サイト内検索:

オムロンの手首で血圧を測る血圧計を試してみたら。

ちょっと変わったニューズレター「インフルエンサーワイヤー」のvol35は「35歳からはじめたい血圧測定、その理由に迫る」ということで血圧のお話です。

なぜ血圧か、というと、

オムロンヘルスアとインフルエンサーワイヤー併催のイベント「薄くて 軽い iPhone対応の新型血圧計 モニター体験イベント ~35歳からはじめたい血圧測定~」が東京都品川区のオムロンヘルスケア株式会社にて開催された。

ということで、iPhone対応の新型血圧計モニター体験イベントがあったからです。「モニター体験イベント」ということだったので私も参加してきました。

ちなみになんで35歳から血圧を気にしなければならないかというと、30・40代で高血圧になると認知症リスクも高まるからです。

中年・高齢期の血圧と認知症の発生率を示したグラフを参照すると、中年期で高血圧にならないでいることが認知症リスクを下げるうえで重要で、高齢になってから降圧しても遅い、ということのようである。

リンク先ページにグラフがあるのですが、40代で高血圧だった人が50代以降に正常血圧になっても認知症のリスクは減らないという統計結果が出ているようです(高血圧→高血圧も高血圧→正常も率が変わらないってことです)。だからがんばるなら30・40代ってことのようです。なので私は既に手遅れです。うおおおおお。これから先は認知症の恐怖に怯えながら生きていくだけです。若い人達、がんばって血圧気にしようね!

ちなみに正常な血圧というのは診察室では140/90mmHg未満、家庭では135/85mmHg未満だそうです。皆さん、自分の血圧、把握していますか?

そんなわけでオムロンヘルスアから出た薄くて軽い手首に巻いて計測するタイプの血圧計です。

HEM-6321T
手首式血圧計 HEM-6321T

さすがに新製品だけあっていろいろよくできていました。血圧を測定しているときの「ブブブブブ」という音もほとんどしませんし、測定データを本体内に記録して適宜スマホに転送してグラフ化できたり、正しく巻けているかとか腕の位置(心臓の位置)になっているかも画面で確認できます。上の写真で画面内でブルーになっているところが位置が正しいかどうかを教えてくれるところで、そこがオレンジだと位置がだめだとすぐにわかります。その左のハートマークの下にある「OK」というサインが巻き方をチェックしているところで、だめだったらこの「OK」マークが表示されない、という仕組みになっています。

で、ですね、我が家には腕に巻いて計測するタイプの血圧計が既にあります。

Untitled

大きさを比べてみるとこれぐらい違います。

Untitled

ここで気になるのは腕で計測するのと手首で計測するのではたして計測値は違うのか同じなのか、というところです。そんなわけで2つを使って連続で計測してみました。まずは腕で計測した時の値です。2回測ってみました。

Untitled

Untitled

下が高いんですが、まあ年齢を考えたらこんなもんでしょうか。ちなみに下が高いという状態は動脈に送る血液を心臓内に貯めている時に血管の内圧が高いということを意味していて、受けなくてもいい圧力を受けるわけなのであまりよくないわけです。困ったもんだ。

では次に手首で計測するタイプで計測してみましょう。

Untitled

Untitled

あれ?腕で測った値よりかなり高いですね。

これはなんでこうなるんでしょうかね。どっちが正しい値なんでしょうか。このあたりは機会があったらオムロンヘルスアの人に聞いてみたいです。

でもまあ、とりあえず手首で測るタイプは腕で測るより上は14ぐらい、下は7ぐらい高いというのがわかったので、これを基準値にして計測記録を続けたいと思います。

ちなみに腕と手首で同時に測ってみたらどうなるか、ってのもやってみました。

Untitled

まあなんというかめちゃくちゃな値になってますね。そりゃ腕を絞りつつ手首も締め付けているわけですから。

なんにしても血圧は毎日計測して記録して大きな変化がないかどうかを確認することが大切ですので、運動もさぼらずにがんばっていこうと思います。

あ、この手首で測るタイプ、表示や操作系を全部スマホ側に持って行って締め付けるバンドだけにしちゃえばもっとコンパクトになっていいな、と思うのでそういうのも検討してみてください。

インフルエンサーワイヤー


iWireとの関係について

インフルエンサーワイヤー(iWire)事務局から委託を受け外部編集委員をつとめています。ブロガーの立場から、ニューズレターの編集やサービスについてアドバイスしています。


blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年12月 3日 18:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アデルの「Hello」を映画のセリフを使って再現」です。

次のブログ記事は「12月4日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。