サイト内検索:

の最近のブログ記事

ベッドで恍惚...沢尻エリカ"絡み"ヌード!

 
女優・沢尻エリカ(24)が28日発売のインターナショナル・モード誌「Numero TOKYO」9月号(700円、扶桑社)でセミヌードを披露した。

ベッドで恍惚...沢尻エリカ"絡み"ヌード! 次は?

沢尻本人が提案した企画でテーマは「露出」と「絡み」。外国人男性モデルとのベッドシーンを匂わせる濃厚な"絡み"で、セクシーな表情を見せた。

私は正直なところ沢尻さんはどうでもよかったりします。

で、沢尻さんといえば高城さんなんですが、サイゾー7月号の高城 x コバヘン対談、というかインタビューは結構面白かったです。あの内容は深いですね。

そんなわけでまず沢尻さんのヌードがみられるというヌメロ・トウキョウです。

Numero TOKYO ( ヌメロ・トウキョウ ) 2010年 09月号 Numero TOKYO ( ヌメロ・トウキョウ ) 2010年 09月号

で、高城 x コバヘン対談が読めるサイゾー7月号です。もう8月号出ているからバックナンバーでしか買えないんですが。

サイゾー 2010年 07月号 [雑誌] サイゾー 2010年 07月号 [雑誌]

貞本義行氏絶賛!「スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX」

 
貞本義行氏絶賛!(漫画家、アニメーター。『新世紀エヴァンゲリオン』他) 「少女達の危ういエロスに、男たちは翻弄され続ける。 それはDNAに組み込まれた、宿命かもしれない」

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX

とりあえずあの貞本義行が絶賛!となればエヴァファンな私としては注目せざるを得ません。

で、何?と思ったら、


" 挑発か、無防備か── "

少年の視点で切り取られた、少女に対する戸惑いと妄想。

女子校生に対するうしろめたいような感覚、
ある意味フェティッシュな視線を切り取った、新感覚の写真集。
思春期の原風景としての"スクールガール・コンプレックス"

写真集なんですね。「2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞」というのを受賞しているそうです。こんな感じの写真のようです。

こういうのこそ電子書籍としてリリースして欲しいものです。

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX


トーハン:電子書籍取り次ぎサービス年内にも開始

 
出版取次大手のトーハン(近藤敏貴社長)は1日、電子書籍の取り次ぎサービスを年内にも開始すると発表した。

トーハン:電子書籍取り次ぎサービス年内にも開始

えっ、何するの?と思ったら、

出版社から書籍の電子データを預かり、電子書籍端末や携帯電話、パソコンなど、それぞれの形式に加工したうえで、アマゾンやアップルのような電子書籍配信会社に送付する。配信会社からの集金や著作権の管理なども代行。紙の本と電子書籍の共存を目指し、書店のデジタル化も積極的に支援するという。

なるほどね。

出版社からデータをもらってそれを端末タイプに合わせてデータ変換します、ってのはわかりますね。でも、それって出版社の下請け企業がやってたやつじゃん。零細・中小企業の仕事奪うなよ。

電子書籍会社への配信とか集金はシステム組んじゃえばお互い直にできるからなあ。あえて間に1社いれてそこでコスト上げる必要はないだろ。

書店のデジタル化も積極的に支援もきっと「電子書籍店化しないとやばいですよ」といいつつ、そのコンサル費用とか毎月の運用費をもらうんだろうなあ。書店は売れなくてもそういうお金払わないといけないんだろうなあ。

「電子書籍が普及すれば、取次会社などは不要になる」という業界関係者もいるが、トーハンの担当者は「配信会社は100近くあり、著者や出版社が個別に取引するのは難しい。中小も含め、どの出版社でも電子書籍に対応できるようにサービスを提供したい」と話している。

まあ、そのうち著者と読者が直接繋がるようになるんだろうけどね。

でも最初に「紙の本ありき」で話が始まった場合に、オプションとして電子出版という話が出た時にそれに対応できる体制を作っておく、というのは普通の話ですね。

でも、でも、私の場合はMP3が登場したときはすぐに持っているCDを片っ端からMP3化してRioのMP3プレイヤーで聞いたもんですが、書籍の場合は「片っ端から」ってこともないし、データと紙形式の本があったら(今は値段の差があまりないので)紙の方を買いますね。

やっぱり紙媒体は耳で聴くだけの音楽とは違って、紙の素材とか活字の大きさや書体、印刷の雰囲気などデジタル化したものとはかなり違いますからね。

そんなわけで案外電子書籍というのはある程度認知されるものの、言われているほど広まらないのかもしれません。

ブレイクスルーがあれば別だけど。例えば村上春樹の「1Q84」の第4巻が電子書籍形式でのみ発売!みたいなやつね。

明朝体ファンに送る『市川崑のタイポグラフィ「犬神家の一族の明朝体研究」』

 
現在の映像表現に多大な影響を与えた映画監督、市川崑。 彼の独特な明朝体表現は、テロップ表現の古典的スタイルとして定着しつつあるが、その研究・分析が行われることはほとんど無かった。 L字型極太明朝体の表現は何を指し示しているのか。 代表作「犬神家の一族」を中心とした数々の作品を材料に、映画評論、デザイン評論の二つの視点から切り込む。

市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究

中途半端じゃない明朝体、つまり徹底的に細いか太い明朝はアートの一部であり、直接的にメッセージを伝える媒体として非常に有効なわけですが、そんなわけで極太明朝体といえばやはり市川崑ですね。

例えばこんな感じ。エヴァンゲリオンのファンの方であればなんかぐっとくるものがあるのではないでしょうか。

犬神家の一族 通常版 [DVD] 犬神家の一族 通常版 [DVD]

獄門島 [DVD] 獄門島 [DVD]

金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX 金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

さて、そんな市川崑のタイポグラフィについて明朝体を中心に分析している本が出るようです。目次的にはこんな感じ。

序章 「犬神家の一族」の周辺 市川崑タイポグラフィの影響/七〇年代の金田一耕助ブーム/問題のありか/明朝体の系譜
第1章 市川崑明朝体の正体 金田一耕助の推理/「犬神家の一族」明朝体の条件/書体のウエイトと容疑者たち/金属活字の時代/写真植字とは何か/容疑者たちの素性/エッジの処理と印刷適正/髭あり書体と髭なし書体/手型あわせと共犯者/混植組版の理由/事後共犯はミスか/市川崑の姓名/井上刑事が指し示す真実/書体に託した意味 /『悪魔の手毬唄』『獄門島』『女王蜂』/市川崑明朝体の正体/市川崑の関与
第2章 市川崑明朝体のレイアウト レイアウトの分析手法/出版物のフォーマット/レイアウトグリッドの機能/映像のなかの文字/『犬神家の一族』の特殊な画面比/四種類のレイアウトグリッド/気配りのレイアウト/グリッドの変遷とその理由/縦組横組のレイアウトパターン/L型配置の変化/市川崑がめざしたもの/『病院坂の首縊りの家』
第 3章 市川崑タイポグラフィの作法 市川崑の作法/映画の文字の目的指向性/市川崑作品の書体分類と題字/特太の明朝体とにじみの作法/巨大明朝体の作法/小道具の新聞作法/読書行為を暗示する作法/L型配置の作法/極小題字の作法/タイプフェイスの導入/見出明朝体とL型配置の融合/混植と変形の作法/ゴシック系書体の作法/レイアウトグリッドの作法/「記録か芸術か」騒動とその後
第4章 市川崑の明朝体表現と日本再発見 「ルパン三世」のタイプライター表現/ディスカバージャパンの時代性/『木枯し紋次郎』と『股旅』/デザインのジャポニズム/ジャパン・タイポグラフィへ /『犬神家の一族』への結実
最終章 市川崑明朝体のその後 市川崑タイポグラフィの展開/絵画的キャプションの応用/映像と文字が共鳴するクレジット/衰退する写真植字と『どら平太』/リメイク版『犬神家の一族』へ

7月12日に発売だそうです。買うか。

市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究 市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究

「できるポケット+ Evernote 活用編」が明日発売

 

コグレマサト, いしたにまさき, 堀正岳という強力な執筆陣による「できるポケット+ Evernote 活用編」が明日発売になります。

既に発売済みで好評な「できるポケット+ Evernote」を読んだ人が次にチャンレジしたいあれこれが書かれているんでしょうね。中身読んでいないからわかんないけど。

ちなみに「できるポケット」というのはインプレス社の書籍のシリーズ名なんだけど、最初はなんかどっかのWebサービスなのかと思っていました。なのでその「できるポケット」というサービスとEvernoteをどう連携させて使うのか、みたいな本なのかあ、と思っていたわけです。

でも、仮にEvernoteみたいなサービスを自分が作ったとしたらその名前はきっと「できるポケット」にするだろうなあ、って考えるとなんかとても興味深いです。私の場合、「ノート」というよりはDropbox的に「なんでも入れちゃえ」みたいな使い方をしているので。

さて、次は「応用編」になるのかな?

