サイト内検索:

ゲームの最近のブログ記事

It's time for a Magneto script mod

Magneto(マグニートー)というのはマーベルのキャラクターなんですが、Wikipediaの説明だとこう書かれていました。

マグニートー(英語: Magneto)は、マーベル・コミックスによって出版されているアメリカン・コミックスに登場する架空のキャラクターである。一般的にX-メンとの関わりがある。作家のスタン・リーと画家のジャック・カービーによって作り出された
マグニートーは磁場を生成し操作する能力を持つ、強力なミュータントである。

ということで磁場を操作できるので鉄でできたものを自由にコントロールすることができます。しかも、

彼が一度に操ることのできる量の最大値は不明で、彼は何度か、大きな小惑星を動かし、3万トンの原子力潜水艦を容易く空中に浮かせたことがある。

ということで、まあ地球上のものだったらだいだい操作できるって感じですね。

そんなマグニートーをGTA Vに登場させ操作できるというmodです。

マグニートーみたいなのが登場するとGTA VはもやはGTA Vではなく普通にマーベル映画になってしまうのがびっくりです。つうか無敵ですよ。

そのうちアベンジャーズができるようになるんだろうなあと思いつつ、マグニートーで普通にGTA Vをプレイしてミッションやったらどうなるのかな、と思いました。


GTA V Magneto script mod by JulioNIB - YouTube

このmodは以下のページからダウンロードできるのですが、Patreonで$2の寄付をしないとダウンロードできないかもしれません。

https://gtaxscripting.blogspot.com/2018/09/gta-v-magneto-script-mod.html

This level took me over 10 months to produce!

スーパーマリオメーカーで作られた激ムズステージってどれも人間がクリアできるもんじゃないと思っているんですが、これもまた凄まじいです。

普通は何回か失敗してようやくクリアって感じなんで、このビデオが10分もあるんでそのパターンかと思ったのですが、そうじゃありませんでした。

マリオに慣れている人でも何がなんだかわからない世界が繰り広げられていますので是非一度観てみてください。


Super Seigen's Magnum Opus! SMM's new Hardest Level! - YouTube

Coming in early 2019 to Nintendo Switch and PC.

2019年にPCとNintendo Switch向けにリリースが予定されているDevolver Digitalのガンアクションシューティングゲーム「My Friend Pedro」がまるで最近のハリウッド映画のガンアクションみたいな感じで非常に新鮮です。

銃を撃ちまくりで頭が吹っ飛んだり血がガンガン出てきたりするんですが、 Nintendo Switch向けに出せるんでしょうかね。


My Friend Pedro - Bananas Trailer - YouTube

Atomic Heart is an adventure first-person shooter, events of which unfolds in an alternate universe during the high noon of the Soviet Union.

PC/PS4/Xbox Oneで遊べるロシアのモスクワにあるMundfishというデザイン会社製のFPSゲーム「Atomic Heart」の紹介ビデオです。

なんかこれまでの米国製のFPSゲームとはちょっと雰囲気とか敵キャラが違っているところがあって面白そうです。まずこのビデオの音楽が絶対他とは違うんですが、ゲーム中の音楽もこんな感じになるのかなあ・・・。

今年中にリリースされる予定だそうです。


Atomic Heart - Official Trailer - YouTube

Beat Saber is a VR rhythm game where your goal is to slash the beats which perfectly fit into precisely handcrafted music.

現在STEAMで配信中のVRリズムゲーム「Beat Saber」は赤いセーバーと青いセーバーを使って向かってくる赤と青のオブジェクトを該当するセーバーで切るというものです。

製品ページではプレイヤーの目線での映像のビデオがあるんですが、これはこんな感じで映像とプレイしている人を一緒に観るのが楽しそうですね。


If You Want to ESCAPE with Me...Beat Saber

HTC ViveとかOculus Rift、Windows Mixed Reaklityに対応で2050円ですって。安いなあ。

Steam:Beat Saber

Soft Super Mario Brothers is surprisingly much harder than you'd expect.

