サイト内検索:

Appleの最近のブログ記事

Hawkeye Access lets you control your iOS device using your eyes. Browse any website, hands-free, all through eye movements.

iPhoneの画面を目線でコントロールするアプリ「Hawkeye Access」です。

Hawkeye Access

TrueDepthカメラの機能を使っているのでiPhone X または XSじゃないと使えません。

で、私はiPhone XSを持っているのでダウンロードして試してみました。

最初に目の位置を決めて画面の下や左右のエッジを見つめることでセットアップを行っていくのですが、一番最初に試したときは一番最初のキャリブレーションの画面を適当にやったので精度がいまいちでした。

が、2回目に最初のキャリブレーションをちゃんとやったらばっちり動きました。

まあ、普通の人であればこういうアプリは使う必要はないかと思いますが、何かの理由で手が使えず目線で画面をコントロールしたい時などは便利かもしれません。

ホームページからはSDKもダウンロードできるみたいなので自分のアプリに組み込んでみるというのも楽しいかもしれません。


Hawkeye Access | Control your iOS device with your eyes - YouTube

iPhoneを模した墓標

25歳で2016年に亡くなったRita Shameevaさんのお墓はiPhoneのデザインで画面にはRitaさんの姿が刻まれています。

背面もiPhoneのように反射する仕上げになっています。

このiPhoneデザインのお墓ですが、Pavel Kalyukという方がやり始めたようです。


Russia: iGravestone? iPhone-shaped tombstone keeps business alive from Press TV on Vimeo.

まあ普通の人は先祖代々のお墓に入ることになるんでしょうけど、そういうしがらみがなく、かつ、Apple大好きという人はこういうデザインのお墓を用意してはいかがでしょうか。

Jon M. Chu, director of Crazy Rich Asians, made this short film exclusively for WIRED using the new Apple iPhone XS Max. Chu shot and edited the film himself, shooting handheld in available light and using only the native camera app and default stabilizer, without any additional crew or equipment.

映画「クレイジー・リッチ!」の監督Jon M. ChuがiPhone XS Maxを使って撮影したショートムービー「Somewhere」です。

標準のカメラアプリと普通にスタビライザーだけを使って撮影されていて、他のスタッフや機材は使われていないそうです。

ちなみに映画「クレイジー・リッチ!」ですが、これ、結構今米国で話題になっていて日経でも以下のような感じで記事になっていました。

映画「クレイジー・リッチ!」、躍進支えるアジア系起業家たち

俳優全員がアジア系という映画「クレイジー・リッチ!」が米国で話題になっている。公開以降、3週連続で興行成績首位となり、総興行収入も1億ドル(約112億円)を超えた。裏にあるのは映画館に足を運ぶよう呼びかける交流サイト(SNS)上の運動だ。火付け役はアジア系米国人の起業家たち。アジア系のアイデンティティーを世に問ううねりが、米国で生まれつつある。

んで、AppleのCEOであるティム・クックもこちらのビデオを絶賛しておりました。

まあとはいえ、才能がある人はどんな機材使ってもそれなりのものを撮っちゃうんですけどね。


"Crazy Rich Asians" Director Jon M. Chu's iPhone XS Movie, "Somewhere" | WIRED - YouTube

HotStepper is your first Augmented Reality sidekick to any destination on Earth. HotStepper features a confident dude who, when he's not dancing, will walk you to any location you need to go.

ARを使って道案内してくれるスマホアプリといえばカメラで写した画面内に矢印の絵が出てきて、その矢印の通りに進めば目的地に着けるよ、というものなんですが、それじゃちょっと味気ないと感じたのか、この「HotStepper」というAR道案内アプリではパンツ1枚のダンス好きなおじさんが「俺につきて来なよ!」って感じで道案内してくれます。

試しにダウンロードしてみましたが、日本でのなんとか使える感じです。

ただ、目的地に着くまでずっとこのおじさんと一緒か・・・と思うとちょっとあれなんですが・・・。

ダウンロードはこちらからです。iOS版しかないようです。

HotStepper


HotStepper from Nexus Studios on Vimeo.

ホームページはこちらです。

HotStepper: An AR experience for iOS

HomePod. The new sound of home. Directed by Spike Jonze. Starring FKA twigs.

