子から出力されている音声信号よりも、iPodの Dockコネクターから出ている音声信号の方が低域の痩せが少ないため、高音質と言われています。ヘッドホン端子よりも高品位な信号を、新開発の音質補正回路を経てダイレクトにヘッドホンへ伝送することで、iPod性能をフルに引き出し原音に忠実な再生を行なえます。

利用するイヤホンとかヘッドホンにもよるんでしょうけど、概して音がよくなるようです。

なんでこれか、というと、他のヘッドホンアンプと違ってiPodから電源供給する電池不要タイプというのが面倒がなくてよいです。

あと、いいなあと思っているのはこのヘッドホンアンプそのものがリモコンになるという点です。再生/停止/音量調整などの基本操作が手元で行えるようになるわけです。

で、アマゾンのレビューを読んでみると、どうも壊れやすいようで、このあたりでちょっと躊躇しているんですけど、まあ、1年保証ぐらいはあるだろうから思い切って買ってしまおうかなあ。どうしようかなあ。

と、こうやってブログに書いておくと結果買ってしまう、という自分の習性があるわけで、近いうちに公開されるであろう「買ったよ」レポート記事をお楽しみに。

アイ・オー・データのUSBデバイスサーバー「ETG-DS/US」とMac用地デジ対応TVキャプチャBOX(USB)「m2TV(GV-MACTV)」の組み合わせで失敗。

 

アイ・オー・データのUSBデバイスサーバー「ETG-DS/US」とMac用地デジ対応TVキャプチャBOX(USB)「m2TV(GV-MACTV)」を買いました。

ETG-DS/US

m2TV(GV-MACTV)

iMac 27インチを買ったのでそれでテレビが見れるといいなあ、と思ったついでに「USBデバイスサーバー アイ・オー「ETG-DS/US」レポート ~自宅の地デジをネットを使って事務所で観る!」という記事で書いたようにネットワーク上の他のPCやMacからも地デジ見れるといいなあ、と思い「ETG-DS/US」も買ってみました。

で、買った後から知ったんだけど「ETG-DS/US」と「m2TV」って動作保証ないのね・・・。

まあ、それはいいとして今日はお休みだったのでセットアップしてみました。

「m2TV」のセットアップはCDから「m2tv」アプリをディスクにコピーして起動するとインストーラが走り出すので指示されるままに進めるだけです。終わると再起動を強要されるのがちょっとやな感じです。

再起動してアプリを起動すると「デジタルアウトプットはだめだよ」と言われます。USB
スピーカーつないでいるとアプリを起動後すぐに終了します」。

で、出力を内蔵スピーカーに変更して再度起動してみると・・・「スクリーンキャプチャとの併用はできません」みたいなメッセージが表示されてまたすぐに終了。

Snapz Pro Xが起動していたのでそれを終了させてから再度起動させたんですが、それでも「スクリーンキャプチャとの併用はできません」が表示されてまたすぐに終了。

うーん、他にスクリーンキャプチャソフトなんて起動させていないしなあ、と思いつつ、起動しているアプリを1つ1つ終了させながら様子を見てみたら・・・Evernoteがだめだったようです。うーん、まあ気持ちはわからなくはないけど、Evernoteはちょっと違うんじゃないか?

まあ、そんな感じで無事アプリが起動し、テレビを見ることができました。

さて、次は「ETG-DS/US」のインストールです。これもCDからsetupを実行してインストール。またしても再起動強要です。

で、再起動が終了してからETG-DS/USにm2tvを指してネットワーク経由で地デジを見てみたのですが・・・

まあ、見れなくはないです。なんというか、1秒ごとに0.1秒ぐらい止まります。さらにブロックノイズも時々でます。

ネットワークの構成がいけないのかなあ、と思い、gigabitハブ内でつながるような構成にしてみたのですが、それでも1秒表示して0.1秒止まりまた1秒表示して・・という感じです。

まあ、悪くないけど結局これじゃ使えないよね。

そんなわけでETG-DS/USの使用は諦めることにしました。まったく残念です。

ETG-DS/USとm2tvの組み合わせでまったく問題なく見れている、って人がいたら何かアドバイスいただけると助かります。

次回は母艦をWindowsマシンにしてネットワークでの地デジ見れるようにトライしてみようと思います。


I-O DATA USB機器共有ネットワークアダプター「net.USB」 ETG-DS/US I-O DATA USB機器共有ネットワークアダプター「net.USB」 ETG-DS/US

I-O DATA Mac用 USB接続 地上デジタル対応TVキャプチャBOX「m2TV」 GV-MACTV I-O DATA Mac用 USB接続 地上デジタル対応TVキャプチャBOX「m2TV」 GV-MACTV

Core i7搭載のMacBook Proは100℃まで発熱するらしい。

 
Tests performed by PC Authority found a Core i7 MacBook Pro to be running very hot, climbing to over 100 degrees Celsius.

Report: Core i7 MacBook Pros running hot

Core i7-620M搭載のMacBook Pro 17インチでCinebench 11.5を実行したら90℃まで上がってその後100℃を越えた(101℃)そうです。

これはマシンのクーリングの設計の問題のようです。同じCPUを使っている富士通のLifeBook SH760という機種では81℃以上にはならないと書いています(SH760は銅のヒートシンクを使っているそうです)。

という英語の記事なんですが、Core i7-620M搭載のMacBook Pro 17インチ使ってて「熱くないよ」という人がいればコメントよろしくです。

ちなみに私はPowerBook 17インチを使ってもう6年なのでそろそろ新しいのが欲しいなあ、と思いまた17インチを買おうと思っていたのですが、15インチのハイレゾをApple Storeで見てから15インチもいいのではないかと悶々としております。

カメラ付きiPod Touchの試作器がeBayに!

 
Specifically, online auction service eBay lit up this past weekend when a pair of as-yet unreleased iPod Touch units briefly appeared for sale - each of them seemingly equipped with on-board cameras and official Apple tags defining them as development models.

eBay buzzed by camera-equipped iPod Touch prototypes - Gadgets

まあ、本物かどうかはわかりませんが、先日のGIZMODOによる次期iPhone事件なんかを見ているともしかしたら本物かもしれませんね。

背面には通常だったらメモリ容量が記載されている部分に "DVT-1"とか"DVT-2"と記載されているそうです。DVTというのはDesign Verification Testの略だそうです。

iPadを2台使ってDJプレイする動画

 

iPadって2台あると楽しくなりそうですね。というかiPad出てきて早々にこのレベルかよw

YouTube - The iPad DJ: @ranajune

このビデオで使用したアプリケーションはこちらにリストされています。

http://www.destroythesilence.com/apps

iPad版のGrooveMaker欲しいな。

99歳のおばあさんが初めてのコンピュータとしてiPadを手にして2冊の本を読み、そして詩を作った、というビデオ

 

いいなあ、これ。

An incredible video has been posted on YouTube showing a 99 year old lady who is using her first computer: an iPad. The video tells that she has read two books and written 12 limericks with the iPad. I've embedded the video below so that you can see for yourselves.

99 year old lady becomes an iPad user - writes poetry | iPad Watcher

99歳のおばあさんがiPadを手にして2冊の本を読み、そして詩を作った、というビデオです。しかもiPadは彼女の最初のコンピュータだったようです。

うちの母にあげたMacBookを取り上げてiPadにしようか、と思いましたよ。麻雀ゲームもMac用より多いかもしれないしw

Regardless of what anyone may wish to complain about the iPad: USB ports, camera, it doesn't have flash... This is what it is all about... Simplicity!

そういうことですね。

iPhoneに移植されたAndroid。デュアルブートも可能に。

 
Alright folks, this is the single biggest news in iPhone hacking ever since the jailbreak. iPhone hacker and Dev-Team member Planetbeing apparently just managed to port Google's Android Mobile OS to the iPhone.

Breaking: Android - Now On The iPhone :: App Advice

ということでiPhone 2GにAndroid 1.6(?)が移植され動いている模様がビデオで紹介されています。

iPhone OS 4.xから過去のiPhoneがサポート対象外になるということで、だったらAndroid端末として使えればいいんじゃね?みたいな話をしていたら、でも「戻る」とか「メニュー」のボタンがないから移植されても使いにくいんじゃね?なんて意見もあったりで、実際問題どうなんだろう、と思ったらやっちゃった人がいたようです。

その懸念されたボタン各種ですが、iPhoneのホームボタンとボリュームボタンを利用するようです。まあ、それしかやりようないもんなあ。

そんなわけでその模様をビデオでご覧ください。ブートに時間がかかったりしますが、まあそれもそのうち改善されるんでしょうし、インストールもしばらく時間が経つと誰でも簡単にできるツールがでてくるんでしょうね。


なぜ13インチ MacBook ProはCore i5を採用しなかったのか。

 

Why the 13" MacBook Pro didn't get a Core i5 upgrade」という英語のエントリーがありました。

確かに先日新しいMacBook Proが発表された時に「なぜ13インチはCore 2 Duoのままなのだろうか」と思いました。これをTwitterでつぶやいたら「マジレスすると熱問題なんじゃない?」みたいなお返事を頂いたりして「ああ、それもあるかも」と思ったのですが、その後のAppleジャパンのプレス向け発表会でもその理由を

「13インチは、価格、性能、そしてバッテリ寿命など、すべてにおいてバランスが取れているモデルと位置づけている。その回答としてCore 2 Duoが最適であったと判断した」とした。
アップル、新型MacBook Proについて説明会を開催

と、ありがちな話をしているなあ、と思ったわけですが・・・。


今回のリンク元記事を読んで思ったのは「確かにその通りだな」というものです。その理由を元記事を要約する形で説明していきます。なお、元記事はAppleの公式な発表ではかく一人のあくまで「推測」でしかありませんので、参考程度で考えてください。私はとても納得しましたが。そんなわけで英語の勉強も兼ねてがんばってみます。


結局のところコスト、グラフィック・パフォーマンス、バッテリー時間、そして物理的な問題があるようです。

ArrandaleモバイルプロセッサでIntelはメモリ・コントローラとPCIeバスコントローラ、そして統合グラフィックを別パッケージにして別のダイに載っけてCPUの隣に配置しています。さらにUSBやFirewireを管理する電力を食うコントローラチップが別に必要になります。さらにIntelのHDグラフィックよりも高パフォーマンスなものが必要な場合は独立したGPUが必要になります。

15インチと17インチのMacbook ProではCore i5やi7と共にNVIDIA GeForce GT 330M mobile GPU(及びIntel HM55 controller)を提供しています(なぜ新しいMacBook ProでUSB3.0がサポートされていないのか、というとArrandaleチップセットがUSB3.0をサポートしていないからです)。

13インチではAppleはどの部分を選択し、どの部分を捨てるか、という難しい決断を迫られたようです。軽く使いやすいと同時にパフォーマンスも要求されるからです。それはCPUだけじゃなくGPUも絡んできます。

AppleはCore i5を選択することもできたかもしれません。そうなるとまずコストがあがります。この場合はCore i3を選択することも考えられます。しかしCore i3はハイパースレッドはサポートするもののTurbo Boostはサポートされていません。

2.4GHzと2.66GHz Core 2 DuoがI3やi5より一世代前のアーキテクチャであるため安価です。しかもパフォーマンスはi3の90%程度とほぼ同じです。

グラフィックのパフォーマンスも考えてみる必要があります。もしi3やi5を採用するとIntel HD IGPに頼ることになるのですが、パフォーマンスを維持・向上させるためには別の独立したGPUを用意してあげる必要が出てきます。この場合さらにコストがかかることになりますが、なにより13インチのロジックボードにはこのGPUを配置する場所がありません。

以下の写真で上が2009年の13インチのロジックボード、下が15インチと17インチのロジックボードになっています。赤いチップがIntelのCPU、緑がNVIDIA 9400M、青いチップがGPUになりますが、13インチの場合青いチップを配置する場所がありません。

13インチのロジックボードを設計しなおしてGPUを搭載可能にしたとしましょう。その場合はバッテリーを格納するためにカーブ上になっている部分を広げる、つまりバッテリーを小さくする=持続時間が減ることになるのです。さらにGPUを搭載することでバッテリーの消費も大きくなります。また発火を防ぐためにさらに別の温度管理の回路も必要になります。

では将来的にはどうでしょうか?NVIDIAはNVIDIAの統合コントローラを改善しています。9400Mコントローラ内のGeForce 320MはGeForce 310Mを改善して48コアにしたものです(16コアの310MでさえIntel HD IGPの10倍高速)。

このようにCore 2 DuoプロセッサとNVIDIA 320Mを使うことでパフォーマンス、ポータビリティ、バッテリー時間、1200ドルからという製品価格、というバランスを実現しているのです。

===

本記事のオリジナルである英語の記事のコメント欄では「DVDドライブつけなきゃいいのに」とか「SONYはこれをうまくやっている」といったことなども書かれています。

が、他社はどうであれ、Core i5を搭載しなかったMacBook Pro 13インチというのはAppleの1つの結論であり、理由を知れば納得できるものであります。

翻訳ミスや解釈ミスなどがありましたらご指摘いただければ幸いです。

【要HTML5+Webkit CSS】MacOS Xの「システム環境設定」の「マウス」の画面を再現

 

WebKit固有のCSS(gradientsやtransforms、box-shadowsなど)とHTML5のvideoタグなどを使ってMacOS Xの「システム環境設定」の「マウス」の画面を再現しています。

ぱっと見た目の感想は「ふーん」なんですが、同様にHTML5をサポートしているFirefoxと比較してみるとまったく違うのでちょっと愕然するというか、Webデザイナーにとっては面倒な時代になったもんだなあ、と思う次第です。

Google ChromeかSafariでご覧ください。

Preview

Appleが特許申請していた3Dメガネ

 

Appleが3Dメガネの特許を申請していた、という記事です。

とりあえずみんながiSpecsと呼んでいるレンズがあって、それが画像を2つに分割することで3Dイメージを生成する、みたいなもののようです。

なんかあまり信じられないような話だし、とりあえず特許申請書類を書いて出してみただけ、のような気もしなくはないんですが、そういう話もあるよ、ってことで詳しくは原文の英語の記事を読んでみてください。

iSpecs: Apple to design 3D glasses to watch films on the move | Mail Online

PhoneGAppで作成したiPhoneアプリはApp StoreではOKらしい。

 

PhoneGAppというiPhoneのアプリを開発するためのサードパーティのツールがあります。

これはHTML+CSS+JavaScriptでアプリを作るものなのですが、これで作ったアプリはiPhoneのみならず、AndroidやBlackBerryでも動作します。いわゆるクロスプラットフォーム対応のアプリが作れるわけですね。

ってことは先日のiPhone SDKの3.3.1条項の変更でリジェクト対象になっちゃうんじゃないか?と思うわけですが、なんとAppleからOKが出たようです。

If you were concerned by the recent changes to Apple's iPhone developer agreement, this has ZERO impact on PhoneGap!
Apps built with PhoneGap will continue to be reviewed based on their own merits and NOT dismissed/rejected because they use PhoneGap.

ってことは単にやっぱりFlashからの変換だけがターゲットなのかな。

そんなわけでmonoで作ったアプリはどうなのか、というのが知りたい今日この頃です。

Jesse @ Nitobi » Blog Archive » PhoneGApp Store Approval

iPhoneの新しいSDKの規約でFlashからの変換を禁止している箇所

 

iPhone 4.0 SDK(beta)の3.3.1に以下の記述があるようです。

3.3.1 -- Applications may only use Documented APIs in the manner prescribed by Apple and must not use or call any private APIs. Applications must be originally written in Objective-C, C, C++, or JavaScript as executed by the iPhone OS WebKit engine, and only code written in C, C++, and Objective-C may compile and directly link against the Documented APIs (e.g., Applications that link to Documented APIs through an intermediary translation or compatibility layer or tool are prohibited).

Daring Fireball: New iPhone Developer Agreement Bans the Use of Adobe's Flash-to-iPhone Compiler

「intermediary translation」とかツール使っちゃだめ、って書いてありますね・・・。

まあこれがいわゆる「AdobeのFlash作成ツールからiPhoneアプリが使えるようにするのを禁止」ってやつなんですね。

AdobeのPackager for iPhone

で、Flashツール以外にもC#でiPhoneアプリを開発できる「MonoTouch」というツールがちょうど昨日バージョン2.0となりiPadアプリも使えるようになったんですけど、これも使えなくなるのだろうか・・・。

C#でiPhoneアプリを開発できる「MonoTouch 2.0」リリース、iPadにも対応

その他にはiPhoneアプリを開発するのに利用されるサードパーティのライブラリやツールなんかいろいろあるわけですが、そういうのが使えなくなる、というか既に使って開発されたアプリがストアから突然banされたら悲惨ですねえ・・・。

また、どこのライブラリでもない自社開発のライブラリ使ってもピンチUIといったAppleのアプリで使っていると認可されないようで、ほんとiPhoneアプリの開発者はドキドキなんでしょうね。

Apple rejected iPad app for using pinch to expand gesture

こういうAppleの姿勢を考え直してもらう為にもAndroid軍団はなんとかがんばって欲しいものです。

米Apple、マルチタスク対応の「iPhone OS 4」を今夏提供

 
米Appleは8日(現地時間)、iPhoneやiPad用のOSの最新バージョンとなる「iPhone OS 4」のベータバージョンを開発者向けに公開した。

米Apple、マルチタスク対応の「iPhone OS 4」を今夏提供

先ほどまでこの発表会のビデオを見ていたんですけど、まあ順当な進化、って感じであまり感動はなかったのが個人的に残念です。

メインは「マルチタスク」なんですが、やはりバッテリーの消費とフォアグラウンドのアプリケーションのパフォーマンスがすごく気になるらしく、一部のAPIだけが利用可能で、基本的にはアプリケーション・スイッチャーみたいにな実装になっていました。これは妥当ですね。バックグラウンドで使用していなゲームがバリバリ動いていてもしょうがないですし。

発表会ではiAdの説明に時間が費やされていましたが、普通のバナー広告をクリックしてサイトが表示されるこれまでの方式と、iAdのインプレース的にそれが表示されるのの本質的な違いがよくわかりませんでした。単に行ったり来たりがなくなる煩わしさがなくなるってことだけなのかな。このあたりはもうちょっといろんな記事見て勉強しなきゃ。

で、「iPhone OS 4」ですが、全部の機能がこれまで発売された機種すべてで使えるわけではなく、

対象となるのは、iPhone 3G/3GSと、第2/3世代のiPod touch、iPadなどだが、各デバイスで共通の機能強化が図られるのではなく、例えばマルチタスク対応については、iPhone 3GSと第3世代iPod touch(2009年後半発売)に限定されるという。

という制限付きです。まあ古いCPUが貧弱な機種でマルチタスクをオンにしても使い物にならないかもしれないんでこれは仕方ないですね。

次は新しいiPhoneの発表を待つばかりです。

iPhoneをiPadのカメラとして使うアプリ「CAMERA-A and B」

 

iPadにはカメラがない、ということでiPhoneを使っちゃえばいいじゃん、ということで作られたアプリ「CAMERA-A and B」です。作ったのは日本の方のようです。

vanishlab camera for iPad CAMERA-A and B.

Camera A」というアプリ(115円)をiPadにインストールし、「Camera B」というアプリ(無料)をiPhone側にインストールしたら両方のBluetoothをオンにすればよいようです。iPhoneのカメラからの入力がiPad側に表示されるようです。

ただ、ブログのコメント読んでみたらiPhone 3GSは問題ないものの3Gだとうまく動かないとかiTunesのアプリの紹介のページを見たらOS3.2以上と書かれていたりと、いろいろ不安な点は多いのですが、まあ115円だし。そのうちアップデートもあるでしょうし。

iPadをご利用の方はこのアプリを使ってさらに周りをアジテートしてみてください。

iPadのSafari用HTMLで次のように書いておくと縦と横でCSSを切り替えられる

 

iPad持っていないので確認できなくて申し訳ないけど・・・。

For the most part, Mobile Safari on the iPad is the same as that on the iPhone. One difference that I've found is that Webkit on the iPad honors CSS media query declarations based on orientation.

この記述をheadタグ内に書いておくとよいようです。

<link rel="stylesheet" media="all and (orientation:portrait)" href="portrait.css">
<link rel="stylesheet" media="all and (orientation:landscape)" href="landscape.css">

iPad Orientation CSS « Cloud Four

デスクトップ版のFirefoxやChrome,SafariでもこのCSSの切り替えが確認できます。

以下のページにアクセスしてブラウザの幅を狭めたり広めたりするとページ先頭の「You're Viewing in...」が「Landscape Mode」と「Portrait Mode」で切り替わります。

http://www.cloudfour.com/ipad-css/

US版iPadを国内に持ち込んでワイヤレス通信を行うと電波法違反か? ほか -INTERNET Watch

 

Internet WatchのやじうまWatchに掲載された記事です。

【やじうまWatch】 US版iPadを国内に持ち込んでワイヤレス通信を行うと電波法違反? ほか -INTERNET Watch

技術基準適合証明が取得されていない海外製のワイヤレス機器を国内でそのまま使うと電波法違反になる可能性があること。

ということで関東総合通信局に電話で確認した結果などがtogetterにまとめられています。

US版iPadを輸入し無線利用すると電波法違反?

結果としては「違反になる」ようですね。残念です。これだけ無線LAN搭載の海外製品が増えてきたので電波法も現状に合わせて修正されるといいんですけどね。

iPadに関しては私はそれほど熱狂的になっておらず、日本で販売されたら買おうっと、というレベルです。

ちょっと前までは3G回線は必要ないかなあ、と思っていたのですが、そりゃ内蔵されていたらそれはそれで便利なんだろうな、ということで結局は3Gの通信パッケージの費用次第なんですが、それを見てからどのモデル買おうか決めようと思っています。

日本通信がmicroSIMを出してiPadで利用可能にしてくれたらそれを使うのもいいですよねえ。

なんにしても早く3Gのプランが発表にならないかなあ。

iMac 27インチ Quad Coreを買いました。

 

2006年11月に入手したCore 2 DuoなiMac 20インチが先週の木曜日ぐらいから調子が悪く、ちょっちゅう使用中にフリーズするようになったので、土曜日にいろいろ調べていたらついに内蔵ディスクを認識しなくなってしまいました。

まあ、とりあえずこういう時はDisk Warriorなんだろうな、ということでオンラインから購入&ダウンロードしてみたものの、Disk Warriorですらどうしようも無い状態でした。

内蔵がだめなら外付けがあるさ、ということで2.5インチ 80GBというディスクが余ったいたのでこれにSnow Leopardをインストールしました。その結果無事起動するようになったのですが、しばらく使っているとまたフリーズします。どうやらスリープ状態に入ろうとするときにだめになるようです。Appleメニューから「スリープ」を選ぶと100%フリーズします。

これもまあ、

1.内蔵ディスクを交換してみる
2,スリープさせないようにする

と解決しそうな気がするのですが、Late 2006なiMacの内蔵ディスク交換なんて私にはできませんよ。いろんな分解解説サイト見て、「やりたくない」としみじみ思いました。

スリープさせない、というのはなんというか「エコじゃない」気がするんで、ここはきっぱり諦め新しいiMacを買うことにしました。

今は11万円ぐらいから買えるiMacですが、ここはやはり憧れの27インチのQuad Coreですよ。

そんなわけで、ネットでどこがいいかなあ、と調べていたらソフマップがメモリ8GBで198,000円という値段を出していたのでこれを買うことにしました。

新宿のソフマップに買いに行ったのですが、ついでにヨドバシカメラをのぞいてみたら27インチiMacは売り切れでした。なのでなんの躊躇もなくソフマップへ。

私は車を持っていないので電車に乗ってキャスターを持って行ったのですが、この27インチiMacは家庭用キャスターには大きすぎで相当たいへんでした。まず駅の改札がたいへん。横にしてちょっと持ち上げて抜けていくんですが、パッケージの重量が20Kgもあるんでたいへん。改札入ってからホームに降りるまでたいへん。電車に乗せる、おろすのがたいへん。駅から家にいくまでがたいへん、ということで冬の寒さがまだ残っているにも関わらず汗ダラダラの喉カラカラ状態になりました。

で、家についてしばらく休憩してからセットアップを始めるわけですが、データは例によってTimeMachineで簡単に復旧できました。2時間ぐらいかかったけど。

で、さすが27インチ!明るい、広いで戸惑いまくっています。そのうち慣れるんだろうけど。

で、今は新しいiMacのバックアップデータを作成すべくTimeMachineが稼働中なんですけど、なんか24時間以上動きっぱなしでちょっと不安になっていたりするわけですが、これいつ終わるんだろうか。

写真も撮ったんですが、このTimeMachineの動作が終了してから取り込もうと思っていたのでまだ取り込めていません。残念です。

という記事を書いておくと、また3年後ぐらいにきっと役に立つんだろうな。

「Twitter」を利用したiPad向けRPG風バトルゲーム「Followars」

 
株式会社マーベラスエンターテイメントは、Route24の西健一氏が開発するiPad向けゲームのタイトル名を「Followars(フォロウォーズ)」と発表した。また、ゲームの概要を公開した。

マーベラス、iPad「Followars」。「Twitter」を利用したRPG風バトルゲーム - GAME Watch

「Followars(フォロウォーズ)」は、コミュニケーションサービス「Twitter」を利用し、自分と自分がフォローしている人を最大2人までゲームに登場させて戦うRPG風のバトルゲームとなっている。配信開始時期や価格などは、後日改めて明らかにされる。

これはどんなゲームなのかな。なんかおもしろそうな気がするんだけど、

なんのために戦うのかさっぱりわからないのですが、バカバカしいゲームを本気で作ってみました。

そうか、バカバカしいのかw

まあいわゆる「ソーシャルアプリ」みたいなもんなんでしょうね。

iPad早く欲しいな。

AppleのApp Storeで最初$0.99のゲームが$350で売れた訳

 

まあ、結果からいうとApp Storeでゲームを買う人はいわゆる「ゲーマー」ばかりではない、ということのようですが。

Gamasutra - News - GDC: Refenes' & Saltsman's Baffling $350 App Store Success

App Store大嫌い!っていうインディーズのゲーム開発者がApp Storeでゲームを販売したときに行った実験についてGDC(Game Developer's Conference)で語ったそうです。

詳しくは原文を読んでいただくとして、かいつまんで要点だけまとめてみると、

Zits & Gigglesというジョークゲームを開発しApp Storeで販売してみた。他のゲームと同じように最初は$0.99で販売してみた。でもセールス結果はあまり芳しいものじゃなかったし、徐々に先細りになってきた。この時、通常のマーケティングだと期間限定で無料で販売するとかするんだろうけど、逆にiPhoneアプリにしては法外な$15に値上げしたみた。

するとなんと1日に3人が$15で購入した。で、次に$50にしてみたら4人が購入した。で、最終的にはバレンタインディの日には$299の値段なのに14人が購入していた。そして、このアプリは現在$350になっている。

で、なんでこんな値段で売れるのか、という疑問に対しては、

"My conclusion to all of this," Refenes said, "is that the people who you're selling to on the App Store are not necessarily gamers."

ということだそうです。

なかなか興味深い実験ですね。

Mac用デスクトップ検索&ラウンチアプリ「Alfred」

 
Alfred is a quicklaunch application for Mac OS X, which aims to save you time in searching your local computer and the web. Whether it's maps, Amazon, eBay, Wikipedia, you can feed your web addiction quicker than ever before.

Alfred App

Mac用のデスクトップ検索及びアプリケーションラウンチャーです。

option+spaceで起動させると入力フィールドがあるので、そこに適当に文字を入れると・・・ローカルPC内に合致する文字列のものがある場合はローカルPCのそれを、無い場合はインターネット検索に自動で切り替わります。

なかなか面白いものの、まだベータなので発展の余地がたくさんあります。例えば、入力した文字がローカルPC内でヒットしちゃうんだけど、強制的にインターネット検索させたい、なんて時にどうやったらいいのかわかりませんでした。

この手のアプリはこれまでいろいろありましたし、現在でもGoogleのデスクトップ検索アプリがあるという状況でこういうアプリを出してきた、というのはそれなりの意味なり存在理由があるかと思いますので、この後のバージョンアップを楽しみにしつつ、アンインストールせずに育てていきたいと思います。

Mac用Amazon S3クライアント「Arq」

 
Arq is the only online backup product built for the Mac and only the Mac. So it has the look and feel you expect from a Mac application

Online Backup for Mac | Arq | Haystack Software

米国Amazonのクラウド型ストレージサービス「S3」をMacから簡単に利用するためのクライアントアプリケーションです。

無料じゃなくて$29の買い切りソフトウェアとなっています。

Arqにファイルをドラッグ&ドロップするだけでS3にコピーしてくれるようです。

S3は確かに安いんですが($0.15 per GB/月)、単にバックアップ目的だったら外付けディスクやNASを使った方が安いです。でも、「家がつぶれたら全滅」ということでバックアップ先のロケーションを違うところにしたい、なんて時はS3は有益かと思いますので、個人の事情で使い分けてみるとよいかもしれません。

私は個人ではS3は使わないですね。

iPhoneアプリ「EveryDay Looper」でひとり遊び

 

iPhoneアプリ「EveryDay Looper」を使って即席で音楽を作っています。とても楽しそうです。

まあ、こういうのはハードウェアとかソフトウェアの問題じゃなくて、もう完全に使う人の能力次第って感じですね。

私はビートボックスできないし、歌も下手なのでどうしようもないんですけど、そっち系の才能がある人はとても楽しく遊べるんじゃないでしょうか。

いやー、後半はほんと楽しそうだなあ。

YouTube - EveryDay Looper - Les Ramens -

詳しくはiTunes Storeの製品紹介で。

  Everyday Looper

米Appleが台湾HTCを提訴、iPhone関連特許侵害で

 
米Appleは2日、台湾のHTCを特許侵害で提訴したと発表した。Appleの特許20件を侵害していると主張しており、その中には、iPhoneのユーザーインターフェイスやアーキテクチャー、ハードウェアに関連した特許が含まれるとしている。

米Appleが台湾HTCを提訴、iPhone関連特許侵害で

これって、AndroidとかWindows MobileといったOSじゃなくてハードウェアメーカーになんだ。

ハードウェアメーカーとしては単に各種センサーやタッチパネルを実装しただけでそれをどうソフトウェア側から使うか、だと思うのだけどそういう風にバラバラに考えるんじゃなくて1台の完結したデバイスとして扱うんですね。

でもまあ、普通はフリーにしろ有料にしろ何かしら外部のソフトウェアを利用/搭載する場合は法的に問題が発生しないかを事前チェックしているはずなんで、HTCはHTCで戦うんでしょうな。

ちなみにAppleが特許侵害だとしているのには次のようなものがあるそうです。

例えば、米国特許「7,479,949」は「ヒューリスティックの適用によりコマンドを決定するための、タッチスクリーンデバイス、手法、グラフィカルユーザーインターフェイス」、米国特許「7,469,381」は「タッチスクリーンディスプレイ上のリストスクロール、ドキュメント変換、拡大、回転」となっており、iPhoneだけでなく、多くのスマートフォンを想起させる文面になっている。

Appleが特許申請した以前からあったじゃん、ってことで特許無効審判でも起こすのかなあ。

まあ、なんにしてもこういう提訴があるとデバイスメーカーは怖くてなかなか手が出しにくくはなりますね。

iPadのコロケーションサービス「iPadcolo.net」

 

コロケーションサービスというのは、ここの説明を引用すると、

コロケーションサービスとは、顧客の通信機器や情報発信用のコンピュータ(サーバ)を、自社の回線設備の整った施設に設置するサービス。

というものです。

で、mac miniのコロケーションサービスとして「macminicolo.net」というのがあるのですが、そこのオーナーさんがiPadのコロケーションサービスをやりたいなあ、ということでサイトを立ち上げています(多分まじなんだと思います)。

iPadcolo.net - From the owners of Macminicolo.net

というかiPadを預かって何するの?という疑問が出てくるわけですが、そういう質問に対してFAQのページで答えています。

We host iPads to be used as web servers, mail servers, or whatever else you'd like.

「私たちはWebサーバーやメールサーバー、その他サーバー用途でiPadをホスティングします」ということなんですが、こういうのを聞くと次から次へと質問があふれ出てくるわけです。

マルチタスクじゃないじゃん、とか、回線スピードはどうなるの?といった質問に対する答えは是非FAQのページをご覧ください。なんとなく納得させられる回答に苦笑します。

でもアイディアは悪くないかもなあ。

で、この延長線上、というか同じようなアイディアでApple TVをLinuxマシンにしてホスティングするというサービスもあることがわかりました。

mythic beasts

Apple TVは安いですからね。これをサーバーとして使うと確かにいいかもしれないです。

英ITサイトが選ぶAppleのベスト製品とワースト製品

 
英ITサイトV3.co.ukが、同サイトが選んだApple製品のベスト10とワースト10を発表した。

せかにゅ:Apple製品の「ベスト10」と「ワースト10」は?

ベスト10の方はなるほどという感じなんですが、1位には「Mac OS X」が選ばれています。みんなわかっているじゃないか!

さて、楽しいワースト10です。こんな感じです。

ワースト10:10位は1990年代初めに発売したデジカメ「QuickTake」。当時のCEOジョン・スカリー氏が家電市場に進出しようとして失敗した製品だ。9位は短命に終わったゲーム機「Pippin」、8位はiPod用ステレオ「iPod Hi-Fi」、7位はPowerPCプロセッサ。PowerPCは高性能だが「パーソナルコンピュータのCPUとしては正しい選択ではなかった」という。6位はフリーズが多かったという「Mac OS 9」、5位は料金が高く失敗したパソコン通信サービス「eWorld」、4位はローエンド市場を狙ったが「価格の割に低スペック」だった「Performa」シリーズ、3位は手首や肘への負担が大きかったiMac用のホッケーパック型マウスを挙げている。2位は9000ドルもした「20th Anniversary Mac」、1位は「Apple III」。Apple IIIについては、「Appleの偉い人は時に実用性よりも美学を優先するが、悪名高いApple IIIほどそれが表れた製品はなかった」としている。

「QuickTake」は私はデジカメというよりは「3次元スキャナー」みたいな感じでとらえていたので、出た当初は「すげーなー」と思っておりました。「Pippin」はまあ失敗するべくして失敗した製品、というかバンダイの担当者の人って相談にくるのに全然意見聞いてくれないんだもん。そりゃだめだろ。

「iPod Hi-Fi」は某中の人ですら「なぜあれ作ったのかわからない」と言ってましたからね。「アメリカのリビング以外はだめなんじゃないかな」といってましたが、アメリカのリビングすらだめだったようです。

PowerPCはやっぱりだめですね。でも過去からの互換性考えると仕方ないですよねえ。Mac OS Xが最初からIntel対応していなかったら今でもPowerPCだったかもしれませんね。

「Mac OS 9」は確かにフリーズは多かったですが、まあ愛すべきOSじゃないかな、と。というと、漢字トーク 6.xとかSystem 7が古いOSのなかではいいOSになっているのかなあ。

「eWorld」ってありましたねえ。1回も試したことなかったですが。

「Performa」は確かに「それほど」安くなかったですね。つうかあの頃のAppleって混迷を開始した頃なんであまりいい製品がなかったような気が・・・。

「iMac用のホッケーパック型マウス」はほんと最悪ですね。ちょっと使ってすぐにやめてしまいました。同じ路線でボタンをなくした初代MagicMouseも近いうちにワースト製品に入るんじゃないかな。あのクリクリスクロールホイール(ボール)がねえ・・・。

「20th Anniversary Mac」というかスパルタカスはほんと馬鹿じゃねーか、と思ったんですが、まあデザインその他もろもろはまあいいとしても値段がね。あれは信じられませんでしたよ。

1位は「Apple III」だそうで、このあたりはもう記憶の中から抹殺されていましたよ。

それにしてもMac OS Xは最初寿命10年ぐらいで考えていたんだろうけど、平気で10年以上持ってますね。これって、10年前に想像してたよりも世界の進化するスピードが落ちてきた、ってことなんだろうか。

MacBook ハードドライブの問題に対するリペアエクステンションプログラム

 

アップル - サポート - MacBook ハードドライブの問題に対するリペアエクステンションプログラム

調査の結果、およそ 2006 年 5 月〜 2007 年 12 月の間に販売された MacBook コンピュータのハードドライブのごく一部が一定の条件下で故障することが判明いたしました。

故障の症状は、

MacBook の電源を入れると画面上で "?" マークが点滅する。

というもので、対象機種は、

13 インチのブラックまたはホワイトの MacBook のうち、プロセッサ速度とハードドライブ容量が以下に該当する機種。

* プロセッサ速度 - 1.83 GHz、2 GHz、2.16 GHz
* ハードドライブ容量 - 60 GB、80 GB、100 GB、120 GB、160 GB

ということで、私はCoreDuoの初代MacBook黒モデルを発売してすぐに買った人なのでこれに該当するわけですが、冷静に考えてみると、既に昔に画面に「?」が出てあれやこれややってだめだったんで内蔵ディスクを500GBのものに勝手に交換してたことを思い出しました。

しくしく。

で、「?」な症状が出る人は、

上記の期間に MacBook をご購入になり、画面に "?" マークが点滅する場合、お使いの MacBook をアップルかアップル正規サービスプロバイダまでご持参ください。アップルまたはアップル正規サービスプロバイダでハードドライブをお調べし、お客様のハードドライブがこのプログラムの無償交換修理の対象になるかどうかを確認させていただきます。

とのことなのですが、「?」が出るようになったのでそれ以降使っていない、って人はどれぐらいいるんでしょうかね。普通は「?」が出たらすぐに修理の問い合わせするだろうし。私みたいに勝手にディスク交換しちゃうんじゃないかなあ。

ま、このリペアプログラム発表後に「?」が表示されるようになった人はラッキーですね。すぐにお店にもっていきましょう。

いちおう期限があって、

このプログラムでは、対象となる MacBook モデルの最初の購入日から 3 年間か、または 2010 年 8 月 15 日までのうち、どちらか長い方の期間が保証対象となります。アップルは引き続き修理データの評価作業を行った上で、必要と判断された場合には追加のリペアエクステンションを実施することがあります。

だそうです。

つうか、今愛用しているMacBookもそろそろ4年かあ。バッテリー持続時間が長い、という理由だけで新しいMacBookが欲しい(CPUは割とどうでもいい)んだけど、さすがに壊れていないのに新しいの、というのはちょっと気が引けるんですよねえ。

あ、もう1台のPowerBook 17inchも今年の5月で満6年ですよ。そして7年目に突入か!