できるポケット+ Evernote 活用編 できるポケット+ Evernote 活用編

できるポケット+ Evernote できるポケット+ Evernote

「少年サンデー for iPhone」で名作を配信 iPad版も準備中

 
学館は、週刊漫画誌「週刊少年サンデー」の名作漫画を配信するアプリ「少年サンデー for iPhone」を6月16日に公開した。アプリは無料で、有料漫画コンテンツを購入して使う。iPad版も準備中という。

「少年サンデー for iPhone」で名作を配信 iPad版も準備中

アプリは無料でコンテンツは有料、というのと、アプリは有料だけど最初にかなりたくさんコンテンツが入っている、っていうのだと、後者の方がその続きを読みたくなるんで効果的だと思うのだけど、そういう意見はなかったのかなあ。

まあ、それはそれとして、

まずは「うる星やつら」(高橋留美子)、「うしおととら」(藤田和日郎)、「名探偵コナン」(青山剛昌)、「MAJOR」(満田拓也)の各1~5巻を、1 巻450円で発売。今後、毎週2巻ずつ発売する。

450円はぼったくり過ぎでしょう。

「うる星やつら」の新装版が410円ですよ。印刷・配送・在庫その他のコストかかるものが410円ですよ。

うる星やつら 1 新装版 (少年サンデーコミックス) うる星やつら 1 新装版 (少年サンデーコミックス)

ブックオフに行って105円で買ってきて、それをKinko'sに持ち込んで断裁化に105円払っても210円ですよ。スキャナない場合でも1冊90円でスキャン&PDF化してくれるサービスあるし。

1冊100円以下なら買っちゃうのになあ。でも、アプリで読む、ってことはPDFとかの汎用フォーマットじゃないんですよね。で、きっとそっから抜き出せないんだろうな。

ううむ、やっぱり自炊か・・・。

PCのCD/DVDドライブに音楽CD入れるとiTunesが勝手にCDタイトルや曲名引っ張ってきてMP3やAACに変換してくれるみたいに、本を入れたら勝手に断裁&PDF or JPEG化してくれるようなデバイスってないのかなあ。まあ、あっても高いんだろうけど。

「ツイッター 仕事で役立つ即効ワザ57」という本を読みました。

 

ONEDARI BOYS 4周年オフ会の時に頂いた「ツイッター仕事で役立つ即効ワザ57」という本を読みました。

R0011726.JPG

ビジネスパーソンが仕事でツイッターを利用するためのノウハウを、 基本的な操作方法から、独特のマナーや用語、さらに使いこなすためのツール、 企業の成功事例にいたるまで、部数No.1月刊パソコン誌が、丁寧に解説する。

さすがにこの手の書籍は作り慣れている日経PC21らしく、テキストもわかりやすいし図版も多様されてて良い感じです。そして個人がプライベートで使う場合から企業がビジネスで使う場面などひととおり網羅されている、ってのもこの薄さを考えればすごいもんです。

ただ、「Twitterってなあに?」という全く知らない人が読むにはちょっと踏み込み過ぎている感じはありますし、またいろんなアプリや外部サービスをあれこれガンガン使ったりしているTwitterユーザさんにはちょっと足りない内容かもしれません。つうかTwitterで炎上することすら想像できない人もいるわけですからね。

とりあえずTwitter始めてみたけどよくわかんない、って人がじわじわとこの本を読みつつ実践していくとその楽しさや深さを感じることができるのでしょう。

そんなわけで会社の部とか課単位とかお友達と一緒に買って、わかんないところを一緒に試行錯誤しながらTwitterやっていく、なんて時にぴったりかもしれません。

ツイッター仕事で役立つ即効ワザ57 ツイッター仕事で役立つ即効ワザ57

【速水健朗氏・円堂都司昭氏インタビュー】バンドを通して組織のかたちを考える 『バンド臨終図巻』

 

とてもおもしろい記事でした。音楽ファンならきっと楽しめる内容だと思います。

【速水健朗氏・円堂都司昭氏インタビュー】バンドを通して組織のかたちを考える 『バンド臨終図巻』著者 速水健朗氏・円堂都司昭氏インタビュー:ソフトバンク ビジネス+IT

そんなわけで『バンド臨終図巻』という書籍の著者へのインタビューです。

この本、どんな本かというと、

【速水健朗氏】僕としては、組織論みたいなことをバンドで語れないかと思って企画したんです。これはまえがきでも書きましたけど、結成の理由はたいしてない......だいたい高校時代の同級生で作ったとか、ライブで気に入って引き抜いたとか、割と偶然でというパターンが多いけど、解散にはドラマがある。そのドラマを集めてみようと思ったのがそもそものきっかけです。

以下、おもしろいかった部分を引用。

なんていうかポールの気持ちがわかるようになった。実はビートルズを最後までつなぎ止めていたのって、ポールなんですよ。ポールは、メンバーの心がどんどん離れていったときに、率先してつなぎとめようとするんです。さっき言った、屋上ライブもそうですよ。ビートルズは1966年からライブをやらなくなっていて、すでにスタジオバンドになってたけど、もう1回ひとつになるためにライブ録音だけでアルバムを作ろうぜ、ってポールの呼びかけで集合して、一瞬だけみんな仲良くなるんですよね。でも、例の屋上ライブの前のスタジオ・セッションでけんかが起こっちゃって。たしかジョージ・ハリソンが、ギターで何かポールに指摘されて......。

映画「Let It Be」で、そのシーンがありましたね。

Let It Be [DVD] [Import] Let It Be [DVD] [Import]

ストーンズは長く続いているよね、って話には、

【円堂氏】クッションとしてチャーリー・ワッツがいるっていうのもでかい。
【速水氏】あと、ロン・ウッドが宴会部長で盛り上げ役としてドライブさせてる感じがあるじゃないですか。ロン自体、最近まで正式メンバーにしてもらえてないみたいな、メンバーシップの強固さみたいなのも関係ありそう。

日本で長く続いているバンドは?という質問に対してムーンライダーズが挙げられるんですが、

【速水氏】あそこはみんな個々に独立して仕事を持ってるんですよ。メンバー全員が外でプロデューサーをやれるし、CM音楽、アニメや映画、ゲームの音楽とか、みんなそれぞれべつの仕事を中心にやってるんですね。それは理想的な在り方ですよね。バンドで稼ぐ必要はないから、解散する必要もそんなにないという。

でも実は最古バンドはアルフィーという事実があるんだけど、

【速水氏】誰もアルフィーをロックバンドと考えていなかったという問題も大きいんだけど(笑)
【速水氏】3人の趣味があまりにかみあわないからじゃないでしょうか(笑)。確か菊地成孔が言ってたんだけど、アルフィーはヘヴィメタの人とフォークの人とジャズの人が一緒にバンドやってるって。

その他、チェッカーズやらYesの「Yesという看板」の話とかロキシーミュージックのブライアン・フェリーとイーノの話とかいろいろ面白いのでリンク先の記事を是非読んでみてください。

バンド臨終図巻 バンド臨終図巻

「3月のライオン」第4巻を買いました。 @3_lion

 

本日発売の「3月のライオン」の第4巻を恵比寿のアトレの有隣堂で朝一で買いました。

2010-04-09 15.56.53

なんで朝一で買ったかというと、

「3月のライオン」4巻購入で、描き下ろしマンガプレゼント

4月9日に発売される羽海野チカ「3月のライオン」4巻(白泉社)を対象店舗で購入すると、描き下ろしマンガが掲載されたイラストペーパーがプレゼントされる。

ということでそのイラストペーパーが欲しかったからです。

で、配付書店にリストに有隣堂があったのでそこで買ったわけですが、店員さんは何事もなく「3月のライオン」第4巻を袋に入れて渡してくれて終了してしまいました。

「イラストペーパーはもらえないんですか?」と一言言えればよかったんですが、もらえる情報がうろ覚えだったのと私がいい年した男性であることでそれが言えませんでした。人生損しています。

ということで恵比寿のアトレの有隣堂ではイラストペーパーがもらえなくて残念だった、というお話でした。しくしく。

村上春樹の「1Q84 BOOK 3」は来週4月16日に発売だった。

 

すっかり予約するのを忘れていました。

青豆さんは高速道路であのあとどうなったんでしょうか。天吾くんと青豆さんは会えるのでしょうか?

ここでちょっと悩むのは「1Q84」の1巻と2巻をもう一度読み直してから第3巻を読むべきか、それともいきなり第3巻を読むべきかです。

うーんうーん、これは悩ましいぞ。

そんなわけで予約し忘れていた人は是非こちらからご予約よろしくお願いします。

1Q84 BOOK 3 1Q84 BOOK 3

「売れると思ったのに売れぬ本」フェア 作者は衝撃?

 
福岡・天神のジュンク堂書店で、店員が「売れると思ったのに、なぜ売れぬ」と思った本を100点集めた、意外に売れない本フェアが開かれている。

「売れると思ったのに売れぬ本」フェア 作者は衝撃?

いいなあ、リアル店舗もがんばっているなあ。

九州最大規模の店内で埋没していたが、2階エスカレーター横の「一等地」で真価を問う。企画した店員は「応援したい良書ばかりだが、作者が見たらショックかも」。フェアは今月中旬まで。

いやいや、みんな売れると思っていたけど実際は売れなかったわけだから、もう一回チャンスをもらって作者も嬉しいと思いますよ。

で、どんな本があるのかというと、

並ぶのは、「恋と股間」という刺激的な題で出版された中学生向けの生き方指南書や50年以上前のミリオンセラーの復刻本、10年おいて重版された町歩きエッセーなど。

で、この「恋と股間」というのをAmazonで見てみたらそのレビューがおもしろかったです。

他にも「おまえは明石屋さんまではない」「ふられそうになったら、必死で食い下がれ」など胸が熱くなる内容がもり沢山です。 買って損はないです。 僕は便所に置いて、いつも排便をしながら、目頭を熱くして読んでおります。

「排便」というのがいいなあ。すべてを台無しにしそうでぎりぎりのところで踏ん張っている感がとてもいい。

あ、ふんばってる、を掛けているんですが、どうでもいいですかそうですか。

恋と股間 (よりみちパン!セ) 恋と股間 (よりみちパン!セ)

「思いどおりに働く!―20代の新世代型仕事スタイル」を読みました。

 

宮脇君著書の「思いどおりに働く!―20代の新世代型仕事スタイル」がある日突然なんの予告もなく送られてきたので読んでみました。いわゆる献本ですね。

R0011576.JPG

いわゆる「勝手に送ってくる」というパターンはよくあるのですが、頂けるということはとてもありがたいので何とかお返しをしたいなとは思うものの、どうもやはり「だめなものはだめ」ということでそういう物はブログでは紹介しなかったりします。

で、今回ここで紹介するということはよかったわけです。すごくすんなり読めて読後もとても爽やかな気持ちになれました。

この「思いどおりに働く!―20代の新世代型仕事スタイル」は

本書は、自分の思いどおりに働きたいと願うビジネスパーソンを対象とした仕事術の本(ややデジタル版)です。サブタイトルに「20代」とありますが、30~60代のビジネスパーソンにも、参考になるワークスタイルを紹介しています。