スパイク・ジョーンズが監督したAppleのHomePodの広告ビデオです。

Apple MusicエクスクルーシブとなっているAnderson .Paakの「Til It's Over」をバックにフューチャリングFKA twigsってことでFKAツイッグスが歌も歌わずにダンスしています。贅沢だ。

スパイク・ジョーンズは元々はミュージック・ビデオの監督としてデビューしており、それが認められて映画監督となった人なのでこのビデオもさすがの出来です。

つうか4分もあるんですよ、このビデオ。でもまったく飽きないというか感動すらあります。とはいえ、HomePodの広告って感じはしないんですが。

ということでこの素晴らしいビデオをご堪能ください。みんなすごい。


HomePod -- Welcome Home by Spike Jonze -- Apple - YouTube

Perfect parallax effect using the new iPhone facial tracking system.Coming soon to the Apple appstore: TheParallaxView

iPhone Xの顔認識機能(フェイシャルトラッキング)を使ってパララックス効果を実現することで無限に奥行きのあるような穴を画面上に表現することに成功したアプリ「TheParallaxView」です。

このアプリ「TheParallaxView」はまだ公開されていないそうですが、近いうちに公開される予定だそうです。

ということでiPhone Xを持っている人は公開されたらチェックしてみるといいのではないでしょうか。

ちなみに私はまだ機種変もせずにiPhone 6S +を使い続けております。


iPhone - Bottomless Pit Effect! - YouTube

If your family reunion only lasts three minutes, what will you do? A unique Chinese New Year story shot on iPhone X by director Peter Chan.

Apple本社のクレジットではなくAppleシンガポールのクレジットになっているんでシンガポールが独自に作ったのかな?そんなこと可能なのかな?

で、中国香港の映画監督・プロデューサーであるピーター・チャンがiPhone Xを使って撮影したこちらのショートムービーは事実を元にしたお話のようで、お正月に3分しか再会できない家族を描いたものとなっております。

子供がかけ算を言っているところがキモで、「僕、がんばってかけ算言えるようになったよ、お母さん!」ってところにぐっとくるかどうかかと思います。私がこういう状況になったら一所懸命かけ算を言う子供をどう思うのだろうか。大きくなったね、がんばったねってことでジーンとくるか、それとも「そんなことはいいからもっと別の話をしよう」と言うのか・・・。

タイトルは「Three Minutes」(3分)なのですが、ビデオは7分15秒もあります。中国語は多分理解できないと思いますので英語の字幕を見てがんばって見てください。


Three Minutes - YouTube

Designed by iMac users and handmade with love

2016年ぐらいに話題になったバッグですが、見逃した人のためにもう一度。

AppleのiMac 27インチを持ち運べるようにするバッグです。ご自身が会議でiMac 27インチを持って行かなければならない時があったのですが、最適なバッグがなかったので作ったそうです。大きさはともかくiMac 27インチは重いので車で移動する人だったらいいかもです。

bag

bag

紹介リンクは米国のamazonですが、日本にも出荷するそうですので欲しい人はどうぞ。価格は$76.99です。送料はよくわかんないけど、なんかFREE shippingとかって書いてあるぞ。

Amazon.com: Lavolta Carrying Case Bag for Apple iMac 27-inch - Handmade Genuine Leather and Wool Felt - fits iMac 27" Retina 5K & 27" Thunderbolt Display - with Protective Lining & Pockets for iMac Accessories: Computers & Accessories

GUCCI is an app featuring the details and inspirations behind creative director Alessandro Michele's collections.

GUCCIのiOSアプリをダウンロードしてみたのですが、今のミケーレのGUCCIが大好きな私は結構楽しめたというか満足できました。アイコンはこんな感じね。

GUCCI

Specially created content includes the Photo Booth with exclusive filters for users' photos, Wallpapers for homescreens and smart phones, the #GucciArtWall--where users can scan the artwork to reveal exclusive animations, and a game featuring the Dionysus bag.

ミケーレのGUCCIっぽい壁紙がゲットできたり、顔認識してGUCCIのメガネを着せ替えできる機能や、写真に今のGUCCIのロゴとかメッセージロゴとかをスタンプとして使える機能、iMessage用スタンプなど実にいろいろあって楽しいです。iPhone Xだとanimojiも使えるみたい。あ、アプリの大半は日本語化されているんで安心して操作できます。

アプリのレビューを見てみると、最初の頃のバージョンは機能がとてもプアで評判はあまりよくなかったようなんですが、去年の12月にリリースされたバージョン5.17ぐらいからよくなってきたみたいです。で、今ダウンロードできるのは5.18.1というバージョンです。バージョンアップも積極的です。

スクリーンショットなどは以下のページで。

GUCCI on the App Store

InstaSaber is the first AR app that allows you to instantly turn an ordinary piece of paper into a virtual saber and swing it around in realtime!

以下の説明ビデオを観てもらえばわかりますが、実世界では単なる紙でできた筒をARを使ってiPhoneの画面内でライトセーバーに変えてしまうというARアプリです。

この紙の筒ってトイレットペーパーの芯でもいいのかな。

ARkitを使っているんでiOS 11.2以降が動いているiPhoneじゃないとだめなんですが、該当する人で暇な人は試してみてください。

私も後でトイレットペーパーの芯で試してみようと思います。

InstaSaber on the App Store

【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちAppleカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAndroidです。

次のカテゴリはBlogPeopleです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。