消費者庁がiTunes株式会社に質問状、相次ぐ不当請求で

 
消費者庁は17日、「iTues Store」の利用者が身に覚えのない代金を請求されるトラブルが相次いだことを受け、iTunes株式会社に対して被害状況や今後の対応などを照会する文書を送付した。

消費者庁がiTunes株式会社に質問状、相次ぐ不当請求で

文書では、不当請求の発生時期や件数、請求金額、原因究明の方針を確認するとともに、利用者のID・パスワードやクレジットカード情報を保護するための取り組みについて尋ねている。

日本のiTunes株式会社にこういうの送っても「英語でください」「管理及びオペレーションはすべてUS本社です」で終了しちゃう、というか逆を言えば何か答えたいけど何も答えられない立場なんじゃないのかな。

このほか、iTunes Storeにメールで質問が寄せられた場合、回答までにどの程度の時間がかかっているのか、また、メールのほかに電話による質問受付窓口を設ける予定がないかについても確認している。

ほんとにこういうの聞かれてもねえ・・・。「うちもわかんないから本社に聞いてよ」なんじゃないかな。

ちなみにこのiTunes Storeの不正請求問題って、Apple IDとして登録していたメールアドレスを放棄してしまった後にそのメールアドレスが誰か他に人に取得されることによって起こる問題、という理解でよい?

ソーセージをスタイラスとして使いiPhoneを操作する

 

これだったら手袋を外さずにiPhoneを操作できるのか!

OhGizmo! » Archive » South Korea Discovers The Sausage Stylus

韓国でのお話のようです。こんな感じで手袋しながらラップされたソーセージを使ってiPhoneを操作しています。

で、ここにはこんな写真もあります。

韓国語→英語翻訳なのでよくわからないのですが、CJコーポレーションという会社の Max rodsというミニ・ソーセージが指の代わりに使える、って感じ?

で、ここを読むとこんなことが書いてあった。

Sales of CJ Corporation's snack sausages are on the increase in South Korea because of the cold weather; they are useful as a meat stylus for those who don't want to take off their gloves to use their iPhones.

ミート・スタイラス!w

使い終わったら食べれる・・・って食べるのかな。

魚肉ソーセージでもいけるかな。誰か試してみないかな。

iPhoneでクレジット決済なSquareのオフィシャルなデモ動画

 

Squareってなあに?ってことで普通に検索してもスクエニとか音楽グループのスクエアが結果に出てきてなかなか見つけられない人へ。このsquareのページはここです。

https://squareup.com/

SquareというのはiPhoneでクレジットカード決済を可能にするサービスです。iPhoneを使って誰でもクレジットカード決済システムを提供・利用することができるようになる、というものです。

今までは実際に動いているところを映したデモビデオはあったのですが、こんな感じでちゃんと作られたのは初めてなんじゃないでしょうか。ひげのデブ、かっこいいなあ、と思いましたよ。

YouTube - Welcome to Square

iPhone OS 3.1.3アップデート後に不具合--Apple Discussionsに報告

 
Appleが先週公開した「iPhone OS 3.1.3」について、一部のユーザーが問題を報告している。問題は2種類あるようだ。

iPhone OS 3.1.3アップデート後に不具合--Apple Discussionsに報告

1件はバッテリ寿命に関するもの。複数ユーザーによるApple Discussionsへの報告によると、iPhone OS 3.1.3へのアップグレード後、「iPhone 3GS」のバッテリレベル表示画面で、残量が7~25%の間をせわしなく揺れ動くように表示され、その後24%まで戻るという。また一部には、バッテリ寿命が短くなり、ハードウェアの加熱も気になるという声まである。

私のiPhoneは3Gなので関係ない問題なんですが、3GSの人はこのような症状が出たら以下のページを見てみるといいでしょう(英語だけど)

iPhone 3GS OS 3.1.3 Battery percentage fail?

もう1件は「iPod touch」におけるプレイリストの同期に関するもの。Apple Discussionsには同デバイスにファイルをコピーしても、プレイリストが見つからないか、リストが欠落しているという報告が書き込まれている。

さらにうちのiPod touchはまだバージョン2だったりするのでこれも関係ない話だったりするわけですが、該当する人は「そういう問題が現在起こっているだ」と思いながら修正されるのを待つしかないんだろうなあ。

ちなみにiPhone/touchやiPodの昔のファームウェアは以下のサイトなどから入手することができます(Apple本家にもあったんだけどページを失念しました)。

iPod and iPhone Firmware Download

ipswファイルをダウンロードしたらiTunesで「復元」ボタンをoptionキーを押しながらクリックするとファイル選択ウィンドウが表示されるのでそこでそのipswファイルを指定してあげればOKです。あ、もしかしたらDFUモードかリカバリーモードにしなきゃいけなかったかな。まあ、何にしてもなんらかの方法で前のバージョンにはいつでも戻せるのでお気楽に。

MacのフォントをUbuntuにインストールして使う方法

 

How to Install and Use Mac Fonts on Ubuntu | TechSource」という記事の意訳をしました。

こんな手順になるそうです。

1. Linuxのターミナルを開いて以下のコマンドを実行

$ wget http://ubuntu-debs.googlecode.com/files/macfonts.tar.gz

2.落としてきたgzを展開

$ tar zxvf macfonts.tar.gz

3.macfontsをfontsディレクトリにmv

$ sudo mv macfonts /usr/share/fonts/

4.フォントキャッシュをリロード

$ sudo fc-cache -f -v

以上終了。

その後System --> Preferences --> AppearanceのFontsタブでMacのフォントが使えるかどうか確認してこんな感じで指定するとよいようです。

Application font: Lucida MAC 10
Document font: Lucida MAC 10
Desktop font: Lucida MAC 10
Window title font: LucidaMacBold 10
Fixed width font: Lucida Console 10

フォントのライセンスの問題を意識しつつ、技術的にはこうすればいいんだ、って感じであくまで「机上のお話」ということでスルーしていただけると幸いです。

「iTunes」の自動バックアップ機能をOFFにしてiPhoneの同期時間を短縮「BackOff」

 
 「BackOff」は、「iTunes」の自動バックアップ機能をON/OFFできるソフト。Windows XP/Vista/7などに対応するフリーソフトで、利用の際は「iTunes」v9以降が必要。

「iTunes」の自動バックアップ機能をOFFにしてiPhoneの同期時間を短縮「BackOff」

Win用です。

なんかplistの一部をtrueとかfalseに書き換えれば自動バックアップがOffになりそうな気がするんでそういう方向でちょっと検索してみたらこんなのがありました。

Disable auto-backup of iPhone in iTunes (Windows)

やり方としてはiTunesPrefs.xmlをバックアップ(コピー)作成後にエディタで開いてUser Preferencesって箇所を探してその下にある<dict>の下に以下の記述を追加すればよいようです。

<key>DeviceBackupsDisabled</key>
<data>
dHJ1ZQ==
</data>

で、修正したら保存して再度iTunesを起動すればよいようです。でも私は実際にはやっていないので確信はありません。

ちなみに「dHJ1ZQ==」というおまじないみたいなものはBase64でデコードすると「true」になります。完璧に読み通りですね。

で、こういうのが面倒な人は先に紹介しているアプリを使えばよいでしょう。

iTunes、IDなりすましの恐れ アップル社調査

 
代金の不当請求被害が多発しているアップル社の音楽配信サイト「iTunes(アイチューンズ) Store(ストア)(iTS)」で、一定の条件がそろうと、見ず知らずの他人に自分名義で音楽ファイルなどを買われる状態になる恐れがあることがわかった。パスワードを変える際の本人確認が不十分な可能性があり、同社も事実関係の調査を始めた。

asahi.com(朝日新聞社):iTunes、IDなりすましの恐れ アップル社調査

まあ、これはiTunes Storeだけじゃなくてどこのサイトでも起こる話なんじゃないかと。

どんな話かというと、

千葉県の女性は約2週間前、実在する北海道の女性の利用画面に偶然に入ってしまった。千葉県の女性によると、新しく設定したIDでiTSに接続し、パスワードを入れたところ、何度か「違う」と接続を拒まれた。パスワードを再登録し、再接続してみると、個人情報の画面に北海道の女性の住所や電話番号、クレジットカード番号の一部、誕生日などが表示された。商品を買えば、代金の請求は北海道の女性のクレジットカードで決済される状態だったとみられる。

この千葉県の女性をAさんだとすると、Aさんが使っていたメールアドレスを何かの理由で放棄したあとにそのメールアドレスを取得してしまった人(これをBさんとする)がいたとすると・・・Bさんは昔Aさんが使っていたことを知らずに取得した旧Aさんのアドレスで登録しようとすると既にそのアドレスは登録済みなのでパスワードのみの照合になるから当然「違う」という表示になりますよね。

で、何度か間違うと再設定のフェーズになるんだけど、その確認はBさんが取得したメールアドレスに送られるからそこで再設定しちゃえばAさんの情報が画面に表示されるわけで、これはまあしょうがないですね。こういうのはすごいレアなケースだと思います。

銀行みたいに何回かパスワードを間違えたらアカウントをロックしちゃって後日郵送で解除コード送ってあげるようなやり方になっていればいいんだろうけど、そこまではやらないだろうしなあ。

で、もうひとつのケースは、

神奈川の男性がIDとパスワードを登録する際、同じ名字の愛知の男性のメールアドレスを自らのIDとして誤入力した。そのIDがメールのあて先となったため、登録完了通知などのメールが愛知の男性に送信された。

これは完了通知メール送り先を間違って入力してしまったんだからしょうがないわけですが、ID登録のステージだけでまだクレジットカードの番号とか住所なんかは登録する前の状態なので問題ないかと。

と、理解したんだけど状況は違うのかな。

AppleからAluminum Keyboard Firmware Update 1.1がリリースされた

 

先日「Appleのワイヤレスキーボードのバッテリーがすぐになくなる今日この頃の原因はマジックマウス」という記事を書いたのですが、このキーボードの電池がすぐになくなる問題を解決するアップデータがリリースされたようです!

Aluminum Keyboard Firmware Update 1.1

このファームウェア・アップデートによって、Apple Wireless Keyboard(2007、アルミニウム)を他の Bluetooth デバイス(Magic Mouse、Bluetooth ヘッドセットなど) と一緒に使用したときの電池の性能が向上します。

「電池の性能が向上します」ってすごいポジティブな表現だなあw

とにかくこのアップデートをあててしばらく様子を見たいと思います。

MacBook ProにIntelのX25-M SSDを2台ぶちこんでRAID 0を構成する手順とその結果

 

まあ、タイトル通りなんですが。

How To: Apple MacBook Pro RAID 0 Array with 2 Intel X25-M SSDs -- PaulStamatiou.com

内蔵されているハードディスクをSSDに交換、というのはよくある話なんですが、光学ドライブを外してMCEのOptibayというアダプタを使ってそこにもSSDを入れてSSD2台内蔵させRAID 0を作ってみた、という記事です。RAID化することによりどれぐらいパフォーマンスが上がるか、というと、

# Photoshop CS4 loads in 2 seconds and only takes another 7 seconds to load 5 hi-res images (each around 5-8 MB)

# It takes 6.5 seconds to load Photoshop CS4, Illustrator CS4 and Fireworks CS4 simultaneously.

RAID化していないとどれぐらい起動/ロード時間がかかるのかわからないのですが、きっと速いんでしょうね。

ああ、このシステムはあこがれるなあ。Core iシリーズ搭載のMacBook Proがリリースされたらチャレンジしてみようっと。

BIGLOBE、iPhoneアプリ「うでたて道場」を公開--Twitterとも連動

 
NECビッグローブ(BIGLOBE)は1月22日、腕立て伏せの回数をカウントできるiPhone/iPod Touch向けアプリケーション「うでたて道場(Push-Ups Dojo)」の提供を開始した。App Storeで115円で発売する。

BIGLOBE、iPhoneアプリ「うでたて道場」を公開--Twitterとも連動

どうやって腕立て伏せの回数をカウントするんだろうか。頭に載っける、腕に縛るなどして高さの変化をセンスするのだろうか、などと考えたのですが、仕組みは非常に簡単、というか「えっそれで115円取るの?」といったものでした。

うでたて道場は、iPhoneを床に置いて腕立て伏せをして、鼻で画面をタップすることで回数をカウントするというアプリケーション。

タッピングをカウントしているだけかよ、みたいな。なんつうかキャバクラ1発芸にもならないですね。

まあ、お金かけているな、という部分としては、

道場、裏庭、陶房、キッチンという4つのステージを用意しており、それぞれステージにあわせて瓦やレンガ、壺、タマゴを割りながら、腕立て伏せをカウントするという内容になっている。
腕立て伏せ中にiPhoneやiPod touchに入っている音楽をBGMとして流せる「BGM」機能のほか、設定したTwitterアカウントに対して、ステージ終了時の腕立て伏せの回数を自動的に投稿できる「twitter連携」機能も備えている。

といってもなあ。卵やレンガが割れるというも正常なのと割れた時の絵を2つ用意してタップしたら切り替えるだけだし、Twitter投稿も単にアカウントに投げてあげるだけだし。これぐらいなら僕でも作れるよ。

まあ、逆の考えをすれば、こういうどうでもいいアプリケーションを有料でリリースしましょうという企画が社内を通った、というところが会社的に画期的、というなんでしょうか。

こういうのは小さなベンチャーにやらせて、BIGLOBEというかNECならではのアプリを期待したいです。PC-9801エミュレータとかがいいなあ。

iPhoneでFeliCaカードの読み書きができる ケース型電子決済ソリューション

 
なお本製品は、おサイフケータイのようにiPhoneをリーダー/ライターに直接かざして決済ができるようにするものではなく、あくまでもFeliCaカードのリーダー/ライターをケースに内蔵した製品ということになる。

iPhoneでFeliCaカードの読み書きができる ケース型電子決済ソリューション

ということでFeliCaのカードリーダー機能が搭載されたiPhone用のケースです。

FeliCa搭載カードの情報をiPhone上で読み書きできる専用のソフトウェアを用意しており、この電子決済ソリューションを利用すればコンシューマーユーザーが乗車履歴の照会や電子マネーの残高照会、経費精算、チャージ、電子マネーを用いた支払い、ポイントの確認や特典交換などができるようになるという。具体的な対応サービスなどはまだ明らかにされていないが、既存のFeliCaカードをこれまで以上に便利に活用できるようになりそうだ。

まあ、米国でmophieが出したモノがカードリーダー機能付きケースだった、というところからのスタートだから仕方ないんだろうけど、あるべき姿としてはFeliCaチップを内蔵したケースですよねえ。

で、多分このケースはそんなに安いものではないと思うので個人はカード決済のために買うかなあと考えるとちょっと無理があるかもしれません。

法人向けにiPhoneを特定用途向けの専用端末にする、という用途だったらいけるかもしれませんが、社員の交通費精算や日報の管理程度だったらそのために導入するところあるんでしょうか。

さてどうなることでしょう。

音声入力も可能なiPhone用Twitterアプリ「TweetMe」と

 
フライトシステムコンサルティングは18日、音声入力機能も用意したiPhone 3GおよびiPhone 3GS向けのTwitterアプリケーション「TweetMe」を、1月中にApp Storeで公開すると発表した。料金は無料。

音声入力も可能なiPhone用Twitterアプリ「TweetMe」

他のクライアントが持っている機能は全部踏まえた上で独自な機能として、

独自のユーザーグルーピング機能やフレンド管理機能、プロフィール管理機能などを搭載。加えて、複数アカウントの管理機能、タイムラインの自動スクロール機能、ハッシュタグの固定化機能なども備える。

というのが搭載されているようです。

また音声入力も可能なようで、

音声入力機能では、アドバンスト・メディアの音声認識技術「AmiVoice」を採用。ユーザーはiPhoneのマイクに向かって話すと、話した内容が自動的にテキスト化される。音声の認識率は自動学習機能による精度向上が可能。また、単語・固有名詞を登録して優先的に認識変換させることもできる。

となっています。無料なのでとりあえず試してみるとよいのではないでしょうか。

で、個人的には独自な管理機能を必要とするほどiPhoneでTwitter使いたいわけじゃないし、音声入力もしないんで軽くスルーかなあ、と思ったのですが、プレスリリース用のデモ画面の画像を見て俄然興味がわいてきました。その画像がこれです。

http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/343/093/html/flight00.jpg.html

この中の一番左のユーザのアイコンをタップするとプロフィールが表示される、という画像の中に表示されている人の住所が仙台市青葉区五橋になっているではないですか!五橋ですよ、五橋!

五橋中学校を出ている私としてはこれを見過ごすわけにはいきません。

そんなわけで開発したフライトシステムコンサルティングのホームページにアクセスしてみました。

http://www.flight.co.jp/

なるほど、SIセンターが五橋にあるのですね。

もしかしたら知人が働いているかもしれませんし、もしかしたら開発に携わっているかもしれません。そんなわけでTweetMeをダウンロードしてみるとこにしました(まだダウンロード可能にはなっていません。1月中だそうです)。

人生、どこでどう180度変わるかわかったもんじゃないですね。

騒がれすぎていると言って非難したくない、というアビー・テバニアンのお言葉。

 

元アップル幹部、と書くとただそれだけの人になっちゃうんだけど、Avie TevanianといえばMacOS Xのカーネルのベースとなったカーネギーメロン大学のMachの開発者であり、その関係でスティーブにNeXTに引き抜かれ、その後Appleのソフトウェアチームの一番偉い人、という経歴の人なわけです。世界でも屈指のプログラマでありアーキテクト、そしてビジョナリストです。

そんなAvieがAppleをやめたあとにプライベートエクイティ企業Elevation Partnersに幹部として参加したというニュースが最近リリースされたのですが、その関係でこのインタビューになっているんだと思います。

元アップル幹部A.テバニアン氏に聞く--コンシューマーテクノロジの今後とアップル:インタビュー - CNET Japan

で、このインタビューの中では特におもしろいことは言っていないんだけど、次の言葉だけはしっかり受け止めようと思いました。

何かを騒がれすぎていると言って非難することは、決してしたくありません。

これは、「現在、騒がれすぎていると思うものはありますか。」という質問に対する答えの一部なんですが、その答えを引用すると、

騒がれすぎているように思えるテクノロジに対して、否定的になり過ぎないことを学びました。こうしたもののなかには、うまくゆくものもあるからです。常に偏見を捨て、頭の片隅では騒ぎすぎだと思うようなものがあっても、それを心に留めておき、「さあ、これに注目して、実際に何が起こるか見てみよう」と考えることを、仕事を通じて覚えました。何かを騒がれすぎていると言って非難することは、決してしたくありません。

ああ、Avieも大人になったなあ、と思いつつ、この言葉を私も実践しようと思いました。

Finderをタブ化するSIMBLプラグイン「TotalFinder」

 

まだアルファバージョンでSnow Leopardでしか使えないのですが、MacのFinderをタブ化するFinder.appに対するSIMBLプラグインです。

インストーラとアンインストーラも付いているのでとりあえずさくっと試してみる、といいかもしれません。

が、しかし、インストールしたもののFinderがタブ化されない・・・。

これはもしかすると再起動しないといけないのかなあ、と思いつつ、もうこんな時間なので今日は追求せずにやめておきます。うーむ。

TotalFinder brings tabs to your native Finder and more!

Appleのワイヤレスキーボードのバッテリーがすぐになくなる今日この頃の原因はマジックマウス。

 

なんか1週間に1回ぐらい「バッテリーが少なくなりました」という表示を見かけるので、エネループがフルチャージされていないんじゃないか、なんて疑っていたのですが、どうやらマジックマウス、というかBluetoothドライバが悪さしているようですね。

Apple - Support - Discussions - Apple Wireless Keyboard Eating Batteries ...

They now claim it is a bluetooth driver issue and the engineers are working on a solution, presumably a new driver or patch. One tech said engineering believes the magic mouse bluetooth is interfering with keyboard bluetooth communication and/or sleep mode. No estimate as to time frame for solution just a suggestion to use rechargeable batteries until issue is resolved.

マジックマウスのBluetoothがキーボードのスリープを妨害している、と。そう言われてみれば確かにマジックマウスにしてからそういう状況になっているもんな(すぐに症状がでないで1週間ぐらいでバッテリーがなくなるんでマジックマウスが原因、って気づかないですよねえ)。

ううむ、いまさらMighty Mouseには戻れないしなあ。とりあえず問題が解決されるまでMSのマウスにでもしておくか。

でも、この件、ブログとかTwitterでもあまり取り上げられていませんね。という私も今日まで気づかなかったし。

PastebotというiPhone/touchアプリがいい感じです。

 

Pastebot」というiPhone/touch用のアプリケーションです。

Pastebot is a powerful clipboard manager that stores text & images copied from your iPhone/iPod Touch. Organize, apply filters to, and copy clippings to be pasted or sent to other apps.

簡単に説明するとPastebotはiPhone/touchのコピー&ペースト、そしてクリップボードの機能を強化するアプリです。コピーしたテキストや画像を保存しておいて使いたい時に他のアプリでペーストして使うことができます。

で、これが素晴らしいなあ、と思うのはMac用にPastebotと連携する無料アプリ「Pastebot Sync」が提供されている点です。

Pastebot Syncを使うとMac側でコピーしたものがiPhone/touch側に自動で送られるようになります。

これまでメールでiPhone/touchに送っていたテキストやAir Sharingのように外部ストレージとしてファイルをコピーするすることなく簡単にデータをiPhone/touchに送ることができるようになるわけです。

またコピーして保存したテキストにはフィルタ機能を使ってHTMLタグを付加したりすることもできます。

350円というApp Storeではちょっと高い価格かもしれませんが、使い方によっては充分元がとれるのではないでしょうか?

ということで私は購入してしまいました。

Pastebot ― Command Copy & Paste

[追記]
私はSynergyをWinとMacに入れて1台のキーボードとマウスを共有しているのですが、このSynergyを入れておくとWinとMac間がクリップボード共有ができます。

で、この状態でPastebot Syncを起動しておくと、Win側でコピーしたものがMacのペーストボード経由でiPhoneに入っていきました。これはおもしろいな。

アップル、2010年1月2日より7店舗のアップルストアで限定福袋「Lucky Bag」発売

 

アナウンスがなかったので今年は販売なしかと思いドキドキしていました。

アップル、2010年1月2日より7店舗のアップルストアで限定福袋「Lucky Bag」発売:ニュース - CNET Japan

アップルは、アップルストアの初売りを2010年1月2日より全国7店舗で開催することを明らかにした。目玉となるのは、毎年即完売の福袋「Lucky Bag」だ。価格は3万5000円。

今年はオンラインでの販売は無しなんですね。

にしても昨年の中身はほんとにいまいち、どころか「なんだこりゃ?」レベルだったので一抹の不安もあるんですが、逆に去年がだめだったので今年こそは!というのもあるんで、とりあえずゲットするべく並んでみるか。まあ、nanoぐらいは入っているだろうし。

なお、名古屋と心斎橋、福岡天神のアップルストアのみ1月2日9時よりスタートで、その他の店舗は8時より販売する。

ということで8時から、3万5千円です。

iTunes Storeのウィッシュリストの使い方

 
iTunes 9 では、欲しいアイテムをとりあえずウィッシュリストに保存しておき、後で好きな時に購入することができます。

iTunes Store:ウィッシュリストの使い方

以下、ほとんどコピペになってしまうんですが、使い方はこんな感じ。
まずウィッシュリストへのアクセス方法です。

1. iTunes Store にアクセスします。
2. ナビゲーションバーの「ホーム」アイコンをクリックします。
3. 右側の「クイックリンク」ボックスで「ウィッシュリスト」リンクをクリックします。

次にウィッシュリストへの追加方法です。

1. iTunes Store でウィッシュリストに追加したいアイテムを見つけます。
2. 選択したアイテムの購入ボタンの右にある矢印 (▼) をクリックします。
3. ドロップダウンリストから「ウィッシュリストに追加」を選択します。

ウィッシュリストにはいくつでもアイテムを追加できます。購入しなければアカウントには課金されません。「購入する」ボタンをクリックするとアカウントに課金され、iTunes ライブラリにアイテムがダウンロードされます。

このウィッシュリストをうまく使うと30秒だけの曲のプレイリストみたいなものが作れるのかな。

そのうちこのウィッシュリストに登録しているリストを見て何かがリコメンドされるようにもなるんでしょうね。

手書きでメモが取れるiPhoneアプリ『Note Taker』で可愛い文字を!

 

手書きでメモが取れるiPhoneアプリ『Note Taker』

手書きできるノートアプリ、なんですが、これはいい感じです。

一見、このアプリって必要?と思うかも知れませんが、意外とよく出来ていて、長い文章を書く場合にもかなり楽に作業できるようにデザインされています。例えば、右に向かって文章を書き続けると画面が自動スクロールされ、解読可能な程度に文字の大きさを調整してくれます。

最初そのインタフェースにちょっと悩むのですが、理解したらすごくいい感じで入力、というか指で文字を描いていけます。

まあ、基本はiPhone/touchのキーボードで打つのが遅い人向け、かとは思うのですが、フリックでバリバリ入力できちゃう人にもおすすめしたい理由があります。それは、

これで文字を描くととてもかわいい字になる

というところです。

で、書いたページはJPEGにしてメールで送ることができるわけです。

とにかく小さくて可愛らしい字になるのでなんか謝る時なんかに効果的なんじゃないかと思いました。

で、これを開発したのはあの伝説であり世界初のパーソナルコンピュータ向け表計算ソフトである「VisiCalc」を開発したダン・ブルックリンさんということで、やはり根本的に持っているセンスが他の人とは違うんだなあ、ということを認識した次第です。

有料版と無料お試し版があるので、とりあえず無料版で試してみるとよいかと思います。App Storeで「Note Taker」で検索するとLite版が見つかります。

使い方は以下のビデオで。


マイクロソフトのBingのiPhoneアプリ

 
Today we are happy to announce the first official Bing App for iPhone and iPod touch.

Bing - Bing for mobile comes to the iPhone - Search Blog - Bing Community

ということで、マイクロソフトの検索サイト「Bing」のiPhoneアプリがリリースされたようですのでさっそくダウンロードしてみました。

日本語でも検索できました。モダシンで検索したら薬よりうちのサイトが前に出てきたのでそれだけで気に入りました。

普通にキーワード検索できます。検索結果をクリックするとBingアプリ内でそのサイトを開いてくれます。

その他、「Movie」とか「Business」とか「News」というカテゴリ検索メニューがあるのですが、これは「リソースがない」ということで何も検索できませんでした。

「Maps」という地図はGoogle Mapsとは違った感じがよいですね。Google Maps見ても直感的に理解できないような時にBingのMapsを使ってみるとよいかもしれません。

「Direction」は経路検索なんですが、これはなんかムチャクチャでおもしろいですね。地図上でみると道じゃないところをガンガン攻めています。

App Storeで「Bing」で検索すると見つかります。無料です。

それにしてもあれだけ社員いるんだからローカリの片鱗ぐらい見せてくれてもいいと思うんだけどなあ。

2009年の注目iPhoneアプリを一挙紹介―「iTunes リワインド2009」公開

 
アップルが、iTunes Storeで2009年を振り返り、注目を集めた楽曲やアプリ、オーディオブック、Podcastを紹介する「iTunes リワインド2009」を公開している。iPhone/iPod touch向けアプリケーションは「App」のページで紹介されており、iTunesのスタッフがピックアップした注目アプリと、2009年にもっとも売れたアプリを簡単に知ることができる

2009年の注目iPhoneアプリを一挙紹介―「iTunes リワインド2009」公開

という感じで今年の「ベスト」が紹介されているのですが、結構試したことがないアプリが並んでいるのに軽くショックを受けつつ、これからダウンロードして体験してみようと思った次第です。

ただし、なんとなく、だけどここにリストされているアプリって100円とか200円じゃなく、600円ぐらいのものが多い、というのは気のせいなのかな。なんかちょっと作為を感じるなw

だって、トップセラーに1万8000円もする南山堂医学大事典第19版とか1万3000円もするウルトラ統合辞書2009Vが入っているんですよ。これ、いったい何本売れてるんだよw

まあ、試せるものだけ試してみようっと。

「Google Chrome for Mac」ベータ版公開

 
米Googleは8日、Webブラウザ「Google Chrome for Mac」のベータ版を公開した。Mac OS X 10.5以降に対応しており、同社サイトよりダウンロードできる。

「Google Chrome for Mac」ベータ版公開

あれ?私が今使っているMac版Chromeってベータ版じゃなかったっけ?と思いつつ、アップデートがあるかどうかのチェックを実行してみると、とにかくあるらしいのですかさずバージョンアップ!きっとこれでこの「ベータ版」になったことでしょう。

Google Chromeを使いつつ、Chrominumも使っていたんですが、このChrominumはNightly Buildである日突然ひどくなったりわけわかんなくなったりしかたと思えば、次の日には素晴らしくなっていたりとトータルではいい感じなんだけど、ちょっと扱いが面倒だなあ、ということでこの頃はすっかりChromeを使っています。

Safariもいいんだけど、あれ、とにかくメモリを食うんでメモリが2GBしかないMacBook Airだとしばらく使っているとどうしようもなくなっちゃうんですよ。その点、Chromeだとタブを閉じると確実にメモリが開放されるので非常に扱い易くなっています。

気持ちとしてはSafariを使いたいのでMac版ChromeがリリースされることでAppleのSafari開発関係者が奮起してくれるといいなあ、と思っております。

ダウンロードはこちらから。

http://www.google.com/chrome

AppleのMagic MouseをWindowsで使う方法

 

Hack allows for Magic Mouse scrolling in Windows

A hack that allows Apple's Magic Mouse to have scrolling functionality in Windows is now reportedly available.

ということでAppleのMagic MouseをWindowsで使う方法が紹介されています。

Self-styled geek tech Website uneasysilence.com reports a way to extract both the 32-bit, and 64-bit Windows drivers in the latest Apple Bluetooth Update 1.0 for Windows by using WinRar, a popular compression utility.

Windows XP(32bit)から最新のWindows 7まで問題なく動作したようです。

やり方はまずAppleのサイトからBluetooth Update 1.0 for Windowsをダウンロードしてきます。

で、ダウンロードしてきたファイルはAppleBcUpdate.exeというEXE形式のものなのですが、それをダブルクリックしただけだと、

この更新はこのコンピュータ用に設計されたものではないため、インストールされません。

というメッセージが表示されます。まあ、Boot Camp用のドライバなのでApple製のマシンじゃないとだめなんでしょう。

で、先に引用の中で「WinRarを使って」という記述があったので、とりあえずAppleBcUpdate.exeの拡張子を「.rar」に変更してrar解凍してみます。すると現れましたよ、5つのファイル!

1.AppleBcInstaller.exe
2.AppleBluetoothBroadcomInstaller.exe
3.AppleBluetoothBroadcomInstaller64.exe
4.AppleWirelessMouse.exe
5.AppleWirelessMouse64.exe

「64」と入っているのは64bit用だと思うのですが、32bitな人はとりあえず「4」だけ実行してみればいいのかな?(Broadcom用のドライバのアップデートは要らないと思う)。

ということでお手元にMagic MouseとBluetooth搭載のWindowsマシンがある方は試してみてください。

Apple Magic Mouse MB829J/A Apple Magic Mouse MB829J/A

6つで総額$154のMacアプリを今なら無料でゲットできるMacHeist nanoBundle

 

MacHeistに会員登録は必要なんですが、登録すれば以下の6つのアプリが無料でダウンロードできるようになります。

MacHeist nanoBundle

Say hello to the MacHeist nanoBundle. It's the same bundle of quality Mac software that you know and love... but it's entirely free.

総額$154のものが無料、ということであと6日で終わってしまうので興味のあるMacユーザは是非どうぞ。私もダウンロードしました。

MacOS X 10.6.2(デベロッパー版)がAtom上で動かなくなったんだけど復活したらしい

 

私は初めて読んだんですが、MacOS X 10.6.2ではIntelのAtomでは動かず、多くのネットブックでOS Xを使っている開発者が涙したそうなんですが、最新のビルドではAtomサポートが復活しまた使えるようになったそうです。

Atomサポートが落とされたよ、という記事はこちら(英語です)。

10.6.2 kills most Netbook love

で、復活したようだ、という記事はこちら。

Gone yesterday, here today; Atom support back in dev seed

非Apple製のマシン上で動かないようしたければとりあえずAtom使っているマシンでは動かないようにしちゃえばいいんだけど、また動くように戻した、というのはそれなりの理由があるんでしょうね。なんだかわかんないけど。

こんなことが起こっていることも知らずに「10.6.2が出たらオラ、ネットブックにインストールするんだ!」って考えていた人とか既に10.6.1をAtomマシンにインストール済みで10.6.2のリリースを待っている人はよかったですね。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard アプリ互換リストを提供するサイト

 

AppleのSnow Leopard(MacOS X 10.6)では動かないソフト、ってのがいくつかあるんですが、アプリとSnow Leopardとの互換性がまとめられているサイトです。

Snow Leopard Compatibility: Mac OS X 10.6 Snow Leopard Compatibility List

個人的にはToast 8が何の問題もなく動作したのが不思議でたまらないかったのですが、このサイト見るとやっぱり問題ないようでひと安心です。

サイトでいちいち調べるのが面倒、という人用には専用の互換性チェックアプリも用意されていてこのサイトからダウンロードすることができます。

Snow Leopardにアップデートしてから起動したことないソフトが実は非互換だった、なんてこともあるかと思いますので、ざっと所有しているアプリをこのサイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

AppleのMagic Mouseを買いました。

 

渋谷のApple StoreでAppleのMagic Mouseを買いました。6800円です。

magic-mouse-20091031-1.jpg

パッケージはこれ以上小さくできないんじゃないかってぐらいコンパクトです。普通はドライバCDが同梱されているんでどうするんだろう、と思いつつ家に帰って接続してみました。

とりあえずBluetoothで普通に本体とペアリングします。これでマウスの普通の使い方はできるんですが、ここでソフトウェア・アップデートをするとMagic Mouse用のドライバをネットからダウンロードしてきます。67MBもあります。なんでそんなにでかいんだ!

