サイト内検索:

インターネットの最近のブログ記事

無料グループウェア「サイボウズLive」が機能強化--マルチプロフィール設定も可能に

 
サイボウズは7月29日、無料で提供しているグループウェア「サイボウズLive」をアップデートした。プロフィールやカレンダー、アドレス帳の新機能を含む159件をアップデートしている。

無料グループウェア「サイボウズLive」が機能強化--マルチプロフィール設定も可能に

プロフィール機能には今回、複数のプロフィールを登録できる「マルチプロフィール」機能を追加。相手によって公開するプロフィールの内容を設定できるようになった。これまでプロフィールは1つしか登録できず、たとえばメールアドレスを公開したくない相手とはつながりにくいといった制約があったという。

サイボウズLiveのプロフィール設定って郵便番号入れるフィールドがなくて困っているんだけど。

というのも何か郵送しなきゃいけない時にその人のプロフィール見て会社住所や部署はわかるんだけど、郵便番号がないのでその都度ネットで調べることになるからです。ええ、郵便番号はブランクでもいいじゃないか、という意見もあるんですけど、どうも郵便局の人(実は機械だろうけど)に悪い気がして・・・。

次のバージョンアップは郵便番号が今入れている住所から既に入力済み状態でリリースされるといいなあ。

あ、ちなみにサイボウズLiveは流石って感じでとてもよくできているんで、日本人ならGoogle使わずにサイボウズLive使え、ですね。

マイクロソフトの「Street Slide」がまじ凄い。

 
Microsoft researchers have developed a tool to enhance the current street view functionality of Bing Streetside.

Neowin.net - Microsoft Street Slide: Street view will never be the same

ということで現在のBingのStreetsideというGoogleのストリートビューみたいなのを強化したやつを作っている、って話なんですが、これはすごいもんです。

道路沿いの建物を横一列にパノラマ表示させたりすることができるんですが、交差点というか右や左に入る道沿いの建物もちゃんとパースペクティブが変化するってのが芸が細かすぎます。

写真をつないでパノラマビューを作る技術をマイクロソフトはずっとやっているんですが、これが良い感じで実を結びそうです。

ビューを表示するエリアの外の部分が結構余っているんで、ここには住所や店舗のロゴなどを表示させたりといろいろ活用できそう、というのも良い感じです。

Siliverlightでやっているのかな?と思ったらHTMLベースなんですね。ビデオの最後の方でiPhone上でデモしていました。

でも、これも結局米国の主要な都市だけに対応、なんてことになるんでしょうね。そのあたりがGoogleとは違うところなんですよねえ。残念だ、マイクロソフト。

SIGGRAPH 2010でちゃんとデモしてくれるようです。

世界オンライン検索広告市場、Googleシェア縮小で勢いに乗るBaidu

 
米Strategy Analyticsは米国時間2010年7月26日、世界のオンライン検索広告市場に関する調査結果を発表した。それによると、2010年第2四半期の同市場は62億ドル規模に達し、前期と比べ2.7%拡大した。

世界オンライン検索広告市場、Googleシェア縮小で勢いに乗るBaidu

同市場首位の米GoogleはCPC(1クリック当たりのコスト)上昇によりコア検索の売上高がわずかに増加したが、シェアは前期より1.4ポイント縮小した。

Googleシェア縮小、といってもわずか1.4%なんですが。

で、「勢いに乗るBaidu」さんですが、

中国のBaidu(百度)は、Googleの中国本土撤退に加え、中国検索市場全体の急成長が追い風となり、売上高が前期比49%増加した。その結果、市場シェアが1.4ポイント拡大し、2位の米Yahoo(シェアは5.3%)および3位の米Microsoft(同4.8%)に迫っている。

まあ、中国だからなあ。そこ押さえているのは強いよねえ。

でもGoogleが圧倒的なのは変わらず、で、今回Yahoo Japanとの提携でまたポイント伸ばすんでしょうね。

そんなわけで2010年第2四半期、世界オンライン検索広告市場の検索サイト別売上高シェア
です。

検索サイト     2010年Q2     2010年Q1         増減
             市場シェア   市場シェア   (ポイント)
Google            69.7%        71.1%        -1.4%
Yahoo              5.3%         5.7%        -0.3%
Microsoft(BING)  4.8%         4.7%         0.1%
Baidu              4.6%         3.2%         1.4%
Yahoo Japan
(予測値)         4.4%         4.3%         0.1%
その他            11.1%        11.0%         0.1%

出典:Strategy Analytics

Googleが圧倒的ですね・・・。

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用

 
ヤフーは7月27日、「Yahoo!JAPAN」に、米Googleの検索エンジンと検索連動広告配信システムを採用すると発表した。開始時期は「未定」としてるが、導入が始まれば、国内検索エンジンシェアの9割をGoogleが握ることになりそうだ。

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表

うちの奥さんは探したいものがGoogleじゃ見つけられないのでYahooを好んで使っていたのですが、そうですか、一緒になりますか。奥さん涙目だな。

検索エンジンと検索連動広告配信システムを、米Yahoo!のものから切り替える。検索ぺージや検索サービスはYahoo!JAPANのものを残すほか、広告主が希望するキーワードをオークション形式で購入する「マーケットプレイス」もYahoo!JAPAN独自のサービスとして維持する。

オーバーチュア広告は残るんですね。でもインパクトは薄くなるかなあ。どうなのかなあ。なんか連絡くるのかなあ。

それにしてもマイクロソフトとあれだけやっといてBingじゃなくてGoogle、ってのはすごいお話です。つうか日本は完全に別なんですね。まあ、そりゃそうだけど。

YST(Yahoo Seach Technology)クラスでも諦めてGoogleに切り替えちゃうんだから、ベンチャーレベルのネット検索技術じゃてんで敵いそうもない世界になってしまったようです。

そんなわけで、とりあえずマイクロソフトのBingがんばれ!
(といっても、日本語チームが・・・)。

自分宛のメールで予定を通知できる、簡単操作のスケジュール管理ソフト「ToDoMail Utility」

 

ToDoMailのページのPVが増えているなあ、と思ったらベクターのサイトでこんなユーティリティが紹介されていたからなんですね。

ToDoMail Utility

「ToDoMail Utility」は、有限会社アイビィ・コミュニケーションズが運営するWebサービス「ToDoMail」をより簡単に利用できるようにするソフト。通知したい内容をメールで送信しておくと、指定日時に自分宛にメールが送信される。日時の指定は、月間カレンダーを使って簡単に行える。

ToDoMailは「忘れもののない世界を実現したい」という野望の元に開発され公開されている無料のサービスです。このToDoMailのおかげで「アポを入れていたことすら忘れていた」といった最近よくみられる社会人としていかがなものか、といった行為を回避することに私は成功しています。

ToDoMail

それにしてもToDoMailって極力シンプルにしたつもりなんですが、さらにそれをシンプルにするユーティリティが登場するとは!

で、このユーティリティ作者さんからのひとことです。

「ToDoMail」サービスは、スケジュール管理をメールで行ってしまうという斬新な発想の新提案です。「スケジュール管理ソフト ToDoMail_Utility」は、この「ToDoMail」サービスを「誰でも簡単に使うことができる」「説明がなくても使える」というコンセプトのソフトウェアを目指し、必要最低限の機能以外を限界まで削ぎ落として、シンプルなアプリケーションに仕上げました。決して手抜きではありません(笑)。

忘れもののない世界の実現にまた一歩近づいた!

ちなみに同様のコンセプトでToDoMailにはWebのフロントエンドページが用意されています。プログラム by meです。

ToDoMail簡単作成

ちなみにダウンロードして使ってみようと思ったのですが、

System.BadImageFormatException: 間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。 (HRESULT からの例外: 0x8007000B)

というエラーが表示されて先に進めませんでした。Windows 7の64bit版使っているからなのかなあ。

ちなみにToDoMailのシステムですが、開発当初はWindowsサーバー上で動かしていたんですが、その後作業量が増えてきたので今はLinux+javaのシステムで動いています。

入力した文字の別の側面を3Dで見せてくれる「Side View Generator」

 

入力した文字を3D変換してそれを違った角度から見ると違う文字列になっちゃうよ、というサイト「Side View Generator」です。なんのことだか全然わかんないですよね。

例えば「Nagasawa」とテキストを入力したとします。それを3Dに変換するとこんな感じになります。

画面で見ているので2Dで見えるわけですが、角度を変えてみるとこの文字はこんな構造になっています。

で、見る角度を変えて見ると・・・

なんと「ANNOYING」になってしまいます。

ANNOYING、つまり「人を悩ます」とか「うるさい」とか「うっとうしい」という意味です。ああ、私の別の側面を見事に捕らえていますね。Side View、つまりその文字の別の側面を見せてくれる、という意味で結構おもしろかったりします。

是非試してみてください。

Side View Generator

インフォテリア、iPhone向けコンテンツ有料配信サービス「Handbook ライブラリ」

 
インフォテリアは7月22日、法人や個人がコンテンツをiPhone向けに有料配信できる「Handbook ライブラリ」を始めた。ユーザーが制作したコンテンツを、専用iPhoneアプリのアプリ内課金で販売する仕組み。アプリ制作のノウハウやAppleへの申請の手間なく、コンテンツ制作から販売まで行える。

「電子出版のロングテールを」――インフォテリア、iPhone向けコンテンツ有料配信サービス

コンテンツ、といっても一般電子書籍ではなく、教育機関の講義や学会の資料や、企業のマニュアルなどを想定しているようです。ニッチなところですね。

コンテンツは「Handbook Studio」という専用のツールを使って作成しなければならないようです。ただし、この「Handbook Studio」に使用にあたっては利用料を支払う必要があり、料金はコンテンツ容量が500Mバイトまでなら年間21万円、500Mバイト追加することに5万2500円となってそうです。

使用料を払う、という部分でちょっと敷居が高くなっていますね。ここでお金払って、さらに売れた時に手数料が20%徴収されるってのを考えるとなかなかつらいものがあります。ええ、もちろんコンテンツの社内審査といった作業にコストがかかるのでこの料率も理解できなくはありません。でも、できれば手数料と利用料でいくつかの組み合わせオプションがあってもいいのではないでしょうか。

教育機関や企業での利用を想定しているが、個人でも利用できる。現在アプリには、浴衣の帯の結び方などを解説した「Awai浴衣教室」や、中央大学の概要が分かるハンドブックなど無料コンテンツが並んでいる。

まあ、無料コンテンツでも「Handbook Studio」の利用料がかかるわけで、多分最初に登録されているコンテンツはそういう利用料なしでやれちゃっているんだろうなあ。

でも例えば個人で勝手に「Evernoteの使い方」とか「Dropboxの使い方」なんてのを書いて売れればいいですよね。今までだったら出版社に持ち込んでみたものの結果玉砕!なんて企画もいいライターを見つければもしかしたら成功するかもしれません。

なんてなことを考えて1冊600円ぐらいの本を書いたらどうなるか、って考えてみたんだけど、手取りが300円ってことは700冊売れれば元が取れるんですね。いや、元がとれるといっても「Handbook Studio」の利用料だけだけど。こっからあと1500冊ぐらい売れないと原稿料取れない。

2200冊かあ、これは難しい数字だなあ。いや、でも企画とマーケティング次第だ!

なんというか、悪くもないけどそんなにも良くないかな、っていう印象です。
せっかくインフォテリアがやるんだからもっと「うおー!すげー!」って感じのインパクトあるのが欲しかったです。ま、上場会社だから仕方ないか。

iTunes利用者の4分の1がクラウド型の音楽サービスに強い関心

 
米NPD Groupが米国時間2010年7月14日に明らかにした調査結果によると、米Appleの「iTunes」を利用する米国ユーザーの約4分の1が、クラウドベースの音楽サービスに強い関心を示しているという。

iTunes利用者の4分の1がクラウド型の音楽サービスに強い関心

多くのiTunesユーザーが、さまざまなデバイスやプラットフォームからいつでも自身の音楽ライブラリーにアクセスできるなら、サブスクリプション(定期利用)料を支払ってもよいと答えた。

月額10ドルぐらいなら払ってもいいよ、と米国5000万人中700万~800万人が言っているそうです。

というか、今はGoogleに買収されてしまったSimplify Mediaを使えば、iTunesに格納されている音楽に無制限に外からアクセスできましたしね。

Googleに買収されてからサービスが停止してしまって今は使えないんですが、Googleから出てくるクラウドを経由した音楽サービスは多分このSimplify Mediaがベースになるんだと思います。

で、Simplify Mediaは無料だけど、今だったらmSpotを使えば50GBまでで$9.99で、$13.99出せば100GBの容量分の音楽をクラウド上にアップロードできるわけで、iTunesのクラウドサービス待つよりそういうの使えばいいのに、と思うのでした。

自国のサービスなのになあ。みんな知らないもんなんだなあ。それともLaLaじゃないといや!って感じなのかな。

地図とシールで"小学生的セカイ"を ライブドア、foursquareライクな「ロケタッチ」

 
今いる場所の位置情報を地図で友人と共有できるサービス「ロケタッチ」をライブドアが公開した。コンセプトは、自分だけの手書きの地図を作ったりして遊んだ「小学生のころのようなわくわく感」だ。

地図とシールで"小学生的セカイ"を ライブドア、foursquareライクな「ロケタッチ」

昨日から試してみている「ロケタッチ」なんですが、個人的な感想としては「よくできているなあ」、です。いや、よくできているどころじゃないですね、素晴らしいと思います。

よくfoursquareライクと書かれたりしているようですが、foursquareをちゃんと咀嚼した上で日本ならではのアイディアや表現が盛り込まれていると思います。

あれやこれやとアイディアがたくさん出てきて収拾つかなくなりがちなのに、しっかりちゃんとまとめ上げて無意味にマイナスするだけじゃなく膨らませるところ(シール'など)はちゃんと膨らませつつ矛盾や破綻なくストーリーを作り上げたのが素晴らしいです。僕なら途中でぐちゃぐちゃになってしまっていることでしょう。

で、実際にやってみるとfoursquareその他のロケーション情報とCheck Inという動作は割とどうでもよくって、むしろゲーム「ポケモン」に近いな、と。

ポケモンがいろんな街を巡りつつモンスターを集め、その街のジムリーダーと戦ってリーダーバッチをゲットしていく、というポケモンの仕組みの中にちゃんとしたリアルの世界のロケーション情報が入ってきている、みたいな感じでしょうか。

だからfoursquareのように実店舗にこだわる必要は全然なくて、そこにあるお地蔵さんとか地縛霊でもなんでもよくって、タッチするもの=ゲットするものはなんでもいいわけです。このあたりの発想の広げ方は多分foursquareを初めとする米国の類似サービスじゃできないと思います。

「ロケタッチ」に参加している人とお友達関係を作れる、というのは特にどこの真似というわけではなく今の時代のサービスだったら当然実装しておくべき機能ですし。

今はWeb版だけですが、アプリ版になればいわゆる「すれ違い通信」的なサービスを実現することもできるでしょうから、そうなるともっと面白くなることでしょう。

でも、ポケモンの場合はゲットするモンスターと戦って倒してしまったらゲットできなくなるし、敵の体力が残っている状態でモンスターボール投げても逃げられてしまうので敵が倒れるギリギリのところを狙って攻撃していかなければならない、という部分が激しく興奮するところでありポケモンの画期的な部分かと思うのですが、そういうのが実装できればもっとよかったと思います。いや、じゃあ具体的にどういうの?っていうと全く思い浮かばないんだけどね。

こんな感じで「ロケタッチ」はとても面白いなあと思っているのですが、「ロケタッチ」に関する好意的じゃない記事もいろいろ登場しています。その1つとして湯川さんがやられてるTechWaveではこんな風に書かれています。

ライブドアが位置情報サービス「ロケタッチ」【湯川】

「foursquareのマネじゃないか」「独創性がない」などと批判されるんだろうなあ、このサービス。でも僕自身は、過去にも何度か言った通り、ネットサービスのモノマネは全然いいと思う。
位置情報サービスが今後急成長するのは間違いないだろうし、それに乗り出すのはいいんだけど、ギャルや主婦に受けるような位置情報サービスじゃないと難しいんじゃないかな。新しモノ好きは、もう既にfoursquareで遊んでいると思うよ。

で、これを受けて佐々木俊尚さんがTwitter

Foursquareをタイムマシン的にパチモン展開か・・。まあお手並み拝見。

と書かれています。いや、パチモンじゃなくてポケモンだってば。

まあ、主なターゲットは20~40代の男性ということなので、この年代の人達に理解してもらえればいいと思うので、ノイズは気にせずにがんばって欲しいものです。

"今日のPriceless"を自動生成、マスターカードの無料家計簿サービス

 
クレジットカード事業を手がける米MasterCard Worldwideは16日より、PC・携帯電話両対応の家計簿サービス「PricelessMaker(プライスレスメーカー)」を提供する。ユーザー登録を行えば無料で利用できる。

"今日のPriceless"を自動生成、マスターカードの無料家計簿サービス

もろユニクロなデザイン!

毎日の支出金額を記録するためのオンラインサービスで、費目ごとにメモをつけたり、撮影した商品写真のアップロードができる。毎月の収支を円グラフで確認することも可能。

今だったら普通にソーシャルな機能が搭載されてくるかと思うのですが、本筋とはちょっと外れたところでこんな機能が用意されているようです。

また、マスターカードの広告キャンペーン「Priceless」にちなんだ機能を搭載。「今日の"Priceless"」では、支出の傾向に応じたキャッチフレーズを自動生成。Twitter連動機能を使ってツイートすることもできる。

なんかそのキャッチフレーズを見てみたい気もするんですが、その為に支出情報を入力しなきゃいけない、ってのもなあ・・・。

さらに面白いかも、と思えるのが、

もう1つの「オリジナル"priceless"ムービー」制作機能では、アップロード済みの写真を使って、マスターカードのテレビCM風ムービーを自動で作成してくれる。できあがったムービーにはURLが割り当てられているので、メールなどで共有することが可能。

なわけですが、サイトにアクセスしてみたらケータイ版は先行リリースされているものの13時現在ではまだPC版は公開されていませんでした。

にしても、カード会社の支出情報を提供するって鴨がネギをしょってお伺いするようなもののような気がするんですけど、どうなんでしょうね。

Evernote、サードパーティーアプリディレクトリ「The Trunk」を追加

 
カリフォルニア州サンフランシスコ発--Evernoteは米国時間7月14日、同社事業の次のフェーズとする「Evernote Trunk」を発表した。

Evernote、サードパーティーアプリディレクトリ「The Trunk」を追加

なんでこれがEvernote社の次の事業(紹介料徴収とかアフィリエイト?)になるのかいまいちわからないのですが、とりあえずEvernoteと連携できるアプリケーションのディレクトリが提供されるようになったようです。

でも単なる「目録」じゃなくて、

Trunkは本質的にはアプリケーションストアではなく、Evernote自体ができなかった機能を他企業がより容易に製品へ追加することを可能にするものであるという。

なんだそうです。いやでもサードパーティというのは基本的にそういう存在なんじゃないかと・・・。

などと思いつつ記事を読み進めてみると、完全に理解はできないもののEvernoteが言ってること、やりたいことがおぼろげに見えてきました。すまない、僕の理解が足りなかったよ。

単なる機能の補完アプリケーションの紹介じゃなくてTrunkを介してEvernoteアプリケーションとシームレスに協調作業できるようになるんですね。なんというか、これまで情報のクリッピング用途とかデータベース&ビューア的に使っていたEvernoteの上にアプリケーションレイヤーが乗っかった、みたいな感じかな。うまく言えないけど。うん、確かに次の事業のスタート、って感じだ。

それにしてもTrunkの登録されているアプリを見ていると面白いですね。実にいろいろあります。

Android用公式Twitterアプリに非公式RT機能を実現する「ReTweet (Twitter helper app) 」

 
Do you dislike the native style of retweeting in the official Twitter app for Android?

ReTweet (Twitter helper app) v1.05 Android用アプリケーション

Twitter社がAndroid用にリリースしている公式Twitterアプリ「Twitter」はとても使いやすいのですが、RTはいわゆる「公式」のRTしか使えません。

いわゆる昔のRTというか今だとQTというのかな、それをやることができないわけです。

で、それが理由で公式Twitterアプリを使わない、という人もいるんですが、そんな人のためのTwitter補助アプリ「ReTweet (Twitter helper app) 」です。

「ReTweet (Twitter helper app) 」はこれだけで起動するものじゃなくてTwitterアプリの中から利用します。

RTしたいつぶやきを見つけたらとりあえず共有ボタンを呼び出します。で、共有ボタンをクリックすると利用したりアプリの中に「ReTweet 」というアプリを見つけることができます。これを選択すると「RT xxxxx」形式でつぶやきが入力された状態になります。

私は基本的にこの公式Twitterアプリを使っているのですが、これでさらに便利になります。

楽しい世の中です。

GMO、ソーシャルアプリ提供者向けレンタルサーバー「GMOアプリクラウド」

 
GMOインターネット株式会社は、ソーシャルアプリを提供するユーザー向けのレンタルサーバーサービス「GMOアプリクラウド」を8月初旬に提供開始する。7月5日からは、先行申し込み受付を開始した。

GMO、ソーシャルアプリ提供者向けレンタルサーバー「GMOアプリクラウド」

これは久しぶりにインパクトがあるニュース、というかサービスですね。

「GMOアプリクラウド」は、mixiアプリやモバゲータウンなどのソーシャルアプリを提供しようとしているユーザーに対して、アプリ公開に最適化されたサーバー環境を提供するサービス。ユーザーは、仮想サーバーと専用サーバーの計6種類のプランを、トラフィックなどに応じて動的に構成でき、ロードバランサーも無料で提供される。

ソーシャルアプリ提供者限定なのかな。というか、ソーシャルアプリ提供者にとっては実に理想的なサービス内容だと思います。

費用的には

仮想サーバーで最も安価な「タイプXS」は、1vCPU、メモリー4GB、HDD70GBで、料金は稼動時日額399円、停止時日額84円。専用サーバーの「タイプM」は、CPUがXeon×1、メモリーが24GB、HDDが292GBで、料金は月額8万1900円。10Gbps共有回線のデータ転送量として、1GBあたり13.65円が別途必要となる。いずれのプランも初期費用は無料。

一見安いんですけど、いろいろ計算していくとまあちょっと安いかなあ、と思いつつも、動的にサーバーの数や回線の太さを変えられるというのを考えるとやっぱり安いですね。

で、なんといっても一番すごいなあと思ったのは、

また、ソーシャルアプリの公開準備期間として、サーバー環境納品後からアプリの公開まで最大14日間は無料で利用できる。さらに、公開直後の4日間は仮想サーバー「タイプXS」が最大20台まで無料で提供され、立ち上げ時のトラフィック増に対応できる。

というところでしょうか。

なんでもそうなんですが、新しいサービスは発表直後のトラフィックがものすごくってその後ガタンと落ちるか、そのまま伸びていくかなんですが、ガタンと落ちるのがほとんど、って考えるとこの公開直後4日間はサーバが無料で増やせるってのはすごく魅力的です。

なんというか全然嫌な意味じゃなくてソーシャルアプリ提供者と一緒にお金儲けていきましょうね、という姿勢が良い感じです。お互い持っているいい部分をお互い補完しあって、みたいな関係というか支援という言葉がぴったりくるのかな。

さて、これで他のクラウドサーバー提供業者はどうするのかな。楽しみです。

JavaScriptの処理が50%高速化しWebM動画に対応した「Opera」v10.60正式版が公開

 
Opera Software ASAは1日、独自エンジンを搭載したWebブラウザー「Opera」の最新正式版となるv10.60を公開した。最新版の主な変更点は、HTML5の "video"タグによる動画再生機能でWebM形式の動画を再生できるようになったこと。正式版でのWebM動画対応は、メジャーなWebブラウザーで初となる。

JavaScriptの処理が50%高速化しWebM動画に対応した「Opera」v10.60正式版が公開

また、JavaScriptの実行速度もさらに向上した。同社によると前バージョンとなるv10.50に比べて50%の高速化が実現されており、 GmailなどのWebサービスを利用した際にその効果を体感できるという。

Operaってこんな感じでものすごく先進的だし高速で素晴らしいのに、どうして人気出ないんでしょうかね。

ブラウザだけやっているメーカーだからかな?って思ったけどFirefoxもそうですからね。

あ、でもFirefoxはオープンソースだからその点はちょっと違うかな。

もしかしたらOperaはHPみたいなコンピュータ企業と一緒になって名前変えてリリースされれば超人気出るかも。HPのWindows PCには標準バンドルとかすればすごいことになるだろうし。

私は昔Opera使っていたんですが、どっかのバージョンからメールとかなんか余計な機能がどんどん搭載されてそれが目障りになって使うの止めたんですが、シンプル化というのもひとつの手かもしれませんね。

それにしても新しいバージョンが出る度にJavaScriptのパフォーマンスが劇的に向上していくんだけど、これっていつまで続くんでしょうかw

YouTubeが語るFlashとHTML5のvideoタグのあれこれ。

 
There's been a lot of discussion lately about whether or not the HTML5

YouTube API Blog: Flash and the HTML5 <video> tag

Flashといえばネット上ではビデオの再生によく利用されているわけですが、最近はHTML 5のvideoタグでそれを置き換えよう、みたいなことを言っているAppleみたいな会社もあります。またYouTubeを運営している当のGoogleもHTML 5に注力しています。

そんな中、多分世界で一番ビデオを扱っているYouTubeがFlashやHTML5についてどう思っているか、というのはとても興味深いことではないでしょうか。

で、この「YouTube API Blog」でそれについて書かれているわけですが、結果から書くと、「今のところはFlash」ということになっています。

ここではその理由がいくつか書かれてるのでそれを超簡単にまとめてみます。

1.標準のビデオ形式

今はH.264だよね。でも特許とかライセンスの問題もあるよね。だからWebMプロジェクトには期待している。でもFlashプレイヤーでもVP8コーデックはサポートされるんだよね。

2.ビデオ・ストリーミング
単にビデオのURLを指定して再生するだけじゃなくて、ビデオの一部だけとかバッファリングとか回線状況によって再生品質をコントロールできないといけないんだけど、FlashプレイヤーはHTTPやRTMP、そしてActionScriptを使ってこういうニーズをすべて解決することができるんだ。HTML 5はそれ単体じゃビデオストリーミングに関するあれこれを解決することはできない。でも関わっているベンダーがたくさんいるからそういう人達が将来きっとどうにかするだろう。そしてひとつの標準になるといいなと思っている。

3.コンテンツ保護
Flashの場合、Flash Platform's RTMPEプロトコルを使えばセキュアにビデオをストリーミング配信することができるんだ。コンテンツ保護の仕組みがないとYouTubeが提供しているある種のコンテンツは配信できないんだ。

4.カプセルかと組み込み
Flashプレイヤーにはアプリケーションコードとリソースをセキュアで効率的なパッケージに収めることができるんだ。これによりYouTube上のビデオを他のWebサイトでも表示・再生することができるんだ。HTML5にはサンドボックス機能とかメッセージ・パッシング機能があるけど、Flashだけがどこかのサイトのコンテンツを他のサイトに組み込むためのメカニズムを持っているんだ。

5.フルスクリーン再生
Flashプレイヤーはハードウェア・アクセラレーションを使った強力でセキュアなフルスクリーン再生が可能なんだ。最近、Webkitフルスクリーン再生ができるようになってきているけどビデオ用途ではまだ十分じゃないね(ビデオの上でコンテンツを表示し続ける機能など)。

6.カメラとマイクの利用
YouTubeではWebカメラやマイクを使ってダイレクトにビデオを作成することができるんだけど、これはFlashの技術なしにでは実現できないよね。HTML5だとまだ始まったばかりだ。

ということで結論としては、

Today, Adobe Flash provides the best platform for YouTube's video distribution requirements, which is why our primary video player is built with it.

今の段階だとFlashがベスト、だそうです。

実際にガンガン利用しているところが語る言葉はリアルですなあ。

ということで詳細は原文をご参考ください。ものすごく意訳していますので。

ChromeがSafariを抜いて全米で第3位のブラウザに!

 
Google's internet browser Chrome has overtaken Apple's Safari in the US for the first time on a weekly basis according to StatCounter, the company which provides free website analytics. The firm's research arm StatCounter Global Stats reports that for the week beginning 21 June Chrome overtook Safari to claim third place in the US browser market.

Chrome Overtakes Safari for First Time to Claim Third Place in US Internet Browser Market - StatCounter | Business Wire

ということでStatCounter Global Statsの当該ページです。

StatCounter Global Stats

2010年の第25週のところを見ると、Safariが8.88%に対して僅差ですがChromeが8.97%となっています。

といってもこのグラフの全体を見るとIEは52%とやっぱり強いし、Firefoxも28.48%で安定した2位をキープしているので、3位はどうでもいいって言えばどうでもいいかなあと思うものの、わずか2年で3位になったChromeはやっぱりすごいな、とも言えるわけで。

でもこういう感じで全体で見るよりも、Safari VS ChromeとかiPhone VS Androidという2つの対決という観点で見てみるのもおもしろいかもしれません。

StatCounter Global Statsによる報告記事はこちらです。


Chrome overtakes Safari for first time to claim third place in US Internet browser market

TwitterをGoogleそっくりに偽装するGreasemonkeyスクリプト「CustomTwitter」

 
「CustomTwitter」は、TwitterのWebサイトをGoogleそっくりに偽装できる「Greasemonkey」用スクリプト。 Windowsなどに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vista上の「Google Chrome」v5.0.375.86、および「Greasemonkey」v0.8.20100408.6をインストールした「Firefox」 v3.6.6で動作確認した。Greasemonkeyスクリプトのライブラリサイト"Userscripts.org"からダウンロードできる。

TwitterをGoogleそっくりに偽装するGreasemonkeyスクリプト「CustomTwitter」

ほんとぱっと見たらGoogleの検索結果ページにしか見えません。

本スクリプトをインストールするとTwitterのWebページの左上に"G"マークのボタンが追加される。このボタンを押すとTwitter上の情報はそのままに、見た目をGoogleの検索結果ページそっくりに変更することが可能。

まあ、会社のPCからTwitterを堂々と見れる人は少ないと思うのですが、ちょっと見てみたい、なんて時にこの「CustomTwitter」を使って見れば仮に見られたとしてもすぐにばれることはないでしょう。

作者の方は日本の方なんですね。素晴らしいです。

CustomTwitter

シックス・アパート、関連記事やTwitter・はてブとの連携ツール「zenback」

 
シックス・アパート株式会社は28日、ブログやメディア向けにソーシャルメディアとの連携機能を提供するツール「zenback」を発表した。

シックス・アパート、関連記事やTwitter・はてブとの連携ツール「zenback」

「zenback」は、ブログ記事などのテンプレートにスクリプトコードを埋め込むことで、自サイトの関連記事や、他のzenbackユーザーの関連記事、記事に関するTwitterやはてなブックマークのコメント、記事のアクセス元(リファラー)を表示するツール。

これを使うことで自分のブログを読み機会や時間が増えるといいですね。

ただ、よくわからないのがこの「zenback」というネーミングでしょうか。推測するに「feedback」をベースにfeedの部分をzenにしたんじゃないかと思うのですが、英語で「zen」といったら「禅」だもんなあ。

そんなわけで、この名前の意味を知るべくプレスリリースにアクセスしてみました。

シックス・アパートが、ブログ/メディア向けの ソーシャルメディア相互連携ツール「zenback」を発表

ううむ、何も書いていないな。

もしかして、「あなたのブログのこの記事について書かれている「全て」をフィードバックしてあげますよ」という意味の「全」なのか?

あ、そういえばブログがあったな!そこに書いているんじゃなか!ということでシックスアパートの広報部ブログにアクセスしてみました。

広報ブログ

だめでした。その代わり、すき焼きが食べたくなりました。

WiMAXモバイルル−タ「URload-7000K」を買いました

 

イ−モバイルを解約してWiMAXモバイルル−タ「URload-7000K」を買いました。なんといか最近イ−モバイルユ−ザが増えたせいか、つながる場所にいるのにつながらない、または遅いという状況に辟易したので。ど−せつながらないならWiMAXにするぜ!みたいな。

IMG_20100626_203703

いや、買ったというかWiMAXを契約したわけですが、ビックカメラの「BIC WiMAX Service」というUQ WiMAXのMVONのやつで契約しました。

なんでかというと、この「BIC WiMAX Service」だと通常19800円ぐらいの「URload-7000K」が定額ダブルW加入で9800円、BIC定額加入で4800円で買えるからです。

で、私は定額ダブルWで契約したかったので契約プランの変更について聞いてみたら、今日加入したら明日以降にプラン変更すれば来月からそのプランになるとのこと。

つまり、明日プラン変更すれば7月からは定額ダブルWプランなんだけど、今日は「URload-7000K」を4800円で買えるというわけです。

また、そのままBIC定額プランでも1年間は4480円→3780円で使えるとのことなのでこれもまた魅力的です。悩ましいなあ。

さらに「BIC WiMAX Service」だと「Wi-Fiプラス」というUQが空港や地下鉄、新幹線などで提供しているWi-Fiサ−ビスやビックカメラが提供している「wi2 300」というBB Mobileやlivedoor wirelessも無料で利用できるようになります。なんか非常にお得感が大きいです。

WiMAXはサ−ビス提供エリアがとても気になるのですが、自宅ではちゃんと使えました。だいたい4MBps弱ぐらい出ました。

まあ、いろいろ使ってみて自分にとって使えないエリアが多かったとしても、ほったらかしにしておいても月々380円ですからね。それに他社のホットスポットも使えるわけだし。しかも期間の縛りなしでいつでも解約できるし。いいなあ、後発のネットサ−ビス。

というわけで今日から私はWiMAX派です。よろしくお願いします。

PDFを3D形式の書籍に変換してくれる「Flipbook」

 

FlipBook」というPDFの3次元化(?)サイトがありました。

Create books up to 30MB with an unlimited amount of pages FOR FREE. Discover the possibilities of Flipbook and convert magazines, brochures and nearly all of your pdf files to online printing media.

PDFファイルをアップロードすると3次元化してくれるのですが、飛び出す絵本みたいになるのかな、と思ったらそうじゃなくて、こんな感じでパースペクティブなビューで見ることができるようになります。ああ、もちろんこれの角度を変えたりして自分が読みやすいようにすることもできます。

虫眼鏡アイコンをクリックすると読みたい部分が2次元平面化して表示されるのでいつも通りな感じで読むことができます。

なんというか、カタログとか雑誌をパラパラってめくる感じが再現できてて良い感じです。ああ、だからFlipBookなのか。

電子書籍って全体の量がどれぐらいで、今自分はどれぐらいまで読んでいるのか、というのが直感的にわかりにくいので、こんな感じのインタフェースをうまく併用することでそのあたりの失われた感覚を補足できるんじゃないかな、と思いました。

なんというかちょっと傾くだけで印象が全然変わるっておもしろいもんですね。

Dropboxの新しい共有モデル

 
Any file or folder in your Dropbox is now linkable!

(6/23) - New Sharing Model (omg)! « Dropbox Forums

ということで、Dropboxで「Public」フォルダに入れていないファイルも共有できたり、フォルダ単位での共有も可能になったようです。

こんな感じです。

単一ファイルの共有の例
フォルダ共有の例

共有リンクを設定するとURLが作成されるので、それをTwitterやらメールでお知らせしてあげる、という仕組みのようです。

やり方は簡単で、デスクトップまたはWebで共有したいアイテムを選んでコンテキストメニューから'Get shareable link'をクリックすればよいようです。

デスクトップ(クライアント)版はバージョン0.8以降からこの機能が使えるようです。

詳細はリンク先のDropboxのページをご覧ください。

Yahoo!、「Flickr」の画像表示ページをリニューアル - ニュース:ITpro

 
米Yahoo!は現地時間2010年6月23日、画像共有サイト「Flickr」の画像表示ページ(photoページ)を刷新したと発表した。今後数週間で全ユーザーが利用できるようにする。既存ユーザーはFlickrサイトにアクセスし、いずれかの画像を表示して上部のリンクからプレビュー版を確認できる。

Yahoo!、「Flickr」の画像表示ページをリニューアル

私のアカウントでログインした状態でアクセスしたらこの新しいデザインのページを見ることができました。

写真の上に「The new Flickr photo page. Bigger. Faster. More Flickr-er.」という枠表示が登場し、そこで新しいポイントを知ることができます。

画像の右上部の「Newer/Older」ボタンをクリックするか、右側のサムネール画像をクリックすることで、閲覧する画像を簡単に切り替えられる。画像の左上部には「Actions」「Share this」ボタンを設け、タグ付けや注釈付け、画像の編集、画像の共有といった操作メニューに手軽にアクセスできるようにした。
新たなphotoページでは、画像表示サイズを幅640ピクセルに拡大した。画像の右側には、撮影した日付や場所、使用したカメラなどの関連情報や地図をまとめて表示する。現在閲覧している画像と同じグループやセットに含まれている他の画像もサムネール表示する。

ポイントは5つあってそれぞれのボタンにマウスを重ねるとそれがページ内のどこにあるかなどがすぐにわかるような見せ方をしているのですが、最後の5番目にマウスを重ねたらびっくり!

これはネタばれになってしまうのでここでは書きませんが、新しいデザインを説明するページにアクセスできるようになったら是非5番目のやつを見てみてください。

こういうのがいかにもFlickrらしいんですよねえ。

ちなみに個人的には表示サイズに640 x 480が加わったことがとても大きいですね。

これまで500 x 375か1024 x 768しかなかったので500 x 375を使っていたのですが、640 x 480が使えるようになったんでブログのデザインもようやく変えられます。

いや、YouTubeの動画も最近は横サイズが大きくなってきたんで今のこのサイズだと掲載する度にサイズパラメータを書き換えていたんで、書き換えなしでそのままコピペしたいんですよ。

んなわけで、ブログの記事部分の横幅を広げるぞ!

「本を書いてみませんか?」――ブログ感覚で電子書籍を作成・販売 ペパボ「パブー」

 
「本を書いてみませんか?」――paperboy&co.が運営する書籍レビューサイト「ブクログ」は6月22日、ブログを作るような感覚で手軽に電子書籍を作成・公開・販売できる個人向けサービス「パブー」を公開した。作成から販売まで、すべての操作がWebブラウザのみでできる。

「本を書いてみませんか?」――ブログ感覚で電子書籍を作成・販売 ペパボ「パブー」

本のタイトルや表紙を決め、1ページずつテキストや画像を入力して電子書籍を作成。販売価格(無料~3000円)や無料試し読みページを設定してWeb公開できる。EPUBとPDFファイルも自動で作成。ダウンロードすれば、iPadやKindle、iPhoneなどでも快適に閲覧できる。

相変わらず素晴らしいデザインとユーザインタフェースで利用できるサービスです。ほんとにペパボは素晴らしいですね。「30Days Album」でグッドデザイン賞を競った時はうちの負けかと思いましたが。

「パブー」はPubooって書くんですね。Bookをpublishするって意味なんでしょうね。

で、今掲載されているイエイリ嫁のやつが秀逸です。

学級委員長、家入明子。

うん、今では酒びたりな毎日なんだろうけど、昔は全然お酒飲めなかったんだよねえ。

そういえば昔、ペパボで自叙伝というか半生記みたいなの作成するサービスってのもあったよね。なんかあれとPubooは雰囲気が似ているな。

正しい綴りを入力するWebサービス「Spelled」

 

Spelled」という英語のサービスがありました。

サイトにアクセスするとスペルミスしている単語があるので、その正しい綴りを入力し手リターンキーを押すだけ、というものです。当たってたら次の間違っている単語が、外れたら文字が赤色になります。ほんとにそれだけ。

非常にシンプルな試みなんですが、こういうところから何かヒントが得られるかもしれないので、侮れないというのが面白いところです。

にしても結構当たらないもんです。(涙

「はてなスポンサードブックマーク」開始、はてブを法人向けにカスタマイズ

 
株式会社はてなは14日、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」を法人向けにカスタマイズした有料タイアップメニュー「はてなスポンサードブックマーク」を開始した。協賛企業が伝えたいWeb上の情報をブックマークすることで、「はてなブックマーク」に訪れるユーザーと定常的なコンタクトを図れるという。

「はてなスポンサードブックマーク」開始、はてブを法人向けにカスタマイズ

うーん、これはどうなんだろうなあ。

協賛企業は独自の「はてなブックマーク」アカウントを持ち、企業ロゴや企業概要、自社サイトのURLを掲載できる。また、プレスリリースや公式ブログ、協賛企業が取り上げられたニュース記事やブログ、Twitterの発言など、Web上の自社関連情報をブックマークしてストックすることが可能。

まあ、言ってしまえば「ブックマークするだけ」なんだよなあ。1箇所に集まっている、というのは確かにメリットかもしれないけれど、企業アカウントとってまでやることじゃないような気がするんですよねえ。だいたいぐぐっちゃえば結果として同じようなページになるだろうし。

自社発表ニュースに対するコメントをモデレートできるようになる、というのだとちょっと理解できるのだけど、それができるようになったらはてブのおもしろさがなくなっちゃうし。

ソーシャルブックマークはシステム維持がすごくたいへんな割に収益化しにくいんで、たいへんだと思いますが、あと1つ2つは工夫が必要なんじゃないかな、と思いました。

例えば、ブックマークされた関連記事及びそれに関する裏側の数字をレポート形式にまとめて企業に提出してあげるサービスとかさ。そういうのは既にあるのかな?

まあ、何もしないよりは協賛してくれる企業からいくばくかの収益があって、それが運営に足しになるのであればそれはそれでいい話ではあります。

Firefox 4に搭載されるかもしれないCSS3 calc()

 
This article describes the CSS3 calc() value. This feature hasn't landed yet in any Firefox tree but work to implement it is underway.

Firefox 4: CSS3 calc() ✩ Mozilla Hacks - the Web developer blog

CSSで例えば何かの幅を指定する場合は、

width:99%;

みたいな感じで書くのですが、CSS3 calc()を使うとこんな感じに書けるみたいです。

width: -moz-calc(100% - 2 * 3px);

計算式はいろいろできるようで、

width: -moz-calc(3px + 50%/3 - 3em + 1rem);

という風にも書けるようです。

まあ、こういうのもあるよ、ってことで、いちおう書いておくとこれについては私は全然わかりません。

興味のある人はリンク先の記事のコメント欄でいろいろお話合いがなされているのでそれを読むとよいかと思います。


50個の使えるCSSテクニック、ツール、そしてチュートリアル

 

英語でしかも50個もあるんで、あとで読む。

まあ、前に見たやつもあるけど、よさそうなのがあったら後日日本語で紹介しますね。

50 New Useful CSS Techniques, Tools and Tutorials - Smashing Magazine


Google VoiceがVoIPとしてGmailに組み込まれるようです。

 
Google tests a new feature that makes Gmail chat more useful: users are able to make and receive Google Voice calls from Gmail. A new phone icon opens a Gmail chat window with a dialpad, an option to find contacts, a credit balance and a call button.

Google Voice to Integrate with Gmail as a VoIP Service

まあ、Google Voiceが使えない日本だと関係ない話なのでしょうけど。

Google Voiceを使えば、複数の電話(個人の携帯電話(複数)、会社から支給されている電話、自宅の固定電話など)を所有している人はGoogle Voiceによりどの電話に電話がかかってきても所有しているすべての電話を鳴らすこともできますし、分散している留守番電話も1つにまとめることができるようになります。また留守番電話はテキスト形式に変換されてメールで受信することもできます。

Gmailに統合されたGoogle VoiceがVoIPであるという点もいいですよねえ。

For now, Google Voice's integration with Gmail is not publicly available.

ということで、また一般公開はされていないそうです。

なんか、日本って通信キャリアがいろいろな場所でいろいろ足ひっぱっているよなあ。

iPad用HTML5アプリを作成するときに知っておいた方がいいCSSに関するTips

 

mir.aculo.us with Thomas Fuchs » Blog Archive » Making an iPad HTML5 App & making it really fast」(iPad用HTML5アプリを作る&そしてそれを高速にする)というタイトルの英語の記事があり、なかなかおもしろいことが書かれていたので、メモ代わりにまとめてみます。ただし、この記事の真偽の程はわかりません(例えばGPUアクセラレーションが効くとか効かないってどうやったらわかるのだろう)。

まずはこの方が作ったHTML5アプリです。

http://everytimezone.com/

タイムゾーンを見るアプリだそうで、広告以外は画像を使っていないそうです。また、JavaScriptライブラリや外部CSSも使っていないそうです。

このHTML5アプリを最初作った時はとても遅かったそうで、そこでわかったことがまとめられています。

1.画像が遅くさせる

「day bar」(日にちの部分)に-webkit-gradienを使って複雑なことをやっていたそうなんですが、これがとにかく遅い、と。-webkit-gradientを使うとビットマップイメージを作成するようです(外部のpngファイルを読み込んだのと同じことになる)。で、Mobile safariでの画像はとにかく遅いそうです。なので画像やgradientは使わないようにしたそうです。

その代わり、canvasタグを使ったそうです(背景など)。

リンク先にはgradien部分をcanvasタグに書き換えたbeforeとafterのコードが掲載されています。

2.テキストとボックスにシャドウを使わない

これらも動作を遅くさせるそうです。理由は書いていませんでした。

3.ハードウェアによるアクセラレーションは新しく、そしてバギーである。

-webkit-transformを使用するとハードウェアによるアクセラレーションが有効になります(opacity もです)。

しかし同時に実行できる数には制限があり、その数を超えるとちらつきが発生したりレンダリングエラーが発生するそうです。

4.できるだけtouchイベントを使う

onClickをiPadで使うとディレイが発生するのでtouchイベントを使った方がよいようです。

リンク先の記事ではtouchイベントが使えないブラウザでも使えるようにするためのコードのサンプルが掲載されていました。

5.opacityを避ける

いくつかの理由でopacityを使うとちらつきが発生するようです。

6.自作のJavaScriptとCSSを使う

フレームワークに頼ってはいけません。必要最低限のスクリプトやスタイル設定を含んだHTMLファイルにすることでロードも速くキャッシュも効きオフラインでも動作させることができるようになったそうです・

Appleから提供されているSDKに含まれているiPadシミュレータ上で作ったものを実際にiPadで実行してみるとその違いに唖然としたようです。

このあたりの話は実際に経験してみないとわからないですけど、事前に頭の片隅にこういう情報があると早期に問題を解決することができるでしょう。

まあ、でもCSS3っておもしろいので猿みたいにあれこれ使いたくなっちゃうんですけどねw

Google top 1000サイトを8つのポイントで詳しく調べてみた結果

 
Google recently published a list with the top 1000 most visited web sites in the world. We found that list very interesting and decided to take a closer look at them.

Sucuri Security: Google top 1000 sites: Interesting stats about them

先日Googleが発表した「The 1000 most-visited sites on the web」の中で以下の点から調査したブログがありました。

1.使っているWebサーバー
2.使用言語
3.WordPressを使っているか
4.jQueryを使っているか
5.AdSenseを使っているか
6.Google Analyticsを使っているか
7.wwwなしじゃ動作しないサイト
8.China Cacheを使っているか

(China Cacheってなんだろう。中国国内のCDNみたいなもんかなあ)

で、それぞれの結果が掲載されているのですが、例えば「使っているWebサーバー」はこんな結果に。

Apache: 59%
IIS: 17.9%
Nginx: 14.8%
Sun One: 1.8%
IBM: 1.8%

IISが意外と多いんですね。

その他、Wordpressを使っているサイトは全体の0.8%しかなかったり、jQueryを使っているサイトは29.9%もあったり Google Analyticsを使っているサイトが42%もあったりとなかなかおもしろい結果が読めます。

まあ、だからなんなんだ、といえば身も蓋もないお話なんですけどね。

Chrome Developer Toolsのエクステンション達

 

Google Code BlogChrome Developer Tools
エクステンションが紹介されていました。

Google Code Blog: Chrome Extensions for Web Development

If you're writing a webpage or even a web app for the Chrome Web Store, you can inspect elements in the DOM, debug live JavaScript, and edit CSS styles directly in the current page. Extensions can make Google Chrome an even better web development environment by providing additional features that you can easily access in your browser.

