サイト内検索:

iPad専用ブログ記事作成アプリ「dPad HTML Editor」がリリースされました。

dPadはブログ記事作成に特化したHTMLエディタです。非常にシンプルながらiPad上で劇的に快適なブログ作成環境を実現します。

ということで私もアルファ版から開発に参加させてもらっていたdrikin作の「dPad HTML Editor」がApp Storeで公開されたようです。パチパチパチ。

最大の特徴はアプリ内部に備わったWebサービス連携機能です。 Flickr/YouTube/Twitter/delicious/Amazon/Googleの主要なサービスにアイコンをクリックするだけで、アプリを切り替えることなくアクセスできます。 各種サービスからは、画像や動画、商品など、ブログにリンクしたい情報をワンクリックでエディタ内に埋めこむことができます。

ということで普段ブログ記事を作成する時にありがちな「リンク作成」って実はiPadでやろうと思うと結構たいへんだったりするわけですが、そのあたりの手間がぐぐっと減る設計になっています。

また、iPadからブログ投稿、を試みたことがある人なら誰でも経験していると思うのですが、Safariで新規記事作成画面開いて書いていたら突然Safariが落ちて書いたテキストが無残なことに・・・といったこともこの「dPad HTML Editor」を使えばなくなります。

さて、使い方を簡単にレビューしていきましょう。

まず以下のApp Storeのアイコンから「dPad HTML Editor」をダウンロードします。

dPad HTML Editor - drikin.com

基本的なdPadを使ったブログ記事の作成の流れは、

dPadで記事作成→いつも使っているブログサービスの新規作成画面で書いた記事をペースト

というものです。これについてはあとから説明します。

で、最初にやるのは「設定」です。

iPadの「設定」アイコンをタップして画面が表示されたら左に並ぶ「アプリケーション」の中から「dPad」を捜してタップします。

日本語環境でもメニューが英語になっているのはいちおうワールドワイドで販売するぞ、という心意気に現れだそうです。

で、「General」の項目には「Show Alert Dialog」という項目があるのですが、これはdPadからいつも使っているブログサービスの新規記事作成画面に遷移するときにアラートを表示するかどうかを設定するものです。1回見たらもう見る必要はないと思うので、とりあえず最初だけ「オン」にして後から「オフ」にするとよいでしょう。

その次の項目は「Compose」、つまり「新規記事作成」に関わるものです。

「Compose URL」にはいつも使っているブログサービスの新規記事作成をクリックしたときにアドレスバーに表示されているURLを入力するとよいでしょう。このURLをゲットするためにはSafariから使っているブログサービスにアクセスしてやる必要があり、ここが最も手間なところなんですが、一度設定してしまえば後はもうやることないのでがんばってください。

その次の「Convert Line Breaks」というのはdPad内で作成したブログ記事の改行部分に<br>タグを付随させた状態でブログ記事投稿ページに渡してあげるかどうかを決めるオプションです。ブログサービス側で改行を自動で<br>に変換してくれる時は「オフ」にするとよいでしょう。

「Signature」は署名なんでこのままでもいいし、好きに変えてもよいでしょう。

次の「Service」の項にはAmazonのアフィリエイトリンクを挿入するとき有効になりますので、日本の人だったら「Japan」を選択しておいてください。

さて、次にdPadの作成画面です。

以下のアイコンをクリックします。

するとこんな画面が表示されます。

画面上にはテキストメニュー、左側にはWebサービスのアイコン、そして下部には3つのアイコンが並んでいます。

左側に並んでいるアイコンはそれぞれFlickr/YouTube/Twitter/delicious/Amazon/Googleへのリンクとなっており、例えばFlickrのアイコンをクリックするとこんな感じでFlickrの画面が表示されます。必要に応じてFlickrにログインしてください。あ、Flickrだけじゃなく、とりあえずユーザ登録していたらログインしておいたほうがいいです。

で、自分の写真ページを開いてそこに表示されている写真をブログに掲載したいな、と思ったらこの画面の右上にある矢印のアイコン(Flickrアイコンの左側)をタップします。