ということで20代で企業した方々(経営者や従業員)のワークスタイル=仕事のやり方について紹介しています。

著者の宮脇君は

現在は、広域品川圏のビジネス&カルチャーにフォーカスしたインターネット新聞『品川経済新聞』編集長。外部編集者&ライターとして、フリー マガジン『R25』『L25』、ウェブマガジン『R25.jp』(リクルート)ほか、各種メディアの企画・制作(取材、執筆、編集)を行っている。また、ナイキジャパン、P&G、モスフードサービスなど、さまざまな企業サイトのメディア制作・プロデュースも手がける。

というバックグラウンドの人なのですが、さすがに「編集」が素晴らしく、この本も20代の経営者に取材した内容を絶妙に「編集」しています。

だから、まあ著書は著書なんだけど、著者自身がこれまで経験した仕事術を得々と語るわけではなく、あくまで20代の経営者が主人公になっています。

この「取材した内容をまとめる」という作業は一度経験したことがある人ならわかると思いますが、実にたいへんな作業です。読み手に明確に伝えたい事を伝えるためにどれだけ脇を固めればよいのか、とか、取材した人が「意図が違うよ」とならないために編集者の先入観などが入らないようにするなど、もう360度関係各方面に気を配らなければなりません。

そういう裏の苦労はたくさんあるのですが、読者はそういう苦労に気づくことなくどれだけすんなりと読めるか、というのが編集の腕なわけですが、この本はしっかりこれがやれています。

ということで、10人の20代経営者及び従業員が登場するわけですが、それぞれ違うワークスタイルなので、この中のどれかはきっとあなたのワークスタイルに合ってそこから何かヒントを得ることができることでしょう。

ちなみに本の「はじめに」の中で、

スゴイ20代はスゴイんです。

と念を押しているのですが、これは一般的には「年取っている方がすごい」という概念があるからなのかなあ。

スゴイ人というのは年代関係なくいますよね。逆にだめな人もいるし。というか、年取るとだめな人の方が多くなる、と私は思っているのですが、そう感じるのは私が年をとっているせいなのかもしれないです。

で、本を読み終わり自分が20代だった時のワークスタイルというのを考えてみたのですが、私が20代の頃はインターネット及びその上の各種サービスなんてありませんでしたから、もろ「アナログ」な世界で仕事をしていたわけです。

で、そういう泥臭い経験というのが後々生きてくるわけですが、でも例えば今の20代の人が40代ぐらいになった時にはさらに新しい「何か」がそこにあり、その時の20代はそれを活用しているわけなので、まあなんというか昔を振り返っちゃいけないよな、と思う次第です。20代が今インターネット活用しているんだったら40代や50代も活用すればいいんだけですよ。

最後に個人的な考えになりますが、この本のタイトルは「思いどおりに働く」なんですが、20代の時は「思いどおり」という能動的な意志をもって行動するよりはとにかく量をこなすことで様々な経験を積んでいった方がいいと思います。たくさん経験することで、自分の合うもの合わないもの、知らなかった事、様々な価値観に出会うことができます。それが自分にとってどうなのか、なんてことは後から考えればいいので、とりあえずぶち込めるだけいろいろな情報を自分にぶち込んでいった方がいいと思います。

それを租借するのは年とってからでも大丈夫です。たくさん食えるのは若い時だけですからね。

本の目次などは以下のAmazonへのリンクからどうぞ。いい本ですよ。

思いどおりに働く!―20代の新世代型仕事スタイル 思いどおりに働く!―20代の新世代型仕事スタイル

発売前にタダで読める!『できるポケット+ Evernote』読者モニター募集開始

 
そのEvernoteの使い方・効果的な活用方法をわかりやすく解説した『できるポケット+ Evernote  パソコン、iPhone、Androidで使えるimpressjapan紙を超えたデジタル・ノート術』が2010年3月 5日に発売となります。 本書の発売に先駆け、一足早く本書電子版をお読みいただき、その内容を実践・試していただける読者モニターを募集することになりました!

発売前にタダで読める!『できるポケット+ Evernote』読者モニター募集開始

その内容を実践・試していただける読者モニター、かあ。

個人的には「好きに使って」ならいいんだけどちょっと強制が入るといやかなあ。

といっても、結局そこに書いていることは実際に試してみるわけですから結果は同じなんですけどね。なんというか入り方が違う、みたいな。

ともあれ、Evernoteをもっと活用したい、と考えている人はたくさんいるでしょうからこの機会にモニターに応募してみてはいかがでしょうか?

応募受付締切は2月21日のようです。

私は・・・きっと著者の方から頂けると思っておりますので今回は応募しません。

本買うもんね、という人は以下をどうぞ。

できるポケット+ Evernote できるポケット+ Evernote

クリス・アンダーソン著『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』が先着1万名までダウンロード無料

 

フリーミアム.jp [FREEMIUM.jp] クリス・アンダーソン著 『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』

世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル「フリーミアム」という「無料」を前提とした新しいビジネスモデルを説く書籍「フリー <無料>からお金を生みだす新戦略」のPDFファイルが1万名限定で無料ダウンロード可能です。今のところあと8000人ぐらいOKのようです。

ダウンロードする前に軽いアンケートがあるんですが、まあこれはこちらとしても興味深い内容なので協力するといいと思います。アンケートに答えると全体の結果が表示されるので、自分が入力した答えと比べてみるとよいでしょう。

で、注意がひとつあって、それはこのアンケートに答えたブラウザでしかアクセスできない、という点です。私は最初MacのChromiunを使ってアンケートに答えたのでどうしようもない状態になってしまいました。

で、このPDF、いろいろプロテクトが掛かっているので、ダウンロードしたPDFをどっか別の端末で読もうとすると苦労することになるのですが、まあ若いうちの苦労は買ってでもしろといわれているのであれこれ努力してみるのもよいかもしれません。

まあ、それはさておき、この本、おもしろいですよね。競合が無料攻撃をしかけてきたらどうなるだろう、なんてことを現実的な事としながら読んでみるとよいかもしれません。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

オタクな皆さんの部屋の写真集「OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS 」

 

ダニー(弾じゃないよ)すごいな。

月間200万ユニークユーザー、2000万PVを誇るサイト「ダニー・チュー.com」サイト内コンテンツの書籍化です

dannychoo.comに投稿された世界のオタク部屋の写真がまとめられ写真集となったようです。その名も「OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS 」。

「オタク」といわれる人たちの部屋って実際はどのような様子なのだろう?ごちゃごちゃして気持ち悪いのでは?というイメージを持ちがちですが、実際に見てみると意外にもきれいに飾られており、中にはインテリアの一部として参考にしたくなるような部屋もあります
日本だけにとどまらず、いまや世界中で日本の文化として認知されている「OTAKU」。本書は普段はのぞき見ることのできないオタク達のクールでスタイリッシュな部屋の様子を国内外通して眺めることができる書籍です。

うちも大きなフィギュアとかガチャガチャのフィギュアとかありますけど、ガラスのケースに入れていたりちゃんと棚に並べて飾っていますからね。確かにイメージとしてはオタク=汚い、ってあるかも知れませんけど現実はそうじゃない、っていうことが社会一般に認識されるといいなあ。

OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS OTACOOL WORLDWIDE OTAKU ROOMS


神々の「Web3.0」

 

Web 3.0です。しかも「神々の」です。

では、ウェブ3.0とはいったいどのようなものなのだろうか?  答えは「人間関係の解析」と「あなただけのカスタマイズ世界」だ。今後、インターネットで行われるサービスは、すべてがこの方向に向かうだろう。

ふーん。

そこで、近い将来、市場を制覇する可能性がある20以上ものオンライン・サービスを実際に取材し、開発者たちが何を考えているのかを明らかにした。彼らの誰かが、グーグルの次の「神」になるはずである。

グーグルが神なのかと言われると微妙なんだけど。仮に今グーグルがなくなったとしても世界が終わる/インターネットが破滅するわけじゃないしw

まあ、スタンスとしては「グーグルは神」と考える、というものなんですね。

本書は、ウェブ2.0という言葉を発明したティム・オライリー氏とともに、次世代ウェブの姿を考えていく。

オライリー、きたー!

で、この本のAmazonでのレビューが的確なんじゃないかと思います。

著者の業界ネットワークを生かして様々な関係者にインタビューしたまとめ。この値段で、ここまで色々な小ネタを集めたというのは努力賞に値します。

ですね。取材・編集・出版ってなんだかんだでコストかかりますからね。その努力の結果として読み手は苦労することなく今の情報を短時間で知ることができるわけですから。

とはいえ、Web3.0というは言い過ぎだと思います。

ですね。

Web 2.0というのはソフトウェアのバージョンアップになぞられて最初の「Webとは違う物」ということを表すものとして「2.0」という呼ばれ方をされたわけですが、ソフトウェアと同じように単に機能アップ的なレベルで「Web 3.0」というのは違うでしょう。

個人的には「あー、可能性の無い技術に取材行っちゃったんだなあ」と印象を持ちました。自然文検索やメタバースなどなど。業界の一個人の印象でしかないですが「そんなもん要らないし、それがWeb3.0だとは全然思いません。」現状に毛が生えたレベルの自然文検索が仮に実現しても全然便利だとは思いません、セカンドライフが日本では流行らなかったのも必然だと思います、が皆さんはいかがですか?