ゲームのタイトルが「Jelly Super Mario Brothers」なのでゼリーなんでしょうけど、動きを見ているとjellyfish、つまりクラゲみたいですね。

ということで、elastic physics(弾性力学物理?)エンジンを使って作られたマリオブラザーズの1-1です。多分three.jsを使っているんだと思いますが、elasticなんてあったんだ。

で、以下のビデオのゲームですが、アルファ版としてブラウザで実際に遊ぶことができます。

Jelly Super Mario Brothers

いまいち遊び方というかどのキーをどう使うのかわからないのですが、矢印キーを適当に操作すると動かすことができます。

とりあえずどんな感じか見てみてください。


Jelly Super Mario Brothers - YouTube

Nintendo Switchと段ボールで遊ぶNintendo Laboの遊び方を紹介するビデオの最新版です。

段ボールなのにこの値段はないわ、と言われたNintendo Laboですが、このビデオを見るとソフトウェアの作り込みが半端なくて想像の範囲を遙かに超えておりました。これだけのクオリティならあの値段も理解できます。

個人的に特にすごいな、と思ったのが楽器のところでしょうか。これについてはモダシンラジオにも時々登場して頂いているITmediaの松尾さんが以下の記事を書いてました。

段ボールで段ボールを鳴らすNintendo Labo「ピアノ」のすごさ

なんといっても「Variety Kit」に含まれる段ボールピアノの機能がすごい。単にピアノの音色を段ボール鍵盤で再生するだけではなかったのだ。

Nintendo Laboっておもちゃというかハードウェアがどういう機構で動いているかとそれをソフトウェアがどう制御しているのかなどを体験を通じて学んでいけるという楽しさがあるんですが、シンセサイザーの音がどういう理屈でつくられているのかも直感的に理解できるようになっている仕組みもあり大人でも楽しめるかもしれません。紙を切ってそれを表現してるんですよ。

鍵盤上部に切り抜いた紙を差し込むと、その波形を音源にしたサウンドを演奏できる。高度なシンセサイザーには自分で描画した波形を演奏できるものがあるが、ハサミを使った工作でそれができちゃうわけだ。鋸歯波、正弦波はあらかじめ切り抜かれたカードが用意されているので、デュレーションを変えた矩形波あたりは自分で作ることになるだろう。

まあとにかく半端ないですが、さて、これがどれだけ理解され受け入れられるかな。

しかもきっとまだまだ公開されていない情報があるんだろうな。


Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【あそぶ】 紹介映像 - YouTube

2018年2月10日に行われた、「D23 Expo Japan 2018」にて公開。 新ワールド「モンスターズ・インク」ワールドが盛り込まれた『KINGDOM HEARTS III』の最新トレーラーです!

ということで、先日開催されたディズニーのイベント「D23 Expo Japan 2018」で公開された2018年公開予定のゲーム「KINGDOM HEARTS III」に「モンスターズ・インク」のキャラクターやシーンが追加されていたようです。

私は「KINGDOM HEARTS」シリーズはずっとやっていたので早くIIIが出ないかと思っていたのですが、これでもうちょっと待てるような気がします。

楽しみだなあ。2019年に延期されなきゃいいけど・・・


【KINGDOM HEARTS III】 D23 Expo Japan 2018 Trailer - YouTube

ちなみに今回もテーマ曲は宇多田ヒカルが担当するようで、「誓い」という曲も公開されていました。

なんか画面と歌が合わない気がするんですが、ゲームが終わってこの曲が流れるとぐっとくるんだろうなあ。

480+ hours and I finally beat it! Thanks to everyone who stuck with me through the upload, much love.

クリアするのに480時間もかかったというスーパーマリオ・メーカーの地獄のような面をご覧ください。

1日に8時間やったとして60日かあ・・・。よくくじけなかったなあ。


Final Flight Clear video - YouTube

11分とちょっと長いのですが、私は結局最後まで見てしまったのでご紹介することにします。

1962年から2017年までのゲーム画像の進化をまとめたビデオです。モノクロの超シンプルなゲーム初期のものから3Dバリバリの現在のものまでの進化の過程を見せてくれます。

こうやって見てみると最新ゲームのグラフィックスもいいんですが、初期のシンプルなやつもいいですね。昔はよくあんな画面で熱中できたもんだなあと思いました。

ちなみに最近のゲームグラフィックスだと感動したのはGTA VとゼルダのBotWでしょうか。特にGTA VのPC版はmod使うとさらに画像がよくなるわけで、そんなの見ているとGTA VIへの期待は高まるばかりです。


Evolution of Video Game Graphics 1962-2017 - YouTube

【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちゲームカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクラウドファンドです。

次のカテゴリはコンピュータです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。