例としてSpeed Tracerというエクステンションなどが取り上げられていたのですが、これを使うとこんな画面でテストできるみたいです。

他にもたくさんのエクステンションが紹介されているので是非チェックしてみてください。

Extensions for web developers

TwitterのTLとストックフォトをつなげてあそぶ 『フォト∞コト』

 

メールでピクスタ株式会社さんから「つなげてあそぶ、写真とコトバ 『フォト∞コト』」というイベントサイトのお知らせを頂きました。

つなげてあそぶ、写真とコトバ 『フォト∞コト』

本イベントは、PIXTAのさまざまな「写真(イラスト)」と思い思いの「コトバ」を組み合わせて「フォトコト」と呼ばれる作品を作り、Twitter(ツイッター) を通してつぶやくことができるユーザー参加型の投稿イベントです。

ピクスタ株式会社さんではマイクロストックフォトサイト「PIXTA」(http://pixta.jp/)というサイトをやられていて、そこにある写真やイラストとTwitterのつぶやきをマッシュアップしていわゆる「写真でひとこと」みたいな遊びをすることができるみたいです。

私も作って見ました。

http://4th.pixta.jp/#/94

リツイート元は先日iPadの発売イベントで表参道でトップに並んでいたことで各種メディアに出まくりだったミウミウです。

こんな画像がとても簡単に作成できて公開できるのがとてもいいんですが、残念なのがこれがフルFlashであるという点でしょうか。全画面Flashですよ。これじゃiPadとかで見れない/使えないじゃん!

なんですが、とりあえず面白いのでPC/MacからOAuthを使ってサービスにログインして遊んでみてください。

Googleが「cloudcourse」をリリース

 
CloudCourse is a course scheduling system.

cloudcourse - Project Hosting on Google Code

ということで、学習用というかお勉強用クラウドサービス「cloudcourse」がGoogleからリリースされたようです。

同じようなものとして既にBlackboardというのがあるのですが、そのせいで一部では「Blackboardキラー」と言われているようです。

ただ、システムが英語なんで実際問題使い物になるのか、というとちょっとあれですね。

なんですが、私はこのあたりは全然詳しくないので、とりあえず「こんなのがリリースされたよ」程度でおしまいにしたいと思います。ごめんなさい。

どこかの誰かの役に立てばいいな、と思います。

日本の検索サービス利用者数、Yahoo!が4223万人で1位、Googleは2923万人

 
検索利用者数の順位では、1位がYahoo!の4230万人で、2位がGoogleの2923万人。以下は、MSN/Windows Live/Bingが714万人、gooが686万人、JWordが425万人、BIGLOBEが345万人、@niftyが269万人など。

日本の検索サービス利用者数、Yahoo!が4223万人で1位、Googleは2923万人

クエリー数のランキングでも、1位がYahoo!の23億6903万回で、2位がGoogleの16億6036万回となっている。

まあ、そんな感じなんでしょうね。

うちの奥さんはもっぱらYahoo検索な人で、googleだと情報が見つけられない、と言います。まったく不思議でなりません。多分、検索キーワードの設定が下手な人でもうまいこと望んでいる結果を出すようになっているんだろうなあ。

さて、そんな上位に対して下位はたいへんです。

利用者数に関しては1位もYahoo!で4230万人、2位のGoogleで2923万人ですが、Naverだと46万人、Baiduで30万人です。

クエリ数もYahoo!の23億6903万回、Googleの16億6036万回に対してNaverが2百20万回、Baiduで5百万回です。

いやー、ほんと新規に検索ビジネスに参加した企業はたいへんですね。がんばって欲しいものです。

つうか、ここに掲載されていないVCからお金入ったベンチャーの検索サービスもいろいろあるわけで・・・。

タブブラウザでたくさんタブを開く人向けのフィッシングサイトの作り方

 

A New Type of Phishing Attack « Aza on Design

タブブラウザでサイトをたくさん開いていると開きっぱなしのサイトも出てくることになりますが、そのサイトがある瞬間全然違う、しかしとてもなじみのあるサイトのデザインになってしまうことでIDとパスワードを抜いちゃう方法、というのが説明されています。

A New Type of Phishing Attack from Aza Raskin on Vimeo.

実際にリンク先サイトにアクセスするとしばらくするとGmailのログイン画面に変わっちゃっています。

なるほどなあ、これはちょっとぼーっとしてたら引っかかっちゃうよなあ。

そんなわけでタブの開きっぱなしには注意、ということになるのでしょうか。

とはいえ、いちいち閉じてられないしなあ。困ったもんだ。

GoogleのPage SpeedとYahoo! のYSlowを使ってサイトのスピードを解析・アドバイスしてくれるサイト「GTmetrix」

 
GTmetrix uses Google Page Speed and Yahoo! YSlow to grade your site's performance and provides actionable recommendations to fix these issues.

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

サイトのURLを入力するとGoogleのPage SpeedとYahoo! のYSlowを使ってそのサイトのスピードや改善ポイントなどを表示してくれるサイトです。

とりあえず4秒以内にロードが完了する、ってのを目標にこのサイトの解析結果を使ってあれこれ手を入れてみてはいかがでしょうか。

といううちのサイトも問題だらけなんですが、JSが多い、ってのはわかっているんだけど、どうしようもないよなあ、と地団駄を踏むばかりです。

こういうサイトの日本語版があればいいんですよねえ。

ちなみにgoogle.co.jpとyahoo.co.jpを試して見たら、googleがAでyahooがBという結果でした。yahooってCDN使っていないのか?

「Soundation Studio」というFlashアプリがまるでMacのGarageBand

 

以下のスクリーンショットはWindowsのFirefoxでSoundation Studioのサイトにアクセスしたものです。

Soundation Studio

もう、まるでSafariっぽいというかAppleのアプリっぽいですね。

で、MacにはGarageBandという音楽制作ソフトウェアがついてくるんですが、まさにそれです。右側にあるペインからループ音源選んで適当なトラックにドラッグ&ドロップしてリピート指定したりして曲を作っていきます。

なので、GarageBandに慣れている人は直感的に曲を作っていくことができます。知らない人でもなんとかなるかな。

音源(wavファイル)のアップロードも可能ですし、作成した曲をwaveファイルとしてローカルディスクに保存することもできますし、誰かと共有することもできます。

まあ、Webサイトなんで、ファイルのロードとかアップロードとかダウンロードには時間がかかるのが宿命的問題なんだけど、GarageBandのよさは聞いているけどMacを買うほどでもないなあ、なんて人はこれを使ってみるといいかも、です。

ちなみに私がやっているポッドキャストはGarageBandで作っています。というかGarageBand以外じゃ作る気しないな、って感じです。

iPadで使ったらおもしろいだろうなあ、と思ったものの、Flashだからだめじゃん。

iPad用のGarageBandってリリースされないかなあ。

Google Prediction API だって。

 
The Prediction API enables access to Google's machine learning algorithms to analyze your historic data and predict likely future outcomes.

Google Prediction API - Google Code

例としてこんな感じでテキストを投げてあげるとそれを解析して何語かを判断してくれるようです。

利用例としてはこの他に、

* Language identification
* Customer sentiment analysis
* Product recommendations & upsell opportunities
* Message routing decisions
* Diagnostics
* Document and email classification
* Suspicious activity identification
* Churn analysis
* And many more...

などを紹介しています。

顧客の感情解析なんておもしろいですね。というか、これによってダメージを受けるWebサービスって結構あるな・・・。

本当に商品のリコメンデーションとかアップセルに利用できるようになるといいですね。

グーグル、「Gmail」内アプリの開発をサードパーティーに開放

 
。「本日から、サードパーティーの開発者はGmailのコンテキストガジェットを開発し、『Google Apps Marketplace』で配信できる。こうしたガジェットはソーシャルネットワーク、ビジネスサービス、ウェブアプリケーションといったシステムからの情報を表示する機能を持ち、ユーザーはこうしたデータとGmail内でそのままやりとりできる」

グーグル、「Gmail」内アプリの開発をサードパーティーに開放

いわゆるGmail labsで発表されていたようなガジェットとか機能をサードパーティも作れるようになった、ってことですね。

といっても具体的にどんなものがあるのかなあ、すでにlabsで作られているしなあ、と思ったんですが、例えばこんなのがあるようです。

たとえば「AwayFind」では、特定の送信者やトピックを設定すると、その条件に合う緊急の電子メールが来た時にショートメッセージなどで通知してくれる。「Pixetell」では、ビデオメッセージをプレビューしてコメントを付けることができる。「Gist」は、送信者に関するデータをウェブから収集できるサービスだ。

『Google Apps Marketplace』で配信、ということは有料販売することもできるわけですね。

いいエコシステムができて、みんな幸せになれるといいなあ。

Yandexというロシアの検索サイト

 

初期のGoogleみたいな感じでサイトロゴと検索窓とAboutへのリンクだけ、という検索サービスです。

Yandex

しかし、なぜ今更検索サービスなのか?と思ったらロシアで開発されたんですね。Aboutページを見ると、

Yandex is Russia's largest internet company, whose websites attract a workday audience of more than 19 million users (unique visitors as of March 2010) from Russia, Ukraine and other countries.

ということでロシア最大のインターネット企業だそうです。ふーん。

で、既存の検索エンジンとの差別化として、

Our major goal is to give answers to users' questions. Questions can be explicit or implicit.

ということでexplicit(明らか)な質問、つまり検索キーワードが決まっているものに対する検索の他にimplicit(暗黙な)な質問に対してもユーザに特化した形で答えを返せるようにしたいみたいです。

例えば、

To answer implicit questions like "what is the weather like today", "is there anything important going on now", "can I drive downtown without traffic jams" Yandex offers its users specialized information services.

「今日の天気は?」とか「今何が重要?」とか「交通渋滞なしにダウンタウンまでドライブできる?」といったコンピュータには苦手な形式でも検索でき何かしらの答えを出すことを目的としているようです。

まあ、ロシアですからね。あながち不可能だとも思えません。

現在はアルファバージョンということでimplicitなフレーズによる検索結果はまだまだって感じですし、我々にとって重要な日本語は通らないし日本語のページは引っかかってきません。

しかしながら英単語で英語のサイトを検索したときは結果にそれぞれのファビコンが表示されるなど、ぱっと見た目のわかりやすさがステキです。また絞り込み検索もできるのですが、これは現実的にはちょっと微妙ですね(Google検索だと単にキーワード追加すればいいから)。

英語の情報を検索しているときにGoogleやYahoo、そしてBingで欲しい情報が見つからない時に使ってみるとよいかもしれません。

CSS3だけでiBooksのようなページをめくるUIを実現する例

 

iPadのiBooksのようなページがめくれるユーザインタフェースをCSS3だけで実現しているサンプルです。

ソースを見ると、-webkit-うんちゃれ、というのの嵐なのでSafariとChromeでしかうまく再生できないのと、めくれるページが1ページしかないのですが、これを解析してお勉強するといろいろよいかと思います。

pureCSSFlip-20100517.jpg

Pure CSS3 Page Flip Effect

マイスタンダード、1枚の画像を3D写真に変換するWebサービス

 
マイスタンダードは、1枚のデジタル画像を3D画像に変換するWebサービス「3D画像変換アプリを開始した。同社が運営する「選べるWeb Pattern」サイト内から無償で利用できる。

マイスタンダード、1枚の画像を3D写真に変換するWebサービス

1枚のJPEG画像をアップロードすると、赤青メガネで立体視ができるアナグリフ方式の3D画像に変換できる。変換した画像はダウンロードできる。また、ブログやWebサイトなどに設置するためのURLも発行される。

というわけで試してみたいんだけど手元に赤青メガネがないのでとりあえず変換だけ。

元画像はこれです。

P5030083

で、変換後がこれ。

P5030083

普通に変換後の画像がおもしろいなあ。

3D画像変換アプリ

Gmailでメール本文中へのイメージのドラッグ&ドロップが可能になったようです。

 
Today we're launching a feature that allows you to drag images from your computer into a message.

Drag images into messages - Official Gmail Blog

先日、ドラッグ&ドロップでファイルメールにアタッチできるようになったGmailですが、今度はメール本文中にローカルPC上の画像ファイルをドラッグ&ドロップで挿入することができるようになったようです。これでメール本文中にインラインでイメージを利用することがとても簡単になります。

挿入した画像を選択すると画像の下にsmall,medium,large,original sizeというメニューが出てくるのでそれを使って大きさをその場で変更することもできるようです。

でも、この機能が使えるのはGoogle Chromeだけのようです。他のブラウザは近いうちにサポートされる予定だそうです。

Flickr上にある自分の写真を独自の見せ方で自分のサイトで利用するPHPスクリプト「flogr」

 
Flogr shows your pictures from flickr in a customizable photo portfolio interface which includes a main photo page with EXIF details, geo data, and flickr user comments, a customizable thumbnails page of your recent work, a slideshow component to browse through thumbnails, a tag cloud page, and an about page that shows your flickr user profile. With flogr you can control which photos are shown by specifying the flickr tag(s) to include so you can show only your best photographs if you choose.

flogr - Project Hosting on Google Code

Flickrに登録した写真を使って、それを自分のサイトで独自の見せ方を可能にするPHPスクリプトです。

デモを見るのか一番理解しやすいと思います。

デモ

写真の右、または左にマウスを持って行くと「PREV」とか「NEXT」が表示されるのでそれで写真をナビゲートします。このあたりはlightboxと同じUIですね。

写真の右下に「Details & Comments」というリンクがあるのですが、これをクリックすると写真の上にオーバーレイで写真に関する情報が表示されます。このあたりがクールです。

多分この「flogr」を使うと他にもいろんな見せ方が簡単にできるんでしょうね。

イメージ的にはFlickrをAmazon S3みたいな感じでフォト・ストレージとして利用する、ってところでしょうか。

自分のサイトでフォトギャラリーを展開したい、なんて人にお勧めです。

チームでWebサイトをデザインしていく時に超便利な「Notable」

 

この「Notable」って試しにサインナップしてみたのですが、とてもいいです。かつて見たことないほどいいです。サイボウズLive作っている人達に激しくお勧めしたいです(なんのこっちゃw)。

ただし、最初に書いておくと、文字コードがUFT-8じゃないと日本語はだめっぽいです。いえ、ブラウザの文字エンコーディングをShift-JISとかそのWebページで使っているものにすればいいんですけど、そうすると他の部分が文字化けしたりでちょっと使い勝手が悪くなります。でもまあ、運用で逃げる、という後ろ向きな対応でも十分いいんじゃないかと思います。

無料会員もありますし、有料会員もあります。有料会員になって文字コードの扱いについてリクエストするのは十分アリかなという気もします。

さて、そんなWeb制作チームのためのコラボレーションシステム「Notable」です。

Notable | Easiest way for teams to provide feedback on websites.

とりあえずビデオを見るのが速いですね。

Demo of Notable from Bryan Zmijewski on Vimeo.

Firefox用のプラグインがあるので、それをインストールすると丸の中に「N」と書かれたアイコンがツールバーに表示されるので、仲間で作業したいWebページでそれをクリックします。

すると、そのページのスクリーンショットとHTMLやCSSコードなどが「Notable」の中に取り込まれます。そしてそれは仲間と共有することができます。

Webページ全体に対して意見やアイディアを書くこともできますし、ページの一部を指定してそこに対して意見やアイディアを書くことができます。

また、HTMLやCSSのテキストモードだと、コードの1行1行に対してコメントを付けていくことができます(例えばmetaのdescriptionは○○の方がいいんじゃない?とかCSSで「:」が抜けているとか)。

SEO解析モードを使うと、そのページに登場する単語の出現頻度や、各タグ(例えばH1)が割り当てられているテキストなどがリスト表示されるので、どこをどう調整すればよいのか一目瞭然です。

要するに「作る人」と「レビューする人」がうまいことコラボしながら作業を進めていくことができるようになります。

この「Notable」はWebページのためのものですが、工夫すれば雑誌や書籍の原稿とかプログラムのコードなどでも使えるかもしれません。

まあ、とにかく一度試してみてください。久しぶりに感動しました。有料プランも納得できる価格のサービスだと思います。

Notable

セキュリティを学習するためにGoogleが設置した"やられサイト"「Jarlsberg 」

 

Googleが「やられサイト」として「Jarlsberg 」というマイクロブログを公開したようです。

Web Application Exploits and Defenses

このサイトは以下の目的で設置されました。

* Learn how hackers find security vulnerabilities!
* Learn how hackers exploit web applications!
* Learn how to stop them!

Webアプリの脆弱ポイントやセキュリティの甘いところを知るには実際にそこを攻撃してみるのが一番理解できるじゃん、ということで、実際にそういうサイトを用意してあれこれアタックしてみて、ということのようです。

で、その後はそれをどう修正するか、という話になるわけで、そういう一連のセキュリティに関するチュートリアルのようなものになっています。

black box hackingとかwhite-box hackingとかなんかいろいろあるみたいなんですが、Webアプリやそのプラットフォームに潜む脆弱性をケアしなければならない人は一度試して見るといいのはないでしょうか?情報工学を専攻されている学生さんにはいい勉強になるかもしれません。

いちおう免責として、

WARNING: Accessing or attacking a computer system without authorization is illegal in many jurisdictions. While doing this codelab, you are specifically granted authorization to attack the Jarlsberg application as directed. You may not attack Jarlsberg in ways other than described in this codelab, nor may you attack App Engine directly or any other Google service. You should use what you learn from the codelab to make your own applications more secure. You should not use it to attack any applications other than your own, and only do that with permission from the appropriate authorities (e.g., your company's security team).

となっていますので、このあたりをご理解の上ご活用ください。

マイクロソフトによるクロスブラウザテストの結果。IE9がすごい結果にw

 
There are two tables below. The first table is a summary of the test results with the May 2010 IE Platform Preview and each of the major shipping browsers running on Windows. The table at the bottom of this page provides details and links to each of the new test cases we submitted to each appropriate W3C working group to help the web become more interoperable.

Internet Explorer 9: Testing Center

これ、どんなテスティングプログラム流した結果なのかわからないのですが、とりあえずマイクロソフトのMSDNのページのIEのページだとしてもテスト結果がIE9プラットフォーム・プレビューだと全部100%になっている、ってのがすごいなあ、と。

テスト項目の詳細などはリンク先ページにあるので、それを見てもらうとして、なんだかんだいってマイクロソフトが本当に本気だしてまじめにやればすごいの作れちゃうんだろうなあ、という気はします。

IE9が現在のW3C標準に準拠するのはとても歓迎するのですが、また昔のように独自拡張とか独自解釈だけはしないでほしいと思います。

ちなみにこのテストですが、Firefoxとかsafariで-webkit-border-radiusとか-mozilla-border-radiusといった標準化待ってられないので独自実装しちゃったようなものは「Fail」にしてしまっているようなので、まあ話半分、というところで。

というかこのテスト結果発表を受けて他のブラウザベンダーがなんてコメントするか、のほうが楽しみですね。

どんなサイトもWeb1.0風にしちゃう「The Geocities-izer」

 
「どんなサイトも1996年に13歳の子どもが作ったかのような見た目にする」というコンセプトの「The Geocities-izer」が楽しい。

ねとらぼ:どんなサイトもWeb1.0風にしちゃう「The Geocities-izer」

楽しいのかな、これw。

つうか、昔のWebというかHTML 1.0の頃のホームページデザインを知らないと笑えないと思うのですが、まあ、わかる人には面白いのかもしれません。いや、面白いというよりは「懐かしい」かなあ、私の場合。

URLを入力するとサイトを"Web1.0"風に変換するサービス。無駄に動くGIF画像、訪問者数カウンター、不思議なデザインの壁紙など、なつかしい雰囲気に変えてくれる。強制的に音楽も再生され、十数年前のネットの世界にタイムスリップした気分だ。変換後のデザインにはいくつかパターンがあるので、いろいろ試してみるのも楽しい。

「無駄に動くGIF画像」かあ・・・。いやー、あの頃、簡単にアニメーション画像が作れるんでおもしろくってとにかくアニメーションGIFでしたよねえ。

「訪問者数カウンター」も必須アイテムでしたねえ。JavaScriptとクッキー使って「昨日もいらっしゃってくれましたね」なんてページに表示されたときは「なんでこいつ知っているんだ!」ということで「インターネット怖い」って思ったものです。

で、試してみました。「The Geocities-izer」にアクセスして変換したいサイトのURLを入力するだけです(しかし、Geocities-izerっていう名前がすごいなあ。)。

変換後のモダシンはこんな感じになります。

URL中の「theme=数字」の数字を変えると別のパターンがみれますね。上記のやつは2番なので1番とか3番を見てみると、

1番
3番

という感じで、なんというか、「ブログ」を初めて見た時のそのセンスの良さに感動したことを思い出しましたよ。

これの日本版でなんでも楽天のサイトみたいにする「Rakuten-izer」みたいなの誰か作らないかなあ。

日本のユーザーがウェビー賞にノミネート: SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'

 
YouTube Video Awards 2009 でも入賞を果たした日本人クリエイター制作の人気動画「SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'」がウェビー賞にノミネートされました。 ウェビー賞( THE webby AWARDS )は、国際デジタル芸術科学アカデミー( IADAS )により、優秀な「ウェブサイト」、「インタラクティブ広告」、「オンライン映画や動画」、そして「モバイルサイトやサービス」に贈られる賞です。

YouTube Japan Blog: 日本のユーザーがウェビー賞にノミネート: SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'

SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)' は編集部門 (Best Editing) にノミネートされているそうです。

見たことある人だったら納得できる今回のノミネートですね。まだ見たことない人はこの機会に是非どうぞ。

投票はYouTubeのサイトでもできる、ってことで投票ページにアクセスしてみたのですが、やばいよ、やばい。ノミネートされている作品どれもすごいよ。これはちょっとまとまった時間作って全部見たい!って感じです。

その前に、とりあえずSOUR '日々の音色をどうぞ。


AJAXを使っているページをGoogleにクロールしてもらう方法

 
This document outlines the steps that are necessary in order to make your AJAX application crawlable. Once you have fully understood each of these steps, it should not take you very long to actually make your application crawlable!

ということでAJAXを使っているアプリをGoogleにクロールしてもらうための方法が説明されています。

Getting Started - Making AJAX Applications Crawlable - Google Code

これが必要な人はそんなにいないと思いますし、英語を翻訳するのも疲れたので必要な人だけ原文を読んで調整してみてください。

お客さんのためにAJAX使ったアプリ作ったんだけど検索にひっかからず文句を言われている、なんて人には貴重な情報かと思います。

こんななげやりな態度ですみません。もう今日は花粉症がひどくて目も痛いし鼻水は出るし、のどもやられていて相当ひどい状態です。ほんと今日はいつもよりひどい。

Gmailに「invitation」(招待状)の機能が付いたようです。

 

Gmailに「invitation」(招待状)の機能が付いたようです。

Insert a calendar invitation - Official Gmail Blog

Today, we're launching a new feature that brings tighter integration between Gmail and Calendar, making it easier to create Calendar events from within Gmail.

件名のテキストフィールドの下に「招待状」という項目があり、それをクリックすると予定名とか時間を入力することができます。

で、ここで入力されたものがそのままメールの本文中に挿入されます。

カレンダーを共有している人をメール送信先に指定するとその人の開催予定時間周辺のスケジュールも表示してくれるんですね。これは試していないからわかんないけど、上のスクリーンショット見るとそんな感じですよね。

で、ざっと試してみたところ、そのメールをPCメールに送信するとその予定のicsファイルを添付して送るようです。

ですが、これをGmailで受信すると、自分のGoogleカレンダーの予定を見て、その前後にあるスケジュールを表示しつつ、その予定を見せてくれます。これはすごい。

しかもそのメールから参加に対して「はい」「未定」「いいえ」を返信することもできます。

ううむ、今度まじめに使ってみようっと。

米国で新聞がオンライン賭博サービスを開始--業界の新ビジネスモデルになるか

 
The Philadelphia Inquirerと姉妹紙Philadelphia Daily Newsのオンライン部門Philly.comは、合法的オンライン賭博サービス「Instant Fantasy Games」を開始した。新聞業界誌「Editor & Publisher」(E&P)の記事によると、両紙は先週、業界初のオンライン賭博分野への進出を明らかにしたという。

米国で新聞がオンライン賭博サービスを開始--業界の新ビジネスモデルになるか

ネット賭博って違法だったんじゃなかったっけ?と思ったら、

インターネット賭博は米国では違法だが、米国政府は2006年に成立したネット賭博規制法において、ファンタジースポーツなど一部を規制対象から除外していると、E&Pは報じている。

ファンタジースポーツって夢あるスポーツって感じのスポーツなのかな。まあ、それは対象じゃないんですね。なわけで、

ファンタジースポーツとスポーツギャンブルを兼ねたこのサービスでは、参加者が野球、ホッケー、バスケットボールのプロリーグから選手を選び、仮想のチームを作る。仕組み自体は、Yahoo.comや(米CNETの親会社であるCBS傘下の)CBSSports.com、ESPNが提供しているファンタジースポーツとよく似ているが、これらは娯楽のみを目的とする点がInstant Fantasy Gamesとは異なる。

で、ここにお金を賭けていくと。

新聞社が賭博を、って考えるとちょっと問題ありそうなんですけど、スポーツ情報を提供しているそのついで、と考えるとなあ話の流れとしては納得できるかなあ、と。変な胴元がやるよりはずっとましですし。

日本の新聞社も「やりたい!」って言い出さないかな。

色の濃淡に注力した「0to255」というWebデザイナー向けカラーツール

 

このサイトを作ったのはWebデザイナーさんなんですが、何で作ったの?という理由に対してこう答えています。

Usually, I'll start with a color I want to use, then I'll manipulate it for various functions. For example, I might brighten a link in its hover state or darken a button's border to make it contrast with surrounding elements. Web designers do things like these several times an hour.

最初に色を決めてそれを使い始めるんだけど、進めていくうちにホバーの時はもっと明るくしたりボタンのボーダーを暗くしたい場合があり、Webデザイナーだったら同じようなことをやっているだろう、と。

で、PhotoShop使って色を明るくしたり暗くしたりHexコードを推測しながら作業しているんだけど、これが耐えられなくなったそうです。

というわけで作ったのが「0to255」というサイトです。

0to255

基本となる色を決めたらあとはそこを中心に明るい色、暗い色を簡単に探していくことができます。

お試しください。

Google、検索ランキングアルゴリズムにサイト応答速度を加味

 
米Googleは4月9日(現地時間)、同社が取り組むWeb高速化の一環として、検索結果の表示順位を決定するアルゴリズムにサイトの応答速度を取り入れると発表した。

Google、検索ランキングアルゴリズムにサイト応答速度を加味

これはGoogleによるFlash潰しでしょうか?
AppleによるFlash排除が話題な今、なんてタイムリーなw

まあ、Flash使われるとインデックス対象のテキストとかなくなるんでGoogleとしては無くなって欲しいものですよね(ちゃんとその辺考えて作っているサイトもありますけど)。

同社は多くのソースを利用して、サイトの相対的な応答速度を判断する。サイト速度は、現時点では英語版のGoogle.comでの英語での検索結果にのみ反映され、その反映度は1%以下としている。

相対的な応答速度かあ。つまり、検索キーワードに対して順位出してその中でさらに応答速度が速いサイトから、って感じなのかな。

しかし、AppleやGoogleなどFlashにはきつい時代になったものだ。マイクロソフトも参戦しないかなあ。

GmailのLabにラベルの入れ子(nest)とメール本文のプレビュー機能が登場

 

Official Gmail Blog: New in Labs: Nested Labels and Message Sneak Peek

まあ普通に言っちゃえばフォルダなんだけど、Gmailの場合は「ラベル」と呼ばれるそれが入れ子にできるようになったようです(ラベルの中にラベルを配置できる)。

If you think this might be useful to you, go to the Gmail Labs tab under Settings, look for "Nested Labels," enable it and click "Save." You'll then need to name your label with slashes (/) to make it the child of another. For example, let's say you wanted to create a simple hierarchy with a "Home" label, and inside it a "Family" and a "Vacation" label. Just create three labels with the following names:

Home
Home/Family
Home/Vacation

You can then create "Home/Family/Kids," "Home/Pets," etc., to get something like the screenshot on the left. If you had the parent label "Home" before you don't have to create it from scratch.

「Home」というラベルの中に「Family」というラベルを配置したいときは「Home/Family」って記述すればいいよ、って話なんですけど、このあたりがまだ「lab」って感じですね。普通の人には「/」を使った指定はちょっとなあ。

さて、次は「Message Sneak Peek」という機能です。

After you turn it on, right-clicking on a line in your inbox shows a preview pane with the message in it.

メールのタイトルを右クリックするとメール本文の先頭がその場に表示されるようになります。

とりあえずこの2つの機能をOnにしてみました。

「クラウドはメリットよりリスクが大きい」、IT専門家の45%

 

「クラウドはメリットよりリスクが大きい」、IT専門家の45%

まあ、なんでもかんでも自社の「外」に持って行くのは何かとリスクがあるお話なんで、それはクラウドに限ったことじゃないかと思うわけですが、モノによっては外のクラウドを利用しちゃった方が良い場合もあるかと。

今時の中小企業で自社でメールサーバを管理運用しているところってどれぐらいあるか、というと多分ものすごく少なくて、今だったらGoogle AppsでGmailなんかを使っているかと思うのですが、あのGoogleといえどもまったくサーバが停止しないか、というとそういうこともないので、年に数回のそういう時を考えると「可能ならば」自社内にメールサーバーは設置したいんだけど、どうなんでしょうね。うちなんかはGoogle Appsにしたいなあ、と思いつつ自社内メールサーバーな会社ですけど。

で、さらに調査結果を見ていくと、

1809人のIT専門家を対象に調査を実施したところ、ミッションクリティカルなITサービスにクラウドコンピューティングを利用する予定があると答えたのはわずか10%だった。重要度が低いITサービスに利用する予定の企業は15%、いずれのITサービスにも「利用する予定はない」という企業が26%にのぼった。

まあ、企業のシステム管理者に「外のサービス使うか?」って聞いても下手したらその人の仕事なくなっちゃうかもしれないから、普通は「No」って答えるよね、と思いつつもこんな低い数字です。

ITリスク管理が事業全体のリスク管理方針と非常に効果的に結びついているという企業は22%にとどまった。またITリスク管理を行う理由として最も多かったのは「法規に従うため」(28%)で、「リスク負担とリスク回避のバランスを向上して利益増加を図るため」とした企業はわずか8%だった。

ああ、確かにSOX法があるからなあ。何かあった時の対応を考えるとやっぱりクラウドはなかなか会社としては使いにくいですね。

この報告書の原文はこちら。「クラウドはだめだろ」って言いたい時の資料にご活用ください。

すっごいリアルな音楽作成サイト「audiotool.com」

 

Flashベースの音楽作成サイト「audiotool.com」です。

サイトにアクセスして「Lanch App」をクリックすると音楽作成用のウィンドウが新規で開きます。

そのウィンドウの右側にはドラムマシンやシンセサイザー、そてひエフェクターなどが現実の世界のそれと同じようなデザインで並んでいます。

これをドラッグ&ドロップで配置し、ケーブルを結線して音を作っていきます。

誰でも簡単に音楽が作れる、というわけではないのですが、リアルワールドでこうした機器を使ってトラックを作成している人には直感的に操作できるのかもしれません。

作成したプロジェクトを公開して他人に使ってもらったりといったような事もできるようです。

とりあえずトップページの「latest Tracks」に掲載されているトラックをクリックすると他人が作ったトラックを見ることができるので、それを参考にしつつ、自分が欲しい音というものを作っていけばよいのではないかと思います。

それにしてもグラフィックスだけでも相当気合い入っていますね。せっかくここまで作ったんだからどっか他の音楽作成サイトと組んで成功して欲しいなあ、と思いました。

Flashベースなんでとにかく重いのが難点ですが、一度ロードしてしまえばこっちのものなので、最初はいろいろ我慢しながら使ってみてください。

TwitterがMongrelをやめUnicorn採用

 

Twitterのエンジニアリングブログでリクエストの処理方法を変えたことが書かれています。

The Twitter Engineering Blog: Unicorn Power

処理の手順をスーパーマーケットにたとえて説明し、Unicornを使ってFry'sスーパーマーケットのようにしたよ、と書いています。

Fry'sは昔はよく行ってたんですけど、もう米国にいくことすらないですからねえ。最近のFry'sはどうなっているのかな。

まあ、MongrelもUnicornもよくわかんないんだけど、とりあえず何かの時に役に立つかもしれない、ということでメモ代わりに書いておきます。


出版31社が参加した「日本電子書籍出版社協会」の発足と漫画家小沢高広氏へのインタビュー

 
電書協は、電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」を運営してきた任意団体「電子文庫出版社会」が母体となり、出版社31社が参加する一般社団法人として組織を拡大。電子文庫パブリの運営を引き継ぐとともに、電子書籍事業に関する課題の調査・研究を行っていく。

「日本電子書籍出版社協会」発足、出版31社が参加し規格など検討 -INTERNET Watch

参加企業は以下の通り。

参加31社は、朝日新聞出版、学研ホールディングス、角川書店、河出書房新社、幻冬舎、講談社、光文社、実業之日本社、集英社、主婦の友社、小学館、祥伝社、新潮社、ダイヤモンド社、筑摩書房、中央公論新社、東洋経済新報社、徳間書店、日経ビーピー、日本経済新聞出版社、日本放送出版協会、早川書房、 PHP研究所、扶桑社、双葉社、ぶんか社、文藝春秋、ポプラ社、マガジンハウス、丸善、山と渓谷社。

何するのかというと、

協会の活動としては、電子文庫パブリの運営のほか、電子書籍の契約に関する研究を行う法務委員会、電子書籍のフォーマットに関する研究を行うフォーマット委員会、電子書籍端末に関する研究を行うビューアー委員会を設置。フォーマットについては協会として独自のものを作ることは考えておらず、既にあるものを研究対象として、「すべての出版関係者が余分な心配やコストをかけないように」スタンダードとなるものを整備していきたいとした。

で、ざっと記事を読むとあまり電子書籍に対する圧力などは感じられず、むしろ積極的に歩み寄っていくような姿勢が感じられるのですが、ITmediaに掲載された漫画家小沢高広氏へのインタビュー記事を読むとまた考えが変わってきます。

僕から出版社にお金を分配する未来――電子書籍出版秘話

小沢さんは自身の作品をKindle対応コンテンツとして販売したのですが、きっかけはこの「日本電子書籍出版社協会」発足のニュースだったようです。

その中で確か講談社の野間(省伸)副社長が、デジタル化で出版社が作品の二次利用ができる権利を著作者とともに整備していくということを言ってて、その一文がなんど読んでも理解できなかったんですね。Amazonが著作者に直接交渉して電子出版を図れば最初に本として刊行した出版社はなにもできない、とも言ってて。これに非常に頭に来まして。だってあんたら絶版にしてんじゃん、ていう。

絶版ね。CDの廃盤と同じであれはきつい。企業の都合で作品が入手できなくなるのはやめて欲しい。

作家さんと出版社の関係はどうなっているのかわからないし、最終的に出てきたものを購入する立場でしかないわけですが、電子書籍の登場でこの業界に携わる人みんな(読者も含む)がそれぞれに何かしらの利益が得られるような構造に再構築されればいいな、と思います。

つうか小沢さん、やってること、いろいろすごいな。世界を見据えているし。応援しよっと。

大東京トイボックス 1 (バーズコミックス) 大東京トイボックス 1 (バーズコミックス)

サイバーで未来的なテイストあふれる、卵かけご飯の体験サイト

 
味の素が公開している「卵かけご飯」の体験サイトがいま話題だ。

【やじうまWatch】 サイバーで未来的なテイストあふれる、卵かけご飯の体験サイト ほか -INTERNET Watch

これはサイト上で卵の白身や醤油の量、混ぜる度合いを決めて、オリジナルの卵かけご飯をつくるというバーチャル体験サイトなのだが、そのインターフェイスが卵かけご飯のイメージとはまるで異なる、サイバーかつ近未来チックなテイストを醸し出しているのだ。
ネット上では「つくった奴はステキなバカだな」「日本人の情熱の向け方はどこかおかしい」「何気にBGMが壮大すぎ」などとさまざまな反響が寄せられている。

うんうん、作った人は素敵なバカだし、OKを出した上司や会社も素敵なバカです。すごいなあ、こんあことが実現できるなんて。

そんなわけで是非この素敵な世界を体験してみてください。

NEO TAMAGO KAKE GOHAN(味の素KK)

ちなみに私は卵かけご飯を食べるときは別のお椀で卵をといでからご飯にかける、というパターンなのでいきなりご飯の上に卵をかけて醤油かけてかき混ぜる、というスタイルにちょっとしたショックを覚えました。

で、ついでなんで書くと、ご飯をお味噌汁の中に入れる、という食べ方があるのですが、私の場合は「ご飯をお味噌汁のお椀の中に入れる」というパターンなんですが、当然逆の人もいるわけで、そういう人とお酒を飲みながらどちらが正統派か、みたいな戯れ言を語り合うのが結構好きだったりします。

Twitterの投稿にクーポン情報を返信する妖精「くぽんちゃん」

 
マピオンは3月24日、位置情報サービスの実験サイト「マピオンラボ」で、Twitterへの投稿に対して、クーポン情報を提供するサービス「くぽんちゃん」を公開した。

Twitterの投稿にクーポン情報を返信する妖精「くぽんちゃん」

くぽんちゃんはクーポンの妖精という設定。Twitterで、@cuponchan宛に「新宿 ラーメンなう」「道玄坂なう」など、位置情報を含んだつぶやきを投稿すると、くぽんちゃんがつぶやきの内容を解析し、関連したクーポン情報を自動返信する。提供されるクーポン情報はリクルートの「FooMoo by HotPepper」のもの。

概ねよいかとは思うのですが、@cuponchan宛につぶやかなきゃいけない、ってのが面倒ですよねえ。モバイルでTwitter使っている時に@cuponchanなんて入力したくないもん。

そんなわけで@cuponchanをフォローしている人が地名入りでつぶやいたらクーポン情報を教えてくれる、というのも検討してみてください。@cuponchanでその機能をつけたくなければ@cuponchan2アカウントでもよいかと思います。

で、これですが、@cuponchanのページはこちら

例えば「恵比寿なう」とつぶやくと、「「恵比寿」のクーポン情報だゅ~。 http://bit.ly/ay6w6i」と返してきます。

で、そのクーポン情報はFooMooのものにバリューコマースのアフィリエイトリンクが付けられています。なるほどなあ。

そんなこんなで、くぽんちゃん=cuponchanということなので「くぽん君」は既に確保されているのかなあ、と思ったらまだ取られていなかったので早速くぽん君=cuponkunのアカウントを頂いて置きました。ありがとうございます。

http://twitter.com/cuponkun

中国のGoogleロゴに記載されている「谷歌」とは。

 
Googleが検索サービスの中国撤退を発表した。「google.cn」「g.cn」「google.com.cn」へのトラフィックは香港の「google.com.hk」にリダイレクトされるようになった。Googleは検索サービスのみ香港に移転し、研究開発や営業拠点は中国に残す。

【山谷剛史のマンスリー・チャイナネット事件簿】 Google撤退~中国国内は報道少なく、超ヘビーユーザーはtwitterで抗議

このニュースは昨晩のニュースでも取り上げられていたわけですが、Googleの中国支社の映像が映る度にGoogleのロゴの下に「谷歌」という文字が書かれていて、これはなんなんだろうと思って調べてみたら、単にGoogleの中国でのブランド名なんですね。

で、このあたりはWikipediaに詳しく書いてあって、本当は穀歌が正しいようです。

2006年4月12日に、中華人民共和国の北京市で開かれた記者会見で発表された[1]。なお中華人民共和国では「谷歌」と表記されるが、この場合の「谷」は「穀」の簡体字に相当する。

中国だと発音から漢字が割り当てられるかと思うのですが、谷歌と書いて「グーガー」と読むようです。なるほどね。Googleをアメリカの人が発音しているのを聞いていると「グーグル」よりは近いかもしれませんね。

ひとつ疑問がなくなってすっきりです。

【YouTube】右クリックメニューからビデオのバッファリングを中止させることができるようになった

 
The good news is that YouTube added an option to stop the download: right-click on the video and click on "Stop download".

Stop Buffering a YouTube Video

ということでYouTubeでビデオを見ているときにちょっとだけ見て「ああ、これ違うわ。見るのやめたいな」と思ったもののダウンロードだけはどんどん行われていてちょっと後ろめたい気持ちになったことがある人もいるかと思いますが、そんな人のためにダウンロードを中止するためのメニューがYouTubeのビデオプレイヤーに追加されたようです。

ダウンロードの止め方は簡単でビデオ上でマウスの右ボタンをクリックしてメニューを表示させ「Stop download」を実行するだけです。

ちなみにこの右クリックメニューにはこの他にも「show video info」というのがあり、ストリーミングのスループットなんかも見ることができます。

それにしてもYouTubeは絶えず改善を行ってくるのがほんとすごいですね。

ネットから文書郵送「Webゆうびん」 富士通がシステム構築

 
Webゆうびんは、ブラウザ上のフォームから入力した文書や、WordやPDF形式の文書ファイルを印刷し、普通郵便・速達として送ったり、ブラウザ上でレタックスを作成し、送れるサービス。

ネットから文書郵送「Webゆうびん」 富士通がシステム構築

まあ、mixi年賀状とかあるから今となってはそう珍しい話ではなくなったWebから普通の郵便送れるよ、というサービスなんですが、とりあえずざっと内容を知っておくといつか役に立つかもしれない、ということで日本郵政の「Web ゆうびん」にアクセスしてみました。

Web ゆうびん

ぱっと見た最初の印象は「あまり利用者に親切な作りじゃないな」ってことでしょうか。

多分一番気になる料金が深くリンクを追っていかないと見つけられないとかFAQがフッター部分の一番最後に小さなフォントで掲載されているとか。

しかも最新のお知らせが「【注意】印刷が正しくできない事例が発生しています。」というちょっと利用を躊躇したくなるようなものだしw

まあ、とりあえずこのサイトに会員登録しないと使えないようですね。

支払いはクレジットカードで、のようです。料金後納というのもできるようですが、手続きがちょっと面倒。でもずっと使うならこの方式かなあ。

あと、クレジットカードで支払うと領収書発行してもらえない、ってのがちょっと痛いかなあ。

まあ、電報っぽい使い方ができる「Webレタックス」というのがいいかもしれないんだけど、こういうのって既にどっかになかったっけ?