で、ダウンロードしてインストールするには再起動が必要です。

再起動すると「システム環境設定」の「マウス」の項目が華やかになります。ビデオで使い方が説明されています。

使い勝手ですが、これまではMighty Mouseを使っててあの中央の丸ぼちを使ったスクロールがいまいちだったり、マウスの下の台(パッド?)によって操作感が左右されていたんですが、このMagic Mouseにしたらそんなこともなく快適です。

指2本による戻る/進む操作はまだ慣れていないのでなんともいえないのですが、スクロールに関しては快適です。

それにしてもボタンやホイールまでなくしてしまったAppleのマウスの次はいったいどんなことになるんでしょうかね。

Apple Magic Mouse MB829J/A Apple Magic Mouse MB829J/A

アップル、「Apple TV」で画面デザイン刷新などの機能強化

 
アップルは30日、ネットワークプレーヤー「Apple TV」の最新ソフトウェア「Apple TV 3.0 ソフトウェア」を無償公開した。

アップル、「Apple TV」で画面デザイン刷新などの機能強化

私、Apple TV持っているんですよ。でも全然使わないんですよねえ。まあ、ソフトウェアがバージョンアップしたときにそのデザインとか使い勝手を体験する、という意味ではこの業界にいるものとしては持っておくべきなんじゃないかとは思うんですが、それにしても全然使わないなあ。

「Apple TV 3.0 ソフトウェア」では、ユーザーインターフェイスを刷新。楽曲データに加えて、歌詞やライナーノーツ情報などの素材を提供する「iTunes LP」の利用に加え、インターネットラジオの再生にも対応した。

ということで、今回もバージョンアップして一通り体験したら終了、ということになるんだと思います。

Apple TVってどうしたいんだろうなあ、Apple・・・。

Apple TV 160GB MB189J/A Apple TV 160GB MB189J/A

iPhone向けアプリ「30min.おでかけ」、Twitter投稿機能を追加

 
タウン情報サイト「30min.」を運営する株式会社サンゼロミニッツは、iPhone/iPod touch向けアプリケーション「30min.おでかけ」のアップデートを実施。Twitter投稿機能などを追加した。無料でApp Storeから入手できる。

iPhone向けアプリ「30min.おでかけ」、Twitter投稿機能を追加

App Storeでアップデートをチェックしたらちゃんと検出されたのですかさずアップデート。

先日、亀戸というところに人生で初めて降りた時に30min.使ってここではどんなお店が有名なのかを検索したのかはここだけの話です。

で、今回のアップデートでは最近話題なTwitterへの投稿機能が付加されたようです。こういうフットワークの軽さがとてもいいですね。

Twitter投稿機能では、該当するお店や施設のページから文字(100字以内)や写真を投稿すると、Twitterと「30min.」の両方に同時に情報を投稿できる。Twitterでの投稿内容には、投稿したページのURLとハッシュタグ「#30min」が自動で付与される。また、「30min.」への投稿はTwitter側のOAuth認証機能を利用して行われるため、「30min.」の会員登録をすることなく投稿できる。

その他、近くの美術館や博物館、展覧会のイベントも検索できるようになったようで、たまたま降りた駅でなんか時間つぶしたい、なんて時に大活躍しそうです。

Psystar、今度はMacクローンソフトウェアを発売

 
Mac OSをプレインストールしたハードウェアを販売しているとしてAppleから訴えられているMacクローンメーカーのPsystarは、事業を拡大して、誰でもAppleのOSをインストールできるようにするソフトウェアの販売も手がけ始めた。

Psystarすごいな。もう意固地になっているとしか思えない。

Psystar、今度はMacクローンソフトウェアを発売

Psystarは米国時間10月22日、「Rebel EFI」スイートのダウンロード提供開始を発表した。このソフトウェアを利用すれば、ユーザーは自分のコンピュータにAppleの「Mac OS X Snow Leopard」を含めたあらゆる最新OSをインストールすることができる。Psystarによれば、Rebel EFIはIntelの「Core 2 Duo」と「Core 2 Quad」「Core i7」「Xeon Nehalem」CPUを搭載したマシンに対応するという。

最近のHachintosh事情はよくわかんないんですが、この「Rebel EFI」を使うと簡単に作れそうですね。いや、チップセットは気にしなくていいのかなあ。

ユーザーが購入前にRebel EFIを試用できるように、デモバージョンも用意されている。Psystarによると、このデモバージョンでは、ユーザーはMac OS Xをインストールすることができるが、「フルバージョンに比べてハードウェア機能が制限されている」という。

試用版は利用出来るハードウェアに制限があるのと2時間しか使えないようです。正式版の価格は$49.99のようです。

そんなわけで「Rebel EFI」のページです。

Rebel EFI

ダウンロードするのはISO形式のファイルです。これを使ってブート用CDを作成するようです。実体は7.6MBしかありません。

FAQというか使い方のページを見ると、もういきなりSnow Leopard DVDを使ったインストールの説明だしw

VAIO XみたいなマシンでSnow Leopardが動くと面白いんですけど、あれはATOM Z系のCPUだからなあ。

で、インストールするときはハードディスクを1パーティション設定にしてMac OS Extended形式でフォーマットしてあげないといけないようです。でも「DUBL」っていうブートローダーがあるようで、これを使うと6つの異なったOSを使えるようになるらしいんだけど、その使い方は書いていないですねえ。

まあ、とりあえずつぶしてしまってもいいディスク用意して一度試してみる、というのがいいのかもしれませんね。私はやらないけど。つうかCore2のWindowsマシンって自宅にないしw

【洋書籍】スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションの秘密

 

Appleのスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションはそりゃもう凄くて、スティーブのキーノートスピーチが行われた翌日は2時間かけてストリーミングビデオで毎回見ています。英語がよくわからなくても伝わっちゃう、というのが不思議でたまりません。まあ、それが凄いところなんでしょうけどね。

そんな天才的なスティーブのプレゼンテーションを何度も見て分析した人がその秘密について解説している本です。

The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience

以下はForbesに掲載された紹介文の日本語訳である「スティーブ・ジョブズ氏の芸術的プレゼンを分析」という記事からの引用です。

コミュニケーション・スキルの指導者に転身した、テレビのニュース番組元アンカーCarmine Gallo氏は、Jobs氏のステージ・パフォーマンス映像を何時間分も精査・分析し、新刊『The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to be Insanely Great in Front of Any Audience』に見解をまとめた。
Gallo氏によると、Jobs氏は単に「生まれながらに」偉大なステージ・パフォーマーなのではない。彼は何時間も準備に費やす。ストーリーボードを作ったり主に伝えたい点の概要をまとめたりしたうえで、何時間も練習を行う。Jobs氏は講義を押し付けるのではなく、敵が現われて最終的にはハッピーエンドになるというような古典的要素が盛り込まれたストーリーを話すのである。また、Gallo氏が言うところの「10分ルール」に従う。このルールに従えば、プレゼンを10分間隔に分割し、デモやその他の要素を取り入れて、その都度、新たに観客の注意を引くという方法を会得できる。
「多くの人がプレゼンで"情報"を伝達している一方で、Jobs氏はプレゼンを通じて"体験"を生み出している」とGallo氏は言う。「情報を与え、教育し、楽しませ、そして夢の一部になることを客に納得させることを目指したインフォテインメント(娯楽情報番組)だ」。

スティーブはNeXTの時代から今のAppleの時代といつでもプレゼンテーションの時に大量のスライドを使用するのですが、あれをいつ誰が作っているのか、というのは最後までわかりませんでした。本当に謎だらけ、でした。

ということで、この本、英語なのでどっかの出版社で日本語版出してくれないかな。

The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience

Mac版Google ChromeのDeveloper Releaseのメモリ消費量がすごく少ないのでデフォルトに設定した。

 

MacOS X版のGoogle Chromeブラウザのデベロッパー版をダウンロードして試していたのですが、Safariに比べてメモリ消費量が圧倒的に少ないのでChromeをデフォルトブラウザにしてしまいました。

現在タブを15個開いててアクティビティモニターで見ると実メモリ51.1MB、仮想メモリ76.6MBという状況です。

動作も私の使い方/環境では特に問題もなくクラッシュもしません。Safariのブックマークを読み込んでくれるのでダウンロードしてすぐに使えます。

デベロッパーリリース版でこのクオリティ、ベータや最終版がとても楽しみです。というかSafariもこれに触発されて消費メモリ量対策してくれると嬉しいな。

デベロッパー版のダウンロードはこちらから
Google Chrome

アップル、iMacをモデルチェンジ。Apple Remoteも新デザインに。

 

アップル、iMacをモデルチェンジ

21.5型1,920×1,080ドット液晶搭載モデルは、Core 2 Duoベースで、下位モデルはチップセット内蔵グラフィックス、上位モデルはATI Radeon HD 4670GPUを搭載する。
27型2,560×1,440ドット液晶搭載モデルは、下位モデルがCore 2 Duoベース、上位モデルはクアッドコアのCore i5ベースで、さらにCore i7もBTOで選択できる。Core i5/7モデルのみ11月の出荷開始となる。
アップルストア価格は、21.5型が118,800円と148,800円、27型が168,800円と198,800円。

我が家にあるiMac 20インチは2006年11月もの、ということでもうすぐ満3年を迎えるわけです。これまではこのiMacが壊れたらどうしよう、と思っていたのですが、今回の新iMacの発表でいつ壊れても大丈夫となりました。

さて、壊れたとしたらどっち買うかな、って考えるとやはり私は27型のやつを選びたいですね。これから3~4年使うってことを考えるとやはりメモリが16GB(4GB x 4)まで増やせるという方がいいです(21.5インチモデルは2GB x 4の8GBが最大)

Apple StoreのBTOで見てみると8GBにするには4 x 2GBと2 x 4GBという2つの方法があるのですが、それぞれ

8GB 1066MHz DDR3 SDRAM - 4x2GB [プラス ¥19,200]
8GB 1066MHz DDR3 SDRAM - 2x4GB [プラス ¥38,400]

となっているので、とりあえず4x2GBにしておいて4GBメモリが安くなってきた頃に2枚交換して計10GBというパターンでしょうか。

CPUはCore i7にするとプラス20,160円ということでこれはちょっと悩みますねえ。このあたりは今月末に発売されるMac系雑誌で詳しくその違いが説明されることでしょう。

で、Apple Store見てたら気づいたんですが、今回からApple Remoteのデザインが変わったんですね。

なめらかなアルミニウムのApple Remote を使って、 Macを離れた場所からコントロールしましょう。

本体がアルミになったんですね。iMacのモニタがでかくなったので、切り抜いた部分をキーボードに使ってもまだ余っちゃうんでそれを使っているのかな。

最後に、こういうエントリー記事を書くと今使っているiMacがなぜか急に壊れる、というのはよくある話なんで、さてどうなるか、楽しみです。

AdobeがiPhone版PhotoShopをリリース

 

日本語版iTunes Storeからだとダウンロードできないようなので米国のアカウント使ってダウンロードしてみました。

Photoshop.com Mobile iPhone App - Photo editing, sharing, upload

It's easy to use the Photoshop.com Mobile App on your iPhone. Simply drag your finger to crop, adjust color, apply effects--you name it.

やれることはシンプルで、切り抜き、回転、フリップ、露出調整、彩度、色相、白黒、スケッチ画のようにするエフェクト、ソフトフォーカス、各種エフェクト、なんですが、普通はこういうのを調整するときはスライダーバーなんかが表示されてそれで調整するのですが、「Photoshop.com Mobile iPhone App」の場合はこれらのコマンドを選んだあとは写真の上を左右に指でなぞるとパラメータが変化し、リアルタイムに写真が変化していきます。これは見やすくていいなあ。

調整後の写真は当然Photoshop.comに保存することができます。

Photoshop.com上にある写真を読み込んで見たり加工したり、ってことはできないみたいです。

まあ、レイヤーや赤目補正なんかも何もなく、非常にシンプルなものとなっていますが、そのうちいろいろ機能が追加されていくんでしょうね。楽しみです。

PolluxというMacOS XのiTunes用自動タグ設定ソフト

 

PolluxというMacOS Xのアプリケーションがありました。これはどんなアプリかというとiTunesに登録されている曲を解析して自動で曲名とかアーチストのメタ情報を登録してくれる、というものです。でも、試していないので実際どうなるかわかりませんし、邦楽はだめでしょうね。

Pollux: Automatically Organize and Fix Your Music Library

普通はiTunesにCDを認識させたときにそのCDを認識してくれますが、時々認識できないと「Track 1」といった曲名で登録されてしまいます。そういう時に便利みたいですね。

カセットテープから取り込んだやつにも機能するんだったらいいんだけどなあ。

そんなわけで家に帰って時間があったら邦楽でどうなるか、とカセットテープから取り込んだ音源はどうなるか、を試しみようと思います。

iPhoneで無料で美少女キャラとキスの練習ができる「ささめきすこみ」

 
タキオンは15日、iPhone/iPod touch用のアプリ「ささめきすこみ」の提供を開始した。価格は無料。

ASCII.jp:iPhoneで美少女キャラとキス練習「ささめきすこみ」

速攻でダウンロードしてしまう自分が悲しいわけですが、とりあえず起動するとまず「使用上の注意」が表示されます。

汗、唾液等で滑る可能性が御座いますが、必ず手、唇等を乾燥させた状態で遊ぶ事


すげーな、これw

10月より放送開始予定のテレビアニメ「ささめきこと」とのタイアップで、作中に登場する風間汐(声優は高本めぐみ)がキスのレッスンをしてくれる。しかもフルボイスで、キスシーンは描き下ろしだ。

指で画面をタッチするという方式で試してみましたが、これは「ブチュウー」って感じよりも軽く「チュッ」とする感じの方が高得点が得られるようです。

にしても、これのテスティングの時はやっぱりちゃんと唇使ってチェックしないとだめだよね、ってことになったかと思うのですが、テスターは辛かっただろうなあ。

ささめきこと 1 (MFコミックス アライブシリーズ) ささめきこと 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

Novellが.NET向けiPhoneアプリ開発ツール「MonoTouch」,C#などが利用可能

 
米Novellは米国時間2009年9月14日,.NET Framework対応のiPhone/iPod Touch用アプリケーション開発ツール「MonoTouch 1.0」の販売を始めたと発表した。これまでC/Objective-Cでしか作れなかったiPhone用アプリケーションが,C#などの.NET用プログラム言語で開発できる。

Novellが.NET向けiPhoneアプリ開発ツール「MonoTouch」,C#などが利用可能

これ、有償になるって言われてて、みんなの興味はじゃあいくらになるんだろう、って点だったんですが、

NovellのWebサイトでApps Store用アプリケーションしか作れない個人向けの「Personal Edition」と,企業内で使うアプリケーションも開発可能な「Enterprise Edition」を販売している。1年間のメンテナンス/アップデート・サービス付き価格は,Personal Editionが399ドル,Enterprise Editionの1ユーザー・ライセンス版が999ドル,5ユーザー・ライセンス版が3999ドル。

うーん、うーん、見方によって安い/妥当/高いってのが別れそうな値付けですねえ。

Novellのオンラインショップだと日本円で買えるんですが、それぞれ36,253円、90,768円、363,346円でした。

Mono Touchには試用版がないんで中がどうなっているのか調べようがないんですが、こちらの記事が参考になるかと思います。

C#でiPhone開発!MonoTouch Beta ファーストインプレッション

仙台でiPhone利用の「近未来ショッピング」体験イベント

 
三井不動産とクウジットは、宮城県仙台市にある「三井アウトレットパーク仙台港」で、iPhoneを利用した「近未来のショッピング体験イベント」を実施する。期間は9月11日~10月12日。

仙台でiPhone利用の「近未来ショッピング」体験イベント -BB Watch

「近未来のショッピング体験」ってどんなのかなあ、と思って読み進めてみると、

今回のイベントは、クウジットの位置認識技術「PlaceEngine」とAR(拡張現実)技術「KART(Koozyt AR Technology)」を利用し、iPhone専用アプリで施設内の店舗情報などをが得られるというもの。専用アプリの1つ「i-MOP仙台港」は、三井アウトレットパーク仙台港内の情報を調べられる。館内マップの表示や、ユーザーの現在地表示、行きたい店の場所などがわかる。

なるほど。任天堂がイクスピアリでニンテンドーDSを使ってやっているようなことに近いですね。こっちの方が今っぽい技術使っていますが。

任天堂株式会社と株式会社オリエンタルランドによる新サービス『イクスピアリ・ニンテンドーDSガイド』2009年4月25日(土)スタート

で、この「近未来のショッピング体験」の企画書って、テキストとイメージ図だけだから理解出来る人少なかったんじゃないでしょうかね。この企画が通った、というのは通した担当者の方が偉いと思います。DSじゃ代替できない、というのもこの企画の素晴らしいことろです。

期間中、貸出用のiPhoneが50台用意され、運転免許証などを添えて申し込むと、1グループに1台、2時間無料で貸し出される。また、ソフトバンクの契約申し込みカウンターも設置され、その場で契約すると、すぐに「近未来のショッピング体験イベント」に参加できる。既存のユーザーも参加できるよう、現在App Storeで両アプリの配信準備が進められている。

「三井アウトレットパーク仙台港」って小さな子供連れの家族客が多いので、子供はこういうのを楽しんで使うかと思うのですが、取り合いになったりして落とす確率というのがものすごく高いんじゃないかと思うので、ケースと首からぶら下げるストラップを付けてあげるといいんじゃないかと思います。

残念なのが10月12日で終わってしまう、ということです。せっかくアプリ開発したのにもったいないですね(多分10/12でデータの更新がなくなるんでしょうね)。

これこのまま続けてアプリ内でチェックした店舗からはプッシュでセール情報が届く、なんて仕組みにしておくとアウトレットを利用するお客さんなんかはきっと嬉しいと思うんだけどな。

GriffinがiPodのVoiceOverに対応したコントローラが発表

 

Griffin Technology: Headphone Control Adapter - Use any headphones to control your iPod

As an upgrade or replacement for your stock earbuds, Griffin's Headphone Control Adapter plugs in between your favorite headphones and your compatible iPod to control play (Play, Pause, Stop, Forward, Back) and volume. Also works seamlessly with Apple's VoiceOver feature on compatible iPods so you can hear artist, track and playlist information with the press of a button.

そんなわけでiPod Shuffleなんかは専用のイヤホンしか使えないのがやだな、なんて思ってた人はこれを使ってお気に入りのヘッドホンを使うことができるようになりますね。

VoiceOver機能がついていないiPodでも普通に再生/早送り/戻し/音量調整のコントローラとして利用できるようです。

$19.99なんですが、問題はいつ発売されいつ日本で入手できるか、ですね。でも、その頃は他のメーカーからもいろいろ出ているような予感が。

iTunes 9はWebKitをガンガン使っているらしい

 

iTunes 9, now with more WebKit

, iTunes 9 certainly uses WebKit much more than the last version.

ということでiTunes 9をパケット・トレースしていろいろ調べた人がブログに書いています。

リクエスト・ヘッダーはこんな感じ。

X-Apple-Store-Front: 143441-1,5

これを使って、Rockカテゴリのページをcurlコマンドで入手するには

curl -H "X-Apple-Store-Front: 143441-1,5" \
http://ax.itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewGrouping?id=24

となります。

で、入手したHTMLにいろいろ手を加えて再現したのがこのページ。

http://files.willnorris.com/misc/iTunes9/response.html

Webkitを使ったブラウザ(SafariとかChrome)と使っていないブラウザで見た時にその違いに驚きますね。

で、これを元にもうちょっと詳しく調べた人のブログがこちら。

iTunes + CSS3

で、CSSファイルだけを取り出しています。ここから見ることができます。

-webkit-mask-box-imageとか-webkit-tap-highlight-color、-webkit-gradientといったWebkit独自拡張などを勉強するのによいかと思います。

ページのトップのローテーションバナーとか画像の切り替えなどもFlashではなくHTML+JavaScriptで実現されているようですので、ほんといろいろ学べるところがあるかと思います。

アップル、カメラ/FMチューナ搭載の第5世代iPod nano

 
アップルは、カメラ機能やFMチューナを新搭載した第5世代iPod nanoを10日より発売する。内蔵メモリ8GBと、16GBの2モデルが用意され、AppleStore価格は8GBが14,800円、16GBが17,800円。

アップル、カメラ/FMチューナ搭載の第5世代iPod nano

3000円しか違わなければみんな16GBモデル買うと思うんだけど、それでもなんで8GB残したのかなあ。

今回の目玉はカメラ搭載ですね。

新機能のカメラは、ビデオ撮影に対応。操作部のクリックホイール中央がシャッターボタンとなっており、撮影可能。ビデオの記録形式は、MPEG-4 AVC/H.264で、最高640×480ドット、毎秒最大30フレーム。オーディオ形式はAAC。

でも撮影できるビデオは640×480とHDじゃないのが残念。これがHDだったら即買いだったんだけどなあ。

もうひとつの目玉はFMチューナーです。

新機能としてFMチューナも装備。クリックホイールで選局可能で、ワンクリックで15分までの一時停止が行なえる「ライブポーズ」機能も装備している。ビデオ再生機能も搭載。音楽については、AAC(8~320kbps)、MP3(8~320Kbps)、WAV、Apple Lossless、AIFFとAudibleをサポートする。

これって「ライブポーズ」以外に普通にFM放送を録音することってできるのかな。

で、現在この発表会の模様をQuickTimeストリーミングで見ているんですが、スティーブが最初に出てきたときはなんか元気ないなあ、と思ったものの、だんだんといつもの調子になってきて一安心しています。

http://events.apple.com.edgesuite.net/0909oijasdv/event/index.html

しかし、このビデオをAirで見るのはきついなあ。CPU使用率がパンパンですよw

カードリーダー+USBハブ付きのiPod/iPhone用ドックステーション

 
サンワサプライが、オンライン販売限定でiPhone/iPod向けドックステーション「Dock Station(iPod・iPhone用) 400-IP001」を発売。データの同期や充電のほか、SD/SDHCカードリーダーやUSBハブとしても利用できる。

カードリーダー+USBハブ付きのiPod/iPhone用ドックステーション――サンワサプライ

いいとは思うんだけど、でも高い。9980円だそうです。

PCと接続したドックステーションにiPodやiPhoneをセットしてデータの同期や充電ができるのはもちろん、SD/SDHCのカードリーダーや USBハブとしても使える。USBハブは側面に2個所、背面に1個所(計3個所)備えているほか、miniUSBポートもある。PCと接続せずACアダプタを利用すれば、充電台としても活用できる。付属のACアダプタは2つのUSBポートを備えている。

まあどうしても机の上に場所を確保できない、って人にはいいのかもしれないですね。

3000円だったら買うんだけどな。

被写体をミニチュア化するiPhone向けチルトシフトカメラ「TiltShift Generator」

 
「チルト」「シフト」は、被写界深度を調節することで、実際は大きいはずのものをミニチュアのように見せるテクニックです。撮影には非常に高価なレンズが必要となりますが、今日のアプリ「TiltShift Generator」は、そのレンズの効果を再現することで、iPhoneで撮影した写真をミニチュア化することができます。

被写体をミニチュア化するiPhone向けチルトシフトカメラ「TiltShift Generator」

このiPhoneソフト、昨日購入しました。

これまで、App Storeにある同様のアプリをいくつも試してきましたが、操作性や作品の出来映えで、満足させてくれるものはありませんでした。このTiltShift Generatorは、「ToyCamera」「QuadCamera」などで知られるTakayuki Fukatsu氏と、「NatsuLion for iPhone」のTakuma Mori氏とのコラボレーションによるもので、完成度で他と一線を画しています。

確かに操作性やらできあがりのクオリティなどほんとよくできていると思います。

チルトシフトの効果を際立たせるには、被写体からある程度離れて撮影した方がよさそうです。またできれば、高い所から見下ろしながら撮ると、ミニチュアを見ているような錯覚をしやすい写真になると思います。

とりあえず机の上のものなどで試してみたのですが、これはあまり「ミニチュア」っぽくなりませんでした。やはり風景みたいな写真の方が効果が感じられそうです。

リリースを記念して、350円のところを2週間限定で115円で販売しています。購入するならこの機会をお見逃しなく。

そんなわけで115円でゲットできる今をお見逃し無く!

TiltShift Generator
icon

ATOK 2008 for Mac アップデータが出た

 

Snow Leopard対応アップデータがリリースされたようです。

[045126]ATOK 2008 for Mac アップデータ

具体的には以下の問題を修復するようです。

* 「ATOKダイレクト」機能を実行した際に表示されるツールチップの表示が不正になる場合がある現象 * Mac OS X v10.6の環境において、ATOK 2008 ヘルプが表示されない場合がある現象 * Mac OS X v10.6の環境において、ATOK 2008から別の入力プログラムに切り替えた時に、未確定文字列が正しく処理されない現象

私はWindowsもMacもATOK 2008なので早速ダウンロードして適用したのですが、適用後は再起動を要求されます。うーん、今作業中の環境壊したくないから再起動はしばらく後からだな。

そんなわけで再起動してもいいときに適用されてください。

ATOK 2009 for Mac + Windows 通常版 ATOK 2009 for Mac + Windows 通常版

Appleのマルウェア対策をKasperskyが批判

 

まあ、ポジション・トークなんで仕方ないとは思うだけど。

「Snow Leopard」のマルウェア対策機能提供により、Appleは実質的にウイルス対策ソフトメーカーとの競争に参入したとKasperskyは言う。

Appleがセキュリティ業界に進出? マルウェア対策をKasperskyが批判

ウィルス対策ソフトを開発・販売しているKasperskyが不満を述べているようです。

つまりAppleは事実上、ウイルス対策ソフトメーカーとの競争に参入したことになるとKasperskyは指摘。

うーん、これはちょっと過敏なんじゃないかな。MacOS Xの標準エディタであるTextEditでルーラーやらマルチフォントが扱えるからといってワープロメーカーはそれを問題にしていないし。

それなりのウイルス研究所、監視サービス、ウイルス対策の技術サポートといった態勢を完備すべきなのに、現時点でそうした動きは何もなく、Appleが Microsoftのように、セキュリティ問題解決のために相当の時間とリソースを割く用意があるのかどうかは疑わしいとしている。

とりあえずセキュリティ関係のソフトを購入しないユーザにカジュアルで不備はあるかもしれないけどある程度の防止機能と警告を表示する機能を提供する、というのは悪くない話だと思います。

セキュリティリスクが検知された時にそれが画面に表示されれば、自分がいかにやばい環境でMacを使っているかということが認識できればKasperskyなどの商品購入にもつながりますしね。

Kaspersky Anti-Virus for Macは11月13日に発売になるようです。

あなたが知らないかもしれない23個のSnow Leopardの変更点

 

23 Snow Leopard Tweaks You Didn't Know About

まあ、そういうタイトルなんで(汗

そんなわけでSnow Leopardはぱっと見てLeopardとの違いがよくわからないので、とりあえず23個変更点がリストされています。

ざっとまとめてみると、

1.Finder内のAutomatorのワークフローがサービスとして動作するようになった。

2.Spotlight検索のFinderウィンドウが前の設定(アイコンのサイズなど)を記憶するようになった。

3.Preview.appでイメージのクロップ選択をおこなった時に高さと幅をピクセル単位で表示するようになった。

4.Preview.appでイメージをクロップすると自動でウィンドウサイズに合わせてズームするようになった

5.Preview.appのアノテーションがより柔軟になり、オプションが増えた。

7.ファイルやフォルダをFinderにドラッグするとアニメーション付きで若干画面が暗くなる。

8.いくつかの古いmacbook/pro/airで4本指でのトラックパッド・ジェスチャーが使えるようになった

9.AirMacのステータスバーに電波強度が表示されるようになった。

10.LeopardからSnow Loepardにアップグレードするとすべての壁紙が上書きされる。

11.CMD+SHIFT 3または4でスクリーションショットを作成した場合のファイル名の形式が"Screen shot YYYY-MM-DD at HH.MM.SS"になった(←日本語だとどうなるんでしょうかね)

12.FinderのアイコンリサイズスライドバーがSpotlightやゴミ箱のウィンドウを含むすべてのウィンドウで使えるようになった。

13.(これよくわかんない)When revealing the desktop via a hot corner for example, any tooltips currently active also animate away to the edges of the screen in the same way application windows do - but separately.

14.ソフトウェア・アップデートのウィンドウが小さくなった。

15.Spacesで移動するときのアニメーションが変わった。白い矢印が表示されなくなった。

16.SpacesとExposéが「アプリケーション」→「ユーティリティ」に移動した。

17.SpacesとExposéをSpotlightから呼び出せるようになった。

18.Quicktime 7は「ユーティリティ」フォルダ内にあり引き続き利用可能。

19.Exposéショートカット - アプリのアイコンをクリックし続けるとExposéが発動すると同時にメニューが表示される。

20. (これよくわからない)Dashboard: Click, hold and drag quickly to move app icons in the dashboard, otherwise the aforementioned Exposé shortcut will occur.

21.シングルユーザのログインウィンドウがシンプルになった。ユーザ名/パスワードが違う場合の警告に仕方が変わった。

22.「システム環境」にAirMacの項目がより柔軟になり管理者が管理しやすくなった。

23.Firewallの設定がシンプルになった。

24.64bitはデフォルトでは利用できず、起動時に6と4のキーを押しながら起動させると64bitカーネルが利用可能になる。


あれ?24個あるぞ。まあいいか。

リンク先にはスクリーンショットも掲載されているので上記と併せて読んでみてください。

と書いている間に私のMacBook AirのSnow Loepardのインストールが終了しました。おお!設定アシスタントがフル画面じゃなくてウィンドウの中で動いてる!

iPhoneとiPod用モバイルバッテリー「iWALK」

 

iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod

いつでも使える、iPod&iPhoneの必需品。リチウムイオンバッテリーで繰り返し使え、連続通話時間約90分。iPod&iPhoneに直差するだけでOK。緊急充電用として、出先や出張時に重宝する。iPod&iPhoneユーザーなら一つは持っておきたいアイテム。

2980円とリーズナブルなお値段になっています。

iPod&iPhoneのコネクタに直差しするタイプなのでケーブルが必要ないため、iPhoneで通話してても違和感ありません。

充電率はiPhoneなら約60%でリチウムイオンバッテリーなので繰り返し使えるようです。

iPhone 3Gで外部エネループバッテリー使ってたけどGSでは使えなくなって困った、なんて人は試してみてはいかがでしょうか?

iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800BK ブラック 26061 iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800BK ブラック 26061

iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800WH ホワイト 26062 iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800WH ホワイト 26062

あなたの顔がコインに、切手に、ポスターに - お手軽写真合成アプリ「PhotoFunia」

 
撮った写真がポスターや切手、絵画、コインに――。多彩な写真合成を手軽に作成できるのが、iPhoneアプリの「PhotoFunia」(無料)だ。

App Town エンターテインメント:あなたの顔がコインに、切手に、ポスターに――お手軽写真合成アプリ「PhotoFunia」

アプリを起動すると、ベースとなるシーンが表示される。コインやお札の図柄、ポスター、パズル、名画、名所など80超のシーンから気に入ったものを選び、あとは合成したい手持ちの顔写真やカメラで撮った写真を指定するだけで、リアルな合成写真が生成される。

リンク先の記事にサンプルが結構たくさん掲載されているのですが、どれもいい感じです。

無料のアプリなのでとりあえずダウンロードして試してみる、ってのがいいですね。
タネを知らない人に見せるときっと驚くと思いますよ。

iTunesとモロ競合するアプリ「Rhapsody」のiPhoneアプリをAppleに申請するReal Network

 
米Real Networksは8月23日、同社の音楽配信サービス「Rhapsody」をiPhoneで利用できるようにするアプリを米AppleのApp Storeに申請することを公式ブログで明らかにした。

iTunesに競合するアプリ:「RhapsodyのiPhoneアプリをAppleに申請する」とReal Network

Rhapsodyというのは昔Listen.comがやってたやつをRealが買収して得た音楽配信サービスです。

Rhapsodyは8万曲以上を擁する音楽配信サービスで、PCのほか提携メーカーのデジタルプレーヤー、携帯電話、TiVoで利用できる。料金は定額制で、携帯対応サービスは月額14.99ドル。米Yahoo!は昨年2月、同社の有料音楽サービスをRhapsodyに移行している。

これはなかなか素晴らしいサービスなんですが、いかんせん日本からは利用できないのが残ねです。

で、このRhapsodyのiPhone版をApp Storeに申請する、ということでどうなるんでしょうかね。

AppleはiPhoneが提供する機能やサービスと競合するようなアプリは却下してきましたからね。まあ、順当に考えれば却下されるでしょうね。

ただし、状況が以前とちょっと違ってて、

Appleは現在、iPhoneの機能と競合するアプリ「Google Voice」のApp Storeへの登録を却下したといううわさの渦中にあり、米連邦通信委員会(FCC)がこの件について調査している。

というパブリックな圧力/監視下にあるわけで、ここでまた却下して意義申し立てさせられちゃうと面倒だなあ、と普通は考えるんだろうけど、でもきっと却下するんだろうな。ここで承認しちゃうとこれまでやってきたことが無意味になってしまいますからね。

そんなわけで「却下される」に1票。

それにしても最近のRealは周りにケンカ売るようなことしかしていないな。まあ、Real Playerを起動することもここ数年なくなったからどうでもいいんだけど。

iPhoneコンテンツ課金モジュール、ベンチャー企業のコニットが販売開始

 

Modern Syntax Radio Showの189回目にゲストとして登場していただいたコニットさんからのニュースです。

iPhoneコンテンツ課金モジュール、ベンチャー企業のコニットが販売開始:モバイルチャンネル - CNET Japan

これまでiPhone/iPod touch向けアプリはアプリケーションのダウンロード時に課金する仕組みしかなかったが、iPhone OS3.0では新たに、ダウンロードしたアプリケーション上から追加データを購入できるコンテンツ課金の仕組みが導入された。ただし、コンテンツ課金をするにはサービス事業者が課金システムを用意する必要があった。

そこでiPhoneのアプリの中からなんか購入するときに利用できるサーバーやらアプリに組み込むモジュールの外販を開始したようです。

価格は初期導入費用が40万円からで、別途アプリケーションごとの費用が10万円からとなっている。

サーバー用プログラム作ってテストして、って手間を考えるとさくっとこのモジュールを採用した方がいいかもしれませんが、これらはいわば初期投資になるわけで、この初期投資が回収できる見込みがないときついかもしれませんね。何せApp Storeでの単価が安いから。

FamilyMartでiTunes Card 20%OFF!キャンペーン

 

iTunes Card 20%OFF!キャンペーン|イベント・キャンペーン情報|ファミマTカード|FamilyMart

8月11日(火)から9月7日(月)まで、ファミリーマートのレジでTカード提示でiTunesカードが20%オフで購入できるようです。

Tカード持っている人はこの機会をお見逃し無く!

私はTカード持っているんですけど、さていくら分買っておこうかな。

オフィスに、街に、セクシー美女投入 - 「iCandyPix Sexy Pics」

 

iPhoneアプリ「iCandyPix Sexy Pics」の記事です。

オフィスに、街に、セクシー美女投入――「iCandyPix Sexy Pics」でニヤニヤした

撮影した写真にセクシーな美女を合成できるiPhoneアプリ「iCandyPix Sexy Pics」を試してみました。

このアプリですが、あらかじめ用意されている美女写真と自分が撮影した写真を合成させることができる、というものです。

このアプリでは、iPhone内にストックした画像や、アプリ起動中に撮影した写真に、豊富に用意された美女の写真を合成することができます。操作は簡単で、写真に合った美女を選択したのち、画面に現れた美女をドラッグして移動させたり、ピンチ操作で拡大/縮小して、調整するだけ。

それがなんなの?という人はリンク先の記事中の写真を見てみてください。ほんとにくだらないカオスな世界がそこに展開されています。

で、これはこれでいいんですが、ここからヒントを得られるアイディアを元にしたアプリをあれこれ考えてみると、非常に楽しいですよ。表向きは非常にまともなんだけど、裏の使い方がやばい、みたいなアプリのアイディアがいろいろ沸いてきましたが、人格が疑われるので社員には話せないのがネックです。

しかしiPhoneにはカメラ系のアプリがたくさんあって楽しいなあ。

アイ・オー、iPhoneへ映像ダビング可能なワンセグチューナー発売

 

値段は6300円。いいな、これ。8月下旬発売だそうです。

アイ・オー、iPhoneへ映像ダビング可能なワンセグチューナー発売

GV-SC310はパソコンのUSBポートに接続して手軽にワンセグ放送を視聴・録画できるワンセグチューナー。iPhone 3G/3GS、iPod touchにマキエンタープライズ社製アプリケーション「TVPlayer」(AppStoreから無料でダウンロード可能)をインストールすれば、パソコン内に録画した番組を無線LAN経由でiPhoneシリーズにダビング(コピー)できる。ダビング10にも対応しており、最大9回までダビング可能だ。ダビング速度は1時間番組で3分30秒程度とのこと。

家でじっくり見なくてもいいような番組をとりあえず録画しておいて適宜iPhoneと同期しておけば暇な時にいいですよね。

あ、録画ファイル保存先をiDiskにして、先日発表された「MobileMe iDisk」を使うと幸せな環境が作れるのかな?

