サイト内検索:

縦列駐車を助けるAR技術の例

Using the AirMeasure app to simplify parallel parking.

iOSのARKitを使ってiPhoneでものの長さを測れるようにするアプリ「AirMeasure」というのがあります。

AirMeasure

このアプリを使うと、カメラを使って測量したい始点を指定するとメジャーのようなものが画面に現れ終点までひっぱっていくことでその長さを測ることができるようになります。無料のアプリなのでiOS 11以上を使っている人は試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。楽しいですよ。

で、この「AirMeasure」の技術を使って縦列駐車を手助けするアプリを現在作っているようです。以下のビデオはそのコンセプトビデオです。

でも、駐車できる幅を計測するのはわかるんだけど、ハンドルをどのタイミングでどう切るかのガイドは車の外にいる人しかわからないんで、そのあたりはどうするのかな。

正式版がリリースされるのが楽しみですよ。


Parallel Parking with Augmented Reality - by AirMeasure - YouTube

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年10月27日 18:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カービング(彫刻)されたかぼちゃを使って作られたストップモーションムービー「Oh My Gourd」」です。

次のブログ記事は「ピンクの子猫を見つけられるかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。