大量の手紙を扱いたいって場合だったら「Webレター」がいいかもですね。印刷物1枚で95円、2枚で100円だから切手貼って封入してポストにいれて、って手間を考えるとコストパフォーマンスいいかもしれません。

実際問題、使う時、あるのかなあ、俺。

米Viacom、YouTube裁判に関する証拠書類をネットで公開

 
米メディア大手のViacomと米Google傘下のYouTubeの間で行われている著作権侵害に関する裁判に関連して18日、Viacomは YouTubeが意図的に著作権侵害を行っていたとする証拠だとして、数百ページをインターネット上に公開した。一方、GoogleはYouTube公式ブログにおいて直ちに反論し、Viacom自身もマーケティング戦略としてYouTubeを利用していたと主張している。

米Viacom、YouTube裁判に関する証拠書類をネットで公開

ViacomからはYouTubeが意図的に著作権侵害を行っていた証拠としてYouTube創業者Chad Hurley氏、Steve Chen氏、Jawed Karim氏の間で交わされたメールの内容が公開されています。

これはまあ、入手できなくはないだろうなあとは思うものの、YouTube側の反論の内容がすごいです。

YouTubeが米国デジタルミレニアム著作権法に従って、通知され次第著作物を削除してきたことを述べた上で、Viacomが極秘裏にYouTubeに動画をアップロードしていたことを指摘した。

この「極秘裏に」のやつがすごいです。

具体的には、18以上の異なるマーケティング会社を雇い、動画が盗まれた、あるいはリークされたと見せかけるために加工して、偽のメールアドレスを使って YouTubeアカウントを作成し、アップロードしたとしている。別のケースでは、従業員をキンコーズに行かせてViacomに足がつかないようなコンピューターから映像をアップロードさせたとしている。

なんでこんなのがわかってしまうのか不思議でなりませn。Viacomを裏切った人をつかんでいるのかな。自分が同様のサービスやってて同様の訴えをされたとしてもこんな反論用証拠なんて用意できないですよ。

どっちも大企業でそれなりの弁護士とかスタッフが用意されているんでしょうから、この戦いが今後どうなるのかとても楽しみです。私としてはYouTubeを応援しています。

「IE9」プラットフォームプレビューのおもしろそうなデモ動画

 

3月16日に公開された「Internet Explorer(IE)9 Platform Preview」ですが、そのデモビデオがいろいろアップロードされているのでその中からおもしろそうなのをピックアップしてみました。

まずはこれ。いくつかのビデオを再生しつつ回転させているわけですが、IE9だと各ビデオが半透明状態になります。これはすごいな。というかとてもAppleっぽいデモですね。

続いてはGPUを使ったレンダリングスピードのデモです。GoogleのChromeと並べて比較しているのがあれなんですけど、それにしても60fps出ているってのはすごいな。いや、でもこれ前提で作られると非Windowsな人はつらくなるのかな。まあ、他のブラウザもGPU使えるようにしてくるんでしょうね。

で、最後は普通にIE9の機能を見せています。あまりおもしろくはないんですが、まあ全体像を見るのにはいいのではないかと思います。

今回はプレビューという位置づけなんですが、最終版はいつでてくるんでしょうかね。楽しみです。


ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断、有罪判決確定

 
ラーメンチェーン店の運営会社が「カルト集団」と関係があるかのような書き込みをインターネットのホームページ(HP)に掲載し、名誉を傷付けたとして、名誉棄損罪に問われた会社員、被告(38)上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は、被告側の上告を棄却する決定をした。1審東京地裁の無罪判決を破棄、罰金30万円の逆転有罪とした2審東京高裁判決が確定する。決定は15日付。

ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断、有罪判決確定 -INTERNET Watch

ネットの書き込みで名誉棄損が成立するかどうか、という点で言えば「成立する」という判例ができたわけですね。

理由としては、

「個人がネットに掲載したからといって、閲覧者が信頼性の低い情報と受け取るとは限らず、ほかの表現手段と区別して考える根拠はない」と指摘。その上で、「不特定多数が瞬時に閲覧でき、名誉棄損の被害が深刻になり得る。ネット上での反論で被害回復が図られる保証もない。ネットだからといって、より緩やかな要件で同罪の成立を否定すべきではない」と結論づけた。

まあ、確かにその通りなわけですが、逆を言えばネットがそれだけ世の中的に認められたということですね。ああ、感無量だ。

1審では、「ネットは利用者が自由に反論でき、情報の信頼性も低い。」としていたようなので、このあたりは個人ごとのネットの重要性の認識の違いによるんでしょう。

今回のような架空のうわさ話の書き込み、といった裏取ってない話は明らかにまずいかと思うのですが、「ラーメンまずい」みたいな個人の主観による書き込みも飲食店側からの削除依頼が入る今日この頃なので、こういう書き込みにも名誉毀損で訴えられる時代がくるかもしれないですね。でも、それはやだな。

ということで根拠のない誹謗中傷は裁判沙汰になるのでご注意を。

日本語のお勉強!「Hiragana Word Search」

 

パズルの中に配置された日本語の単語を見つけていくというシンプルなゲーム(?)です。

とりあえず「Hiragana Word Search」にアクセスするとこんなページが表示されます。

で、とりあえずこのページではワードリストにあるsushiとかichiというローマ字をパズルの中に見つけていきます。

で、右にあるテキストフィールドの下にある「Create puzzle」をクリックすると今度はちょっと面倒なパズルになるので同じようにローマ字でリストされている日本語をパズルの中から探していきます。見つけた文字列の最初と最後をクリックして合ってればそのセルが緑色になります。

週末にささっと作っただけ、のようなのですが、ここからいろいろと展開できそうな可能性があり好感が持てます。

これをヒントにまた違った展開のものも発想できますね。

ちなみに「kombon」ってなんなんだろうか・・・w

ネットでラジオが聴ける「radiko」がスタート

 
 IP サイマルラジオ協議会は3月15日、IP サイマルラジオの実用化試験配信を開始した。ウェブブラウザから「radiko.jp」にアクセスし、放送局を選ぶとラジオ番組を聴ける。利用は無料で、ユーザー登録などの必要もない。

ネットでラジオが聴ける「radiko」がスタート

というわけで今日から始まったradiko.jpを聞いてみました。

J-WAVEを聞いてみましたが、ラジオでの放送と比べるとradikoの方が7秒ほど遅かったのはきっとクライアント側でバッファしているからなんだろうなあ、と思いつつ、やはり電波放送がIPデータ通信になると配信サーバー側の負荷というのは時として深刻な問題だなあ、ということを再認識しました。でも音はこっちの方がいいよね。

配信地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県。放送エリアに準じた地域で、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ NIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE、朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKAのラジオ放送がCMも含めた状態で配信される。

うちにはラジオがないので、radikoの存在を奥さんに教えてあげたら「私は英語の番組が聴きたい」というのでそれなら何の苦労もなく海外のネットラジオがあるからそれを聴けばいいよ、ということで適当に選んで流していたら「何いっているかわかんないわ!」と言い出して、こっちからしてみると「あんたこそ何いってんのかわかんないよ」状態となってしまいました。

私は主にj_WAVEを会社で聴いているのですが、土日は聞けなくなるのでどんな番組をやっているのかすら知りませんので、この機会に土日の番組を聴いてみようと思います。

そんなわけで、実験が終わるまでの8月31日まで楽しみたいと思います。

HTML5のvideoタグを使った素敵なビデオのページ

 

部屋を暗くしてテレビで映画を観ていると、テレビの周りの色が画面によってぼんやり光り、そしてシーンごとにその色が変わるじゃないですか。

それをHTML5のvideoタグとJavaScriptで再現したのが以下のサイトです。

Ambilight for video tag

なんか雰囲気があっていいですねえ。

そんなわけでしばしアンビエントな世界をご堪能ください。

あ、HTML5なので古いブラウザやIEでは観れませんよ。

Webページデザインに役立つその場でダミー画像がすぐに作成できるサービス「DummyImage.com」

 

Webページのデザインをやっていると、ダミーで何かしたらの画像を配置したくなるときがあります。

そんな時実際にそのサイズで画像を作ってもいいんですが、幅のピクセル数が代わったりするとimgタグのwidthとheight値で調整してあげなきゃいけなくなり、それがちょっといやだなあ、って時もあります。

で、そんな時用にURLで欲しい画像サイズ等を指定してあげるとそれを返してくれるサービスを提供しているのがその名もずばり「DummyImage.com」です。

Dynamic Dummy Image Generator - DummyImage.com

http://dummyimage.com/画像サイズ/背景色/テキスト色という感じでimgタグのsrcに指定してあげます(例:http://dummyimage.com/600x400/000/fff)。

さらにhttp://dummyimage.com/画像サイズ/背景色/テキスト色.画像形式(png,jpg,gif)&テキストという形式でも指定することができます。

http://dummyimage.com/500x250/000/fff.gif&text=Modernで指定するとこんな感じになります。

Webページデザインの最初の頃に色味やサイズをあれこれ試行錯誤している時に役立ちそうですね。

ブログで宣伝、「広告」明記を 口コミ広告業界がガイドライン

 
企業からブロガーが報酬や商品提供を受けた場合、それを明記するなど、口コミ広告のガイドラインを業界団体が策定。12日に発表する。

ブログで宣伝、「広告」明記を 口コミ広告業界がガイドライン

これはどんな内容になっているのかとても楽しみですね。早く明日にならないかな。

昨年7月に設立された同協議会には、大手広告代理店など30社やブロガーらが参加。口コミ業界の啓発活動を行ってきた。12日に東京で開かれるイベントでは、報酬や商品提供を受けた経緯などを明記することを自主ルールとする業界初のガイドラインを公表する。

でもなあ、あくまで自主規制だからなあ。ちゃんとやる人は「PR」なりを明記するだろうけど、やらない人は相変わらずそんな表記はしないわけで。そうなると今度は「PRって描いていないからこの記事は信用できる」ってなっちゃって余計混乱するような気もしないわけではないのだけれど・・・

というか、記事カテゴリとして「PR」って記事の一番下に小さく記載してればいい、ってもんでもないだろうし。

まあとにかく話はガイドラインを読んでからですね。

「Evernoteでの情報収集」にどうしても欠かせない4つのTips

 
Evernoteは、情報を収集して整理するのに持ってこいのツールですが、特に重要なのは「収集」の方です。どうしても欠かせない4つの基本的なテクニックをご紹介しましょう。

誠 Biz.ID:あなたの不安、見積もります:「Evernoteでの情報収集」にどうしても欠かせない4つのTips

Evernote ハンドブック』という本を電子書籍として発行された佐々木さんが書かれた記事です。

そんな佐々木さんが「情報収集のためにどうしても欠かせないTips」としてあげているのが次の4つです。

1.ブックマークレットを使う
2.Windowsなら[Ctrl]+[Alt]+[V]、Macなら[Ctrl]+[Command]+[V]でクリップボードの中身をEvernoteに新規ノートとして貼り付ける
3.メールをEvernoteへ転送する
4. twtr2srcを利用して、Twitterの行動ログをEvernoteへ自動転送する

1や2はWebページを読んでいるときにクリッピングしたいテキストやページがあったときに便利な方法です。というか、これないと生きていけない。

3は人によってはGmailなどのWebメールサービスへ転送する人もいるかと思います。これは普段どのツールを主に使っているか、で変わってくるかもしれませんね。

で、よくわかんなかったのは4の「 twtr2srcを利用して、Twitterの行動ログをEvernoteへ自動転送する」というやつです。

twtr2srcはTwitter上の自分の発言を日ごとにまとめてくれるのですが、これをどうやってevernoteに飛ばすのかがわからなかったのですが、それはサインナップしていなかったからでした。

サインナップすると日ごとの発言をまとめてメールでどこかに送れるようになります。
ここでメールの送信先を3と同じEvernoteのメールアドレスにすればいいんですね。

Twitter上の自分の発言だけを検索する、ってのは面倒な話ですが、この方法を使えば簡単に検索できるようになりまますね。そんなわけで早速その設定をしてみました。

なるほどなあ。

Google Apps Scriptがリリースされた。

 
an easy way to automate simple tasks across Google Products.

Google Apps Script

ということでMicrosoft OfficeにおけるVBA(Visual Basic for Applications)のようなGoogle Apps Scriptがリリースされたようです。

これを使うと以下のようなことができるようになるようです。

・独自のスプレッドシート関数の作成
・繰り返し作業の自動化
・複数のGoogle製品間のリンク(スプレッドシートから電子メールや予定カレンダーを送信するなど)
・既存のGoogle製品のカスタマイズ(カスタムボタンやメニューの追加)

Google Apps Scriptの実態はJavaScriptのようです。なのですが、作成したコードはユーザのブラウザ側で実行されるのではなくGoogleのサーバー上で実行されるようです。なのでDOMの操作などはできなくなっています。

で、スクリプトはGoogle Spreadsheetsから作成するようです。

いろいろ便利なスクリプトが出てくるような気がします。なんというかGoogle Labsを一般に開放した、みたいな感じでしょうか。

34個の優れたWebサイトのダッシュボードデザイン

 

Webアプリケーションの管理画面トップ、というか今だったら「Dashboard」と呼ばれることが多くなったページのデザインで優れたものを34個とりあげて紹介している英語のページです。

34 Outstanding Admin Panels for Your Web Applications | OurTuts.com

まあ、WebアプリとかWebサービスを作る人以外はまったく興味のないお話かと思いますが、逆にそういうのに関係ある人にはとても有益な情報だと思いますので取り上げてみました。

いろいろなデザインがありますけど、全体をまんべんなく眺めてみるとそれなりのトレンドが感じられるのが面白いですね。

第82回アカデミー賞の主演男優賞俳優ジェフ・ブリッジスのWebサイトがすごい。

 

第82回アカデミー賞の俳優部門の主演男優賞に『CRAZY HEART(原題)』で選ばれたジェフ・ブリッジスのWebサイトはとにかく久しぶりに見た「すごい」「クレイジー」「他とは違う」「もしかしたら15年前から変わっていないのかもしれない」など、まあとにかくここにスクリーンショットを掲載してネタばれするのももったいないようなできばえです。

そんなわけでまずは以下のジェフ・ブリッジスのサイトにアクセスしてみてください。トップページはFlashじゃなくてアニメーションGIFですよ。

Welcome To Jeff Bridges.com

いろんなページを見てみてください。個人的には「photography」のページがもう何がなんだかわかんなくて好きです。

Adobe GoLive使って作っているんですねえ。

ちなみに私が好きなジェフ・ブリッジスの映画は「恋のゆくえ」と「タッカー」かな。

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ [DVD] 恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ [DVD]

Tucker: The Man and His Dream [DVD] [Import]

XobniのGmail版ともいえる「Rapportive」

 

XobniというOutlookのプラグインがあります。

これをOutlookにインストールしておくとOutlookのサイドバーでメール送信者のプロフィールとかソーシャルネットワークの活動を表示してくれます。なので例えば、メールで返信を書こうと思った時に、その相手のSNSでの最近の活動、例えばFacebookの最新の日記なんかがわかるんで、それを見てからメール書いて最後に「旅行にいったんですか?」みたいなことが書けるって素晴らしい、って思うかもしれないんだけど、実際にXobniをインストールして試してみると、個人的にはなんかいまいち、いやそれよりなにより「うざい」って感じるのはなぜなんでしょうかね。

ということで、そのXobniのGmail版ともいえる「Rapportive」というブラウザエクステンションです。

Rapportive | Making Excellent Service Scale

理想的には以下のような画面になります。

で、Firefoxのエクステンションを入れてみたんですが、検索キーがメールアドレスになっているらしく全くひっかかってこないです。まあ、今のやつは投資家向けに公開してたバージョンで、それがたまたま見つかちゃった、ってやつなんで仕方ないですけど。

メールを選択するとプロフィールが表示されるべきところに、

Thanks, we're searching!

We're currently searching for this address. Please check back shortly and we should know more.

というテキストが表示されます。

で、まあこれはXobniの時も感じたんだけど、これって結局サービス提供者に私が誰とメール交換しているのか、ってのがばれるわけで、まあいくらプライバシーポリシーでそのあたりについてうたっていても、やっぱり心情的にやな感じがするんだけど、そういうのを気にしない、って人は使ってみるとよいのではないかと思います。

つうか、Gmail使っている段階でメールの内容というのはGoogleのコンピュータシステムに解析されちゃっているからわけだからね。

「.jp」は日本の意味、認知しているのはネットユーザーの9割

 
ドメイン名の「.jp」は日本の意味――。この当たり前のようなことを知っていた日本のインターネットユーザーは、約9割だった。「.jp」ドメインを管理する日本レジストリサービス(JPRS)が、2009年末に放映した自社テレビCMの効果を検証するための調査でわかった。

「.jp」は日本の意味、認知しているのはネットユーザーの9割

じゃあ、残りの1割はなんて認識していたんだ、って話にもなろうかと思いますが、きっとその中には「Japan Post」の略だと思っていた人もいるかと思います。

だって、メールしかやらないような人だったらこの電子メールサービスは日本郵政がやっている、って考えても不思議じゃないですよね。

あと、本当にまともな人だったら「jpがJapnだったらnetとかcomはなんなんだ?」って考え、そうするとjp=Japanという前提は間違い、って結果が出てくるはずですよ。

あと、なんでJapanがjaにならずjpになったのか、なんて話をしたら止まらない人、ってのもいるはずです。このあたりの昔話は楽しいですね。

ちなみにco.jpの「co」を認知している人はどれぐらいいるのかなあ。一酸化炭素だと思っている人はいるのかな。

DNS & BIND 第5版 DNS & BIND 第5版

CSS3を使って画像なしでローディング中アイコンを作成する方法

 
CSS3 loading spinners without images • CSS & (X)HTML • Kilian Valkhof」という記事がありました。画像を使わずにCSS3だけでローディング中に表示されるスピナーアイコンを実現しよう、というものです。

例ではCSS3 animationだけでやっているもののあるのですが、それだとFirefoxとWebkit系でちょっと動きが変わってくるので最終的には簡単なJavaScriptを絡めています。(上記リンクをFirefoxとChrome(Safari)でアクセスするとその動きの違いがわかります)。

で、こんな感じで書きます。

まず45度回転するとして四角い部分が8つ必要になるのでそのスタイルを定義します。


.bar1 {
  -moz-transform:rotate(0deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(0deg) translate(0, -40px);opacity:0.12;
}
.bar2 {
  -moz-transform:rotate(45deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(45deg) translate(0, -40px);opacity:0.25;
}
.bar3 {
  -moz-transform:rotate(90deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(90deg) translate(0, -40px);opacity:0.37;
}
.bar4 {
  -moz-transform:rotate(135deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(135deg) translate(0, -40px);opacity:0.50;
}
.bar5 {
  -moz-transform:rotate(180deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(180deg) translate(0, -40px);opacity:0.62;
}
.bar6 {
  -moz-transform:rotate(225deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(225deg) translate(0, -40px);opacity:0.75;
}
.bar7 {
  -moz-transform:rotate(270deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(270deg) translate(0, -40px);opacity:0.87;
}
.bar8 {
  -moz-transform:rotate(315deg) translate(0, -40px);
  -webkit-transform:rotate(315deg) translate(0, -40px);opacity:1;
}

で、スピナーアイコン全体を囲むDIVタグを以下のように指定します。


#div1 {
  position:relative;
  width:100px;
  height:100px;
  margin-bottom:1.5em;
  margin-right:1.5em;
  -moz-border-radius:100px;
  float:left;
  -moz-transform:scale(0.5);
  -webkit-transform:scale(0.5);
}

#div1 div {
  width:10px;
  height:30px;
  background:#000;
  position:absolute;
  top:35px;
  left:45px;
}

で、HTMLはこんな感じに。

最後にJavaScriptはこんな感じに。

で、最終的にはこんなスピナーアイコンになります。


どうでしょうか?というか私は普通に素直にアニメーションGIFの方がいいや。

うちの会社でも使っている「神」リモートアクセスソフト「LogMeIn」のブロガーミーティングに行ってきました。

 

2月25日(木)に開催されたNECビッグローブ「LogMeIn」体験ブロガーイベントに参加させて頂きました。

R0011591.JPG

このLogMeInは簡単にいうとリモートアクセスサービスです。

LogMeIn

リモートアクセスサービスというのは、リモートからアクセスできるようにするサービスのことです。つまり例えば家、というか外から会社においてあるPCにアクセスできることができるようになるわけです(もちろん逆も可能です)

で、アクセスできる、というのがポイントになるわけですが、この手のリモートアクセス製品というのは遠隔にあるPCのデスクトップ画面を自分が現在使っているPCに表示させてファイルを表示させたりアプリケーションを操作したり、なんてことができるわけですが、その為の専用のアプリをインストールしなきゃいけないとか、しかもそれはWindows用しかない、とか、ルーターを越えられないのでイントラネットの中だけでしか使えない、とか有料でしかも数が揃うと結構な価格になる、といった問題もあるわけです。

そこでうちの会社でも業務に使っているLogMeInの登場となるわけです。このLogMeInはSkypeと並んでうちの会社では「神」ソフトとなっています。

Linuxサーバーならsshで入ってあれこれ操作できるのですが、これがWindowsサーバーだったりするとVPN使ってあれこれやってと突然面倒になります。

これがLogMeInだとすごく簡単になるわけです。

まず最初にすることはLogMeInのサインナップして会員になることです。ブラウザを使ってサイトにアクセスして会員登録するのですが、最初にサインナップするとLogMeInのソフトウェアをダウンロードすることを促されます。で、これをダウンロードしてインストールします。そうするとそのダウンロードしたPCがLogMeInの自分のマイページに登録されます。

この状態になれば基本的にはもうすでにOKです。他のPCに移動し、またブラウザを開いてログインしてマイページに登録されているさっきのPCのアイコンをクリックすればそのPCの画面が今使っているブラウザ内に掲載されて操作することができるのです。

で、ついでなのでそのPCでもLogMeInのソフトウェアをダウンロードしてインストールしておきます。

その後また違うPCに移動してブラウザ開いてLogMeInにログインすると、今度はこれまで使った2台のPCが登録されています。この新しいPCで前の2台のどちらか好きな方のデスクトップにアクセスできるわけです。

ブラウザからのアクセスなのでMacのFirefoxやChromeでも問題なく利用できちゃう、というのがとても素敵です。

間にルーターが存在している場合(例えば、会社のPC→会社のルーター→インターネット→家のルータ→家のPCみたいなの)も、LogMeInのクライアントソフトとサーバーソフトがよしなにしてくれるので、問題なくブラウザの中にリモートのデスクトップを表示させることができます。

で、嬉しいことにLogMeInには無料版が用意されています。有料の「Pro2」というのもあるのですが、とりあえず無料版だけでその手軽さ・簡単さは理解できるし、人によっては「それで十分」となることでしょう。

http://logmein.biglobe.ne.jp/

ちなみにうちの会社では有料版のやつを使ってて、しかもLogMeIn本社契約の英語版、なんですが、この度インターネットプロバイダとして有名なBiglobeが日本での展開を行うこととなり日本語によるページやサポートを提供することになったようなので、さらに安心して使うことができると思います。

で、ブロガーイベントのお話に戻りますが、普段からLogMeInは使用しているので特に新しい情報は期待できないものの、3500円もするLogMeInのiPhone版が見れる触れる弄れるとのことで参加してみました。

以下は3G回線を使ってWindows XPマシンのデスクトップにアクセスしているところです。

R0011594.JPG

画面はピンチで拡大・縮小できますし、ドラッグもできるんで、必要にして十分かなあ、という感じです。パフォーマンス的にはつながるまでに時間がかかるものの、つながってしまえばあとは快適に使えます。が、回線の状態がよくない場所だと、一度切れると再接続でまたイニシャライズとかなんだかんだで時間がかかるようです。が、まあいろいろ考えるとそれは仕方ないかなあ、という気がします。

というわけで、とりあえず無料版であれこれ試してみると結構感動すると思うので是非トライしてみてください。

以下は今回のブロガーミーティングに参加した他のブロガーのレポート記事です。私のこの記事だけじゃ全然足りていないので併せてお読みください。


今更聞けないTwitterの常識:「おやあり」って何?

 
「おやあり」「おはあり」「おつあり」――こんな言葉が、一部のTwitterユーザーの間で使われている。

今更聞けないTwitterの常識:「おやあり」って何?

「一部のTwitterユーザー」ということで「そんなの見たことない」という人がいるかもしれませんね。私もこれまで見たことがありません。

で、どういう意味かというと、

おやありは「おやすみ」と「ありがとう」を組み合わせた言葉。寝る前などに「おやすみ」とリプライをくれたフォロワーに対して、「おやすみのリプライをありがとう」といった意味でつぶやく。

ということなんで、これの応用で、おはありは「おはよう」+「ありがとう」に、おつありは「お疲れ様」+「ありがとう」ということになるようです。

ま、どうでもいい話だな。

グーグル、「Gmail Labs」で提供の6機能を正式採用

 
Googleは、ファイルの添付忘れを防止したり、「YouTube」の動画をプレビューしたり、休暇中に自動応答メッセージを返信したりする、これまで「Gmail Labs」でテストされてきた6 つの機能を、新たに「Gmail」の正式版で採用した。

グーグル、「Gmail Labs」で提供の6機能を正式採用:ニュース

正式機能になる、ってのはつまりは「今後はその機能はちゃんとメンテナンスしていきますよ」とか「それ用のAPIを提供しますよ」ってことになるのかな。

で、正式採用になった6つの機能はこんな感じ。

1.検索のオートコンプリート機能(ただし英語版のみ)
2.ファイルの添付忘れを検出する機能

2がすごいですね。これは電子メール内に「ファイルを添付しました」といった文言があるにもかかわらず、実際にはファイルが添付されていない状態の場合に、ファイル添付を忘れていないかどうかチェックするように促されるというものなんだそうです。

でも、試しに「ファイルを添付しました」と書いてファイルを添付しないメールを作ってみたんだけど、メッセージは出ませんでした・・・どっかで設定しなきゃいけないのかな。

3.YouTubeのプレビュー機能
4.不在時自動応答メッセージ

あれ?.不在時自動応答メッセージというかVacation Mailは前からなかったっけ?

5.ラベルの色をカスタマイズできる新機能

ん?6つといいながら5つしかないぞ。ということで本文の方にアクセスしてみると、

「Go To Label」

というのがありました。

ああ、なるほど。本文の方でもGo To Labelの説明がないのか!

にしてもこの「Go To Label」も見あたらないので、これらの機能はまだ私のアカウントには反映されていないんですね。しばらく様子見、ということで。

「今家にいないので泥棒に入ってね」というサイト「Please Rob Me」

 

Twitterに流されてきたFoursqureの位置情報メッセージを検索してくれるサイトです。

Please Rob Me

「今ここ」=「家にいない」という判断の結果、「Please Rob Me」という名前のサイトになっているのではないかと思うのですが、このサイトは本当に泥棒のためのサイトではなく、Foursqure+Twitterのような感じで現在の位置情報を一般に公開することの危険性について警告しています。

The goal of this website is to raise some awareness on this issue and have people think about how they use services like Foursquare, Brightkite, Google Buzz etc.

まあ、もちろんここで表示されているユーザの自宅住所が簡単に誰でもわかるわけではありませんが、漏れちゃった個人情報とか他のサイトで入力したデータとリンクしたりするとそのユーザが誰でどこに住んでいるかみたいな情報を集めることも不可能ではないので、この手のソーシャルウェアを使う時は気をつけないと怖いですよね。

にしても「泥棒」のイメージって外国も日本もあまり変わらないのにびっくりです。

ANA「旅ガール」が名所をご案内 美人すぎて迷っちゃう!だそうです。

 

ええ、なんで美人過ぎると迷っちゃうのかよくわかんないんですけどね(オードリーの若林風に読んでください)。

ANA「旅ガール」が名所をご案内 美人すぎて迷っちゃう!

なにかと暗い話が目立つ航空業界だが、全日空(ANA)が全国47都道府県の"ご当地美人"を集めた華々しいウェブサイトを開設し、話題になっている。米映画「マトリックス」と同じSFX(特殊撮影)技術で女性がリアルに動き、出身地の名所を案内。あわせてANA国内便の割引航空券をPRしている。なかなかの出来映えに、旅好きだけでなく、オタク系にもウケそうだ。

割引航空券キャンペーンサイト「旅割レビュー」からアクセスできます。

このサイトは、割引航空券キャンペーンサイト「旅割レビュー」。ANAの公式ホームページからアクセスしてみると、でっかい日本地図が登場し、各都道府県の上に1人ずつ「旅ガール」と呼ばれるご当地出身の美人が立っている。
例えば北海道をクリックしてみると、マトリックスばりの映像で女性が牧場へと飛び、名物のホワイトカレーやジンギスカン、えぞ鹿カレーを食べ歩く旅行プランを紹介してくれる

そんなわけで期待に胸を膨らませつつアクセスしてみたんですが、まあFlashバリバリなのは仕方ないとしてなんか期待していたのとはちょっと違いました。

女の子がジャンプしてカメラが360度ぐるって回るだけじゃん・・・。

女性の映像は、360度回り込むような感じで臨場感バツグン。これは29台のカメラで同時撮影する「タイムスライス撮影」という、映画「マトリックス」で有名になった技術が使われているためだ。

なんかすごい技術なのはわかるんだけど、もったいないですね。

名所案内もその映像と女子が出てくるのかと思ったらテキスト情報だけだし、しかもジャンプが終わるまでのその女子をクリックしないとテキスト情報が表示されないし。クリックに失敗すると次の女子に変わっちゃうのが悲しいです。

あれ?もしかして私の操作が間違っているのかな。

ということで、発想とか素材はいいんだけど、なんかもったいないなあ、って感じでした。

Dropboxのユーザが4百万人に!

 
We've recently hit a huge milestone and now have over 4 million Dropbox users.

Dropbox around the world!

というアナウンスがDropboxのブログでありました。4百万ユーザかあ。というかディスク容量はバックアップ含めトータルで今どれぐらいになっているんだろう。

で、そのブログ記事の中でユーザの属性についていくつか書かれていました。

まず、利用者の居住地域です。

32.7% USA
6.7% UK
6.5% Germany
4.7% Japan
4.0% Canada
3.5% Spain
3.2% Netherlands
2.8% China
2.7% France
2.5% Italy

英語だめな人がたくさんいる日本、というのを考えると日本が4位というのは驚異的かもしれません。また、US以外で67.3%もいる、というのもすごい話です。

次に使用しているプラットフォーム(OS)はこんな感じ。

66.1% Windows only
20.9% Mac only
2.0% Linux only
7.4% Windows and Mac
2.6% Windows and Linux
0.3% Mac and Linux
0.7% All three

私はWindows and Macの組み合わせなので第3位の7.4%の中に入っています。WindowsやMac Onlyが多いのが興味深いですね。

ありがちなレストランのWebサイト

 

以下は
A conversation I have every month or so」というエントリーの超日本語意訳です。

私:(iPhoneからレストランのサイトに接続しようとしている・・・)
レストランのWebサイト:Flashが必要だよ。
私:私はただ何時までオープンしているか知りたいだけなんですが・・・。
Webサイト:うんにゃ~。
私:今携帯電話でアクセスしているのですが、ページのどこか片隅にでもHTMLバージョンへのリンクはありませんか?
Webサイト:私は無視しています。
私:食べる場所を探して出かけているので、電話を使っている私の姿が目に浮かびませんか?
Webサイト:帰ってください。
私:(あきらめてPCに切り替える)
Webサイト:こんにちは!いらっしゃいませ~!
私:あなたのレストランは何時・・・
Webサイト:少々お待ちください。今、音楽をロード中です。
私:えっ?
Webサイト:あなたはそれをきっと気に入ると思いますよ。スチールドラムとキーター用にアレンジされた「イパネマの娘」ですよ。
私:いやいや、その必要は・・・
Webサイト:ロード中・・・
私:私が知りたいのは・・・
Webサイト:「ドットドットドット」
私:(指で机を叩く私)
Webサイト:用意ができました。いい感じでしょ?なんというのかしら、エスニッキー?
私:何時までやっていますか?
Webサイト:メニューを見て!布の上に印刷されたWordのドキュメントをスキャンしたスクリーンショットのPDFファイルなんですよ。
私:いや、それはどうでもいいので、何時までやっているのかを・・・
Webサイト:心配しないで。メニューは別ウィンドウでオープンされるから音楽は止まらないわ。いくつかの壊れた画像を表示してもいいかしら?
私:何時までやっているのかを・・・
Webサイト:私にはわかりません。
私:(デニーズに行こう・・・)

---

いや、ほんとに、飲み会とかあったときに場所がわからなくなったんでiPhoneでその店のサイトにアクセスしたら全部Flashで手も足も出なくなって相当困ったことが何回あったことか・・・。

それはそうと今日64bit版のFirefoxに切り替えたんですが、Flashプラグインがうまく動きませんでした。そんなわけでFlashが再生されることなくWebサイトを見ているわけですが、しばらく使ってたら「Flashなくてもなんとかなるかな」と思うようになりました。

べ、別に負け惜しみじゃないんだからね!

Google マップにLabs登場

 

Google マップ

Google マップの Labs は、開発中の実験的な機能をテストするための環境です。これらの機能は、随時変更、中断、提供中止される可能性があります。

機能が中断し、マップの読み込みに問題が生じる場合は、http://maps.google.com/maps?ftr=0 にアクセスして通常の Google マップに戻ってください。

普通にGoogleマップにアクセスしたら右上に表示されている赤い「NEW」という文字をクリックすると設定画面が表示されます。

矩形指定でズーム、なんていい感じ。

このLabsにもいろいろな機能が追加されていくんだろうなあ。

Google Chart API + Visualization API = Google Chart ToolsとDynamic Icons

 

Google Chart Tools - Google Code

We have discovered that developers occasionally need some help in navigating between the many options and distinct advantages of Image Charts and Interactive Charts, and therefore decided to bring the two APIs under one new framework which we call the "Google Chart Tools".

GoogleのChart APIとVisualization APIが統合されて「Google Chart Tools」というフレームワーク傘下になったようです。で、この機会にそれぞれ名前がImage Charts APIとInteractive Charts APIに変わったようです。

どういう違いがあるかというと、たとえば以下のようなパイチャートがあったときに上のやつは普通に画像なんですけど、下のやつは青い部分をクリックすると「にょっ」っと飛び出て来てさらに吹き出しが出てくる、なんてことができるようになるようです。

で、ついでに旧Chart APIでダイナミックアイコンやQRコード、数式もサポートされたようです。

ダイナミックアイコンというのはこんなアイコンを動的に生成できるようです。

たとえば、こんな感じのアイコン

を表示させたい、なんて場合はこんな感じで書けばよいようです。

chst=d_bubble_icon_text_big
chld=
snack|
bb|
$2.99+!|
FFBB00|
000000

まあ、デザイン的にはなんかいまいちな感じがしますが、そのうちもっとあれこれできるようになるんでしょうね。

VISAを装うフィッシング詐欺メールに注意

 
フィッシング対策協議会は8日、VISAを装って偽サイトに誘導しようとするフィッシングメールが出回っているとして、注意を喚起した。

これ、うちにも来たよ!

VISAを装うフィッシング詐欺メールに注意 -INTERNET Watch

メールは英文で、件名は「VISA 4XXXX-XXXX-XXXX-XXXX possible fraudulent transaction」。本文は「カードがナイジェリアで使用されたという取引履歴があり、この取引は拒否されているが、手続きを完了する必要がある」といった内容で、カード番号などを入力させようとする偽サイトに誘導するもの。

メールの差し出し元がvisa.comだったりアクセス先URLの中にvisa.comがあるんで注意しないと引っかかる人がいるかもしれないですね。

メールのヘッダとか見るとReply-toとかがおかしいのですぐ気づくのですが、ヘッダ見ても普通の人はわかんないでしょう。

ということで注意してくださいね。

「24」のシーズン8など普通はUS以外に住んでいる人は見れないTVドラマが見れちゃうサイト「TVGorge.com」

 

「24」だけじゃなくて、今超熱い「LOST」のシーズン6も見れちゃうんだよなあ。

Watch TV Online - TVGorge.com

で、普通はこういうビデオはIPチェックでUS以外からは見れないようになっているのですが、なぜか見れます。

なぜ可能なのか、というと「About TVGorge」を読むと

We accomplish this by searching and indexing TV streaming websites around the globe. Once our proprietary script has found the best source for a given TV show, it automatically compiles the information for our database.

ということで世界中を探して見れるやつで最高のものを見つけてくるようです。

まあ、そのうち圧力がかかってなく無くなってしまうサイトの1つだと思いますので、それまでの間、見たいTVドラマがあったら見ておくといいかもしれません。

幸い明日は土曜日ですからね。

ガートナーによる今後のソーシャルソフトウェアに関する5つの予測

 

Gartner Reveals Five Social Software Predictions for 2010 and Beyond

2010年とそれ以降の5つのソーシャルソフトウェアに関する予測、というガートナーのプレスリリースです。

基本的にアナリストのこういう予測はだいたい外れるので、述べられている反対のことをやっておけばいいと思っているのですが、今回はちょっと同意しました。

By 2014, social networking services will replace e-mail as the primary vehicle for interpersonal communications for 20 percent of business users.

2014年までにビジネスユーザの20%が個人間コミュニケーションのツールとしてメールからソーシャルネットワークに鞍替えする、というのはあり得る話だと思います。

というか今の時点で私などは相手がTwitterを利用していると「D」でメッセージ交換しているほうがメールよりも明らかに効率的なんですよね。このスピード感や効率性を一度経験するとメールのあの冗長性がほんとにまどろっこしくなってきます。

2014年までに、ということなのでその間いったいどんなタイプのソーシャルネットワークが登場するのかわかりませんが、メールが何かにとって変わる可能性は高いと思います。

By 2012, over 50 percent of enterprises will use activity streams that include microblogging, but stand-alone enterprise microblogging will have less than 5 percent penetration.

2012年までに企業の50%がマイクロブログなどのアクティビティ・ストリームを利用するだろう。しかしスタンドアローン(ネットワーク化されていないってことです)な企業のマイクロブログは5%以下となると予想しています。

ここで言っているマイクロブログというのは今だったらTwitterですね。で、Twitterが提供するメリットを企業でも実現するためにはセキュリティとかいろいろ必要なことがあるわけですが、それを確保するためにスタンドアローン化してしまうとそのメリットが殺されてしまうわけで、このあたりは何か新しいソリューションが必要になることでしょう。

Within five years, 70 percent of collaboration and communications applications designed on PCs will be modeled after user experience lessons from smartphone collaboration applications.

これは中々おもしろいですね。PC向けに設計されたコラボレーションやコミュニケーションのためのアプリケーションの70%がスマートフォン上のコラボレーションアプリケーションの利用体験を手本にするというものです。

先日あるPC向けのWebサイトをiPhoneサイトのようなデザインに変換する作業を行ったのですが、これはとても貴重な体験でした。というのもサイトの構成要素やナビゲーション、表示項目などをiPhone用に整理してみるとそのWebサイトの本質が見えてくる、というか余計な要素がたくさん見えてきました。

こういう体験をすると次にWebサイトを設計するときにとても役立ちます。多分こういうことを言っているんだと思います。

その他の予想についてはリンク先の原文を読んでみてください。

まあ、今後の傾向、というのはわかるんだけど、じゃあどうする?ってなると人それぞれに解は違うわけで、今後たくさんいろいろなものが登場するんだけどそのうち1つか2つしかメジャーになれない、ってのはいつもながらきつい話ですね。

Googleのサーバー管理者も使っている「Page Speed」アドオンの1.6 Betaがリリース

 
Page Speed is an open-source Firefox/Firebug Add-on. Webmasters and web developers can use Page Speed to evaluate the performance of their web pages and to get suggestions on how to improve them.

High Performance Web Sites :: Page Speed 1.6 Beta - new rules, native library

ということでWebの管理者しか興味がないと思われるFirefoxのFirebugと一緒に利用するアドオン「Page Speed」のFirefox 3.6対応版です。あ、自分の会社のサイトを「Page Speed」で解析して管理者にあれこれプレッシャーを与えるのもおもしろいかもしれないですね。

あとはどっかの会社のサイトを勝手に解析して「ほら、こんなに改善点がありますよ。うちに任せてくれればより速くなりますよ」みたいな営業のツールにも使えますよね。

一番興味を惹かれるのはGoogleで使われている、というところでしょうか。個人的におもしろいと思ったのは画像に関してです。画像を含むページを解析すると「もっとサイズ(容量)を小さくできるぞ!」という提案と共にその画像の最適化されたものを表示したり保存できるようにしてくれます。

GoogleCodeでのページはこちらです。マニュアルなどもここで読めますし、Googleの中の人による解説ビデオもあります。

こういうの見るとまじめにページの最適化をやりたくなってきますね。もっとも私の場合は口だけですけど。

Google Chrome 5 BETAがリリース

 

先日バージョン4が正式にリリースされたかと思ったらもうバージョン5のベータが出たようです。4.xとかっていうのはまったく考えていないんですね。

Google Chrome (BETA)(Windows版)
(Mac版はこちら

リリースノートによると

Windows

* [r37023] Use default downloads directory on Vista and Windows 7 (except where it is the desktop) (Issue: 13610)
* [r36938 and others] Start work on Content Settings window and sub-dialogs (Issue: 32719)


Mac

* Improved plugin stability.
* [r37204][r37210] Cocoa NPAPI plugins will now get NPCocoaEventMouseDragged and NPCocoaEventFlagsChanged events (Issues: 32996, 31846)
* [r37010] Fix crash that sometimes happened when dragging tabs (Issue: 29906)
* [r37004] Fix %cpu in task manager. (Issue: 32464)
* [r37139] Give the cookies manager a search field. (Issue: 32328)
* [r37247] Make copying of big images more robust (Issue: 26822)
* [r37114] Improve task manager resizing behavior (Issues: 33134, 33133)


Known Issues

* [Mac] Crash when deleting cookies (Issue: 33533).

ということなのでMacでChrome使っている人の方がメリットが大きいかな。ちなみに例によってJavaScriptのパフォーマンスが向上しているようです。

Google Maps API で AdSense が利用できます

 
以前から 「Google Map と AdSense を併用できませんか?」 というお問い合わせをいただいておりましたが、この度 Google Maps API をご利用の方が Google Map に AdSense を簡単に組み込むことができるようになりました。

Inside Adsense - 日本語: Google Maps API で AdSense が利用できます

ということでGoogleのAdSense BlogでGoogle MapsにAdSenseを組み込む方法が解説されています。

こんな感じで地図内にAdSenseが表示されるようです。

うーむ、どうやら閲覧者側ではこの表示は消せないようですね。


サンプル:http://www.arukikata.co.jp/map/

広告表示がうざい、ということで利用を避ける場合もあるのでここぞという時に表示させたり表示させる場所とかもろもろを考えて使いたいですね。

AMNとホットリンク、クチコミ分析ツール「ブームマップ」の提供を開始

 
アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は1月27日、ホットリンクと提携し、ブログなどネット上のクチコミの傾向を分析できる「ブームマップ」の提供を開始した。

AMNとホットリンク、クチコミ分析ツール「ブームマップ」の提供を開始

AMNとホットリンクという組み合わせにまずびっくりです。

で、ブームマップというやつなんですが、

ある話題について書かれたブログの記事の数を単純に計算するだけでなく、そのブログの与える影響力も計算した上で、評判などを表示する。

ということで、企業の商品名や広告キャンペーンの話題、評判などネット上のクチコミ情報を、マーケティングデータとして効率的に収集し分析できるとして初期費用が10万円で月額料金が1アカウント10万円で提供するようです。

そんなわけでブームマップにアクセスしてみました。

ブームマップ

おお、拡張子が「do」だ!まんまstrutsだ!

で、「本日の注目キーワード」というのがタグクラウド的に表示されているのですが、その中に「ヒナちゃん」というのがありました。

ヒナちゃんってなんだろう、ということでクリックしてみました。

http://boommap.jp/bm/demo/blogWord/2010/01/26/%E3%83%92%E3%83%8A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

いやいやいや、盛り上がっているのはわかるんだけど、それがなんだか全然わかんないよw

「関連語」としていろいろキーワードが表示されているんですが、それ読むとジャニーズの関ジャニ関係っぽいんだけど、関ジャニにヒナちゃんって人がいるのかな。

ブログで「ヒナちゃん」って書いた人のやつがリストされているんですが、クリックするところがどこにもないので、ずっと「ヒナちゃん」が何だかわからず終了となりました。

家に帰って娘に聞いてみようっと。

ニフティがクラウド事業に参入、第1弾はIaaS

 
特長は、「オンデマンド」「従量制」「仮想化技術の運用ノウハウ」の3つ。

ニフティがクラウド事業に参入、第1弾はIaaS

まあ、「オンデマンド」は当たり前として「仮想化技術の運用ノウハウ」を特長に入れているのがすごいなあ。

で、従量制ですが、定額制も用意されていて利用するスペックによっていろいろ選べます。

料金は、仮想CPU(1GHz相当)×1、512MBメモリの「Mini」で、7875円/月もしくは12.6円/時間。仮想CPU(3GHz相当)×1、1GBメモリの「Small」で、1万3335円/月もしくは23.1円/時間。仮想CPU(3GHz相当)×2、2GBメモリの「Medium」で、2万5410/月もしくは44.1円/時間。仮想CPU(3GHz相当)×4、4GBメモリの「Large」では、4万8300円 /月もしくは84円/時間。全タイプ共通で、インターネット側データ転送量1GBあたり15.75円の、ネットワーク転送料金も必要となる。
このほか、固定IPサービス、ドメイン名登録、DNS管理など、有償のオプション機能も用意されている。

CPU1個でメモリ2GBとかってのもあるのかしら?

私がやっているとあるサービスの場合、outの転送量が1日だいたり350TBぐらいあります。転送量1GBあたり15.75円ってことは1日5512円、31日計算で171,120円って感じでしょうか。

これにサーバーが一番下のクラスのやつを6台ぐらい用意すると47,250円となり合計218,370円となるようです。

固定IPサービスがいくらぐらいになるのかわかりませんが、これぐらいの価格だったらフェイルオーバー機能も標準で付いてくることを考えるとデータセンター借りよりはいいかもしれませんね。

もちろん何かのキャンペーンで突発的にサーバー用意しなきゃいけない、なんて時はぴったりであることは言うまでもありません。

またデータセンター(定額)とクラウド(従量)の両方を利用する、というハイブリッド型のもいいかもしれません。画像などのストレージサービスやっているような場合は、古くてほとんどアクセスされない(転送データ量に影響を与えないような)データはクラウド側にもっていく、という使い方もいいんじゃないかと思います。でもこのあたりは経験/ノウハウが必要だなあ。

あとはアプリを独自で開発して、なんて場合はそれがそのまま動作するかどうかはわかりませんので事前調査は慎重に行わないと、ですね。まあ、これは従量課金の中でやってしまえばいいか。

という、ほとんど個人のつぶやき&メモのようなエントリーでした。

[www@cb.vu]~>というShellインタフェースなWebサイト

 

[www@cb.vu]~>」にアクセスするとUnixのターミナルのような画面が表示されます。

「ls」というファイルリストを表示するコマンドを入力してみました。

小さくてよくわからないかもしれませんが、index.htmlとかabout.txtといったファイルがあるようです。それらの中身は「more」とか「cat」コマンドで見ることができます。

他にどんなコマンドが使えるのかな、って時は「help」コマンドを入力して見ることができます。

でもここにリストされているコマンド以外にも「uname」なども使えたので、いろいろ使えるのかもしれません。

「reboot」というコマンドもありました。実行してみましたが、rootじゃないと実行できないようです。

そこで「su」コマンドでrootになってみました。パスワードはrootでした。

rebootコマンドを実行すると「ほんとにリブートしたいの?」と何度も聞かれるので怖くなって途中でやめてしまいました。チキンな私です。

で、これはいったいなんなんだろう、と思ったのです「about.txt」を読んでみました。

This site is a virtual shell and is meant to be a command line joke where you have to use some UNIX commands to get around. Its original main purpose was to have something unique and funny as a front page to the unix toolbox.

unixtoolbox」というものを使っているようですがよくわかりません。

ちなみに「clock」という時計を表示するコマンドがあるのですが、このshell内でコマンドを実行する以外に「http://cb.vu/#clock -t」でアクセスして時計を表示させることもできるようです(http://cb.vu/#invadersでインベーダーゲームもできます)。

よくわかんないのでこれがなんなのかわかる人はトラックバック等で教えていただけると幸いです。

YouTubeディスコ!!

 
YouTube Music Discovery Project and Playlist Creation Tool

YouTube - Music Discovery Project

ということでhttp://www.youtube.com/discoというdiscoっていうディレクトリ名の「ディスコ」です。

アーチスト名を入れるとその人に関するビデオのプレイリストを作ってくれるので一度スタートしちゃえばそのあとずっと音楽ビデオが流れっぱなしになります。

もちろんプレイリスト内のビデオは削除できますが、順番は入れ替えられないみたい。

で、おもしろいのが、検索したアーチストに関連するであろうミュージシャンのビデオを入れた「ミックステープ」というのも自動的に作成される点です。

サブスクリプション制の音楽配信サービスだと「リコメンデーション」という機能で「このアーチストが好きだったら○○も好きだろう」ということで似たような音楽のタイプを推薦してくれるんですが、そういう感じですね。

渡辺香津美(Kazumi Watanabe)で検索したら「ミックステープ」の中にエリック・ゲイルとかジョン・素個フィールド、川崎燎なんかが登場しましたよ。

つうことで、これが結構おもしろくって朝から止まりません。

次は作成したプレイリストの共有かな。

新しいタイプのTwitterクライアント「Seesmic Look」をインストールしてみました。

 

Twitterのクライアントソフトをリリースしているsseesmicから新しいタイプのクライアントソフトウェア「Seesmic Look」がリリースされたので早速ダウンロード(Windows版のみ)してインストールしてみました。

Beginners learning to understand real-time can stay engaged and connected without even logging into Twitter, while experienced users can take advantage of Look's powerful features in creative and imaginative ways.