また、現在販売中のワンセグチューナー「GV-SC400」も、iPhone&iPod touchダビング機能に対応する(9月下旬予定)

なるほど。というかこの「SEG CLIP GV-SC310」と「GV-SC400」ってどう違うんだろうか。

I-O DATA 4GBメモリー搭載 USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP」 GV-SC400 I-O DATA 4GBメモリー搭載 USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP」 GV-SC400

Mac用アプリ、10個で$49

 

Mac用アプリが10個で$49でセールしています。

The Mac Sale

今回対象となっているのは以下の製品です。

REALBasic Personal - プログラミング言語「Baic」です
Iris - イメージ編集ソフト
Interarchy - ファイル転送プログラム
Flux - Webページ作成ツール
Scribbles - ドロー系ソフト
TaskPaper - タスク管理
WriteRoom - エディタ
Stuf - クリップボード管理
Mariner Calc - スプレッドシート
HoudahSpot - Spotlight の強化版みたいなの

それぞれ定価が表示されているので人それぞれにお買い得かどうかは違うかと思うんですが、私はどれもいらないかな、って感じです。

MacでプログラミングやってみたいけどXcodeはちょっとなあ、なんて人はREAL Basicだけでも元は取れることでしょう。

ちなみにこのサイト、普通のPCサイトの感覚で操作すると全然使えませんw

アプリをもっと見る時はiPhoneみたいに右や左にページをスライドさせます。で、アプリの詳細を見て戻るときは左上に表示されている「X」マークをクリックします。

まあ、気持ちはわからなくはないんだけど、最初ホントに全然使えなかったよ。

アップル、iPhoneおよびiPod touch向け「MobileMe iDisk」アプリを公開

 

アップル、iPhoneおよびiPod touch向け「MobileMe iDisk」アプリを公開

Appleは、「iPhone」および「iPod touch」向け「MobileMe iDisk」アプリケーションを公開した。このアプリケーションによりユーザーはiPhoneおよびiPod touchから「iDisk」へ直接アクセスできる。

Appleの有料ネットサービスの「MobileMe」にはストレージサービスとして「iDisk」というのがあるのですが、そこに保存されているファイルをiPhoneなどから見れるようにするアプリです。

ダウンロードしてみました。

普通に見れますね。

画像ファイルは選択するとダウンロードすることなくそこで見ることができます。

iWorkやマイクロソフトOffice、PDF、QuickTimeなどのファイルがその場で見れるようです。

一度見たファイルはローカルにキャッシュ保存されるようで、次回からは素早く見れるようです。

「共有機能」がある、と説明に書いてあったので、これってどうやるのかな、と思ったら、単にそのファイルをダウンロードするためのURLをメールでお友達に知らせることができる、というものだったんですね。

ああ、でもiPhoneのカメラで撮った写真をメールで送るとリサイズされちゃうから、写真撮ったらカメラロールに保存して、そこから「Mobile Meに送る」コマンドを実行して、その後その写真のURLをメールで送ってあげる、っていう使い方は有効ですね。

なんか年9800円払っている効果が出てきているような気がする。

MOBILE ME (NEW) MOBILE ME

駅探,iPhoneの運行情報アプリにバックグラウンド通知機能を追加

 

ということで、iPhoneで駅探を起動してみるもバージョンアップのお知らせもないし、この機能の設定もありませんでした。

駅探,iPhoneの運行情報アプリにバックグラウンド通知機能を追加

今回,米アップルが2009年6月にリリースしたiPhone OS 3.0の「Push Notificationサービス」に対応させることで,一定時間ごとに運行情報を確認する。アプリを起動していなくても,一覧表示させた起動アイコンの右肩に,新しい情報の数を表示する

App Storeでアップデートをチェックしてみたけど、こっちもなし。

まあ、明日まで待ってみるか。

「駅探エクスプレス」のiPhone版はiPhoneらしさ200%の素晴らしいアプリですので使ったことない人は是非試してみてください。

[追記:訂正]
コメント欄でご指摘いただいたようにこの機能追加は「駅探エクスプレス(運行情報)」に対するもので私が所有している「駅探エクスプレス(乗り換え案内)」に対するものではありませんでした。早とちりしました。ごめんなさい。

アップルと4大レーベル、インタラクティブな新プロジェクト「Cocktail」を準備中

 

アップルと4大レーベル、インタラクティブな新プロジェクト「Cocktail」を準備中

同プロジェクトによって、AppleのiTunes Storeで楽曲をダウンロードしている人々は、ライナーノート、歌詞、写真などの素材がインタラクティブにバンドルされた新機能を利用可能になると、 Financial Timesは報じている。この「インタラクティブブック」機能により、ユーザーは楽曲の再生時にiTunesのソフトウェアに戻る必要すらなくなるという。

楽曲、というかアルバムによってはそこに参加しているミュージシャンの情報が欲しく鳴るときがあります。「お、このギターかっこいい。誰が弾いているの?」なんて場合ですね。

そういう意味でこの「Cocktail」で楽曲のメタデータが閲覧できるようになると嬉しいな、と思うのですが、そういうものになるのかなあ。

今のCDはDVDとのカップリング版とかなんかおまけがついてくる、みたいなところでオンライン販売や違法コピーと差別化しているわけですが、これでまた差があまりなくなってくるのかもしれないですね。

カップリングのDVDはどっかのビデオ共有サイトにアップされちゃうだろうし。おまけのステッカーぐらいしか差がなくなるのかな。

なんにしてもアルバム中の1曲だけ欲しい場合や全部+アルファが欲しい場合など、アーチストやアルバム、そして個人ごとにニーズは違うだろうから選択肢が広がるというのはいいことですね。

iPod 5Gのバッテリーを交換した

 

最近音楽はiPhoneで聞いてしまうためほとんどPodcastの録音用となっている私のiPod 5G(60GB)なんですが、この5G は2005年10月発売、ってことはだいたいその辺りに買ったとしてもう4年近くになるのでやはりバッテリーがへたってきました。

で、秋葉原に行ったときに大通りに面しているソフマップのApple専門店の1階で5G用の交換バッテリーを買ってきました。3480円でした。

iPodの修理の最大の難関はケースを開けること、なんですが、以前はテレホンカードみたいなやつを隙間にいれてぐりぐりやってようやく開けることができたんですが、最近では専用の工具があるので作業はとても楽になりました。それでもちょっとたいへんだったけど。

この交換バッテリーについてくる作業用のマニュアルは英語のみでしかも強力に小さい文字で書かれているので無視です。絵を見ればだいたいわかるかと。

で、工具の先をケースの隙間に入れて左右にぐりぐりやっているとだんだん隙間が大きくなってくるので全体にそうなるように広げていきます。

開きました。

以下のコガネムシ色をしたのが今回のターゲットとなるバッテリーです。

交換対象を並べて記念写真。

バッテリーは本体側に2点で軽く接着されているのでひっぱれば外せます。でリボンケーブルの先は差し込むだけというタイプのものなので、これもひっぱれば抜けます。

で、交換装着してUSBケーブルを差し込んでみたらこんな画面が。

あああ、ケースを閉じるときにバッテリーケーブルがはずれちゃったんだな、ということで再度ケースを開けたらやっぱり外れていたので、今度はしっかりと差し込んでみると、うまく認識されました。

ということで3480円程度でバッテリーは交換できますので、バッテリーがへたってきたという理由で新しいiPodに買い換える、という人は一度バッテリー交換にチャレンジしてみるというのもいいのではないかと思います。

iPhone試作機の紛失で従業員が自殺でAppleに批判の矛先が向かう理由がわからない

 

iPhone試作機の紛失で従業員が自殺 Appleの秘密主義に批判

次世代iPhone紛失をめぐって、中国の工場従業員が機密漏えいの疑いをかけられ、自殺したとの報道から、Appleの秘密主義に批判が集まっている。

批判先は自殺した人を雇用していた中国の企業だと思うけど。

もっと言えば、なんで自殺するのかもわかんない。「死んでお詫びする」というマインドが今の時代の中国の人にあるとは思えないし。

あれかなあ、問題をうやむやにするための「秘書を解雇しました」メソッドの派生パターンなのかな。そうなるとあれがあれなんですごい問題なわけですが。中国のマフィアはほんと怖いからなあ。

昨年末、日本で起こった派遣切りの問題も批判先が派遣を使っていた企業に向いてたけど、それもほんとは派遣会社に行くべき話で、もう何がなんだかわかりません。

まあ、叩いてもおもしろくないところは叩かれないだけなんだよな。

アップル増収増益 4~6月、iPhone販売7.3倍

 

アップル増収増益 4~6月、iPhone販売7.3倍

米アップルが21日発表した4~6月期決算は、売上高が前年同期比12%増の83億3700万ドル(約7840億円)、純利益が15%増の12億2900 万ドルとなった。新機種投入や値下げ効果で携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が前年同期の7.3倍の520万8000台に達し、増収増益をけん引した。

iPhoneがいいのはわかるんですが、前年同期の7.3倍も売れているって異常ですね。

まあ、販売する国が増えたというのもあるんでしょうけど、販売台数が頭打ちになることにはiPhoneアプリ内からの購入システムも普及してくるでしょうから、コンテンツからの収益も得られるようになるんだろうなあ。

Snow Leopardへのアップグレードでも収益稼ぐことできたのに$23のコストで提供しちゃうのがすごいですよね。まあ、Leopardのアップデートと言ってしまえばそういう側面もあるけど、対するWindows 7もVistaのアップデートでしかないのにultimateなんて28,000円もするというのに。

スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は「革新的な製品に顧客が反応している」と述べ、自社製品に対する需要の底堅さを指摘した。7~9月期の売上高は10~13%増の87億~89億ドルを見込み、2ケタ増収が続くとした。

13インチのMacBook Proはよさげなマシンだもんな。必要ないけど欲しくなっちゃうし。

そういえば最近Apple製品買っていないな、と思ったら先日お誕生日プレゼント用に120GBのiPod買ったのを思い出しました。あああ、すでにiPodがAppleの製品だと意識していない自分にびっくりです。

【iPhone アプリ】Inkiness 1.1が公開されました

 

【iPhone アプリ】Inkiness 1.1が公開されました (フェンリル | デベロッパーズブログ)

本日、Inkiness の新バージョン1.1が App Store にリリースされました。 Inkiness 1.1では、ご要望の多かったペン先の位置調整ができるようになりました。 また、写真アルバム(カメラロール)への保存、メールへの添付も可能となっています。

ということで購入済みのInkinessを1.1にしてみました。

ペン先の位置調整機能がついたのがやっぱり大きいですね。前は全然うまく書けなかったんですが、なんとか労せず可読なテキストが書けるようになりました。

でもやっぱり消しゴムとかundoの機能は欲しいですね。一回でも間違うと書いた奴が台無しになっちゃうから。

ちなみに最初どこからペン先の位置調整ができるのかわかりませんでした。

「調整できるよ」と言われなきゃ探せなかったよ。

そんなわけでまた次のバージョンに期待。

ペン先の太さとかTwitter投稿なんかもお願いしますね。

「I Hate Apple」Apple、iTunesのアップデートでPalm Preを締め出し

 

予告通り:Apple、iTunesのアップデートでPalm Preを締め出し

米Appleは7月15日、音楽管理ソフトの最新版「iTunes 8.2.1」をリリースした。このバージョンで、予告通り米Palmのスマートフォン「Palm Pre」でのiTunesとの同期ができなくなった。

Appleからしてみれば「金払って正式にライセンス取得しろ」ってところなんだろうなあ。

これを受けてPalmは公式ブログで、「iTunesの新バージョンには大した機能は追加されていないので、PreユーザーはPalmが反撃するまでアップデートを待った方がいい」と呼び掛けている。

へー、公式ブログでそんなこと言ってるんだ、と思ってリンク先記事の「公式ブログ」というリンクをクリックしてみると、palmwebos.orgが出てきたんだけど、これってPalmの公式ブログなの?

で、その問題の記事のタイトルがすごい。

I Hate Apple: iTunes 8.2.1 Breaks Palm Pre Syncing

I hate Appleですよ。すごい攻撃的ですね。
同じような状況になってもここまでは書けないなあ。

Palm Pre、ウィルコムでもいいから取り扱ってくれないかなあ。

Snow [これは凄い]LeopardとSafariによる3D CSSビジュアル効果デモ「Snow Stack」

 

satine.org » Snow Stack is Here

A new 3D CSS Visual Effects demo using pure HTML, WebKit's 3D CSS Effects extensions and JavaScript.

Webkitの3DエフェクトとJavaScriptだけで作られているそうです。でも実際に動くものはSnow LeopardとSafariの組み合わせじゃないと見れないようですが、Leopardの場合はWebkitのnightly build 45754以降だったら見れるようですが、若干遅いようです。

すごいなあ。下手なデスクトップアプリの写真ビューアよりいいかもしれないですね。


App Storeで売られているアプリを全部買うといくらに?

 
Just in case you felt compelled to assemble a collection of every push-to-fart program out there, BustedLoop calculates the price of purchasing all 55,732 available iPhone apps to be $144,326.06.

ということで、現在AppleのApp Storeには55,732のアプリが登録されており、その総額は$144,326.06になるそうです。

今日の為替は1ドル93.25円なので、13,458,405.095円になります。

ちなみに多分日本で一番App Storeでアプリを買っていると思われるMacお宝探偵団のdanboさんはいったいこれまでいくら費やしてきたんでしょうかね。

Gizmodo - The Cost of Buying Every iPhone App: $144,326.06 - iPhone Apps

Mac用フリーアプリケーション25選

 

25 Free Mac Apps That Will Boost Your Productivity」という記事がありました。

For this post we tried to digg deep to find the best selection of free and/or open source Mac applications that will help you be a more efficient designer.

ということなので、どちらかといえばデザインでMacを使っている人に便利なものが選択されている、という感じでしょうか。

私もいくつか知らない/すっかり忘れていたアプリがありましたので以下に紹介されているアプリを簡単にまとめてみます。

  • aLunch
    メニューバーから使えるらラウンチャー
  • Kuler
    カラーテーマのジェネレータ
  • Name Changer
    ファイル名を一気に変換
  • YemuZip
    Zipファイル作成ソフト
  • Dateline
    デスクトップに表示する横一直線なカレンダー
  • DropBox
    オンラインファイル共有システム
  • Quicksilver
    最適化されたアプリケーションラウンチャー
  • iClockr
    複数のプロジェクトに対応した時間管理アプリ
  • Caffeine
    Macをスリープしないようにする
  • iTool
    システムメンテナンス、クリーニング、カスタマイズツール
  • The Unarchiver
    アンアーカイバ
  • Paparazzi!
    Webページのスクリーンショット作成ソフト
  • AllBookmarks
    メニューバーからブックメークにアクセス
  • DockSpaces
    最大10個のDockを作成可能に。Spacesと組み合わせるといいかも。
  • TaskMate
    タスク管理ソフト
  • Symbol Caddy
    特殊文字のための文字パレットアプリ
  • iZoom
    ターゲットの画面サイズに合ったサイズに写真を変換するソフト
  • JumpCut
    クリップボード管理ソフト
  • Name Mangler
    ファイル名を一気に変換
  • CyberDuck
    FTPクライアント
  • TextWrangler
    テキストエディタ
  • Growl
    イベント通知システム
  • Gmail Notifr
    Gmailでの新着&未読数通知
  • MAMP
    MySQLとかPHPとかApacheを一度にインストール

いろいろぶちこんでみたいと思います。

iPhone向けアプリ「30min.」、OS 3.0に対応した新機能

 

iPhone向けアプリ「30min.」、OS 3.0に対応した新機能

サンゼロミニッツは7月6日、iPhone/iPod touch向けアプリケーション「30min.おでかけ」(App Storeへのリンク)に、iPhone OS 3.0に対応した新機能を追加した。

知らない土地に行って使うと便利なiPhone向けアプリ「30min.」がiPhone OS 3.0に対応。
アプリ内で地図の表示が可能になったそうです。

なわけで使ってみると画面の上の半分が地図で下がお店のリスト、という構成がいい感じです。今自分がいる場所をアプリがどこだと認識しているのか、ってのが地図上に表示されるのがとてもよいです。

知らない土地に行った時に表示されているお店をランドマーク代わりに利用する、ってのもおもしろい使い方かもしれないですね。

30min.おでかけ」(App Storeへのリンク)

AppleのMacBook Airが11万9825円だって

 

Apple MacBook Air 1.6GHz Core 2 Duo/13.3"/2G/120G/802.11n/BT/で定価214,800円が44%オフの119,825円で販売されています。

興味ある人は在庫が亡くなる前に!

Apple MacBook Air 1.6GHz Core 2 Duo/13.3 Apple MacBook Air 1.6GHz Core 2 Duo/13.3"/2G/120G/802.11n/BT/Mini DisplayPort MB543J/A

iPhoneアプリ「Hottest Girls」を速攻で買いそうになったが・・・

 

Hottest Girls登場―とうとうiPhoneにヌードが許可された!

「私たちは今日トップレスのヌード写真をアップロードしました。iPhone初のヌード・アプリです」とHottest Girlsのデベロッパー、Allen LeungはMacensteinで語っている。グッドジョブ!

で、サンプルでこんな写真が掲載されていました。

こ、こんな写真がたくさんあるなら買いじゃないか!

ということですかさずApp Storeにアクセスしてみたのですが・・・

サンプルを見てみるとなんかちょっと違う。こういう感じじゃないんだよ。

で、1件しかまだない評価を読んでみると・・・(以下私の訳)

将来アップデートがないとしたらこれは「買い」じゃないね。写真もたくさんあるわけじゃないし、しかもセクシーじゃない・・・

ということで115円のアプリなのですが、買うのをやめました。

でもこういう写真が好きな人もいるかと思うのでいちおうリンクを貼っておきます(iTunesが起動しますのでサンプル写真を見てみてください)

Hottest Girls!
icon

[おもしろい]Macのアプリのアイコンで単語を構築してみる

 

Mac Dock Icon Spelling! - Mike Giepert

最初何がなんだかわからなかったのですが、Macのアプリケーションのアイコンを使って単語を作ろう!というものです。非常におもしろいです。

例えばこれ。

これで「browse」ですね。

こんな感じで他にもいろいろな単語があります。

殺人事件が会った時のダイイングメッセージは実はDock内のアイコンに並びに隠されていた、なんてことがあるかもしれませんね。

10人の美女を撮り下ろした500カットのiPhone写真集──「Japan GRAVURE premium selection」

 

App Town エンターテイメント:10人の美女を撮り下ろした500カットのiPhone写真集──「Japan GRAVURE premium selection」

TVバンクから、新たなグラビアアプリが登場した。アプリの名は「Japan GRAVURE premium selection」。App Storeのエンターテイメントカテゴリーに、「Gravure PS」の名称で登録されている。価格は350円。
Gravure PSは、フォトグラファー山内順仁氏が撮り下ろした10人のモデルの美しいグラビア写真が楽しめるアプリ。モデルは大迫麗香、山内智恵、有川芳恵、瀬長奈津実、りりあん、渡辺万美、野本愛弓、川奈栞、井上舞妃子、一双麻希。

誰ひとりとして知らない・・・。

まあ、それはいいんですけど、これまでのグラビア週刊誌はこういう形式に移行するといいかもしれないなあ、と。新しい3.0用のアプリだとStore in storeの形式も構築できるみたいだし。

そういえば先日Book-Offにマンガ買いに行ったときに、ちょっとエロっぽい雑誌を買おうとレジに持って行った明らかに高校生とわかる丸刈りの男子が、年齢確認とかで身分証明書の提示を求められてたりあれこれ晒しものになった挙げ句に結局買うことができなかったというシーンを見て、がんばれ青年!と思いました。

Japan GRAVURE premium selection
icon

Apple Storeが今週末まで12回までローン分割金利0%キャンペーン

 

ボーナスが出なくても:あせるんじゃない、オレはMacが欲しいだけなんだ

Apple Storeが狙いすましたように救済キャンペーンを展開していることに気付いた。その名も「Appleローン分割金利0%キャンペーン」。実施期間は6月12日から6月21日まで、つまり今週末までだ。
Appleローン分割金利0%キャンペーンは、アップル直営店、またはオンラインのApple Storeで4万円以上の購入者を対象としたキャンペーンで、6回/10回/12回払いの場合は分割金利を0%で利用できるというもの。また、18回~24回払い時で3%、30回~36回払い時でも5%と、通常の9.5%に比べればかなりお得だ。

家で使っているPowerBook G4 17インチの調子がいまいち(なかなかブートしない)なのでOSをフレッシュインストールしようと思って昨日作業を開始したのですが、これが大失敗。

ソースメディアが壊れているとか、インストール先のディスクが壊れているとかもうわけわかんない理由で全然インストールできませんでした。まあ、ディスクはもう5年ぐらい使っているから気持ちはわからなくはないし、インストールに使っているDVDドライブもあれやこれやで過酷に使っているので身に覚えがない「いちゃもん」でもないわけですが・・・。

そんなわけでLeopardがだめならTigerならどうだ~!でTigerをインストールしてみたらこれが何の問題もなくインストールできてしまいました。

わーい、と喜びすかさすソフトウェア・アップデートして再起動してみると・・・これがまたちゃんとブートしない。いや、ブートするんだけど、ログインウィンドウが表示される段階でなんか起きている模様。

そんなわけでエラーメッセージ見てみると「loginwindow crashed」なんて出てて何度もトライしていた。

しかたないのでまたインストールしようと思ったんだけど、今度はCDから起動してくれない。

で、あれこれやってようやくoption+パワーキーの方法でCDから起動させることができ再インストールできました。今度は慎重にソフトウェア・アップデートしてなんとか無事動くようになりました。Tigerだけど。

そんなわけで、この分割手数料0%キャンペーンはとても魅力的なんだけど、まだ使えるから使い続けようと思いました。

Mac欲しいな、どうしようかな、って人はこのチャンスをお見逃し無く!

W3C,ソフトウェアの自動アップデートに関する特許でアップルへの対抗策を模索

 

W3C,ソフトウェアの自動アップデートに関する特許でアップルへの対抗策を模索

World Wide Web Consortium(W3C)は,Appleのソフトウェア自動アップデートに関する特許について,同社がこれを策定中のウェブ標準にロイヤリティフリーでライセンス供与することを拒否したため,対抗策を模索している。

Appleにも困ったもんだ。

以下の技術がAppleの特許として認められているそうです。

Appleが1995年に申請し,1998年に付与された特許は,申請書類で以下のように説明されている。「コンピュータ上で実行中のソフトウェアプログラムが,完全に自動化された形で新しいバージョンに置き換わる。この際,同プログラムの主要機能が中断されることはなく,コンピュータのユーザーに完全に見える形で行われる」

で、W3Cはウェブベースのアプリケーションを対象に,自動アップデートの方法を定義しようとしているんだけど、そこでこれに引っかかってしまう、と。

そんなわけで、この特許が申請された以前に同じような技術が存在していないかどうかを探しているそうです。先行技術の存在が確認されれば特許は無効になる可能性がありますからね。

相手がW3Cなんだから無償でライセンス提供すればいいのになあ、Apple。

iPhone OS 3.0のJailbreak用PwnageToolの開発はほぼ完了らしい

 

Dev-Team Blog - Big week!

Meanwhile, we're in the middle of testing our PwnageTool and QuickPwn tools, which will work with iTunes 8.2. The jailbreak of course continues to work on 3.0 for all devices it ever worked on, thanks due the Pwnage 2.0 technique released last summer. Our tools will be released no sooner than the Apple release (just in case!).

そんなわけで、iPhone OS 3.0のJailbreak用のPwnageToolの開発はほぼ完了しているようで、OS3.0がリリースされたらすぐにでもリリースされるようです。

この人達、ほんとすごいなあ。

↓2分飛ばしてから見ろ、と書いてありました。

アップデートでPalm Preでの利用を阻止?:Apple、「iTunesはApple製品専用のサービス」と強調

 

アップデートでPalm Preでの利用を阻止?:Apple、「iTunesはApple製品専用のサービス」と強調

米Palmは6月7日に発売した「Palm Pre」の"売り"の1つとして、iTunesとの同期が可能であることを挙げているが、近いうちにそれができなくなるかもしれない。Appleが6月 17日、サポートページに掲載した「iTunes: About unsupported third-party digital media players(非サポート対象のサードパーティー製音楽プレーヤーについて)」という記事でそう示唆している。

まあAppleからしてみたら、ちゃんとライセンス取得してから互換って言え、ってところなんでしょうね。

いろいろ考え方はあるかと思うけど、iTunesとの同期機能があるから、という理由で購入した人が将来iTunesの変更で同期が利用出来なくなったときのことを考えて事前にそのあたりの注意を促している、と考えると、これはこれで誠意的なんじゃないかと。別に何も事前コメントなしでいきなり非互換にすることもできるわけですからね。

まあ、Palm Pre側も単にiTunes Music Library.xmlファイルを読んだり書いたりしているだけなんじゃないかと思うんですが、このファイルがテキストからいきなりバイナリーになったらそりゃ困るよね。

新型MacBook ProのSDカードは本体からはみ出すそうな

 

この液晶は違う!:史上最安の「MacBook Pro」は本当に"Pro"か?

13インチMacBook Proは、MacBookのデザインをほぼそのまま踏襲しているため、一見すると代わり映えはしないが、外観上の違いとしてすぐに気付くのが左側面の端子構成だ。特にSDメモリーカードスロットはデジタルカメラなどと連携しやすく、喜んでいる人は多いだろう。

はい、喜んでいるひとりです。

で、喜んでいたのですが、

ただし、実際に使ってみて気になったのが、スロットに挿したカードが、ほぼ1センチほどが飛び出てしまう点だ。SDメモリーカードを挿したまま本体をカバンに入れたりすると、端子が破損してしまいそうで不安を感じるし、単純に見た目もあまりよくない。これはちょっと残念だ。

たしかに残念ですね。

普段は外部ストレージとして利用しつつ必要に応じてデジカメのSDカードと差し替えて使おう、なんて思っていたんで、このはみ出しは本当に残念です。

で、みんなが残念がらないと次のバージョンで修正されないと思いますので、みなさん思いっきり残念がりましょう。

このはみ出し、って13インチ版だけなのかな。だったらいいんだけど。Apple Storeにいってみようっと。

iPhoneアプリ「Inkiness」でのデザイナーによる作画のデモビデオ

 

Inkiness を動画でご紹介

さて、Inkiness って結局なにができるツールなの?という声に動画でお答えしてみたいと思います。ちょっとした技も織り交ぜつつ描いてみました。

先日、Inkinessを購入し実際に絵を描いてみたのですが、サンプルとはとても及ばない結果に一時は2008年度グッドデザイン賞受賞サイトWebデザイナーの肩書きを外そうかと思ったのですが、きっと慣れればなんとかなるのだろうということで、毎晩寝る前に「指立て伏せ」をしている今日この頃です。

さて、そんなわけでInkinessを開発している会社のデザイナーさんによるInkinessのデモがビデオで公開されました。

まあ、こういうのはツールの性能、よりも描き手の資質が99%だと思うのですが、このビデオの中で使われている「ちょっとした技」は目から鱗でした。なるほどなあ、発想の転換とうかこれは盲点だよな、って感じなので購入された方は是非チェックしてご自身のInkinessライフにご活用ください。

inkiness
icon


twitterに投稿もできるMac用のGoogle Quick Search Box

 

Official Google Mac Blog: Introducing Google Quick Search Box

Today, we're officially releasing this technology to all users as the Google Quick Search Box (or QSB for short).

GoogleによるQuickSilverみたいなもん、でしょうか。

リンク先ページでは「Cal」って入力するとインストールされているCalculatorアプリやGoogle検索、アドレス帳やら辞書を候補として表示しています。

これ、先日VAIO type PにXPをインストールしたときにGoogle Toolbarをインストールしたらインストールされたのと同じやつですね。そんなわけでWindows版もあるんですね。

プラグインで拡張することも可能で、例としてtwitterのプラグインを紹介しています。これを使うとTwitterにGoogle Quick Search Boxから投稿できるようになるみたいです。

Snow Leopard Serverは無制限ユーザで$499

 

Apple unveils Mac OS X Snow Leopard Server, cuts price in half

Best of all, Snow Leopard Server will cost $499 for unlimited users (a sharp reduction from Leopard Server's price of $999 unlimited, $499 for 10 users) and should be shipping at the same time OS X 10.6 is available to the rest of us.

クライアント版ばかりが取り上げられるMacOS X 10.6(Snow Leopard)ですが、サーバーの方も同時期にリリースされるようです。しかも値段は無制限ユーザで$499!

iCal Server 2はプッシュ通知をサポートし、iPhoneやWebからのアクセスも可能だし、VPNの設定も簡単で社外からの端末からのアクセスも容易に。

iPhoneを大量に配布している企業や大学はクライアントマネージャでプロファイルの配布も簡単にできるようになるので、管理が一層楽に。

でも、せっかくActiveSyncのIPライセンスを取得しているんだからカレンダーやメールクライアントに対してActiveSync経由でのアクセスも実現してあげればWindows Serverを駆逐できるのになあ。

ちなみにWindows Server 2008で何かサービスを動かそうとするとActive Directoryでの設定が必要になり、それを完了しても今度はWindows Server側の設定が必要になったりで相当、いやかなり、いやめちゃくちゃ面倒で、もうあの世界には関わり合いになりたくないと心から思っています。また使っている用語が全然わかんないし(涙

ちなみにSnow Leopard ServerはSMBファイルサーバーとしてのパフォーマンスが以前と比べ2.3倍向上しているそうです。Linuxわかんないや、でもWindows Serverは高いからなあ、なんて人はそれだけでも導入の価値があるかもですね。

Apple、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを9月に発売

 

Apple、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを9月に発売 ~シングルユーザで29ドルから

システム要求はIntelのCPUを搭載したMacで、メモリは1GB、空きディスク容量は5GB、DVDドライブとされている。従来のPowerPCへのサポートは打ち切られた。

まず29ドルという価格をものすごく評価したいですね。Vistaのバージョンアップ程度のWindows 7のアップグレード価格はいくらになるのかわからないけど。

Snow Leopardは、Leopardを基礎として何百もの改良を加えたという。また、Finder、Mail、iCal、iChat、そしてSafariなどのアプリケーションが64bitとなり高速化した。

64bit化とマルチスレッド対応が高速化にめちゃくちゃ貢献していますよね。

マルチスレッド化はずっとやりたかったみたいなんだけど、時間がとれなくて後回しになっていたようですが、今回じっくり作業できたことがきっと今後じわじわと効いてくると思います。特にCPUのメニーコア化は明らかですからね。

さらに、OSインストール後の容量も従来と比較して約半分となり、空き容量が最大6GB増加するという。

キーノートのビデオ見てたら「File System Compressionのおかげ」といっていたので、リソースを削ったというわけではないようです。古い機種、というよりSSDディスク使っててあまり容量に余裕がないような場合には有効ですね。

その他マイクロソフトのExchangeサーバーへの標準対応などが企業ユース的には大きいかと思います。メールやカレンダー、コンタクトなんかがサーバーと同期できますから。といっても日本でExchangeサーバーってどれぐらい使われているんでしょうかね。

残りの問題はActive-XとDRM付きのWMファイルの再生をどうするか、なんだろうなあ。
というかWindowsでしか見れないコンテンツをWebで公開している方が悪いんですけどね。

にしてもキーノートの中でBertrand SerletがWindows 7と比較して、「Windows 7でもまだDLLやレジストリ、そしてデフラグソフトを使っている」と揶揄していたのが印象的でした。

フェンリルのiPhone用メモアプリ「Inkiness」を試してみた

 

フェンリル、iPhone用メモアプリ「Inkiness」を発売

フェンリルは6月8日、iPhone/iPod touch向けに手書きでメモを取れるアプリケーション「Inkiness」を発売した。価格は350円。
Inkinessはタッチパネルを指でなぞってメモや絵を描くためのアプリケーション。電話中や打ち合わせのメモ取りなどの用途を想定しているという。

フェンリルにはSleipnirその他もろもろでお世話になっているのでダウンロードして試してみました。

とりあえずお手本としてリンク先に掲載されていた絵と数式にトライ。

お手本↓

ではまずカラスです。これが私が描いたカラス。

いやー!こんなはずじゃなかったのに!
まあ、この手のツールはアプリそのものよりも書き手の資質による部分がほとんとですからね。絵が情けない結果になったその原因のほとんどは私にあるとして、実際に使ってみた問題点&感想&要望です。

1.Undoがない
もうね、一発勝負なわけですよ。線がちょっとはみ出しちゃうともうおしまいです。これはきつい。私はハムスターみたいに精神的にとても弱いのでこの緊張感は耐えられません。

で、それに関連して

2.消しゴムツールがない
カラスの目の回りを塗る時はもう緊張しまくりです。ニトログリセリンを生成するとき以上に緊張します(やったことないけど)。消しゴムがあれば適当に塗って目の部分だけ消したり書き加えたりできるのに!

3.線の細さが1種類しかない。
細いやつが1つしかないんですよ。なので塗りつぶすのがたいへん。しかも、適当に塗ってると線がはみ出しちゃってundoできないし。

4.指で押しているところとカーソルが表示される場所(描画される場所)が違う。
指で押さえたところにカーソルがあると指でカーソルが隠れちゃって見えなくなるよね、ってのはわかるんですが、押さえた場所とカーソルが表示される場所の位置関係を体で把握するのが結構たいへん。このあたりはキャリブレーション調整機能が欲しいところ。

で、「4」の欠点が如実に出たのが数式を試してみた結果のこれ。

思ったところに数字が書けなかったり、指で前書いたやつが隠れちゃうんでそれを避けて書くと右肩上がりなんかになっちゃう。

今後のバージョンアップでは、アンドゥ、黒以外のインク、iPhoneのカメラロールへの保存、メールへの添付などに対応する予定だ。

undoは確かに欲しいんですが、インクの多色化は後でもいいし、カメラロールへの保存はホームボタン+電源ボタンでスクリーンショット撮れるんでそれも後でいいし、メールの添付もカメラロールから添付できるんで、とにかく、消しゴムとか線種の充実、キャリブレーション調整機能を優先して欲しいな、と思いました。

にしてもこれで350円というのは正直すごいな、と思いました。

バージョンアップに期待します。

Inkiness

iPodの標準イヤフォンをカナル型に変換する「コンプライ Whoomp!(ウォンプ!」

 

iPodの標準イヤフォンをカナル型に変換する、というアダプタを買ってみました。

ipod-earphone-20090606.jpg

1500円という微妙な値段なんですけど、「低反発ポリウレタンComply使用であなたのiPod/iPhoneが生まれ変わる!」というキャッチコピーに引かれて買ってしまったわけです。「音を集約し耳に流し込むことで、低音量でも豊かな音質が得られます」ってのにもやられました。

これ、単なるアダプタでイヤホンに被せるだけなんですけど、音は変わったのか変わらないのかよくわかりません。

ただ、カナル型じゃないというだけで標準イヤホンを使わなかったので、これでマイク付きのiPhoneに付属のイヤホンも使えそうです。

コンプライ Whoomp!(ウォンプ!)    イヤホンエンハンサー(1ペア) コンプライ Whoomp!(ウォンプ!) イヤホンエンハンサー(1ペア)

3000曲を無制限に再生できるiPhone向けカラオケアプリ「UTAMO」

 

3000曲を無制限に再生できるiPhone向けカラオケアプリ「UTAMO」

フェイスの子会社ブレイブは4日、iPhoneおよびiPod touch(第2世代)向けのカラオケアプリケーション「UTAMO(ウタモ)」を発売した。価格は800円で、App Storeからダウンロードできる。
楽曲は「UTAMO」用に開発した約3000の楽曲データベースから無制限で選択できる。

これ、日本にいる人より海外にいる人で日本の歌を歌いたい人にはとてもよいですね。

ヘッドフォンして音が外に聞こえない状態で大声で歌ってる姿は他人には見せられないだろうなあ。

動作OSはiPhone OS 2.2.1以降。今後は新曲を追加し、配信楽曲数を約2万曲まで増やす予定という。新曲の有料配信も検討中だが、サービス開始当初は新曲を無料提供する。

月額○○円で歌い放題、みたいな感じにはならないんでしょうか。すごいな。
でも古い曲ばっかりだったらやだな。東方神起を練習したい!

で、サイトにアクセスしてみると、

iPhone,iPodTouch(第2世代)対応 カラオケアプリ「UTAMO(ウタモ)」最新ヒット曲から懐メロ、アニメソング、ギターコードカラオケまで、ご利用いただけます!

おお、ギターコードまで表示されるのか!