可能性がないわけじゃないんだけど、これまで費やされてきた努力の延長線上で考えるとまだもうちょっと時間がかかるかな、という感じですね。でも、ある日突然こういう技術でいきなり「使えるモノ」が出てくる可能性もあるわけで、なのでインターネット系はわくわく楽しいわけです。

神々の「Web3.0」 (光文社ペーパーバックス) 神々の「Web3.0」 (光文社ペーパーバックス)

後世に伝えたい漫画、1位は・・・

 

後世に伝えたい漫画、1位は

リンク先の記事のタイトルだといきなりネタばれになっているので変えましたw

本日7月17日は、1841年にイギリスの漫画週刊誌『パンチ』が創刊されたことに由来する"漫画の日"。

へー、今日は漫画の日なんだ。

そこで、オリコンでは『後世に伝えたい漫画』をテーマに、「漫画に興味がある」10~30代の男女にアンケート調査を実施。その結果、バスケットボール漫画の金字塔である、井上雄彦の【SLAM DUNK】が1位に選ばれた。

ということで「SLAM DUNK」が1位、だそうです。

いいことですね。いつまでも手塚治虫じゃいけないですよ。

2位は「ワンピース」だそうです。ああ、これもわかるなあ。
今のジャンプでやっているやつは登場人物が多すぎで紙面がキャラだらけでもうわけわかんなくなっているんですけどw
テレビのアニメも今はちょうどだらけている時期なんですが、盛り上がっているときはあっという間に30分が経ち、早く来週にならないかな、って思いますもん。

3位は「ドラゴンボール」です。
今、アニメがデジタルリマスターで再放送されているんですが、「昔見たから別にいいかな」と思いながら録画予約して見出したらやっぱりおもしろかったのがすごいな、と思いましたよ。今はナッパが死んでベジータと戦っています。

4位以下も納得な作品がラインナップされているんですが、9位と10位はちょっと以外でした。ええ、確かにおもしろいんですけどね。でも「後生に伝えたい」となるとちょっとなあ、と思いました。まあ、いろんな意味で背景は理解できるんですが。

ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックス ドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス


CUT「ヱヴァ」特集に真希波=真綾のインタビュー掲載

 

ナタリー - CUT「ヱヴァ」特集に真希波=真綾のインタビュー掲載

7月18日に発売される雑誌「CUT」は、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の総力特集。表紙を飾る新キャラクター、真希波・マリ・イラストリアスの声を務める坂本真綾をはじめとする声優陣や、現場のキーマンとなった鶴巻和哉監督のインタビューが掲載される。

表紙イラストはキャラクターデザインを担当した貞本義行の描き下ろし。ピンクのプラグスーツを着たマリの姿は公式パンフレットや劇中スチールにも使われておらず、今回が初のビジュアル化となる。

これは買わねば!と思う理由はもっとあります。

CUTではマリ役の坂本真綾をはじめ、緒方恵美(碇シンジ役)、林原めぐみ(綾波レイ役)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー役)、三石琴乃(葛城ミサト役)といったメインキャストにメールインタビューを敢行。鶴巻監督のロングインタビューでは、「破」ができるまでの紆余曲折を語っている。

きゃー、なんて素敵なんでしょう。

さ、さらに、

また今号では、音楽ファンにとって見逃せない記事も充実。アルバム「⊿(トライアングル)」をリリースしたばかりのPerfumeや、

最近パヒュラー(Perfumeファンのことをパヒュラーって呼ぶってホントなのかな)になったんでこれも是非読みたい。

7月18日発売だそうです。予約しておこうっと。

Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌] Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]

こっちは表紙だけ、のサイゾー。ほんと表紙だけ。でもファンだから買った。

「あんたバカァ?」のセリフがリアルに心に刺さります。

サイゾー 2009年 07月号 [雑誌] サイゾー 2009年 07月号 [雑誌]

受験生の親は必見...「塾ソムリエ」著書が大人気のワケ

 

受験生の親は必見...「塾ソムリエ」著書が大人気のワケ

大手進学塾の攻略マニュアルサイト「かしこい塾の使い方」(http://www.e-juken.jp/)を運営する「塾ソムリエ」の西村則康氏(55)の著書「なぜ、ウチの子だけ合格するのか?」(マーケティング・トルネード、1470円)が発売後、アマゾンや書店で売り切れ続出し、ランキングで総合1位を獲得するなど、子ども持つ親たちだけでなく広く支持されている。

おお、これは!と思い、家に帰って奥さんにこの本を紹介すると「知ってよ。でも○○なんだよねえ」みたいな答が返ってくるんだろうなあ。

西村氏は「合格実績だけを見るのではなく、わが子の適正をしっかり見極めるべきだ」と語る。そのうえで父親の役割として(1)たまたま見かけた子供の勉強の様子に口出ししない(2)自分の学歴や受験経験を自慢しない(3)子供と母親の努力をねぎらう-ことをアドバイス。

父親の役割ですか。なるほど。ちなみにうちの場合は

(1) 子供が勉強しているところを見たことがない
(2)自慢できる受験経験がない
(3)ねぎらいが嫌み/皮肉に聞こえるらしいので黙して語らず。

です。

ちなみにこの本、タイトルが「なぜ、ウチの子だけ合格するのか?」なんですが、合格者は1人だけじゃなくて他の子も受かっていると思うんだけど。なんか変なタイトルだ。

なぜ、ウチの子だけ合格するのか?―中学受験「かしこい塾の使い方」 なぜ、ウチの子だけ合格するのか?―中学受験「かしこい塾の使い方」

【『1Q84』への30年】村上春樹氏インタビュー

 

【『1Q84』への30年】村上春樹氏インタビュー

「1Q84」読みました?おもしろいですよね。

で、村上春樹へのインタビューです。こういうのができるのが新聞社なんだから、いろいろたいへんな昨今ですががんばって欲しいものです。

10歳で出会って離れ離れになった30歳の男女が、互いを探し求める話にしよう、そんな単純な話をできるだけ長く複雑にしてやろうと。

基本的な枠組みってこれだけなんですね。まあ、確かにそうなんだけど、そこをあれだけ膨らませられるのがいわゆる「才能」なんだろうな。

僕の場合は筋書きを考えるとうまくいかない。こういうことが起こりそうだという、小さなポイントみたいなイメージは浮かぶが、あとは成り行きまかせ。筋のわかっている話を2年もかけて書きたくない。

2年間ただ頭の中にある文字を原稿用紙に書き出していく(ワープロかもしれないけど)作業は確かにできないだろうなあ。

確かに世界は1984年とは全然違う。ワードプロセッサーはあったが、家にパソコンはないからわからないことがあれば図書館へ調べに行った。携帯電話もないから、公衆電話に並び、33回転のレコードが回っていた。それが今はブログで誰もが無責任に意見を出し、匿名の悪意がたちまちネット上で結集する。知識や意見は簡単にペーストされ使い回される。スピードとわかりやすさが何より大事になる。

「スピードとわかりやすさ」

まあ、ネット上は無責任な意見や悪意だけじゃないんですけどね。でも善意よりは悪意の方が比率は高いかな。

1984年は確かに何もなかったなあ。でもそれはそれで何も問題なかったけど。

世界中がカオス化する中で、シンプルな原理主義は確実に力を増している。こんな複雑な状況にあって、自分の頭で物を考えるのはエネルギーが要るから、たいていの人は出来合いの即席言語を借りて自分で考えた気になり、単純化されたぶん、どうしても原理主義に結びつきやすくなる。スナック菓子同様、すぐエネルギーになるが体に良いとはいえない。自力で精神性を高める作業が難しい時代だ。

という感じでいろいろおもしろいお話が読めます。あとは各自それぞれお楽しみください。

「リトル・ピープル」って一体何なんだ!

(英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア

 

(英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア - The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool Japan

Then let The Otaku Encyclopedia expand your knowledge of the fascinating subculture of Cool Japan.

読んでいないのでわからないけど、英語のペーパーバックってことは日本のオタクを海外に紹介します!って感じの本なんでしょうね。6月10日に発売されました。

アニメやゲーム、アイドルおっかけなどに関する(知っておかなければならない(笑))600語を解説しているそうです。

その他、村上隆や岡田斗司夫、しょこたんを始めメイドカフェやストリートアイドル(そんなのあるのか)、そしてフィギュアのコレクター等へのインタビューも掲載されているそうです。

An essential A-to-Z of otaku culture not to be missed.

いいフレーズだ!

(英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア - The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool Japan (英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア - The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool Japan

ライ麦畑「続編はダメ」 サリンジャー氏、差し止め要求

 

asahi.com(朝日新聞社):ライ麦畑「続編はダメ」 サリンジャー氏、差し止め要求

【ニューヨーク=ロイターES時事】米小説家J・D・サリンジャー氏(90)は1日、自身の小説「ライ麦畑でつかまえて」(51年)の続編と銘打った作品の出版差し止めを求め、作者と出版社をニューヨークの連邦地裁に提訴した。

J・D・サリンジャーってまだ生きていたんだ!って思ったらやっぱりもう90歳なんですね。

で、「ライ麦畑でつかまえて」の続編として「J・D・カリフォルニア」と名乗る人が「60年後 ライ麦畑を通り抜け」というタイトルで9月に出版される予定だったものに差し止め要求した、という話です。

訴状では、サリンジャー氏が「知的財産を被告に使わせるつもりはない」とし、「続編はパロディーでも批評でも批判でもない」と訴えている。

これって事前に許可得たわけじゃないんですね。

それにしても「ライ麦畑でつかまえて」の続編、と周りから自然に評価されればいいと思うので、ペンネームや本のタイトルも本家そのものが簡単に想像できるものにしなければよかったのにな、と思います。

内容に自信がなかったのかな。

『週刊モーニング』で連載再開の『バガボンド』で乱丁が発覚、編集部が謝罪

 

『週刊モーニング』で連載再開の『バガボンド』で乱丁が発覚、編集部が謝罪

本日28日発売の『週刊モーニング』(講談社)から、約2か月ぶりに連載が再開された漫画家・井上雄彦氏の人気漫画『バガボンド』で、編集部のミスにより、一部で掲載ページに乱丁があることが判明。

1ページ目と4ページ目が入れ替わっているものがあるようです。

そんなわけで今朝買った週刊モーニングのトップに掲載されているバガボンドは全く違和感なく読めたんで、私がおかしいのか、と思いつつ鞄から取り出し読んでみたんですが、私が買ったやつは問題ないやつだったようです。

井上氏は、自身の公式ホームページで「今回何と、1ページと4ページが反対になってしまっているようです。原稿にページ数は書いてあるし、担当はその部分のネームも読んで内容を知っているはずで、何でこんなミスが起きるのか解らん。理解不能。怒りすら通り越してただ呆然...」と心境を告白。

そんな井上雄彦のホームページにアクセスしてみると現在非常に重い状態になっていました。

INOUE TAKEHIKO ON THE WEB

なお、乱丁のある雑誌を購入した場合は、編集部に送料着払いで送ることで修正版と交換するという。

これってヤフオクとかまんだらけだと高値がつくんでしょうかね。
ブックオフだったら欠陥品として安く扱われるんだろうなあ。

ねこ耳少女の量子論

 