ということなのですが、Twitter初心者向け、というのはあるかもしれませんが、どちらかといえばPC以外のデバイスに向けたインタフェースを提供しましょう、って感じでその結果が「初心者にも優しい」ということになったような気がします。

Twitterのアカウントを持っていなくても利用できますし、アカウントを持っていれば自分のタイムラインがこんな感じで表示されます。ちなみに私のTwitterアカウントはnagasawa144です。フォローよろしくです。

で、こういう時系列表示以外にアカウント名の「A-Z」のソート表示もできるのですが、テレビのアイコンをクリックするとこんな表示に変わります。

こういうのを見るとテレビとかタブレット、あとChumbyとかデジタルフォロフレームで見るといい感じになるんじゃないか、ってのを考えるとそういうデバイスがターゲットなんじゃないかと思えてきます。テレビつけっぱなしでこのモードで1日中表示しっぱなしにしていてもいいんじゃないかと。

で、その延長線上で考えると、Twitter検索の検索もこの方法で表示できるので、例えばTwitterで人気な豚肉料理屋さん「butagumi」で検索した結果をモニタに表示させ、それをお店の中で利用する、といった商業利用もおもしろいかもしれません。もちろん自分の発言だけを表示させる、というのもいいでしょう。

それにしてもこの「Seesmic Look」ですが、当然日本のことは考えられていないので、これと同じアプローチの日本語版を作れば受けるかもしれませんね。

Google News利用者の44%、見出しだけ見て新聞社のサイトには行かず

 
「Googleは新聞社のサイトにかなりのトラフィックを誘導しているが、その一方で新聞社から大幅にシェアを奪ってもいる。Google Newsのビジターの44%は、見出しを見るだけで新聞社のサイトにはアクセスしていない」とOutsellは述べている。

Google News利用者の44%、見出しだけ見て新聞社のサイトには行かず

ということは44%の人は「見出しだけで充分」ということも言えるし、100個の見出しがあったときに100個すべてに興味を持つ人なんていないじゃん、って考えると「そりゃそうだろ」という気もします。

44%がアクセスしない=56%はアクセスする、ということは半分以上の人が記事元にアクセスしているわけで、逆の見方をすればこれはほんとすごい話です。

Google、Yahoo!などのアグリゲーションサイトでニュースを閲覧する読者は33%と、新聞社のサイトにアクセスする読者(8%)よりも多かった。

これは単純に新聞社のサイトの作りが冗長すぎる、というのが問題なのかもしれませんね。記事の前置きが長くて肝心なことろはさらにクリックして次ページを表示させなきゃいけない、みたいな。

読者は単純にニュースを読みたいだけなんだけど、それを読むまでのページのロード時間とかクリック数とかがGoogleやYahoo!より劣っているからアクセスされないんだと思います。GoogleやYahooはウィジェットなんか作ってWebサイト以外でもいつでもどこでも読者が好きな場所・時間で読めるようにしているしね。

まあ、そういうわけでこの記事タイトルはネガティブ表現だなあ、と思った次第です。

「無料試用から有料契約に自動移行」宅配DVDレンタルの苦情増加

 
オンラインDVDレンタルサービスに関する消費者からの苦情が増えているとして、国民生活センターは20日、注意喚起した。特定期間に限り「無料」や「お試し」と強調しながらも、有料期間に自動移行することへの苦情が多数を占めているという。

「無料試用から有料契約に自動移行」宅配DVDレンタルの苦情増加

これは多分どこかのこれに関する記述がちゃんとあるんだけど読んでいない、ってやつですよね。というか、無料試用を申し込む段階から自動で有料に更新されるってみんなわかっていると思ったよ。

で、苦情の内容で興味深いものを見つけました。

「勝手に有料契約に自動更新された」「有料契約の前に連絡がない」「お試し期間に注文した商品が届かない。やめたいが解約してくれない」「延滞金が無料と書いてあったのに請求が来た」などの苦情が寄せられているという。

この中の「お試し期間に注文した商品が届かない。やめたいが解約してくれない」というのは強力ですね。これを意図的にやっているとしたらすごすぎです。

そういえば昔ネット上のサービスで「入会無料」なんだけど退会するときは膨大な退会金を払わなければならないというサービスがあって、それもまたすごいもんだなあと思ったことを思い出しましたよ。

にしてもオンラインDVDレンタルサービスって3社ぐらいかと思ったんですけど、他にもたくさんあるんでしょうかね。それともこのトラブルってこの3社の事なのかな。

Amazon Paymentsに個人送金サービスが追加されていた

 

Amazon PaymentsといえばAmazonの決済システムを使ってオンラインで商品を販売する会社が利用するもの、というイメージがあったのですが、いつの間にか個人を相手にした個人間送金サービスがメニューに加わっていました。

Send Money, Receive Money, Money Transfer - Amazon Payments

これはもろPaypalと競合するサービスですね。

で、おもしろいのはメールアドレスだけじゃなくて電話番号でも送金・入金できるところでしょうか。

まあ米国内だけ、のお話なんですけどね。

ちなみに先日Google Checkoutでものを購入する、というシーンを見たのですが、これがすごいなあと思ったのは、支払い完了通知メールがHTMLメールで来るのですが、その中に「もう1つ買う」っていうボタンがあって、これをクリックするだけで同じものをもう1つすぐに買えちゃうところでしょうか。この発想はなかったよ。

日本でもいろいろオンラインの決済システムあるんだけど、使いづらい(一般ユーザとしてもシステムを利用する販売店側としても)し手数料高いしで、この分野は日本ではまだまだベンチャーが成功する可能があるな、と常々思っています。誰ががんばってくれないかな。

グーグル、検閲に嫌気...中国から事業撤退も

 
米インターネット検索大手、グーグルは12日、中国政府の関与が疑われるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。また、検索サービスに対する中国政府の検閲を「これ以上受け入れ続けるつもりはない」と表明、撤退を視野に中国事業を見直す方針を決めたと発表した。

グーグル、検閲に嫌気...中国から事業撤退も

クリントン米国務長官は、グーグルに対するサイバー攻撃に深刻な懸念を表明、中国側に説明を求める姿勢を示した。

へー、サイバー攻撃に中国政府の関与の疑いがあるのか・・・。

にしても、まともに考えればどんなに中国嫌いでもビジネス的にはおつきあいしておいた方がよいかと思うのですが、「もういい!面倒!」とかいってさっと撤退しちゃうってのもやんちゃで大人になりきれないGoogleっぽくていいですね。

まあ、あそこでがんばっても百度がシェア60%ぐらい占めているから状況変わるまで撤退というのも理解できる話ではありますが。

というわけで、最終的にどうするか、というのが楽しみですね。で、Googleが撤退した後にMSは行くのかな、行かないのかな。

上杉隆×小林弘人:もう引き返すことはできないのか? ネットとメディアの関係

 
ジャーナリスト・上杉隆氏をホストとする対談連載1回目。ネットメディアの"仕掛け人"ともいえる、インフォバーンの小林弘人CEOを招き、主要メディアの現状などについて語り合った。

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(1):もう引き返すことはできないのか? ネットとメディアの関係

とりあえず、メガネ+無精ヒゲ+黒のタートル+ジャケット、というスタイルで写真を撮られるのはやめておこうと思いました。

で、対談の内容なんですが、第1回目ということなのでこんなもんかなあ、って感じです。
日本のインターネットの初期の頃の状況などを思い出して語られています。

こういう対談とかインタビューを読んでいるといつも思うのですが、みんなよく○○年に○○があった、というのを覚えているというのに驚きます。ほんとにすごいですよねえ。

ちなみに対談中に

最初、インターネット広告が登場したとき、米国では先端的な知識人たちが叩いていましたよ。「ネットで広告なんてけしからん」みたいな。今では信じられないでしょうが(笑)。

という所があるのですが、これは実は私もインターネットで広告を最初に見た時は相当驚きました。これは偉い人達から怒られるぞ、と。

インターネットはそれまでは学術目的で(テストも兼ねて)利用されていて、ネットを使ってビジネスの話をするのはタブーという雰囲気に満ちあふれていました。

私もとある大学の先生に製品の納入の遅れを電子メールを使って連絡した時に相当怒られました(ビジネス目的でネットを使った、ということと、納期遅れをメールで連絡してきた2点で)。

これは1987年ぐらいだったかなあ。正式にはインターネットじゃなくてjunetなんですけどね。

メールの件名に日本語使っちゃいけない、とか昔はいろいろあったわけですが、今やもうなんでもOKになっていますよね。実にいい時代です。

そんなわけで第2回目を楽しみにしたいと思います。

米国Amazon.comの「Textbooks」

 

「textbook」なので教科書とかいわゆる「テキスト」の取り扱いが米国Amazon.comで始まったようです(いや、前からあったのかもしれない。このあたりはよくわかんない。ごめん)。

Textbooks at Amazon.com

で、基本的には「教科書」が買えるわけですが、すごいな、と思ったのは新品の教科書だけじゃなくて中古の教科書の取り扱いがあるというところです。

New Textbooks: Save up to 30% off the price of over 100,000 new textbooks. Shop for the latest test prep, reference, and study guides.

Used Textbooks: Save up to 90% off millions of used listings. All used textbook purchases are backed by our A-to-z Guarantee.

で、この中古ですが、Amazonが下取りしてくれるようです。

例えば、「General, Organic, and Biological Chemistry」というハードカバーの本があるのですが、これは定価$205.95が$154.66という25%オフで販売されています。

で、これの中古価格は$131.74からあるのですが、下取り金額を調べるページにいって「General, Organic, and Biological Chemistry」を検索してみると、$75.65という下取り金額が提示されているので、これでOKだったら手持ちのこの本をAmazonに送ると$75.65がAmazonギフト券でもらえる、という仕組みのようです。送料はAmazon持ちのようです。

これ、日本でも同じような仕組み導入したらどんなことが起こるのかなあ。

Web サイト改ざん及びいわゆる Gumblar ウイルス感染拡大に関する注意喚起

 

インターネットでWebサイトを見ている人、作っているに関係する注意事項です。

昨年末より、FTP アカウントの盗用に端を発して、Web サイトが改ざんされ、意図しない JavaScript を埋め込まれる事象や、改ざんされたサイトを閲覧し たユーザの PC がマルウエア(Gumblar ウイルスなど)に感染する事象が多数 発生しています。JPCERT/CC では、昨年末より本事象に関する注意喚起を行っ ていますが、年末年始にかけて新たに多数の Web サイトが改ざんされたこと を受け、再度ユーザや Web サイト管理者に対策を周知する目的で本注意喚起 を発行いたします。

Adobe Flash Player、Adobe Acrobat、Adobe Reader、Java(JRE)、Microsoft 製品の脆弱性が突かれているようですので以下の方法で防御する必要があります。

まずAdobe Acrobat、Adobe Readerをインストールしている人はメニューの"ヘルプ (H)" -> "アップデートの有無をチェック (U)" をクリックし、製品を最新に更新する必要があります。ただし、これだけではまだ脆弱性が残るので以下のような手順でJavaScriptを実行しないようにしてあげる必要があります。

1. Acrobat / Adobe Reader を起動する
2. メニューバーから "編集" -> "環境設定" を選択する
3. 分類の中から "JavaScript" を選択する
4. "Acrobat JavaScriptを使用" のチェックを解除する
5. "OK"を押して、設定を反映する

Flashに関しては、以下の URL にて Flash Player のバージョンを確認し、最新でない場合は最新にアップデートします。

http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

Javaの場合も同様に以下のサイトにアクセスしてバージョンをチェックします。

http://www.java.com/ja/download/installed.jsp

WindowsはいつものWindows Updateで最新の状態にしておきます。

ということで予防しておきましょうね。

西武池袋本店で「Yahoo!ショッピング」グルメ商品の販売イベント

 
西武池袋本店とヤフー(Yahoo! JAPAN)は、「Yahoo!ショッピング」で取り扱うグルメ商品を集めたイベント「西武池袋本店×Yahoo!ショッピング人気グルメ&スイーツお取り寄せ市」を、西武池袋本店・本館7階の大催事場で1月21日から27日まで開催する。これに合わせて、Yahoo! JAPAN上にイベントと連動した特集サイトを開設した。

西武池袋本店で「Yahoo!ショッピング」グルメ商品の販売イベント

これまでは実店舗で販売している商品を「ネットでも」販売するというパターンだったんですけど、今回のこれはネットで販売している商品を「実店舗で」という真逆のお話なわけで、これはなんというか個人的には歴史的な瞬間だなあ、と感じます。

西武池袋本店とYahoo! JAPANでは、「ネット通販では体験できない、試食や小分け購入、出店者とのコミュニケーションがリアル店舗で実現できる」としている。また、新たな集客施策として料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」で人気を集めるブロガーを試食会や本会場に招待して、口コミによる来店促進も図っていくという。

ということで、実店舗でじゃなきゃできないことがちゃんと盛り込まれているのが素敵です。

将来的にはネットで販売している商品を集めて実店舗で販売するタイプのセレクトショップなんかも出てくるんだろうなあ。

なお、本イベント会場で商品を購入した各日先着2000名、合計1万4000名の来場者を対象に、「Yahoo!ポイント」を200ポイント取得できるカードをプレゼントする。

だそうです。

米Seesmicから50のSNSを同時アップデート可能に、米Ping.fm買収

 
Twitterクライアントで有名な米Seesmicは4日、近況アップデートサービスの米Ping.fmを買収したと発表した。買収金額などの詳細は明らかになっていない。

 Seesmicは、WebやWindows、Mac OS X、Android、BlackBerryプラットフォームに対し、Twitterクライアントを提供している。

米Seesmicから50のSNSを同時アップデート可能に、米Ping.fm買収

私はMacではTwitterクライアントとしてSeesmicを使っているので興味を持ちながらこのニュースを読んだのですが、基本的には複数のSNSを同時にアップデートできるって実際問題どうなんだろうなあ、と思っています。

Ping.fmがサポートしているサービスとしては、Twitter、Facebook、MySpace、Tumblr、LinkedIn、 Blogger、FriendFeed、Wordpress.com、Delicious、Flickr、TypePadなどが含まれている。

つまりSeesmicクライアントで「東京なう」って入力すれば上記サービスに「東京なう」がエントリーされるってことですよね。

で、さらにFriendFeedとかブログのRSSをTwitterに流すようにしていると同じつぶやきが何度もTL上に出てくるんですよね。まあ、使い方というか設定の仕方次第だけど。

現在、Ping.fmには50万の登録会員がおり、1日20万件の近況アップデートを処理しているという。Seesmicによる買収によって、同社では1日100万件のアップデート達成を目標に据えている。

うーむ、こういう世界はよくわかんないけど、ニーズはあるんでしょうね。

なんかTwitterの周りにはいろんなサービスがあっておもしろいし便利なんだけど、成長するにしたがって機能が被るところが大きくなってきてなんか管理とか運用が面倒になってきたな。

アルファブロガー・アワード2009の「ポッドキャスト」部門への推薦のお願い

 
アルファブロガー・アワード2009のノミネートを受け付けています。 2009年は、16カテゴリーに絞って募集します。

ということで今年度も開催される「アルファブロガー・アワード」なんですが、その推薦が始まっています。

投票じゃなくて推薦なんだけど、多分推薦の数は多い方がいいと思うので、もしよかったら以下のページから「ビデオキャスト、ポッドキャスト」部門で「http://www.aivy.co.jp/BLOG_TEST/nagasawa/」を推薦しておいてください。

アルファブロガー・アワード2009

投票じゃないんで今回は激しくお願いしませんので、「もしよかったら」レベルでお願いします。

投票の時は激しくお願いすることになります。覚悟しておいてください。

それにしても過去5回ほどチャレンジした「アルファブロガー・アワード」。もう、このブログ本体じゃ絶対受賞は無理、と思ったので、去年あたりから「ポッドキャスト部門の設置を!」と唱えていたらようやく実現したと思ったのに、よりによって「ビデオキャスト、ポッドキャスト」ということでビデオと一緒にされてしまうとは・・・。

ビデオポッドキャストと同じ枠だったらあの世界のジェット☆ダイスケがいるからね、これは勝てないよ。しくしく。

今回もだめなのか・・・。しくしく。

あ、そうそう、別にうちのポッドキャストを推薦しなくても、他に気に入っているブログさんがいたらそのブログさんも推薦してあげてください。とりあえず私は写真部門に「V.J.Catkick@」を推薦しておきました。

いしたにさんの「みたいもん」も推薦したいんだけど、適切なカテゴリがないという問題に直面し、現在絶賛狼狽中です。

Firefox 3.5が現在ブラウザのシェアNo.1に。

 
Site tracking and analytics tool StatCounter Global Statistics now shows that Firefox 3.5 is the most used browser in the world.

Firefox 3.5 is Now the World's Most Popular Browser

ということでStatCounter Global Statisticsというところでの解析ツールの結果、現在のバージョン単位のブラウザのシェアNo.1がIE7を抜いてFirefox 3.5になったようです。

以下は6月から12月のトータルの結果です。

上から5番目のオレンジ色のやつがFirefox 3.5です。

で、12月だけの統計結果を見てみるとこんな感じになったわけです。

で、あ、日本語の記事が出ましたね。

Firefox 3.5、ブラウザ市場でシェア1位に

Web分析会社StatCounterによると、Firefox 3.5がバージョン別ブラウザシェア調査で、12月第3週(14~21日)にInternet Explorer(IE)7を追い抜き、シェア21.93%でトップを獲得した。この週のIE 7のシェアは21.2%、3位のIE 8は20.33%だった。

バージョン単体では1位なんですが、すべてのバージョンを合わせるとやはりまだIEが強いのはActive-Xの絡みとかあるからなんだろうなあ。これ、ひっくり返せるのかなあ。

Webクローラーのクラウド型サービス「80legs」のベーシックプランを無料に。

 

80legs Subscription Plans and Free Web-Crawling « The 80legs Blog

以前「Webクローラーのクラウド型サービスを提供する「80legs」」というエントリーを書いたのですが、Webクローラーのクラウド型サービスを提供する「80legs」がベーシックプランを無料で提供し始めたようです。

ベーシックプランの内容は

* Free to use
* Normal crawling speed (up to 1 request/second/domain)
* Access to 80legs Web Portal
* 1 job running at a time
* Up to 100K crawled pages per job
* Low priority in 80legs job queue
* No recurring jobs allowed


というもので、これはこれまでは有料でした。

で、なんで無料にしたかというと、ここにその理由がありました。

80legs says it discovered that many users were crawling less than 100,000 pages. Since the Houston company was charging $2 per 1 million pages crawled, plus $0.03 for every CPU hour used, it wasn't going to make much money from those users.

百万ページに対して$2をチャージするんだけど、多くの人は10万ページしかクロールしないのでお金とれない、ってことのようです。

というかこういう状況って根本的に大丈夫なのかな、この会社。

WSJ日本版サイトがオープン、月額1980円で有料会員向け記事も

 
ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン株式会社は15日、金融経済紙「The Wall Street Journal」の日本版ニュースサイト「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版(以下、WSJ日本版)」を本格開始した。

WSJ日本版サイトがオープン、月額1980円で有料会員向け記事も

多分この「月額1980円」という数字がこれからの新聞の有料オンライン版の基準になるんでしょうね。

本家WSJ米国版は年間購読料が103ドルということなのですが、日本版だと1年間1万6560円となっています。どう考えても取材・執筆・編集にかかるコストより翻訳費用の方が安いのに日本のこの値段はないだろう、と思います。流通コストもないわけだし。

最新1週間の記事は、会員登録の手続き不要で無料で閲覧が可能。無料会員登録をすれば、2010年1月から、記事へのコメント投稿や当日の最新ニュースをまとめたメールニュースを受け取れるようになる。また、一部の記事は有料になっているほか、掲載開始から1カ月を過ぎた記事はアーカイブ化され、有料会員のみ閲覧できるようになる。

最新1週間が無料で読めるんだったら別に有料購読しなくてもいいような気がするんですが、有料の一部の記事などが株とか投資している人には有料購読してもメリットがあるんでしょうね。私にはわからない世界ですが。

まあ、ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパンの場合はネットで展開するしかないからこれが自然なんだろうし、いろいろやれるかと思いますが、この方法がうまくいくともしかしたら日本の新聞社も同じようなやり方で追従するかもしれないので、なんとかいい形で成功して欲しいと思います。

Google Fusion TablesのAPIが公開されたようです。

 
Today I'm excited to announce that Google Fusion Tables is releasing its own API.

Google Code Blog: Google Fusion Tables API

「Google Fusion Tables」は、CSVやXLS形式のファイルをアップロードするとそれをヒートマップや円グラフなどのグラフへ変換するサービスです。

と書くと単なるビジュアライゼーションソフトのような気がしますが、「Google Fusion Tables」という名前の通り、複数の異なったデータソースからのデータをマージして1つのテーブルにしたり、また1つのテーブルの一部だけを切り取ってサブセットを作成することなどができます。

もちろんこうやって作成されたテーブルは他の人と共有することもできます。

で、今回発表されたAPIですが、

Is your dataset active, always changing? Is it being collected right now on cell phones or websites? With the new Fusion Tables API, you can update and query your dataset in Fusion Tables programmatically, without ever logging in to the Fusion Tables website. The API means you can import data from whatever data source you may have, whether a text file or a full-powered data base. On the more exotic side, imagine you're collecting data via survey software on GPS-enabled cell phones, as the Open Data Kit project is doing. Open Data Kit uses Google App Engine and the Fusion Tables API to instantly map locations of survey results.

ということで、プログラム的にデータをGoogle Fusion Tablesにアップロード(エントリー)することができるようになったようです。

上記の例だと、なんかアンケートページがあって、そこに入力された答えに加えGPSの情報もアップロードすることでアンケート結果を地図上にマッピングさせるといったこともできるようになるようです。

なんて感じで書いているのですが、私にはGoogle Fusion Tablesはさっぱりわかりません。実際に使う機会ってあるのかなあ。

朝刊購読者は無料 富山の地方紙、Web新聞創刊へ

 
富山県の地方紙「北日本新聞」がWeb新聞を創刊する。当初は無料だが一定期間後に有料会員制に移行。朝刊購読者には無料で提供を続ける。

朝刊購読者は無料 富山の地方紙、Web新聞創刊へ

朝刊購読者には無料、その他の人には有料、というのはいいですね。

Web新聞には朝刊に先がけてニュースを掲載。写真グラフ、お店やレシピ検索など紙の新聞にはないコンテンツや、紙面の主要ページの画像などを提供する。

というか、紙メディアでは絶対できない動画や音、アニメーションなどを活用したよりリッチでインタラクティブな新聞の実現を目指してみてはいかがでしょうか?ちょっと写真や図版が多いぐらいじゃね。

地方紙だったら、なんかイベントあったらその模様をビデオに撮影したり担当者インタビューした動画を掲載すれば関係者はみんな見たがるでしょうしね。

また強力な記事検索とかテレビ欄とHDレコーダーとの連携とかやれることはたくさんあるはず。

ああ、どっかの地方新聞紙をプロデュースしたいな。

それはそれとしてこの「北日本新聞」のWeb新聞ってやっぱりまた例のあの新聞のレイアウトをメタファにしたやつになるんでしょうかね。もしかしてコピー&ペーストできないようにするためにフルFlashだったりして。

参考:ブラウザから読める電子新聞販売サイト 地方紙など8紙でスタート

ソフトバンクBB子会社、匿名同士で配送できる「メルアド宅急便」

 
ソフトバンクBBの100%出資子会社であるソフトバンク・フレームワークス株式会社は、受取人の住所を知らなくてもメールアドレスだけで荷物を送ることができるサービス「メルアド宅急便」を16日から開始する。料金は5kg以下は全国一律990円。決済はクレジットカードに対応する。

ソフトバンクBB子会社、匿名同士で配送できる「メルアド宅急便」

仕組みはこんな感じ。テキストで書くとよくわかんないんで図で説明したのないかな、と思いソフトバンク・フレームワークスのホームページ見てみたけど、これに関する情報が現時点でなかったことに軽く驚いたわけですが。まあ、そのうち掲載されるよね。

「メルアド宅急便」では、相互の氏名や住所、電話番号といった個人情報を開示しないまま、荷物が送れる。会員登録は不要。メルアド宅急便のサイトから差出人情報と受取人のメールアドレスを入力すると、受取人には荷物受け取りの諾否確認メールが送信される。
 受取人は、諾否確認メールに記載されたURLから専用の受け取り承諾ページへアクセスする。受け取りを承諾する場合、承諾ページで受け取り先の住所や連絡先などを入力する。差出人には、受け取り承諾メールが送信されるので、本文のURLから専用ページへアクセスし、集荷日時を指定する。荷物の集荷・配送は佐川急便が行う。

まあ、オークションにおけるエスクローサービスみたいなもんですね。

ざっと説明みると良さそうなんですが、これっていわゆる「お金が先か、ブツが先か」ってパターンであれこれ考えてみるとなんかいろいろありそうですね。

結局、基本的にはメールアドレスだけでのやり取りになるんで、荷物の送り主が住所を偽装しつつお金受け取れるようなケースもあるんじゃないかな。

まあ、詳しい説明がないのでなんとも言えないで、一刻も早くホームページで図による解説とかセキュリティに関する話とかFAQが公開されるといいですね。

リアル郵便局とDNSを連結、「.post」でICANNと郵便連合が合意

 
インターネットのドメイン名およびIPアドレスの割り当て管理を行うICANN(Internet Corporation For Assigned Names and Numbers)は11日、トップレベルドメイン名「.post」の管理権限を、スイスに本部を持つ万国郵便連合(Universal Postal Union:UPU)に付与することで合意したと発表した。

リアル郵便局とDNSを連結、「.post」でICANNと郵便連合が合意

で、「.post」の管理権限を万国郵便連合に付与することで、

1.インターネットメールをリアル郵便として受取人の近所の郵便局に届けるサービス"ハイブリッドメール"

2.認証された住所などの情報とインターネット上の身元情報を結び付けるサイバーセキュリティサービス

が可能になるのはいいんだけど、もう1つあってそれは、

3.新しいタイプの金融サービス

というもので、なんでここで金融サービスが出てきちゃうのかなあ。

というかなんで郵便局が銀行とか保険会社的機能を持つようになったのか、というその歴史がいまいちよくわかっていないんだけど、まあそれは私が生まれた時にはできてたからよいとして、今回のこの新しく作ろうとしているサービスでもまた金融サービスやろうとしているのかあ。

いや、別に金融サービスやっても私は何も困らないんでいいんですけどね。例えば普通に荷物配送業者が銀行業務やってたらなんか違和感ありますよね。まあ、そういうことです。

世界的にも電子メールの発展・普及や同様な民間サービスの台頭で普通の郵便業務っていろいろたいへんだから、こういう新しいことやっていかないとだめなんだろうね。

Tumblrのバックアップソフト「Tumblr Backup」。但しMac用。

 

使う使わないはそれとして、とりあえずTumblrに投稿したデータのバックアップが作れるんだ、ってことを知っていると後々いいことがあるかも、です。

で、普通にデータをダウンロードしてくるんじゃなくて、

Unlike other publishing sites' approach to backups, our goal was to create a useful copy of your blog's content that can be viewed on any computer, burned to a CD, or hosted as an archive of static HTML files.

ふむふむ。これは実際にダウンロードしてみないとよくわかんないですね。

さらに、

Wherever possible, we use simple file formats. Our backup structure is optimized for Mac OS X's Spotlight for searching and Quick Look for browsing, and we'll try to use the same structure and achieve the same benefits on other platforms.

バックアップはSpotlightで検索可能だったりQuick Lookでプレビューすることもできるようです。

で、右サイドバーのプロフィールを読んでいたら、

I'm Marco Arment. I make useful websites in New York.

はい、よろしくお願いします。

I'm the lead developer of Tumblr, the publishing community that powers this site.

えっ?「developer of Tumblr」だって!?

I created Instapaper for saving web pages to read later.


Instapaper を作った、だって!?

偉い人だったんですね。知らなくてすみませんでした。

そんな偉い人のサイトをお楽しみください。
Marco.org - The Tumblr Backup app is ready for its first beta...

非常に面白い「389」という名のHTML実験サイト

 

何がなんだかわからないけどおもしろい。HTMLとかJavaScriptやっている人だともっと面白いと思います。

Safari 4かGoogle Chromeでアクセスしないと動きません。

389

このトップページのselectボックスとかチェックボックスやラジオボタンは多分デザインだけのダミー、という理解でいいですよね。

で、その下にある388とか383といった数字がリンクになっているのでそれをクリックすると別ウィンドウが開きそこでそれぞれおもしろいものが見れます。

388 --- 縦方向のスクロールバーが表示されるのでその上でマウスを左右に動かすと・・・
383 --- 上のスクロールバーを動かすとモアレパターンが変化します。
387 --- チェックボックスをチェックするとその音がなります。スクロールバーでスピードが変わります。
382 --- 1つのスクロールバーを動かすと他のスクロールバーも動きます。なんというか万華鏡見ているみたいな気になりました。
386 --- ポップアップウィンドウが開くのでポップアップを許可してあげてください。それにしても、このポップアップしたウィンドウの1つをクローズすると全部クローズするってのが面白いなあ。
381 --- 中央のスライダを動かすとバックグラウンドのパターンが変化します。
385 --- Safari 4でのみ動作する、って表示されるんですが私のSafari 4では動きませんでした。Firefoxだとビデオで動きを見ることができます。
380 --- 画面上の小さなゴミがマウスカーソルの周りに集まってきます。なんなんだろうな、これ。
384 --- たくさんの縦方向スクロールバーが波打ちます。

どれも面白いのですが、スクロールバーをスライダーのように利用する、っていうアイディアがまず基本的にいいですね。なんか参考になります。

サントリーと三菱電機が大賞に、第3回企業ウェブ・グランプリ

 
企業ウェブ・グランプリ事務局は2009年12月8日、「第3回企業ウェブ・グランプリ」の選考・授賞式を東京都内で開催し、「ベストグランプリ」はじめとする受賞作品を発表した

サントリーと三菱電機が大賞に、第3回企業ウェブ・グランプリ

ベストグランプリには、サントリーホールディングスが純粋持ち株会社制移行に合わせて2009年4月にリニューアルした「サントリーウェブサイト」と、同社の森を守る活動を紹介する「サントリー天然水の森」、三菱電機の会社情報から必要なページだけ選んで印刷できる「サイトプリント & e-BOOK」の3点が選出された。

この三菱電機の「サイトプリント」というのを初めて知ったのでどんなものなのかアクセスしてみました。このページでいいのかな。

サイトのページ内容が1ページづつサムネイルで表示されているので、その場からカテゴリ内のページを全部を印刷してもいいし、印刷したいページだけを選ぶことができます。なるほど。

印刷したいページのプレビューにはマイクロソフトのSilverlightを利用しているようです。というか、ページをe-book形式にしてそれを表示させる、っていう仕組みなんですね。

ほんとこれまでまったく知らなかったけど、これはよくできていますね。

で、サントリーHDと三菱電機以外にも多くの会社のサイトが表彰されたようなんですが、こうやってみると企業のWebサイトってほんと全然アクセスしてないなあ、俺。

TikiTiki、個人向け衛星ブロードバンドサービスを開始

 
TikiTikiインターネットを運営する株式会社エヌディエスは、通信衛星を利用した個人向けのインターネット接続サービス「TikiTiki-SAT(仮称)」を2010年1月中旬以降に開始する。月額料金は5975円。

TikiTiki、個人向け衛星ブロードバンドサービスを開始

個人向け、でデータ通信だけということでお安くなっていますね。KDDIのインマルサットと比べるといいのかな。

「TikiTiki-SAT(仮称)」は、下り最大2.5Mbps、上り最大512kbpsの通信が可能なサービス。BBSAT株式会社の衛星ブロードバンドサービスを利用したもので、通信衛星にはスカパーJSATが保有する「Superbird-B2」を使用。周波数帯はKaバンド帯(30/20GHz)を利用する。サービス可能エリアは、小笠原諸島地域を除いた日本全国。

どうしても固定の回線が敷設できない、というエリアには有効ですよね。グループでうまく共同利用できるとコストは気にならなくなるでしょう。

ちなみに料金は、

月額料金は5795円。初期費用は専用機器(室外アンテナと衛星モデム)を月額1470円でレンタル利用する「機器レンタルプラン」と、機器を買い取る「機器買取プラン」で異なる。「機器レンタルプラン」の初期費用は3万9375円で、「機器買取プラン」の初期費用は26万2500円。

とのことです。

これで自家発電機まで確保できれば大災害時でもネット回線は確保できると思うので、ネットないと生きていけない人は検討してみるとよいのではないでしょうか。

Google.comのトップページでフェードイン効果が採用されたようです。

 
The main feature of the new homepage is that it "fades in" -- when the page first loads, it shows only our logo, the search box and the buttons.

Official Google Blog: Now you see it, now you don't

米国Googleのトップページにアクセスすると、まず最初にロゴと検索窓とボタンだけが表示され、その後ちょっとして他のリンクなどがフェードイン効果とともに表示されるようにされたようです。

リンク先記事ではその理由とか効果について説明されているんですが、実際問題どうなんでしょうね。

ちなみにGoogleの中の人がテストとしてこのページに触れた時の反応はみんなよかったようです。

まあ、周りの要素を排除することでGoogleのロゴと検索窓を最初にアピールできる、というのは確かにそうなのかもしれないですけど、周りの要素が少ないGoogle.comのページよりはもっとごちゃごちゃいろんな要素が詰め込まれているページでやった方が効果が高いかもしれません。

ユニクロの「UNIQLO LUCKY SWITCH」をトップページに設置してみた。

 
ファーストリテイリングは12月1日より、新しいブログパーツ「UNIQLO LUCKY SWITCH」を配布した。ブログパーツをクリックすると、ブログページの画像がオンラインくじに変わる。この画像をクリックして、「アタリ」を出した人と当該ブログ運営者にオリジナルバッグがプレゼントされる。「ハズレ」の場合は「31日間連続日替りセール」の当日のお買い特情報が表示される。

ユニクロ、ブロガーと読者が得する「UNIQLO LUCKY SWITCH」を配布

面白いのでこのトップページにだけ設置してみました。

クリックするとページ内の画像すべてにあたかもFlashのコンポーネントに入れ替わったような感じで左隅に「めくる」ための絵が表示されます。

で、これをクリックするとぺろりとめくれ、当たったり外れたりが表示されるようです。

残念ながらまだ「アタリ」を見ていません。

当たるとエコバッグみたいなバッグが当選者とこのブログパーツを掲載している人にもらえるようです。

というわけで、トップページの右サイドバーに一番上に赤いスイッチがありますのでそれをクリックして変換された画像のどれかをクリックしてアタリを当ててください。

ほんとに宜しくお願いしますね!

AMN、Twitterで話題のサイトをランキング表示する「Twitty」

 
アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は3日、Twitterユーザーの間で話題のサイトをランキング形式で表示するWebサイト「Twitty」を開設した。利用は無料。

AMN、Twitterで話題のサイトをランキング表示する「Twitty」

「利用は無料」って、こういうサイトを有料で見るという発想は全くなかったよw

にしてもAMNは次から次へといろいろやっていますね。すごいエネルギーです。

「Twitty」では「話題のサイト」「話題のニュース」「2ちゃんねる」「動画」「画像」など、発言内の被リンク数を元に、注目度の高いページをカテゴリ別にランキング表示する。合わせて、該当するサイトやページに対しての発言を一覧表示することで、「個々のサイトやページがどのように盛り上がっているのか確認できる」としている。

ということでアクセスしてみました。

http://twitty.jp/

なるほど、これはいいですね。しかも無料だし。

1日の巡回先に追加しましたよ。

ちなみに今表示されているページの「いま話題の画像」に津田さんのサンタさんの格好のやつが載っているんですが、それ見てワラタよw

手の空いている時でいいんですが、ページ更新頻度がどれぐらいなのかにもよるんですが、更新したらBlogPeopleに更新PINGを送ってもらえると嬉しいです。よろしく、福田さん。

Zoho AppsからGoogle Docsが利用可能に

 
Zohoは2日、Webベースのアプリケーションサービス「Zoho Apps」において、Google Docsのドキュメントを利用できるように改良したと発表した。これにより、「Zoho CRM」「Zoho Mail」「Zoho Docs」「Zoho Project」で、Google Docsのドキュメントを利用できるようになった。

Zoho AppsからGoogle Docsが利用可能に

ZohoからGoogle Docsを利用する場合は、最初にOAuthを利用してGoogle Docsへの認証を完了させる必要がある。その後、例えばGoogle DocsからZoho Docsにドキュメントをアップロードしたり、Zoho ProjectやZoho MailのメールにGoogle Docsのドキュメントを簡単に添付できる。そのためのオプションメニューが表示されるようになる。

実際問題、Zoho内のアプリケーションからGoogle Docsのドキュメントを利用したい、とかメールで送りたい、というニーズがどれぐらいあるのかよくわからないのですが、こういう機能を搭載したということはお客さんからそういうリクエストが多数寄せられたんでしょうね。

今までであれば例えばGoogle Docsで作成したドキュメントの「データ」を何かしらの汎用フォーマットで「インポート」って感じだと想うのですが、データ交換よりはドキュメントそのものをやりとりできてオープン/編集できるのが理想的なんですよね。

もっといえばお互いに同期できればいいんでしょうけど、まあ、まだそこまではいいかな、って感じでしょうか。

Zohoはとてもよく出来ているので未体験の人は是非試してみるといいと思います。

iPhoneに特化したマイクロペイメントサービス「Square」

 

今人気のTwitterはその前身であるObvious社がスタートしたんですが、そのObvious社はあのエバン・ウィリアムズとジャック・ドーシーによって設立されました。

で、そのジャック・ドーシーによる新しいサービスが「Square」というiPhoneに向けたマイクロペイメントサービスです。

サイトを見ても詳しくはわからないんですが、サイトでローテーションで表示される画像を見ているとなんとなくやりたいことは伝わるし、おお!って感じがします。

以下の写真なんか見ると「おお!」って思いませんか?

これは、iPhoneのオーディオジャックに接続したカードリーダーでカードを読み取っているシーンなんですけど、こういう決済方法ができるようになるとなんかわくわくしますよね。

そして気になるセキュリティなんかも、

With photo verification, Square users can visually confirm you are the card holder.

ということで、これって写真を登録しておくと顔認識でカード利用者が本人であるかどうかをチェックする、ってことですよね。すごいな、わくわくするな。

ということでiPhoneに特化することでこれまでできなかったいろいろな事がすごいハイなレベルで実現されようとしています。非常に楽しみです。

公共料金・金融機関などへの住所変更等手続きを一括で行える東京電力の「引越れんらく帳」

 
東京電力の「引越れんらく帳」では、ユーザー登録後、引越前と引越先の郵便番号を登録するだけで、電気、都市ガス、水道、電話、放送、新聞購読、通信販売、クレジットカード、自動車保険・火災保険、行政手続き、携帯電話、銀行、生命保険、プロバイダ、マイライン、JAFへの住所変更申請を一括できます。

公共料金・金融機関などへの住所変更等手続きを一括で行えるサイト(関東版&関西版)

なぜ東京電力が!あんた、このサービスで飯食っていけるよ!TechCrunch 50に出られるよ!って感じのサービスだと思う次第です。

一括申請に対応していない業者・機関も多いのが少々残念ですが、未対応のところは、住所変更受付のURLへリンクが表示されるので、一時にまとめて申請を済ませることができます。

公共サービスはすべて住所変更用のAPIを実装して公開すべきだな、と思いましたよ。

関西の方には、「関西引越し手続きサービス」が、同様のサービスを提供しています。

東北とか九州とか全国に対応する日がくるといいですね。

引越れんらく帳

YouTubeの「evian」広告動画がギネス認定、視聴回数が世界最多

 
グーグルは2009年11月27日、動画共有サイト「YouTube」で公開している動画広告「ローラー・ベビーズ(Roller Babies)」の合計視聴回数が4500万回を超え、「最も視聴回数の多いオンライン広告」としてギネス世界記録(Guinness World Records)に認定されたと発表した。

YouTubeの「evian」広告動画がギネス認定、視聴回数が世界最多

このギネス認定された「ローラー・ベビーズ(Roller Babies)」というビデオは見たことがなかったので見てみました。

なるほど。これはおもしろい。人に教えたくなりますよね。

にしても、なぜ私の周りでは話題にならなかったんだろうか・・・・


昨日「サイボウズLive」の発表会に行ってきました。

 
サイボウズ株式会社は11月26日、ユーザーなど数百名を集めた「Cyboze Special Event」を開催。2009年の総括と今後の事業戦略を紹介し、その一環として新ネットサービス「サイボウズLive」を発表した。Web上でグループウェアを無料で利用できるサービス。価格は無料で、提供開始は2010年前半。

仕事もプライベートも、無料で使えるグループウェア「サイボウズLive」

昨日、渋谷で開かれたこの発表会にいってきました。場所は円山町の渋谷シアターTSUTAYAという普段は映画を上映しているところなので、参加者は映画を見るように椅子に座ってスクリーン上のプレゼン資料とステージのプレゼンテーターをひたすら見る、という形式でした。

で、何がすごいかって青野社長のプレゼンテーションですね。日本人でこれだけのプレゼン見るのは久しぶりです。どこまでがシナリオで、どこがアドリブなのかわかりませんが、話の途中に参加者とコミュニケーション取るタイミングやらなんやらがまあすごいです。さすがすぎる。

で、この新しく発表された「サイボウズLive」ですが、こんな感じのものです。

サイボウズLiveは、同社グループウェアの基本機能をWebで一般に公開するもの。具体的にはスケジュール、施設予約、掲示板、共有フォルダ、アドレス帳などが利用できる。「グループ」という機能を搭載しており、ユーザーが任意に知人を招待して、好きなメンバーでコミュニケーションの場を作成できる。このグループはいくつでも作ることが可能で、企業をまたがるプロジェクトなどビジネス用途はもちろん、家族、大学の友人、釣り仲間、地域コミュニティなどプライベート用途にも使えるのが特徴だ。

「サイボウズLive」を基地にしてそこから様々な他のサービスやデバイスと連携していくといろいろおもしろく便利になりそうです。

現在はベータ限定公開のようなので、一般公開されたらまたあれこれ書いてみようと思います。

AmazonのWebサービスの月額費用の概算を見積るページ

 

JavaScript-based Amazon Web Services Simple Monthly Calculator

AmazonのクラウドサービスであるEC2やS3などなどの月額費用の概算を計算することができます。

Amazonのクラウドサービスを使い慣れている人であれば、どれぐらいのサイズのインスタンスをいくつ使えばいいのかは経験からわかると思うのですが、今回が初めて、といった人は右側に並ぶ「Common Customer Samples」の中からマーケティング用途なのかとかWebアプリなのか、メディアなのかを選ぶと、その平均的なパラメータとコストが表示されるのであとは今使っているサーバーでの月次の通信帯域量などを入力していけばだいたいの金額がわかるのではないでしょうか。

「Disaster Recover and Backup」という災害時のバックアップとして活用するパターンで米国とヨーロッパに分散させて運用させると$1922.99という見積もりが出てきます。安い・・んだろうな・・・。

これは必見ですよ!「Scroll Clock」

 

スクリーンショットを掲載しようかと思ったんだけど、ネタバレになっちゃうので実際にアクセスしてみてください。スクロールクロックという名前のデジタル時計です。すごいよ!

Scroll Clock

「デジタル音楽はタダ」国民性の乱れと憂慮、レコ協・石坂会長

 
"ダウンロード違法化"を盛り込んだ改正著作権法が2010年1月1日に施行されることを受け、日本レコード協会(RIAJ)の石坂敬一会長が18日、記者懇談会であいさつし、音楽の合法ダウンロード市場の形成に重点的に取り組むスタンスを示した。

「デジタル音楽はタダ」国民性の乱れと憂慮、レコ協・石坂会長

まあ、違法ダウンロードはだめよ、と違法ダウンロードによってどれだけ業界がダメージ食らっているか、っていういつもの話なんですが。

携帯電話向けに違法にアップロードされた音楽ファイルが問題になっており、RIAJが2008年に行った調査によると、携帯電話による違法音楽ファイルのダウンロード数は年間4億714万件に達するという。これは、正規の携帯電話向け音楽配信の3億2400万件を上回る規模となる。

いや、それは違法(無料)だからその数が出るわけで、それと正規品の数を比べるにはいかがなものかと。

で、中高生相手に「守ろう大切な音楽を♪」キャンペーンというのをやっているそうで、

キャンペーンでは特設サイトを用意し、"ダウンロード違法化"の意味や、ユーザーが支払う対価がなければ新しい作品やアーティストが創出されないという、音楽創造のサイクルについて解説。

つうか、中高生が一ヶ月に音楽購入に費やせるお金って今はどれぐらいなんでしょうかね。

私が高校生の頃は月にLP1枚買えるか買えないか、ってぐらいのおこずかいしかもらってなくてもっぱらラジオでエアチェックしてカセットテープで聞いていたりたりしてたんだけど。

ってこと考えると中高生に著作権のあれこれを教えるのもいいんだけど、そこからの売上げを考えると実は大したことないから、中高生にはちゃんとIDを与えた上でダウンロード無料!ってことにしてもいいと思うんだけどな。大学生になったら買おうね、ってことで。で、無料で提供する代わりに企業にマーケティングデータ提供するとかいろいろやり方はあるかと。

若い世代に無料で音楽を提供することで将来お金に余裕が出てきた時に回収する、っていう仕組みはだめなのかな。

ああ、大人になっても金出してまで聞きたい音楽が少ないからだめなのか。

Google Street Viewのカメラに鳥の糞がぁぁぁ!

 

まあ、それにしても色々あるもんですねえ。

鳥の糞

まあ、撮影用の車を運転している人は単に運転しているだけだから気づかないよねえ・・・。

これ、道路を遡っていってどのあたりでやられたか、なんてのを探してみるとよい暇つぶしになります。

雑誌を記事単位でネット配信、2011年実用化に向けポータル開設へ

 
出版社やIT関連企業、広告代理店などが参加する「雑誌コンテンツデジタル推進コンソーシアム」は11日、雑誌コンテンツをネット配信するプラットフォームの実証実験の概要を発表した。雑誌専門のポータルサイトや著作権処理ルールなどを検討し、2011年度の事業化を目指すという。

雑誌を記事単位でネット配信、2011年実用化に向けポータル開設へ

なにが凄いかって、実用化目標年が2011年ってところですよね。2010年に何がどうなるかわかんないのにそんなスピードでいいのかなあ、と思ってしまいます。

実証実験への参加を表明している雑誌は「AERA」(朝日新聞出版)、「週刊現代」(講談社)、「週刊プレイボーイ」(集英社)、「日経トレンディ」(日経BP社)、「週刊文春」(文藝春秋)、「DOS/V POWER REPORT」(インプレスジャパン)など50社100誌。

個人的にはリアルな紙の雑誌/書籍で読みたいものはデジタルでも読みたいけど、紙で読みたいと思わないものはやっぱりデジタルでも読まない、という結論に達しているので、「紙」の出版をベースとしたこういう展開ってどうなんだろうなあ、もっと根本的に考え直さないといけないんじゃないかなあ、と思いつつ、生暖かく見守っていきたいと思います。

Googleコマースサーチ(Commerce Search)というのが始まったようです。

 

米国で、しかも企業向けで有料、なんですけどね。

Google Commerce Search

ショッピングサイトとか物を売っているサイトでの検索機能の提供というのはとても大事なんですが、その部分をGoogleに任せてみませんか?というサービスのようです。サイトの利便性の向上、ですね。

使い方としてはGoogle Merchant Centerというところに商品データをひたすらアップロードし、あとはAPI使って検索・表示させるという感じです。費用はそのアップロードした商品のアイテム数によって変わってくるようなんですが、具体的に「いくら」というのは掲載されていませんでした(セールスに問い合わせてくれ、ですね)。

商品ページの表示にデータベース使っているサイトであればあまりメリットがないかもしれませんが、検索の負荷が問題になっているというような場合には負荷分散という意味でこのCommerce Searchを使うのもよいアイディアかもしれません。まして、商品ページはスタティック、なんてサイトは積極的に利用した方がいいですね。

そのうち日本にも入っているのかな。

FirefoxのシェアがIE6を抜いたそうです。

 
nternet Explorer 6 has finally been surpassed by Firefox according to the latest worldwide market share numbers.

October 2009 browser stats: Firefox finally passes IE6 - Ars Technica

FirefoxのシェアがIE6を抜いた、という英語の記事です。

とりあえず、ブラウザのシェアが今はこんな感じになっています。

で、IEとかFirefoxのバージョンごとに見た詳細な内訳を見てみると、

ということでFirefoxのすべてのバージョンでのシェアがIE6より多くなった、ということがわかります。

まあ、それにしてもIE6はまだまだ地球上にたくさん存在しているわけで、毎度のことだけど早くなくならないかなあと思う次第です。

WebブラウザでWebページのモックアップが作成できて共有できるサイト「Mockingbird」

 

これは目的と手段が明確でいいな。

Mockingbird is an online tool that makes it easy for you to create, link together, preview, and share mockups of your website or application.

