サイト内検索:

電線に引っかかったナイロンのネットを炎を出すドローンで処理する中国人スタッフ

ビデオの説明文をほぼGoogle翻訳使って訳してみますと、

When faced with certain objects twining round an ultra high voltage (UHV) power line, workers no longer need to climb a high ladder to remove it any longer, drones can now be used to do the dangerous deed.

超高電圧(UHV)電力線の周りに特定の物体が巻きついている場合、労働者はもはやそれを取り外すために高いはしごを登る必要がなくなり、危険な行為をするためにドローンを使用することができます。

Maintenance workers in Xianniang City in central China's Hubei Province demonstrated the removal of a 12-meter long nylon net entwining around a UHV with a flame-throwing drone on Tuesday.

中国中部の湖北省Xianniang市の保守士は火曜日に炎を放つ無人機でUHVの周りに12メートルの長さのナイロンネットを取り除くことを明らかにした。

"In the morning, our inspector found a foreign matter on the line. Through investigation, the nylon net was brought by strong wind, and severely affected the line's safe operation. We'll use a drone to deal with the emergency to ensure safety," said Feng Qi, head of Xianning power line maintenance station, Hubei power transmission and transformation project company.

午前中に調査員が電線に異物を発見した。調査の結果、それが強風で運ばれてきたナイロン・ネットであり電線の安全運用に影響を与えることがわかった。安全確保のためにドローンを使うことにした。

Workers flew the flame-throwing drone towards the net, spitting fire at about four to five meters away from the nylon net and burnt it to the ground. In ten minutes, the power line resumed its normal operation.

労働者は炎の投げ飛ぶ無人機をネットに向けて飛ばし、ナイロンネットから約4〜5メートル離れたところで火を吐き、地面に焼き付けた。 10分後、電力線は通常の動作を再開しました。

ということなんですが、電線も燃やさずにうまくネットだけ焼けるもんですよね。風も影響するだろうし。

案外そのあたりのところは全く考えいなかったりしてw


Flame Throwing Drone Helps Remove Net on UHV Power Line - YouTube

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年9月25日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「絶対に曲がれないだろうと思われる細い道を曲がる木材を積んだトラック」です。

次のブログ記事は「9月26日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。