サイト内検索:

Appleの最近のブログ記事

Turn your phone into a ruler with the power of Augmented Reality

iOS 11で使えるようになるARKitを使って作られているようで、実際にリリースされるのはiOS 11がリリースからになるわけですが、メジャー(物差し)をARで模倣するアプリ「AR Measure」です。

カメラの位置でスケール感が変わってくるんじゃないかと思うのですが、そのあたりはARKitがうまく吸収しているんだろうなあ、なんて思いながら見てました。つうか逆にそのあたりはARKitはどうやっているのだろうか。

これ、リリースされたらとりあえずインストールしておくと何かの時に便利かもしれませんね。


AR Measure™

Ever wonder what life would be like if all our apps suddenly disappeared? Enter the Appocalypse.

サーバールームに配属になった人が誤ってサーバーの電源を落としてしまったらiPhoneのアプリも終了したりなぜか画面からアイコンがなくなったりしてスマホのアプリが使えない世界になってしまった、というお話です。

アプリがないのでアプリがやっていたことを実際に行わなければならなくなるってわけです。Face Swapなんてすごいですよ。

で、これを観ながら「なんでこれがWWCDの冒頭に?」と思ったんですが、最近のAppleのCMと同じように答えは最後に待っていました。

Keep making apps.
The world is depending on you.

おお!WWDCという開発者会議にぴったりなメッセージですね。これは素晴らしいな。


WWDC 2017 -- APPOCALYPSE -- Apple - YouTube

Planet of the Apps celebrates the world of apps and the talented people who create them. Hosted by Zane Lowe and featuring advisers Jessica Alba, Gwyneth Paltrow, Gary Vaynerchuk and will.i.am, the series highlights developers who have the vision to shape the future, solve real problems, and inspire change within our daily lives.

なんというか、テレビ番組で才能を持った素人さんが登場して審査員の前でその才能を見せる、みたいなやつがありますが、あれのAppleデバイス向けアプリ開発者版って感じの「Planet of the Apps」というのが近々始まるようです。

開発者は自分が開発したアプリをジェシカ・アルバさんとかグウィネス・パルトローさん達の前でプレゼンしてうまくいけばApp Storeでいい場所で紹介してくれるようになったり投資家の目に止まることができるようになりますよ、ってことのようです。

ということで、世界進出を狙っている日本のAppleデバイス向けアプリの開発者はこのチャンスを狙ってみてはいかがでしょうか。


Apple Music -- Planet of the Apps -- New Series, Coming Soon - YouTube

AirPodsのCM「Stroll」

Feel the magic of AirPods on iPhone 7.

Appleの無線イヤホン「AirPods」のCM「Stroll」が非常によい出来です。最近のAppleのCMは最後まで観ないとその意味がわからないものが多かったのですが、これは最初から最後までAirPodsの良さが出てます。

私は伝統的にiPhoneに付属してくるあのイヤホンが私の耳の形に合わず、しかも音もあまりよくなかったのでAirPodsに対しては非常に懐疑的だったのですが、周りの友人が「AirPodsいいよ!」と皆口を揃えて言っていたのでとりあえず試してみようという気持ちにはなったのですが、先日実際に試せる機会が訪れました。

実際にAirPodsを試してみた結果・・・これは素晴らしいじゃないか!となりました。

懸念していた耳へのフィット感も全然問題ないし、走っても落ちないし、音も悪くないし、iPhoneとすぐに繋がるし、片っぽ外すと音楽が一時停止するしでもうこれは買いだな、と思いました。

でも、今どこにも在庫ないんですよねえ・・・。噂によると今注文すると6週間待ちの3月2日に出荷とのことなんですが、注文しないことには入手できないのでとりあえず注文して早く入荷するのを待ちたいと思います。