Mockingbird

あくまでモックアップの作成です。

サイトにアクセスすると会員登録することなくすぐに試すことができます。

開始すると左側にWebページで利用されるコンポーネントが並んでいるのでドラッグ&ドロップでページに配置していきます。日本語も使えます。

あくまでモックなので配置したからといってそれがリアルに機能するわけではないのですが、リンクぐらいは設定することができるのでページ遷移などを表現させることはできます。

これの何がよいかというと、Webページのデザインを紙の上でやると、実際にそれをHTMLで表現するとページがスコスコになっちゃったりすることがあるんですが、実際にWebページ上でパーツを配置することでファーストビューで見せたいものとかパーツ感の空間やフォントのバランスなどをWebブラウザ内で簡単に確認できるようになる、というのが素晴らしいと思います。

で、ここで作成したモックは他人と共有することができるので、このサイトでデザインラフを使ってそれをクライアントや共同作業者などと簡単にシェアすることができます。

しっかりデザインを施す前の段階で必要なコンポーネントの確認などができるのはほんといいですよねえ。

モックなので各Webパーツもシンプルなものでよい、というのも非常にわかっている感があっていいなあ。

Wi-Fiじゃなくて専用回線を使う、ってのがいろいろ考えさせられるTwitter専用端末「TwitterPeek」

 
モバイル端末メーカーの米Peekは11月3日、Twitter専用のモバイル端末「TwitterPeek」を発売した。端末の価格は99.99ドルで、同社の全米を網羅する無線ネットワークの使用料が月額で7.95ドル。または無制限のTwitter使用料を含むLifetimeプランでは 199.99ドル。

Twitter専用端末「TwitterPeek」、99.99ドルで登場

機能はTwitterでの基本操作に限定されており、ツイート(つぶやき)の送受信、リツイート、フォロワーのダウンロードなどができるが、メールや Web閲覧などはできない。電源を入れ、自分のTwitterアカウントでログインすると、同社の高速無線ネットワークに自動的に接続され、未読の100 までのツイートが受信ボックスにダウンロードされる。

流行っているサービスの専用端末を作って売る、というのはみんな嬉しい話だと思うので日本でもこういうの出てこないかなあ、と思うのですが、このデバイスで興味深いのがWi-Fiには対応していない、という点です。

こういうデバイスを作る会社はデバイス開発に専念してネットワーク回線は既存のキャリアのものやWi-Fiなどを利用する、ってのが定石だと思うのですが、そうじゃなくてあえて自社回線、というのがすごいですね。考えてみればあのAmazonのKindleも利用者はどのキャリア使っているのかを意識しなくてよいわけで。

そんなわけでこれからこういうデバイスを作る時はキャリアからMVNOして自社で回線まで提供して、なんて感じになるのかもしれませんね。

でもそうなると気楽にMVNOはできないからその仲介をするビジネス、みたいなもんが出てくるのかもしれません。モバイルインフラのクラウド化、とでもいえばいいのかな。

「美人時計」「美男時計」、そして次は「美声時計」

 
女の子の写真で1分ごとに時間を教えてくれる「美人時計」。現在は12月のリリースに向けてフランス・パリ版の制作を進めているというが、すでに別の"時計"を計画中。

「美人時計」「美男時計」――次は「美声時計」

つうかフランス・パリ版「美人時計」の制作が進んでいたとは!
(個人的には日本よりこっちの方にやられそうです)。

で、そのフランス・パリ版「美人時計」に次が「美声時計」なんだそうです。

その名も「美声時計」。「アニメやナレーションでお馴染みの声優さんたちが、写真+時報+セリフで時間をお知らせする贅沢なコンテンツです」と公式ブログでアナウンスしている。あまりメディアに出演しない大物声優も参加しているとのこと。

コンテンツとしてはシンプルなんですが、そこに注ぐエッセンスが素晴らしいですよね。

再利用されるんじゃない?不正利用されるんじゃない?みたいなところで事務所との契約が面倒だとは思いますけど、うまくリリースできるといいですね。


Gmail内の表示項目を最小限にすることができるFirefoxのプラグイン「Minimalist Gmail」

 

タイトル通りです。

Minimalist Gmail」というFirefoxプラグインをインストールして設定項目を全部チェックすると・・・

こういう普通のGmailの画面が、

これだけになります。

ここまでシンプルにしなくてもいいとは思うのですが、なんか表示されててうざいなあと思っているパーツがあればこれで隠すことができますね。

ついに最終回! マンガ「Web担当者三ノ宮」

 
日々疑問に思いながらも見て見ぬふりをし続けてきたこれらの問題に直面したWeb担当者・三ノ宮純二の、苦悩と葛藤の日々を追いながら、Web担当者として成長していく過程を描く。Web担当者という仕事を通して「Webとは」「働くとは」をテーマに描いた本邦初のWeb担当者漫画である。

Web担当者・三ノ宮純二 | Web担当者Forum

Impressの「Web担当者Forum」に連載されていた漫画「Web担当者三ノ宮」がいよいよ最終回を迎えました。

第10話で主人公の上司である鈴木部長と同僚の財部萌絵ちゃんの関係を匂わせ、その後どうなるのかドキドキして読んでいたのですが、結局それについては解明されませんでした。まるで浦沢直樹ですね。複線張りまくってみたものの、終わってみるとあれはなんだったんだろうか、という感じです。

ということで最終回が発表された今、最初から最後まで一気に読めるので会社でWebの仕事に携わっている人は休日の明日にでも読んでみてください。

「ふりがな翻訳」という英語翻訳サービスと吉野屋地図

 

研究バイパス」の中の人から新しいサービス作ったので気に入ったら紹介してください、というメールが来たんですが、おもしろいので紹介します。

英語翻訳 - ふりがな翻訳 & スラッシュリーディング powered by Rubiyaku.com

英文をテキストエリアに入力して翻訳させるとルビ(ふりがな)のように英単語の上に日本語の訳が表示される、というものです。

ふりがな翻訳は、翻訳とは異なり、単語の訳語を原文に併記します。これにより、日本語の文章を読む感覚で英語の原文を読み解くことが出来ます。また、辞書と原文の間の視線の移動がなくなるため、本文自体に集中できます。このような利点から近年、ふりがな翻訳を付与した英文の小説や教科書などが出版されています。

実際にどっかのサイトの英文をふりがな翻訳させてみると、確かに単語の上に日本語で意味が表示されるのは便利なものの、まったく英語がわかんない、って人にはちょっとつらいかなあ、という印象です。英語独特の言い回しがストレートに日本語に翻訳されちゃうと文全体で見たときに何言ってんのかわかんなくなっちゃう。

でも、教科書みたいなキレイな英語だったらきっとうまく機能するんでしょうね。

そういう意味では中・高校生の英語の学習サイト、みたいなところで使うといいエンジンになるかと思います。で、そこにソーシャルな要素が加わると楽しそう。

みんなで教科書に載っている英文をエントリーしあって、教科書の副読本的な利用ができるとおもしろいですよね。熟語の他の例文をアップロードしたり、Wiki的に翻訳箇所をみんなで修正したり・・・。

で、これをきっかけにしてFacebookが大きくなっていったのと同じプロセスでサービスが拡大するとラッキーですよね。

オプションで翻訳後に単語の間に表示される「スラッシュ」を表示/非表示にできたり、サイトそのもののデザインや翻訳結果の見せ方をもっとデザインすればかなり印象が変わるかとも思います。このあたりは英語は好きじゃないけど、テストあるから勉強しなきゃいけない、っていう立場にいるおしゃれな女子にアドバイス受けるといいんじゃないかな。そういう女子が使ってくれるようなサイトになればみんな使うと思います。

で、この「ふりがな翻訳」もおもしろいんだけど、もっとおもしろいのが「吉野屋地図」です。

吉野家を日本地図にプロットしてみる

日本国内にある吉野家の店舗を全て,地図上に表示してみた.

元ネタは「WIRED VISION」に掲載された「「マックまでの近さ」が光で表された米国地図」なんですが、それを吉野家で再現しています。

以下のリンクをクリックするとページが表示されますが、これを見ると日本のどこにどれぐらい吉野家があるのか直感的にわかります。

http://f.hatena.ne.jp/moge560/20091019212809

北海道にはほとんどないんですねえ・・・。仙台に結構あるのがびっくりです。

というわけで、中高生のお子さんがいらっしゃるご家庭は一度「ふりがな翻訳」というのを試してみてはいかがでしょうか。

月額基本料金がおもしろいPCからFAX送信して携帯で閲覧可能なKDDI「ペーパーレスFAX」

 
専用の050番号をFAX番号として発行。受信したFAXを電子データ化してサーバに保存し、専用ソフトやWebブラウザを使ってPCや携帯電話から閲覧できる(携帯からの閲覧は12月から)。

PCからFAX送信、携帯で閲覧も KDDI「ペーパーレスFAX」

受信したFAXデータは、専用メールアドレスにも配信する。留守番電話機能も備え、FAX番号に電話を着信した場合は音声メッセージを保存し、専用メールアドレスに添付ファイルで送付する。

PCからのFAX送信はどうするのかな、と思いつつ何度も記事読んでみたけどわからなかったのでKDDIのプレスリリースを読んでみたけど、こちらも単に、

また、FAXの送信機能や、FAX番号に着信した音声メッセージの保存機能 (留守番電話機能) をご利用いただけます。

としか書いておらず、Macからも使えるのかどうかはわかりませんでした。

おもしろいのが料金で初期費用が1契約につき1050円、というのはわかるんだけど、月額基本料金が997.5円 (税込)という値段。0.5円ってなんだw

で、またプレスリリースを読んでみると、

請求額は、個別の税抜き額を合計した金額に消費税率を乗じて、小数点以下を切り捨てます。

ということで切り捨てられるんだろうけど、だったら小数点以下の価格設定なんてやめればいいのになあ。

どっか競合が998円でサービス提供しててそれ対策なのかなあ。いや、それとも何か深い意味があるのかな。「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」みたいな秘密があるのかな。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書) さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

ちなみにこんなのもあるんですね。このアプローチはおもしろいな。これは読んでみたいw

さおだけ屋はなぜ潰れたのか? さおだけ屋はなぜ潰れたのか?

主人公カバ夫は話題になっている本ならなんでも飛びつくベストセラーマニア。流行の『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を誤読してさおだけ屋を開店、うまくいくはずもなく大量の不良在庫を抱えてしまう。現状を打開するため、新たなベストセラーに頼るも、極端に信じ込みやすく、書いてあることはなんでも丸呑み、早合点。やり方もまちがっているので次から次へ失敗し、どこまでも転落していく。

COOKPADレシピは「直リンOK」 ネットの"誤解"でリンクポリシー表記を修正

 
レシピ投稿サイト「COOKPAD」が、個別レシピページへの直接リンクを禁止しているのでは――ネットで広まったこんな見方は「誤解」だとして、運営会社のクックパッドは10月20日、同社サイトに掲載しているリンクポリシーの表記を一部修正した。「ブログなど個人サイトでの直リンはOKだが、商用サイトでのリンクは、形態によってはお断りすることがある」という。

COOKPADレシピは「直リンOK」 ネットの"誤解"でリンクポリシー表記を修正

商用サイトからのリンクはやっぱりだめ、ということで、

商用サイトでの直リンは、「リンクの仕方やページの内容によっては断ることがある」といい、recipe growlerからリンクも引き続き断るという。recipe growler運営者に送った「特定のレシピへのリンクを禁止させていただいております」という表現は誤りで、その旨も既に伝えたという。

ということなんだそうだけど、こんなことやっているんだったらリファラ見てrecipe growlerからのやつはトップページにリダイレクトするとかした方がいいのになあ。

なにをもって商用サイトとするか、とか、どういうリンクの仕方だとだめなのか、なんていちいち説明するのも面倒でしょうがないだろうに。お互いが不幸になるだけかと。

よくわかんない世界だ。

140文字まで無料でTwitterで翻訳依頼できる「140Trans」を試してみた。

 
株式会社エニドアは20日、「Twitter」経由で140文字以内の文章の翻訳を依頼できるサービス「140Trans(ワンフォーティトランス)」を開始した。利用は無料。翻訳を依頼できるのはTwitterの1アカウントにつき1日3回まで。

Twitterで翻訳依頼できる「140Trans」、140文字まで無料 -INTERNET Watch

依頼者は「140Trans」のサイトで文章を入力し、言語を選択した上で、Twitterで翻訳を依頼すると、自分のTwitterアカウントに翻訳結果が返ってくる。翻訳結果は依頼者のTwitterアカウントに「@ユーザーネーム:翻訳結果」というかたちで返信される。

そんなわけで中学1年の英語の教科書に出てた問題で人によって答えがいろいろな「ここでは6月にはどれぐらい雨が振りますか?」という日本語の英訳を依頼してみました。申し込んだのは16時4分。

すると16時6分に

結果ゲット率10%。返ってきたらラッキー。

というつぶやきが返ってきました。えっ、これってラッキーとかそういうレベルなのかw !?

で、そのつぶやきにはbit.lyの短縮URLが記載されていたので、そこにアクセスしてみました。

http://www.conyac.cc/questions/1834

翻訳依頼 ( ギリシャ語から英語 )

えええええ!なんでギリシャ語からになってるの!Webページからテキスト入力したのになあ。

そんなわけで

@140trans ja2en ここでは6月にはどれぐらい雨が振りますか?

で、再度翻訳をお願いしてみました。今度はすぐに

結果ゲット率80%。たぶんすぐに返ってくるよ。期待してて。

と返ってきました!

結果が返ってきたらこの記事に追記しておきますね!

お試しはこちらから。
140Trans(ワンフォーティトランス)

【追記】
返事がきました。依頼してから11分でした。結果は「How much does it rain in June here.」だそうです。

で、この結果が表示されているページがあるんですが、そのページの下の方に、「チップとお礼のメッセージを送信する」というリンクがありました。ほんとお礼言いたい気分だったんですが、ログインしないとメッセージは送れないようです。この部分にもTwitterかませるといいんじゃないかと思いました。

Googleのストリートビュー撮影用3輪車

 

US Street View Special Collections Poll - Google

We're working hard to bring Street View to new places, but some interesting areas, like pedestrian malls and trails, cannot be reached by car. That's why we've created the Street View trike; a mechanical masterpiece made of 3 bicycle wheels, a mounted Street View camera, and a very athletic cyclist.

Googleのストリートビューは自動車に搭載したカメラで移動しながら撮影しているので、車が走れない場所は撮影できなかったんですが、この度カメラを搭載した3輪自転車を作られたようで、これでどこにでも入っていけるようになったようです。

あんだけ叩かれてもめげず、さらによりよいものを作ろうとするGoogleの姿勢には感服するばかりです。

日本でもそのうち目にするようになるのかな。


世界初、マンガによるニュースサイト「漫画の新聞」10月15日創刊

 
カバネット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山本 勝久)は10月15日、世界初のマンガによるニュースサイト「漫画の新聞」を創刊いたしました。

マンガで読むニュース 漫画の新聞

「漫画の新聞」は『マンガで読むニュース』というキャッチコピーを掲げ、世界中のどのようニュースメディアより「分かりやすく」ニュース速報を伝える 主旨のサイトです。
「漫画の新聞」の特徴は、既存のニュースメディアと異なり、直感的に内容を把握しやすい「漫画」でニュースを配信するところにあります。これによって、 今までとは違った情報摂取の方法を提供し、これまでニュースに触れてこなか った層が、報道への関心を高めることに貢献して参ります。

アクセスしてみました。
http://newsmanga.com/

うーん、なんか微妙だなあ。
漫画といえば確かに漫画なんだけど、どちらかといえば挿絵が大きくなった、みたいな。学校の漫研レベルな絵がなあ・・・。

つうかそもそも「新聞」というか「ニュースサイト」としてその伝えるべき内容が薄すぎですよね。いや、漫画でしか理解できない読者、つまり「これまでニュースに触れてこなかった層」のレベルに合わせてあえて薄くしているのかなあ?

そんなわけで「なんか違うなあ」という違和感を感じつつも、これから先、大きく変われるチャンスもあるんで今後に期待してみようと思います。

「Sleipnir 2.9」公開、IE7互換表示モード切り替えに対応

 
フェンリル株式会社は15日、同社開発Webブラウザの最新バージョンとなる「Sleipnir 2.9」正式版を公開した。Windows 7/Vista/XP/2000/Me/98SE/98に対応しており、同社サイトなどから無料でダウンロードできる。

「Sleipnir 2.9」公開、IE7互換表示モード切り替えに対応

私が現在愛用しているSleipnirのバージョンは2.8.5というやつなので、Sleipnirのメニューから「アップデートを確認する」でアップデートしようと思って実行してみたものの

「アップデートは見つかりませんでした」

と表示されました。

さて、ブラウザにアップデートを任せるべきか、それとも手動でダウンロードしてインストールするべきか・・・。
まあ、きっとこうやって書いておくと中の人からアドバイスがあると思うので、それを期待したエントリーなわけです。

で、今回のバージョン2.9ですが、

Sleipnir 2.9では、Internet Explorer 8(IE8)に搭載されているIE7互換表示に、フェンリルの独自技術で対応したとしており、IE8と同様、再起動することなくIE7互換表示モードに切り替えられるようになった。

ということでIE7での表示もチェックできるようになったようです。IE7互換モードのためだけにIE8を使っていたWeb制作に携わっている人には便利ですね。

また、Windows 7正式版に対応し、Windows 7の新機能であるジャンプリストに対応。カスタマイズ可能なジャンプリストをタスクバーに追加し、よくアクセスするサイトや最近閉じたタブなどを簡単に開くことができるようになった。

個人的にはいまいち便利なんだか便利じゃないのかわかんないWindows 7のジャンプリストなんですが(いちいちタスクバーをクリックしなきゃいけないのが面倒くさい)、最新OSが提供する機能にもしっかり対応、というその姿勢は素晴らしいと思います。

そんなわけでアップデート作業は1日待ってみる。

美人時計のイケメン版"美男時計"リリース迫る!

 
"美人が時刻を教えてくれる"ことで人気のiPhoneアプリ「美人時計」から、なんと男性版「美男時計」が登場するという。イケメンたちが登場する、美男子好きの女性にとっては夢のようなこのアプリ、開発の経緯を「美人時計」広報橋本さんに聞いてみた。

美人時計のイケメン版"美男時計"リリース迫る!

「美人時計」と同じく、360人の美男子たちが4分ずつ登場するもので、撮影は渋谷や銀座、六本木などの繁華街で行われたそう。

これはヒット間違いなし、でしょうね。

ちなみに、今話題の"草食男子"の姿も多数登場するんだとか。

肉食男子だとドキドキしてしまうので草食男子の割合を増やして女性たちが癒されるようにしたそうです。

11/1にウェブ版とiGoogleのガジェット版が先行リリースされるそうです。

11月を楽しみに毎日をお過ごしください>女子の方々

ちなみにリンク先にはサンプルともいえるイケメンの方々の写真がいくつか掲載されていますので、それで事前チェックでしょうか。でも女性の場合、評価が厳しいですからねえ。ほんと男子はたいへんです。

21のTwitter Tips

 

Forbes.comに掲載されている英語の記事なんですが、誰か日本語に訳してくれないかなあ、という期待を込めてご紹介です。

Twenty-One Top Twitter Tips - Forbes.com

マーケティングツールとしてのTwitterはそれぞれのジャンルでこんな風に使えますよ、って感じで紹介しています。でも21個も掲載されていないんだけど。

超意訳でどんな風にTwitterが活用できるかをまとめてみると、

・クーポンキャンペーン
これは「今から2時間20%オフですよ」みたいな使い方ですね。

・バイラルマーケティング
ハッシュタグ(#タグ)を使って、「ハッシュタグ付きで○○とつぶやいてくれた人に○○をプレゼント。」みたいなやつですね。

・カスタマーサービス
製品に関する質問とか相談窓口の電話番号を知りたい等、いろいろその場で対応できるものは対応しちゃう、って感じでしょうか。

・グループにフォーカスする
例としてスターバックスが上げられているんですが、興味対象が共通なユーザに対して情報を提供していく、というものみたいです。あと、それらのグループでつぶやかれている内容(例えば、イスが堅いとかトイレが汚いとか)を注意深く読み取って、それに対してちゃんと対応していく、みたいな感じでしょうか。

・Poaching Customers
これ、よくわかんないんだけど、競合する企業AとB社があった場合、A社の悪口(suckとかFuck)があったら、B社がアプローチするチャンスだし、逆A社はフォローして誤解を解いてあげる必要があるよね、というお客の奪い合いみたいな事なのかな?

・顧客の期待管理
例えばなんかサービスを提供している場合(ISPのサービスとか)、不具合が発生したらすぐにその情報をTwitterに流してあげる、みたいなことでしょうか。天災などが原因で荷物の配達が遅れる、なんて場合もその理由とともに送れることを通知することで顧客の期待を裏切らないようにすることができますね。多くの人に情報を伝える為のツール、と捉えるとわかりやすいかと。

・Corralling Eyeballs
「眼球を囲い込む」(?)ってなんだかよくわかんないですけど、自社のWebサイトにTwitterの発言を掲載したりそのページからTwitterに投稿できるようにすることでいろいろ期待できますよね、って話なのかな

その他にもあるんですけど、このForbesの英語がよくわかんないんで、あとは誰か、そう湯川さんあたりに任せた!

アメーバOS(amoebaos.org)

 

最初、CAがOS作ったのかと思ってびっくりしましたよ。まあ、それだったらameba OSになるんだろうけど。

amoebaOS WebTop Online Operating System - Home

amoebaOS is an Online Operating System for novices and power users alike.

オンライン・オペレーティング・システム、という言い方をしていますが、要はブラウザの中で動くデスクトップ環境ですね。

UIがとてもMacっぽいのが気になるんだけど、まずはその内容のチェックですね。

ここをクリックするとアメーバOSがブラウザ内に表示されるんですが、アカウントがないとログインできません。で、「Create an Account」をクリックするんですが、「"Hi! amoebaOS opens for Beta registration soon."」もうすぐベータとして公開するからちょっと待ってね)ってことで今すぐには試せそうもありません。残念!

そんなわけで適当なアカウント名とパスワードを入れて「違うよ!」アニメーションを実行させてみました。うーん、この動きもMacだw

この手のブラウザ内OSってあまり興味はないんですが、これはなぜかちょっとだけ気になります。早くアカウント作れるようにならないかな。

オンライン広告をクリックしたのは米国ユーザーのわずか16%

 
米comScoreは米国時間2009年10月1日,米国のオンライン広告市場に関する調査結果を発表した。2009年3月にオンライン広告を1回以上クリックした米国インターネット・ユーザーは16%で,2007年7月の32%から大幅に減少した。また,全クリック数の85%が,わずか8%のユーザーによるものだった。

オンライン広告をクリックしたのは米国ユーザーのわずか16%

わずか16%・・・

そして8%のユーザが全体の85%を占める、ってどんだけ「8:2の法則」なんだよw

comScoreは,オンライン広告の効果はクリック・スルー(ユーザーがオンライン広告をクリックしてクライアントのサイトへジャンプした回数)では適切に測定できなくなっていると指摘する。ディスプレイ広告によって,Webサイトへの訪問や,オンラインおよびオフラインの販売が増えるといった効果はあるが,必ずしもクリック・スルーとは比例しないという。

こういう状況下で、広告収入で運営しているサイトに出稿するときにCTRの低さを理由に値段交渉させられて値引きさせられるときついですよねえ。まあ、出稿する側はできるだけ安い価格で出したいんだろうけど、そういうのを突っぱねることができるサイトはごくわずかしかないわけで。

で、この事実を受け、

comScoreマーケティング・ソリューション担当バイス・プレジデントのLinda Anderson氏は,「ユーザーにクリックしてもらうことだけを目指してオンラインでキャンペーンを展開しても,米国インターネット・ユーザーの84%にはまったく意味がない。クリック・スルーではなくビュー・スルー(オンライン広告を目にした回数)に基づいたキャンペーンを検討するべきだ」と述べている。

具体的には

米メディアの報道(Internetnews.com)によると,comScoreが今年6月に発表した調査結果では,オンライン広告を目にしたユーザーの5分の1がそのブランドについて検索し,3分の1がそのブランドのサイトを訪れたことが分かった。また,オンライン広告を見たユーザーは,そのブランドのサイトでの滞在時間が全ユーザーの平均より50%程度長く,閲覧したページも多かったという。

という事実もあるんで、そういうところまで考慮して設計しましょうね、ってことなんですね。

じゃあ、試しに広告の下に「○○についてGoogleで検索」っていうリンク付けてみようかな。

楽天、「あんしん支払いサービス」に定額課金決済を追加

 
楽天は9月30日、楽天グループ以外のサービスに決済機能を提供する「楽天あんしん支払いサービス」の決済方法に、定額課金決済を追加した。

楽天、「あんしん支払いサービス」に定額課金決済を追加

楽天あんしん支払いサービスは、楽天グループ以外のサイトで、楽天会員IDを使って支払いができるサービス。楽天会員は、支払い方法を入力する手間なしに、楽天会員情報に登録したクレジットカード情報で決済できる。また、個人情報やクレジットカード番号が利用サイトには渡らないため、安心してオンラインショッピングを楽しめるとしている。

利用サイトに個人情報が伝わらない、って言っているけど一部の店舗には情報を出していた等でついこの前話題になったりしましたが、その楽天のカード決済のしくみを外部の店舗で利用できるようにしたのがこの「楽天あんしん支払いサービス」です。

さすがに鍛えられている感があり、システムとしては非常によくできているんですが、技術ドキュメントがExcelのファイルという恐ろしく使いにくいものだったんですが、それももうきっと改善されているんでしょうね。

今回定額課金決済に対応したということで、これで月額課金するようなサービスを提供しているサイトは嬉しいんでしょうが、やはりこのサービスを使うには楽天の会員じゃないと使えない、というのが最大のメリットでありデメリットであるのは変わらないので、是非非楽天会員でも利用できるようにして欲しいなあ、と思います。だって結局決済手数料を稼いでなんぼ、の世界なんですから。

PayPalが月額課金対応したら最強なんだけどなあ。

「asahi.com」や「発言小町」に実装されたブログ転載機能を試してみる

 

掲示板「発言小町」にブログ転載機能とTwitter投稿機能を追加

ちょうど前日に「「asahi.com」、記事をブログに転載できる機能追加 」ということで株式会社クリエイティヴ・リンクのブログ転載システムを使った記事が掲載されたわけですが、この転載システムはこんな特徴があるようです。

同システムでは、コンテンツの転載後も利用状況を把握することが可能なほか、規約に反した利用があった場合は、転載部分を削除できる仕組みになっている。

これはどういう仕組みになっているのかなあ、と思ったんですが、単にブログ記事をAPI使ってアップロードする際に「転載」部分をJSかなんかで別に表示するという仕組みなんですね。なので利用状況も把握できるし、当該部分を削除したり場合によっては内容を変更することもできるわけです。

で、よくわかんなくなるのが、asahi.comや発言小町の記事を「転載」できるとしている点です。

わかんないのでasahi.comの「鎌振り回し2人けが、男が自転車で逃走 奈良の路上」という記事で試してみました。

この記事のタイトル下に「ブログに利用する」というリンクがあるのでそこにマウスを載っけると利用可能なブログの一覧が表示されます。で、どれかブログを選ぶとIDやブログのパスワード、そして記事タイトルや記事を入力するページが表示されます。

転載部分は

[転載記事位置]

という形で表示されているので、この前後に何かテキストを書けばいいわけです。で、この[転載記事位置]が実際にブログ記事の中でどう表現されるかというとこんな感じになります。

orz・・・

転載というより「引用」レベルで、しかも広告バッチリ!です。

転載、となるとそれ相当の対価は支払ってもいいかな、と思うんですけどねえ・・・

で、この「転載」機能を使うには「ブログ転載サービス利用規約」に同意しなければならないのですが、asahi.comの場合にはこんな記述があります。

第4条(ブログ転載サービス) 掲載できる期間は、アサヒ・コム上での記事掲載日から14日間~6ヶ月(記事のジャンルによる)としますが、朝日新聞社の都合により当該期間経過前に削除される場合があることをユーザーは予め承諾するものとします。

6ヶ月過ぎちゃうと掲載できなくなっちゃうんだw

さらに「第8条(禁止行為)」の中には、

ユーザーは、第三者から直接又は朝日新聞社又はクリエイティヴ・リンク社を介して、当該第三者が開設する特定のブログに対してコメントの投稿又はトラックバックをしないように求められたときは、当該要求に従わなければならないものとします。

コメント受け付けちゃだめだよ、って言われたら従わないといけないんですか!なんだそりゃw

ちなみに「第10条(ユーザーブログに関する著作権)」の規定内容もちょっと微妙。

朝日新聞社及びクリエイティヴ・リンク社は、当該提携ブログ事業者と合意した場合、本サービスをプロモーションすることを目的として、ユーザーの承諾を得ることなくかつ無償にて、ユーザーブログの一部を自らの媒体(書籍、雑誌、ウェブページ等を含みますが、これに限りません)に掲載し、又は第三者の媒体に掲載させることができるものとします。その際、ユーザーは、朝日新聞社、当該提携ブログ事業者又は第三者が当該ユーザーブログの著作権者として表示されることを予め承諾し、著作権(著作者人格権を含みます)を行使しないものとします。

こういうサービス利用規約でも使う人っているのかな。いるんだろうなあ、利用規約読まない人たくさんいるもんなあ。

TIIDA BLOG 5周年を記念してTIIDA BLOGがでっかいことをやっているw

 
私も、何か記念になるなにかを...。と思い、本日のTIIDA BLOG5周年のお祝いを、少しダイナミックな「形」でつくってみようと、ティーダを使ってロングドライブをしてきました。

TIIDA BLOG 5周年を記念してでっかいことをやってみました : 日産:ティーダ公式ブログ TIIDA BLOG

最初読んでいたときは「ふーん、で?」と思ったのですが、最後の最後にびっくり。

ほんとに「でっかいこと」やってますよ。これ考えた人、すごい、偉い、ビック!

ということで実際に記事にアクセスして、感動するなり呆れるなり各自それぞれお楽しみください。

あ、忘れてた。TIIDA BLOG 5周年、おめでとうございます!10周年めざしてがんばってください。10周年の時は今回の企画は再現できないと思いますがw

ちなみにほんとにどうでもいい話ですが、BlogPeople Blogというブログがあるんですが、こちらは私が書くようになって今日で丸1年です。営業日は毎日更新、ということでネタ探しがホントにきつく非常につらい毎日だったのですが、ようやく1年です。がんばったよ、俺。今日はサントリーの響12年で乾杯だ!

Twitterの投稿をキーワードで整理できるサービス「Tinker」公開(これはひどいなあ)

 
グラムメディア・ジャパン株式会社は29日、マイクロブログ「Twitter」上の"つぶやき"をキーワード別に整理して閲覧できるサービス「Tinker」の日本版を開始した。無料のユーザー登録で利用できる。

Twitterの投稿をキーワードで整理できるサービス「Tinker」公開

「Tinker」では、任意のキーワードごとに「イベント」を作成し、Twitterへの投稿を集約できる。イベント作成数は無制限。イベントのページでは、設定したキーワードが含まれる投稿とそのユーザーを一覧で見ることができる。

すごいなあ、これ。いや、すごいというのはいい意味の方じゃなくて・・・。

ものすごく乱暴な言い方をすると、これって単にTwitter検索だけ、じゃないっすか。
「イベント」と読んでいるものの実体はキーワードそのものですね。まあ、NGキーワードとかユーザIDといった他のフィルタリング要素を含んでいるという意味では1つの検索フィルタ群なわけですが、それを「イベント」と呼ぶのかあ・・・。

で、なんでグラムメディアがこういうのをやるか、というとキーワードごとにスポンサー付けて集約ページに広告を表示、というモデルなんでしょうね。

さらにすごいなあ、と思うのがTinkerのページで発言者のリンクをクリックすると、その人のつぶやき一覧が出るんだけど、そのページのトップには、

「○○はTinker を使っています」

って出るんですよ。使ってんじゃないよ、使われているんだよ。「○○はTinker に使われています」だよw

まあ、なんというか、あれだなあ。同じ事やってみるかw

http://jp.tinker.com/

「第7回Webクリエーション・アウォード」でサントリー公式ブログ「サントリートピックス」が「Web人大賞」

 
Webの世界で最も活躍した人に贈られる「Web人大賞」は、サントリーホールディングスの石原洋子氏と小林恵氏が受賞した。サントリー公式ブログ「サントリートピックス」における取り組みが評価された。

ということで対象はサントリーのブログを担当されているお二人が受賞されたということで、本当だったら記事のタイトルは「第7回Webクリエーション・アウォード贈賞式開催。対象はサントリー」みたいな感じになるはずなのになぜかInternet Watchのそれはこんな感じ。

デイリーポータルZの林雄司氏が「気になるWeb人で賞」受賞 -INTERNET Watch

いや、まあ、林さんのこれまでの功績・実績を考えるとこれもわからなくはないですが、やはりなんというかw

で、受賞された方の名前や仕事を見ると、「なるほどな」という感じです。

個人的には「僕の見た秩序。」を運営するヨシナガさんが受賞されたのがよかったな、と思いました。というか林さんとかヨシナガさん系のコンテンツが受賞するってこれまでのWebクリエーション・アウォードじゃなかったような気がします。対象の幅が広がってきたのかな。

受賞された方々、おめでとうございます!

Angularというとてもシンプル&パワフルなWebアプリ・エンジン

 

クラウド側でのWebアプリケーションの開発とデプロイを提供する「Angular」というサービスがありました。

いわゆるアプリケーション・エンジンのような役割を果たすわけですが、他のそういうのとは違う点は以下のようなところでしょうか。

1.HTMLとCSSの基礎知識とAngularの独自定義だけでアプリが作れる。
2.データベースとかSQLに関する知識は不要
3.コンピュータ言語(JavaとかRubyとか)の知識は不要。

こういう場合、Angularの独自定義というのがネックになりがちなんですが、ほとんど邪魔にならない、というかよくこれだけ最低限にまとめているな、って感じです。

まずデモムービーを見てみましょう。

screencast

このムービーを見てもわかるように、HTMLに必要最低限のAngular独自定義を加えていくだけで動的なWebページになってしまいます。しかもとてもわかりやすい。

その他のデモも見てみましょう。このページでは実際に動作するデモとそのためのコードを見ることができます。実にシンプルです。

デモ

データのホスティングまで含めたWebアプリがとても簡単に作成することができるわけです。目的によってはとても効率的に利用することができるかと思います。

ビジネスモデルとしては有料課金というもののようです。

ランクが3つあって「Starter」は無料、そして「Personal」が$14.95/月、「Profesional」が$49.95/月となっています。

Angularがすごいな、と思うところはWebアプリとして実装したい機能は人それぞれ違うんだけど、最大公約数的な機能をパーツ化して非常にシンプルで簡単にそれをページ内に取り込むことができる、というところでしょうか。

ああ、他にもいいところあるんだけど、この記事のタイトルもだけどそういうのをうまく説明できない自分の文章力のなさにがっかりです。

グーグル、検索結果にアンカーリンクを追加

 
Googleは、こうしたアンカーリンクの検索結果への追加を開始したことを発表した。これは、ユーザーが求めている情報を可能な限り迅速かつ正確に見つけるのを支援するというGoogleの使命とぴったり合致している。

グーグル、検索結果にアンカーリンクを追加

公式なアナウンスはこちらのGoogleブログで。

Jump to the information you want right from the search snippets

今でもGoolgleで例えば「iPod」を検索すると

Download iTunes 8
iPod touch
iTunesについて
iPod - アクセサリ
Apple TV
iTunesって何
チュートリアル
iTunesで何をしよう

というリンクが候補として表示されるんですが、それと見た目の違いがない(サイトへのリンクなのかアンカー部分へのリンクなのかがわかんない)のはユーザからしてみたらそういうのは気にしない方がいいから、という判断なんでしょうね。

細かい部分での改善ですが、GoogleがよりページのHTMLの役割を理解している、ということを実感させます。

で、ページでアンカーを利用しているようなサイトを所有している人に対してこの機能が使われるようにするTipsを紹介しています。

Using named anchors to identify sections on your pages

ポイントは

1.ページ中に目次を設置する
2.目次から項目へのリンクで使用するアンカー名はそれそのもので理解できるものにする(第2.1章、みたいなのはだめ)
3.ページ内の構造はちゃんと作る

だそうです。

まあ、つまり昔から言われている「ちゃんとしたHTMLを書け」って事ですね。

「相変わらずまんま紙面コピー」な「テレビで読める新聞」--毎日新聞が配信開始

 

といってもシャープのAQUOSじゃないと見れないらしい。

新聞紙面をテレビで読める--毎日新聞が配信開始

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、同社のテレビ向けポータルサイト「DoTV」において、毎日新聞の主要ページの紙面イメージをデジタルテレビ向けに配信する「毎日新聞 ×DoTV」の実証実験を9月29日から実施する。一般ユーザーが対象で、実験期間は半年間の予定だ。

いつも理解できないのですが、どうして出版の人がネット系で展開しようとすると新聞のレイアウトとか雑誌のレイアウトやページをめくる作業そのままをPCのモニタ上に再現しようとするんでしょうか。

いや、初期の頃の試み、としてはよかったと思うんですよね。でももういい加減その方法はやり尽くして、やっぱり表示メディアに合わせたレイアウトなり操作感にしないとまずいよね、って結果になってないんでしょうか。

あ、なってないのか。成功していると思っているのか。だからずっとリアル新聞&雑誌の紙面コピーを表示しているんだ。がーん。

ちなみに私もリアルな新聞とか雑誌がオンラインでも読めるようになって初めて気づいたことがあります。それは、

リアルの世界で読まない新聞や雑誌はデジタル化されても読まない

ということです。

別に紙質が嫌い、印刷が嫌い、レイアウトが嫌い、大きさ重さが嫌い、という理由で新聞や雑誌を読まないわけじゃなくて、単に書いている内容がつまんないから読まないわけです、それがデジタルになっても本質的には何も変わらないの相変わらずつまんないままです。

ということで出版不況はネットの台頭が原因、ってわけじゃなくて単に出版物の内容そのものがつまんなくなった、ってことでいいんじゃないですかね。

だって、漫画週刊誌とかサイゾーは毎月ちゃんと買って読んでるもん、俺。

誕生日はステーキセットが無料! 「アウトバックステーキハウス」

 

こんなタイトルなんだけどInternet Watchの記事です。

【使える!まる得サイト】 誕生日はステーキセットが無料! カジュアル・ダイニング「アウトバックステーキハウス」 -INTERNET Watch

お得度の高さとおいしさで、紹介した知り合いに総じて好評だったので、今回ご紹介したいと思います。

ということで記事を読んだあとに私も速攻で会員登録してしまったので紹介します。

なんといっても目的はこれ。

誕生日の1週間前になると、「バースデークーポン」がダウンロードできることを知らせるメールが届きます。内容は、アウトバックの定番メニューであるステーキセットを誕生日プレゼントとして無料で提供するという豪華なもの。金額にするとおよそ2000円分相当になります。

さらに普通にお誕生日だとこんな特典もつきます。

誕生日であることを伝えるとキャンドル付きデザートと、オリジナル台紙付きの記念写真がプレゼントされ、スタッフの方達がバースデーソングを歌って祝ってくれるというサービスもあり、会員向けサービスと合わせて利用できます。アウトバックは店舗により料金が違いますが、私がいつも行く店舗では、ステーキセットとケーキを合わせると、3000円分近くの割引になっていました。

お子さん向けにはキッズメニューが無料になる「キッズバースデークーポン」が利用できるようです。

「アウトバック」は年に1回ぐらいしか行かないのですが、お誕生日という特別な日だったら行ってもいいな、と思うわけで、その時2000円分が無料になるとなればこれは入っておかなきゃ、ってわけです。

といっても私の誕生日まではあと半年もあるわけでなんですが、こんなエントリー書いてたら無性にステーキ食べたくなってきちゃいましたよ。困ったもんだ。

Webクローラーのクラウド型サービスを提供する「80legs」

 

Webクローラーのクラウド型サービスを提供する「80legs」というサイトがありました。サインインしていないので詳細はわかりません。ごめんなさい。とりあえずこういうのあるよ、ってことで。

80legs is a service platform for crawling and processing web content. Our service is very powerful and very affordable.

機能的には、

1.優れたパフォーマンス:20億ページ/日のクローリング能力
2.簡単に使え、しかも高いカスタマイズ性を提供:数分で独自クローラーを作成可能
3.手頃な価格:$2/百万ページ、 $0.03/CPU-Hour

というものです。クロール用のマシンとして5万台用意しているそうです。

クローラーに条件を与えてページを収集したとどう解析するのか、については最初からいくつか解析アプリが用意されているようですし、またJavaを使って独自の解析アプリを作ってそれを実行させることもできるようです。

何かの目的でWebページを収集して解析しなきゃならないような場面に遭遇したときにいちいちクローラーを作らなくてよい、そしてすぐに大量にページを収集できる、という点がメリットでしょうか。

もちろん既に世の中に存在している無料のクローラーを自分のサーバ/回線で運用すれば無料なので、ケースバイケースって感じでしょうか。

無料のクローラーにはPythonで書かれた「Scrapy」というのもありますし、同じようなサービスとしてはparselets.comもあります。目的があえばYahoo Pipesも有効かもしれません。

が、そういう状況なんですが、私的にはこの80legsに興味があります。2百万ページあれば十分なので$4、1日CPU使って$0.72ですもん。1日$5だとして月で$150ですからね。

誰か使ってみないかなあ。

Amazonロゴ入りケーブル発売:Amazon、家電製品のプライベートブランド「AmazonBasics」立ち上げ

 
米Amazonは9月19日、家電製品のプライベートブランド「AmazonBasics」を立ち上げたと発表した。家電の"基本的な(basic)"製品を、手ごろな価格で提供していくという。まずオーディオケーブルやブランクメディアなど数十点の商品でスタートし、ラインアップを充実させていく。

Amazonロゴ入りケーブル発売:Amazon、家電製品のプライベートブランド「AmazonBasics」立ち上げ

プライベートブランドの展開はまだ先なんだろうなあ、と思っていたらいきなり発表されました。

確かにネットワークケーブルとかDVDのブランクメディアなど機能的に差がないようなものだったら安い方がいいわけで、そういうのをAmazonが自社ブランドで提供する、ってのは理にかなっていますよねえ。

で、普通メーカーは「競合する製品を自社ブランドで販売している販社には商品は卸さない」ってなるんでしょうけどそれが言えないぐらいまでAmazonが大きくなってしまったってことなんでしょう。

これって単にメーカーとのネット上での販売競争だけじゃなくてリアルな店舗にも影響を与えそうです。

同社は向こう数カ月のうちに米国外の市場でもAmazonBasicsの商品の提供を開始する計画だ。

ということで日本での発表を楽しみに待ちたいと思います。

Javascriptで作られたNES(ファミコン)エミュレータ

 

JSNES: A Javascript NES emulator

とりあえずマリオ。

当たり前のように重いし、遅いです。

けど、将来的にはこれがなんらかの方法でさくさく動くようになる時代がくるんでしょうね。

というわけで、来たるべく未来に「昔はさあ、遅くて使い物にならなかったんだよねえ」と言ってみたい人にお勧めです。

Ultimate IE6 Cheatsheet: Internet Explorer 6のバグに対応するための25+の方法

 

デザイナーさんとかプログラマーさんは「IE6早くなくなれよ」と思っているにも関わらず、現実的にはまだまだ使っている人が多いInternet Explorer 6(IE6)ですが、そんなIE6のいけてないところに対応するための方法がまとめられています。

Ultimate IE6 Cheatsheet: How To Fix 25+ Internet Explorer 6 Bugs

これ、一度は読んでおいた方がいいとは思うのですが、英語であるというのと、とにかく長いというのがネックになるんじゃないかと思うんで、誰か日本語にしてくれないかなあ、という他力本願モードに再度突入です。

マクロソフトもWindows XPのインストールディスクからIE6外してIE8とかでゴールドマスター作り直せばいいと思うんだけど、IE6を使っているってところはIE6じゃなきゃ動かない、というサイトを使っているという理由もあるんでやっぱりIE6は外せないんだろうなあ。

つうか、IE7出た時にMSの社内のサイトがIE7で使えなかったぐらいですからね。

ネット掲示板投稿者の情報開示命じる

 
奈良市の行政書士の男性(31)が岡山市のインターネットプロバイダー(接続業者)に、自身が運営するネット掲示板にアダルト関連の書き込みをした投稿者の情報開示などを求めた訴訟の判決で、奈良地裁は15日、男性の訴えを認め、投稿者の住所や氏名の開示を命じた。

ネット掲示板投稿者の情報開示命じる

判決理由で宮本初美裁判官は、投稿者の情報開示などを規定した法律の要件を満たしており「開示を求めることができる」と指摘した。

ということで事件性がなくても単にアダルト関連、というか嫌がらせや妨害などを目的とした書き込みに対して、その書き込む主の情報を開示するようにプロバイダに請求できる、とう判例が出たので、そんなことで悩んでいる人はとりあえず開示要求を出してみるといいかもしれません。

逆の立場で考えれば、匿名でわかんないだろう、ということで掲示板荒らしなんかしても結局ばれちゃうので、そのあたりのリスクを踏まえつつがんばってください、ということになります。

そんなわけで誰かアダルトスパムトラックバックを送ってくるやつに腹立てて開示要求出してくれないかなあ、と他力本願モードに突入してみる。

News2uとAMN、ブロガー向けニュースリリース配信で業務提携

 
株式会社ニューズ・ツー・ユーとアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(AMN)は、ブロガー向けのニュースリリース配信を10月1日から開始する。

News2uとAMN、ブロガー向けニュースリリース配信で業務提携

今回のニュースリリース配信は、AMNが運営するブロガー向け会員サービス「ブログクラブ」を利用するブロガーを対象としたものだ。
なお、今回のプレスリリース配信は、ブログ登録時に設定しているカテゴリーに合致した情報をメールでブロガーへ送信する。「企業からリリースが届くと、ブロガーのモチベーションも上がる」という。

実際に始まってみないとなんとも言えないんですが、プレスリリースがそのまんまメールで送られてくる形態なのだろうか。それともヘッダ(タイトル)と概要がずらっとリストされているような形式なのかな。

ニューズ・ツー・ユーの神原弥奈子代表取締役社長は、(中略)企業がブロガーと直接コンタクトをとれるサービス」だとアピールした。

といってもプレスリリースを受け取ったブロガーが広報部に直接問い合わせる、ってのはなかなか想像しづらいシーンではあります。

私もBlogPeopleというのをやっているおかげでプレスリリースを送っていただける機会がたくさんあるんですが、プレスリリースというのは、まあ言ってしまえば「広告・告知」みたいなもんで、へたすると内容がそのへんのスパムメールとそう大して変わらない、というのもあり途中で購読するのがいやになってったりするんで、そのあたりの配信される内容とかなんだかんだ次第、ってところでしょうか。

うちのサイトのブラウザ利用率を見てみたら。

 

滅多にアクセス解析のブラウザの項目なんか見ないんですが、たまたま見たらおもしろかったので記事にしてみます。

本日20時までの結果ですが、他の日を見ても深夜0時まで比率的にはこんなもんでしょう。

ではまずブラウザ大別の結果です。

browser-20090915.jpg

IEが約半分と圧倒的なんですが、考えてみればちょっと前までは8割以上がIEだったので、この利用率の減り方というのはすごいもんです。IEが減った変わりにNetscape、つまりFirefoxが3割、Safariが2割(!)と増えてます。

で、詳細を見てみます。

browser-20090915-2.jpg

Safari、IE7、Mozillaがほぼ同率で1位なんですが、2位のIE6が16.1%、3位のIE8ですら15.9%です。ほんとに差がないです。

つうか、IEの6と7と8がほぼ同じ比率で市場で使われているってのに軽くショックを受けます。まだまだIE6なんですねえ、実際問題・・・。

*「etc」の中にはケータイからのアクセスなんかが含まれています。

「Safari」には多分Chromeからのアクセスも含まれていると思うので、数値はこのまま信用できないんですが、とりあえずIEのバージョンごとの比率がほぼ同じ、というのと相変わらずIE6が多い、そして何より「IEの比率が減ってる」という点だけ注目すればいいのではないかと思います。

iPhoneアプリも探せる:Microsoft、Bingに画像で探せる「Visual Search」機能を追加

 
米Microsoftは9月15日、検索エンジン「Bing」に新機能「Visual Search」のβ版を追加したと発表した。映画、デジタルカメラ、ベストセラー書籍など、用意されたカテゴリー(Microsoftはこれを「ギャラリー」と呼ぶ)で検索すると、結果が画像の一覧で表示される。

iPhoneアプリも探せる:Microsoft、Bingに画像で探せる「Visual Search」機能を追加

すごいなあ、Silverlightをインストールしないと使えないなんて。

まあ、MS的にはてっとりばやくSilverlightのシェアを上げるのにはこういう方法しかないのかもしれないですね。まあ、ユーザも入れたら入れたなりの成果が得られるし。

で、試してみようと思ったのですが、見れたり'見られなかったり・・・。

ここにアクセスしています。

http://www.bing.com/visualsearch

キーワードの自由記入にすると普通のイメージ検索になってしまう、ってことはこのVisual Seachのページに表示されているカテゴリ内でしか検索できないんですね。

しかも写真みようと思うと人間ですら読めないようなCAPCHA画像が表示されるし・・・・。

MSに期待されるレベルからするとベータというよりアルファって感じかな。これからが楽しみです。

あらためて、クラウドコンピューティングとは

 
クラウドコンピューティングの定義は1つではないが、その意味を理解する手助けになる幾つかの関連用語について解説する。

あらためて、クラウドコンピューティングとは - TechTargetジャパン

いろんな意味でおもしろかったので取り上げてみます。

ではまず「クラウドコンピューティングとは」です。3社分あります。

米調査会社Burton Groupは、クラウドコンピューティングの基本定義として、「IT機能(ソフトウェア、プラットフォーム、ハードウェア)を拡張可能で柔軟なサービスとしてオンデマンドで提供するために用いられる手法、技術およびビジネスモデル」としている。
米調査会社Gartnerでは、クラウドコンピューティングを「インターネット技術を利用して、拡張可能で柔軟なIT機能をサービスとして複数の顧客に提供するコンピューティングスタイル」と定義している。
「SearchCloudComputing.com」サイトでは、クラウドコンピューティングの定義について「インターネット上でホスティング型サービスを提供するさまざまな形態の総称である」と説明している。Wikipediaによるクラウドコンピューティングの定義も同様だ。

個人的には指でパチンと鳴らすとWebサーバーやらディスク、ソフトウェア、ユーティリティが即座に利用可能になる、みたいな感じをイメージしています。

で、このクラウドコンピューティングにはメインとなるサービスによりいろいろな形態があります。

まずSaaS(Software as a Service)。

年間あるいは複数年ライセンスを購入するという従来の方式ではなく、使用に応じて課金する方式でベンダーが顧客にアプリケーションをライセンスするソフトウェア配布モデル。SaaSベンダーはアプリケーションのメンテナンスとアップデートを行うとともに、顧客に代わって自社のインフラ上あるいはサードパーティーのデータセンターを通じてアプリケーションをホスティングする。

これにはGoogleの各種サービス(ソフトウェア)とか、わかりやすいところで言えばWeb電子メールサービスなどがあります。BtoBだとSalesforce.comが有名ですね。

次にPaaSです。これはもしかしたら知らない人がいるかも知れません。Platform as a Serviceの略ですね。

クラウド内で利用するアプリケーションを顧客あるいは開発者が開発するのに利用できる開発プラットフォーム。

開発プラットフォーム、だけじゃなくて、例えば秋元さんの「読んだ4!」はTwitterをプラットフォームにしてユーザ管理なんかをTwitterに任せつつ、その上にサービスを構築しているので、これなんかがいわゆるPaaSとなります。でもこの場合はPaaSよりもTwitter as a Serviceというとらえ方なんですが。

さて次は私も知らなかったSIaaS(Software Infrastructure as a Service)です。

Burtonのアナリスト、クリス・ハッダード氏によると、SIaaSは認証管理やコンテンツ配信システムといった特定のアプリケーションをサポートする機能を提供するスタンドアロン型サービスだ。同氏は「SIaaSは特定分野のアプリケーションソフトウェアプラットフォームをターゲットとする」と説明した。

ソフトウェアの下の部分(インフラ)を提供するもの、ですね。

同氏によると、さまざまな形態と規模のSIaaSが提供されているという。Amazon SimpleDBやMicrosoft SQL Azureのようなデータベースサービスもあれば、Akamai Technologies、Amazon CloudFront、Level3 Communications、Limelight Networksなどが提供するデータ配信サービスなどもある。

データ管理やデータ配信、ネットワーク制御、認証・セキュリティといった下回りを提供するもののようです。

そして最後にHIaaS(Hardware Infrastructure as a Service)です。

IaaS(サービスとしてのインフラ)あるいはHaaS(サービスとしてのハードウェア)とも呼ばれ、処理パワー、ストレージ機器、ネットワーク機器などのインフラ要素をオンデマンドで提供する。ハッダード氏は、HIaaSの例としてElastic Compute Cloud(EC2)などのAmazon Web Servicesを挙げる。Joyent、Rackspace Hostingといった企業に加え、AT&T、Sprint、BTなどのシステムホスティングプロバイダーもHIaaSを提供している。

これがいいですよね。Webサーバーやスイッチングハブ、ルータの能力が足りなくなったら即座に追加したり性能の高いものに即座に切り替えることができるようになるわけで、これまでみたいにメーカーに発注して納品されるまで2週間、それが待てないから秋葉原の中古屋に車で乗り付けそのまま持ち帰ってくる、みたいなこともなくなるんじゃないでしょうか。

まあ、何にしても今は「○○ as a Service」というのが流行のようですので、それぞれ○○にいろいろ単語を入れてみるとおもしろいかもしれません。例えば「Blog as a Service」という文脈でなんか新しいことを考えてみる、みたいな感じでね。

音相理論を使ったイーデザイン損害保険ブログパーツであれこれチェックしてみた。

 

当ブログの右サイドバーのAMNの広告のところにイーデザイン損害保険のブログパーツが掲載されるようになりました。

このブログパーツですが、ログやメールの文章の分析を行い、その文章でのコミュニケーションに潜むリスクを教えてくれる、というものです。

その解析には音相理論というものが使われているそうです。

音相理論というのはめちゃくちゃ簡単にいうと、音(「あ」とか「い」)の並びによってそれが相手に与える影響、というものを科学したもののようです(単語の何番目に濁音を含む文字が入るといいとか悪いとか)。

詳しくはこちらのサイトで。

http://www.onsosystem.co.jp/

で、書いた文章がコミュニケーションリスクを含むのかどうなのかをチェックするべく、私がよく使う「そんな感じのラッキーさんでした。」というのを調べてみたんですが・・・。

いや、正直この結果、よくわかなんないです。だいたい30文字程度の文章が望ましいって書いているんですが、30文字程度だといわゆるセンテンスなわけで、できればパラグラフ単位で解析してくれるといいんだけどな、と思った瞬間にじゃあ逆に短いテキストだったらいいんじゃね?ということになり、自分の会社の名前を入れてみました。

ほほほほほ。狙い通りじゃないか!

