サイト内検索:

プラスチック・ビーズであのキャラクターを作ってリアル世界に置いてみたら。

スウェーデンのアーチストJohan Karlgrenさんポップカルチャーのキャラクターのピクセルアートをプラスチック・ビーズで作りそれをリアルな社会に置いてみたという写真です。

プラスチック・ビーズってなんなんだろうか。四角いアクリル・パーツでも1個25円ぐらいするからこれぐらいのものを作ろうとすると結構お金かかりますね。

もっと見たい人はJohan Karlgrenさんのインスタでどうぞ。

Johan Karlgrenさん(@pappasparlor) • Instagram写真と動画

blog comments powered by Disqus

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年12月 1日 19:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネコの後ろを歩き続ける亀」です。

次のブログ記事は「泥の中に落ちて右往左往している赤ちゃん象を助けてあげた人達に感謝の気持ちを表しているように見える母親象」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。