カラオケのクオリティが知りたいのでサンプルが聴けるといいんだけど、聴けないようでした。

プレアデス、Macでも使えるDVI対応USBディスプレイアダプタ

 

プレアデス、Macでも使えるDVI対応USBディスプレイアダプタ ~HDMI/ミニD-Sub15ピン用アダプタ付き

プレアデスシステムデザイン株式会社は、Other World Computing製のDVI対応USBディスプレイアダプタ「OWC USB 2.0 DVI/HDMI/VGA Display Adapter」を発売した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12,800円前後の見込み。

USBポートを使って外部モニタを使えるようにするアダプタです。

これ、1つ持っていると何かの時に便利かもしれないなあ。

「Macでも使える」ということでもちろんWindowsでも利用できます。

ただ写真見ると結構大きそうなのでメーカーの商品ページを見たのですが、こちらにサイズに関する情報は掲載されていませんでした。

ひっそりと10万8800円:「MacBook White」がCPUとHDDを強化し、さらに安く

 

ひっそりと10万8800円:「MacBook White」がCPUとHDDを強化し、さらに安く

主な変更点を挙げると、Core 2 Duoのクロックが2GHzから2.16GHzに高速化され、HDD容量が120Gバイトから160Gバイトへと増量、メモリクロックも667MHzから 800MHzに引き上げられている。一方、価格は11万4800円から10万8800円と6000円ほど安くなり、さらにコストパフォーマンスが向上した。

今回のパフォーマンスアップ、値下げで「MacBook White」の魅力がとても増しました。

ほとんど同じような仕様でアルミニウムのMacBookが148000円と4万円違うと、気持ちはクールなアルミニウムのユニボディが欲しくても、いざお店で買う段になるとふらふらと「MacBook White」の方を買ってしまうかもしれません。

しかし安くなったなあ。

私が最初に買ったCore DuoのMacBookの黒いやつって18万円ぐらいしたような思い出が・・・。2006年5月発売、だからもう3年たったのかあ。

ちなみにこの黒いMacBookはポッドキャスト作成したりと家での私のメイン作業マシンとなっています。買った当初はエンコーディングのスピードに感激したんだけど、今はもっと速くなっているんだろうなあ。

CodaやtransmitといったMac用のソフトで有名なPanic社が50%オフのセール

 

CodaやtransmitというMac用のソフトで有名なPanic社が50%オフのセールをやっています。

https://www.panic.com/sale/

panic-20090528.jpg

Prices are only valid from 12:01 AM PST May 27th to 11:59 PM PST May 29th.

ということで米国時間で5月27日12時から29日の夜の11時59分ということで、今までデモ版使ったことあるけど値段がね、なんて人はこの機会に購入しているといいかと思います。

そんな私もCodaを買いました。

CodaやTransmit、そしてCandyBarやUnisonなんかが半額対象になっています。

USB 3.0とCore 2 QuadとMacBook Proと

 

現段階で毎秒200Mバイト USB 3.0、2010年早期に市場登場

USB-IFによると、USB 3.0は2010年の早い段階には市場投入できるという。現段階でのデモで毎秒200Mバイトのスループットが出ている。

USB 3.0は2010年の早い時期に出るようです。

で、昨日ギズモードでQuad Core CPU搭載のMacBook Proの予想記事が出ててそれを読んだわけですが、

MacBook Pro、インテルの最新クアッドコアプラットフォーム「Calpella」搭載で新モデル発表間近!

ノートPC向けNehalem(Core i7)ベースの最新プラットフォーム「Calpella」には、Core 2 Quad P1(1.6GHz)、Core 2 Quad P2(1.73GHz)、Core 2 Extreme XE(2.0GHz)の3モデルのチップが採用され、9月にも搭載製品が登場する可能性が高いんだとか。例によって、アップルが先陣を切って採用してくるとすると、やはり9月に「MacBook Pro」新モデルの発表があると見るのが妥当と指摘されてますよ。

メニーコアなCPUに対応するSnow LeopardだったらやっぱりQuad Coreマシンだよね、ということで9月を楽しみにしたんですが、USB 3.0が2010年ということで、もしかしてこれも待った方がいいんじゃないか、という気になってきました。

とりあえず6年目に突入したPowerBook G4はまだ無事に動いているので、あと1年ぐらいは持ちそうなんで気長に待てるのが幸いです。

あとはBDドライブだなあ。Core 2 Quad、USB3.0、BDドライブってのが今の私の購入ポイントでしょうか。

iPhone、パスコードを設定したら「データを消去」の設定も。

 

【春のiPhone特集(3)】GmailやOutlookも自由自在! iPhone"ビジネス活用"虎の巻

iPhoneを活用するための特集記事です。普段使ってて知っていることも多いのですが、いくつか、「なるほど」と思わせてくれるものもあったので読んで損はないかと思います。

その中に1つにiPhoneにパスコードを設定して、10回入力に失敗したらデータを消去させることについて書かれていました。

もしパスコードを設定するなら、「データを消去」設定をONにしておき、パスコード入力を10回以上失敗したらiPhoneからすべてのデータが消去されるようにしておこう。もしデータが消去されたとしても、iTunesとの同期時に毎回バックアップを行っているならば簡単に復旧できる。「データを消去」をONにしてもそれほど負担にはならないはずだ。

iPhoneの「設定」→「一般」から設定できる「パスコード」でこの設定を行うことができます。

確かに音楽やらアプリはiTunesにあるし、MobileMe使ってたらいろんなデータはMobileMeにもバックアップされていますからね。

落としてパスコード破られて中身見られるんだったらこの設定にしておいてもいいかもしれません。でも普段いちいちパスコードを入力するのが面倒、っていうのは確かにありますけどね。

法人だったらマイクロソフトのExchangeを使って「リモート消去」というのも使えるようです。いえ、個人でExchange使っててもできるんですけどね。私はできるだけExchangeには関わりあいたくないと思っております。

「Mac OS X 10.5.7」にアップデートの途中で青くなった、の巻

 

「Mac OS X 10.5.7」公開、計46項目のセキュリティ修正

アップルは12日、Mac OS X 10.5(Leopard)の最新版となる「Mac OS X 10.5.7」を公開した。

今日、会社のMacBook Airを10.5.7にアップデートしたんですよ。

「ソフトウェア・アップデート」からアップデートさせると「再起動」ボタンが表示されるんで、いつものごとくそれをクリックしたわけです。

そっから画面が終了するときの画面に切り替わり、あの花の花びらがぐるぐる回るアイコンに変わるわけですが・・・これが途中で回転がストップしやがった!

うっ、と思いつつもまあしばらくするとどうにかなるんだろう、と思いそのまま放置していたわけですが・・・いっこうに回転が再開しません。

ぐわ!アップデート失敗によるOS再インストールか!とかなり慌てました。

そこですかさず、PEOPLEの「ApplePeople」を見てみました。

が、アップデートで失敗した人はいないようです。

なるほど、失敗例はないんだね、ってことでもう少し我慢してみることにしました。

す、するとその後しばらくして回転が再開し、インストールの進行を示すプログレッシブバーが表示され無事アップデートは終了しました。

いやー、回転が止まったときに勝手に再起動とかしなくてよかったですよ。

ApplePeople」ありがとう。

フル3Dの"バイオ"がiPhoneに──「バイオハザード ディジェネレーション」

 

App Town ゲーム:フル3Dの"バイオ"がiPhoneに──「バイオハザード ディジェネレーション」

カプコンが5月12日、iPhone・iPod touch向けゲーム「バイオハザード ディジェネレーション」の配信を開始した。フルCGの長編映画「biohazard: DEGENERATION」の世界がゲームで体験できる。

PS3版「バイオハザード5」現在3周目の私がやってきましたよ。

基本的な操作は画面上に用意されたボタンにタッチして行う。ゲームは通常状態と武器を構えた状態を適宜切り替えながら進める。弾の充填や、つかみかかってくる敵からの脱出をする際には、iPhoneやiPod touch本体を振るという、独特の操作体系も取り入れている。

ゲーム中に本体を振ると勢いあまって吹っ飛ばしそうで怖いなw

800円だそうです。まあ、順当な値段ですね。買うんだろうな、俺。

昨日「MACお宝鑑定団 」のDanboさんに会った時に「App Storeからダウンロードしたアプリが1000を超えて収集がつかなくなってきた」といっていたんですが、1000以上あるとアップデートだけでもたいへんだろうなあ、と思いました。

バイオハザード5 バイオハザード5

ピクセラ、Mac初のUSBデジタル3波チューナユニット -AV Watch

 

ピクセラ、Mac初のUSBデジタル3波チューナユニット -AV Watch

株式会社ピクセラは、業界初というMacintosh用の地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナユニット「CaptyTV Hi-Vision」(PIX-DT181-PU0)を6月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22,800円前後の見込み。対応OSはMac OS X 10.5.6以降で、10.6にはアップデートで対応予定。

バスパワーで動くそうです。余計に電源必要としないのはいいですね。

MacBookやiMacなど、ディスプレイ一体型モデルで放送がハイビジョン表示できるほか、Macでは初めてアナログRGB出力にも対応。アナログ RGB出力時は解像度が960×540ドットに制限されるが、Mac miniなどディスプレイが独立したMacでも利用できるようになった。

デジタルコンテンツ保護のためにDVIやMicro-DVI、Display Port出力には非対応だそうです。そのかわりMacでは初めてアナログRGB出力ができるそうです。

Apple Remoteからの操作も可能なほか、iPhone 3Gや携帯電話などからの遠隔予約録画にも対応。

ほうほう。

で、ニュースリリースのページを見るとさらに詳しい情報が書いてあって、対応機種が

Intel® Core™ Duo および Intel® Core™ 2 Duo に対応したCPUとUSB2.0ポート標準搭載のMac

となっています。これは嬉しい。相当うっれしー!

なんで嬉しいかというと、これまであったMac用の地デジチューナーユニットってどれもCore™ 2 Duo対応ばかりでCore Duo対応のものがなかったからです。

うちのリビングにあるiMacはCore 2 Duoなんですが、そこにはテレビがあるんで地デジチューナーは必要ないんです。で、私の部屋にあるMacBook(黒)はCore Duoなのでこれでテレビ見たいな、と常々思っていたわけです。

6月上旬発売、とのことなのでとりあえず買った人の評価読んでみてから買う買わないを決めたいと思います。

つうかこうなるとBDドライブ搭載のMacBookなんかをやっぱり期待しちゃうな。

アドバンスト・メディア、音声でメール作成できるiPhone用アプリ

 

アドバンスト・メディア、音声でメール作成できるiPhone用アプリ

アドバンスト・メディアは28日、音声でメール作成が可能なiPhone用アプリケーション「音声認識メールVer0.9」を公開した。利用は無料で、AppStoreからダウンロードできる。

iPhone用の無料アプリなので昨日ダウンロードして試してみました。

概ね良好に認識するようです。
でも私の場合「東京都」というのが「東京」までは認識されるんだけど「都」が「うと」とか「とお」とか認識されちゃっていくらがんばってもだめでした。

で、しゃべると文節に区切られた単語が表示され、文節ごとに候補が表示されるというUIなわけですが、しゃべった後に選んだり訂正したりって手間を考えると普通にキーボードとかフリックで入力した方が速いし正確、というのが皮肉的です。

「辞書登録Lite」ってアプリ入れておくと単語辞書登録できるので「お」って入れると「お世話になります。」って一発で変換できるようになるので私の場合はこっちの方が効率的かなあ。

なのでこの音声認識エンジンを使って「音声でメール作成」じゃない用途が見つかると、いいんじゃないかなあ、と思いました。

でも「音声認識一発バトル!」と称して、指定されたテキストをしゃべってどっちが一発で認識されるか、っていゲームを子供とやったんですが、その誤認識ぶりに結構楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。

いや、名誉のために書いて置くと、非常に認識率は高いです。素晴らしいです。
でも正式版がお試し版なしのいきなり有料版だけ、だったら多分買わないですね。

ま、今は無料なので皆さん、ダウンロードして体験してみるとよいかと思います。

iPodからMacへのバックアップソフトxPort が100円セール

 

xPort - iPodからMacへバックアップ

さらに、万が一のサッドMac(Macの故障)出現やiPodの盗難・紛失・故障に備えて、データのみを安全な場所に保存・バックアップしたいときにもこのソフトは力を発揮します。 xPortはiPodバックアップを外付けハードディスクにもコピーすることができます。

4月28日17時から29時24時まで100円だそうです。あ、Mac版ですのでWindowsの人は関係ない話です。

ご参考までに書いておくと私はこのxPortを使ったことがありませんので「100円」がお得mなのかそうじゃないのかはわかりません。

以上、FYIでした。

STUSSYのiPhone用ジャケット

 

Pop Shout Air Jacket for iPhone 3G by Power Support

硬度がありながらも曲げに強いポリカーボネート製で一般的な樹 脂製ジャケットとは一線を画す高品質、高機能なオリジナル iPhoneケースが登場。iPhoneの微妙なカーブをきっちりとトレースしたプロダクトデザインは精度の高い技術ならでは。マットな質感のラバーコーティングブラックに施された同色の"POP SHOUT"パターンにWorld Tourロゴが鎮座する堂々たる面構え。

「POP SHOUT"パターン」ってアメリカンコミックの吹き出しのようなギザギザなやつをテキスタイル柄にしたやつのことをいうんですね。

で、そういう柄を配したSTUSSYのiPhone用ジャケットなんですが、柄は目立たず実にクールな仕上がりに。

stussy-20090427.gif

4月24日発売で4480円だそうです。

iPhoneアプリ「30min.」がアップデート、グルメブロガーのお薦め店舗を検索可能に

 

iPhoneアプリ「30min.」がアップデート、グルメブロガーのお薦め店舗を検索可能に

iPhone/iPod touch向けアプリケーション「30min.おでかけ」が4月18日にアップデートし、「駅探エクスプレス」との連携機能などを実装した。App Storeから無料でダウンロードできる。

iPhoneにインストールしておくと何かと便利な「30min.」がバージョンアップしたようです。私も知らない土地に行った時などにとりあえず起動して情報収集に利用しています。

今回のバージョンアップでは以下の項目が強化されているようです。

(1)「駅探エクスプレス」との連携
ショッピングモールや店舗の地図ページから、iPhone / iPod touch版「駅探エ
クスプレス」を直接起動して、気になるスポットへの乗り換え経路をすぐに検索
可能。

(2)大幅な機能追加
・グルメスポット、ショッピングモールの新店検索
オープンしたばかりのグルメスポットやショッピングモールがチェック可能に。ショッピングモールは周辺エリアに限らず、地方単位(関東地
方など)で閲覧できるため、おでかけの事前チェックなどにも利用可能。

・達人ブロガーのおすすめグルメスポット検索
30min.の登録ブロガーが過去に訪問したお店の中から、グルメスポットを探せる
ように。これにより、周辺エリアに詳しいブロガーや、ハンバーガー
など特定のジャンルに強いブロガーがおすすめするお店の中からグルメスポット
を探せるようになった。

・ブックマーク登録
気になるスポットをブックマーク登録して、いつでもチェック可能。

(3)対応エリアの拡大
関東地方に加えて、大阪、京都、兵庫、愛知、福岡で利用可能に。

無料のアプリなのでインストールしていない人は是非どうぞ。

iPhoneのカメラで4倍ズームを実現する「Camera Zoom」

 

Camera Zoom

iPhoneのカメラで4倍ズームを実現するアプリケーションです。

camera-zoom-20090420.gif

- Up to 4x digital zoom - Adjusts photo to best quality automatically - Built-in camera roll photos preview - Customize zoom slider's position - Fullscreen shutter (optional, tap anywhere to take pictures) - Ask before saving a photo (optional)

ほんまかいな?と思いつつ$0.99だったので買ってみました。

おお、確かにズームできる!

で、手ぶれが気になったんですがソフト紹介のページのコメントを読んだらアプリの設定が面で設定をすべてONにしろ、と書いてあったのでそのようにしてみました。とりあえず画像の荒さはなくなったものの手ぶれはどうしようもないみたいね。

そんなわけで手ぶれしてもOKみたいな被写体だったら使えるかな。

ちなみに私のiPhoneだと撮影後にハングアップしたんじゃないかってぐらい動かなくなるんで、ちょっと不安なアプリではあります。

Camera Zoom
icon

Apple Store銀座でフォトコンテスト

 

アップル - Apple Store - iPhone フォトコンテスト

Apple Store, Ginzaでは、2009年5月10日(日)1:00 p.m.より、iPhone フォトコンテストを開催します。 参加いただく為には事前のご登録が必要となります。メニューから必要事項をご登録ください。優勝者には、素敵なプレゼントをご用意しています。

Webからエントリーするのかな、と思ったら5月10日の銀座のApple Storeに撮った写真を持って行く(iPhone持ち込み可)んですね。

素敵なプレゼント、というのがTシャツだったら鬱だなあ、と思いつつ、日頃からiPhoneで写真を撮っている人で銀座に行ける人は応募してみてはいかがでしょうか?

プリンス仕様の限定iPod、価格は2100ドル

 

プリンス仕様の限定iPod、価格は2100ドル

世界で950台限定のプリンス仕様iPodが発売される。価格は2100ドルだ。

プリンスのファンは悩ましいんだろうなあ。
というか私も悩ましい。

プリンス仕様の限定モデル「Prince Opus iPod」は、2007年のロンドンのO2アリーナ公演のビデオ40分と、ライブアルバム「Indigo Nights」のサウンドトラック15曲が収録されている。

日本円で約21万円ぐらいってことで、適当なノートPC1台分ぐらいの価格なんで買えないことはない値段なんで、ファンの方はもんもんとするよりは「申し込んだがゲットできるのか!」の方が心配なのかもしれないですね。

http://www.princeopus.com/

iPhoneアプリ開発者は「愛」故に負けるのか?というeWeekの記事

 

iPhoneアプリ開発者は「愛」故に負けるのか?

あまりに多くの携帯アプリ開発者がiPhoneに夢中で、ほかのモバイルストアには目もくれていない。だが熱愛のあまり、「iPhoneの市場シェアは0.9%」という現実が見えていないのではないだろうか。

ITmediaに掲載された米国eWeekの翻訳記事。相変わらずくだらなくておもしろい。

概要は、「iPhoneなんて0.9%のシェアしかないのになんでみんなその上のアプリ開発ばっかりやってんの?Nokiaは38.6%もシェアがあってApp Storeと同じようなOvi Storeもあるんだよ」というものです。

でも、いちおうiPhone開発者への理解も一応示していて、

多くの開発者がiPhoneに夢中になっているのは、マルチタッチ、モーションセンサー、ディスプレイサイズなど、エキサイティングなアプリ作りに生かせる面白い特徴がたくさんあるからだろう。だが、ただ働きをするわけにはいかない。お金をもうける必要がある。iPhone 3.0で追加されるアプリケーション内購入機能で収益を上げるのは簡単になりそうだ。

といっているんですが、Nokia上のアプリの開発って「楽しくない」「どちらかといえば苦痛」「できれば関わりあいたくない」「同じNokiaでも型番が違えば互換性がなくなるんでテストが地獄」「サポートしなきゃいけないデバイスが多すぎてそのコストがばかにならない」と感じる人が多いっていうポイントも示して欲しかったなあ、と思います。

先日の宮本茂のDSとケータイ電話の話と同じで、iPhoneはアーキテクチャだけど、Nokiaはアーキテクチャじゃないんだよね。

シェアは今は0.9%しかないかもしれなけど、自分達が開発したアプリによってそのシェアが上がっていけばいいな、と思う開発者もいるわけで、それに目先のシェアに目を奪われてもいけないよ、数年先を見越して投資しなきゃ、って話もできるわけで。

アップル - iTunes - 10億Appカウントダウン

 

アップル - iTunes - 10億Appカウントダウン

これまでに、世界中で約10億ものアプリケーションがダウンロードされました。あなたもアプリケーションをダウンロードすると、10,000ドル分のiTunesカード、iPod touch、Time Capsule、MacBook Proが当たるチャンスが手に入ります。iTunes Storeにアクセスし、App Storeをチェックして、とっておきのアプリケーションをダウンロードしましょう。アップルより感謝を込めて。

というわけで、現在9億4千万のダウンロード数なんですが、10億達成するまでになんかアプリをダウンロードしておくと、いろいろ当たるようです。

そんなわけで、いつかダウンロードしようと思っていた「Backgrounds」をダウンロードしてみました。無料だし。

iPhone/iPod touch持っている人はとりあえずなんかダウンロードしておくとよいかもしれません。

にしてもリンク先のAppleのページのカウンタ、これFlashじゃなくてJavaScriptで実現しているわけで、すごいもんですね。ちゃんと数字が床に反射しているし。ソース見るといろんなことやってるなあ。

iPhone用のPalm Preのスキン(テーマ)

 

[Release] Palm Pre

Here's a Palm Pre theme. As far as I know, it's the first Pre theme for iPhone. So far there's 29 icons, but I plan on adding more. The icons are editable PNGs so you can modify them however you want.

Jailbreakっぽいことしないとインストールできないやつです。

こうやってみてるとiPhoneデフォルトの方がいいな、と思うのですが、実際にPalm pre上だとこっちの方がしっくりくるんでしょうね。

iPhoneアプリの作り方講座、スタンフォード大学が無償公開

 

iPhoneアプリの作り方講座、スタンフォード大学が無償公開

米スタンフォード大学は4月1日、iPhoneおよびiPod touch向けアプリケーションの作り方を説明する講座をオンラインで無償公開することを明らかにした。

日本の大学でもやればいいのになあ。

というかですね、もっと大学の授業は講義の模様を公開するべきですね。

日本の受験システムの現状だと、単に偏差値との兼ね合いで志望校が決まり、合格し入学し卒業していくわけなんですが、理想的には「○○先生の元で○○を勉強したい」だと思うわけですよ。

なんだけど、この○○先生ってのは本書いたり学会にはよく登場するかもしれないけれど一般の人に前に登場する機会があまりなく、あったとしても一般人相手の話だと、話の内容を租借しすぎるほど租借して話すのであまりおもしろくなかったりします。

これがもし授業内容がそのまんま公開されていたりすると、自分にとっての「師」を見つけ易くなると思うんですよ。

まあそこまでして大学選びをする人もそれほど多くはないと思うのですが、「この先生に学びたい」という気持ちは偏差値上昇のモチベーションにもなるかと思うので、じわじわとそういうふうになればいいなあ、と思います。

でもきっと公開されたら困る先生が多いんだろうなw

S・ジョブズ氏人形、Podbrixから発売

 

フォトレポート: S・ジョブズ氏人形、Podbrixから発売

非公認のSteve Jobs氏人形がPodbrixから発売された。

全然似てないw

スティーブ・ジョブズというよりは志村けん、だなあ。
アメリカ人はこれみて「Wow! This is insanely great!」っていうのかなあ。

27.99ドルだそうです。

jailbreakなしでiPhoneにアプリインストールを可能にする「InstallerApp」

 

Ripdev: The iPhone Authority

jailbreakすることなくApp Store以外のアプリをiPhoneにインストールさせることができるその名も「InstallerApp」というのがありました。

InstallerApp is a native Mac OS X application (soon -- for Windows too) that allows you easily download applications from Installer and Cydia directly onto your computer, and install them to the iPhone connected with USB cable.

Windows版はまだなく、現在はMac版のみだそうです。

どんな感じなのかはまだダウンロードして試していないのでわかりませんが、だめならだめで「そういうもんか」って感じで諦められるぐらいのもんなのかなあ。

そんなわけで人柱求む。

オープンソースなiPhone用UIライブラリ「Three20」

 

The Three20 Project

iPhoneの開発者向け情報です。

オープンソースなiPhone用UIライブラリ「Three20」が公開されました。

写真ビューアで使える「TTPhotoViewController」ファイルとかイメージビューア用コントローラ、テーブルビュー、メッセージコントローラなどあると便利なクラスファイルがgithub上で公開されています。

ただし、バージョン的には「アルファ」の扱いなので、利用には注意が必要なんですが、このライブラリを参考にして自分で作ってしまう、というのもアリなのではなかと思われます。5月ぐらいに固まるそうですが。

がんばってください。

「iPhoneでゲーム!」は起死回生策にはならないと思うけど、興味はもってもらえるかも。

 

「iPhoneでゲーム!」は起死回生策となるか ー 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

アップルが、iPhoneおよびiPod touchのマーケティングプロモーションで新たな一歩を踏み出した。

 それは、ゲームマシンとしてのiPhoneおよびiPod touchの利用促進である。

ということで、PC Watchに掲載された大河原克行さんの記事なのですが、個人的にはiPhoneおよびiPod touchをゲームマシンとしてアピールするとやばいんじゃなかと思っています。

だって、落としたら壊れるじゃん。

三連休初日となった3月20日、東京・渋谷の「ヤマダ電機LABI渋谷」では、1階入口において、iPod touchを活用したゲームソフトの紹介イベント「iPod touchがゲーム機に!?~ゲームアプリ体験イベント」を行なった。(中略)女性やカップルのほか、家族連れで訪れた子供たちが、iPod touchを手に持ち、ゲームをプレイしていた。

Nintendo DSがよくできているなあ、と思うのは、子供のあのラフな扱いを想定した作りになっているという点です。落としても壊れないわけですよ。

iPhoneなんてポケットに入れててちょっと力加えるとすぐに液晶が割れちゃいそうじゃないですか。うちのもこの前間違って落としちゃったんだけど、SIMカードが入っていないメッセージが表示され使えなくなってしまい、ちょっといやな汗をかきました(その後なぜか無事復帰)。

あと、やっぱりゲーム機として訴求していくにはあのタッチインタフェースだけ、ってのは弱いですよね。Aボタン連打!みたいなのやってると、連打しているうちにAボタンの位置から指がずれてってやられちゃうし。DSの場合はタッチもあるけど十時キーもA,Bボタンもあって、場面ごとに開発者が使い分けることができるわけですし。

まあ、パズル系、というか落ち着いてじっくりやるタイプのゲームだったらいいんですけどね。

でも、今のiPhoneのCMがまさに「ゲーム」をアピールしているんで、それをきっかけに興味を持ってくれる人がいれば、それはそれでいいかもしれません。

「iPhone OS 3.0」ベータ版を開発者向けに公開、正式版は夏ごろ

 

「iPhone OS 3.0」ベータ版を開発者向けに公開、正式版は夏ごろ

米Appleは17日、iPhoneの次世代版OSとなる「iPhone OS 3.0」のベータ版を開発者向けに公開するとともに、一般に向けて新機能などの概要を発表した。

開発者向け公開、ということで正式公開の夏までにアプリケーション作ってね、って感じのやつですね。

この新バージョン用のSDK(ソフトウェア開発キット)には、新たに1000を超えるAPIが用意された。

きゃー素敵!じゃなくて1000以上もあるのかよ・・・ってところでしょうか。どんなものが追加された・利用できるのかを調べるだけでもいやになってくるよねえ。

さらにOSが提供する機能としては、カットとコピー&ペースト機能がアプリケーション内外で利用できるようになったこと、MMSのサポート、ランドスケート(横向き画面)を使ったメール、テキスト、ノートの編集、ステレオBluetooth、ノート内容のMac/PCへのシンクロ、公共無線LANスポットへの自動ログインなど、100を超える新機能が用意されている。

どれも最初からやっておけよ、っていうレベルのものばかりで、逆を言えばこれでようやくまともになるわけですね。ステレオBluetoothなんてiPod機能搭載しているにもかかわらずこれまでできなかったってのが全く信じられません。横向き画面メールもOS 3.0までは出てこない、というわけだから、リリースされるまではibisMailなんかを使っておく、というのもいいかもしれません。というか、ibisMail買ったし。

なんにしても夏頃にOSが新しくなる、ということでちょうど購入してから1年ぐらいなので残りの1年はこれで気分一新で使うことができそうです。こういうのがiPhoneの嬉しいところですね。

DiggのKevin RoseがiPhone OS 3.0でコピー&ペーストが実現、と語る

 

Kevin Rose announces Copy + Paste on iPhone OS 3.0

Kevin Rose annouced that Copy + Paste functionality WILL be available in iPhone OS 3.0 - to be released on March 17th, 2009.

なんでDiggのKevin RoseからiPhone OS 3.0でコピー&ペーストが実装されるという話が出てくるのかよくわかんないんですが、まあきっとこれは実装されるでしょうね。

しかし、リンク先のこのビデオ、やかましいったらありゃしない。

iPhone Software 3.0 will also have all the features that the Palm Pre has that made it more attractive than the iPhone.

Palm Preの機能は全部実装しちゃうよ、ってなわけでiPhone OS 3.0の期待は高まるばかりですが、iPhone OS 3.0の発表会場でで「コピー&ペーストをサポートしたぜ!」って発表したらいつ鳴り止むともしれぬ割れんばかりの拍手とともに会場総立ちしたら笑うな。

明日起きたらどうなっているかが楽しみです。

iPhoneで実写の寿司さばきを堪能、"言霊"の占いも――「江戸前 寿し占」

 

iPhoneで実写の寿司さばきを堪能、"言霊"の占いも――「江戸前 寿し占」

「江戸前寿し占」は、寿司をテーマにした占いアプリ。仕事運、健康運、金運、恋愛運から運勢と選択して自分の席を選ぶと、江戸前寿し屋の大将が寿司を握りながら運勢を占ってくれる。寿司ネタは全70種類あり、いずれも日本の寿司職人がこのアプリのために握ったもの。寿司を握る手さばきは実写ムービーで再生され、魚の名前の漢字表記や英語表記などもチェックできる。

アプリのサイトにアクセスすると英語バリバリになっているので、海外マーケットを狙っているんでしょうね。

サブコピーとして「Don't think about it,taste sushi with your tongue!」って書いてあるんですが、ここはStar Wars的にシンプルに「Don't think,taste it!」だけでいいような気がします。

YouTubeにプロモーションビデオが掲載されているのですが、正直どんなアプリなのか全然わからないものの、iPhoneアプリでこれだけのPVを作っちゃうってどんだけーって感じです。

外人さん接待が多い人なんかはお寿司やさんに連れて行ったときにこのアプリ使って寿司ネタを選ばせたりすると楽しいかもしれないですね。

個人的にはこの「寿司占い」アプリよりも先ほどの掲載サイトに掲載されていた別アプリの杉本有美のソリティアゲームの方が惹かれますが。


Apple、「iPhone 3.0」ソフトを3月17日に発表

 

Apple、「iPhone 3.0」ソフトを3月17日に発表

米Appleが、3月17日にiPhone向け新ソフトを披露するイベントを行うことを明らかにした。同社は12日に送付した電子メールによる招待状で、「iPhone 3.0」と、サードパーティーがiPhone向けアプリを作るのに使う新しい開発キットの情報の一部を披露すると述べている。

いきなりですね。

iPhone系のアップデートは6月までないかと思っていたんですが、6月のWWDCはSnow Leopardに集中するってことなんでしょうね。

にしても、3.0とメジャーリリースナンバーの更新ですからね。基本的には大幅な変更が行われると思うのですが、いったいどんな方向で強化されるのか想像できません。

きっとAndroid見てインスパイアされたものなんかが追加されるんでしょうね。Windows Mobile 6.5見てインスパイアされたものを実装するには時間なさすぎですから。

jailbreakチームも休む暇なしだな。

iPhone/iPod touch用地下鉄ナビアプリ 「Presselite」

 

世界中の地下鉄乗りに贈る、iPhone/iPod touch用地下鉄ナビアプリ

「Presselite」から、iPhone/iPod touch用アプリの地下鉄案内アプリ、その名も「東京メトロ」。現在地点からの最寄駅を検索する機能以外は、ネットワーク接続が不要で、電波の入りづらい地下鉄構内でもスムーズに使えるのがウリです。道程検索を接続せずに使えるのはいいですね。

115円で購入できるのでUFOキャッチャー1回失敗したと思って買ってみました。

リンク先記事の機能紹介などを見るととても便利そうなんですけど、なんかいまいちですね。UIがあまりよくありません。路線図を「地図」って呼ぶのはちょっとなあ・・・。

乗り換え検索がいまいちなんで、東京の地下鉄わかっている人はあまり必要ないかも、というか普通に東京メトロが出しているPDF形式とかGIF形式の路線図で十分かもなあ、という感じです。地下鉄の駅間じゃないと乗り換え経路が検索できないし。

でも、東京の地下鉄がよくわかんない、って人にはもしかしたら便利なのかもしれません。とりあえず最低限目的地に到着することはできるでしょう。駅名からGoogle Mapsでその駅を表示させられるのも、便利に使える時があるかもしれません。

しかし、これ見ると「駅探」はほんとよくできているよなあ、と思う次第です。

あ、買った方がいいかどうか、と聞かれたら「別に買わなくてもいいんじゃない」と答えますが、電波入らなくても使えるってのと、まあ115円ですからね。UFOキャッチャー1回失敗したと(略

Presselite
icon

iPhone/iPod touch用「ヱヴァンゲリヲンアプリ」

 

iPhone/iPod touch用「ヱヴァンゲリヲンアプリ」新作2点を発表

APPLIYA(アプリヤ)株式会社と株式会社ブロッコリーは4日、「ヱヴァンゲリヲン」をテーマにしたiPhone/iPod touch用アプリケーション「ヱヴァンゲリヲンアプリ」の発表会を開催した。事業展望などのほか、「ヱヴァンゲリヲンアプリ」未発表の2タイトルも公開した。

先週の金曜日にAPPLIYAさんに招待されてパーティに行ってきてここで発表されたアプリを見せてもらったりいろいろ話を聞かせてもらいました。

カメラのフレームとか時計とかパズルとかやっていることはどこでもあるようなもんなんですけど、そこにエヴァが載っかってくると受ける印象は全然変わりますね。いろんな権利関係をクリアにしてやった甲斐があるかと思います。

「ヱヴァンゲリヲンアプリ」は、すでに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のカットを写真のフレームにできる「フレームカメラ」が230円、アンビリカルケーブルをイメージした時計/タイマー機能の「~活動限界~ 時計」が350円、使徒や登場人物などのアイテムを写真に張り込める「スタンプカメラ」の3 タイトルが230円で発売済み。「フレームカメラ」が最も売れているという。

「アスカはないんですか?」と聞いたところ、映画の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」で使ったカットのライセンスを受けているので、「序」では出てこないアスカは使えなかったそうです。でも、次の映画でアスカが出てくるのでそうなれば使えるようになる(なりたいなあ)とのことでした。

ある種「企画モノ」とも言えるんですが、同じ時計アプリでもそこに載せるキャラが変われば楽しくなるので、是非この路線で拡大して欲しいです。まあ、マンガやアニメのキャラはほぼ無限にあるからなあ。

ちなみに私の希望としては「ソウルイーター」あたりをやってもらえると嬉しいです。

iPhoneでMacのSystem 7を動かす

 

MacOS iPhone Project

We hope to be launching the code soon, but we are wanting to complete something before fully releasing stuff, so please bare with us! But heres what we have working so far.

まだ誰でもできるようにはなっていないんですが、とりあえずiPhoneで懐かしいsystem 7を動かしたようです。いくつかスクリーンショットが掲載されています。

この上でHyperCardが動けばうれしい人はたくさんいるんじゃないかな。

Macアプリで有名なOmniのいくつかのアプリが無料になった

 

The Omni Mouth » OmniWeb, OmniDazzle, OmniDiskSweeper, and OmniObjectMeter now freeware

OmniWeb, OmniDazzle, OmniDiskSweeper, and OmniObjectMeter are now available as freeware. That's right: they're free. You can go download them right now if you want. FOR FREE.

こんだけ「Free」って書かれると、なんかやけくそになっているような感じがしておもしろいですね。「もってけ泥棒!」みたいなw

OmniのソフトはNeXTの頃からあって、NeXT用のブラウザ、といえばそれはOmniWebのことでした。

Omniが作るアプリはどれもアイディアとその実装技術が素晴らしく、新しい製品が出る度、バージョンアップする度も興奮したものです。

で、そんなOmniのソフトがFreewareになったわけで、これでこれまで有料だから、という理由で避けていた人も思う存分利用することができるわけです。

で、なんでFreewareにしたかというと、ここもプレスリリースなのに素直にその苦悩を書いちゃっているのがいいですねえ。

We've been thinking about this for a while, especially with regards to OmniWeb. Because we're a small company and we don't have unlimited engineering resources, by necessity certain projects are going to take up more of our attention. Instead of continuing to charge for these four applications, which aren't getting updated as frequently as our other titles, we felt it would better serve the community to make them available at no cost.

「俺らこの4タイトルやってていいのか?」「もっとリソースを集中してやるべきことあるんじゃね?」みたいな葛藤があったんですね。

ということでこれからのOmni Groupのご活躍に期待です。

KONAMI、音楽ゲーム"DDR"をiPhoneアプリで正式提供

 

KONAMI、音楽ゲーム"DDR"をiPhoneアプリで正式提供

KONAMIは、iPhone/iPod touch向けアプリケーション「ダンスダンスレボリューション(DDR) S」を25日に発売した。価格は800円で、App Storeを通じて購入できる。

これ、無料版やっているの見たんですけど、とてもできそうにありませんでした。

でもこの有料版だと簡単モードとか用意されているのかなあ。

なにせ800円ですからね。買ってみたものの1面すらクリアできないむずかしさ、という100円ショップで売っているPCゲームみたいに「まあ、100円だからいいか」という割り切りもできませんし。

そんなわけで買う時はレビュー読みまくってから買われることをお勧めいたします。

iPhone 3Gが「0円」で買えるキャンペーン、ソフトバンクモバイルが開始:モバイルチャンネル - CNET Japan

 

iPhone 3Gが「0円」で買えるキャンペーン、ソフトバンクモバイルが開始:モバイルチャンネル - CNET Japan

ソフトバンクモバイルは2月25日、キャンペーンに申し込んだ顧客を対象にiPhone 3Gを実質負担額0円で販売すると発表した。月額980円の料金プラン「ホワイトプラン(i)」に加入し、2年契約することが条件で、端末が実質0円になるのは8Gバイトモデルを24回払いで購入した場合だ。

これってお得な話なんでしょうか?