ついでに世の有名ブランドの名前なんかもチェックしてみました。なるほど、これはおもしろい。自分の名前も試してみましたが、安定度が高くいい感じな結果が出ました。

「ブログピープル」って入れたら安定度87%、高級度87%というスコアを出すものの、高尚度が47%となり、「高尚?高尚ってなんだっけ?」状態になっております。

そんなわけでテキストよりも単語というかフレーズみたいなものを入れてチェックしてみるとおもしろいと思いますんで、とりあえずあなたや御社の名前などを入れてみて、その文字の並びが聞く人に与える影響、みたいなもんを認識してみるといいのではないでしょうか。

もっと詳しく調べたい人は会員登録すれば調べられるようなんですが、そのあたりは自己判断でよろしくお願いします。

ベクトル、Twitter活用PRパッケージを販売--話題醸成やTwitterレポーターなど

 
このTwitter活用PRパッケージでは、Twitterで企業のニュースを配信したり、タレントを起用したPRイベントにTwitterユーザーをレポーターとして招待したりして、企業が訴求したい商品やサービスをTwitter内で話題にするための支援を提供する。

ベクトル、Twitter活用PRパッケージを販売--話題醸成やTwitterレポーターなど

まあ、海外でもこういうのあるんだけど、成功しているのかなあ。

あからさまに企業に荷担している人はフォローしないからいいんだけど、フォロー中の好きな人がいきなり宣伝Tweet始めちゃったらフォローを一時的に外すことになるんだろうけど、一度外した人を再度フォローするって結構面倒だからそのままフォロー外したままになっちゃうんだろうな。

で、Twitterを活用PRパッケージの中身はこんな感じだそうです。

企業の商品やサービスのTwitter内での話題化をサポート

Twitterのつぶやきを通した企業のニュース配信

まあ、これは単純にプレスリリースをTwitterに流す、ってことなので興味あればフォローするのもよいかと思います。

Twitterレポーターを招待するPR イベントや発表会の企画・運営

これ、いまでもイベントとかあると実況中継やっている方がいらっしゃってとても助かってたりするのですが、現実として実況というのは相当難しくって誰にでもできるもんじゃないですよね。それにネガティブな反応、というかブログでのレポート記事と違って言い回し方とか喋ってTweet済みなのにあとから「あ、これ、オフレコで」と言われても困っちゃいますよね。その辺のリスクってどう考えているのかな。

その他にもパッケージの中にいろいろ項目はあるのですが、こうしたパッケージを採用した企業が出てきた時に、実際どういうことになるのか、を楽しみにしたいと思います。

つうか、こういうパッケージを有料で提供して成果でなかったらどうするのかとまじめに心配してしまうわけで。ほんと大丈夫なのかな。

なんというか、もっと大きな枠組みの中で、その1つとしてTwitter使ったなんか、というのはありなんでしょうけどね。

Google Docsのドキュメント化されていない機能を使ってPDF等をWebページにエンベッドする方法

 
Google Docs offers an undocumented feature that lets you embed PDF files and PowerPoint presentations in a web page. The files don't have to be uploaded to Google Docs, but they need to be available online.

Embeddable Google Document Viewer

というわけでGoogle Docsのドキュメント化されていない機能としてPDFとPowerPointファイルをWebページにエンベッドさせるというものがあるようです。これらのファイルはGoogle Docsにアップロードする必要はなくオンライン上にあってURLで指定できればよいようです。

Webページの組み込みはこんな感じで書けばいいようです。

<iframe src="http://docs.google.com/gview?url=http://infolab.stanford.edu/pub/papers/google.pdf&embedded=true" style="width:600px; height:500px;" frameborder="0"></iframe>

試しに民主党のマニュフェストをエンベッドしてみましょう。

Zoho ViewerPdfMeNotも同じような機能を提供している、とも書いていました。

AdSenseで日本円でレポート表示できるようになったようです。

 
多くのサイト運営者様からご要望いただいていた「日本円でのレポート表示」が、日本にお住まいのサイト運営者様にご利用いただけるようになりました。

Inside Adsense - 日本語: 日本円でレポートを表示できるようになりました

為替はどう反映するのかな、と思ったら、

レポートの収益額は、 前日の市場実勢相場に基づいて米ドルから日本円に換算されます。これにより米ドルと日本円間で生じる為替の変動を避けることができます。

これはすごいですね。普通は$1=95円とか一定期間決め打ちにしちゃうのに。

で、日本円での表示をするには以下の作業が必要なんだそうです。

日本円でのレポート表示に切り替えるには、AdSense 利用規約の改訂版に同意していただく必要があります。新しい利用規約を確認するには、AdSense アカウントにログインの上、[レポート] タブの [サマリー] ページに緑色の背景で表示された「毎日の収益額を日本円で表示できるようになりました。」の [詳細] リンクをクリックください。

で、注意事項。一度日本円表示にしちゃうとドル表示ができなくなるみたい。

一旦、改訂版利用規約に同意されると、米ドルでのレポート表示ができなくなります。この点に充分ご留意ください。改訂された利用規約に同意される前に、記録として、米ドルでの過去のレポートをダウンロードし、保存されることをおすすめします。

で、これに伴い利用規約が変わるのですが、おもしろい、というか興味深いのが、

サイト運営者様が契約を結ぶ当事者が Google Inc. から Google Ireland Limited に変わります

なんでIrelandなんだろう・・・。

新しい利用規約では、該当する司法管轄区で現地税を支払う責任はサイト運営者様にあることが明記されています。Google は、住所がアイルランドにあるサイト運営者様にのみ VAT の払い戻しを行います。
準拠法がカリフォルニア州法から英国法または地域法に変更されます。

しかし、なんで円表示にするだけでこんなに変わるんだろうか。このままドル表示のままだったらどうなるんだろうか。

このあたりは裏を読める人に聞いてみようっと。

登録してみた。アドネットワーク「Kauli」始動--「今探している情報」に最適化した広告を配信

 
Kauliは、クリック課金型の広告ネットワークサービスだ。最大の特徴となるのは、「コンセプトマッチ」と呼ぶ新しい概念の元に広告を配信する点だ。

アドネットワーク「Kauli」始動--「今探している情報」に最適化した広告を配信

akiyanがCTOになっているようなのでとりあえず登録してみました。

で、問題の「コンセプトマッチ」と呼ぶ新しい概念ですが、これは

ユーザーが広告を配信するサイトを訪れた時点でどういった意図や目的を持っているかを分析し、最適な広告を配信するのだという。「特許出願しているため具体的な説明はできないが、リファラーやクッキーなど、想像できるものはすべて使っている」(Kauli代表取締役の蛯原健氏)

ということで具体的な内容はよくわからないので、とりあえずしばらく掲載してほんとにコンセプトにマッチしているかどうかを確認してみようと思います。

某コンテンツマッチ広告のいい代替になるといいな、と思っています。

登録は以下のページからできます。

コンセプトマッチ広告 Kauli

「母親の旧姓は?」――「秘密の質問」の答えを盗む"ゲーム"出現

 
シマンテックは2009年9月3日、2009年前半のセキュリティ動向を解説する説明会を開催した。同社によれば、ブログやSNSのユーザー数が増えているために、それらを狙った攻撃も増加しているという。

「母親の旧姓は?」――「秘密の質問」の答えを盗む"ゲーム"出現

ブログのブログパーツとかSNSのソーシャルアプリを利用して「子どものころ住んでいた名前は?」や「母親の旧姓は?」と聞いて、それを使ってWebのサービスのアカウントを乗っ取っちゃう、って話のようです。

たしかにパスワード忘れた時のヒントとして「母親の旧姓は?」を使っている人いるだろうし。

とはいえ、さすがに「母親の旧姓は?」といきなり尋ねられて素直に答えちゃう人もいるかもしれないけど、なんかのゲームの流れの中でそういう質問したら何の疑いを抱くことなく答えちゃう人はたくさんいることでしょう。

ということで無料ゲームとか無料○○というのは無料になっている理由というのが必ずありますのでそのあたりを考えながら利用されてください。

そういう意味だとソーシャルアプリは結構危ないよねえ。

書籍への平等なアクセスを求める団体が「Google Books」に支持を表明

 

米国でのお話ですよ。

書籍への平等なアクセスを求める団体が「Google Books」に支持を表明

 「Google Books」をめぐってGoogleが提案した和解案に関する議論の大半は、著作権法と競争の問題が中心になっている。しかし米国時間9月3日、書籍への平等なアクセスを求める団体が意見を表明した。

「書籍への平等なアクセス」かあ。いい言葉だなあ。

Google Booksのスキャンプロジェクトに賛成する市民的権利の連合や障害者団体が3日に記者会見を行い、Googleが著者や出版社と意見を調整して新たな種類のデジタル図書館を創設できれば知識へのアクセスが大きく改善されることから、一致して支持を表明した。
こうした団体が危惧するのは、これまで学費の高い大学や資金力のあるコミュニティーの図書館にしまい込まれていた情報へのデジタルアクセスを獲得できるまたとない機会が、一部の著者やプライバシー擁護論者による和解案への反対によって打ち砕かれるのではないかということだ。

これまでは著作権保有者からの一方的な反発をくらってばかりの「Google Books」だったんで、こういう支持は心強いですね。

現状、図書館が近くにない、とか、近くにあっても読みたい本がない、なんて地域的な格差問題がないとはいえないですしね。

でも、そういう話になると「私企業がやるから問題なのであって国レベルでやるべきだ」って話になるんだけど、もう一方で「民間でできることは民間でやればいいじゃん」という話もあり、まさにこれは民間でできる(Googleだからだけど)話なので、話は相当ややっこしいです。

でも例えば、本をスキャンすることで、検索対象にできたり、視覚障害者に理解できる形式で提示できるようになればいい話だと思うんですけどね。

出版社も活字状態の本をデジタル化してもらい、そのデータをホスティングしてもらい、検索システムを使わせてもらい、そして(ここからは未来の仮定の話)必要だったらオンデマンド出版形式で印刷・製本・発送まで「タダ」でやってもらってあげく、売り上げの何パーセントかをGoogleとシェアすればよい、ってのはいい話だと思うんですけどね。だって在庫持たなくていいんだぜ。

あ、町の本屋さんがつぶれるか。音楽CDと同じだ。

東京オリンピック招致ブログパーツ「東京応援少女」を使ってみた

 

「東京応援少女」というオリンピック招致ブログパーツをリリースしました:[mi]みたいもん!」というエントリーでこのブログパーツを知ったのでさっそくモダシン内の右サイドバーに掲載してみました。

先日のIOCによる2016年夏季五輪の立候補都市に対する評価報告書によると、日本はどうも世の中の支持率が低い(50数パーセント)のが懸念されているようなのですが、私はこれまで「支持する/支持しない」を問われたことがなかったので、「低いっていわれてもなあ」という気持ちでいっぱいでした。

日本オリンピック委員会「高い評価」 IOCの評価報告書

東京に対する評価報告書ではコンパクトな計画や政府の財政保証について評価を受ける一方で、強みとしている選手村や世論の支持率の低さなどが懸念として指摘された。
世論については、招致委員会が独自に実施した世論調査では支持率が80%を超えていることを挙げ、「IOCの調査後のPR活動で上昇した。情熱を訴えていく」と答えた

今からPR活動に参加して10月2日のコペンハーゲンでの開催都市決定のIOC総会に間に合うのかどうかわかりませんが、とりあえず協力してみます。

こちらのページからブログパーツ表示用のスクリプトをゲットできますので、一ヶ月程度ですが、応援したい方は是非どうぞ。

http://ouen.tokyo2016.or.jp/blogparts/blogs/register/

ちなみにこのブログパーツに出てくる少女は小池里奈ちゃんなわけですが、プロフィールを読むと「仮面ライダーキバ」の野村静香役で登場されていたようで、言われてチェックしてみると「ああ、あの主人公の渡君といつも一緒にいたあの娘かあ!」と認識できたものの、ブログパーツでの顔とはまったく違っていて、女性はすごいなあ、と思った次第です。

東京オリンピックが実現すると楽しいだろうなあ。

小池里奈写真集『そのまんま。』(DVD付) 小池里奈写真集『そのまんま。』(DVD付)

小池里奈 写真集 里奈日和 小池里奈 写真集 里奈日和

里奈色 4‐seasons‐―小池里奈写真集 里奈色 4‐seasons‐―小池里奈写真集

Twitterでの影響力などを解析する「Twitalyzer 」

 

The Twitalyzer for Tracking Influence and Measuring Success in Twitter

Twitalyzer is a unique tool to evaluate the activity of any Twitter user and report on relative influence, signal-to-noise ratio, generosity, velocity, clout, and other useful measures of success in social media.

ということでTwitter内での活動を分析して影響力とかS/N比とかなんだかんだを数値にしてくれるというサービスです。

私のTwitterのIDは「nagasawa144」なのでそれで試しみました。結果はこんな感じ。

全体的な評価としては「slowly developing」ということで「じわじわ浮上中」って感じでしょうか。

S/N比だけがやけに高い値をたたき出していますね。

で、それぞれの項目に関してその値を大きくする方法が掲載されています。例えばInfluenceに関しては、

* It is moderately important that you find more followers
* It is moderately important that you make a few more friends
* It is somewhat important that you retweet others more often
* It is somewhat important that you engage others in conversation more frequently
* It is moderately important that you get others to engage you in conversation more frequently
* It is somewhat important that you write more frequently
* It is moderately important that you convey more "signal" in your updates

なんて感じです。これはなんというかそのままTwitterマーケティングのアドバイス項目に使えそうですね。

まあ、@とかRTとかリンクとかハッシュタグをたくさん使うようにするとスコアは上がる、って感じかな。

その他APIを使ったクライアントからアクセスしている/していない、なんかも考慮されるようです。

ニュースサイト有料化で「読まなくなる」が9割

 
無料のニュースサイトを見ていると答えた525人に対して、有料化したニュースサイトの購読を続けるかどうかを尋ねたところ、69.7%が「続けたくない」と回答。「どちらかというと続けたくない」(26.3%)をあわせると、96.0%と9割以上が「続けたくない」と答えた。

ニュースサイト有料化で「読まなくなる」が9割、アイシェア調査 -INTERNET Watch

個人的にはニュースサイトに掲載された記事に対して引用して何か書く、というスタイルのブログをやっているので有料化でもOKかな(ただし引用不可だと反対)と思っていたんですが、ITproというサイトは会員登録しないと全記事が読めず、その会員登録がなんとなくやだな、ということで登録せずに見ないままにしていたってことに気づいてしまいました。

だからきっと有料化したニュースサイトは読まずに無料サイトを探すことになるんだろうなあ。

で、全部が有料になったら・・・って考えたんだけど、いや、これはないな。どっかかならず無料でやるところあるよ。インディーズかもしれないけど。それでいいじゃん。

で、有料化に対する肯定的な意見としては以下のものが上げられています。

一方、肯定的な意見としては「記事の質が良くなりそう」(6.7%)、「正確な情報が得られそう」(3.0%)、「情報量が豊富になりそう」(3.0%)などが挙げられたが、いずれも10%未満にとどまった。

まあ、どれも大した比率じゃないし、それに質がよくなり情報が正確になるか、といわれるとそれはちょっと疑問ですよねえ。今の記者さんの知識レベルを考えると。

ああ、でも雑誌みたいな感じでその分野に超得意な人をゲストライターに招いて、っていう形式だったら価値あるものになるかもしれないな。

ブログの紹介記事から商品を検索した経験は50.9%

 
サイバーエージェント子会社のサイバー・バズは31日、ブロガー全般のトレンドを調査するプロジェクト「ブロガートレンド研究所」を発足し、第1回調査として「ブログが及ぼす購買への影響」に関するアンケート調査の結果を公表した。

ブログの紹介記事から商品を検索した経験は50.9%

サンプル数は896。最近の調査はサンプル数が1000いかないのが多いですね。

調査の結果です。

調査によると、ブログで商品を紹介している記事を閲覧したことのある割合は90%。紹介記事を閲覧した後の行動(複数回答)は、「商品に対して興味を持った」が55.5%、「商品が気になり(商品の)ホームページに訪れた」が53.0%、「商品が気になり検索した」が50.9%。また、「商品が気になり店舗に来店した」は15.7%、「紹介された商品を購入した」は34.9%と、実際の商品購入に結びついている割合も高い。

私の場合はもちろん他の人にブログで商品が紹介されるのを見て興味を持つことはよくあるんですが、なにより自分のこのブログで書いた(紹介した)商品を買う、ってことが多いです。

最初は興味を持って記事にするんですが、記事書いているうちにだんだんと欲しくなってきて、書き終わる頃には欲しい度が120%ぐらいになっています。その調子で購入しちゃうとまずいので一晩寝かせて落ち着かせてみてそれでも欲しいと思ったら買っちゃう、というパターンでしょうか。カメラやレンズ、そしてCDなんかがそのパターンですね。PC系は最近は冷静でいられますけど。

ブログ記事がきっかけとなって購入した経験のある商品ジャンルは、「グルメ・食品・飲料」が53.6%、「コスメ」が47.1%、「ファッション」が 31.1%など。男女別では、男性は「デジタル・家電」の48.2%、女性では「コスメ」の58.5%が最も高い。購入した商品の価格帯は、「1000~3000円」が31%、「1000円未満」が29%、「3000~5000円」が12%など。

食品なんかはネット通販でしか手に入らないというものが結構あるし、飲料は買っても重くて持ち帰るのいや、なんてところでネットで買いやすいんでしょうね。価格も1000円ちょっとぐらいのものなら気楽に買えますし。

女性にとっての「コスメ」というのは男性にとっては何に相当するのかなあ。

これはすごいなあ、って感じのWebサイト「three frames」

 

映画のある特定のシーンの3フレームを写真にして、それだけをループで延々繰り返すというイメージファイルをTumblrスタイルでいろいろ掲載しているんですがこれが実にすごい。

何がどうのこうの、というわけじゃなくてすごい。

とりあえず見てみてください。ほんとアイディアだよね。

three frames

「神待ち」「ホ別」など、ネットの隠語・暗号の解説サイト「ネット危険用語白書」オープン

 
子どもたちがネットを通じて犯罪に巻き込まれるケースが増えるなか、そのきっかけとなる掲示板などでの書き込みは、サービスに通じていない人にはさっぱりわからない内容となっていることが多い。たとえば、ある出会い系サイトの「JK・JC、ホ別イチゴで@三也」という書き込みは、「女子高生または女子中学生、ホテル代別の報酬として1万5千円、池袋でいかがですか?」という意味になる。

「神待ち」「ホ別」など、ネットの隠語・暗号の解説サイト「ネット危険用語白書」オープン

ふむ、最後の「@三也」が「池袋」とは分からなかったな。というか、これが特殊すぎるよな気がするけどw

そんなわけで、隠語や暗号を解説するサイトです。

ネット危険用語白書

言われると「そうかもなあ」とわかるんですけど、いきなり日常会話の中に登場してもわかんない暗号なんかが結構ありますね。

単に援助交際に関するもの以外にも「見せ玉」→「不正に株価を操作する取引」という証券取引や「丸ビー」→「ヤクザ」という一般的なものまでたくさん網羅されていますので、一度は目を通して勉強しておくとよいかもしれません。

にしてもほんとにみんなこんな用語使ってメールで会話するんだあ。

「YSP」がなんで「ヤリ逃げ」になるのかまったくわかりません(汗

Google Static Maps API v2がリリースされたようです。

 

Google Geo Developers Blog: Static Maps API v2: Encoded Paths, Polygons & Geocoding

Now, in order to support the top requested features and to make it easy to fulfill future requests, we've rewritten the API and are launching the new interface as Static Maps API v2

新しく加わった機能としては、

* Paths can be specified as encoded polylines.
* Paths can be filled and rendered as polygons.
* Locations (in center, markers, or path parameters) can now be specified as addresses instead of latitude/longitude coordinates.
* Colors can now be specified as any 24-bit or 32-bit color.

で、これを使ったサンプルページとして「Secret Treasures of Kyoto」というページを公開しているのですが、このページ見ると「なるほどなあ」と理解が進みます。これはとてもいい例だと思います。

昔のAPIを使っている場合はURLパラメータが変わったようなので、それは対応しないとまずいようです。それはUpgrade Guideというページにまとめられています。

またStatic Maps v2 Wizardを使うと、A点とB点にピンを立ててAからBまでの道順を示すパスが書き込まれた地図、というのを簡単に作成できます。

公然とネット選挙運動...自民・民主、公示後も更新

 
インターネットの普及に伴い、選挙期間中は公職選挙法で禁止されているとされてきた政党のホームページの活用が、今回の衆院選の公示後、自民、民主両党によって活発に行われている。ネットが情報発信や交換に不可欠の"道具"となってきている中、選挙での利用のあり方が本格的に問われる事態となっている。

公然とネット選挙運動...自民・民主、公示後も更新(読売新聞)

選挙前の認識だと、

公職選挙法142条では、選挙運動でのインターネット活用は、公示後には認められていない「文書図画の配布」にあたるとして、事実上、禁止している。

ということで、ありとあらゆるネット上での活動が禁止されているかと思ったのですが・・・

自民党の広報担当者によると、

公職選挙法との関係については、「政党の通常の政策、政治活動で、問題ない。候補者の名前は出さないよう、十分気を付けている」と話す。

そして民主党も、

 一方、民主党も今回の衆院選から初めて、全国を遊説する党三役の動きを写真とともに連日ホームページで「ニュース」として更新し、演説の内容も載せている。同党広報担当は、「党の政治活動の一環で、問題ない」と話す。自民、民主両党とも、特定候補者を取り上げなければ選挙運動にあたらないとの解釈で、積極的なネット活用が目立つ。

ということで、選挙に直接関係ないとしても間接的にはいろいろあって選挙応援につながるわけだからそれって本当に問題ないの?と思うのですが、これを判断するのは警察のようです。

総務省のコメントです。

総務省は、各党のホームページを使った広報活動について、「特定の候補や政党の投票を呼び掛ける内容の場合は、公職選挙法上、問題がある。ただ、通常の政治活動の範囲内ならば、直ちに違法とは言い難い。違法かどうかの判断は警察が行う」としている。

ちなみに選挙に関して書いているこのエントリーはOKなんだよね。よくわかんないや。

知識や情報を投稿してポイントを獲得できる「とくネタ」が結構おもしろい。

 
サイバーエージェントは21日、Q&Aサービス「Sooda!(ソーダ)」で、自分が持つ知識や情報を投稿できる「とくネタ」を開始した。利用は無料で、8月26日にはモバイル版も公開する予定だ。

知識や情報を投稿してポイントを獲得できる「とくネタ」

サイバーエージェントかあ、ってのと、ぱっと見たサイトデザインが全然いけてないので軽くスルーしようとか思ったのですが、実際に見てみると結構おもしろいです。

「とくネタ」は、勉強や料理、ファッション、生活など、自分が持つ人に役立ちそうな知識や経験を投稿できるサービス。投稿内容は、「Sooda!」の他ユーザーから評価を受けることが可能で、評価内容に応じてランキング上位に入ると「Sooda! ポイント」を獲得できる。

参加している人は結構まじめで、皮肉が込められているような回答が出てきても荒れることなく回答欄が伸びていくのがおもしろいですね。

今夜部屋に巨大蜘蛛が出ました」というやつはすっかりネタかと思ったそんなこともなく、とても有益な情報が得られましたよ。これ読んでなかったら同じように退治していたところです。

マックポークを68円で買う方法 」というやつもいきなり最初のコメントの発言者のハンドルネームが「CAはヤクザ稼業」というのに、ちゃんとスルーされているし。

OKWaveとか発言小町系サイトなんですけど、参加するユーザがうまく管理できてそれらとは違うタイプのコミュニティに育てられればおもしろいことになると思います。

で、将来的には情報商材として売られているくだらない情報が全部公開されて意味ないものになるといいな、と思いました。

まあとにかく内容はいいものの、このサイトデザインというか操作感、ナビゲーションはちょっとなあ、という感じなんで、そこがんばってください。

楽天、検索履歴を収集...個人情報を無断利用?

 
楽天が同社の検索サイトにアクセスした利用者のパソコンから、他社サイトにアクセスした履歴に関する情報を収集し、広告配信に利用していることが判明し、行政や消費者団体なども巻き込んで問題視する声が強まっている。

楽天、検索履歴を収集...個人情報を無断利用?

え?今頃問題になってんの?って感じなのですが。

この行為自体に違法性はないが、「情報が勝手に収集されて気味が悪い」などという利用者の声に加え、インターネット広告事業者なども「広告価値を下げる」と批判している。

 問題が指摘されたのは、楽天が昨年6月から自社の検索サイト「インフォシーク」に導入した「楽天ad4U(アドフォーユー)」と呼ばれる広告配信システム。

この広告システムは非常にグレーで違法かといえばそうじゃないとも言えるんだけど、利用者が気づいていないところで閲覧履歴が利用されて広告が配信されているというのはやっぱり気持ち悪いし、姑息だよね。

本来であれば「あなたの閲覧履歴にアクセスし、最適な広告を表示させます。閲覧履歴にアクセスしていいですか?」と事前に表示すべきですよね。

アドフォーユーに対しては、ネットサービスの問題点などを論議する総務省の研究会で取り上げられ、消費者団体が「情報を無断で収集する行為だ」などと非難。総務省も「社会的なルールに反する」(消費者行政課)と批判的だ。

なのでルールとかモラルに反するとかそういう所から攻めていくしかないんですよねえ。

ちなみにこの問題になっている「ad4U」という行動ターゲティング広告システムはライブドアも採用しているようです。

「パンツ日記」であの日のはいてたパンツを記録

 

すごいなこれ、と思ったらカヤックだった罠。

「パンツ日記」であの日のはいてたパンツを記録

「デートのたびに同じパンツじゃ恥ずかしいけど、前のデートではいたパンツも覚えてないし」――そんな乙女の悩み(?)を解決するという携帯電話向けサービス「パンツ日記」を、ネットベンチャーのカヤックが開発した。
デートした日と、「ビキニ」「紐パン」などパンツの形、「総レース」「水玉」など柄、色を登録すると、パンツイラストを自動で生成。相手の男の子の"興奮度"や、デートの感想などコメントと一緒に保存できる。

なんで写真じゃなくてイラストにしたのか、というのはいろいろ議論があったかと思うのですが、写真にして「このパンツをお気に入りに登録する」とか「このパンツをお気に入りに登録した人は他にこんなパンツも登録しています」みたいな機能があるととってもソーシャルな感じが出るんじゃないでしょうかね。

プーペガールと連動できればもっといいですね。

東京スター銀行の「ローンダイエット大作戦」がおもしろい

 

がんばっているし、それなりのおもしろいんだけど全然話題になっていないようなので紹介記事を書いてみます。ちなみにまったく利害関係はありませんよ。ああ、利害関係が欲しいなあ。

loan-20090820.jpg

ローンダイエット大作戦:東京スター銀行

女の子3人が「ローンダイエッターズ」というチームを組み、ローンメタボ(要はローンで苦しんでいる人)を救う、というムービーを作って公開しています。

それなりにお金かかってますね。

結論としては東京スター銀行使ってローンを組み直すといいよ、ってことなんですけど、その判断は人それぞれに任せるとして、銀行がこういう形でプロモーションしている、ってのがすごいなあ、とまず思うわけです。

全4話あって、また1話目しか公開されていないんですが、中古ローン、クレジット、キャッシング、住宅ローンなんかでなんかよい対策はないかなあ、なんて考えている人は一度見てみるとよいかもしれません。で、これを機会に他の銀行だったらどうかな、というのもいろいろ調べてみるといいでしょう。

まあ、借りるときは審査があるんで、誰でも借り換えできるわけじゃない現実がそこにあるんですけどね。

AMNのイベント情報を一覧表示するWebサービス「ブログクラブ」がよくわかんない。

 
「ブログクラブ」は、AMNが実施するブロガーイベントやモニター企画などの情報と、ブロガーのプロフィール機能を組み合わせたコミュニティサービス。 AMNのイベント情報が優先的に配信され、参加募集中のイベントは一覧表示する。イベントは「ブログクラブ」からの申し込みが可能。

AMNのイベント情報を一覧表示するWebサービス「ブログクラブ」

今年の1月にAMNの徳力さんにモダシンラジオに出てもらった時からその名前を聞いていた「ブログクラブ」なんですが、その時聞いた説明だと実体がよくつかめず、まあそのうちサイトが出来たらわかるんだろうなあ、と思いつつ半年以上が経ったわけですが、そんなブログクラブがようやく公開されました。

で、公開されたサイトを見てみたんですが、やっぱりなんかよくわかりませんw

BlogPeople ReviewMe!」というのがあるのですが、それに今はやりの他のサービスの情報と持っているガジェット情報、そしてAMN得意のイベント情報を加えたって感じなのかな。

まあ、ざっと見た感じはそんな程度なんですが、きっと後ろではAMNの会社発展に寄与する壮大な何かが動いているんでしょうね。

で、さっそく参加してみたのですが、参加するときに自分のブログのカテゴリを設定しなきゃいけないようで、うちのブログもどっかのカテゴリにいれなきゃいけないんだけど、ほら、ブログってカテゴライズしにくいじゃないですか。そんなわけでどれにしたらいいのかわからないので「ライフスタイル」に登録したんだけど、そうするとブログクラブのトップページの「ライフスタイル」の項でうちで書いた記事が全部取り上げられちゃうようで、これはユーザは迷惑だろうなあ。ごめんなさい。

つか、登録したガジェット情報とかはどこで参照することができるんだろうか・・・。

で、どうやってトップページに書かれているように「様々なブロガーが作るネットワークとつながる!」ことができるんだろう・・・。

ほんとよくわかんないな。困ったぞ。また徳力さんにインタビューか!?

記者クラブを楯にして新聞を有料化しようと企てる人たち

 

記者クラブを楯にして新聞を有料化しようと企てる人たち:佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 - CNET Japan

CNETに掲載された佐々木俊尚さんの記事です。とりあえず必読、ということで。

ネットにやられちゃってまるで儲からなくなってきた紙メディアを扱う会社が「談合」のようなやり方である日一斉に有料化し、従わない会社は記者クラブから退会させることで既得権を守ろうとするような動きがあるよ、っていうお話です。ひどい話です。

記者クラブを楯にして情報を有料化するなどというこの暗愚な戦略が実現したら、新聞社はカネが再び儲かるようになって良いのかもしれないが、しかしそれはわれわれ国民にとって良いメディア空間といえるのだろうか? もちろん答はいうまでもない。

個人的には有料で情報を配信するのはいいと思うのですが、リンクと引用ができなくなると相当つらく、結果的にリンクと引用ができるところを選ぶことになると思います。

で、そういうリンクと引用ができるメディアのサイトが制裁を受け1次ソースにアクセスできなくなるとしたら、これはなんらかの方法で戦わないといけなくなるんだろうなあ、と思っています。

政治と有権者はきちんとダイレクトに直結するべきであって、このようなくだらない人たちに情報をフィルタリングさせるべきではない。

そうだ、そうだ!

ネット選挙 民主「全面解禁」、自民「サイトのみ、メールはダメ」

 
自民・民主両党ともネットを使った選挙運動解禁には積極的だが、民主は全面解禁を訴えている一方、自民はWebサイトのみ解禁し、メールは解禁しない方針だ。

ネット選挙 民主「全面解禁」、自民「サイトのみ、メールはダメ」

まあ、投票率が上がるのを避けたい人はたくさんいるし、政治に興味もって欲しくない人もたくさんいるんで、そういう人がどっちの党にどれだけ多いかってことなんでしょうね。

で、ネット上での選挙活動を許す/許さない、ですが、選挙期間中の誹謗中傷は言論の自由との兼ね合いで取り締まりがとても難しいと思うので、なんでもありにするか全面禁止にするしかないのかなあ、と思っています。

個人的にはネットから投票できればそれでOKで、別にWebやメールで選挙活動しなくてもいいかな、という気がしています。どうせ、それで儲かるのは大手ポータルサイトと代理店だけですからね。

中川淳一郎氏に聞く「ブロガーイベントはなぜ終わったのか」

 

『ウェブはバカと暇人のもの』の著者である中川淳一郎氏へのインタビューです。まあ、バカと暇人のものはウェブ以外にテレビもなんですけどね。

中川淳一郎氏に聞く「ブロガーイベントはなぜ終わったのか」

数年前から多数の企業が商品のプロモーションとして企画したブロガーイベント。ブログ上での口コミを狙い、注目度の高い個人ブログを運営するブロガーを集めて行うイベントだが、これが最近下火だという。一時期はIT関連企業だけでなく、サントリーなど大手メーカーがこぞって関心を示し、代理店も積極的にブロガーイベントの企画・運営に乗り出した。なぜここへ来て、開催数が減ってきたのか。

減ってきた理由としては2つあって、

1つは、実際のところバイラルマーケティングが成り立っていないこと。ブログ本文の後に、他の参加者のブログを紹介するリンクを貼っても、結局それをクリックしている人の多くは関係者だけといういびつな状況です。そのことにようやく企業が気付き始めた。

記事書いた→リンク掲載する→クリックするのは関係者のみ、という指摘なんですが、これは検索エンジンからの来訪者が考慮されていないのがちょっと違うかな。まあ、中期的展望でブロガーイベントを開催しないで即効性を求めている企業だとそういう解釈になる、というにはわかりますが。

ブログで書いた記事というのは今じゃなくて未来のいつかに威力を発揮するんですよ。

さて、2番目の理由ですが、

商品のターゲット層と、ブロガー・ブログの読者層が乖離してしまっている状態

ということで、これは例えば、

例えばコスメやファッション関係のブロガーイベントで「高感度でお洒落好き、日頃から自分磨きを心がけている女性100人に集まってもらいました」と唱っても、ふたを開けたらスタイリッシュとはほど遠い外見の女性たちだったりする。

ということで、まあこれは結局は間に入ってブロガー集めている代理店の問題だよね。

で、ブロガーイベントの次は?という問いに対しては、

ヤフートピックスに載ることです。

はいはい。

ちなみに「今現在、企業によるネットの試みで注目しているものはありますか?」という問いに対しては、

「サントリートピックス(http://topics.blog.suntory.co.jp/)」は、まだ宣伝っぽさが多過ぎて面白くないけど、もっと面白くすればポータルサイトに配信するニュースができるのでは......という意味で今後に期待したいと思っています。

と答えているのですが、その面白くする具体策としては、

例えば、サントリーの「プロテインウォーター」CMに出てくるゴリマッチョ・細マッチョの浴衣を製造元であるサントリーの女子社員が着てみました......とかね。

とかね、と、広報ブログという立ち位置をまったく考慮していないアイディアが素敵です。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書) ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

「うごメモはてな」、世界進出--「Flipnote Hatena」として5カ国語対応

 
はてなは8月13日、ニンテンドーDSi向けサービス「うごメモはてな」「うごメモシアター」の海外版「Flipnote Hatena」を北米で8月12日、欧州で8月14日(それぞれ現地時間)にリリースすると発表した。

「うごメモはてな」、世界進出--「Flipnote Hatena」として5カ国語対応

単純に「サポートどうするんだろう」と思ったわけですが。

Flipnote Hatenaは、任天堂製の無料ニンテンドーDSiウェア「Flipnote Studio(邦題:うごくメモ帳)」で作成されたパラパラマンガ作品を、閲覧、投稿できるサービス。英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の5カ国語に対応する。

普通に問い合わせメールなんかがマルチリンガルになるのはいいとして、揉め事、紛争、事件、法律や宗教、政治に絡んだなんか、が起きたらどう対応するのだろうか、なんてところに興味が集中している私です。既にインフラができあがっててその上に展開していくならいいんですけどね。

これがビジネス向けの有料サービスだったらまだどうにかなるような気がするのですが、無料の誰でも使えるサービスとなると海外にいる数え切れないほどの作為的な悪い人達に目をつけられないといいけど・・・。

イタリアのマフィアの子供がうごメモで楽しく遊んでいたんだけど、作品がdisれたりして子供が泣いちゃって親登場、なんてことありそうだよなあ。

という意味で今回のこの判断、すごいな、と思いました。

ネットベンチャーでもできるクラウド:「Amazonクラウド」の威力

 

ITmediaのこの記事を読みながらエントリーを書いてみるテスト。記事を書いているのは今泉大輔さん

ネットベンチャーでもできるクラウド:「Amazonクラウド」の威力

まず背景。

わたしが代表を務めるピーポーズでは、利用者の空き時間を売買できる「pepoz」およびブログパーツの「メルPEPO」という2つのWebサービスを提供している。

クラウドの有効性を語るにはまず現状を、ということで。

ホスティング会社同士の価格競争が激しくなっているため、毎月のサーバのレンタル費用は、いいホスティング会社を見つければ安く済む。1~2万人程度の会員に対して、ある程度のパフォーマンスを確保しながらEC(電子商取引)系のサービスを提供するには、サーバのレンタル費用は月間20万~25万円程度になる。サーバを3台ほどを借り、セキュリティ関連、サポート関連、バックアップ用ディスクなどのオプションを含めた金額だ。

3台でその値段は高くないですかね。うちだったらその値段じゃやってられないです。

毎月のレンタル費用以上に問題になるのが、サーバの「初期費用」である。これはおおむね月間のレンタル費用の3~5倍で設定されている。月間20万~25万円のサーバ構成を借りる場合、初期費用は100万円を超えることもある。事業の立ち上げ期には、この価格設定が非常に重くのしかかる。

最近は交渉次第で初期費用はどうにかなるかと。つうか初期費用100万なんて金額聞いたらネットビジネスから手を引いちゃいますよ。

で、Amazon EC2です。

Amazon EC2には初期費用という考えがない。ネットワーク経由でサーバの機能を使った分だけ支払う従量制の価格体系である。
日本では2008年1月ごろにAmazon EC2のもっとも早い利用者が出現している。彼らのブログにたまたま行き当たり、Amazon EC2が劇的に安いサーバ環境であることが分かった。

で、いろいろやって導入した結果は、

驚いたのは、Amazon EC2で動く弊社サービスの速さである。以前の環境では、中位機種のサーバを使っていたこともあり、動作がやや遅かった。これがAmazon EC2ではまったく感じられなくなり、Webページが気持ちよく表示されるようになった。さらに、サーバ関連の費用は実に80%も削減できた。

凄い話ですね。でも、ほんとかなあ。前が遅すぎた&高かっただけ、のような気も・・・。

で、次に問題点です。

いいことづくしのように思えるAmazon EC2だが、課題もある。6月11日の昼ごろ、pepozおよびメルPEPOのサービスが3時間程度停止した。原因は、Amazon EC2の物理サーバがあるデータセンターに落雷があり、電源トラブルが起こったためである。既存のホスティング会社であれば、すぐに緊急の電子メールで通知を流すところだが、Amazon EC2の場合はそのような措置はなかった。管理用のWebサイトにアクセスして告知用のページに入ると初めて事実が確認できたものの、お詫びのメッセージは掲載されていなかった。

これって単に外部から監視用のプログラムを動かしておけばいいだけの話のような。

1日あたりのPV数とか以前のロードアベレージがどうだったか、といったような話がないとここに書かれている記事をそのまま信用するのはどうかと思うし、どう考えてもブログパーツ配信用なんかには遅くて使えないと思うんだけどなあ。

日本にEC2のサーバー拠点ができればまったく問題ないんですけどね。

ReTweeterを使って今旬なつぶやきや人を見つけよう!

 

「ReTweeter 」というTwitter周りの新しいサービスが始まりました。

ReTweeter - あなたの Twitter つぶやきの発信力を解析します

ReTweeter (りついったー) は、Twitter で RT (ReTweet) された発言の読者数を調べるサービスです。RT された数と、RT したユーザーのフォロワー数から「のべ何人に、あなたの発言が配信されたか」を記録します。

例えば100人のフォローがいる人が「腹減った」と書くと、その「腹減った」という情報は100人のフォローワーに伝搬するわけですが、さらにそのフォローワーがそれを引用する形で自分の発言として発信するとその人のフォローワーにもその情報が伝搬するわけです。

つまり100人のフォローの中に1000人のフォローを持つ人がいると、結果として1100人に「腹減った」情報が伝搬するわけです。

そんなわけでフォローしてくれている人が少ない場合でもその中に多くのフォローワーを抱える人がいると場合によって発言内容の重要度が変わってくることになるわけで、そういうのを分析して直感的に理解できるようにしてくれるのが「ReTweeter」です(合ってるよな?)。

開発された方のブログ「19790401173.4」では、

* RT (ReTweet) されたあなたの発言が、のべ何人に見られているか分かります * いま RT されまくってる発言が分かります * いま RT されまくってる人が分かります

と、超簡潔にまとめられています。あ、RTというのはReTweetで「引用」とか「レス」みたいなもんです。

まあ、そういう小難しいことは置いといて、単純によく引用された発言を見たり、引用された人を見るだけでもおもしろいですし、引用された人のリストの中からこれまで知らなかった人を見つけてフォローするという作業にも役に立つかと思います。

ちなみに RT 自体は Twitter の公式な機能じゃないこともあり、ReTweeter で捕捉できてるのも完全ではありません。via や . から始まる RT ぽいのには未対応です。

ということで、公式な機能じゃない部分をあれやこれやでまとめあげるというのは実に地味な作業ですし、ある日突然書式が変わってしまうと集計できなくなっちゃう場合もあるんでこれから土日休日なしの生活になっていくんだろうなあ、と思いつつ、今後の発展に期待したいと思います。

スパムとエロが出てきたときにはどうするのかなあ。たいへんだなあ。

[オススメ]アップロードするだけで写真をレタッチしてくれるサイト「PicTreat」

 

できるだけ作業を簡単にしたい、と思うわけですが、このサイトはもうこれ以上シンプルにしようがないってぐらいシンプルです。なにせやることは写真を指定してアップロードするだけですから。

PicTreat - Free, Automatic Photo Retouching

そんなわけでレタッチのポイントとかパラメータはサイト任せになるんですが、これが結構いいです。

試しに数枚試してみました、肌の色がよくなったり艶やかになったりちょっとびっくりです。

そんなわけで、自分の写真持っている人は一度試してみるといいんじゃないでしょうか。

登録して会員になることなく利用できますし、レタッチした写真をダウンロードすることもできます。

また、レタッチ後の写真をFlickrとかFacebookにアップロードしたり、Twitterのプロフィール写真用に切り抜いたりすることもできます。

またブログにもアップロードできるんですが、このサイトは米国のサイトなので米国で有名なブログサービスはもちろんOKなんですが、その中にアメブロが入っていたのがびっくりです。

そんなわけでこれはオススメします。

ちなみに修正済みの写真をアップすると赤みが強調されたものになるだけなのでそれはやめておいた方がいいです。

JavaScript Wolfenstein 3D Engine

 

JavaScript Wolfenstein 3D Engine - Step 4: Enemies

以下、HTMLソース内のコメントから。

This file is part of the article series by Jacob Seidelin about creating a ray casting engine with JavaScript, DOM and Canvas.