すると、どの画像サイズで表示させるか、みたいなことが聞かれるので、smallとかmediumとかlargeを選びます。これで、自分のブログ記事への写真の取り込みが完了します。

写真が表示されているページで矢印アイコンをタップするだけで写真が記事に取り込まれる、というのは最初わかんない/慣れないかもしれませんが、dPadではこの作法さえ覚えてしまえばあとは全部同じです。

例えばAmazonでアフィリエイトリンクを作成したい場合はその商品を表示させたページで矢印アイコンをタップ、Webページへのリンクを挿入したい場合もそのページを表示した状態で矢印アイコンをタップするだけで記事中にリンクが挿入されていきます。これがdPadの神髄でしょうか。

で、そんな感じで外部リンクを記事中に挿入していけるわけですが、普通にHTMLタグも簡単に挿入できます。

画面上にある「HTML」メニューをタップするとこんな感じでブログ的によく使われるであろうHTMLタグが表示されるのでそれをタップするだけです。気が利いているのは<a>タグをクリックするとhref=""のダブルコーテーションの中にカーソルが移動しているという点です。すぐにURL入力作業に入ることができます。

またテキストを書いておいてそれを選択状態にしてからHTMLタグを選べばそのテキストを囲む形でタグが挿入されます。

で、ひとしきり記事を書いたら「目」のアイコンをクリックしてプレビュー画面を表示させることができます。ここで挿入した写真の大きさなどをチェックすることができます。

ちなみに裏技として記事作成画面で2本指で画面上方向にスワイプするとプレビュー画面に、プレビュー画面で画面下方向に2本指でスワイプすると記事作成画面に切り替わるようです。

で、記事OKとなったら画面下にある矢印が上を向いているアイコンをタップします。

この時最初はアラート画面が表示されるかもしれません。dPadの場合は、チャンスを見つけたらできるだけ書いたテキストを保存するようにしているそうなんですが、この「矢印が上を向いているアイコン」をタップすると書いたテキストがクリップボードの中に入っていきます。それを伝えるアラートが表示されるわけですが、その仕組みが分かってしまえばもう表示させる必要はなくなるので「設定」でオフにするとよいでしょう。

矢印が上を向いているアイコンをクリックするとdPad内のブラウザに「設定」で設定した新規ブログ記事作成画面が表示されるので、普段テキストを入力している部分を2回タップして「ペースト」メニューを表示させそれを実行して記事をペーストしていきます。

この「ペースト」する、という作業ですが、ちょっとかっこいいことやろうと思うとブログ記事投稿APIなんかを使ってやったほうがクールなんでしょうけど、世の中にある多種多様なブログサービス全部に対応しようとすると結構たいへんですし、逆に融通性が低くなる場合もあります。そういう意味でこのアプローチは正しいな、と思っております。

で、モダシンの中でもこのdPadを使って書いたブログはいくつかあり、それらの記事には「posted from my iPad」の署名が入っていたりします。

「posted from my iPad」の署名が入ったモダシンの記事一覧

「A girl like you 君になりたい」が届いた。」とか「セブンイレブンの「海賊弁当」を食べてみた。」なんてのはまさにdPadが得意とするところですね。Eye-Fiが入ったカメラで写真撮ったら、あとは自動でFlickrに写真がアップロードされるので、そこに対してdPadからアクセスしてあげるだけなのであっという間にブログ記事が作れます。

ということで、800円とApp Storeの中では割とお高い部類に入るかと思いますが、同様のブログエディタを名乗るものが1000円を超えているにもかかわらずあまり「使えない」アプリであるのを考えると損はしないと思いますので、是非試して見てください。

そんなわけで再度App Storeのアイコンです。

dPad HTML Editor - drikin.com

[追記]
他のdPadレビュー記事読んでいたら「ブックマークの機能も」という要望が出ていたりするんですが、私も同様のリクエストを出したのですが、「del.icio.us使え、もしくはGoogleでいいだろ」ということで頑なに拒否されたのでその要望は実現しないと思います。複数下書き保存、は次のバージョンに期待できるかもしれませんが。

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月15日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「馬の股の間から「いないいないばー」をすると。」です。

次のブログ記事は「11月16日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。