というか、私は既存iPhoneユーザなわけですので、

また、キャンペーン加入者に対しては、パケット通信料定額サービスの上限を5985円から4410円に引き下げる。既存のiPhone 3Gユーザーでもキャンペーンに加入して2年契約を結べば、同じ料金体系が適用される。

というのを見ると、「きゃー、これはいいかも!」って再度2年契約を結ぶことを考えるよりも先に有利子負債が重くのしかかっているんだなあ、と思ってしまった私は汚れています。

まあ、今からまた2年契約は・・・無いなあ。

Apple、JavaScriptの実行速度が向上した「Safari 4」ベータ公開

 

Apple、JavaScriptの実行速度が向上した「Safari 4」ベータ公開

米Appleは24日(現地時間)、JavaScriptの実行速度が向上したWebブラウザ「Safari 4」のパブリックベータ版を公開した。対応OSはWindows XP/Vista、およびMac OS X 10.4.11/10.5.6。
新たに「Nitro JavaScriptエンジン」を搭載し、JavaScriptをInternet Explorer 7(IE7)と比較して最大30倍、Firefox 3と比較して3倍以上速く実行できるという。HTMLの読み込みも速く、IE7とFirefox 3と比較してほぼ3倍以上の速度という。

その他、HTML 5とCSS 3対応など嬉しい機能が目白押しなのですが、さくっとインストールした人によるとMail.appの挙動がおかしくなった(Webkitのせい)とかキーチェーンがおかしくなった、という人がいたり、元に戻せるはずなのに戻せなかったりといろいろ問題もあるようなので、そのあたりはベータ版ということを念頭において試してみるとよいかもしれません。

私はとりあえずスルーし、製品版のリリースを待つことにします。

ちょっとおもしろいAppleグッズをゲットしよう

 

Appleファンでこのサイト知らなきゃまずいんじゃない?っていうオンラインストア「強制終了.com」というか「ForceQuit Store」です。こんなグッズを売っています。

forcequit-20090216.gif

このマグカップで1000円です。説明がまた素敵です。

カーネルパニック(Kernel Panic)は日常生活において、上司やクライアントからの不条理なインストラクションを受け取った場合や、恋人や配偶者から突然の別れ話を切り出された場合などに発生するエラーのタイプです.またカーネルパニックは日常生活が別のタイプのエラーから回復することができない場合にも続けて発生する場合があります.

このような状態に陥った場合、残念ながら強制終了Tシャツでは対処出来ません.もっとも優れたテーブルウェアであるカーネルパニックマグカップでコーヒーでも飲んで再起動してください.

そのほか、Appleの歴代のマウスのイラストがデザインされたTシャツとかoption+command+ESCキーがデザインされた「強制終了Tシャツ」とか往年の名器「SE/30」の背面コネクタをデザインしたTシャツ(おいおい)やiPodのメニュー画面がデザインされたTシャツなどが販売されています。

そんなわけでApple大好きなネタフルさんが何か購入するといいなあ、と思って紹介してみました。

私?私はほら、AppleじゃなくてNeXTの人だから。

Macのキーボードのファンクションキーを個別にメディアキーに設定可能にするユーティリティ「FunctionFlip」

 

FunctionFlip

I like the media keys on my MacBook keyboard - just not all of them. Fat-fingered that I am, I regularly skip tracks when I just want to pause or mute. Disabling all of the keys just won't do, because I use the brightness and volume keys every day.

AppleのMacのキーボードにはファンクションキーがあるのですが、そこにはメディアキーと呼ばれる音量を上げたり下げたりするキーとか画面の輝度を上げたり下げたりする機能も割り当てられています。

でも、これはどちらか一方にしか設定できません。つまりファンクションキーをファンクションキーとして利用するか、ファンクションキーとしては使わずメディアキーとして利用するか、です。

で、私は基本的にはファンクションキーで使う設定にしているのですが、やはり音をミュートするときにFnキーを押しながらF10を押す、ってのは面倒だなあ、と思いながらまあ仕方ないかと今まで使い続けてきたわけですが、この「FunctionFlip」というユーティリティを使うとファンクションキーごとにそれをファンクションキーとして使うかメディアキーとして使うかを設定することができるようになります。

FunctionFlip-20090209.jpg

そんなわけでさっそくインストールしてF1からF4まで、そしてF10をメディアキーで使うようにしてみました。

これ、いいなあ。

そういえばPathFinder

 

第九十三景:ホームポジションを崩すな! マウスは不要のデスクトップ

drikin登場のデスクトップ百景です。Macな人はとりあえず読んどけ!って感じでしょうか。

デスクトップの解像度を固定することで、アプリケーション間のウインドウレイアウトも共通に最適化できますし、解像度の違いでウィンドウレイアウトが崩されるというストレスからも解放されます。

ということで会社のDELLの24インチモニタと自宅の23インチのApple Cinema Displayは共に「1920×1200」で合わせることで会社と自宅で同じウィンドウレイアウトで使っているそうです。なるほど、こういう発想もあるんだなあ、と思いました。仮に私が同じ解像度のモニタを2つ使ってたら同じことやるかなあ、って考えてみましたが、そうすると今どこにいるのかわかんなくなっちゃうからやっぱり自宅は自宅用リラックスレイアウトにしちゃうんだろうなあ。

逆にステータスバーはかなりのスペースを占有しています。ここで特に必須なのが「iStat」です。僕は可能なかぎりMacのパワーを引き出しすことにこだわっているので、無駄にCPUを利用していたり、メモリーがリークしているアプリケーションを素早く発見し、排除しなければなりません。そのためにステータスバーでCPUとメモリメータは常時監視しています。

解像度が高ければステータスバーを使うのがいいんでしょうけど、うちのAirなんかはもう入る隙間なくなっているんで私は「CPU Hostory」というアプリでCPUを、アクティビティ・モニタでメモリを監視しています。

ちなみにWindowsの方はYahoo Widgetを使ってCPUとメモリを管理しています。ブラウザ系が暴走するときがあるんでこれらの監視は必須ですね。

最近「PathFinder」というFinderを置き換えるアプリがメジャーバージョンアップして、これがかゆい所に手が届くというか、もう完全に趣味の世界という感じの多機能っぷりで気に入ってるのですが、中でもFinderのデスクトップを隠す機能を愛用しています。

ああ、そういえばPathFinderってあったよなあ、と思いつつ最新版をダウンロードして試してみたらなんかすごくいい感じになっているじゃないですか。

これまでPathFinderは試したことがあったんですが、最初はおもしろがって使っているものの、最終的には「やっぱり普通のFinderがいいや」ってことになっていたんですが、今回はどうかなあ。30日試用ができるんでこれでうまくいくなら買ってみます。

その他、いろいろMacな人にはおもしろい情報が載っているので是非見てみてください。

iPhoneをコマ撮りカメラにするアプリ「TimeLapse」

 

iPhoneのカメラで定期間隔で写真を撮れるようにするアプリです。

これで撮った写真をiMovieなんかで取り込んでつなげてあげるとこんな感じムービーを作ることができるわけです。


iPhone Timelapse Sample 2 from digitalurban on Vimeo.

長時間ビデオを回しっぱなしにするとファイル容量もとんでもないことになりますから、こういうのもいいですね。私だったら自分が寝てから起きるまでを撮ってみたいです。すげー動き回っているんだろうなあ。

価格は115円です。

TimeLapse
icon

iPhone用ルービックキューブ攻略ソフト「CubeCheater」

 

IPhone App: iPhone Rubik Cube Solver Is Pure Genius

CubeCheater--a Rubik cube solver in 20 moves--is one of those iPhone applications that make you smile when you see it in action because it is simply pure genius.

iPhone/Touch向けのルービックキューブ攻略アプリ「CubeCheater
icon」です。

これ、すごいですね。

現在の状態を登録するのにカメラも使えるってすごいスマート。画像解析するんですねえ。 

よくできてる紹介ビデオを見てみてください。


Apple、マルチタッチ技術の特許を取得

 

Apple、マルチタッチ技術の特許を取得

米Appleが、複数の指でタッチスクリーン機器を操作するマルチタッチ技術の特許を取得していたことが明らかになった。
Appleがこの特許を出願したのは2008年4月11日、取得日は2009年1月20日となっている。

ああ、それで先日のCESで人気沸騰なPalm Preに対して強きな発言をしていたわけですね。

このあとどうなるのかな。palmを訴えるのかな。でも相手はジョン・ルービンスタインだからなあ。スティーブが直に話し合って穏便に和解って感じかな。

でもよくマルチタッチで特許とれましたよね、アイディアそのものは昔からあったような気がするんですが。というかマイノリティ・リポート?

ちなみにCESでのビデオを見る限りではPalm Preの方が使い易そうなので、どっかのキャリアがPalm Pre扱ってくれないかなあ、と思っていますが、それが現実になったらなったでiPhoneと2台持ちにするのかどうか激しく悩むわけで。実に贅沢な悩みです。

palm pre

ぐわ、アマゾンでマイノリティ・リポートが45円で売ってるし!

マイノリティ・リポート 特別編 [DVD] マイノリティ・リポート 特別編 [DVD]

アップル、「iLife '09」を28日に発売

 

アップル、「iLife '09」を28日に発売

iLife '09は、写真管理ソフト「iPhoto」、動画作成ソフト「iMovie」、音楽演奏の学習ソフト「GarageBand」、Webサイト作成ソフト「iWeb」、DVD作成ソフト「iDVD」などのマルチメディア系アプリケーションを収録したスイート。

1月下旬発売、ということで楽しみにしていたのですが、28日に発売だそうです。

そんなわけでアマゾンで予約しました。これでこの週末はものすごく楽しめます。

iPhotoの顔認識機能を使ったやつなんて、インデックス作るのにどれぐらい時間がかかるのかな。何にしても楽しみだな。

それにしてもiWebだけは徹底的に使わないなあ。mobileMeアカウントも持っているからなんか有効に使いたいと思うものの、さすがにもうそこまで手が回らないわけで。ちょっとまじめに検討してみようっと。

iLife '09

PowerBook G4 17インチ(1.5GHz)の内蔵DVDドライブを交換した

 

手持ちのPowerBook G4 17インチ(1.5GHz)のDVDドライブで読み取りエラーが多発するようになったのですが、都度レンズクリーナーを使って誤魔化していたものの、毎回毎回じゃ面倒だし、もうちょっとで買って5年目、ということもありそりゃドライブもへたるよね、ってことでDVDドライブを交換することにしました。

USB接続の外付けDVDドライブ、という選択肢ももちろんあったんですが、それはいつでもできるし、すでに1台外付けドライブは持っているのでやはりここは内蔵にこだわりたいところです。

時間もあったし久しぶりだったので秋葉原に行って買う事にしました。買ったのは秋葉館で売っていたMASTUSHITAのUJ-875というやつです。8280円でした。

その後 type Pの液晶保護フィルムなどを買うべく店をさまようのですがどこも売り切れでした。しかたないのでピンセットやビニタイ買ったり8GBのUSBメモリ(今は1500円ぐらいなんですね)買ったりして帰ってきました。

で、家につくなりさっそく装着です。分解に関しては以下のサイトを参考にしました。写真付きでステップバイステップで説明されておりとても参考になりました。

Apple PowerBook G4 17" ハードディスク交換

今回はハードディスクではなくDVDドライブだったのですが、こちらは蓋をあけて見えてしまえばとても簡単です。

で、さくっと交換して元に戻してみて再起動させてみると起動しません。

がーん。

いやな汗がたくさんでてきます。さあ、ここからが長い道のりです。

何時間格闘したのか覚えていませんが、最終的に何が悪かったかというと、キーボードとトラックパッドと本体をつなぐフィルムケーブルの刺し方が悪かったようです。このフィルムケーブルを刺さないと起動する、ってのがヒントになりました。

そのフィルムケーブルの端子をソケットに差し込んだあとに固定ノブというかパーツで固定するんですが、その固定ノブをケーブルの上から差し込んでいたのがよくなかったようです。

作業としてはとても面倒なんですが、ケーブルの下に回りこませてから押し込んで固定させればOKとなりました。

PowerBookG417inch-cable-090125.jpg

で、無事起動しDVDドライブが無事動き、ソフトから認識されるかチェックしてみたのですが、何の問題もありませんでした。

さて、これで後何年使えるかな。次にやられるとしたらハードディスクかと思うのですが、今回のこれで分解の方法もわかったんで交換も問題ないし。

AppleのApp StoreのWeb版登場

 

Apple's App Store Comes to the Web

AppleのApp StoreのWeb版です。

AppStore-20090122.jpg

といってもAppleがやっているものではありません。

AppleのApp StoreはiTunesやiPhone内からしかアクセスできません。とりあえず「どんなのあるかなあ」って感じでいろいろ探すだけだったらWebからアクセスした方がいいと思うのですが、残念ながらそれはできていないのが現状です。

で、App Storeの各ページは暗号化されたXMLコードを元に作成されているようなんですが、ある開発者がそれを解読し、普通のHTMLにレンダリングする方法を発見してこういうページを作ることができるようになったそうです。

ちなみにこのサイトはGoogleのApp Engine上で動いています。

このサイトで見つけたアプリケーションにはそれぞれ「BUY」のボタンがついてあって、それをクリックするとiTunesが起動してそのページを表示するのであとは通常の方法で購入することができます。

さて、このサイトに対してAppleはどういう態度でのぞんでくるでしょうかね。「今すぐ閉鎖しろ!」でしょうか、それとも黙認でしょうか?楽しみです。

【Mac】PhotoShopのレイヤーとして各部を分割するスクリーンキャプチャソフト「layer」

 

Layers: Screen forensics

Capture your displays as a Photoshop layered image

Mac用のスクリーンキャプチャソフトなんですが、すごいのがデスクトップ画像とかウィンドウそれそれをそれぞれPhotoShopのレイヤーとして扱うことができるようにする、というところです。

layersapp-20090122.gif

スクリーンショットを作成するとレイヤーが表示されるんですが、「メインメニュー」、「ドック」、「アプリケーション」、「デスクトップ」というカテゴリに分類されます。

で、「メインメニュー」のカテゴリにはメニューアイコンやアプリケーションアイコンがそれぞれレイヤーとして格納されているので、要らないアイコンはそこで非表示にすることができます。それは「アプリケーション」でも同様でアプリごと、というかウィンドウ単位で表示/非表示することができます。

これはすごいなあ。

すごいんだけど、私の場合はいまいちどこでどう使っていいのかがわかりません。

雑誌とかブログ記事書く時に余計なアイコンやらウィンドウがそこに表示されているといや、なんて時はものすごく威力を発揮するでしょうね。

でこのソフト、Mac用ということなんですが、できたPhotoShopをCS2で開いて見たらカラーテーブルがおかしくて変な色の画像になっていました。残念。

ローンチプロモーションということで$15で購入できます。試用版がダウンロード可能です。

TargusがMacBook専用周辺機器を発表

 


オープンで合理的で完璧主義なMacBookユーザーに──TargusがMacBook専用周辺機器を発表

今回、Targusが発表した周辺機器は、ワイヤレスマウスの「AMW43AP」、Bluetooth接続のレーザーマウス「AMB08AP」、USBハブの「ACH105AP」、USB接続のファイル共有ケーブル「ACC9602AP」、クーラーファンを組み込んだチルマットの「AWE41AP」だ。

このマウスとUSBハブがいい感じです。他の2つもいい感じだけど、まずこのマウスとUSBハブかな。

ワイヤレスマウスのAMW43APは、通常のマウスで搭載されているスクロールホイールの代わりに光学式のタッチセンサーを採用する。

マイティマウスのあの丸いスクロールホイールはそんなに操作性がよいというわけではありませんし、なんといってもホコリがたまって定期的に掃除してあげなきゃいけないのが面倒なわけで。しかも分解できないし。

デザインもシンプルで素敵です。(写真はリンク先記事で)

で、これはすごい、というかこの発想はなかったわ、というのがUSBハブです。

PC側と接続するUSBケーブルは帯状のラバーになっていて、使わないときはボディの周りにぐるりと巻きつけて収納する。ラバー製のカバーで密着して覆われたようになるため、USBポートへのホコリの侵入も防げるとフー氏は説明している。

これ、テキストだけの説明だと何がなんだかわかんないと思いますが、写真をみれば一発で理解できます。

持ち運ぶUSBハブってどうしてもケーブルが邪魔になるんですが、これだと全然問題ないわけで、これ考えた人は偉いなあ、と思います。問題はそのラバー状のUSBケーブルでこれが堅いと取り回しが面倒になるんで、このあたりは実物早く見たいなあ、って感じです。

出荷は2月中ということです。

iPhone/Touchから無線LANプリンタに出力するアプリ「Air Photo」

 

無線LAN(WiFi)で接続されているプリンタへiPhoneやTouchから印刷するためのソフト「Air Photo」です。

普通に写真を印刷してもいいんですけど、Google Mapsの地図をホームボタンと電源ボタンを同時に押してスクリーンショットとしてカメラロールの保存したものを印刷する、という使い方もありですね。

母艦(MacでもWindowsでもOK)を必要とし、各種設定はその母艦で行うようです。

Air Photo
icon

HPの無線LAN対応プリンタを持ってる人はHPから専用のアプリがでています。

iPhoneから無線で写真を印刷できるようにする「HP iPrint Photo」登場

UEI、最大16コマまで連写できるiPhone用カメラアプリ「BullCam」

 

UEI、最大16コマまで連写できるiPhone用カメラアプリ「BullCam」

BullCamは、最大16コマのシーンを1つの写真として連続撮影できるアプリ。連続撮影間隔は自由に設定できるほか、コマ数も3コマから16コマまで設定可能。撮影モードも画面を短冊状に切り取るモード、画面を縮小してタイル上に並べるモードの2種類を用意する。

脊髄反射的に買いました。115円だったし(笑

App Store、いいですよねえ。少額だけど数が売れて、「それでOK」なデベロッパが増えて、さらにおもしろいアプリが出てきて・・・っていうエコシステムができあがりつつあるような気がします。

これを機会にモブログはドコモ端末からじゃなくてiPhoneに切り替えてみようと思います。

BULLCAM
icon

Macworld Conference & Expo 2009:アップル最後のMacworld、ジョブズ不在で開幕

 


Macworld Conference & Expo 2009:アップル最後のMacworld、ジョブズ不在で開幕

フィル・シラー氏の基調講演により、アップル最後のMacworld Expo 2009が幕を開けた。Mac関連の発表は全部で3つ。スティーブ・ジョブズCEOは会場に姿を見せなかったが......。

QuickTimeというソフトのキラーコンテンツは「スティーブ・ジョブズ基調講演」だ、ってことが今回よくわかりました。

毎回基調講演があった次の日は2時間かけてスティーブの基調講演の模様をQuitkTimeで見るのですが、今回はまったく見る気がしなかったし、実際見てないですからねえ。

まあ、言ってしまえばソフトウェアのアップデートとバッテリーの話、だけなんで、そのネタだけでステージをおもしろく出来る人ってやっぱりいないだろうなあ、と。

で、今回発表された17インチのMacBook Proですが、華麗にスルーしてBDドライブ搭載のものを待とうと思います。

にしても17インチの30万円超えって、この不景気な世の中で勇気あるよねえ。正直高いよ。

Macのインターネット・アイコンみたいなのの作り方

 

How To Draw A Mac Internet Globe Icon

MacOS Xの「システム環境設定」の「ネットワーク」の項目で見られるようなアイコンの作り方のチュートリアルです(英語です)。

こんなやつが作れるようになります(影の抜きが甘くてごめんなさい)。

AppleNetwork-20090106.gif

興味のある方は読んで見てください。

作成済みのPSDファイルがダウンロードできますので、色味を変えるだけでいいや、って人はそれを使うのが楽でよいかもしれません。私はそうすることにしました。

iPhone/iPod touch Appゲーム「クレヨンフィジクス(Crayon Physics) Deluxe」

 

クレヨンフィジクス
icon

これ、すごいね。

でもiPhone/iPod touch用よりもNintendo DS用で販売したほうがいいと思うけど。

米Google、「Picasa for Mac」ベータ版を公開

 

米Google、「Picasa for Mac」ベータ版を公開

米Googleは5日(現地時間)、画像管理ソフト「Picasa」のMac OS対応版「Picasa for Mac」を公開した。同社のWebサイトから無料でダウンロードでき、対応OSはMac OS 10.4以上。

Windows XPを使っているとなかなかいい感じの写真管理ソフトがないのでこのPicasaはとてもよいのですが、Macの場合、iPhotoというのがありますからね。iPhotoに対してどういう位置づけになるんでしょうか。

なんか単なる「高機能なPicasa Web Albumsアップローダー」ってだけのような気もするんですが、よくわかんないや。でもとりあえずダウンロードしていじくってみるんだろうなあ。

そういえばiPhotoといえば、WWDCでiLife '09が発表されそうですね。これも楽しみです。

2009年にアップルからネットブックは出る?それとも出ない?

 

2009年にアップルからネットブックは出る?それとも出ない?

CNETで「出る?出ない?」のアンケートをやっています。

この記事を書いている時点では8:62で「出ない」方が勝っています。

出ない理由としては「他社の後追いはしない」「製品ライン上必要ない」という意見が書かれています。

ちなみに私も「でない」に1票です。

理由は

1.ディスプレイの縦解像度が600ピクセルじゃ足りない
2.Atom 1.6GHzのCPUだとiLife系のアプリがまともに動かない。

というマーケティングではない物理的な理由です。

「1」の縦解像度はモニタに768ピクセルぐらいのものを使えばいいかもしれないけど、「2」はどうしようもないですからねえ。別のCPU使ったらネットブックにはならないだろうし。いや、Atom 1.6GHzでも動かないことはないですけど、ハングアップしたんじゃないかと思われるぐらいレインボーカーソルが回り続けるわけで、そうなるとサポート窓口がたいへんなことになるでしょうね。

で、いわゆるIntel&マイクロソフトが定義しているネットブックの仕様を外れるものの、いわゆる「ネットブック的なノート型Mac」で考えても、それ作ると多分MacBookの一番安いのとあまり変わらなくなるような気がします。

あ、でも、1スピンドル(もしくはSSD使ったゼロスピンドル)のMacBookを「ネットブック的なもの」として出すかもしれませんけどね。あ、それ、軽いなら欲しいな。でもそうするとAirの立場が・・・。

だからやっぱり「出ない」んですよw

2009年Apple Store福袋ゲット作戦〜山あり谷ありな今年になりそうだなあ

 

モダシン恒例の年の初めのApple Storeの福袋ゲット作戦レポートです。
ちなみに以前の記事はこちら。2007年だけお休みしていますね。

2008年仙台初売りとApple Store Lucky Bag争奪記
2006年仙台初売りLucky Bag争奪記
2005年Apple StoreのLucky Bag争奪記

さて、そんなわけで2009年のApple Storeの福袋作戦ですが、有楽町と仙台のApple Storeを制覇したことから今年は渋谷のApple Storeをターゲットにすることにしました。

とにかく「極寒の中、並んで待つ」のは相当たいへんであることは過去の経験から十分学んでいるので前日の夜からそのための準備をします。

洋服をたくさん重ね着するだけでなくズボンや靴下も2重化しつつ、ホカロンとブランケットも用意します。さらに簡易椅子と待っているいる間に読む漫画や本、そして飲み物、おやつも前日の寝る前に用意して枕元に置いておきました。

さて、今日、当日、本番です。なんだかんだで朝6時35分に渋谷駅に着きました。渋谷駅はそれほど人がいるわけでもなく、どちらかといえば閑散としています。それは駅を出ても同じです。いつものあの混雑を知っている人からすればほとんど人がいないのも同じぐらい少しの人しかいません。しかも、その少ない人達は109に向かって歩いているわけで、私のライバルは皆無です。わーい。

にしても、あまりにもライバルがいなさ過ぎるというのもいささか気が抜けます。とりあえず他店の福袋狙いで並んでいる人達を見ながら闘争心を維持しようとしましたが・・・

並んでいる人、いません・・・。

なんか途中の丸井に20人ぐらい並んでいる人はいたんですが他の店で並んでいる人などいませんでした。

そんなわけで「Apple Storeもこの調子で楽勝なんじゃね?」と思いながら公園通りのApple Storeをめざし歩き続け、その途中にあるマクドナルドでホットコーヒーを買ってテイクアウトするなどの余裕を見せたわけですが、その後まさかこんな結末を迎えるとはその時は思いもよりませんでした。

さて、Apple Store渋谷の近くまで来てみると並んでいる人影が見えてきました。

「先頭に人は何時から並んでいるのかな?」なんて思いながら頭から人数を数えつつ最後尾に向かいます。最後尾はパルコの交差点のところでした。

「ああ、まだ信号超えてないから余裕かな」と思ったのも束の間、最後尾にいた警備員さんが冷静にこういいました。

「福袋はもう締め切りです」

がーん

並ぶ前からだめだったのは初めてです。なのでショックがでかいです。あと30分早く家を出ればよかったのか!?いや、1時間早くなきゃだめなのか!?いろんな後悔の念に襲われます。でも、なんにしてもだめだったわけです。今年は買えないんです。しくしく。

呆然としている私に警備員さんはカードを差し出してきました。

「キャンセルする人がいたら連絡しますので名前書いてください」

いやいやいや、どうせだめなんだろ、ここで書いた名前とか住所とか電話番号は地下組織に流されるんだろ、と思いつつ、素直にカードに記入してしまう自分が素敵です。ビバ、自分!

そんなわけで、今年はApple Storeの福袋はゲットできませんでした。もうね、今年は運がないってのがはっきりしたわけです。やばいよ、これ。きっと世界的不況のあおりを受けて会社が倒産しちゃうんだろうな、とか、倒産しても再就職できないんだろうなあ、もしかしたら失踪とか自殺しちゃうことになるかもしれないな、とかいろいろネガティブな考えが頭の中に広がってきました。

やばい、やばいぞ、こういうネガティブな気持ちになってしまってはいけない。どうしよう、どうしたらいいんだ。

そうだ、実家に帰ろう。実家に帰ればなんとかなるかもしれない。

ということで、東京駅9時発のやまびこMAXに乗り実家である仙台に帰ってきたわけです。車中では「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! 」をPCで見てきました。

で、11時10分に仙台駅についたわけですが、駅を出て実家に向かうバスに乗る途中で娘からメールが入りました。

「アップルストアから電話がきて、福袋のキャンセルまちがでたから12時までにお店に行けば買えるそうです」

ひゃっほー!

買えたんだ、買えるんだ!今年の僕は決してだめだったんじゃないんだ!やったー!

と気分は一気にハイになりました。きゃー!

しかし・・しかし、しかし・・・その時私は仙台にいるわけで・・・。

瞬間、また気分はまた谷の底に突き落とされました。

[これまでの気分の推移:谷→山→谷]

そうなると気になるのは福袋の内容です。ちなみに私は今回は毎回入っている10%Offカードが狙いです。多分今年は17インチのMacBookを買うんで、この10%Offチケットがあれば福袋代の3万5千円のうち3万円は元が取れることになります。5千円でiPodやらAppleCareやらスピーカーやらなんやらがゲットできるなら十分過ぎる程元が取れるわけです。中身がこんな感じだったら・・・いったい中身はどうだったんだ!

で、実家につくなりすぐに持ってきたPCの電源を入れ、今年の福袋の内容をチェックするべく検索しました。ブロガーならゲットした福袋の中身をすでに記事にしているはずです。

さすがブロガー達。いくつか記事が見つかりました。

その中身を見るやいなや、私の気持ちはまたハイになりました。

10%Offカード入ってないじゃん!AppleCareもないじゃん。ちなみに典型的な中身はこんな感じ。

iPod nano 8GBか16GB
crystal jacket set for iPod nano 4th
HP101/FX1S IN-EAR HEADPHONES
Nike + iPod MA365J/C
iPod nano Armband
Apple USB Power Adapter MB352J/B
JBL on station lllp
カレンダー
Tシャツ

おー、危ないところだ。
これは買わないでよかった。いや、いい内容だけど少なくても私には「MUST」じゃない!そんなわけで気分はまたハイに。

[これまでの気分の推移:谷→山→谷→山]

そんなわけで一喜一憂な2009年Apple Store福袋ゲット作戦でしたが、「試合に負けて勝負に勝つ」という結果になったのではないでしょうか。

最後に残ったのは「今実家の仙台にいる」という事実だけなんですが、こういう予想もつかない行動がとれるような一年になればいいなあ、と思いました。

ではまた来年、がんばります。

PowerBook G4 17インチの電源が入らなくなったが直った

 

家で使っているPowerBook G4 17インチの電源が昨晩入らなくなってあせりました。

このG4、調べてみたら2004年の5月の連休に買ったことがわかりました。いやーブログには書いておくもんですね。2004年5月ということはもうすぐ5年目じゃないですか。まあ、それぐらい使えればいいような気はするものの、基本的にCore 2 DuoはiMacがあるので重い作業はそれでやればよいので、PowerBook G4でやれることは結構あって便利に使っていたのでちょっとショックでした。

いろいろご意見はあるかと思いますが、個人的には「17インチ最高」だと思っているので17インチマシンが使えなくなるのは困ります。困るんだけど1月には新しい17インチが出るんじゃないか、というこの時期はうかつには動けません。

そんなわけで対応してみました。まあ、お約束な対応ですが。
参考にしたのはAppleのこのページです。

PowerBook および iBook のパワーマネージャ (PMU) のリセット

まずバッテリーについている小さなボタンを押してみます。するとライトが1つしか点灯しないのでバッテリーはほとんど充電されていないということがわかりました。

で、ページに書かれてたような方法でPMUをリセットしたんですが、やはり起動しません。というか、電源アダプタのコネクタ部分が光らないんです。これは電源ケーブルがやられたのかな、と思いつつコンセントの別の口に刺してみたら光出しました!

んで、気を良くしてPowerBook G4の電源ボタンを押したらなんと起動するじゃなりませんか!

その後無事起動しました。PMUリセットが効いていたのか時刻がリセットされていました。

そんあわけでこれでまた無事に使えるようになったわけですが、もうすぐ5年、ということなのでこういうことはいつまた起こるかわからないので、その日のために貯金しようと思います。

でも、17インチのMacBook Pro、いいんだけどやっぱり高いですよねえ。30万超えますからね。それに対してDELLだと13万です。この差は大きすぎるよなあ。あ、そうか、efix買ってきてあれしてこれして・・・。

Studio 1536

PCでMac OS Xが動くというブートセレクタが販売中

 

PCでMac OS Xが動くというブートセレクタが販売中

PCでMac OS Xを動かせるとうたうApple非公認のブートセレクタ「EFI-X」がヨシバムセンで販売されている。実売価格は24,800円

24800円は高くないか!って思ったけど、これを付けて利用する本体側がCore i7をいくつも載っけているような高いマシンだったらあまり気にならないでしょうね。

ただし、AppleではMac OS Xのインストール先を「Apple商標が付されたコンピュータ」に限定しており、仮に普通のPCで動作させることができたとしても、ライセンス違反を問われる可能性は高い。

訴訟の国アメリカで今も販売されているし、訴訟中という話も聞いていないので大丈夫、というかグレーなんだろうな。これが多分MacOS XのインストールCDと一緒に売ってたらやばいんだろうけど。

「このデバイスを市場に出し、それをユーザがインストールするというビジネスモデルはまったく法的な問題もなく、エンドユーザライセンスに限っていても、アップルのサポートが受けられなくなるだけの問題」というコメントを紹介している。

「アップルのサポートが受けられなくなるだけ」でホントにいいのかな。いいなら、それでもいいけど。

ああ、Core i7マシン欲しいなあ。

米国市場に挑むiPhoneアプリ開発者,本郷の老舗旅館で決起集会

 

米国市場に挑むiPhoneアプリ開発者,本郷の老舗旅館で決起集会

 「いざ米国市場へ!」。クリスマスイブの12月24日夜,iPhone向けアプリケーション・ソフトウエアの開発者たち10数人が,東京・本郷にある老舗旅館に集結した。彼らの目的は,「Macworld Conference & Expo2009」(2009年1月5日~9日,米サンフランシスコで開催)に合わせて予定している,現地でのPR活動の打ち合わせである。iPhone ユーザーやメディアの注目が集まる同イベントの開催を機に,米国市場での販売拡大を目指す。

日本のiPhone用アプリのデベロッパーが集まってみんなでPRしようね、というやつです。確かにひとりひとりだとやれることに限界がありますし、集める注目も少ないからこういうアプローチは効果的ですね。

今回のPR活動の発案者は,過去18年にわたってMacworldに参加し,アップルの動向に詳しいフリー・ジャーナリストの林信行氏。

おお。林さん、さすがだ。そのアイディアと実行力は素晴らしいですね。

そんなわけで、iPhone用のアプリ作ってるけどなかなかアピールの場がない、なんて人はこういう会に参加してみてはいかがでしょうか。ただ、たしか企業とかアプリを1つぐらいしか作ってない人はだめだったような気がするんですよね。まあ、詳しくは問い合わせてみてください。

MacOS X 10.5用Realtek RTL8187SE無線LANカードドライバを試してみた

 

boingboingでRealtek RTL8187SE用のMacOS X 10.5用のドライバがダウンロードできたのでそれを試してみました。

ドライバのダウンロード

ZIPファイルをダウンロードして解凍するとpkgファイルが出てくるのでそれを使ってインストール後再起動すれば準備完了です。

Realtek WLAN Client Utility.appを起動してアクセスポイントを選んでつなげばOKです。

というか簡単につながったよ!

WPA-PSKもWPA2もTKIP、AESで使えるようです。

AirMacとして認識されないのが残念ですが、なんかの理由で無線LANカードが壊れちゃった、なんて時に安いRealtekの無線LANカードが使えるってことがわかっていると対応方法もいろいろとれていいのではないでしょうか。

ということで休日ならではの実験でした。

これであと入手しやすいIntelの3945ABGとか4965AGNがちゃんと動けば安心なんだけどなあ。

iPhoneから無線で写真を印刷できるようにする「HP iPrint Photo」登場

 

iPhoneから無線で写真をプリント 「HP iPrint Photo」登場

米Hewlett-Packardは12月15日、iPhoneとiPod touchに保存した写真を無線LAN経由で印刷するためのソフト「HP iPrint Photo」をリリースした。AppleのApp Storeから無料でダウンロードできる。

うちの家庭のプリンタはHPの無線LAN対応のやつなんでばっちりです。
さっそくダウンロードしましたよ。

起動するとフォトアルバムを選択し、その中から印刷したい写真を選びます。
するとその写真が表示されあとは「Print」ボタンを押すだけです。
HPのプリンタが検出されないと、「No Printers available」が表示されるだけで、明示的にプリンタを指定するようなことはできないようです。

プリントサイズは米国標準の4×6インチと欧州標準の10×15センチから選択できる。

日本のL判サイズの89×127mmもサポートされる日がくるかな。くるといいなあ。

にしても、iPhone用のアプリは毎日何かしらおもしろいものが発表され、その度にダウンロードしているんでそのうち私のiPhoneはたいへんなことになっちゃうんだろうなあ。

ちなみにMacで使う、ってこと考えるとHPのプリンタが一番よいような気がします。このあたりはさすが米国のメーカー、ってところでしょうか。現在キャンペーンをやっているようです。


あやしいアイコンで盗難に遭ったiPhoneを救うアプリ「iDateMe」

 

あやしいアイコンで盗難に遭ったiPhoneを救うアプリ「iDateMe」

デンマークのlogiwareが開発、12月15日に提供開始したiPhone向け「iDateMe」は、出会い系サイトに接続するふりをする盗難防止用アプリだ。価格は115円。
iDateMeは一種のトロイの木馬。同アプリをダウンロードすると、ちょっとアダルト風なアイコンが画面上に表示される。盗んだ人間がこのアイコンをクリックすると、プログラムがあたかも出会い系サイトのデータベースに接続し、デートの相手を選別しているかのようにふるまう。
しかし実際は、現在のiPhoneの位置をGPSで確認、iPhone所有者が設定したメールアドレスにその情報を送信するため、所有者はiPhoneの現在位置を把握できる。

買いましたよ、すぐに。

で、試してみたんですけど・・・メールがこない・・・

メールアドレスを設定する項目がSMTPサーバのアドレスとログインIDとパスワードしかないんで、うちのメールサーバみたいにPOP befire SMTPが設定されているとメール送れないじゃないかな、なんて不安もあるし、送れたとしてもきっと英文のメールだからサーバーのスパムフィルタでスパム扱いされているんじゃないだろうかと思うものの確認するのもちょっとなあ、という状況です。

そこでSMTPサーバをGmailのものにしてみました。

しかしこない・・・。

うーむ、困ったな。

パーティで人気者になれるかもなiPhoneの手品アプリ

 

iPhone用手品アプリ各種、です。

ビデオ見るだけでも結構おもしろいので、是非どうぞ。

まずは「Magic Match」です。iPhone使ったマッチの手品ですね。


Magic Match iPhone App from Matt Leatherbarrow on Vimeo.