PNGスプライトを使って壁なんかを描いているんですね。


ランプ
テーブル

にしてもすごいなあ。

女の子の嘘と本音がテーマのWebマガジン「東京ナイロンガールズ」

 

女の子の嘘と本音がテーマのWebマガジン「東京ナイロンガールズ」

レベルQは5日、"女の子の嘘と本音"をテーマにしたブログ形式のWebマガジン「東京ナイロンガールズ」を公開した。利用は無料。

この「東京ナイロンガールズ」というネーミングを見ると80年代前半のテクノとかパンクが流行ってた頃のネーミングパターンを思い出します。プラスチックスみたいな感じ?

そのネーミングの由来としては、

「東京ナイロンガールズ」の由来は、「くもの糸より細く、絹よりも美しく、鋼鉄より強い」といわれるナイロン素材と、繊細でありながら強さも持つ女の子を重ねあわせたという。

ということで、ケミカル感を期待していたのになんかちょっと違って残念。

スタッフはこちらのページで紹介されているのですが、ブログがなければ出会わなかったであろう人達が集まったというのが興味深いです。

さすがにこのメンバーだといざとなったら地上戦もさることながら空中戦の飛び道具もいくらでも屈指できるかと思いますので、「PV落ちたら胸の谷間の写真」を合い言葉にがんばってください。

NYLON JAPAN (ナイロンジャパン) 2009年 09月号 [雑誌] NYLON JAPAN (ナイロンジャパン) 2009年 09月号 [雑誌]

Twitterの"つぶやき"で24万円の罰金

 

なんで24万円という半端な金額?と思ったら2500ドルなのか。

"つぶやき"で24万円の罰金 チャージャースCBクロマティ

サンディエゴ・チャージャースのコーナーバック(CB)アントニオ・クロマティは、ソーシャルネットワークサービス「twitter」にチーム批判とも受け取れる書き込みをしたことで、チャージャースから2,500ドル(約24万円)の罰金が科された。

どういうことかというと、

今季のスーパーボウル制覇に向けてキャンプに参加しているクロマティは、スーパーボウルに届かない原因はキャンプの"ひどい食べ物"に起因しているのではないかと、「twitter」に書き込んでいた。この事態に対し、チャージャースのノーブ・ターナーHCは、現地4日にチームのスターCBに罰金を科すことを通達した。

選手たちに、組織に関わることとチーム批判を書き込まないように話してた上での事なので罰金は仕方ないかもしれないですね。

まあ、「王様の耳はロバの耳」みたいなもんで、禁止されると書き込みたくなるのはよくわかります。

男性からのメール、もらってビックリしたのは

 

調査リポート:男性からのメール、もらってビックリしたのは

ニワンゴは8月4日、「ニコニコ動画(ββ)」で実施した「メール」に関する調査結果を発表した。調査は、平日毎晩22時から生放送中の帯番組「とりあえず生中(仮)」の「ガールズトーク」で8月3日に行ったもの。20時43分に動画を視聴していた女性ユーザーのみを対象に実施し、約200秒間に1万 9444件の回答を得た

女性約2万人対象での調査結果です。

まず軽く驚くのが1日に送るメール数です。

1日に送るメールの数は「5通」が42.9%で最多となり、これに「0通」が30.5%、「10通」が15.7%と続いている。

なんかもっとたくさん送っているのかと思ったらそんなんでもないんですね。

で、タイトルにある「男性からもらってビックリする返信」は、

「デコメばっかり」という回答が48.6%と群を抜いており、以下、「やたら写真が添付されている」が21.9%、「レスが早すぎる」が16.0%と続いた。

男から男のメールでもびっくりですよね。

でも、デコメが完全にだめか、というとそうでもなく、

デコメばかりのメールであっても、逆に「そういうことに無縁そうな男性の場合、そのギャップが嬉しい」という意見も。

でも、デコメはあまり使わなさそうがよさそうですね。

ちなみにうちの娘ですが、パケホーダイに入っているので問題ないんですが、入っていない場合のパケット料金を見ると例外なく30万円ぐらいになっています。何にそんなに使っているかって聞いたらデコメだそうで、いろいろおもしろいデコメをたくさん見せてくれました。

最後に男性からもらって少し嬉しくなるメールというのをご紹介すると、

「ちょっと声聞きたいから電話しない?」が最多で32.8%。「疲れてそうだけど体大丈夫?」が31.0%でこれに続いている。女性に対する思いやりや気遣いが感じられるメールの好感度が高いようだ。

だそうです。がんばれ、男子。

プログラミング界で影響力がある30人、という英語の記事

 

30 Most Influential People In Programming

Today we want to show off our favorite 30 programmers who have inspired and influenced so many people to become better programmers.

ええ、わかりますよ。人それぞれご意見はあるかと思いますが、とりあえずこのサイトではこの30人を選んでいます。

順当な人から「おお!」という人までいてなかなか楽しいです。個人的にはAvie Tevanianを入れて欲しかったです。

30 Most Influential People In Web Design」というデザイン界で影響力のある30人の記事もありますのでそちらもどうぞ。

Webが登場した時、Webはどのように報道されていたか。

 

そういわれてみると興味ありますね。

'Electronic library' - how the web was reported | Latest news | News.com.au

IF you find internet jargon confusing today, spare a thought for readers who were first introduced to terms like "web" and "hyperlink" more than a decade ago.

Webが登場した90年代当初、新聞はWebをどのように説明しようとしていたか、というのをまとめた英語の記事です。

1995年のNY Timesではこんな言い方をしたそうです。

"The Web is the popular multimedia branch of the Internet,"

その他には、"electronic library"とか"publishing environment"、そして"a way to navigate the Internet via hypertext-links"という言い方もあったようです。

メルボルンのHerald Sunの1994年の記事では、

"The World Wide Web is the newest, easiest and arguably most exciting part of the Internet,"

と言っているのですが、さらに

"Web documents can contain graphics, sound samples and video clips."

とも言っています。

その他にもいろんな表現がありますので、英語でたいへんでしょうけど、リンク先の記事を見てみてください。

皆さんは最初に誰かにWebを説明されたときにどんな風に説明されましたか?

これはどんぐりです。

Gmailから別のメールアドレスで送る時に「On Behalf Of 」を付けない方法

 

Official Gmail Blog: Send mail from another address without "on behalf of"

Quite a few of you use Gmail's custom "From:" to send messages with one of your other email addresses listed in place of your Gmail address. Since these messages are sent by Gmail's servers but "from" a non-Gmail address, we have to include your original Gmail username in the "Sender" field of the message header to comply with mail delivery protocols and help prevent your mail from being marked as spam.

「極めて少数の人がGmailのFromにgmail以外のアドレスを指定して使っている」というのがまずちょっとびっくり。私はFromにいろんなアドレス指定して使っていますから。

で、gmailじゃないメールアドレスをFromで使うとFromとReply-Toはそこのアドレスになるんだけど、senderにはgmailのアカウントが入るそうです。

Most email programs just display the "From" address and not the "Sender" field, but some (including versions of Microsoft Outlook) show these messages as coming "From username@gmail.com On Behalf Of customaddress@mydomain.com" which really annoyed people.

で、多くのメーラーはSenderじゃなくてFromフィールドに入っているメールアドレスを送信元として表示するんで問題ないんだけど、Microsoft Outlookの場合、バージョンによって"From username@gmail.com On Behalf Of customaddress@mydomain.com" なんて表示になるようです。

で、これはうざいよね、ってことでこういう表示をしないようにすることができるようになったようです。

GmaiのSettingのAccountsのSend mail asに表示されているメールアドレスで、こういう風に表示させたくないメールアドレスのedit infoをクリックして表示されたウィンドウからSMTPサーバーの設定をしてあげればOKのようです。

「NewsGator Online」サービス終了、Google Readerへ移行推奨

 
米NewsGatorは30日、オンラインフィードリーダー「NewsGator Online」のサービスを8月31日をもって終了すると発表した。利用者には、Google Readerに移行することを勧めている。

「NewsGator Online」サービス終了、Google Readerへ移行推奨

えっ!

NewsGatorは、「NewsGator Online」とシンクロ動作するRSSリーダーソフトを開発・配布している。Windows版では有名なFeedDemon、Mac版の NetNewsWire、NetNewsWire for iPhoneだ。これらのソフトは、「NewsGator Online」とシンクロ動作し、新たにフィードを追加したり、記事を既読にすると、他の環境にも反映できる機能を提供していた。

私はローカルのRSSリーダーにNetNewsWireとNetNewsWire for iPhoneを使っています。未読/既読がMacとiPhoneで共有できるのと、使い勝手が気に入って使っているわけです。

そんなわけで、RSSを収集してあれこれしてくれるサーバー側がサービスを終了、ということでGoogle Readerをサーバーにすることになりました。といってもクライアント側の使い勝手などは変わらないので実質何も変わっていないようなもんなんですが。

NewsGatorでは、「NewsGator Online」を終了するにあたって、Google Readerチームと連携し、FeedDemonやNetNewsWireがGoogle Readerとシンクロできるようにしたという。そのためNewsGatorでは、サービスを終了する8月31日までに、Google Readerへの移行手続きを完了するよう強く勧めている。

さっそく移行するべく作業してみました。

まずこのページに行くと、作業手順が書かれているのでそれに従います。Mac版のNetNewsWireだとこれしかないんですけどねw

1. Download the latest version of NetNewsWire 2. Sign-up for a Google Reader™ account 3. Associate your Google Reader account with your NetNewsWire product. A step-by-step wizard is provided within the new version of NetNewsWire to assist you with this process.

新しいバージョンのNetNewsWireをダウンロードしろ、と書いてあるのでこのページにいってダウンロードしました。

Mac版はベータが用意されているのですが、iPhone版は現在作業中ということでまだダウンロードできませんでした。

で、ダウンロードして起動するといきなりGoogle Readerのアカウント設定のパネルが表示されるので、そこにアカウントとパスワードを設定すると、購読しているFEEDがGoog;e Reader側に登録されてあっという間に終了です。

今後はNewsGatorは何をするのかな。とてもいいソフトを作る会社なので今後も期待です。

日本語に訳すると「Webデザイナーのための40の便利なフリーのGUIアイコンセット」

 

40 Free and Useful GUI Icon Sets for Web Designers

Here's a showcase of 40 Free and Useful Icon Sets for your reference. Full list after jump.

ということで、ありがちなタイトルなんですが、40個のGUI用アイコンセットがまとめて紹介されています。

すでに知らせているセットもありますが、知らないセットもあったので取り上げてみることにしました。

どれも同じような気がするんですが、どれも同じ、ということはこれが今のトレンドってことなんですね。

こういうのは便利な反面、足りないアイコンがあるとそのセットのテイストで作ってあげなきゃいけないわけで、これが結構面倒なので自分で作れるぐらいのセットを選ぶ、というのが大事なのかもしれません。

全然「初心者の利用ハードル」を下げていないTwitterのトップページリニューアル

 

日本語のページだけど。

米Twitterは7月28日、Twitter(英語版・日本語版)のトップページをリニューアルした。「初心者の利用のハードルを下げるため」デザインを変更したという。

Twitterトップページ刷新 「初心者の利用ハードル下げる」

従来は、Twitterの紹介文やログインフォームを表示していたが、新たに、Twitterの投稿内容を検索できる検索窓や、話題のキーワード(英語のみ対応)を表示するデザインに変えた。

キーワードが英語だらけ、というのとtwitterはどういうものでどう使うのか、なんて紹介がまったくないんで、初心者は全然わかんないと思うよ。

いきなり「みなさんが何をつぶやいているか見てみましょう」の下に検索窓があっても当惑するばかりです。「何をつぶやいているのか」を知りたいのに「何についてどうつぶやいているか」を検索させてどうする、って感じです。

ヘルプ見てもいきなり「日本語の検索がうまく動いていないのはなぜ?」なんていきなりレベルの高いネガティブな質問から始まっているし。

昔からのこのユーザビリティの悪さをわざと意図的にやっているとしたら、競合は追従できないよなあ。

http://twitter.com/

NTTPCが個人向けのレンタルサーバー開始、ターゲットはなんと「主婦層」

 

NTTPCが個人向けのレンタルサーバー開始、ターゲットは主婦層

NTTPCコミュニケーションズは28日、ドメイン名登録サービス「名づけてねっと」において、レンタルサーバーサービスを開始した。ホームページを作成・運営するためのCMS(コンテンツマネージメントシステム)を備える。

エントリープランというのは、Web容量が500MBで、メールボックス容量が100MB、メールアカウントは1個作成できて年1500円。

スタンダードプランは、Web容量が2.5GBで、メールボックス容量が500MB、メールアカウントは5個作成できて年6000円

まあ、エントリープランだったら月125円なんで1つぐらいアカウント持っててもいいかもしれないですね。

で、ターゲットは「主婦」なんだそうです。

NTTPCでは、「他社のレンタルサーバーサービスは高機能化を図っているが、『名づけてねっと』では最低限必要な機能を提供し、すべてCMSで運営できるようにすることで、ユーザビリティを重視している」と説明。主なターゲットを「主婦層」とし、今までレンタルサーバーを利用したことがないユーザー層の獲得を狙う。

で、主婦層を狙うにあたり市場リサーチをしたそうです。

「S社のサービスはITリテラシーの高い30~40代の男性がメイン。P社のサービスは、女性が多いが、ホームページではなく付属するブログ機能の利用がメイン」だという。「名づけてねっと」は、「ブログ感覚で、ブログだけでなくホームページも使ってもらう形にしたい。広告が表示されない点や、独自ドメインで開設できる点が無料ブログとの違い」とした。

S社はSakuraでP社がペーパーボーイかな。

個人的には主婦層というのはとてもむずかしい層で、ペーパーボーイのレンタルサーバー使わない主婦の「なぜ使わないのか」という理由を考えてみると、今回のNTTのやつも難しいんじゃないかと思う次第です。まあ、つまり根本的に「必要ない」んだよね。

で、そういう層をターゲットにしちゃうと機能不足で他のユーザからも相手にされず、っていう状況になっちゃうような気がします。

あとFAQが難しすぎますね。これはFAQなのに質問そのものがわかんないと思うw

あとログインIDを取得してからでないと問い合わせメールが送れない、というのも改善した方がいいと思います。登録する前に聞きたい質問もあるし。例えば「帯域制限はありますか?」みたいな。

それと電話での質問には対応していない、ってのは、ほんとに主婦ターゲットなんだろうか・・・。

なんだかなあ。

"出会い系"化する婚活サイト

 

プロフィールに「年収1000万以上」と書けばホテル行き、だそうです。

1カ月5人もイケる..."出会い系"化する婚活サイト

婚活ブームのなか、男女の出会いを取り持つ「婚活サイト」が活況を呈している。犯罪のイメージが強い従来の「出会い系サイト」に対し、安全・安心をうたう婚活サイトは利用者が急増中だが、実はその裏で「出会い系愛好者たちの"狩り場"になっている」との証言もあるのだ。

まあ、婚活という言葉でラッピングしていますけど、本質的には「出会い」系ですからね。

 「プロフィルには『年収1000万以上』と書いています。食いつきがいいですからね。最初に会う時は、なるべく誠実に接し、次の約束を取り付け、それが1週間以内なら、ホテル行きはほぼ決まりです。まれに焦らす女性もいますが、そういう場合は3回目でリリースする(=あきらめる)ことにしています」

だそうです。思い当たる事がある女性もいるのではないでしょうか。でもきっと騙された、と認識している人は少ないんだろうなあ。

そのつもりは最初からないんだけど、なんかトラブったら「結婚を前提に考えていましたが、ちょっと性格的に合わないようなので」で、一発クリアだもんな。

で、そういう婚活サイトって審査等厳しいんじゃないの?と思うわけですが、

しかし、前出の男性は、「審査はなんとでもごまかせます。規制強化で無料の出会い系はほとんど消えて有料サイトばかりになりましたが、コストパフォーマンスから言うと、無駄なポイントでカネを消費させられる出会い系より、真剣に男を探している婚活サイトの女性を狙うほうが実は効率的なんです」と打ち明ける。

ま、「婚活」も「家事手伝い」が「ニート」って呼ばれるようになってそれじゃあまりにもイメージ悪すぎるので出てきたようなもんで、本質的には「自宅警備員」と変わらないのでそろそろブームが終わる頃なのかもしれません。

新手の身代金要求マルウェア、ブラウザ画面に消せない広告

 

やられちゃった人はかわいそうだと思うんですが、単純にどういう仕組みでやっているのかな、というのには興味あります。

新手の身代金要求マルウェア、ブラウザ画面に消せない広告

それによると、このマルウェア「Ransompage」に感染すると、ユーザーがブラウザで閲覧するすべてのページに、下着姿の女性をあしらったロシア語のバナー広告が表示されてしまう。ページをスクロールしても、画面下部の広告はしつこく表示され続ける。
バナー広告の文言は「この広告モジュールの解除を希望する場合、下記の番号にショートメールを送信すれば、削除のために必要なコードが送られて来ます」と促す内容。有料番号にメールを送らせて金銭を脅し取る狙いとみられる。

ホームページ(ブラウザが起動したときに最初に表示されるページ)がエロサイトのものに書き換えられてどうしてよいのかおろおろしちゃう、って人はたくさんいるわけで、特にそれが会社のPCだったりすると一刻も早く秘密のうちに問題を解決したいと考えるのが普通だと思うので、こういうやり方は効くんでしょうね。

Twitterの国内利用者の年代、20代が22.17%、30代が20.94%、40代が35.15%

 

Twitterの国内UU急拡大 半年で4倍に

ネットレイティングスの調査によると、Twitterの6月の国内ユニークユーザー(UU、家庭と職場からのアクセス)は78万3000人で、1月の20万人から約4倍に増えた。

で、その内訳は、というと、

男女比は、男性が57.68%、女性が42.32%。年代別では20代が22.17%、30代が20.94%、40代が35.15%となっている。

40代が一番多く、30代が一番少ない、というのは不思議な結果ですね。

mixiが低年齢化したのでそれに嫌気をさした40代がtwitterに来るのはわかるだけど、30代はまだまだmixiで楽しんでいるのかな。

米YouSendIt、フォルダ丸ごと送信できるOutlookプラグイン公開

 

有料版だと最大2GBものファイルを送信可能な米YouSendItがOutlook用のプラグインをリリースしたようです。

米YouSendIt、フォルダ丸ごと送信できるOutlookプラグイン公開

YouSendItでは、最大で2GBのファイルを受け渡すことができるストレージサービスを提供している。一方、メールで大きな添付ファイルを送信すると、エラーや送信遅延が出るなどのトラブルが発生することがある。そのためファイル添付メールよりは、YouSendItのようなサービスを利用すると便利なことが多い。

無料版でも100MBですから、普通の人だったらこれで十分なんじゃないでしょうかね。動画ファイルなんかを送りたくなったときはその威力を発揮することでしょう。

まあ、メールで送るよりどっかのストレージサービスにアップしてそのURLをメールで知らせる、って方がお互いいいとは思うのですが。

twitterを使って1行のプレスリリースを送る有料サービス「Muck Rack」

 

まず @minako 

そんなわけでヒwiヒヒerじゃなくてtwitter使ってプレスリリースを送るサービス「Muck Rack」です。130文字Maxで1文字あたり$1、最低$50という料金体系です。

Send a One Line Press Release on Muck Rack

Deliver your message to top journalists on Twitter in a concise format they'll read.

プレスリリースをメディアに送っても取り上げてくれない場合があるわけですが、twitterでフォロワーがたくさんいる人に届けることができればもしかしたら効果を発揮するかもしれません。

130文字でプレスリリースの概要を書いて、あとは全体が掲載されているページへのリンクを入れればOK、という感じのようです。
このサービスをMashableでも取り上げていました。

Are Media and PR Pros Ready to Embrace the Twitter-Sized Press Release?

Muck Rack, a site primarily known for aggregating tweets from journalists in real-time, has just pressed go on a new type of press release -- the one line Twitter-style release.

「one line Twitter-style release」かあ。

まあ実際にはどの程度の効果の違いがあるのか測定してみないとわかりませんが、従来のメニューにプラスする、ぐらいの感覚で最初は無料で提供してみるといいのかもしれませんね。

で、コメント欄も結構おもしろく、「pr140.comが#pr140というハッシュタグ使って同じようなことやっているよ」とか「ダメなんじゃね?」といろいろあるわけですが、未来はどうなるかわかんないよねえ。

これはおもしろかったよ。「ドミノ・ピザ」、注文受付サイトで調理/配達状況の確認を可能に

 

「ドミノ・ピザ」、注文受付サイトで調理/配達状況の確認を可能に

「ドミノ・ピザ」は、注文受付サイトをリニューアルし、「ドミノオンライン本店」(パソコン向け、携帯電話向け)としての運営を開始した。注文品の調理から配達までの状況を追跡できる新サービス「ピザトラッカー」を用意している。

先日の海の日の休日にドミノピザをオンラインで注文したんですが、注文が終わるとトップページにリダイレクトされそこにこの調理/配達状況が表示されててびっくりしました。

ステータスがいくつかに分けられてて、「受注」「作る」「焼く」「配達」を表すアイコン(ごめん、これはっきり覚えていないけど、こんな感じだった)がそれぞれのステータスにあるとき色つきのものに変わる、というものでした。

最初はオンラインで注文したにも関わらず「受注」がアクティブにならなくてちょっと不安だったのですが、知らないうちに色つきのものに変わっててびっくり。

そうこうしているうちに「作る」とか「焼く」に変わっていってまたまたびっくり。

奥さんに「今焼いているらしい」というと「なんでそんなことがわかるの!?」と同様に驚いていました。

で、しばらく「焼く」を見てたらピンポーンと呼び鈴が鳴りピザが届きました。あれ?配達アイコンがアクティブになる前に届いたよ。

実際に注文しないとこのアイコンが表示されないので、次回ピザを注文する機会があれば是非ドミノピザを頼んでみてください。その際はうちのブログの右側のサイドバーにおいてあるドミノピザのバナーをクリックして注文してもらえると幸いです。

ちなみにもしこの記事をドミノピザの中の人が読んでいたらお願いしたいんですが、注文が決まって配送先を指定するときにプルダウンで「配送先1」みたいな感じで表示されるのですが、その「配送先1」の中身(内容)が現在どうなっているのかわかんないし、確認する方法がよくわからずとても不安になったので、そのあたりを直していただけると幸いです。

さらに言えば、現在のステータスを表示しているページでのビデオがとてもうざく、ステータスを確認するためにずっと表示していると延々繰り返されるのでイライラします。フリーケンシーコントロール入れるかユーザ側で止める手段を提供してもらえるとまた嬉しいです。

西川史子さん婚約者の「公式ブログ」が"異常"というので見ていたら

 

【やじうまWatch】 西川史子さん婚約者の「公式ブログ」が"異常" ほか -INTERNET Watch

婚約者、福本亜細亜さんの「公式サイト」がどうも妙な具合で、ネットには「西川の婚約者は異常だ」との評判も飛び出ている。2006年に参院選に立候補した時期に開設された公式サイトは、ウィキペディアからもリンクされているのだけれど、ブログへの投稿の表現がむちゃくちゃなのだ。一見、普通の日本語のようでも、読んでみるとつながらない。これは俗に「ワードサラダ」と呼ばれる、検索エンジン向けのスパムブログになっているようだ。

ああ、これはアカウントが破られていますね。

福本亜細亜さんの公式ブログ「アジアに福を呼ぶ!サイト」の最近の記事の「コラーゲンを探しとったちう」というやつですが、これはこんな内容になっています。

寝過ごしたさかい急いで仕事に行ってきたんや。本日の業務は楽勝やった。そないなこないなで業務がはねたらお楽しみや。今日はいつものようにショップに寄ってきたんや。今日のお目当てはコラーゲンや。きょうびコラーゲンを探しとったちうワケや。トコで帰宅してネットでコラーゲンを探索してみるとあれやこれやと発見できたさかい紹介しておきまんねん。

で、多分これの原文は「話題のテレビニュース」というブログのこの記事だと思います。いや、これすら原文じゃないんだろうな。もはやどれが原文かわかんないw

寝過ごしたので急いで会社に行ってきました。今日の業務はハードでした。そんなこんなで仕事が、はねたらお楽しみです。今日はいつものようにショップに寄り道してきました。今日見たかったのはcoolpixです。ちょうどcoolpixのことが気にかかっていたのです。ところで自宅に戻ってインターネットでcoolpixを探してみるとあれこれ見つかったので紹介しておきます。

RSSでこの記事とってきて大阪弁変換かませて、あとはXML-RPCで投稿、というプログラムが動いているんでしょうね。

他の記事も基本同じような変換をやっていますね。

日中保湿乳液はアテニア」というエントリーの中の「午前中にできるだけエネルギーとうるおいをチャージ」というフレーズでぐぐってみると、他のワードサラダ系のブログがいくつもみつかります。にしてもいろんなバリエーションがあるなあ。

あとは記事中のリンク先のドメインですが、JAAV.INFOとかCIAWASE.COMとかXO5.BIZはどれもDIGIROCK.Incを使っているんで、まあドメインマニアの同じ人がやっているんでしょうね。

もうアカウントはパスワードも変えられているだろうから、とりあえずWikipediaのページのリンク情報をするんでしょうね。

goo、マニフェスト比較などを掲載する衆院選特集

 

goo、マニフェスト比較などを掲載する衆院選特集

公示日以降は、全立候補者情報や各党首インタビューなどを掲載。加えて、各党のマニフェストを比較できるコーナーも用意する。

このマニフェストが今回はきっと人気獲得のためにめちゃくちゃになるような気がするんですが、それについては各党が発表したらまた意見を書いてみようと思います。

そんなわけで、めちゃくちゃなんだからこの機会にどこかの党は「AVビデオからモザイクを無くします!」宣言しないかな。

もちろんこういう意見に対しては明確に反対する集団はあるだろうからそことの対決になるわけですが、これで盛り上がり2009年総選挙がのちのち「モザイク選挙」と呼ばれるようになったらおもしろいなあ、と思うわけです。

「少子化対策」とか「日本以外の諸外国は・・・」という大義名分で結構いけると思うんだけどなあ。

そんなわけで、gooのこの特集ページを読んでブログに総選挙の記事を書いたら是非トラックバック・ピープルの「2009総選挙」にトラックバックしてくださいね。

Firefoxを使ったHTML 5のドラッグ&ドロップの紹介&デモ

 

HTML5 drag and drop in Firefox 3.5

Firefoxを使ったHTML 5のドラッグ&ドロップの紹介&デモのブログ記事です。
個人用メモ。

デモのページはこちら

IEがHTML5対応になってくれないとどうしようもないんだけど。

あ、でもそのうちIEでHTML 5のドラッグ&ドロップを可能にするJSってのがきっと出てくるんだろうな。

AMN、ウェブを盛り上げるプレゼン大会「WISH2009」を開催:ニュース - CNET Japan

 

AMN、ウェブを盛り上げるプレゼン大会「WISH2009」を開催

アジャイルメディア・ネットワークは7月16日、将来性のあるウェブサービスや端末をプレゼンテーションできるイベント「WISH2009」を8月21日に開催することを発表した。

8月21日は金曜日ですか。今年のお盆休みってどうなるのかなあ。

WISH2009は、ウェブ関連サービスや端末を開発している企業や個人に、メディアやブロガーに向けてサービスや端末をアピールする機会を提供することで、知名度が低いけれども可能性のあるサービスや端末が飛躍するきっかけを作る。プレゼンの時間は7分間。

何社/何人ぐらいがプレゼンするんでしょうか。

なんにしてもこういうプレゼンはどれもおもしろいので参加申し込みしてみようと思います。

応募フォームはこちらです。

また、自分のブログやTwitterでイベント告知やイベントレポートをする「WISHサポーター」も募集する。応募フォームはこちら。WISHサポーターはイベント参加費が無料となる。一般参加者は3000円を予定している。

あ、有料なんですね。ならばサポーターにならなければ!

GoogleからAdSense 最適化キャンペーンのご案内

 

Inside Adsense - 日本語: Google AdSense 最適化キャンペーンのご案内

この度、Google AdSense は、AdSense 最適化のおもしろさを体験しながら収益向上を実感していただくための、アカウントマネージャーによる最適化キャンペーンを実施いたします。

何をするかというと、

最適化キャンペーンでは、参加されたサイト運営者様のウェブサイトをアカウントマネージャーが拝見し、サイト運営者様のご意向を踏まえながら効果的なレイアウトや広告カラーの設定をスクリーンショットにて個別にご提案いたします。「ページビューは高いけれども収益が伸び悩んでいる」、「クリック率の低迷に悩んでいる」といった方に特にお薦めします。

おお、これはすごい。アドバイス受けるのは無料なんだよね。

本キャンペーンにご興味のある方は、日本時間 2009 年 7 月 20 日 (月) までに AdSense アカウントにログインし、[アカウント情報] の [メール設定] の [個別のアドバイスや収益向上のヒント] にチェックを入れてください。チェックを入れている方へ 2009 年 7 月 22 日以降、最適化キャンペーンのご紹介メールを送付いたします。

ん、見つからないぞ、と思ったら、
[アカウント情報] の[言語とコンタクト先の設]の中にある [メール設定] の「その他の通知カテゴリ」リンクをクリックした先にありました。

まあ、アクセス数見て多いところから、なんだろうからうちみたいなブログは相手にしてもらえないと思うのですが、もしかしたら、ということで期待して待ってみようと思います。

同じサイトを見ているユーザー間でチャットできるIE用アドオン「Nesutu(仮)」

 

同じサイトを見ているユーザー間でチャットできるIE用アドオン

情報処理推進機構(IPA)が実施した2008年度下期の「未踏IT人材発掘・育成事業」に採択され、支援を受けて開発されたツール「Nesutu(仮)」が、14日に正式サービスを開始した。
「Nesutu(仮)」は、同じWebページを閲覧しているユーザーのアバターをブラウザ上に表示し、チャットなどができるツール。Internet Explorer 5以上に対応するアドオンとして無償ダウンロード配布している。

昔、OdigoというIMがあって、それが同じように「同じサイトを見ている人とチャット」できました。Firefoxにもそんな感じのプラグインがありましたね。

で、一見おもしろそうなんだけど、結局こういうのってだめなんですよねえ、歴史的に。

この「Nesutu(仮)」は技術的に新しい要素とかいろんな機能が用意されているんですが、基本となるコンセプトが黒歴史を持っているんで、なんかもったいないなあ、と思いました。

ちなみにOdigoは海外では結構受けていたんですが、日本で受けなかった理由として、例えば野球場に行ったときに日本人は隣の見知らぬ人と「Hey!今日の相手のピッチャー、調子良さそうだと思わないか?」なんて会話しないよね、みたいなところで結論がでてたような記憶があります。

ネット犯罪者目線で手口を告白、実話をもとにした短編動画

 

ネット犯罪者目線で手口を告白、実話をもとにした短編動画

トレンドマイクロは13日、ネット犯罪の実話をもとにしたショートムービー「サイバー犯罪者たちの告白」を公開した。映像を通じてネット犯罪の手口を理解してもらうことが狙い。映像の各所に用語解説を入れるなど、セキュリティに詳しくないユーザーでも理解できるという。

見てみました。おもしろかったです。
家族に一度見せたいな、と思いました。

「サイバー犯罪者たちの告白」に収録されているストーリーは「セキュリティソフト詐欺」「豚インフルエンザ」「メモリーカードで無差別テロ」「犯罪地獄に変わったオークションサイト」の4話。いずれも実話をもとに撮影されたもので、犯罪者の視点から最新のネット犯罪の手口が紹介されている。

役者さんがいい味出していますね。

例えば「セキュリティソフト詐欺」では、路上駐車中の車に偽の駐車禁止シールを貼り付ける手口を紹介。駐車禁止シールを模した偽のシールには「Webで手続きをしてください」と記載されている。この指示に従った車の所有者は不正サイトに誘導され、偽セキュリティソフトを購入するように促されるという。

ああ、これは引っかかってしまうかもしれないなあ。

怖い世界です。安いから、という理由でわけわかんないサイトで買い物すると後からたいへんなことになるので、十分注意しなきゃ、ですね。

今自分がいる場所をPC版Google mapsでも教えてくれるようになった

 

PC版(Macもかな?)のGoogle Mapsで現在自分がいる位置を表示させることができるようになったそうです。

これってiPhoneとかケータイ版とかでは既にあった機能ですが、それがPC版にも搭載されたというわけですね。

で、Firefox 3.5とChromeでのみ使える機能のようなのですが、それをどう起動させればよいのかしばらくわからず右クリックしたりあれこれやってみたんですが、ようやくわかりました。

下の画像の手のアイコンと人のアイコンの間にある丸いやつをクリックすると自分の現在位置を検索してみつかればそこの地図を表示します。

gmap-20090710.jpg

無線LANのアクセスポイントで位置を探しているようなので有線でLANにつないでいるとうまく動きません。

ちょっとしたことなんですが、クリック一発で現在地の地図を表示できるようになったというのはいいですね。初めての土地だと自分がどこにいるかすらわからなくなりますから。

MacのFirefoxも3.5にしようかな。プラグインが動かないのがあるので敬遠しているんですよ。

iPhoneに雑誌を有料配信 電通などスタート、年内に30社50誌

 

iPhoneに雑誌を有料配信 電通などスタート、年内に30社50誌

電通は7月8日、電子化した雑誌コンテンツを携帯電話などに配信する「MAGASTORE」(マガストア)を今夏に開始すると発表した。まずiPhoneアプリとしてスタートし、順次一般の携帯電話やPC、ゲーム機などに拡大する計画。約20社から約30誌の参加が決まっており、年内に約30社・50誌以上に拡大する見込みという。

方向性はいいんですけどね。多分iPhoneで購入したコンテンツをPCで見る時はまた買い直さないといけない、なんて事が平気でありそうで怖いですね。

サイトにアクセスするとまだ案内しか掲載されていないんですが、

人気雑誌がそのままiPhoneから読めます。

って多分産経新聞のiPhoneアプリと同じような感じで紙の印刷イメージそのものなんでしょうね。

でも、

バックナンバーも購入することができます。

なんてのはいいかもしれません。どんな形にしろ読みたい/見たいものが見れるわけですから。

そんなわけでどんな実装になるのか楽しみです。

米Yahoo!、検索作業を支援する「Search Pad」ベータ版公開

 

米Yahoo!、検索作業を支援する「Search Pad」ベータ版公開

「Search Pad」は、ユーザーがYahoo! Searchで何らかの調査を行っていると判断した場合に自動的にメニューが表示され、ユーザーがクリックしたページの履歴がノートとして保存される機能。

そんなわけで「Search Pad」を試すべく米国Yahoo.comにアクセスしてみたら、トップページが結構変わっていたのでびっくりしました。そういえば久しぶりだな。

左側に並ぶカテゴリに「>」マークがついているのでそれをクリックするとiPhoneみたいな感じで左にスクロールするのかな、と思いつつクリックしてみると、プレビューが表示されました。まあ、なんというか、単に広告を表示させたいだけ、ですよね。

で、「Search Pad」ですが、検索すると右上の方にそれが現れます。

検索結果をクリックしてページを見て検索結果ページに戻ってみると、その「Search Pad」に今見たページが記録されています。

で、単に閲覧履歴を勝手に保存するだけじゃなくてメモを作成して保存しておけたりするようです。で、それをメールしたり仲間と共有したり・・・と今っぽい仕組みが用意されています。

これが便利なのかどうなのかわかんないけど、閲覧履歴がサイトのサムネール画像付きで簡単にアクセスできると困っちゃう人はたくさんいるんだろうなあ、と思う次第です。ちなみに「Search Pad」のメニューからOffにもできます。

ビットマップデータをベクターに変換するサイト/ソフト「Vector Magic」

 

Vector Magic | Precision Bitmap To Vector Conversion Online

Convert bitmap images like JPEGs, GIFs and PNGs to the crisp, clean, scalable vector art of EPS, SVG, and PDF with the world's best auto-tracing software.

オンライン上でも自分のPCでもどちらでもビットマップ画像をベクターデータに変換することができるのですが、オンラインのお試し(2回だけ!)はあるものの基本有料です。

オンライン版が月$7.95、デスクトップ版が$295という値段です。

ビットマップ画像のトレースのお仕事やっている人で、AdobeのStreamlineじゃお話にならない人だったら有益かもしれないですけど、普通の人はあまり関係ない話かもしれません。

日経ビジネス Associe(アソシエ)でモダシンが紹介されていました。

 

【5】「好奇心旺盛なオトナによる、上質の雑談」を楽しめる - 日経ビジネス Associe(アソシエ)

今回もベテランのブログをご紹介します。

著者である四家さんから「紹介してもいいか?」と打診がきたので「どうぞどうぞ、いやむしろありがとうございます。」と返事したもののいつ掲載されるのか、とか、どんな内容になるのかわからなかったのですが、今日アクセス解析見てて気づきました。

この記事ですが、基本的に「褒める」というのが前提なのですが、わかってても嬉しくなりますね。記事中で引用されている私の過去のエントリーに解説がついていると、「おお、伝わっているな」というのがわかり余計嬉しくなります。「今日のラッキーさん」でブログの紹介記事を書くと時々「ありがとうございました」というお返事が返ってくることがあるんですが、その時の相手の気持ちがわかったような気がしました。

気になっていた私のポッドキャスト「Modern Syntax Radio Show」については

パーティ会場や飲み会の席などでゲリラ的に生録音された番組は臨場感抜群です。開始当初から定評あるトークの上手さは、最近ではもうすっかりベテランパーソナリティの域に達しています。インタビュー役に徹してゲストを立てたかと思えば、立て板に水のフリートークを連発したり、酔っ払ってわーわー騒いだりと変幻自在。

最近はゲストをお願いすると快く引き受けてくださる人が増えてきたのが嬉しいです。あんな内容なのにw

どの録音もほとんど事前打ち合わせなしでいきなり録音し始めますので、私も予備知識がほとんどないわけで、でも逆にそれが故に聴いている人と同じレベルでやれるのがいいんじゃないかなあ、と思っています。

Modern Syntaxで日々展開されているのは「好奇心旺盛なオトナによる上質の雑談」です。稚気溢れる文章や酔っ払ってのぶっちゃけトークも、大人ならではの深い知識や経験の裏打ちがあり、読者は気軽に雑談を楽しむ中で、気がつくとネットビジネスがらみのヒントを拾ったりできるのです。

これが伝わっているなら本望です。私のエントリーはたいてい短いですからね。

そんなわけでこれを励みに毎日がんばっていこうと思いました。掲載ありがとうございました。今日の夜はカレーです。

カード番号の規則性悪用「クレジットマスター」 流出防止は困難

 

カード番号の規則性悪用「クレジットマスター」 流出防止は困難

インターネット決済とクレジットカード番号の規則性を悪用した新たなカード犯罪の一端が明らかになった。警視庁が7日に窃盗容疑などで逮捕状を取る大阪市の男らは、カード番号と有効期限だけで簡単に決済できるネットの通販サイトに着目。「クレジットマスター」と呼ばれる手口で、他人になりすまし購入を繰り返していた。カード番号の仕組み自体を悪用しているため、カード会社なども番号流出の防止に打つ手がないのが実情だ。

オンラインでのカード決済ってカード番号と有効期限だけのチェックで名義のチェックってしないんだ・・・。

プログラムが1つあれば次々とカード番号が割り出されるってすごい話ですね。

複数のカード会社によれば、クレジットマスターの被害報告は約10年前から寄せられているという。日本クレジット協会の調査では、今年1~3月までのスキミングやフィッシングなど不正行為による被害額は25億9000万円。クレジットマスターによる被害件数もこの中に含まれるとみられるが、カード会社が詳細を公表しないため、実際の被害は不明だ。

そうか、そんな昔からある手法なんだ。

で、その手法を使った初摘発の記事です。

計算で他人のカード番号割り出す「クレジットマスター」初摘発へ

カード番号に特殊な計算を施し、ほかのカード番号を割り出す「クレジットマスター」という手口を使って、不正にインターネットで商品を購入していたとして、警視庁は6日、窃盗の疑いなどで大阪市内の無職の男(45)の逮捕状を7日に取る方針を固めた。捜査関係者によると、クレジットマスターによるカード犯罪の摘発は全国初だという。

この記事でクレジットマスターについての説明がありました。

16けたのクレジットカード番号のうち複数のけたに、決まった数字を足し引きしていくと、特定の回数で元の番号に戻る。その過程で出てきた番号は、他人が使用しているものに該当する可能性があるという。カード番号の並びの規則性を悪用した方法。こうした計算を瞬時に行う自動ソフトも出回っているとされる。

なんにしてもクレジットカードの毎月の利用履歴をちゃんとチェックしていればあとはカード会社との話し合いでなんとかなる場合もあるんで、チェックはしっかりしなきゃね、です。

にしても計算途中で出てきた番号が実在するかどうかのチェックはどっかのサイトで実際に入力してみて初めてわかるんだろうけど、何回もお試しが可能となっている、というのも問題ですね。

米ネットユーザーはBingとGoogleの比較・検討を継続中

 

米ネットユーザーはBingとGoogleの比較・検討を継続中

米Microsoftが新サーチエンジン「Bing」を公開してから約1カ月が経過したが、米国のインターネット利用者は、引き続きGoogleと Bingの性能を比較検討中である可能性が高いようだ。これは、アクセス解析調査会社の米Competeが6日に公表したデータによるもので、両サーチエンジンのユーザー層が7割ほど重なりあっていることを示している。

検索キーワードによってはGoogleでもSEO対策にやられちゃってたりとか情報的にちょっと古いサイトが上位にきちゃうので時々Bingを使うようにしているんですが、悪くないですよね。

これで「BingはGoogleと違いユーザの検索履歴やクリック履歴といった情報は一切取得していない!」という戦略が取れればかなりの数がGoogleから乗り換えると思うんだけど、Bingもonmousedownでしっかりなんかやっているからそう言えないのが弱いですね。

あとはツールバーの機能強化でしょうか。Firefox用のBingツールバーはこちらです。

まあとにかく、検索でMSがんばれ!です。

NHKオンデマンド苦戦 スタートから半年、採算の道険し

 

NHKオンデマンド苦戦 スタートから半年、採算の道険し

インターネット対応のテレビやパソコンなどを使い、過去の番組を有料配信するサービス「NHKオンデマンド(NOD)」が始まって、半年あまりが経過した。「懐かしい番組をもう一度」と鳴り物入りでスタートしたが、利用は予想を大幅に下回っている。
NODは昨年12月のスタート当初、番組購入者を「今年3月に月間8万1000人」と予想(パソコンとテレビの合計)。ところが実際は、3月、4月とも各1万4000人にとどまっている。

まあ、単品105円というのはいいとしても315円のやつとか月額1,470円で見放題、っていう金額じゃ見ないかなあ。視聴期間が見逃し番組が購入後1日、特選ライブラリーが購入後3日間ってのもあれだし。ストリーミングだしWindows Mediaだし。

そんなわけでこういう現実を踏まえた上で改善策をあれこれ試してみて欲しいですね。

個人的にはBSでやっているやつが105円で見れるなら番組によっては見てもいいけど、でもいわゆる「録画」ができないですからねえ。

NODは受信料を前提とせず、独立採算で運営。昨年度決算で13億円、今年度予算では16億円を受信料収入から借り入れる形でコストを賄っている。昨年度の予算では4億円の視聴料収入を見込んだが、現実には5000万円にとどまった。平成23年度に単年度黒字、25年度に累損解消を目指しているが、達成はほど遠い。赤字が解消されない場合の道筋は示されておらず、来年度予算にも影響しそうだ。

相当まずい状況ですね。普通ならそろそろつぶれる頃かと。

単に番組を流すだけじゃなくてコミュニティの仕組みを構築すればいいと思うんだけどな。あとはインフラ屋に徹するとかね。

「R25式モバイル」終了理由の「広告主はモバイルよりPC」がよくわかんない

 

「R25式モバイル」終了 月間1億3000万PVも「広告主はモバイルよりPC」

人気の携帯サービス「R25式モバイル」が終了する。モバイルよりPCサイトに出稿を希望する広告主が多いため、PCサイトに資源を集中するという。

最近会う人はみんな口を揃えて「今はやっぱりPCよりモバイルだよね」って言ってるし、アフィリエイトのA8なんかもモバイル向け広告がガンガン伸びていたり、代理店なんかも「広告出したいんだけどモバイルサイトはないのか?」なんて言われている状況を考えると、この「モバイルよりPCサイトに出稿を希望する広告主が多い」というのはほんまかいな?と思ってしまいます。

が、でもR25の場合はそうなんでしょうねえ。というか、電通さんの(ry

R25の読者にアピールしたい企業はブランディングとかを重んじているんでケータイでの広告表現力じゃ足りない、ってところかな。Flashでガンガン、みたいなのはできないですからね。電通さんが抱えているクライアントがそういう(ry

にしても月間のページビュー1億3000万を捨ててしまう、というのはすごい話です。さすがリクルートだ。いや、電通だ。

米Twitterが「Tweets」を商標申請

 

米Twitterが「Tweets」を商標申請

米Twitterは1日、単語「Tweets」を商標申請したと発表した。Tweetsとは、Twitterから発生した単語で、日本語の「つぶやき」を意味する。Twitterでつぶやくことと関連して英語で頻繁に使われている。

これ、通るのかなあ。

tweetって「小鳥の」さえずりと「小鳥が」さえずるっていう名詞と動詞がありますからね。

まあ、申請するのは自由なんでとりあえずどういう結果になるのかを楽しみに待ちたいと思います。

で、仮に申請が受理されたとしても、

Twitterがこの単語を商標申請した理由は、Twitterを傷付けたり、混乱を招くプロジェクトが台頭した場合に備えるためだとしている。したがって、Tweetsという言葉の使用を制限するつもりは一切なく、むしろその使用を推奨するとしている。

ということで何らかの制限を受けることはないようです。

で、今回の申請とは別に「Twitter」という名前をサードパーティが自ソフトに使うことにもコメントしています。

その一方で、「Twitter」という名称をソフト名などに使用するのは避けることがふさわしいとの見解だ。Twitterは企業とサービスの名称であり、混乱を招く可能性が高いからだ。Twitterという名称をソフト名にそのまま含めるのではなく、独自の名称を付けることを推奨している。

確かに状況がよくわかんないと、単にソフトの名前にTwitterと入っていればTwitter社がリリースしているソフトだと思い、質問メールなんかを送っちゃいますからね。「違うよ、うちが作っているのじゃないよ」と返信するだけでもコストかかりますからね。

私はTwitterPodというMac用のクライアントを使っているんですが、これも名前を変えなきゃいけないのかな。

DoCoMoの「お便りフォトサービス」

 

NTTドコモ「お便りフォト」サービス

ケータイやパソコンから写真添付メールを送信するだけで、お便りフォトサーバーを介してお便りフォトパネルに写真をお届けします。離れて暮すご家族と簡単に写真を共有して楽しむことができます。

DoCoMoのケータイで写真をとってしかるべきところにメールでその写真を送ると、その写真がある場所に設置されているデジタルフォトフレームに表示される、というサービスです。これはいいなあ。

otayori-20090701.jpg

これ、基本料金などがかかるんで、同じものを既存のWebのサービス使えば無料でできちゃうんじゃないかと思ったんですが、このサービスがすごいのは対象としているデジタルフォトフレーム内にFOMAモジュールが内蔵されているので、表示先にネット環境がなくても写真を転送できる、という点でしょうか。

遠くに住むおじいちゃん&おばあちゃんに孫の写真を送って見せたい、という利用シーンを考えるとこのFOMAモジュール内蔵というのはものすごくよいかもしれません。費用はおじいちゃん&おばあちゃんが払ってくれるでしょうしね。

しかも写真だけじゃなくてメールで送るときにメッセージを書いておくとそれもフォトフレームに表示される、というわけで、これはいいな。

でも気になるのが、おじいちゃん&おばあちゃんがデジタルフォトフレームを使うか、ってところですよね。いくら電気代が月100円以下といっても常時電気使っていると意識させるものが受け入れられるかどうか・・・

まあ、何にしてもよいサービスだと思います。

「忙しくてTwitter読む時間ないよ」って人のためのそのものずばりな「TwitterForBusyPeople」

 

TwitterForBusyPeople - Friends At a Glance

We found ourselves wanting to see what our friends were up to "at a glance". By using the Twitter web site, our "active" friends often push the status messages of less active friends far down the page, or off the page completely.