波とツブツブとミミズと輪ゴム!?最新の「量子論」

素粒子・量子論関係の本が読まれている。中でも全国の大学生協で火がつき版を重ねながら4万5000部を完売、なおも部数を伸ばしているのが、この「ねこ耳少女の量子論」(PHP研究所)だ。

量子の世界から来た猫耳のアキバ系美少女が主人公のマンガで、彼女に恋をした男の子が彼女を深く理解していこうということで量子論を学んでいく、というものだそうです。

それでも難しいんじゃない?って思うかもしれませんが、表紙がこれですからね。

ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~ ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~

とりあえず高校生が興味を持つきっかけになればそれでOKなんじゃないでしょうかね。

意識的に「まんだらけ」なんかに卸してあげるといいかもしれません。

これで男子を魅了したら次は女子ターゲットでBLなノリで同じ展開をすればいいわけですね。わかります。

村上春樹の新作「1Q84」は5月29日発売

 

村上春樹の新作「1Q84」は5月29日発売なんですね。

「1Q84」というのは1984年のFirst Quarterのことなんでしょうか。

今回は1と2の2冊で出るようで、いっきに2冊買うか、まず1を買うか、で現在悩み中。

新潮社のサイトを見ると2009、2002、1994、1985という数字がくるくる回っています。肝心の1984がないじゃないか!と思いつつそれらの数字をクリックしてみると

2009年 1Q84
2002年 海辺のカフカ
1994年 ねじまき鳥クロニクル
1985年 世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

ってことなんですね。

1Q84(1) 1Q84(1)

1Q84(2) 1Q84(2)

「新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に」を買いました。

 
image155381529.jpg
カバーを外すとこんな感じです。私のモダシンラジオのカバーアートみたいです。

ちなみにカバーのデザインもエヴァみたいで好みです。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に 新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

献本じゃなくてちゃんと買ったのは久しぶり。

2chスレ発"ブラック会社"が映画に 小池徹平さん主演

 

2chスレ発"ブラック会社"が映画に 小池徹平さん主演

2ちゃんVIP板の「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が同名の映画になる。主役の「マ男」は小池徹平さんが演じる。

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」というのはどういうのかというと、

中卒ニートだったマ男が、母の死をきっかけに心機一転、資格を取ってプログラマーになったが、就職した先は「ブラック会社」と呼ばれるとんでもない企業。連日徹夜の"デスマーチ"に苦しみ、上司や同僚との関係に悩みながらも困難を乗り越えていく――という内容だ。

ソフトウェア開発会社を舞台に繰り広げられる人間模様なわけですが、主人公の生い立ちとか家庭環境といった設定がよくでてきてて、またその周りにいる同僚がこれまたキャラが被る人がいなくてみんなそれぞれおもしろく、かつ、人間関係がどんどん複雑になっていって予想がな展開がなされるわけですが、果たして映画でそれがどこまで表現できるでしょうか。

まあ、こういうのは俳優よりも監督と脚本だと思うのですが、それは

監督は「キサラギ」などで知られる佐藤祐市さん、脚本は、ドラマ「ROOKIES」などを手がけたいずみ吉紘さんが担当する。

ということで、映画館では見ないと思いますが、ビデオでは見ると思いますのでそのときを楽しみにしていようと思います。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない


Googleの闇に迫るクーリエ・ジャポン4月号

 

国際ニュースのセレクトショップ|クーリエ・ジャポン

クーリエ・ジャポン4月号の「SPECIAL FEATURE」に「Googleの闇に迫る」とタイトルがありました。

どんなこと書いているのかなあ。

Fujisan.co.jpによると

・ 言論の自由か、自社の利益か グーグル"検閲者"たちの倫理 ・ グーグル専用「高速回線」でネットワークの中立性はどうなる?

と書いてあるんですが、これだけだったらちょっとがっかり。

本屋さんで見つけたらチェックしてみようと思います。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 04月号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 04月号 [雑誌]

スラムダンク『あれから10日後-』完全版: 井上 雄彦

 

スラムダンク『あれから10日後-』完全版

え、これ何?と思いつつ説明を読んでみると、

2004年12月、旧神奈川県立三崎高校で三日間だけ行われた「スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント」 そこに描き下ろされた23枚の黒板漫画「あれから10日後-」を完全収録したフォトブックです。

ああ、あれかあ、と思いつつ、開催されたのは2004年の12月なんですね。なんかつい昨日のことのような気がします。

当時、連載終了後8年の歳月を経ていたうえ、三日間というきわめて限定的な公開であっただけに、ファンの間では伝説化されているこの作品。 数多くのリクエストにお応えして、会場風景とともに一篇の漫画として楽しんでいただける大判のブックスタイルでお届けします。

フォトブック、ということでそれなりのお値段するものなんだろうと思ったら2,100円でした。とても良心的、というかこれはほんとに井上 雄彦の感謝の気持ちを表しているものなんだろうなあ、とか、俺は漫画家だからマンガ以外では利益はいらない、という気概なのかなんかよくわかんないですけど、とりあえずやさしい値段に感謝。

スラムダンク『あれから10日後-』完全版 スラムダンク『あれから10日後-』完全版

第13回手塚治虫文化賞最終選考ノミネート作品決定

 

朝日新聞社 朝日新聞社の賞・コンクール

第13回手塚治虫文化賞は、2008年に発売されたマンガ単行本を選考の対象にしました。マンガ関係者による推薦結果を参考に、8人の選考委員がポイント投票を行いました。上位を占めた作品の中から7作品を「マンガ大賞」の最終選考にノミネートしました。作品は以下の通りです。

最終選考ノミネート作品です。

(1) 「海街diary」吉田秋生(『月刊flowers』小学館)
(2) 「駅から5分」くらもちふさこ(『クイーンズコミックス』集英社)
(3) 「大奥」よしながふみ(『JETS COMICS』白泉社)
(4) 「海獣の子供」五十嵐大介(小学館)
(5) 「劇画漂流」辰巳ヨシヒロ(青林工藝舎)
(6) 「聖☆おにいさん」中村光(講談社)
(7) 「マエストロ」さそうあきら(アクションコミックス 双葉社)

やばいです。「聖☆おにいさん」しか読んでいません。
今週末はまんだらけにいってくるか。

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

駅から5分 1 (1) (クイーンズコミックス) 駅から5分 1 (1) (クイーンズコミックス)

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301)) 大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

海獣の子供 1 (1) (IKKI COMICS) 海獣の子供 1 (1) (IKKI COMICS)

劇画漂流 上巻 劇画漂流 上巻

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

マエストロ (1) (ACTION COMICS) マエストロ (1) (ACTION COMICS)

マエストロ 2 (2) (アクションコミックス) マエストロ 2 (2) (アクションコミックス)

始め方から楽しみ方までを1冊で網羅--「Twitterの本」

 

[ブックレビュー]始め方から楽しみ方までを1冊で網羅--「Twitterの本」

そんなTwitterの始め方からさまざまな楽しみ方、果てはTwitterのAPIを利用したプログラミングまでを解説したのが、この「Twitterの本」だ。日本語版Twitterに完全対応しており、Twitterの名前を聞いたことはあるが、どうやって始めればいいのかよくわからないという人にもわかりやすいだろう。

Twitterの本が出るんですね。

最近はこういう本が出るとまず「誰が書いているんだろう」という興味が最初にわいてきます。すっかりものの見方が変わってしまいました。

さて、そんなこの本書いたのはこの人達です。

関根 元和, 上野 祥子, 秋田 真宏

おお!CHEEBOWじゃないですか。そしてakiyan!もうこの時点でこの本はOKですね。

Twitterの本 Twitterの本

「マーケティングとPRの実践ネット戦略」の著者の奥さんは日本の方

 

洋書ニュース: 新しいPRの法則が机上の空論ではないことを証明する本

最初に告白しておきますが、著者のDavid Meerman Scottは私の夫です。夫の作品だから宣伝すると思われるのが嫌でこれまで書きませんでしたが、今月日経BP社から日本語版が出版されるのにあたり、ちょっと面白いいきさつをご紹介しようと思います。

なるほどなあ。巡り合わせというか運命というのはこういうもんなんだろうなあ。

大企業のマーケティングとPR部門の副社長だった夫が、「従来のマーケティングやPR方法ではもう駄目。巨額を使わずしてユーザーに直接リーチする方法に切り替えるべき」と言い出したのは数年前のこと。けれども会社は聞く耳をもたず、彼は結局独立して自分の信じる方法を実践してきました。

自分の信じた方法を実践するために会社やめちゃうってすごいですね。あ、でも私もそうしちゃうタイプかもしれないなあ。

そんなわけで、偶然見つかったこの記事なんですが、ネット上にいろいろ仕込んでおくと意外なものが引っかかってきて自分でもびっくりです。

マーケティングとPRの実践ネット戦略 マーケティングとPRの実践ネット戦略

「マーケティングとPRの実践ネット戦略」が届きました

 

日経BPさんから「マーケティングとPRの実践ネット戦略」という本を送っていただきました。

著者はデビッド・マーマン・スコットさんという方でよくわからない人なのですが、「はじめに」の部分にあのロバート・スコーブルさんが寄稿していたり、訳者があの平田大治さんだったり、監修がニュースツーユーの神原さんだったりでそれ系の強者が集まっているのでいやがおうでも期待は高まります。

今日は「はじめに」の部分とおもしろそうな章だけをいくつか(ポッドキャストとか)読んでみたんですが、企業のPR関係者だけじゃなくて一般の人が読むとやばそうなネタが書いてあってこれは困ったなあと思いました。

ロバートスコーブル先生は消費者が企業のブログを試してみるには、そのブログに「おまえのとこの製品はクソだ」って書いてその反応をみたらいいよ、なんて言ってるんですよ。これ、やられた側はあたふたしちゃいますよね。

あと、使えない企業サイト?アクセスするとテレビのCMと同じようなイメージのFlashがあって、でも欲しい情報が全然掲載されていない。だめじゃん。でもそれはテレビでの広告のやり方には精通しているのでウェブがテレビのようになって欲しいと思っている広告代理店がだめなんだよね、とか。テレビでのやり方はウェブでも通用すると思っているからだめなんだよね、みたいな話は「うん、うん、そうだよね」と思いつつも、もうそれって何年言い続けてきてるんだっけ?みたいな。