ダウンロードはこちら。「Magic Match
icon

次は「Magic Bone Breaker」。くだないけど、子供は大喜び、みたいな。


Magic Bone Breaker (iPhone App) from Matt Leatherbarrow on Vimeo.

ダウンロードはこちら。「Magic Bone Breaker
icon

次、「EPS Vision」


ESP Vision (iPhone App) from Matt Leatherbarrow on Vimeo.

ダウンロードはこちら。「EPS Vision
icon

次はコインマジックです。「marty's magic coin」

ダウンロードはこちら。「marty's magic coin
icon

次も同じ人のカードマジック。「marty's magic card」

ダウンロードはこちら。「marty's magic card
icon

他にも「Pocket Magicicon」とか「Magic Showicon」というのもあるんですけど紹介ビデオは見つかりませんでした。残念。

10個の便利なiPhoneのTips&トリック

 

10 useful iPhone tips & tricks

10の便利なiPhoneのTipsとトリック、って感じの記事がありました。

既に知っているのもあれば知らなかったのもあったんでとりあえず簡単に日本語にしてみます。詳細はリンク元の英語記事読んでみてください。

1.画面のステータスバーの部分をタップするとトップにスクロールアップする。

2.スクリーンショットを撮るには「ホーム」ボタンと「スリープ/ウェイク」ボタンを同時に押す。撮ったスクリーンショットは「写真」に格納される。

3.safariとmail内の画像を保存するにはその画像を数秒タッチし続ける

4.キーボードのシフトキーをダブルタップするとキャップスがロックされる。シフトキーをタップしたらそのまま文字キーにスライドするとその文字が大文字で入力できる。

5.アルファベットキーボードの特定の文字を長押ししていると違う文字候補が表示される(例えば「u」)。数字キーボードの場合は「"」を長押ししても同じように別の候補が表示される。

6.「スリープ/ウェイク」を軽く押すとスリープ、長く押し続けると電源OFFにすることができる。「ホーム」ボタンを長押しするとそのアプリケーションを完全終了させることができる。

7.「設定」の「一般」の「ホーム」項目でホームボタンをダブルクリックしたときに動作をカスタマイズできる(「ホーム」、電話のお気に入り、iPodを指定可能)。

8.mailアプリで受信メール一覧画面で各メールを右から左(逆もOK)に指でなぞると「削除」ボタンが表示される

9.Skyhook WPSという外部サービスを使うとGPSが使えない場合でも位置を知らせることができる(Wi-Fiのアクセスポイントによる3点計測のあれですね)

10.AIMモバイルオプションってのを使うとAIMメッセージをiPhoneのSMSとして送信可能(日本だと関係ないですね)


ということで知っているものがほとんどですが、知らないものがあればもうけもん!ってことで。

'Welcome to Macintosh' というドキュメンタリーDVDが出るようです。

 

Welcome to Macintosh

'Welcome to Macintosh' というドキュメンタリーDVDが出るようです。12月15日発売で現在プリオーダー受付中です。米国の話だけど。

"Welcome to Macintosh" is the first documentary of its kind to mix history, criticism and an unapologetic revelry of all things Apple into a movie experience. The film explores the early years of Apple, the many challenges Apple has faced, and what the future may hold for the company and it's products.

あまりおもしろくなさそうなんだけど、$19.84だったらそんなもんかなあ、という気もします。サイトではプレビューも見れます。

ファンの方に。

アップルをめぐる12の疑問--Piper Jaffrayアナリストが予想する今後

 

アップルをめぐる12の疑問--Piper Jaffrayアナリストが予想する今後

リンク先記事は割とどうでもいいようなことしか書いていないんだけど、とりあえず私の勝手な予想は、来年スティーブはCEOの職を離れてもっと大局的に会社や製品の方向性や管理をするような役職を作ってそれに就くんじゃないかと予想しています。

CEOという職だとどうでもいい(?)ような書類へのサインとかいろいろ株主対応とか雑用多いじゃないですか。そういうのはもう他人に任せちゃう、と。いわゆる「CEOの激務」の部分ですね。

スティーブも、ですがなによりユーザや株主がスティーブには会社から離れて欲しくないと思っているものの、現実的には体力的な問題もあるでしょうから、そういう方向に持って行くんじゃないかなあ、と。

あ、あとショーを仕切る権利ももちろん付きですね。

iPhoneでギャルゲー!

 

世界初! iPhoneでギャルゲー!

来たよ、出来上がってきましたよ!Gift~ギフト~のiPhone/iPod touchアプリ版!

ということでiPhone/iPod touch用ゲーム「Gift~ギフト~」が1月ぐらいに発売になるそうです。

こんな感じのiPhone/iPod touchアプリ版Giftですが、加速度センサーを使用した回転に対応していたり、メニュー周りの調整を現在行っています。1月頃にはAppleStoreに並ぶように頑張っていますので、是非是非ご期待ください。

いくらになるのかなあ。

最近のギャルゲーというのはやったことがないんであれなんですけど、昔のギャルゲーみたいに紙芝居的に絵が出てきてセリフとか行動がオーバーレイの選択メニューで表示される、という形式のもんだったらすぐにでもiPhoneアプリとしても作れそうですよね(Webサイトだったら素材が揃えばすぐにでもできちゃいますね)。

まあ、それはさておき、iPhone/iPod touchのタッチインタフェースというのを考えてみると、こっち系のゲームというのはものすごい潜在的なニーズがありそうですね。アプリならではのあんなこと、そんなことも実現できそうです。

iPhoneのドキュメント化されていないUIApplicationのproximityStateChangedメソッドに関するサンプルコード

 

Apple allows Google to cheat in the SDK

Googleの新しい「Google Mobile App」では音声認識によって検索をすることができるのですが、この動作の開始は普通に電話をかけるようにiPhoneを耳にもっていってしゃべることから始まります。

この動作でイベントを開始するにはiPhoneのライトセンサーとか接近センサーみたいやつにアクセスする機能をつかわなきゃいけないわけですが、これにアクセスする方法はドキュメント化されていないしAPIもないそうです。

なわけで、AppleはGoogleに非公開情報を教えているんじゃね?っていう記事です。
すべての開発者に「フェア」じゃない、ということで多少怒っているようです。

んで、たぶんドキュメント化されていないUIApplicationのproximityStateChangedメソッドを使っているんじゃないか、ということで、じゃあ試しに使ってみるか、で作ってみたら動いたんで情報を公開しています。

Confirmed: Google is using proximityStateChanged and now SO CAN YOU! (more on that below) John Gruber over at Daring Fireball did a similar but more concise writeup and too says that Google is playing with the undocumented methods.

で、そのサンプルコードがダウンロードできます。

All and all that is what I tried and I actually got it to work! WOO HOO! So if you wanna try it just download my proximityStateChanged test application and try it for yourself.

iPhoneを耳にもっていくと何かできる、というアプリケーションが今後どんどんでてきそうですね。

耳の中の写真を撮ってくれるアプリケーション、出てこないかなあ。

「Google Mobile App」の新版を試してみた

 

「Google Mobile App」の新版、App Storeでようやく入手可能に

音声検索に対応したGoogleのiPhone向け「Google Mobile App」の新版がついに公開された。

PEOPLEの「Apple-Style Plus」あたりにはMac関係の情報がガンガン集まってくるので、この「Google Mobile App」の新版についてのレビューもあるのかと思ったら全くなかったので、じゃあ実際にダウンロードして試してみるか、と思って試しているうちに情報が集まってきたじゃないかw。

ここでやめてもしょうがないので、続けてみると、今回のこの新版の目玉は、

同検索アプリケーションは、ユーザーが携帯電話を口元に持っていったことを判別できる。後は、ビープ音の後に検索する言葉を発するだけだ。アプリケーションはユーザーが発した言葉に基づきGoogle検索を行う

という音声による検索語入力なわけですが、これは英語にしか対応していません。

で、かっこよくネイティブのような発音で単語を発音してみるんですが、これがまあ認識されないったらありゃしない。相当傷つきますね。

「getElementById」なんて入力するのが面倒なわけで、これを試してみたら
「get element by usher」って認識されましたよ。おしいなあ。

そんなわけで自分の発音チェックにも使えるかと思いますので、お勧めです。やっぱり、自分の発音は通じていなかったんだなあ、ってことを強烈に認識させてもらえますよ。

ちなみに音声としては英語しか認識してくれないのですが、検索結果は日本語のサイトが表示されますのでうまく使えればラッキーです。

早く日本語対応版でないかなあ。

Google Mobile App
icon

マイクロソフト、Office 2008 for Macで半額キャッシュバック

 

マイクロソフト、Office 2008 for Macで半額キャッシュバック

マイクロソフト株式会社は、Macintosh用の統合オフィスソフト「Office 2008 Special Media Edition with Expression Media」を対象にした「スペシャルンルン♪ Office 2008 for Mac キャッシュバックキャンペーン」を実施する。期間は2008年11月14日~2009年1月12日。

こ、これはすごい。

通常版とアップグレード版が用意されており、税抜き参考価格は順に52,800円、32,800円。この参考価格をベースに半額の26,400円、16,400円をキャッシュバックする。

Amazonでのアップグレード製品の価格を見てみたら25,920円だったので9000円ぐらいでアップグレード製品が手に入るのか!と思い喜んだんですが、よく見てみると、このキャンペーン用のアップグレード製品が個別に設定されているんですね。

Office 2008 for Mac Special Media Edition with Expression Media アップグレード (メーカー提供:16,400円キャッシュバックキャンペーン中) Office 2008 for Mac Special Media Edition with Expression Media アップグレード (メーカー提供:16,400円キャッシュバックキャンペーン中)

で、これが30420円なので差額14,000円ぐらいで購入できるわけで、まあこれでも悪くはないですね。

もうだいたい買う人は買って出回ちゃった、って判断なんでしょうかね。

私はまだアップグレードしていないので、これを機会にアップグレードしてみようと思います。
でも、iWorkとQuick Lookで十分なんだよなあ。

iMac, HP200LX, Newtonなどいろいろ安く売るそうです

 

いろいろ売ります - iMac, HP200LX, Newton

MacBook を買おうとは思ってるんだけど、妻から今の iMac を何とかしてからという条件が付いてしまった。 iMac を含めここらでいろいろ整理しようかということでいろいろ売ります。

Mac World Expoが終わった後は、日本のメディアが取り上げないような話題やユーザ視点から見たレポートがとても素晴らしい「アメリカでがんばりましょう」さんがMacBookを買うために所有しているApple製品を売るそうです。

日本人の場合はiMac以外は日本から実費で送ってくれるそうなので「Newtonって噂には聞いているんだけど実機って見たことも触ったこともないんだよね」なんて人は是非このチャンスにNewtonをゲットしてみてはいかがでしょうか?

今回売りに出しているのは、

iMac G4 - $100
HP 200LX 2MB - $120
Newton MessagePad MP100 - $20
Newton MessagePad MP130 - $60
Newton MessagePad MP2100 - $120

というものです。

リンク先の記事ではそれぞれの製品についての写真や詳しい説明がありますので是非ご覧ください。

私はこれらの中古価格の相場がわかんないのでなんともいえないのですが、iMac G4が1万円程度ってことは相当安いんでしょうね。

iPhoneをボイスレコーダにする「iProRecorder」と「iTalk Recorder」を試してみた

 

iPhoneをボイスレコーダにする「iProRecorder」と「iTalk」を試してみました。
私の場合は基本的にポッドキャスト用の録音に使えるかどうかしか見ていないので、その点は他の人と評価が違うかもしれません。

iProRecorder
iTalk Recorder

結果から書くとどっちもだめなんだけど、いざって時には使えるからインストールしててもいいかな、って感じです。

どちらもHQ(Best)、MQ(Better)、LQ(Good)の3つの録音品質が選べるわけですが、結局モノラルでしか録れないのがポッドキャスト録音用としてはだめな所ですね。

ちなみにiProRecorderは115円、iTalkは無料です。以下それにもとづき細かい違いを挙げると・・・

iProRecorderの方はさすが有料だけあっていろいろ機能があります。0.7倍から1.5倍までのスロー・高速再生機能なんかはシーンによってはすごく効果的だと思います。マイクの感度もiTalkより良いようで、例えば膝の上に置いた状態で録音しても周りのノイズは抑えめで会話だけをしっかり録音してくれます。

iTalkの方はそれに比べると単に「録音するだけ」って感じです。感度はそれほどよくないのですがまあ一応離して音は拾います。でも、マイクみたいに口に近づけて録音するみたいな使い方がいいかもしれません(逆に、そういう使い方するとiProRecorderだとメーター振り切って音が割れちゃう時がある)。

でも、これって結局使い方次第で、明らかに「インタビューしている」って時はiTalkの方がよくって、普通に会話しているのを録音する感じだとiProRecorderが向いているって感じです。

録音したファイル(.wav形式)はiProRecorderだとWebブラウザ経由でリスト一覧からマウス右クリックで「ファイルを保存」かなんかでローカルディスクに転送できますし、iTalkの場合は専用アプリをインストールしておくとドラッグ&ドロップでローカルディスクにコピーできます。私の場合、どっちでもOKです。

そんなわけでポッドキャスト用には使えないものの、たまにiPod+マイクを家に忘れて来ちゃう時があるのでその時は大活躍しそうなのと、あとなんといっても、録音しているのが相手にばれないボイスレコーダーとして活躍しそうな感じでこれは楽しそうです。

例えば会議が会った時にボイスレコーダー持ち込んだらそれはもうあからさまに「録音しているぞ」ってのが相手にばれるわけですが、これだったら普通にケータイ電話を持ち込んでいるとしか見えません。やばい会話の録音、なんかでも使えますね。

それととてもカジュアルに録音できるので、デートの時に会話を録音しておくと、あとで彼の/彼女の声がいつでも聴けるようになるので、それはとても幸せな使い方なんじゃないかと思います。

まあ、払っても115円ですからね。ということで、お勧めしておきます。以下のリンクからゲットできます。

iProRecorder
icon

italk Recorder
icon

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」がリリース

 

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」がリリース

仮想化ベンダーの米Parallelsは11月11日、Mac上でWindowsやLinuxなどのOSとMac OS Xとを並行して動作することを可能にする「Parallels Desktop for Mac」のバージョン4.0をリリースした。

 新版は旧版と比べてOSの統合が改良され、処理速度も最高50%向上、セキュリティ機能も強化したという。

あれば何かの時にも大丈夫、ということで購入してインストールしている「Parallels Desktop 4.0 for Mac」なんですが、現実的にはここ1年まったき起動されておらず、そんなわけでお金出してアップグレードしようかどうか激しく悩み中です。

Parallels Desktop 4.0 for Macは、新たにDirectX 9、DirectX Pixel Shader 2.0、OpenGL 2.0をサポートし、ビデオ性能が向上している。またAdaptive Hypervisorによりリソース割り当ての柔軟性がアップ。仮想化エンジンの最適化機能が向上し、旧版と比べリソース消費量が15%から30%減少しているという。

ビデオ性能が向上している、といっても以前は動かなかったものがなんとか動くレベルでしょうからねえ。多分期待したようには使えないんじゃないかと。

発売は英語版のみだが、日本語を含むローカライズ版が近く発売される予定。価格は79.99ドル。アップグレード版は49.99ドル。11月30日までのキャンペーン期間中は、アップグレード版が39.99ドルでダウンロードできる。

39.99ドルかあ。うーん、ほんと、どうしようかなあ。

iPhone 3G、米携帯電話販売ランキングでトップに

 

iPhone 3G、米携帯電話販売ランキングでトップに

市場調査グループのNPDは、Appleの「iPhone 3G」が、2008年第3四半期(7~9月期)における携帯電話販売ランキングのトップに立ったことを明らかにした。

昨日飲み会があったんですけど、その参加者はわりとIT業界系の人ばかりだったせいもあるんですけど、80%ぐらいはiPhone持ってたわけです。

売れてない、と言われたiPhoneなわけですが、考えてみればiPodもWindows版が出るまではあまり売れていなかったのに周りのみんなは持ってた、という状況があったんで、iPhoneもOS 2.2が出てきて絵文字がサポートされたりワンセグも見れるようになると利用者が増えるのかなあ、と。

あとはおサイフ機能だけど、これはどうするのかなあ。

HPのデスクトップPC「TouchSmart」でMacOS X

 

How to Install OS X on the HP TouchSmart

HPのタッチスクリーンをサポートしたデスクトップPC「TouchSmart」でMacOS Xを動かしたよ、って記事です。

驚くのはタッチスクリーン機能が使えている、ってところでしょうか。

This was tested on an HP TouchSmart IQ507, but should work on the entire IQ500 series, though the IQ504 runs on a different video chipset.

IQ504だけはチップセットが違うんで動かないよ、それ以外なら多分大丈夫、といっています。

To get things started, you'll need a copy of iDeneb v1.3 10.5.5 which can be found on any number of torrent sites.

「iDeneb v1.3 10.5.5」というのをBittorrentから落としてきて、そのイメージでディスク作ってVistaでOSX用のパーティション作ってNTFSでフォーマットして、BIOSでオーディオをオフにして作成したDVD突っ込んで起動したら「Disk Utility」使ってさっき作成したパーティションを「Mac OS拡張(ジャーナル)」で再フォーマットしたら「Disk Utility」終了させてインストーラに戻ってインストール先はさっきフォーマットしたパーティションを指定して「カスタマイズ」ボタンクリックして「Patches 10.5.5」を選んでFix -> ICHx Fix 、Fix -> AppleSMBIOS -> AppleSMBIOS 667をチェックしたらあとはインストールを開始しちゃえばOKというお手軽さ、というのが怖いですねえ。

でも、

The biggest annoyance right now is that you have to disable the on board audio every time you boot into OS X or else it won't recognize the keyboard and mouse. Needless to say, working audio drivers are high on my priorities list.

ということで起動の度にオーディオ機能をオフにしなきゃいけないのとマウスとキーボードを認識しないという問題があるようです。

で、動く機能はこれ。

Ethernet
Memory Card Reader
FireWire
DVD Burner
Webcam (works, but doesn't function with some apps since the graphics card isn't supported)
Touch Screen (no way to calibrate, so it's off by an inch or so)

動かないのは

Audio
Wireless Card
Bluetooth
Video Card
TV Tuner

あ、ビデオは

I have the graphics card working at 1680×1050 now, but QE still doesn't work and it doesn't remedy the calibration issue.

ということで動くは動くんだけどQuartz Extremeがだめとかキャリブレーションがだめとかまあ、いろいろありますね。

個人的にはスルーの方向で。

iPhoneにたまごっち

 

App Storeにあの「たまごっち」が登場です。

tamagotchi-20081107.gif

値段が4.99ドルってのが足元見てるよなあ、って感じですが、小さい女のお子さんがいらっしゃる方はこれインストールしておくと、何かと便利に利用できるかと思うわけで、その効果を考えると500円ぐらいならいいかなあ、と心は微妙に揺れるのでした。

tamagotchi
icon

iPhone 2.2ではPodcastが無線でダウンロード可能になるらしい

 

アップル、App Storeで拒否されたあの機能をiPhoneに追加か?

Appleは、iPhoneソフトウェアの次期版にポッドキャストを無線でダウンロードできる機能を追加するようだ。これで、Appleが同様の機能を持つサードパーティアプリケーションをApp Storeから排除した理由がより明確になった。

iTunesを経由しなくてもどこでも好きな時にPodcastがダウンロードできるようになる、ってのはいいことですね。

それは例えば毎週日曜日に配信される「Modern Syntax Radio Show」をiTunesでダウンロードしてても月曜日の朝に同期し忘れていたら出社前の電車の中で聴けないわけで、そういうことがなくなる、というわけですよ。

AppleによりApp Storeへの掲載拒否問題というのはなんとかして欲しいわけですが、とりあえずPodcastがダウンロードできるようになる、というのは喜びたいと思います。

ほんとに私のやつもダウンロードできるのかなあ。どきどき。

メモリ使用量をチェックして不安定なiPhoneを何とかする

 

不安定なiPhoneを何とかする

iPhoneのメモリ使用量をチェックできる「Memory Status」を使うと、起動直後の状態からどんどん空きメモリが減っていく様子が目に見える。Safariは? iPodは? あるiPhoneのメモリ状況の変化と、6秒長押しによるメモリ解放テクニックの効果をチェックした。

ということでiPhoneの各アプリのメモリ利用状況などをわかりやすく説明しながら、なんとか安定稼働させよう、という試みをしています。

アプリが起動している時に中央ボタンを6秒押すと完全にそのアプリを終了させることができるんですね。

私の場合、重くなってきたなあ、と思ったらすぐに再起動させちゃいます。だってその方が面倒じゃないんだもん。

まあ、Mac II Ciを使ったことある人だったらiPhoneのこの安定度は全然OKな範囲だと思うのですが、そういう不幸体験をしたことない人は毎朝1回再起動する、っていう習慣を作ってみるのもよいかと思います。靴はいてドア開けて鍵かける間に再起動は終了しますので。

iPhone解約不可撤回申し入れ...消費者機構日本

 

iPhone解約不可撤回申し入れ...消費者機構日本

特定非営利活動法人(NPO法人)の消費者機構日本(東京)は6日、ソフトバンクモバイルに対し、10月28日付で申し入れ書を送付したと発表した。
米アップル製の携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」を購入する際、利用者が同社と交わす契約書に「いかなる状況においてもキャンセルできない」と記されていることを問題視。民法や消費者契約法に抵触する可能性があるため、この文言を削除することなどを求めている。回答期限は今月18日。

たしかに「いかなる状況においてもキャンセルできない」というのは一方的すぎますよね。

店頭で「○○できる?」って聞いて店員さんが「できますよ」といったから買ったのに実はできなかった、なんてこともあるでしょうし、家に帰ってみたら自宅は電波が入らなかった、なんてこともあるでしょう。

回答期限は今月18日ということで、これの結果を楽しみにしたいと思います。

私はキャンセルする予定などは全然ないのでいいんですけどね。

iPhone版Opera mini、Appleに拒否される

 

Opera Sings an Ode to Browsers Everywhere - Bits Blog - NYTimes.com

ニューヨーク・タイムスに掲載されたOperaのco-founderのJon Stephenson von Tetzchner(こんなに長い名前なのか!?)へのインタビュー記事です。

iPhone版のOpera miniを開発したけどAppleに拒否されちゃった、と言っております。

Mr. von Tetzchner said that Opera's engineers have developed a version of Opera Mini that can run on an Apple iPhone, but Apple won't let the company release it because it competes with Apple's own Safari browser.

Safariと競合するから、というのが理由だそうです。

どこまで本当だかわからないですけど、例えば標準で搭載されているメールソフトよりより高機能なメールソフトを作ろう!と思っても、できたあとから掲載拒否されちゃたまったもんじゃないので、このあたりはなんとか改善されないもんでしょうかね。

にしても拒否するAppleもすげーな。

ブラウザとかメールはセキュリティホールになる確率が高いのでこのカテゴリのプロダクトのサードパーティの参入は認めていない、なんて建前コメントするんだろうな。だったら最初から宣言すればいいのに。

スティーブ・ジョブズの流儀とアンプラグド

 

「スティーブ・ジョブズの流儀」という本が10月23日に出ました。

スティーブ・ジョブズに関する書籍はいいもの悪いもの含めほとんど読んでいるので、これもきっと読むんだろうなあ、と。

でもたいていは既にどこかの本で書かれていることばかりなんですよねえ。

基本的に日本人は好きじゃないけど、浮世絵と京都と三宅一生は大好き、みたいな話が満載な本ってでないかなあ。

ちなみに日本でスティーブの基調講演が開かれた時、観衆が待っている間にフロアに流す音楽はエリッククラプトンの「アンプラグド」というCDじゃなきゃだめ!と急に言い出して幕張まで届けにいったのは私です。

外から見てる分にはいいけど、できればあまり関わり合いになりたくないタイプの人間ですね。

スティーブ・ジョブズの流儀 スティーブ・ジョブズの流儀

アンプラクド~アコースティック・クラプトン アンプラクド~アコースティック・クラプトン


NTFS形式のHDD、Macから書き込み可能に――アイ・オーがユーザーに無償提供

 

NTFS形式のHDD、Macから書き込み可能に――アイ・オーがユーザーに無償提供

アイ・オー・データ機器は2008年10月29日、NTFS形式でフォーマットしたHDDにMacintoshから読み書きするツールを、同社のMac用HDDのユーザーを対象に無償提供すると発表した。
提供するツールは「Paragon NTFS for Mac OS X 6」。通常のパッケージ版は実勢価格4500円前後で市販されているが、これと同一のものを無償で提供する。対象製品のユーザーは、同社Webサイトで HDDのシリアル番号を入力することで同ツールをダウンロードできる。

4500円程度のソフトが無料で入手できるわけで、そのあたりを計算しながらアイ・オー製品買うか、他買うか悩む、って感じでしょうか。

無料で入手できるのは以下の製品購入者のようです。

ツール無償提供の対象となる外付けHDDは、USB接続で据え置き型の「HDCN-U/M」、IEEE1394b接続で据え置き型の「HDCN-UE/M」、USB接続で携帯型の「HDP-US/M」の各製品。

Intel Macのみだそうです。

「Google Earth」のiPhone/iPod touch対応版が公開

 

「Google Earth」のiPhone/iPod touch対応版が公開

Googleは26日、地図ソフト「Google Earth」のiPhoneおよびiPod touch対応版を公開した。日本語を含む18言語・22カ国の「iTunes App Store」から無料でダウンロードできる。

取り上げているブログを読んでいると絶賛されているんだけど、私的にはよくわかんないってのが正直なところでしょうか。

Google Mapsの方が全然速いし便利なような気がするんだけど、これがGoogle Mapsに比べて威力を発揮するシーンというのが思い浮かびません。まあ、無料だからいいんだけどさ。

もう少しいろんなブログを読んでみようと思います。

Steve JobsによるNeXT社内プレゼンビデオ

 

今のAppleの一番偉いスティーブ・ジョブズという人はその前にNeXTという会社を作ってたんですが、そのときに社員向けに作成されたビデオがYouTubeにありました。Internal Use Onlyということで社員以外は見たことない、というものですが、私も見たことがありませんでした。

これ、いつの頃かな。Lotus Imporvなんかが話に出てくるからそんなに初期でもないですね。

で、Inter-personal-computingとかMission Critical Custom Applicationなどいろいろ喋っているわけですが、それは未来である現在から見ると実に正しいことを言っており、その為のNeXTの技術というのも素晴らしかったんですけど、なんで成功しなかったのか、といえば多分これが誰も理解できなかったんでしょうね。

昔はSunが強力に強く、1996年ぐらいにはSunがAppleを買収するんじゃないかと言われてたんですが、今や立場が逆転しているというのも皮肉なものです。

相変わらず黒のタートルシャツを着ています。

31日で31個のiPhoneアプリを作ろう!というサイト「Apps Amuck」

 

Apps Amuck

The key here is simple: "Taking baby steps is better than taking no steps at all!" We plan on writing 31 iPhone applications in the next 31 days.

31日で31個のiPhoneアプリを作ろう!というサイトなんですけど、iPhoneアプリ初心者が勉強に利用するサイトとしてもとてもいいのではないかと思います。

Xcodeをインストールして言われるがままにコードを書いてiPhoneシミュレータで動かしてみると、MacOS Xのまた違った楽しみを覚えて楽しいかもしれません。私にはできないだろうけどw

iPhoneのSDKのNDAが解除されたのでこの手のサイトはたくさん出てくると思いますが、誰か日本語で始めないかなあ。

マイクロソフトが「Silverlight 2」を間もなくリリース,Windows MediaコンテンツがMacでも利用可能に:ITpro

 

マイクロソフトが「Silverlight 2」を間もなくリリース,Windows MediaコンテンツがMacでも利用可能に

マイクロソフトは2008年10月10日,Webブラウザ上でリッチ・コンテンツを表示するためのプラグイン「Microsoft Silverlight」の最新バージョン,「Silverlight 2」の概要を発表した。新しい機能として,デジタル著作権管理(以下,DRM)の新技術「Microsoft PlayReady」をベースとした「Silverlight DRM」を追加した。Silverlight DRMにより,これまでWindows OSでのみしか利用できなかったWindows Mediaコンテンツが,Mac OSでも再生できるようになる。

DRM付きのWindows Mediaコンテンツが,Mac OSでも再生できるようになるとのこと。
ようやく実現かあ。長かったなあ。

Silverlight 2の正式版のリリースは,2008年10月第3週中を予定する。同社のホームページから,Silverlight 1.0からのバージョン・アップ,および新規ダウンロードができる。

10月第3週中っていった今週じゃないか!
わーい、ですね。

あとMacじゃできないこと、ってなにがあったっけ。

ブライアン・イーノが開発したiPhone/iPod Touch用のアプリケーション「Bloom」

 

Bloom - GenerativeMusic.com

Developed by ambient pioneer Brian Eno and musician/software designer Peter Chilvers, Bloom explores uncharted territory in the realm of applications for the iPhone and iPod touch.

あのブライアン・イーノが開発したiPhone/iPod Touch用のアプリケーションです。

画面をタップするだけで誰でもアンビエントでありながら複雑なパターンやユニークなメロディを作成することができるそうです。

これに対するイーノのコメントは

"Bloom is an endless music machine, a music box for the 21st century. You can play it, and you can watch it play itself." - Brian Eno

ということだそうです。細井さんはもうゲットしたのかなあ。

Bloom
icon

iPhone開発者のためのクックブック $25.59

 


InformIT: iPhone Developer's Cookbook, The: Building Applications with the iPhone SDK - $25.59

Leading iPhone developer Erica Sadun begins by exploring the iPhone delivery platform and SDK, helping you set up your development environment, and showing how iPhone applications are constructed.

iPhoneのSDKに関するNDAが解除されるとこういう書籍がたくさんでてくるようになるので嬉しい。

日本語版の解説本っていつ出てくるのかなあ。

Apple、iPhoneアプリ開発の秘密保持契約を撤廃

 

Apple、iPhoneアプリ開発の秘密保持契約を撤廃

開発者から不評だったiPhone OSの秘密保持契約(NDA)を、リリース済みのものに限り撤廃することを明らかにした。

これでようやく「iPhoneアプリ開発講座」なんかが開かれるようになりますし、書籍やサイトもいろいろ出てくることでしょう。

NDAのおかげで「○○やりたいんだけど、どうすればいいの?」と聞いても誰も教えてくれませんでしたから。そんな感じで途中でわかんなくなってやめちゃった人って結構いるんじゃないかな。

これはもしかしたらAndroidの発売が影響しているのかもしれません。競争があるってやっぱり素晴らしいな。

「駅探エクスプレス」iPhone版、機能強化版を350円で有料販売

 

「駅探エクスプレス」iPhone版、機能強化版を350円で有料販売

駅探は、iPhone 3GとiPod touchに対応した乗換案内ソフト「駅探エクスプレス iPhone/iPod touch版」Version 2.0を有料アプリとして販売を開始した。料金は350円で、「App Store」からダウンロードできる。

「駅探エクスプレス iPhone/iPod touch版」は気が狂いそうによくできたソフトウェアです。
素晴らしすぎて何も言えません。

でもさらに機能アップしたそうです。

前回終了したポイントからアプリを起動できる「レジューム機能」や、時刻表表示での平日・土休日指定への対応などが行われた。また、今後も機能性や使い勝手の向上を継続的に進めるとしている。

で、350円です。安いもんですね。

先日、母がお墓参りで状況したときにとても便利に使わせてもらったので感謝の意味を込め早速購入したいと思います。

なお、無料版に関しては提供を当面継続する予定という。

無料版もまだまだ使えるようなので、まだ使ったことがない人は是非試してみてください。

駅探エクスプレス
icon

まあ、電車に乗らない人は関係ないソフトウェアなんですけどねw

iPhone/iPod Touchのアプリ「Guitarist」

 

これ、ギターというより、ギターの音を出す新しい楽器、という感じがとてもよいので買ってしまいました。

iBloggerを買おうかどうか悩んでいたんですが、ネタフルに人柱になってもらって買わなくてよくなったんで。ネタフル、ありがとう。おかげでこれ買えたよ。

5フレットづつ表示されるわけですが、そうなるとペンタトニックスケールしかできないよ。しくしく。

Guitarist
icon


Appleのさらに新しいJavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」

 

Introducing SquirrelFish Extreme

Just three months ago, we announced SquirrelFish, a major revamp of our JavaScript engine featuring a high-performance bytecode interpreter. Today we'd like to announce the next generation of our JavaScript engine - SquirrelFish Extreme (or SFX for short).

AppleのJavaScriptエンジン「SquirrelFish」がまだリリースされていないのにも関わらず、次のバージョンである「SquirrelFish Extreme」が紹介されていました。

「SquirrelFish Extreme」は「SquirrelFish」の2倍のパフォーマンスを達成するようです。

これは「バイトコードの最適化」「ポリモルフィズム・インライン・キャッシング」「ライトウエイト・"コンテキスト・スレッデッド"JITコンパイラ」そして「新しい正規表現エンジン」によって実現されるそうです。それぞれの技術の詳しい説明はリンク先記事でどうぞ。

この新しい「SquirrelFish Extreme」を使うとWebkit 3.0の10倍のパフォーマンスになるようで、競合他社のJavaScriptパフォーマンス戦争はヒートアップしてきましたね。

MacOS XをEee PCで動かす方法のWiki

 

Run Mac OS X on an Eee PC - Wired How-To Wiki

WIRED.COMでEee PCにMacOS Xをインストールする方法とか問題点などがWIKIでまとめられています。

まずライセンスに関する説明があるんですが、

But, before we get started there are a few things you should know. First and foremost, you're about to violate Mac OS X's licensing agreement, which specifically states that use must be limited to Apple hardware.

ということでAppleのEULAに違反するよ、ということが書かれています。AppleのEULAってApple製ハードウェア以外にMacOS Xをインストールすることを許可していないんですよね。

というわけで訴訟のリスクもあることを前提にEee PCにインストールする方法が書かれています。

まず、うまく動かない機能として、

・音がならない
これはUSBオーディオドングルを使えば音を出すことはできそうです。

・イーサネットが動かない
これもUSBイーサネットドングルを使えば有線LAN接続できるようです。

・Fnキーが動かない
Fキーがうまくうごかないようです。なのでExposeとかが使えなくなるのかな。

・Wi-Fiはサードパーティのドライバが必要
純正のドライバじゃWi-Fiは動かないようです。

こういう状況下でインストールして何が楽しいのかよくわかりませんが、まあこういうのはロマンですからね。

その後具体的なインストール方法に入るわけですが、これってSSDにインストールするんでしょうかね。いわゆるCドライブの4GBに入るのかなあ。

ハードディスクに交換する過程なんかがないんでSSDにインストールするんですね。ちなみにSSDの代わりにハードディスクを使う方法もあると思うのですが、1.8インチのディスクでも高さが8mmのやつだとうまく収まらないので5mmのものを使う必要があるようです。

参考:
【特別レポート】Eee PC 901-Xへの1.8インチHDD内蔵に挑戦

ということで今度の秋の連休にでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

MacOS Xがネットブックで動くんだって!?ってことでネットブックに興味を持った人は是非PEOPLEのネットブックのテーマにも参加してみてください。参加者にはネットブックも当たりますよ。

Atom Netbook/MID

iPhoneでIDやパスワード入力作業を軽減する「LogOnce」

 

LogOnce Toolbar. Free password manager

LogOnce Toolbar is a Plug-in for Internet Explorer (similar to the Google Toolbar), which gives you the possibility to easily manage all of your internet accounts' passwords such as Gmail,Yahoo,Facebook and other web sites which require passwords.