あ、これいいかもな、と思いました。

使い方は簡単で、サイトにアクセスして自分のIDを入力するだけです。

フォローしている人のアイコンが表示されるのでマウスを重ねるとつぶやきが読めますし、「more」でそれ以前のつぶやきも読めます。

500人まで一度に表示させることができるようです。

マウスだけじゃなくてカーソル移動でもつぶやきを表示していれるといいのになあ。

あ、ちなみに私のTwitterのIDはnagasawa144ですのでよろしかったらフォローしてみてください。

ブログにおけるQ&Aを集約してブロガー同士の交流を促進する「ブログレンジャーQA」

 

ブログにおけるQ&Aを集約してブロガー同士の交流を促進する「ブログレンジャーQA」

「加藤ローサが次に出演するドラマを教えてください。」

NTTとNTTレゾナントは6月29日、ブログ記事における質問や回答のやりとりで、ブロガー間のコミュニケーション促進を図るネットサービス「ブログレンジャーQA」を発表した。同日から2010年5月31日まで、実証実験として提供する。

見てみたのですが、なんかやりすぎているなあ、というのが最初の印象でした。

ブログレンジャーQAは、質問形式で投稿したブログ記事を自動で分析、タグ付けし、仮想の地形図上に質問テーマを表示するサービス。質問テーマは吹き出しとして表示され、投稿数の多いテーマほど、タグマップの大陸が大きくなる仕組みだ。これにより、ブロガーが興味のあるテーマや、ブログ記事の質問や回答のやりとりを一覧で把握できると共に、ブログ記事のネタ探しとして活用できるとしている。

これがなんというか「失敗している」かなあ、と。
発想は悪くない、にしてもこのデザインはちょっとなあ。
大陸が緑だけじゃなくてもっと人がいる感じ、とか都市化している感じとかもあってもよかったんじゃないかなあ、と。

質問が吹き出し形式で表示されるんだけど、これもスピードが速すぎて全然読めないし、各タグをクリックされて表示されるページにパーマリンクがないから扱いづらいったらありゃしない。

一方、質問に回答する場合は、「キーワード検索」機能やタグマップ上から質問テーマを検索。自分のブログ記事内に質問ブログ記事のリンクを記載して投稿することで、質問ブログと回答ブログがひも付けされ一覧で表示されるという。また、回答したユーザーが質問ブログをトラックバックすることで、質問者へ回答の通知がされる。

とりあえず「加藤ローサ」のタグがあったので多分RSS見ているだろうから、本記事冒頭で質問してみました。これって収集されるのかな。

はてな、「ヱヴァ」新作とコラボ。トップページを特別仕様に

 

はてな、「ヱヴァ」新作とコラボ。トップページを特別仕様に

はてなは27日、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」で、映画「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破」の公開を記念したコラボレーション企画を開始した。
また、ユーザーページのデザインを変更できるテーマ機能でも、「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破」をテーマにした3種類のデザインテーマを公開。デザインは設定ページから変更が可能で、今後は主要キャラクターが登場するデザインテーマも追加公開する予定だ。

なんてうらやましいんでしょう。

にしてもこういうキャンペーンは期間が終了してしまうと一気に「撤収!」ってなるのでそれが寂しいですよねえ。

ずっとエヴァのデザイン使えればいいのに。

グーグルのマリッサ・メイヤー氏、収益に貢献できるHTMLタグについて語る

 

グーグルのマリッサ・メイヤー氏、収益に貢献できるHTMLタグについて語る

Mayer氏の言うような「収益に貢献できるHTMLタグ」がそれほど多くあるわけではないものの、同氏は米国時間6月24日午前、45分間に渡る基調講演において、ウェブ開発者らに対してページの高速化に力を入れることの重要性を説いた。

最初は「ふーん」って思ってて、そのためのTipsを集めた「Let's make the web faster」というページも後から見ればいいや、って思ってたんですが、今読むと「なるほどなあ」というお話が結構あって勉強になります。

Tutorials」ページに具体的なことが書かれているのですが、これは全部一度目を通しておいたほうがいいですね。

どれも簡単に対応できるものばかりで、逆にいえば普段あまり気にすることなく、どちらかといえばその時の気分で「どう書くか」が左右されていたんですが、今後はちょっと気にしよう、と思いました。

Twitterを使ってOutlook 2010の仕様変更要求の声を集める「Outlook's broken」

 

Outlook's broken--Let's fix it

これは非常におもしろい試みです。

Microsoft have confirmed they plan on using the Word rendering engine to display HTML emails in Outlook 2010.

マイクロソフトはOutlook 2010でHTMLメールのレンダリングエンジンにWordのものを使う予定だそうです。で、Wordのエンジンを使うと何がだめかというと、

This means for the next 5 years your email designs will need tables for layout, have no support for CSS like float and position, no background images and lots more. Want proof? Here's the same email in Outlook 2000 & 2010.

メールのレイアウトデザインにテーブルを使わなきゃいけない、CSSが使えない、背景画像が使えない、といった制限が出てくるわけです。

Outlook 2010 is still in beta and Microsoft wants your feedback. It's time to rally together and encourage Microsoft to embrace web standards before it's too late.

Outlook 2010は現在ベータ期間でユーザからのフィードバックを集めている最中なので、是非Wordのエンジンを使うのをやめるよう呼びかけて欲しい、といっております。

Let's use Twitter to send a clear message to Microsoft.

で、非常におもしろいのが、この反対の声をTwitterを使って集めている、というところです。

サイトにアクセスするとフォローしている人のアイコンと共に発言が表示されます。

outlook-20090624.jpg

こういうネット署名的なことって署名用のサイトを作ったり、自分のブログで反対声明書いたりといろいろ面倒だったり、認知させるのにコストがかかっていたんですが、このTwitterを使った方法だとバイラル的に認知されますし、反対の声明も出しやすいし、また集めやすいということでとてもいいですね。

非常におもしろいと思いました。

第7回Webクリエーション・アウォードの一般投票を開始

 

第7回Webクリエーション・アウォードの一般投票を開始

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は2009年6月22日、「第7回Webクリエーション・アウォード」の一次審査を開始した。7月21日までWebサイト上から一般投票を受け付ける。

そんなわけで推薦はもう終わってしまったのでノミネートされている人/企業に是非あなたの1票を。

とはいえ、現在のノミネートの状況を見てみると「おお、この人が!」とか「なるほどね」と納得できる人もいれば「それはないんじゃないか」という人もいるわけで、おもしろいといえばおもしろいですね。

Webクリエーション・アウォード

Movable Typeのオープンソース版ブロギングサービス「Melody」誕生

 

Movable Typeのオープンソース版ブロギングサービス「Melody」誕生

Six Apartの「Movable Type(MT)」プラットフォームのコミュニティーメンバーが米国時間6月23日、新しいブロギングサービスを立ち上げる。「Melody」と呼ばれるこのサービスは、コミュニティーメンバーが自由に発展させたり、変更したりできるオープンソース版のMTである。

Movable Typeはバージョン4で企業向けの色を強めたわけですが、この夏にもでるんじゃないかと言われているバージョン5でさらにその色を強めると、これはもうMTOSにするしかないのかなあ、と思ってたところに発表された「Melody」です。

ただし、Melodyは過去のオープンソースの取り組みとは異なり、初めてメインの製品から分離(枝分かれ)したものとなる。このため、より高速で大規模な変更が可能になっている。Melodyは多くの点で、Six Apartのライバルである「WordPress」への返答だと言える。WordPressは、オープンソースのプロジェクトとして始まったため、迅速な開発が可能という利点を享受している。

WordPressもいいですよねえ。PHPがわかる人だったら簡単にあれこれ追加できるのが魅力です。

でもせっかくMelodyという名前で発表するんだったらNelsonっていう名前の何かも発表して欲しかったなあ。

"Gmailニンジャ"になるためのTIPS集、Googleが公開

 

"Gmailニンジャ"になるためのTIPS集、Googleが公開

Gmailを使いこなして「Gmailニンジャ」になろう――米Googleが、Gmailを活用するためのTIPSを集めたサイト「Become a Gmail Ninja」を立ち上げた。
このサイトは、GmailチームがGoogle社員から集めたGmailのTIPSを集めたもの。TIPSは1日に受信するメールの数に応じて、「白帯」「緑帯」「黒帯」「マスター」にレベル分けされている。

ニンジャかあ・・・

そんなわけでそのサイトを見てみました。

Become a Gmail Ninja

白帯レベルだと「スターを付ける」「チャットでリプライ」「ラベルを使う」「move toでメールを移動」「検索」「アーカイブを使う」「メールのインポート方法」「テーマを変える」「スパムをレポート」といった項目が紹介されています。

私の場合はせいぜいスターを付けるぐらいでラベル付けとかメールの移動など全然やっていません。結局検索すればいいし。

そんなわけで白帯レベルでも十分に使いこないしていないのですが、緑帯レベルを見てみました。

「ビデオチャットする」「タスクを使ってToDo管理」「フィルタを使う」「メールをハイライト表示する」「ケータイから使う」「添付ファイルをプレビュー」「送信したメールをキャンセル」「チャットボックスにステータスを表示」「添付ファイルの添付しわすれを警告する」「自動応答メール」「絵文字」という項目がありました。

これ見ているだけでGmailで何ができるか、ってのがわかるので必要に応じて利用したいですね。フィルタは便利ですよね。

さて黒帯レベルです。

「キーボードショートカット」「検索のオプション」「メールアドレスに「+」を使う」「ToかCcなのを一目で知る方法」「オフラインで使う」「複数ファイルを添付する方法」「タイトルだけで本文のないメールを送る方法(EOM)」「定型文を使う」「YouTubeビデオやPicasaの写真をプレビュー」「Quick Linksを使う」「"Send & Archive"を使う」

これはなかなか便利なTipsが揃っていますね。

さて、最後のGmail マスターです。

「Google CalendarとDocsを表示する」「SMSを送る」「リモートからサインオフする方法」「Webclipsをカスタマイズ」「httpsでアクセスする」「スーパースターを使う」「独自ドメインでGmailを使う」

「リモートからサインオフする方法」というのは知りませんでした。どっか外のPCからログインしてログアウトするのを忘れてしまったときに確かに便利ですね。

そんなわけでGmalはいいですね。

Google Mapsに「What's here?」機能が追加。

 

Google LatLong: How to find out "What's here"

Google Mapsに「What's here?」(日本語だと「この場所について」)という機能がついたようです。

But sometimes, it seems more helpful to just click on a point and ask "What's here?". Now you can do exactly that with an option we've added under the right-click menu.

実行すると左側にその場所に関する詳細な情報が表示される、というもののようです。

とはいえ、まだ始まったばかりで有益な情報は掲載されていないようです。

これ、登録される情報が増えてくるとGoogle Maps上でその場所に関する詳細情報を得る、って以外に、カメラ使ってロケーションと方向を送ってあげればカメラ画面上に詳細情報のタグみたいなものを表示させるってこともできるようになりますね。まさにセカイカ(略

この「What's here?」機能が今後どう成長していくか楽しみです。

サイワールド終了

 

韓国好きが集まるひろば!SNS サイワールド「【重要】サービス終了のお知らせ」

会員の皆様に残念なお知らせをしなければなりません。 2009年8月21日(月)をもちまして、日本サイワールドはサービスを終了することとなりました。

日本に来る前に韓国版のサイワールドを見た時は(いい意味で)「このセンスはないよね」と思い、これが日本に入ってきてある程度のユーザの支持を得られたらどうなるんだろう、と思っていたのですが、そうですか終了ですか。でもきっと2~3年後、景気が回復したら復活するような気が・・・。

まあ、サイワールドの本家は当然存続するので本当に好きな人はそちらを使えばいいわけなんですが、この時の登録作業が結構面倒くさい。

会員登録の際には、ご本人の身分証明となるパスポートや運転免許証の写真を画像ファイルで添付していただくか、コピーをFAXで韓国サイワールドへ送っていただく必要があります。

パスポートも免許証もない人はだめ、ってのがすごいですね。韓国のネットサービスってこういうもんなんでしょうね。

MIAU、ダウンロード違法化に「強い遺憾の意」

 

MIAU、ダウンロード違法化に「強い遺憾の意」

MIAUは、「ダウンロード違法化」を含む改正著作権法が成立したことについて、「強い遺憾の意を表明する」という内容のコメントを発表した。
今後は、ダウンロード違法化による弊害を訴え続けていくほか、法案の修正・見直しも視野に入れた活動に取り組むことも検討。ネット上の著作権のあり方についての問題提起や政策提言を強化していく。

そんなわけでどんなところが「残念」なのかを知りたく、MIAUのプレスリリースを読んできました。

でも具体的にどこが弊害となるのかについては書かれていませんでした。

ダウンロード違法化が成立したことによる弊害や、インターネットの健全な成長に及ぼす悪影響については、今後も訴え続けていきますし、法案の修正・見直しも視野にいれた活動に取り組んでいかなければならないと考えております。

そんなわけで今回のダウンロード違法化の成立により弊害について説明しているサイトやブログを探してみようと思います。

津田さんにはTwitterばかりやってないでブログもたまには書いて欲しい。

銀座の土地が40万円!?"仮想"勧誘トラブル続出

 

銀座の土地が40万円!?"仮想"勧誘トラブル続出

米国のベンチャー企業が開発したインターネット上の仮想世界「セカンドライフ」は、一昨年から昨年にかけて日本でもブームを呼んだが、最近はネット系メディアの話題に上ることもなくなった。そんななか、"日本版セカンドライフ"として登場したネットワークビジネスの勧誘方法をめぐってトラブルが起きているという。

「セカンドライフ」的なもので詐欺(?)というお話です。

このビジネスを展開しているのは、ビズインターナショナル。2005年12月に設立され、オンラインゲームの運営などを手がけるIT関連企業だ。同社は各地でセミナーを開催し、これから運営を始める予定の仮想空間「エクシングワールド(Xing WORLD)」への入会を呼びかけている。
世界中にユーザーがいる本家と違い、「エクシング-」の舞台は日本。仮想世界の中で土地取引ができるのがウリで、40万円近い加盟金を支払ってプレ会員になると、「銀座」や「赤坂」などの一等地を優先的に買える権利を得られ、多額の報酬が見込める「代理店」になれる-という触れ込みだ。

なるほど。日本そのものを仮想的にネット上(というかサーバー上)に作ってしまうわけですね。これだとどこの土地が価値が高いか、はすぐにわかりますもんね。

 「『サービス開始と同時に10万人が一気に加盟して、土地の値段が高騰する』とも宣伝し、射幸心をあおって会員を集めている。成功報酬を払って会員自身に会員集めを促す、典型的なネットワークビジネスに近い」(都内コンサルタント業者)

つうか、これは騙される方がだめだよなあ、という気が・・・。

実際に「出来はともかく」サイトがオープンしたら詐欺(?)は立証できないだろうしなあ。マルチ商法的なところから攻めていくしかないんだろうな。

まあ、セカンドライフをあおった電通も結果的にこういう犯罪を助長することになるとは思ってもいなかったんでしょうね。

Gmail用偽のパスワード解析プログラムに注意

 

「盗むつもりが盗まれる」――偽のパスワード解析プログラムに注意

セキュリティ企業の米フェイスタイム・コミュニケーションズは2009年6月16日、Webメールサービス「Gmail」における他人のパスワードを盗めるとする悪質なプログラムについて注意を呼びかけた。プログラムは偽物。他人のパスワードを盗もうとすると、自分のGmailパスワードが攻撃者に送信されてしまう。

非常に簡単な手口で、自分のGmailアドレスとパスワードを入力して盗みたいパスワードのGmailアドレスを入力するとパスワードが表示されますよ、というものですが、自分のアドレスとパスワードがその瞬間に抜かれている、というわけです。シンプルすぎるw

普通にそれっぽいパスワードを表示させれば裏で何をやっているかはわからないかと思うのですが、このソフトは親切にも

しかしながら、これらの情報を入力してスタートボタン(「Hack Them」ボタン)を押しても、最終的には「問題が発生しました。後で試してください」といったダイアログが表示されるだけ。目的とするパスワードが表示されることはない。

という反応をしめしてくれるようです。

これとか同様のソフト使った記憶がある人はとりあえずGmailのパスワードを今すぐ変更!ですね。

これの応用パターンっていくつでも考えられるなあ。

マイミクを戦国武将に見立てる「mixiアプリ」、ドリコムが公開

 

マイミクを戦国武将に見立てる「mixiアプリ」、ドリコムが公開

ドリコムは17日、「mixiアプリ」に対応したカジュアルゲーム5タイトルをリリースした。利用は無料。アプリを追加するには、mixiにログインし、「mixiアプリ オープンβ」コミュニティに登録する必要がある。

ああ、なるほどなあ、と思ったのはmixiは結局ケータイ電話のキャリアと同じようなことやろうと思っているんですね。

DoCoMoがサイバードで、KDDIがグリーでやったように、自身のプラットフォーム(mixi)上で資本参加した企業のアプリなりコミュニティを展開させ収益が見込めそうな企業を上場させてキャピタルゲインを得る、と。上場させた時の益を考えると毎月の売り上げとかプロモーションコストは割とどうでもいい、っていえばどうでもいいもんなあ

ドリコムは既に上場企業なんでこの仕組みに組み込むことはできないんですが、こんな感じでたくさんアプリ揃えてその中に本命を紛れ込ませて・・・というやり方なんだなあ、と思いました。Facebook上のソーシャルアプリ見た時はそんな感じはしなかったのはなぜなんだろう。わかんないな。

そういう点で考えるとグリーとmixiの最初の立ち上げの時と今の立ち位置を考えるといろいろおもしろいなあ、と思いました。

メールでコラボレーションのためのサイト「tgethr」

 

tgethr

Easy + secure group collaboration over email with a handy web archive.

tgether-20090617.jpg

サインアップするとグループ用のメールアドレスがひとつ作成されるので、そのグループに友だちを招待するとグループ用メールアドレスにメールを送るだけでコラボレーションできるようになるよ、というサービスです。

メーリングリスト(ML)のアーカイブがWebで簡単に見れる、というだけのような気がするのですが、彼ら曰く、ポイントはそのメールが暗号化できるというところらしいです。

驚くのはこのサービスに有料プランがあるところです。

無料プランもあるのですが、作成できるグループ数や招待できるメンバーの数、保存に使えるストレージの容量で下は$6/月から上は$99/月までいろいろプランがあります。

これ、有料で使う人っているのだろうか。

pjamの方が同じことできて、さらにもっといろんなことができるので全然いいよね、なんか自信ついちゃったなあ、ってことでよろしく。

ついでに別の会社がやっているものですが、サポート宛の質問メールをトリガーに、ヘルプデスク・アプリに取り込んでそこでサポートをおこなっていく、という「Tender Support」というサービスもあります。

Tender Support」も有料サービスなんですが、これはこれでおもしろいサービスだと思います。

メディアの記事中の参照リンクにアフィリエイト、というのはどうなんだろうか。

 

「まだ死にたくない」――Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」 - ITmedia News」という記事がありました。

内容としては、マーベラスエンターテインメントの幹部さんがWii用RPG「王様物語」(9月3日発売)が売れないととても困るので予約してください、とブログでお願いしている、というものです。

で、その中で、

これまでに発売したWiiソフトとして「NO MORE HEROES」「牧場物語 わくわくアニマルマーチ」「朧村正(おぼろむらまさ)」などを挙げ、「どのソフトもギリギリの時間と予算の中で、制作者・開発者ともに精魂込めて作り上げ、胸を張って世に送り出したタイトルたちで、実際にどれもすばらしい評価をいただいた」という。

というパラグラフの各ゲームタイトルがAmazonへのアソシエイトリンクになっています。

完全に「だめだろ」って言う気はないんですが、メディアの記事内であればここはそれぞれのゲームのホームページ、または自媒体の過去・他記事にすべきだろうなあ、と。個人ブログならいいんですけどね。なあ、トミー。

ホームページがないので仕方なく、というのだったらわかるけどちゃんとそれぞれあるしな。

NO MORE HEROES
牧場物語 わくわくアニマルマーチ
朧村正

Amazonアソシエイトで稼ぎたい、という気持ちもわからなくはないので、それは記事が終わってから枠外に「購入はこちら」でまとめればいいと思う。

ITmediaという媒体の社会的な位置付け、というものを今一度考えて欲しい、と思いました。

で、記事の内容に関してですが、個人的にはWiiはもっているものの7140円のゲームは手を出せないですね。なので自称「いいゲーム」なのかもしれませんが、プレイする前段階で「買ってみよう」という気にならないですもん。

今回のこの嘆願で「王様物語」が売れて次が作れるようになるかもしれませんが、それもまた7140円だったら買わないしなあ。もっと安い価格でおもしろそうなのたくさんあるわけだから。

そんなわけで生き残りたかったらマーケティングを考え直した方がいいと思います。

つうか「牧場物語」だけでいったい何種類あるんだろう。もういいかげん飽きてるよ。
(Amazonで「牧場物語」で検索したら23個ありました)

アドビ、「Acrobat.com」の有償サービスを開始

 

アドビ、「Acrobat.com」の有償サービスを開始

Adobe Systemsは米国時間6月15日、「Acrobat.com」のベータ版提供を終え、同サービスを有償のユーザーアカウントのある事業へと移行した。登録ユーザー数が500万人を超える同サービスでは、無償バージョンも引き続き提供されるが、今後は特定の機能に利用制限が適用される。

「Acrobat.com」って何するサイト?って思ったらPDFファイルの変換とオンライン会議なんですね。

一番安いプランが「Premium Basic」で、PDFファイルの変換が1カ月あたり10回まで可能で、Adobeの「ConnectNow」ツールを通じた会議に5人まで参加することができ、それで14.99ドルってすごいな。これにお金出す人いるんだ。

PDF変換ソフトって無料でいろいろあるし、オンライン会議にしてもなんかあるだろうに。

まあ、PDF変換は5階のみだけど無料アカウントもあるようなのでそれはそれでよいかもしれないけど。

Adobeはなんでこんなサイトやっているのかな。よくわかんないや。
で、それに500万人以上が登録している、というのも凄い話ですね。

それよりPDFのYouTubeみたいなサービスやればいいのにな。

"探しあう検索"をテーマにクローズドβを開始した「NAVER」ベータテストの使用感

 

"探しあう検索"をテーマにクローズドβを開始した「NAVER」ベータテストの使用感をレポート

ネイバージャパンが6月15日、検索サービス「NAVER」のクローズドベータテストを開始した。6月12日より募集した先行体験ユーザー数は抽選で5000名。応募してみたら当選したので、「NAVER」クローズドβの使用感をレポートする。

私も当選したので昨日試してみました。

全体としての印象は「いろいろがんばって作っていますね」というものですが、肝心の検索機能は、といえばどうもコンシューマ寄りというか一般ページが対象で技術的な情報を検索しようとするとほとんど役に立ちませんでした。

でもコンシューマ系のキーワードや話題はそれなりにおもしろかったです。私は試しませんでしたが、「まとめ」検索というのが楽しそうです。

「まとめ」は、ユーザーが作成した「お題」に対して、他ユーザーがお題に沿った内容(回答)を追加できる機能。作成できる「お題」は、リンク集/画像集/動画集/ワード集/発言集/フリートークの6カテゴリだ。

まあ、考えようによってはユーザに依存しっぱなし、って感じなんで、このあたりはどうなるか集まった人の能力や意欲次第、ってところでしょうか。

例として、ワード集では「めがねの似合う芸能人といえば?」、画像集では「キャラ弁画像集」などが掲載されている。お題はカテゴリ別のランキング形式で表示するほか、エンターテインメントや生活などテーマ別表示も可能。6月16日11時現在、「エンターテインメント」カテゴリの場合で2万件を超えるお題が作成されている。

このあたりが通常の検索エンジンとは違った検索結果を生み出す起源になるとおもしろいですよね。「めがねの似合う芸能人」ってGoogleで検索するより全然いいかと。

なんというか、極端な話をすると「何を検索したらよいかわからない人のための検索サイト」という感じでしょうか。

とりあえず無目的でもトップページにアクセスすれば何かしら気になるキーワードや動画があるのでそれを起点にいろいろ見てみるといろいろ新しい発見があっておもしろいです。画像検索とか動画検索のUIはよくできているし楽しいと思います。

改正著作権法が参議院で可決・成立、「ダウンロード違法化」など

 

改正著作権法が参議院で可決・成立、「ダウンロード違法化」など

改正著作権法には、違法配信されている音楽・映像を違法と知りつつダウンロードする行為を禁止する、いわゆる「ダウンロード違法化」の措置が盛り込まれた。ただし、違反者に対する罰則は設けられていない。

罰則はないものの違法行為になるので、ダウンロード者を特定するためのログの開示請求とか、とりあえず警察に呼ばれて事情聴取されたり、通っている学校や会社なんかに連絡がいったりすることになるんでしょうね。

このほか、国会図書館における所蔵資料の電子化や、ネット販売に伴う美術品などの画像掲載、情報解析研究のための複製、障害者向けの録音図書や映像に対する字幕・手話の付加などについても、権利者の許諾なしに行える規定などを設けた。

字幕の付加が許諾なしで行える、というのは素晴らしいですね。まあ、元の映像に権利問題がなければですが。

このニュースを読む限りではよいところに落ち着いたような気がするのですが、実は裏があったり不備な点がたくさんあったりするかもしれないので、このあたりは他の人にブログを読んで勉強したいと思います。

ブログも読める新垣結衣の公式ファンクラブサイト。月額840円

 

ブログも読める新垣結衣の公式ファンクラブサイト。月額840円

株式会社レプロエンタテインメントは11日、所属女優である新垣結衣の会員制ファンクラブサイトを開設した。料金は月額840円。

まあ、これが本来のあるべき芸能人ブログなんだろうなあ。

「レプロプレミアムクラブ 新垣結衣オフィシャルメンバーズサイト」では、新垣結衣によるブログや動画メッセージが閲覧できるほか、オリジナル壁紙やスクリーンセーバーのダウンロードが可能。また、会員同士でメッセージをやり取りできる機能や掲示板機能も用意する。

年間1万円ちょっとになるんだけど、ちゃんとブログが更新され価値あるボーナスサービスが提供されればファンとしては問題ないでしょうね。

コンテンツとしてはブログと動画メッセージ、壁紙、スクリーンセーバーと大したことないと思うのですが、今後このサイト内だけで物販が行われるようになればその価値は大きくなるかと思います。

お誕生日におめでとうメールが送られてくるサービス、なんてのもあるといいなあ。

機械翻訳併用の翻訳支援アプリ「Google Translator Toolkit」

 

機械翻訳併用の翻訳支援アプリ「Google Translator Toolkit」

米Googleは9日、翻訳支援のためのWebアプリケーションツール「Google Translator Toolkit」を公開した。機械翻訳技術「Google Translate」や、翻訳家に使用されている翻訳メモリデータを使用し、人間による翻訳を支援する。

単なる機械翻訳じゃなくて、機械翻訳のまずい部分を人間の手で修正していきつつ、その修正をみんなで共有することでより精度の高い物にしていこう、というものですね。

すごいね、これ。テキスト版の「英次郎」みたいだ。

翻訳家が使用するソフトである翻訳メモリや、語彙集をアップロードできるようになっており、以前に翻訳家が類似した文章を訳したことがある場合、翻訳の速度と精度が向上するメリットがある。

これっていわゆるテキストの構文解析をして翻訳をするんじゃなくて、いわゆるパターンマッチングで、既に翻訳された同類のテキストがあったらそれを提示しつつ修正させ、パターンをどんどん蓄積することでテキスト翻訳を実現していく、というやつですよね。

つまり、最終的には単なるパターンマッチングなんでそのドキュメントが何語で書かれているか、なんて基本的には関係ない世界になるんですよね。

Googleならでは、だなあ。

で、試してみようとログインしてみたのですが、英語からしか翻訳できないとか、共有の設定がいまいちよくわからなかったので途中で挫折。

真剣に翻訳しなきゃならない時になったらまた使ってみようと思いました。

http://translate.google.com/toolkit

Twitterでスクリーンショットを簡単に公開するためのツール4つ

 

How to Publish Screenshot Images on Twitter

Whether you need help with an error message or just want to show off your new desktop wallpaper, Twitter can be a good place to share all those screenshot images with the world.

上の英文そのままですが、エラーメッセージのパネルウィンドウやご自慢のPCの壁紙などのイメージを誰かに見せたい時にTwitterを使うと便利な場合があります。

そんな時に役立つツールがいくつか紹介されているページです。

紹介されているツールは

TechSmith Jing (Mac & Windows)
Kwout(Web Based)
ScreenTweetr (Mac, Windows, Linux)
Skitch (Email to Twitter)

です。

私はAdobe AirアプリケーションであるScreenTweetrというのをダウンロードしてみました。

ScreenTweetrはクリップボードに現在格納されているビットマップイメージをTwitPicにアップロードするプログラムで、ほんとに簡単にイメージを外に公開することができるようになります。

TwitPicにイメージをアップロードすると自分のブログに表示するためのHTMLも生成してくれるのでそれをコピペすればすぐに記事中で使うこともできます。例えばこんな感じ。

Share photos on twitter with Twitpic

スクリーンキャプチャしてペイントソフトでファイルに保存してメールに添付したりWebサーバーにアップロード、なんてかったるくてやってられなくなっちゃいますね。

LightboxみたいなJSライブラリ25選

 

Eextensive List Essential Pop-up Window enhancements

This article provides an extensive list Essential Pop-up Window enhancements that any web developer should be aware of.

ブラウザで写真のサムネールをクリックすると背景が暗くなって写真が拡大表示される、というのはLightboxというJavaScriptライブラリが発表されてからメジャーになった表示方法で、その後いろいろその派生ライブラリが出てきたのですが、それをまとめているページです。

jQuery使いたくない時とか、写真じゃなかくてframeで表示させたい、なんて感じで条件と目的に合わせてどれ使おうか、を決める時に便利だと思います。

で、Lightboxパターン以外にツールチップというかポップアップでなんかメッセージを表示するようなものも紹介されています。

個人的にはCodaのサイトでダウンロードのためのアイコンにマウス重ねた時にポップアップするやつのコードも紹介されていたのがGoodです。あれはいろいろ使い勝手がよさそうです。

Google検索結果ページへのリンクの時に楽しいサイト「lmgtfy」

 

Googleで検索した結果のページのURLを誰かに送る、ってのはありそうでなさそうな話なんですが、このサイトはそんな検索結果ページを楽しくさせてくれます。

「Let me google that for you」で略して「lmgtfy」です。

http://www.lmgtfy.com/

google-20090610.jpg

検索窓に検索語を入力して「Google Search」ボタンを押すとボタンの下にカスタマイズされたURLが表示されます。それを知らせたい人に送るわけです。

試しに以下のリンクをクリックしてみてください。どんな楽しいことになるかお楽しみに。
まあ、とても単純な仕組みなんですけどね。こういう簡単な仕組みで「おっ!」って思ってもらえるってお得ですよね。

これをクリック!

Google Fusion Tables (Beta)

 

Google Fusion Tables (Beta)

Upload small or large data sets from spreadsheets or CSV files.Visualize your data on maps, timelines and charts.

データをアップロードしてそれをグラフにしたり地図上にマップしたりして、それを友だちと共有したり他のテーブルとマージしたり、なんかができるサービスのようです。

ためしてみたいけど、外に出しても構わないデータって持ってないなあ。

テーブルはカラムレベルで共有設定ができるみたいですね。

私はあまりにもウェブ1.0でした。

 

ニューヨーク・タイムズがブログをバッシング at ブログヘラルド

ニューヨーク・タイムズが、開設されたものの、放棄されてしまうブログに関するエントリを投稿している。これはセンセーショナルな報道の域を越え、無意味な記事であり、ニューヨーク・タイムズの威光を振りかざしているに過ぎない。

ということで放置されたブログに関してニューヨーク・タイムズがごちゃごちゃ言っているのがけしからん、という記事なんですが、それはいいとして「始めたもののなんで放置となったか」という例としてナンシー・サンさんという人が答えています。

「インターネットは、以前とは違うのです」とミッドタウンで紅茶を飲みながらサン氏は述べた。「私はあまりにもウェブ1.0でした。匿名で長いエントリを投稿したいと望んでも、誰もそんなものは読みたがらないのです

という理由が印象的です。

米国では匿名ではなく実名を晒してブログ書いているのに対して日本は(略、という話を時々聞くのですが、匿名で書きたい、というニーズもやはりあるのですね。

でも結局上記のコメントをした人は実名を出して新しいブログを開始したようです。

実名でやらなければ読んでもらえない、という風潮もいかがなものかと思うのですが、そうじゃなきゃ生きていけない、ということであればそれに従うしかないんでしょうね。米国のWebの世界もたいへんです。

最近リリースされた便利なアイコンセット50選

 

50 Fresh Useful Icon Sets For Your Next Design | Graphics | Smashing Magazine

This large collection of recently released icon sets is supposed to help designers improve their designs on their web-sites and in web-applications. All icon sets are free. Please read the license agreements carefully before using the icons -- the license can change from time to time.

よくある「フリーなアイコンセット50選」みたいな感じのサイトですが、最近リリースされたアイコンセット、とのことなので、これまで見たことがないアイコンセットがあるかもしれません。

アイコンセットは便利なんですが、そのセットの中にないアイコンをそのテイストで新規で作らなきゃいけない、って時は相当たいへんなんですよねえ。

でも最近のアイコンデザインってあからさまにMacやVistaっぽくないのが増えてきた、ってのがおもしろいですね。

千趣会、直感的に商品を検索できる機能の実証実験を開始

 

千趣会、直感的に商品を検索できる機能の実証実験を開始

千趣会は2009年6月4日、ファッションEC(電子商取引)サイト「ベルメゾンネット」で、洋服のテイストから直感的に商品を検索できる機能「アイテムミキサー」の実証実験を開始した。

検索、というとちょっと違うような気もするんですが、結構おもしろいですね。

アイテムミキサーは、「フェミニン」「ベーシック」「カジュアル」「クール」「トレンド」「エレガンス」の6つのスライドバーを好みに合わせて上下に動かすと、そのスライドバーの設定に基づいて商品のサムネール画像が切り替わるもの。

これがFlashで実現されているわけですが、このスライダ調節で検索された結果を選択するとそっからそれと属性が近いものがさらに検索され、候補として表示されるともっとよかったのにな、と思いました。

で、これ、データベースに登録するデータの作成がたいへんだろうなあ、と思ったのですが、

ベルメゾンネット上にある商品の説明文を自動解析して、それぞれのテイストに分類する仕組み。レコメンドエンジンを提供するエイム(神奈川県川崎市)のテキストマイニングの技術を活用している。

ということで既存のテキスト情報から自動でデータを生成しているとしたらこれは相当おもしろいかと。いや、すごいね。すごいよ。洋服だけじゃなくてCDとかDVDなど他にもいろいろ使えるじゃないか!

そんなわけでこの技術を提供しているAIM(エイム)のサイトにアクセスしてみました。これのプレスリリースがありました。


ニュース&プレスリリース|News Release
千趣会「ベルメゾン・ラボ」サイトにアイテムミキサーを公開
~ 「私っぽい」アイテムをイメージテイストから探せる検索ツール ~

カタログ等に記載されている商品の説明文(通常の自然文)を形態素解析技術により単語レベルに分割、その出現頻度や相関関係をデータマイニングによって解析し、商品の特徴量を生成しています。これはNEXTe学習型レコメンドサービスに利用している技術で、数値化した特徴量を多次元マップに配置し、ユーザーがテイストのスライダースイッチを操作することにより、解析した特徴量の類似性をリアルタイムに分析し商品イメージ画像を表示しています。

「学習型推論エンジンNEXTe」のご紹介

会社概要とか見るとGracenote技術のデバイスへの組み込み、なんかもやっているんですね。

おもしろそうな会社ですね。

「ベルメゾン・ラボ」のWebサイト
http://www.bellemaison.jp/labs/

「想定外で気づかなかった」、ダイエー通販サイト会員9万人のアドレスが閲覧可能に

 

「想定外で気づかなかった」、ダイエー通販サイト会員9万人のアドレスが閲覧可能に

ダイエーは2009年6月5日、同社が運営するインターネット通販サイト「d´club」に登録している会員のメールアドレスが約3カ月間、外部から閲覧可能になっていたと発表した。対象となるメールアドレスは約9万2000件。同社は「ありえない想定外のことで気づかなかった」とコメントしている。

いやいやいやいや、十分にあり得る想定内の話だと思うけど。

会員のメールアドレスを管理するサーバーを今年3月に移行した際、委託先のジャパンプリントが、サーバーの設定を誤って公開に設定したことが原因という。6月1日に第三者からの指摘を受けて発覚。翌日にはサーバーの設定を非公開に改めた。

あ、なるほどサーバーそのものを非公開にしちゃうんですね。それだったら基本的すぎて確かに想定外ですね。

ダイエーのサーバー移行時における確認責任やチェック体制について「どこまでがダイエーの責任分担だったかは調査中なので現段階では分からない」としている。

外注しているとはいえ、メールアドレスの管理の主体は株式会社ダイエーになっているわけなんで、外注先に責任転換はできないよね。というかこういう場合のプレスリリースに外注先の会社名とか概要って書くかな、普通。移転作業が終了した時点で検収あげてOK出しているわけだし。

外注先は確かに落ち度があるかもしれないけど、かわいそうだな。

個人情報のお取り扱いについて
http://www.daiei.co.jp/privacy.html

HOTSPOT、特定サイトやサービスに無料アクセスできる新サービス

 

HOTSPOT、特定サイトやサービスに無料アクセスできる新サービス

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4日、公衆無線LANサービス「HOTSPOT」のサービスエリアで、HOTSPOT契約者以外も特定サイトやオンラインサービスに無料でアクセスできる「HOTSPOT connect」を発表した。第1弾として、無線LAN機能搭載のSDメモリカード「Eye-Fi」との連携を開始する。

簡単にいえば、「HOTSPOT」のアクセスIDを持っていない(契約していない)人でも「Eye-Fi」からだったら無線LAN使えるようになりますよ、というお話ですね。

外で写真撮ったら、Eye-Fi→HOTSPOT経由ですぐにネットに写真をアップロードできるようになるわけです。これは素晴らしい。

ただ、アップロード先のサイトを見るにはちゃんとHOTSPOTを始めとする無線LANサービスに加入していなければならないわけで、今回のEye-Fi使った無料接続サービスがきっかけになって無線LANサービスの加入者が増えるといいですね。

ちなみに私はEye-Fiもイーモバイルも持っているんですが、外で写真とってもEye-Fiから直にアップロードできないので、メモリカードリーダー使ってPCに読み込んだあとにイーモバイル使ってサーバーにアップロードしなきゃいけなかったので、今回のこのサービスはほんとうにありがたいです。

今後この提携サービスは続くようなので今後の展開が楽しみです。

品川女子学院の中学3年生がヤフオクの特集ページ制作・公開へ

 

品川女子学院の中学3年生がヤフオクの特集ページ制作・公開へ

ヤフーは5日、品川女子学院(東京都品川区)中等部の3年生約200人に、インターネットビジネスの授業を行うと発表した。同社スタッフの指導のもと、生徒が「Yahoo!オークション」の特集ページなどを制作し、実際にYahoo! JAPANに掲載する。

女子中学生が普通にホームページ作ったら絵文字は躍るはそこら中キラキラしてるはピンクだったり赤だったり虹色レインボーだったり、marqueeでテキストがページを横断しまくり、というおじさんは気が狂わんばかりのデザインになると思うんだけど、さすがにそこは指導が入るんだろうな。

ミッキーとかキティの絵とかページが開くといきなりGreeenの音楽とかが鳴り出す挑戦的なページだったらほんとおもしろいと思うけど。

で、結局最終的には大人の事情であまりおもしろくないページになるような気がするんですが、さてどんなページになるか楽しみですねえ。

ちなみに品川女子学院の校長先生の日記サイト『品川女子学院「校長日記」』はWordPressを使ったとても品のあるデザインとなっておりました。最初このサイト作ったのかと思ってびっくりしましたよ。

空飛ぶ株式会社、mixiアプリを利用した24時間限定のチャット機能

 

空飛ぶ株式会社、mixiアプリを利用した24時間限定のチャット機能

空飛ぶ株式会社は3日、SNS「mixi」上で動作するアプリケーションプラットフォーム「mixiアプリ」を利用した、チャットルーム機能「ミクシィチャット」を公開した。mixiユーザーであれば、無料で利用できる。

空飛ぶ株式会社という社名がすごいですね。
お店で領収書もらうとき店員さんはきっとびっくりするだろうな。
電話番号間違ってこの会社につながってしまったら思わず「えっ?」って聞き直しちゃうだろうなあ。

まあ、それはいいとしてチャットのmixiアプリです。

こういう感じのmixiアプリってサーバーはどこのやつを使うのかな。やっぱり空飛ぶ株式会社が用意したものを使うのかな。そうするとmixiの外にデータが出るんですね。

そんなわけで「mixiアプリ オープンβ」のコミュに参加してみました。

で、「ミクシィチャット」を追加してみたのですが、ブラウザでクッキー使えるようにしているんですが、『「ミクシィチャット」を利用するにはクッキーを有効にしてください。』って表示されて使うことができませんでした。

まあ、いいや、もう。

「Twit This!」ボタンを付けた

 

昨日、KNNの神田さんにTwitterについて熱く語られてしまったので、Twitterに投稿するための「Twit This!」ボタンを個別ページのタイトル下につけてみました。

http://twitter.com/home?status=で投げたいメッセージを続けてあげればよいようなので、document.titleでページタイトルを、document.location.hrefでURLを取得してstaus=につなげてあげているというだけなんですけどね。

その神田さんの熱い話はさ来週の「Modern Syntax Radio Show」でお届けします。

ちなみに私のtwitter IDはnagasawa144です。フォローよろしく。

「Opera 10」ベータ版公開、高速化技術の搭載や標準準拠など

 

「Opera 10」ベータ版公開、高速化技術の搭載や標準準拠など

Opera Softwareは3日、次期ブラウザ「Opera 10」のベータ版を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版、FreeBSD版が公開されており、Operaのサイトからダウンロードできる。現時点では英語版のみの公開となっている。

Operaは以前使っていたのですが、バージョン7か8ぐらいからなんか趣味が合わなくなって使わなくなってしまいました。

Opera 10では、ブラウジングの高速化機能「Opera Turbo」を新たに搭載。Opera Turboは、Operaのサーバーを経由して画像などのデータを圧縮する技術。圧縮により画質は劣化するが、接続スピードは3倍から4倍に上昇し、低速な回線でのブラウジングが快適になるとしている。

無茶なことしますねえ。画像用のOperaのサーバーって負荷に耐えられるのかなあ。というかその維持費がたいへんだろうに。

また、新しいレンダリングエンジンとして「Presto 2.2」を搭載し、高速化と標準規格への準拠を実現。高速化については、GmailやFacebookなど大量のリソースを必要とするページが、 Opera Turbo機能無しでもOpera 9.6に比べて40%以上高速で処理されるという。また、標準準拠については、Web標準準拠テスト「Acid3」も100点満点を達成したとしている。

Acid3で100点満点!というのはすごいですね。

あとはメモリをどれぐらい食うか、かな。あとで試してみようっと。

Opera 10 beta
http://www.opera.com/browser/next/
 

角丸でグラデーションな四角のためのWebkit向けCSSを作成するサイト

 

Linear Gradients

AppleのSafariとかGoogleのChromeといったWebKitを使ったブラウザで角丸でグラデーションな四角を実現するためのCSSを作るサイト。はー、長い説明だ。

safari-20090603.jpg

上のスクリーンショットはChromeで作成しました。

四角のグラデーションは左側の色の変更に併せて自動で変わっていきますのであれこれ試行錯誤しながら簡単にグラデーションを作成することができます。

その他テキストシャドウボックスシャドウなどもあります。

そろそろCSS3対応かなあ。

サンのクラウドは、Amazon EC2とどう違うのか?

 

サンのクラウドは、Amazon EC2とどう違うのか?

サン・マイクロシステムズが2009年夏にも提供を開始するクラウドサービス「Sun Cloud」の概要が見えてきた。同社のクラウドサービスはOpenSolarisベースの仮想環境で、Amazon EC2/S3に相当するサービスを提供するものだ。計算リソース(OSやアプリケーションなどのソフトウェア実行環境)を提供する「Sun Cloud Compute Service」とストレージサービスの「Sun Cloud Storage Service」で構成する。

これ、おもしろいわ。多分生のデモ見てたらぶっとんでたんだろうなあ。

デモンストレーションはGUIを使ったユーザーインターフェイスが特に印象的だった。Webブラウザベースのネットワーク管理ツールを使い、サーバやスイッチをフリースペースに並べて矢印でつなぐだけ。それでシステムが構成できるというのだ。

GUIベースってのがいいですね。システム構成図書かなくていいし。

デモンストレーションでは、インターフェイスを見せただけなので、どこまでこうした抽象化でシステムコンフィギュレーションが自動化できるかはまだ分からない。もし、「memcachedを3台追加」というような直感的なディプロイができるようになるのだとすれば、企業ユーザーにとっては革新的なサービスになりそうだ。

memcachedのアイコンとかその他のサービスモジュールのアイコンをサーバーアイコン上にドラッグ&ドロップするだけで基本的なコンフィグレーションしてくれるようなものだったらびっくりしちゃいますね。複数サーバーを選択して「クラスタ化」ってコマンド実行するだけでクラスタ作れたりとか。

で、こういうサービスはとても素晴らしいのですが、AmazonにしろGoogleにしろSunにしろすべて米国でのお話なので、日本でもこういうクラウドサービスが出てくればいいのになあ、と切に願うのでした。

大画面テレビ向けの「YouTube XL」公開、連続再生も可能

 

大画面テレビ向けの「YouTube XL」公開、連続再生も可能

米YouTubeは2日、大画面テレビで「YouTube」を視聴するための専用ユーザーインターフェイス「YouTube XL」を公開した。

一応Hulu対抗、なんでしょうね。

「YouTube XL」は通常の画面デザインとは異なり、大きなテキストとシンプルなナビゲーションを採用した。特に、連続再生ができるという特徴がある。トピックを検索した後に再生をクリックすると、連続的に複数の動画が再生される。また、動画を選択して再生するなどの操作も手間が少なくなるようにデザインされている。

HDMI出力を備えた安いネットトップマシンを1台テレビ出力専用に用意するのがいいんだろうけど、今のネットトップだと多分HD動画の再生はきついと思うのでIONプラットフォーム採用のやつが一般化するぐらいがいいタイミングなのかもしれません。

しかしこういう流れになるとApple TVってどうするんだろう。というか、私のApple TVは全然電源が入れられることなく放置され続けているんですが、これの使い道って何かないかな。

「楽しい五七五を書くと、悲しい七七で台無しにされるスレ」が面白い

 

Internet WatchのやじうまWatchで紹介されていた「楽しい五・七・五を書くと、悲しい七・七で台無しにされるスレ 」がほんとにおもしろい。

ワラノート 楽しい五七五を書くと、悲しい七七で台無しにされるスレ

五・七・五で描いた楽しい情景が、続く七・七の投稿で悲しい印象にがらりと変化する。この組み合わせがスレッド1本にみっしりと投稿してある。「古事記」のころから連綿と親しまれる日本独特の定型詩が、現代の日本人の生活を描き出し、しかも見事なギャグになっている。一見の価値あり。

前半の五・七・五部分と後半を別の人が書いているんですが、実に見事なコンビネーションですね。

面白すぎるてあなたの時間が食いつぶされてしまうのでご注意を。