そんなわけでマーケティングとPRのルールが変わってしまったんだけど、広告代理店は変わってしまったルールに沿ってプレイせずに昔のルールのままやっているんで、発注する企業側が変わってしまったルールについて理解していないと多分代理店と企業の両方がだめになるんだろうなあ、ということを改めて思いました。

ただざっとしか読んでいないのですが、ここで書かれていることが有効に働く企業とあまり有効に働かない企業はあるでしょう。うちの会社なんかは多分あまり有効じゃないです。基本的にどんなにがんばってもだめな商品はだめなんですよ。いいんだけどなんかその良さが広まっていかない、みたいなところはこの本に書かれていることを実践してみるといいんじゃないかな。

ということで、自分の会社でも使える/使えないはとにかく読んでみてからじゃないとわかんないので、とりあえず読んでみるべし。

マーケティングとPRの実践ネット戦略 マーケティングとPRの実践ネット戦略

一昔前のこの手の本だとブログがメインになりつつその周りをどう補完してけばいいんかについて書かれていたわけですが、この本ではブログはもう単なる(でも非常に有効な)ツールの1つでしかなく、もっといろんなツールが紹介されているのを読むと、時代が変化したな、という事を感じました。

「オトナアニメ Vol.11 」は「ソウルイーター」30P特集

 

アニメ「ソウルイーター」のブログを読んでたら「オトナアニメ」という雑誌で特集されているということを知りました。

近くの本屋じゃ絶対売っていないだろうなあ、ということでアマゾン探したらあったのでさくっと買うことにしました。

【表紙&第1特集30P!】 ソウルイーター ●井荻で語る最終回とレイトショー 大和屋暁(シリーズ構成)×大薮芳広(ボンズ/プロデューサー)×清水恵(脚本)INTERVIEW ●レイトショー事件簿ファイル15 スタッフたちを困惑させた事件(ネタ)を徹底検証! 被害者たちの悲痛なコメントも掲載!! ●ソウルイーターから見える日本声優界の景観 若林和弘(音響監督)INTERVIEW ●エクスカリバーについての考察 大和屋暁(シリーズ構成)寄稿 ●夕方と深夜、"共鳴放送"というチャレンジがもたらせたモノ 吉野文(テレビ東京)×山西太平(電通)INTERVIEW ●死神武器職人専門学校「書初め展覧会」 死武専生徒7人+死神様による書初めを展示しました!

オトナアニメ Vol.11 (洋泉社MOOK) オトナアニメ Vol.11 (洋泉社MOOK)

ついでにVol.9はマクロスF特集。


●マクロスF「前半戦・徹底検証!」
中島愛&遠藤綾&河森正治&CGIディレクターINTERVIEW/全話解説・前半戦

オトナアニメVol.9 (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK) オトナアニメVol.9 (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)

そんなわけでこっちも買うことにした。

ど、泥沼に片足突っ込んだような気がした。

もやしもん 7 限定版と週刊石川雅之

 

「もやしもん 7 限定版 」が出る、ということで、何が限定なんだろうか、と思って見てみたら、

最新7巻限定版は、作中に登場する人気の菌のキャラクターであるA.オリゼーが作成できるナノブロック(株式会河田作成)付き! バラのナノブロックと取り扱い説明書がついており、お客様ご自身で組み立てていただく形となります。

ナノブロックってなんだかよくわからないのでちょっと調べてみたんですが、なるほど小さなダイヤブロックみたいなやつなんですね。

でも、それで「もやしもん」のあの「菌」作るのってどんな感じなのかわからないので出版社のサイトで見てみたけど見つかりませんでした。

うーむ、どうなるのかな。

もやしもん 7  限定版  ~nano~ もやしもん 7 限定版 ~nano~

ちなみに今回初めて「もやしもん」を書いているのが石川 雅之であることを知りました(汗。

石川 雅之はこれ読んでてとてもおもしろいなあ、と思っていた人でした。

週刊石川雅之 (モーニングKC) 週刊石川雅之 (モーニングKC)

星さんのショートショートに、勝るとも劣らない♪ これがまた絵とよくあっていて、本当に秀逸です。

というコメントがぴったりです。これはお勧めです。

BOOKOFF Online、コミック5作品×3巻までの「タメシ買い」パック

 

BOOKOFF Online、コミック5作品×3巻までの「タメシ買い」パック

ブックオフオンラインは6日、ECサイト「BOOKOFF Online」にて、中古コミック5作品の1巻~3巻を購入できるサービス「タメシ買い」を開始した。価格は777円。購入には無料の会員登録が必要となる。

よくわかんないのでさらに詳しい説明を読むと、

 「タメシ買い」では、少年・大人コミックのジャンルからランダムに選ばれた5作品の1巻~3巻まで(合計15冊)を購入できる。ユーザーは、任意の商品を指定できないため、手元に届くまでどの作品が入っているのかわからない。

要はなんだかわかんないけど、15冊777円で買えるということですね。
BOOKOFFはよく105円コーナーを物色している私ですが、これだと1冊52円だからだいたい半分ですね。値段半分でギャンブルに出るか、というとちょっと微妙な気もしますし、別に読みたくないコミックをストックしておくのも嫌だしなあ。どうせ在庫処分みたいなやつなんだろうし。

ブックオフオンラインでは、「今まで読んだことのないコミックとの出会いを提供するため、"福袋販売"を開始する」としている。

まあ、そういう要素はなくもないんですけどねえ。

でもこれ、ギフト形式にしたらおもしろいかもしれません。送る側はコスト低いし、もらった側はほんとにこれまで読んだことなかったコミックに出会えるかもしれないし。なんというか、床屋の待合室で読む漫画ないんで知らない漫画読んでみたら結構おもしろかった、みたいな感じかな。

ちなみにこの15冊をそのまままたBOOKOFFにもちこんだらいくらになるのかなあ。

BOOKOFF ONLINE

40・50代対象のオヤジ版ポパイ「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」年内めど創刊

 

オヤジ版「ポパイ」年内めど創刊

人気の若者向け雑誌「POPEYE(ポパイ)」を発行する大手出版社、マガジンハウスが、40、50代向けのポパイを12月上旬をめどに創刊することが6日、分かった。その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」(A4変型判)。ポパイで青春時代を楽しんだ世代を大人ではなく「大きな少年」ととらえ、ひと味違ったファッションや音楽、グルメなどさまざまな情報を提供する。

「POPEYE OilyBoy」っていうと油汗まみれのド中年をこれ以上キレイに表現できないよって感じでいい表したような皮肉たっぷり感がたまらないわけですが、いちおう建前は違うようです。

同社によると、新雑誌名には、日本で初めてジーンズをはいた男といわれる、おしゃれで破天荒な実業家、白洲次郎氏の英国留学中のニックネームを借用した。大好きな車の整備のため、いつも衣服がオイルまみれになっていたことに由来している。

映画みたいに「POPEYE Returns」とか「POPEYE Final Battle」とか「POPEYE 最後の聖戦」でもよかったような気はするけど、そういうノリじゃないんですね。

新雑誌のコンセプトは「みんな『大きな少年』になった」。創刊の昭和51年から32年たち、創刊当時15歳だった読者は現在47歳。立派な大人だが、同誌では「大人というのは社会が分類している年齢区分」と一喝。「男は大人になるのではなく、大きな少年になる」と位置づける。

えーっと、まさにターゲットにドンピシャな私なんですけど、個人的には大人扱いされないなあ。
「大きな少年」って「大きなお友達」と違わないよね。「20世紀少年」は「21世紀中年」なわけで。

980円と高めなんですけど、とりあえず私は買います。ターゲットされてますから。

ちなみに私、「オリーブ」の創刊号をいうのを今だに持っているわけですが、紙が乾燥してボロボロに崩れ去ろうとしてて、紙媒体の保存って結構難しいんだなあ、と思いました。プレミアつくかと思って保存してたんだけど、800円ぐらいの価値しかないのね。しくしく。

3度目の正直!?村上春樹ノーベル文学賞、高まる期待

 

3度目の正直!?村上春樹ノーベル文学賞、高まる期待

世界最大級のブックメーカー(賭け屋)による、本年度のノーベル文学賞候補に、村上春樹氏(59)が上位エントリーされた。来年、還暦と同時にデビュー30周年を迎える村上さんのエントリーは、ここ数年の"恒例行事"となっている。2年続けて期待を裏切られてきただけに、「3度目の正直」への期待は高まる一方だ。

村上春樹ファンとしてはノーベル賞はとったほうがいいのか、いや別にそんなのいらないじゃん、と意見は分かれるかもしれませんが、私は「別にいいじゃん」って方かな。

で、この記事では村上春樹ノーベル賞の可能性をいろんな方がコメントしているのですが、イッセー尾形のコメントがよかったので引用しておきます。

僕らの時代にあった『自己主張する若者』の像を、村上さんは日の当たる場所に連れ出したような気がする。ノーベル賞がついに実現したならば、都市の片隅に閉じこもったままの若者を勇気づける

「僕らの時代」というのは現在60歳ぐらいの人達のことなんだろうけど、そう考えると今の20代の若者の「自己主張」を表現している作家って今は誰がいるんだろうか。

『ブログ論壇の誕生』特別付録 佐々木俊尚が選んだ著名ブロガーリスト

 

『ブログ論壇の誕生』特別付録 佐々木俊尚が選んだ著名ブロガーリスト

文藝春秋から出た『ブログ論壇の誕生』という書籍には「佐々木俊尚が選んだ著名ブロガーリスト」という付録がついているようなのですが、そのリストが公開されています。

ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657)) ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

 もちろんこのリストは私が個人で読んでいるブログのリストでしかないので、中には重要なブログが抜けているかもしれないし、あるいは「こんなブログを読んでも役に立たない!」と読者の方が感じられるブログも含まれているだろう。
 だからこのリストはあくまでも参考として見ていただいて、自分自身で「自分の読むべきブログリスト」を作成されることを勧めたい。マスメディアが一律に提供した情報ではなく、自分自身の手で、自分自身のために収集した情報を読めるというのが、インターネットの最大の魅力なのだから。