WindowsのIE用のツールバーで、ログインが必要なページのIDとパスワードを記憶してくれます。で、それをiPhoneからブックマークレットとして呼び出すことで面倒なIDやパスワード入力作業を省略してくれる、というものです。

Mac用だと1Passwordというのがありますが、それのWindows版みたいなもん、と考えればいいんでしょうね。

まあ、確かに便利は便利なんだけど、怖いといえば怖いですね。「1Password」みたいのローカルアプリとして動いた方が安心なんだろうけど、Windowsにはそういうのないしなあ。

iPhoneアプリ開発会社向け投資ファンド「iFund」,5社に合計3000万ドルを出資

 

iPhoneアプリ開発会社向け投資ファンド「iFund」,5社に合計3000万ドルを出資

ベンチャー・キャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)は,iPhone/iPod touch向けアプリケーションなどの開発会社を対象とする投資ファンド「iFund」を通じ,5社に合計3000万ドル以上を出資した。

5社に合計3000万ドル以上ってことは1社あたり600万ドルなわけで、なんでたかがiPhone用のアプリ作るのにそんなの費用が必要なのかまったく理解できない次第です。

出資先は,ソーシャル・ネットワーク機能を備える情報共有アプリケーション「Whrrl」のPelago,遠隔ホーム・オートメーション/監視システムの iControl,ゲームのng:moco,ソーシャル・ネットワーク/マーケティング・プラットフォームのGOGIIと,社名がまだ決まっていない仮想世界アプリケーションを提供する予定の企業。

これってiPhone用のアプリだけじゃなくてiPhoneは単にクライアントプラットフォームの1つにしか過ぎないような気がするわけだけど、まあ資金調達できた会社は「よかったね」なんでしょうね。

iFundは,KPCBが2008年3月6日に設立した投資ファンド。iPhone/iPod touch向けアプリケーションやサービス,コンポーネントを手がける企業に総額1億ドル出資する計画を立てている。これまでのところ,同ファンドには 2700件以上の出資依頼があったという

みんな「金くれ、金くれ」なんだろうなあ。東京にある某銀行みたいなもんですね。

iPhone用ブログ記事作成アプリ「Blog Press」

 

iPhone用のブログ記事作成アプリ「Blog Pressicon」がリリースされていました。

BloggerやWordPress、、Windows Live Spaces、Movable Type、そしてTypePadなどをサポートしているようです。

有料アプリなので試せていないのですが、便利だったら買ってもいいかな。OS2.1から日本語入力もとても快適になったし。

既に試した人がいるかなあ、と思い「Apple PEOPLE」を見てみたらしっかりいました!便利だなあ。

iPhone用ブログエディタ「Blog Press」簡易レビュー

でもBloggerで使われているようなのでMovable Typeでの使い勝手がわかりません。

そんなわけでMTで試した人がいたら是非コメントかトラックバックでお知らせください。よろしくお願いします。

MacOS Xのスクリーションショットのデフォルト画像フォーマットを変更するコマンド

 


Terminal Tips: Change your current screenshot format

MacOS Xで画面のスクリーンショットを撮る時はcommand+Shift+3とか4を押すだけでOKなので便利なわけですが、その画像の形式はpngです。

pngでもいいんだけど、jpgしか読めないケータイ電話なんかに持って行こうとするとフォーマット変換が必要でちょっと面倒です。

で、そのデフォルトの画像フォーマット形式を変更する方法です。Terminal.appを使って以下のコマンドを実行するだけです。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

最後の「jpg」がデフォルト形式をjpgにする、というものです。jpg以外にtiffやpdfも指定できるようです。ちなみにNeXTSTEPのスクリーンショットのデフォルト形式はTIFFでしたね。

元に戻すときは上記コマンドの「jpg」部分をpngに変更して実行するだけです。

単純なことだけで、私はこれできっとものすごく楽になれます。

CNBC.comに掲載されたスティーブ・ジョブズのインタビュー動画

 

Steve Jobs Talks New iPods, Health: My One On One - Tech Check with Jim Goldman - CNBC.com

CNBC.comに掲載されたスティーブ・ジョブズのインタビュー動画です。新しいiPodの発表会終了後に収録されたようです。

たいしたことしゃべってませんけど、ファンの方どうぞ。

にしてもインタビューアーはどうして聞きたい質問の前に余計なことたくさんしゃべるんだろうか。
しゃべりが速くて疲れますよ。スティーブの英語はとても聞きやすいです。

意地悪なことも聞かれていますけど、切れることなく答えています。大人になったなあ。

劇的な改善多数──iPhone 3Gファームウェア「2.1」は米国時間12日に配布開始

 

劇的な改善多数──iPhone 3Gファームウェア「2.1」は米国時間12日に配布開始

発表会で講演したCEOのスティーブ・ジョブズ氏は、iPod touch向けのファームウェアバージョン2.1は9月9日から、iPhone向けの2.1は9月12日から配布すると話した。

とりあえず昨晩一足先にリリースされたiPod Touch用の2.1を適用してみたんですが、なんかアップグレードの途中でバックアップデータからデータをリストアするところでエラー起こして止まってたりして一抹の不安を感じたんですけど、その後再度コネクトしてみたら無事リストアも終了し、ファームも2.1もなっているようで一安心です。

で、2.1ですが、日本語の入力はとてもよくなっているのがわかるんですが、その他の箇所がよくわかりませんでした。Safariが落ちにくくなっているとかそういうのは使い込んでみないとわかんないんだろうな。

で、iPhone用は12日にリリースなわけですが、内容としては、

* 多数のバグフィクス
* 通話時の接続性の向上
* バッテリー持続時間の向上
* クラッシュの減少
* iTunesへのバックアップの高速化

ということなんですが、この「通話時の接続性の向上」がおもしろくって、先日の発表会の時にスティーブは2.1の内容をずらっと早口でまくし立てた中で、「fewer call drops」とさりげなくものすごく重要なことをしゃべってて、このあたりの突っ込みどころを公開しつつ突っ込まれないようにするテクニックってすごいなあ、と思いました。だって携帯電話で通話が途中で切れちゃうってあり得ない話じゃないですか。で、基本的にあっちゃいけない話なんだけど、それが「切れなくなったよ」じゃなくてまだ「fewer」なわけで、まだ落ちることがあるわけです。

いつの日か通話が落ちなくなる日をめざして、がんばれiPhone!

新しいiPodのボイスレコーディング機能が気になる

 

Apple、縦長ボディ/加速度センサー内蔵の新iPod nano

例によってAppleが何か新しいものを発表する=スティーブがスピーチした次の日はその模様をストリーミングで見ちゃうのでその間全然仕事ができなくなってしまうのですが、今回はそんなに長くなくてよかったです。

やはり注目はiPod nanoなのですが、個人的にはポッドキャスターなのでボイスレコーディング機能がどうなっているのかがとても気になります。ステレオでうまく録音できるなら買ってもいいかな、と思っているのですが、Appleのサイトのどこを読んでもそれが書いていないんですよねえ・・・。

とりあえず今回出たマイク付きイヤフォンを買ってiPod Touchで試してみるしかないのかな。

iPod nano本体はどうでもいいかな、と思っているのですが、きっとふと買ってしまうような気がしています。自分が怖いです。

ソフトバンクがiPhoneを1500社に無償貸与、法人市場に攻勢

 

ソフトバンクがiPhoneを1500社に無償貸与、法人市場に攻勢

ソフトバンクの孫正義社長は9月9日、「iPhone(アイフォーン) 3G」を法人顧客1500社に無償で貸与する方針を明らかにした。この日の法人顧客向け説明会に出席した企業が対象で、上限は各社5台、最大7500台程度を用意した。貸与期間は3カ月間で、通話料や通信料はソフトバンクモバイルが負担する。

1500社というのはすごいですね。
でも1社あたり5台ってことは情報システム部の人達が独占しちゃうのかな。

孫社長は、企業におけるiPhoneの利用イメージを、流通や運送、製薬などの業界ごとに詳しく説明。「iPhoneを使えば企業の現場の生産性が大幅に上がり、ビジネスライフスタイルが変わる」と述べた。実際にiPhoneの導入を検討している企業は増えているといい、ユニクロや新生銀行、東急ハンズなど9社を挙げた。

バーティカルマーケット単位で営業を仕掛けていくんでしょうかね。
その業種や企業ごとに特化したミッション・クリティカル・カスタム・アプリケーションが作れるのがMacOS XのXcodeなわけですが、それがうまくiPhoneの世界に展開できるといいんだけど、iPhoneのSDKはNDA厳しすぎてノウハウの伝承ができないから、このあたりのスクールとか勉強会もApple Japanと協力しあって開催して欲しいところです。


Macでは、右クリックに「enter」を仕込むとチョー便利

 

Macでは、右クリックに「enter」を仕込むとチョー便利

そこでオススメしたいのが、enterキーの割り当てです。これで右クリックが確定ボタンに早変わり。おかげで、マウスから手を離す回数を大幅に減らすことが可能なんです。

これは実際にやってみないとわかんないですけど、何にしてもこれまでマウスのボタンに「Enter」を割り当てる、という発想はなかったので、早速右ボタンに「Enter」を割り当ててみました。

さて、便利になるかな。

Mac用初の地デジチューナ「CaptyTV Hi-Vision」が5日発売

 

Mac用初の地デジチューナ「CaptyTV Hi-Vision」が5日発売

Macintosh用としては初となる、株式会社ピクセラの地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision(PIX-DT141-PU0)」の発売が、9月5日からスタートした。価格はオープンプライス。編集部が5日に確認したビックカメラ有楽町店では22,800円(+ 10%のポイント還元)で販売されていた。

USB 2.0接続型の地デジチューナだそうです。

発売当初は視聴のみで、録画はできない。

11月になると録画でもできるアップデートが出るようです。録画した番組は光学メディアに保存できるのかな。

まあ、11月に録画できるようになったとして、Macに録画したやつをDVI経由でテレビに接続して映したらどんなことになるのかなあ。いい感じになるんだったらそういうシステムでもいいな。

お、Amazonだと2万円ちょっとだ。これ買ったらEyeTVいらなくなるか?!

PIXELA CaptyTV Hi-Vision USB接続 地上デジタル放送対応 ハイビジョンテレビキャプチャー Mac用 PIX-DT141-PU0 PIXELA CaptyTV Hi-Vision USB接続 地上デジタル放送対応 ハイビジョンテレビキャプチャー Mac用 PIX-DT141-PU0

ブレイブ、iTunesで再生している楽曲の歌詞を表示するプラグイン

 

ブレイブ、iTunesで再生している楽曲の歌詞を表示するプラグイン

フェイスの子会社ブレイブは3日、iTunesで再生している楽曲の歌詞を表示できるプラグイン「KASIMO」を公開したと発表した。同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。対応OSはWindows XP/2000、Mac OS X 10.3.9 以降 または Mac OS X 10.4.9以降。

再生している曲の歌詞を表示する、っていうのはTuneTextというのが既にあり、私はそれを使っているのですが、こちらのやつは歌詞を表示するのにiTunesのビジュアライザを使うというのが違うところです。

試していないのでわかんないんですが、ビジュアライザ使うと歌詞と歌が同期したような感じでスクロールしていくのかなあ。

表示した歌詞のiPodへの転送はできないようなのでTuneTextと併用というのがうまい使い方なのかもしれません。

「テトリス」類似の「iPhone」アプリが削除に--著作権と商標権侵害の申し立て受け

 

「テトリス」類似の「iPhone」アプリが削除に--著作権と商標権侵害の申し立て受け

ある若いソフトウェア開発者は自身が製作した「iPhone」向けゲームをAppleの「App Store」から削除することに決めた。同ゲームが有名なアーケード型ゲーム「Tetris」にあまりにも似ているからだ。

「あまりにも似ている」というよりテトリスそのものなんですけどw

私もこれ、ダウンロードしてiPhoneで遊んでいますが、指で操作するってすごくむずかしいですね。特に横移動。

タップするとパーツが回転するんですが、横移動させようと触ったとたんにクルって回転して「きゃーきゃー」いいながらなんどもタップしてようやく落とすべき方向に定まったとして横移動させようと触ったとたんにまた回転・・・。まあ、そういうのを楽しむゲームなのかもしれません。

Witherspoon氏はブログで、この件は法廷に持ち込まないと決定し、米国時間8月27日にこのゲームを引き上げると述べた。

んで、Appleはやばいアプリは手持ちのiPhoneからリモートで削除できるらしいので削除されたかなあ、と思いつつ私のiPhoneをみたけど削除されていませんでした。

ドタバタあって楽しいですね。

MacクローンメーカーのPsystar、アップルを反訴

 

MacクローンメーカーのPsystar、アップルを反訴

MacクローンメーカーのPsystarは、米国時間8月26日に、Appleが起こしていた著作権侵害訴訟への回答を提出すると同時に、Appleは反競争的な商慣習に関わっているとして、Appleを反訴する予定である。

Mac Proより安価なPCパーツを使って組み立てたPCにMacOS Xを搭載して販売しているPsystarが当然のごとくAppleから訴えられたわけですが、それに対してPsystarが反訴するようです。

こういうシーンはこれまでもよくみられたんですが、興味深いのはPsystar側の弁護士事務所がCarr & Ferrell法律事務所であるという点です。

Carr & Ferrell法律事務所は過去にもBurst.comの一件でAppleと争議した経験があり、しかも勝訴してたりするわけです。

勝てる、と思っているから引き受けているんでしょうから、これはどういう結末になるのか楽しみです。

個人的にはPsystarが販売しているマシンはOSの再インストールですらユーザはできず、将来のOSのアップグレードに対して何の保証もないので、もしかしたら生まれるであろうかわいそうなユーザーのために是非Appleには勝って欲しいものだと思っております。

Hackintoshは自己責任で!

レイ・アウト、MacBook Air専用の3ポートUSB 2.0 Hub

 

レイ・アウト、MacBook Air専用の3ポートUSB 2.0 Hub

株式会社レイ・アウトは、MacBook Air専用の3ポートUSB 2.0 Hub「RT-MBA3H1/S」を9月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は1,980円。

買う!とりあえず買う。

USB 2.0が1ポートしかないMacBook Air専用に設計されたデザインで、側面もMacBook Airのエッジに沿ってカッティングされている。装着するとUSB端子の隣にあるヘッドフォン端子をふさいでしまうため、前面にパススルー端子を備えることで対応した。

パススルー、素晴らしい!

で、買うのはいいんだけど、Airを実際にずーっと使っているわけですが、USB1個しかないというのがどうしても困るってシーンってあまりないんですよねえ。でも、3ポートハブがあったらiTunesの充電しながら外付けディスク付けてみたいなことやるかもしれないので、とにかく買ってみる。

iPhone Tips:トップバーをタップするとトップにスクロール

 

iphoneの画面で、下の方にずーっとスクロールしたときにキャリア名(ソフトバンク)や時間が表示されれいてるバー部分をタップすると画面が一番上までスクロールする、

ってことを今まで知りませんでした。

iPhone対応なゼンハイザーのマイク付きヘッドホン

 

ゼンハイザーコミュニケーションズ MM 50 for iPhone MM 50 iP」というiPhone用のマイク付きヘッドホンです。

ゼンハイザーのベストセラーヘッドフォンCXシリーズに「インラインマイク」を装備したiPhone対応のヘッドセット。CXシリーズで培われた定評のある力強い低音とクリアなステレオサウンドを実現しました。音楽を聴いている最中でも、電話着信通話ができるインラインマイク/トークボタンを搭載、着信を逃さず通話ができます。

いいな、これ。買ってしまいそうだ。

問題はマイク部分の重さで耳にどれだけ負担がかかるか、ってところでしょうけど、ゼンハイザーだしこうやって発売しているからその点はクリアになっているんだろうな。

いままで五千円ぐらいのヘッドフォンばかりつかっていました。これはいいです。高音から低音まで細かいディテールを再現しています。まよわず買いです。

グラグラ揺れる物欲・・・。

ゼンハイザーコミュニケーションズ MM 50 for iPhone MM 50 iP ゼンハイザーコミュニケーションズ MM 50 for iPhone MM 50 iP

タメが作れるであろう iPhone/iPod Touch用のタッチペン

 

ThinkGeek :: iPhone Japanese Touch Pen Stylus

iPhone/iPod Touch用のタッチペンです。

iPhone/iPod Touch用のタッチペンは「iPhone 3G用タッチペン付きスターティングセットをONEDARIしました。」でも書いたようにすでに株式会社レイ・アウトさんのやつを入手済みで、サンドイッチ食べながらiPhone操作すると画面が油でたいへんなことになり、そんなときにこのタッチペンがとても便利だということは実感済みなんですが、このタッチペンもまた魅力的です。

魅力のポイントはここ。

このドラッグするとき用の「タメ」っていうんですか。この「ぐっと押してぱーんとスクロールさせる」という動きが多分このタッチペンの方が感覚的にあっているような気がするんですよ。

んで、これ、日本のどこのメーカーなのか探してみたら中々見つからなかったんだけど、ようやくプリンストンのやつだってことがわかりました。

1480円なので失敗して痛くない値段ですね。

iPod touch/iPhone専用タッチペン『PIP-TP』

iPhoneをワイヤレスドライブに変える待望の「DataCase」ついに発売

 

iPhoneをワイヤレスドライブに変える待望の「DataCase」ついに発売

アプリは価格$6.99。 簡単に使える無線ストレージ端末にiPhoneを変えてくれる。外付けの無線HDDと化したiPhoneには、同じワイヤレス接続ネットワーク内にある他のどんな端末からでもアクセスが可能だ。

iPhone上の特定のフォルダにHTTPやFTP、AFPなどでアクセスできるようになります。

かねがねiPhoneをUSBメモリ的にストレージとして簡単に利用したいなあ、と思っていたんですが、いちいちケーブルつなぐのが面倒だったので即購入しました。

だって、

ずっとテストしてるが、ちゃんと動いてる。大筋では(一度閉じてまた開くと再接続が大変だけど)。$7払う価値は絶対ある。ビジネスユーザーなら即ダウンロードだろう。

って言ってるんだもん。値段は800円でした。

PowerPointとかWORD、EXCEL、PDFのファイルが「読める」ということで日本語ファイルを試してみましたが、PowerPointのレイアウトがおかしくなるものの、一応問題ないレベルでよめました。PDFとかは全然問題なし。WORDは絵が入ったやつとか試してないけど、これもちゃんと読めました。EXCELは罫線とシートのタブがついた「EXCEL見たまんま」の状態で見れました。

まだよく使い方わかってないのと、切れたあとの再接続のたいへんさというのはありますが、今後のバージョンアップに期待して使ってみたいと思います。

以下のリンクをクリックするとiTunesが起動してApp Storeを表示します。

DataCase
icon

Steve Jobs: MobileMe "not up to Apple's standards"

 

Steve Jobs: MobileMe "not up to Apple's standards"

スティーブ・ジョブズさんが社員にMobileMe のローンチは早すぎでAppleのいつものレベルを満たしていないね、とメールしたそうです。

Jobs goes on. "It was a mistake to launch MobileMe at the same time as iPhone 3G, iPhone 2.0 software and the App Store," he says. "We all had more than enough to do, and MobileMe could have been delayed without consequence." We agree with that one.

ということで、失敗したなあ、とスティーブも思っているという記事でした。

おっと、One more thing...

"The MobileMe launch clearly demonstrates that we have more to learn about Internet services," Jobs says. "And learn we will. The vision of MobileMe is both exciting and ambitious, and we will press on to make it a service we are all proud of by the end of this year."

年末まで、かよ!

つうか、MobileMeのシンク機能はとても素晴らしいし、メールとかフォトとかアドレス帳とかディスクもいいんだけど、月800円というのはやっぱり高いなあというのが正直なところです。だってシンク機能以外使わないんだもん。

iPhone持っているとたしかにMobileMeは便利、というかほぼ必須なんですけどね。

MobileMe (パッケージ版) MobileMe (パッケージ版)

「パケット定額フル」料金改定──iPhone 3GやXシリーズのパケット代、2段階定額制に

 

「パケット定額フル」料金改定──iPhone 3GやXシリーズのパケット代、2段階定額制に

ソフトバンクモバイルは8月5日、iPhone 3GやXシリーズの端末で利用できる定額サービス「パケット定額フル」の料金を2段階定額制に改定すると発表した。またEメール(i)の保存期間を無期限にするほか、iPhone 3Gの予約販売も開始する。
月々2万175パケット以下なら1695円、それを超えると1パケットあたり0.084円の従量課金になり、7万1250パケット以上は5985円で固定になる。

みんな幸せな素敵なプランですね。

パケット定額フルだったら無線LANが使えるところでもパケット通信でいいや、ってことでWi-FiそのものをOffにして使ってた人もこうなると積極的にWi-Fiを使いたくなるものです。その結果ソフトバンクの3G回線の負荷が減るわけですからね。

といってもiPhoneはなんかちょっと使っただけでも7万1250パケット以上いってしまいそうな気がするんですけど、それは月額の利用状況を見てみないとわかんないですね。

LeopardのMail.appのData DetectorsをOffにする方法

 

Turning Off Apple Data Detectors in Mail

I don't like the data detectors that Apple added to Mail in Leopard, because I never use them and they interfere with selecting text. I just figured out that you can disable them by entering ...

ということで、MacOs X 10.5のMail.appから搭載されたメールの本文中の名前とか住所とか電話番号にマウスカーソルをあわせると矢印が表示されてそこからサブメニューでアドレス帳に登録したりGoogle Mapsで表示させたりする便利な機能をオフにするためにターミナルコマンドが紹介されています。

ターミナルを開いて以下のコマンドを入力すればよいようです。

defaults write com.apple.mail DisableDataDetectors YES

個人的には好きな機能で、特に「大きな字で表示」はよく使います(アップル・ジャパンの人は「誰が使うのかわかんないけど」といっていましたがw)。

まあ、いらない人は邪魔でしょうがないんでしょうね。

iPhone/iPod Touchで直接ブックマークレットを登録する方法。

 

Enter bookmarklets directly on iPhone

iPhone/iPod Touchで直接ブックマークレットを登録する方法。

ブラウザでブックマークレットを登録してそれを同期したほうが圧倒的に楽だとは思うのですが、どうしてもそういう状況が作れない場合に直接mobile Safariにブックマークレットを登録する方法だそうです。

1.「設定」→「機内モード」を「オン」に

2.safariを起動。「データにアクセスするのは、機内モードをオフにするか、Wi-Fiを使用してください。」というアラートが出るので「OK」をクリック。

3.ブックマークレットをロケーションバーに入力。

4.「インターネットに接続されていないためページを開けません」というメッセージが出るので「OK」をクリック。

5.そのページをブックマーク。

6.機内モードをオフに戻す。

あのQWERTYキーボードでも結構入力できるもんっすね。

「機内モード」をOn/Offした時の飛行機アイコンのアニメーションがかわいいなあ。

ネットジャパン、Mac OSからNTFSにフルアクセスできるドライバソフト

 

ネットジャパン、Mac OSからNTFSにフルアクセスできるドライバソフト

通常、Mac OS Xは、NTFSドライブに対して、読み込みはできるが書き込みができないため、Windowsシステムに書き込みを行なう際は、FATドライブやネットワークドライブを介する必要があった。

 このソフトは、「UFSD (Universal File System Driver)」と呼ばれる独自の技術により、NTFSドライブに対して、Mac OS Xシステムからネイティブかつ高速に読み込み/書き込みができる。

家では100%Macなんですが、Macを仕事で本格的に使い出したのは実はLeopardになってからです。そんなわけでWindowsのソフトも使う必要があるんだろうなあ、と思ってParallelsを入れているんですが、すでももう全く使わないですね。でもParallelsでNTFSで、なんて人には便利なんでしょうね。

Windowsのソフトウェアを使う必要がある場合はもちろんあるんですけど、最近のミニノートPCがとても安いのでそういう用途にはそっちを使った方がよいようです。いつでもインストール直後状態にしちゃっても平気、というのは気が楽です。

なので、この「NTFSにフルアクセスできるドライバソフト」ですが、これもあった方がいいような気がするんだけど別になくても大丈夫かなあ、という気がします。

4410円だそうです。

FSF、アップルGenius Barへ「質問攻め」キャンペーン--DRM技術に抗議

 

FSF、アップルGenius Barへ「質問攻め」キャンペーン--DRM技術に抗議

だからこそ、すべての人々の自由を保護したいと考えているFree Software Foundation(FSF)は、Appleのデジタル著作権管理(DRM)技術から世界を守るための突拍子もないキャンペーンを開始したのだろう。そのキャンペーンとは、Genius Barに自由を愛する開発者らが大挙して押しかけ、自由に関する質問を行い、Appleの自由に欠ける回答を記録するというものだ。

くだらないですね。まるで子供です。

というか不具合で困っている普通のユーザの邪魔なんでそういうのやめてほしいです。

FSFも平和のためならなんでもやるグリーンピースみたいになってきたな。

「スティーブ・ジョブズ神の交渉力」を読みました。

 

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!」という本を読みました。

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48) スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)

200ページちょっとしかないので今日買って今日のうちに読み終わりました。

感想は「なんか微妙」という感じでしょうか。はっきり書けば「つまんない」。

「神の交渉力」としてスティーブの20代、30代の頃のAppleとかNeXT、PIXARの交渉時のエピソードを紹介されても今は時代が違いますからね。昔の話をたくさんされてもなあ、というのが正直なところです。そしてどれも以前読んだ&聞いたことある話ばっかりだし。

で、最も知りたい最近の「交渉力」はAppleの秘密主義同様に一般の耳に入ってくることはないので、筆者も知らないらしくそれ関係の記述はほとんどありませんでした。

で、どのスティーブ本にも共通している「すごいのはわかるんだけど、傲慢で独善ないやなやつ」というのは相変わらずで、この本読んで若い人がなんか勘違いしないかと心配です。スティーブの場合は彼なりのビジョンがあるから説得力があるんわけで、そのビジョンが的外れだったらそれを元にしたスピーチも単なる勘違いで終了です。

あと、大事な交渉にはすべて本人自らが臨み交渉する、と書いていますが、そんなことないってば。つうかそんな時間があるわけないじゃん。筆者も社員も知らない秘密工作員がいてそういう人が仕事しているんですよ。

そんなわけであんまり役に立ちそうもないだけど、スティーブファンの方はとりあえず読んでおかないと落ち着かないかもしれないので、あまり期待せずにどうぞ。

ちなみにこういうのもあるんですが、単なるタイトル違い(交渉力と交渉術)?でも価格は2倍するんですよ。

スティーブ・ジョブズ神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人...と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか スティーブ・ジョブズ神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人...と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか


A2DPをサポートするiPhone/iPod Touch用Bluetoothアダプタ

 

Transmitter - INFINXX AP23

With this Tiny"About 5 grams" Adapter, You can enjoy Excellent High Quality Stereo Music from Both your iPhone 2G/3G, and iPod, iPod Touch, without the Trouble of Wire Anymore!! It should be the "Must Get" item for your iPhone and iPod.

$62だそうです。これできれいなステレオサウンドをワイヤレスで楽しめるようになります。

アダプタの裏面のデザインがあれですけど、これ、早く日本でも売り出してくれないかな。

まあ、とりあえず1社から出たということはそのうち数社から出てくるでしょうね。BELKINあたりから出るのを待つのがいいのかなあ。

日本初のApple Premium Resellerがオープン

 

日本初のApple Premium Resellerがオープン

アップルが展開する日本初のApple Premium Reseller(アップル・プレミアム・リセラー)がオープンした。

 7月19日、東京・武蔵村山の「イオンモールむさし村山ミュー」の3階に、ノジマがオープンした「YCAC」が、その第1号店となる。

武蔵村山ってどこなのかと思ったら中央線の立川駅からバス、って感じのところなんですね。

イオンモールむさし村山ミュー~アクセスガイド~

そんなところに作られてもなあ・・・というのが正直な感想なんですけど、きっとテストケース扱いなんだろうな。

YCACの緒方俊貴店長は、「モール内にはファミリー層の来店が多いことから、家族連れが楽しめる店づくりを心がけた。iPodを店頭入口付近に配置したほか、ヘッドフォンなどの周辺機器を数多く展示したのも、幅広い来店客に訴求するためのもの。iLifeをはじめとするアプリケーションソフトなどのワークショップも随時予定しており、他のマック販売店とは一味違ったサービスを提供する」としている。

昨日、秋葉原のヨドバシカメラのApple売り場に行ったんですけど、そこはもうすっかりiPod売り場になってて周辺機器もiPod用ばかりで、Mac本体用のサードパーティ製品はほんのちょっとしかないわけで、きっとここも同じような店作りになっているんだろうな。

あんだけ広い売り場があったら、秋葉の小さな店でしか扱っていないようなやつも扱えると思うんだけど、それをやらないのはそういう小規模店舗に気をつかっているからなのだろうか。

なんかどこでも手に入るものが集まっているより、ここでしか買えない米国で売り出したばかりのものなどがあるほうが楽しいわけなんだけど。そういう店は最近少なくなったなあ。

iPhoneでテキスト選択と検索ができる「popIn on iPhone」

 

iPhoneでテキスト選択と検索ができる「popIn on iPhone」

popInは、ブックマークレットをWebブラウザに登録することで、Webサイト中のキーワードを選択してGoogleの各種検索や、YouTube、Amazon.co.jp、Wikipediaが検索できるサービス。
林信行さんもご推薦の「popIn」がiPhoneに対応したようです。これはきっと便利でしょうね。

というかですね、

popIn on iPhoneでは、iPhoneのWebブラウザ「Safari」上でテキスト選択を可能としたインターフェイス「popSelect」を開発し、iPhoneでのテキスト選択を可能とした。

これはすごいですね。

ということでビデオを見てみました。

うーん、うーん。もうちょっと手数少なくできないもんなのかなあ。実際に実装してみるとその困難さが理解できますね。でもそういう制限の中でよくやっていると思います。素晴らしい。

しかし、なんでiPhonesのコピー&ペーストの機能の実装のプライオリティが低いのかなあ。

ほんとよくわかんないや。


iPhone対応路線検索サイト「ジョルダン touch!」

 

iPhone対応路線検索サイト「ジョルダン touch!」

ジョルダンは、iPhoneとiPod touch向けの路線検索サイト「ジョルダン touch!」の提供を開始した。

iPhone、予約してたらキャンセルされたんでまだ入手できていません。でもそんなにあわててません。

で、iPhone用のOSは当然リリースされているので何も考えず今は目覚ましと化している初代iPhoneを2.0にしたら、当然アクティベーションが求められるわけでそんなのすっかり忘れていたんで、あわててiPhone Dev teamのサイトを見てみるも、まだPwnageTool 2.0はリリースされておらず、すっかりレンガ化してしまったわけですが、そんなときのためにiPod Touchというのがありますので、Touchの方を2.0にしました。

で、さっそくApp Storeからアプリケーションをダウンロードしたわけですが、駅探のアプリケーションがものすごく素晴らしく、感動しまくり周りの人間を捕まえては「これ、すごくない?すごくない?ほらほら」とデモして見せてたりしたわけですが、そんなわけでそれと競合関係にあるジョルダンのサービスのiPhone向けサイトが公開されたようです。

で、アクセスしてみたんですけど、こりゃもう絶対駅探の方が使いやすく、まあそりゃ単にサイトをiPhone向けに最適化しただけじゃもともと勝負にならないよね、って感じで、これはこれで今後iPhone対応をする場合の対応レベルというものをどうしなきゃいけないか、のいい例になってしまうのではないかと思いました。

はやくiPhoneゲットできないかなあ。

MacのCPUの利用率を表示する「CPU History」

 

CPU History

CPU History is an application that graphs your current CPU usage history in the Dock icon, and optionally in a floating window. You can customize colors, update frequency, and bar thickness.

CPUのグラフをDockの中とか小さなウィンドウの中に表示させることができるMacOS X用のユーティリティです。

アクティビティモニター使うより軽いし小さいのでよいかも。

CorkboardというMacOS X用のソフトウェア

 

Corkboard. ⌘C and ⌘V are so 1984.

MacOS X用のソフトで、画面いっぱいにコピーしたデータを貼り付けることができるようになます。

なんというかDashboard画面全部にぺたぺた貼り付けられるような感じです。

貼り付けたデータは普通に一直線に並んだりせずにちょっと傾いてたり、削除するときもMacっぽい消え方をしたりでなかなか楽しいです。

スクリーンショットをここに掲載できればもっと伝わるかと思うんですけど、夜も遅いことですし仕事もたまっているのでこんなところで勘弁してください。

Spacesが登場したような感じで複数のDashboardレイヤーみたいなのが登場するような気もします。

ドコモにはプラダフォンがある。でも高いよ。

 

「ドコモにはプラダフォンがある」──山田新社長、iPhone販売は「あきらめていない」

NTTドコモの山田隆持社長が6月23日、就任後最初の定例会見に臨んだ。ソフトバンクモバイルからの国内販売が決まったiPhoneについて、「去年(初代が)発売された時はみな驚愕(きょうがく)したが、その後はタッチパネルを各社が採用してきている。ドコモ陣営にはプラダフォンがあるし、 SH906iもあり、こうした端末で対抗していきたい」と話した。

単にタッチパネルだけの問題じゃないんだけどなあ。
iPodな部分はどうすんの?

タッチパネル・インタフェースは確かに目を引くものではあるんだけど、慣れてきたらそれ自体はどうでもよくなりますからね。それよりやはりアプリケーションですよ。

DoCoMoのタッチパネル機は最初からインストールされているアプリ以外はタッチインタフェースじゃ使えないだろうし。

というかiPhoneをケータイ電話というレベルで考えちゃうとどうかなあ、と思います。あれは今の時代のスタイルに合ったひとつの新しいプラットフォームって考えるといいんじゃないかな、と。UMPCのもっと特化したタイプっていうのかなあ。

でもまあ、ケータイ屋さんはやっぱりケータイとして見るしかないから「うちだってタッチパネル機あるもんね」としか言えないんだろうな。

プラダフォンはよくできているなあとは思うんですけど、値段がね。

まあ何にしても、iPhone買ってもおサイフ機能と通話受けとiモードサイトの利用でちゃんと今もっているDoCoMo機を使いますから大丈夫ですよ>DoCoMo

パケホーダイは解約すると思うけど。

「iPhone 3G」がBluetooth認証

 

「iPhone 3G」がBluetooth認証

Apple製の「iPhone 3G」がBluetoothの認証を取得した。

 Bluetooth SIGの「Bluetooth Qualified Listings」によると、iPhoneのBluetoothコアバージョンは2.0/2.0+EDR。HSP、SPP、HFP、PBAP、Host Controller Interfaceなどに対応。

これだけじゃ何のこっちゃ、って感じでよくわからないのでWikipediaを見ながらそれぞれのプロファイルを説明すると、

HSP(Headset Profile)
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル、モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する

SPP(Serial Port Profile)
Bluetooth機器を仮想シリアルポート化するためのプロファイル

HFP (Hands-Free Profile)
車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル、HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ

PBAP (Phone Book Access Profile)
電話帳のデータを転送するためのプロファイル

というわけですが、A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) という音声(音楽)をレシーバー付きヘッドフォン(またはイヤホン)に伝送するためのプロファイルがないのがとてもがっかりです。

なんでAppleはBluetoothで音楽を聞かせようとしないんだろうか。サードパーティ保護なのかなあ。

Apple Store期間限定20%OFFでグラグラ

 

Apple Store期間限定20%OFFというメールが来て見てたんですけど、これを買おうかどうか激しく悩み中です。

 G-Tech G-DRIVE Q 500GB Quad

通常価格 ¥39,800が特別価格で¥31,840ですよ。
4400円引きじゃなくて7,960円引きなわけです。

FireWireのポートが余っているんで(USBはカツカツ)、外付けディスクはFireWireのやつにしたいと思っているんですが、FireWireだとなかなか安いのがないしっていう状況をずっとがまんしていたんで、今とってもぐらぐらしています。もう少し、価格調査をしてみようと思います。

で、ついでにこれもこれからの夏場に向けて買ってもいいかなあ、とグラグラしています。

 Belkin Lap Pad

これも通常価格 ¥4,480が特別価格で¥3,570ですよ。困りましたな。

そのほかにもいろいろあるんで、興味ある人は以下のLinkShareのアフィリエイトリンクからどうぞ。

Macで今年の夏を楽しもう。 ボーナスキャンペーン 第1弾

作ってみたら意外に小さかったスティーブ・ジョブズのペーパークラフト

 

スティーブ・ジョブズの紙人形(自作可)

image.jpg

印刷してみたら小さかったのびっくり。はさみで切ったけどカッターの方がよかったかな。

仕事しろ、俺。

世界観が素晴らしい――ソフトバンク孫社長がiPhoneの魅力を熱弁

 

世界観が素晴らしい――ソフトバンク孫社長がiPhoneの魅力を熱弁

こうしたOSや流通段階のシステムを一から作るとなれば,5年はかかるだろう。iPhoneをまねた端末が登場してくるかもしれないが,iPhoneのようなSDKやiTunesストアを含めたシステムはな