iPhone 7 + AirPods - Stroll -- Apple - YouTube

iFixitがAppleの新しいイヤホンAirPodsを分解しています。

以下のページでは分解の様子をステップバイステップで解説しています。

AirPods Teardown - iFixit

ビデオでさくっとまとめたものがこれです。

こんな狭い空間にこれだけのものを収めているってすごいもんです。

新型「Macbook Pro」のタッチバーをピアノにするアプリ「Touch Bar Piano」です。

Touch Bar Piano

アプリの画面見てみるとピアノの音以外に各種ストリングスの音とかいろいろな音がプリセットされているようです。

極端なことを言えばGarageBandを起動すればキーボードを鍵盤のようにして同じようなことができるわけですが、やはり「鍵盤」という見た目が大切なのでしょう。

なんかタッチバーに皆さんいろいろ表示させるアプリを作られているなんですが、まだまだ試行錯誤していますね。

私もApple Storeでタッチバーを試してみましたが、これはあればあったで便利に使うかもしれません。まあなくても生きてはいけますが。それより新型「Macbook Pro」のキーボードのあの浅いストロークの方が気になるんですが、それも使っているうちに慣れるんだろうなあ。


Touch Bar Piano demo - YouTube

Your movies look like movies on iPhone 7.

AppleのiPhone 7の新しいCMは「ロミオとジュリエット」をテーマに展開されます。

最近のAppleのCMって「えっ、なんでこれがCMなの?」って感じで始まり終わるのですが、最後に表示されるコピーで「ああ、なるほどなあ」と納得しちゃうので訴求力は高いと思われます。それは今回もまさにその通りでした。いいコピーだなあ。


iPhone 7 - Romeo and Juliet - Apple - YouTube

さて、恒例のAppleの新しい社屋「Apple Campus 2」の建設状況です。以前の状態は以下の記事でご確認ください。

2016年11月時点でのApple Campus 2の建設状況

おお、だいぶできてますね。ビルには色がついているし、余計な重機も少なくなってきているし。

でもやっぱりさすがに2016年中ってのは無理だったようですね。今の予定だと完成はearly 2017だそうです。

にしても、今更ですが、よくこれだけ広大な土地があったもんですねえ。

ではまた来月!


Apple Campus 2 December 2016 Update - YouTube

The%20Black%20Friday%20Mac%20Bundle%202.0%20%7C%20Ondesoft%20Deals

The BIGGEST Bundle of the Year Is Back! Score 9 Top-Rated Apps Including PDF Expert, TripMode, & AfterShot 3

総額$376.84が94%オフの$19.99で買えるOndesoftのThe Black Friday Mac Bundle 2.0です。

今回のバンドルのラインナップはこんな感じです。

PDF Expert 2.0 for Mac
Call Recorder for FaceTime
MainMenu Pro 3
TripMode
AfterShot 3
ParticleShop
Total Video Converter Pro for Mac
RapidWeaver 7
CrossOver 15 for Mac

これだけ揃って約$20はお安いのではないでしょうか。ということで、私は購入しました。PDF Expertも持っていると何かと便利ですし、デザリング時に指定したアプリ(例えばDropboxとかEvernoteとか)を停止させるTripModeも便利そう。あと、CrossOverも実際に使ったことないのでこれも楽しみです。

購入はこちらから。

The Black Friday Mac Bundle 2.0 | Ondesoft Deals

An unexpected holiday visitor finally receives the warm welcome he's always yearned for.

2016年のAppleのホリデー広告の主役はフランケンシュタインです。

これが実にお金かけられて作られておりまして、ちょっとしたショートムービーとなっております。

ざっくりストーリーは紹介すると、山奥にひっそりと一人で暮らしているフランケンシュタインがオルゴールの音楽をiPhoneに録音し、それを持って街中に下りていって録音した音楽に合わせてペリー・コモの「There's No Place Like Home for the Holidays」歌を歌うのですが、途中でやめてしまったところ、子供が一緒に歌い出したので再開し、最後はみんなで合唱する、というものです。

うーん。なんで山から街に下りてこなければならないのかとか、なんで歌おうと思ったのか全然わかんないんだけど、とりあえずみんなはフランケンシュタインを嫌っているけど、そんな中で最後のメッセージ「Open your heart to everyone」が表示されると「ああ、なるほどね」って感じになりました。

このフランケンシュタインってトランプさんのことなのかなあ。それとも今のアメリカは差別が横行しているようだからそれに対するメッセージなのかなあ。

なんてなことをいろいろ考える広告でした。


Apple - Frankie's Holiday - YouTube

【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちAppleカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAndroidです。

次のカテゴリはBlogPeopleです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。