ということでうちのブログも入っているかなあ、と思いリストを追ってみたのですが、なかなか出てこないんでがっくりしてたら最後の方に出てきたよ。

[モ]がサイト名の頭にあるからあんなところに位置していたんですね。でもいいのかなあ、論壇系ブログのリストですよ。

そんなわけで知ってるブログはよいとして知らないブログがあったら是非RSSリーダーなんかに登録して購読してみてください。同じ情報でも様々な角度からの意見が読めるので、あなた自身の意見を形成する際に役に立つと思います。

で、こういう記事を書いているときっと佐々木さんが気づいて読んでくれるかもしれないので、いつか「Modern Syntax Radio Show」というポッドキャストにゲストで出てください、とお願いしておきます。

関係ない話ですが、このリスト見てとりあえず数字がブログ名の頭にあるってのはいつの時も有利なんだな、ってことはわかりました。今度はブログ名の頭に「0」をつけてやる。

Beppin School (ベッピン スクール) が08月号でバイバイしている

 
制服美少女を愛し続けて17年・・・遂にファイナル!-バイバイ!いつかまた逢おうね/みなさんサヨウナラ!我が"制服美少女"は永久に不滅ですっ

私は世代的にちょっと違うんですけど、愛読されていた方は多いのではないでしょうか。

そんなBeppin Schoolが8月号で終了とか。17年かあ。発刊当時15歳の人も今や32歳ですからね。すごいもんです。

完全毛定受注生産-BS特製テレカ全員サービス実施中、そしてスペシャルDVD付録付きだそうです。

Beppin School (ベッピン スクール) 2008年 08月号 [雑誌] Beppin School (ベッピン スクール) 2008年 08月号 [雑誌]

EXILEがヌード披露?!月刊誌創刊

 

EXILEがヌード披露?!月刊誌創刊

EXILEのリーダーHIRO(39)が編集長を務める総合エンターテインメント誌「月刊EXILE」(フラックス・パブリッシング、780円)の創刊発表会が26日、都内で行われた。年間購読予約は10万部以上、発行部数も30万部を予定しており、HIROは「ヤベぇ、大丈夫かなと責任感が出てきたけど、ワクワクしてます」。TAKAHIRO(23)も「ヌードもアート的でカッコいいかも」と脱ぐ気満々!?

今日電車に乗ってたら中吊り広告で「月刊EXILE」の宣伝があったんでとてもおどろいたわけですが、数年たってこの雑誌を見た時にどんなことを思い出すのかなあ、なんて考えたら楽しかったです。

月刊 EXILE (エグザイル) 2008年 08月号 [雑誌] 月刊 EXILE (エグザイル) 2008年 08月号 [雑誌]

今年のレコード大賞はもうEXILEで決まっているそうなので、ほんとにもう「Perfect Year」ですね。

スカートめくり...男子禁断の夢「妄撮」ってなに!?

 

スカートめくり...男子禁断の夢「妄撮」ってなに!?

かわいい女の子の服の下は...妄想を撮影するという男子禁断の夢を実現した奇妙な写真集「妄撮(モーサツ)」(講談社)が売れている。
月刊「キング」1年半の連載分をまとめた写真集で、杏さゆり、磯山さやか、川村ゆきえ、スザンヌ、谷村美月、山本梓、吉井怜など人気タレントのグラビアを多数収録。

男の子がこういうの大好き、ってのは知っているんで写真集が売れているってのはわかるんだけど、よくタレントさんが参加したなあと驚きです。

まあ、普段やっている仕事とあまり変わらないで見せるアプローチが変わっただけ、っていう解釈なのかな。

登場タレントは以下の通りです。

杏さゆり/安藤沙耶香/磯山さやか/今宿麻美/甲斐麻美/加藤理恵/川村ゆきえ
/木口亜矢/小泉麻耶/小阪由佳/KONAN/スザンヌ/辰巳奈都子/谷桃子/
谷村美月/次原かな/長崎莉奈/原田麻衣/堀田ゆい夏/MARI/八代みなせ/山 本梓/吉井怜

妄撮 モーサツ 妄撮 モーサツ

マンガ「すーちゃん」は独女ライフがリアルすぎる

 

マンガ「すーちゃん」は独女ライフがリアルすぎる

35歳独身、彼氏なし。コツコツ貯めた貯金はもうすぐ200万円。一日の仕事を終え、一人で夕飯を食べながら老後の心配をしたり、月1万円のヨガスタジオに通うか、同じ金額を老後の蓄えに回すかで迷ったりする日々。一方で、自分の好きな通りに時間が使える暮らしの快適さも感じている...。

 ここまで読んで「もしかして、私のこと!?」と思った人も多いのでは。実はこれ、女性たちの間で人気のマンガ「すーちゃん」シリーズ(益田ミリ著・幻冬舎刊)の主人公・すーちゃんのプロフィールなのだ。

読んでみたい。

「妊婦の友達の話を聞いているすーちゃんの、『ごめんね。興味あるフリして』という心の声に共感しました。友達と一対一で会って、結婚・出産報告を聞くのがしんどい時もあるんですよね。でも友達のことは好きだから、興味があるふりをしてうわべトークをしてしまう、というところまで共感しました。その反面、すーちゃんの友達である妊婦さんの『すーちゃんに気を遣わせちゃったな』とか、『出産で今までできたことができなくなるな』という心の声も描かれてる。既婚者も独女もみんな一緒なんだなと思ったら、泣いちゃいました」。

リアルなんだけど人間にいやな部分を抽出して誇張するわけじゃなくて、あくまでさりげなく毒のないように、というのがリアルのリアルなのかもしれません。

とりえあえず読んでみようっと。

すーちゃん すーちゃん

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

火星人ヨシオ

 

そうさ、ぼくはコンビニの店員

お客がきたら

「いらっしゃいませ〜」

バーコードを読んで

「485円です」「ありがとうございました〜」

安っぽい制服を着たコンビニの店員

でもあんたらは ぼくが誰か知っちゃあいない

見てろその夜 円盤の大群が地球に近づく

人は言う

「なんだあの飛行物体は!?」

人は見る

コンビニのぼくがニヤリとするのを

人は言う

「なぜあいつは笑っているんだ」

そして 銀色に輝く 超合金製の円盤が この町の上空を覆う

人は言う

「弁当温めて」

そしてぼくは小銭を投げる

「割り箸は付けますか?」

でもその夜 箸を使える人などいやあしない

ぼくがほんとうは何者か 誰が知る?

見てろ その夜 この町に どよめきが起こる

人は言う

「何だ」「何の騒ぎだ」

人は見る

コンビニのぼくの瞳が光るのを

人は言う

「何て妙な顔つきだ・・・」

そのとき

銀色に輝く超合金製の円盤が

熱光線を放射する

あんたらの笑いは凍りつく

だってビルディングはドロドロに崩れ落ち

町全体が地面と同じ高さになってしまう

おんぼろアパートだけがずっとそこに建っている

「はて」「あれはどなたの住むお屋敷?」

人は言う

「なぜこのアパートだけが壊されない?」

見てろ その夜 アパートをとりまいて

人は見る

201号室のぼくが窓を開けるのを

そのとき

銀色に輝く超合金製の円盤がこの町の広場に着陸する

夜が明ける

朝焼けの中に円盤のシルエット

見てろ

あんたらはかたずをのんで

人は見る

円盤から火星人が出てくるのを

廃墟の町を100人の火星人が更新する

そして

どこからでも

かたっぱしから捕まえ

やがて

ジュズつなぎにして

ぼくの前にひったてて来る

そして言う

「罪があるのはどいつでしょう」

見てろその朝 町は息を飲んで静まりかえる

さらに言う

「さあどいつをオダブツさせましょう」

人は聞く

そいつに応えてぼくが言うのを

「あいつも」「こいつも」「どいつもだあっ!」

ビビビビビビビ

ビビビビビ


そして

銀色に輝く 超合金の円盤は

ぼくといっしょに空に消える


原作:ベルトルト・ブレヒト

地球の生活 (BEAM COMIX) 地球の生活

はてなハイクでイベント「吉田戦車だけど、なんでも描くよ」

 

はてなハイクでイベント「吉田戦車だけど、なんでも描くよ」

はてなが運営する「はてなハイク」において、イベント「吉田戦車だけど、なんでも描くよ」が開催される。吉田戦車がはてなハイクに登場、投稿の中から絵画化するものを選び、はてなハイク上でリアルタイムで作品に仕上げる。

吉田戦車大好き、な私としては実にうらやましい企画です。吉田戦車とコラボできるなんて!

講談社のWebサイト「MouRa」が、吉田戦車の単行本「エハイク紀行」の発売を記念して開催するもの。エハイクとは、「ほぼ日刊イトイ新聞」で公開されている連載で、「吉田戦車が日々折々に感じる感慨を漫画とコトバで句にした新表現」とのこと。単行本では、吉田戦車の紀行文にあわせてエハイクをカラーで80本収録した。

なるほど。

ちなみに私は吉田戦車の漫画だけじゃなく自転車のエッセイまで読んでたりするわけですが、同じ自転車好きという点でjkondoさんと意気投合したのかは知りません。

エハイク紀行 エハイク紀行

「ショーケン」自叙伝で明かされたショーゲキ女性遍歴

 

「ショーケン」自叙伝で明かされたショーゲキ女性遍歴

3年前に恐喝未遂で逮捕、のちに有罪判決を受け現在は活動休止中の俳優、萩原健一(57)が自叙伝『ショーケン』(講談社)を14日に出版した。3度の逮捕歴から薬物使用、実は未入籍だったいしだあゆみ(59)との結婚、倍賞美津子(61)との出会いとあっけない破局といった女性遍歴まで、波乱の半生を明かしている。

江波杏子とかいしだあゆみ、倍賞美津子、前橋汀子といった女性とおつきあいしたそうで、それについて書かれているそうなんですけど、個人的にはそれはどうでもよくって、

このほか、黒澤明監督、松田優作、石原裕次郎、美空ひばりら、多くの芸能人の秘話、素顔が実名で登場、自身の薬物体験についてもくわしく明かしている。

こっちの方が読んでみたい気持ちでいっぱいです。

ショーケンって黒澤映画に出てたっけ?

