サイト内検索:

日本が舞台のウェス・アンダーソンの新作ストップモーション映画「犬ヶ島」の予告編

ウェス・アンダーソンの新作ストップモーション映画「犬ヶ島」の予告編です。

今回の映画は日本が舞台なのですが、それに関してはこちらの記事によりますと、

「物語はどこが舞台でも起こり得るものですが、私たちは今回、とてもシンプルな理由で最新作の舞台として日本を選びました。それは私が狂おしいほど、日本の映画、アート、食べ物、そして文化が大好きだからです!私たちは黒澤明監督、宮崎駿監督作品に対して深い敬意を持っているのと同様に、北斎や広重の絵画、そして今作に協力いただいている、現在活躍中の数多くの日本人俳優、アーティスト、ミュージシャンに敬意を感じています。願わくば、この作品を通して、外国人である私から日本のストーリーテリングに対する熱烈な関心、尊敬の念、そして賞賛を伝えられれば幸いです。」

とのこと。

ストーリーですが、メガサキ市というところでペットをすべてゴミの島に捨てる条例が発令され、それで愛犬スポッツを失った主人公の小林アタリ君がスポッツを探すため一人でゴミの島に行き、現地で知り合った犬達と一緒に冒険する、というお話です。

声優にはスカーレット・ヨハンソン、ビル・マーレイをはじめ、夏木マリやヨーコ・オノ、そして私が大好きな野村訓市が参加しています。

ああ、楽しみだ。

ちなみにウェス・アンダーソン映画の楽しみ方の1つに左右対称の画面構成があったりしますので、こちらの予告編も左右対称を意識しながら見てみると楽しいかもしれません。


ISLE OF DOGS | Official Trailer | FOX Searchlight - YouTube

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年9月25日 17:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高速道路で隣の車に喧嘩をふっかける愚か者」です。

次のブログ記事は「朽ちた大木が巨大なタコの彫刻に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。