サイト内検索:

手首と上腕で血圧を測った時の測定値は違うのが当たり前なのか

前に「オムロンの手首で血圧を測る血圧計を試してみたら。」という記事を書いて腕と手首で血圧を測ったら測定値が違っていたのでそれはなぜなんだろう的なことを書いたのですが、その回答としてこちらのページを紹介されました。

手首式は正確ではないのか、上腕との差はあるのか

長くなりますが、回答を引用しますと、

上腕式血圧計での測定値と、手首式血圧計で測定した値を比較した際、 差が生じることがございますが、 測定部位による血管の太さや硬さの差がありそれぞれの血圧値であるため、 「どちらかが誤っている」ということではございません。

なるほど。場所によって血管の太さと硬さが違うから測定値が変わってくるのですね。とはいえ、どちらがより現状を正確にとらえているのは知りたいところですが。

また、手首式血圧計は、測定時の機器の位置(腕の高さ)により、値が変動します。 測定の際は「本体が心臓と同じ高さ」になるように合わせ、測定をお願い致します。

個人的には手首での測定の時に心臓と同じ高さになるように位置を調整していたつもりなのですが、それが間違っていた可能性があります。ちなみに、

本体が心臓より低い位置で測定した場合は値が高く、 心臓より高い位置で測定した場合は値が低く出る傾向がございます。

私の場合は手首で測定した方が高かったので心臓より低い位置だったのかもしれません。ということで、腕で測ったときと同じような値になる位置を探したいと思います。

で、この前ネタフルさんと話していたんですが、寝て測定したらどうなるんでしょうね。

寝て測定するととりあえず測定器は心臓と同じ高さになるじゃないですか。

なので寝た状態で腕と手首で測定したものを次回公開してみようと思います。

インフルエンサーワイヤー

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年12月11日 19:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ2の予告編」です。

次のブログ記事は「約29,000個のテディ・ベアがスケートリンクに投げ込まれる様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。