ショーケン ショーケン

「恋から」渡部いずみ、初写真集でサックス・ブラ?!「恋から」渡部いずみ、初写真集でサックス・ブラ?!

 

「恋から」渡部いずみ、初写真集でサックス・ブラ?!

日本テレビ系「恋のから騒ぎ」12期生のタレント、渡部いずみ(24)が、15日発売の初写真集「イズミリズム」(ワニブックス、3150円)で野性味あふれる限界露出に挑んでいる。

サックスいいなあ、と思ってたらちゃんと理由があるんですね。洗足学園音楽大学サックス科卒とのこと。すげー。

そういうどうでもいいような理由でとても見てみたい写真集です。

渡部いずみ写真集『イズミ リズム』(DVD付) 渡部いずみ写真集『イズミ リズム』(DVD付)

角川、Second Lifeなど紹介の雑誌「バーチャルワールドウォーカー」

 

角川、Second Lifeなど紹介の雑誌「バーチャルワールドウォーカー」

雑誌「ウォーカーシリーズ」を発行する角川クロスメディアは、Second Lifeをはじめとしたバーチャルコミュニティを紹介する雑誌「バーチャルワールドウォーカー」を12月6日に発売する。価格は580円で、発行部数は全国で10万部。

すごいな、信じられないな。どう考えても冗談としか思えないよw。

で、この他にも各種メディアで多大な後方支援を得ているセカンドライフなわけですが、全然だめなのは相変わらずで、もういい加減そっち方面に金を投資させるのやめてくれないかな。もったいないよ。俺にくれ。

いや、お金使わないとどうせ税金に持っていかれる、というのはわかるんだけど、どう考えてもお金捨ててるよ。儲かるのはDがつくとこばっかしじゃん。

仮にセカンドライフが儲かったとしても外国企業だしさ。

だからほんと気持ちはわかるけど、そんなことやっているんだったら素直に税金払って道路の舗装して一般の労働者に還元した方がいいって。


ミシュラン東京版発売 星150店「納得」「疑問」の声

 

ミシュラン東京版発売 星150店「納得」「疑問」の声

料理評論家やグルメ本の発行元の間では、ミシュラン流の評価をめぐって賛否の議論がわき起こっている。

まあ、料理評論家とかエッセイストみたいな人だったらみんなそれぞれにご自身が選ぶ「ベストレストラン」があるでしょうからあれこれ言うというのもわからなくはないですね。

私は別に行きたいとも思いませんが、もし「ミシュランガイド」東京版に掲載されているお店でおごられたやっぱり嬉しくなると思います。

そんなわけで、接待の場で外人連れてく、なんて時は「ミシュランガイド」東京版というお墨付きがあるんでとてもやりやすくなったと思います。でも予約取れないんだろうけど。

昔は「松坂牛食わせてやる」というとたいていのやつは「わかった」といってこっちの要求を呑んでくれたりして、松坂牛にどれだけ助けられたかわかりませんが、これからは「ミシュランガイド」東京版ですね。

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

Mac Fan11 月号に出ました

 

今発売されているMac Fan11月号のP126の「Podcast」というポッドキャストを紹介するコーナーの「活躍中のポッドキャスターを直撃!」というところに私が出ています。

Mac Fan (マックファン) 2007年 11月号 [雑誌] Mac Fan (マックファン) 2007年 11月号 [雑誌]

でね、

これ、インタビュアーがジェット☆ダイスケなんですよ。で、酒飲みながらやったんですよ。なので超フランクな喋りなんですけど、それがそのまま書かれているんです。

いや、フランク=素直というさわやかなイメージだったらいいんですけど、なんというか全体的に「あんた何様?」感がプンプンしているんです。あー、違う表現をすると「アメリカかぶれっぽいものの言い方」?

んで、あがってきた原稿を見てさすがにこれはまずいんじゃないかということで「もっと素直でやさしくて紳士的で社会的なものの言い方に変えてください。」ってお願いしたんですけど、「もう締め切りました」ということで却下されてしまったんですが、なんとか食い下がって最初の一言だけ変えてもらいました。

その最初の一言というのはオリジナルでは「ポッドキャストを始めた理由は?」という質問に「仕事だよ。」と答えているんですが、この「仕事だよ」ってテキストだけみるととてもぶっきらぼうというか怒っている感じがしてやばくないっすか?ってなわけで、「仕事だよ」を以下のように変えてもらいました。

「仕事だぴょん!」

これで親しみやすくひょうきんで明るい人、というイメージを最初に植え付けることはできたでしょうか?

そんなわけで本屋さんにいったら是非Mac Facの11月号の126ページを見てみてくださいね。

小野真弓が明かす「石膏手バスト」秘話…写真集発売で

 

小野真弓が明かす「石膏手バスト」秘話…写真集発売で

タレント、小野真弓(26)が24日、東京・銀座の福家書店で写真集「ONO no KOMACHI」(ワニブックス、3150円)の発売記念イベントを行った。同作では手をかたどった石膏でバストトップだけを隠すなどこれまでにない大胆ショットを披露。「撮影中はちょっと(石膏を)動かすとキャー!!ってなっちゃうので、苦労しました」と振り返っていた。

小野真弓もなんかちょっと変わったなあ・・・と思いつつ、これは表紙がベストショットなんだろうなあ、とか、別に石膏動かしてもキャーにはならないだろ、といろいろ思うところがあったので取り上げてみました。

ONO no KOMACHI 小野真弓写真集 (DVD付き) ONO no KOMACHI 小野真弓写真集 (DVD付き)


KY安倍、プッツンを解き明かすピーターの法則とは

 

KY安倍、プッツンを解き明かすピーターの法則とは

一気に首相までのぼりつめたものの、トップになって空中分解した安倍氏に何が起きたのか。その行動を明確に解き明かすのが、「ピーターの法則」。サラリーマン社会でも通用する、驚異の法則の中身とは?

ということで安倍元首相はどうでもいいんですが、この「ピーターの法則」というのは初めて聞きました。

「人間は、ある階層で機能しなくなるまで(=『無能』になるまで)昇進し、無能なレベルに達すると昇進が止まる。結果、組織全体が時間とともに無能化する≫(「ピーターの法則」=ダイヤモンド社)

というものだそうです。

企業の30年寿命説みたいなのとも関係あるのかな。

似たような法則で、企業で中途を入社させるときは自分より能力が高いのを採用しちゃうと自分が昇進できなくなるから自分より劣る人間を採用する傾向があって、それを続けることでどんどん能力の低い人ばっかりになっちゃう、っていう話もありますね。

あと、新入社員で「こいつできそう」だと思ったやつは「早めにつぶしておくか」ということで諸先輩方からつぶしにかかられたらりもするわけで、まったくひどい話です。

自分に才能があるなんて微塵も思っていなかったのに周りがあれやこれやでつぶしにくるんでわけですが、それが「つぶし」であることすら気づかず現在にいたる、なんて人もいますけどね。

まあ、なんにしても社会人生活はたいへんだ。

ピーターの法則 ピーターの法則

エヴァンゲリオンの解読書

 

エヴァの映画が先週から始まっているわけですが、私は日曜日に14時からのやつを狙って渋谷に13時に行ったのですが時既に遅し。

窓口では既に18時のチケット販売がされててしかも「最前列の席なら取れますが」状態です。

そうなると次は21時の会のやつでそれだと終了が23時です。相当悩みましたが、現在13時で21時まで時間をつぶせるわけもないので東急デパートでシュークリームをおみやげに買って家に帰りました。渋谷にいた時間、わずか20分・・・。

さて、そんなエヴァですが、映画を見る前にテレビシリーズをもう1回見るのはもちろんのこと各種解説本を読んでおくと楽しみはまた増えます。知らない友達にあれこれ解説してあげる時の優越感といったらありゃしません。

しかも今だとAmazonだとポイント3倍キャンペーン中です。買おうと思っていた人はこの機会をお見逃しなく。私はマンガを買います。

エヴァンゲリオン解読 新版―そして夢の続き エヴァンゲリオン解読 新版―そして夢の続き

『エヴァンゲリオン』の秘密 『エヴァンゲリオン』の秘密

『エヴァンゲリオン』の秘密〈2〉 『エヴァンゲリオン』の秘密〈2〉

新装版『エヴァンゲリオン』の秘密〈3〉 新装版『エヴァンゲリオン』の秘密〈3〉

「エヴァンゲリオン」の秘密 4 新装版 (4) 「エヴァンゲリオン」の秘密 4 新装版 (4)

エヴァンゲリオンの夢―使徒進化論の幻影 エヴァンゲリオンの夢―使徒進化論の幻影

『エヴァンゲリオン』の秘密 アニメ編 『エヴァンゲリオン』の秘密 アニメ編

コンティニューvol.35 コンティニューvol.35

音大、美大...今度は農大 マンガ「もやしもん」が話題に

 

音大、美大...今度は農大 マンガ「もやしもん」が話題に|エンタメ|カルチャー|Sankei WEB

音大を舞台にした「のだめカンタービレ」、美大の「ハチミツとクローバー」に続いて、今度は農大を描いたマンガが話題になっている。マンガ雑誌「イブニング」(講談社)で連載中の「もやしもん」は、菌が見えるという特殊な能力を持つ主人公が農大に入学して織りなす学園物語で、単行本5巻で累計160万部のヒット。菌を擬人化したかわいいキャラクターが受け、「農大に入りたい」という若い読者も増えているという。

「もやしもん」って燃やすものでも野菜のモヤシでもなくて日本酒を造るときに使われる種麹のことだそうで、なので野菜くんがたくさん登場するわkじゃなくてチーズ作りに役立つカビとか風邪のウイルスなど約150種類の菌が登場するそうです。

マンガ週刊誌は結構読んでいるんですが、イブニングとヤングマガジンには手を出していないのでそれに掲載されているのはコミックで買う私ですが、これも買ってみようと思います。

もやしもん 5 おまけ付き―TALES OF AGRICULTURE (5) (プレミアムKC) もやしもん 5 おまけ付き―TALES OF AGRICULTURE (5) (プレミアムKC)

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは映画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク