サイト内検索:

映画の最近のブログ記事

映画「パシフィック・リム」の続編である「パシフィック・リム:アップライジング」の最新映像です。

「パシフィック・リム」で2人で操作していたイエーガーも今回は一人で操作可能な感じです。操作するのはスターウォーズのFinn役のジョン・ボエガです。

それにしてもこのロボットの造形、まるで日本人がデザインしたみたいに見事にロボットアニメのDNAを感じさせますね。

上映は2018年2月23日だそうで、日本はいつになるのかな。楽しみだなあ。


Join the Jaeger Uprising - YouTube

Go behind the scenes of Star Wars: The Last Jedi. In theaters December 15.

公開予定日が12月15日とまだ公開されていない「Star Wars: The Last Jedi 」の舞台裏だそうですが、こういうのは本編見てからじゃないと全然意味わかんないんだけど、まあスターウォーズファンの人には新作に関する情報が得られるソースとして重宝されるんでしょうね。

ちなみに去年公開の「ローグ・ワン」があんな出来で「やっぱり本編じゃないと」と思ったので今年の12月が非常に楽しみです。何回見るのかなあ。


Star Wars: The Last Jedi Behind The Scenes - YouTube

ディズニーとルーカスフィルムが作成するスターウォーズの新作アニメシリーズ「Star Wars Forces of Destiny」です。

16エピソードから成り現在3エピソードがオンラインで公開されています。残りはそのうち公開されるようですし、また全部が2017年秋にディズニーチャンネルでも放送されるようです。

で、これ、まあ確かにスターウォーズなんだけど、とてもディズニーとルーカスフィルムが作っているとは思えないクオリティなんですが、子供をターゲットにしているって考えるとあえてこういう感じにしているんだろうなあ、と予想します。なんにしても日本の深夜の低予算Flashアニメみたいで「えっ!?」って感じなんですが。

一応オフィシャルなのでスターウォーズのキャラクターがそのまま使えます。

ということで、まずはレイとBB-8編から。


Star Wars Forces of Destiny Episode Sands of Jakku | Star Wars | Disney - YouTube


Star Wars Forces of Destiny Episode 2 BB-8 Bandits | Disney

3つ目はレイアとイウォーク編です。


Star Wars Forces of Destiny Episode 3 Ewok Escape | Disney

うん、だんだんこのレベルでもOKな気がしてきたぞw

The trailer for Olaf's Frozen Adventure is here! The all-new featurette will open in US theatres in front of Disney/Pixar's Coco beginning November 22.

もともとテレビ用に作っていたんだけど出来が良かったんで映画館で公開することになり、ピクサーの新作「Coco」と同時上映することになった「アナと雪の女王」のスピンオフというかオラフが主役の「オラフズ・フローズン・アドベンチャー」の予告編です。

「Coco」よりこれ見たさに映画館に足を運ぶ人も多そう、というか、そうなると「Coco」の成功ってもう約束されたもんですね。


Olaf's Frozen Adventure - Official US Trailer - YouTube

Watch the new trailer for Disney/Pixar's Coco. See the film in theatres November 22 in 3D!

Pixarの新作映画「Coco」の最新予告編です。邦題は「リメンバー・ミー」なんですって。なんで?って感じですがw

英語なんで話がよくわからないかもしれないのでざっとWikipediaからストーリーを説明すると、

主人公は、メキシコに住む12歳の少年ミゲル・リヴェラ。彼が生まれ育ったリヴェラ家は、先祖が音楽家としての夢を追いかけ家族を捨てた過去があることから音楽を禁じられ、代々靴屋を営んできた家庭だった。しかしミゲルは、亡き歌手アーネスト・デ・ラ・クルズに憧れ、音楽への情熱を胸に秘めていた。
1年に1度だけ他界した家族に会えるという死者の日当日、アーネストの墓を訪れ遺品のギターを演奏したミゲルは死者の国に迷い込み、そこで骸骨の詐欺師ヘクターと出会う。リヴェラ家の謎を解くためヘクターと共に旅に出たミゲルは、その途中自分の先祖達と出会う。

ということを念頭において観てみてください。


Coco - Official US Trailer - YouTube

I'm not the first guy to tackle a collection of films where a character says the title of the film. We've had a bunch of recent movies do it though so I figured I'd give the most up to date and comprehensive version I can. All told there are a 150 examples.

映画のシーン中でその映画のタイトルを言っているシーン集です。そういう映画で言えば私が思い出すのは「インディペンデンス・デイ」ですね。あの大統領演説の最後の「Today, we celebrate our Independence Day.」っところでえらく感動しましたよ、私。

で、このビデオを観ていたんですが、日本映画って劇中でそのタイトルを言っている映画って思い出せないですね。なんかあったかな?

このビデオで取り上げられている映画のタイトルがビデオのページの説明文のところにリストされています。が、そのリストを観ていると映像の方がまったく観れなくなるんで映像の中にキャプションで入れてくれればよかったのになあ、と思いました。


Title Drops from Roman Holiday on Vimeo.


The Dolly Zoom is a bizarre cinematic effect, and it can do a lot more than just make you dizzy. Let's take a look at some famous instances of the dolly zoom, see what they accomplish, and explore how it teaches a lot of principles of filmmaking.

「Dolly Zoom」という撮影のテクニックがありまして、最初はヒッチコックが登場人物の心情を映像的に表現するために使われたようです。ドラマーのバーナード・パーディー先生の「ダチーチーチー」と同じように言われて気にしてみると確かにこういう手法ってよく使われていますね。

技術的にはカメラを対象から物理的に離しつつ(ドリーアウト)レンズでズームする、またはその逆、というものです。カメラを離すと対象が小さくなるのですが、レンズでズームすることで対象物の大きさは変わらないものの背景だけが変わるというわけです。

ドリーやズームのスピードや方向で受ける印象がどう変わるか、実際にそれが使われている色々なシーンをみて実感して見てください。これで次回からちょっとだけ映画の見方が変わるかもしれませんね。


The Dolly Zoom: More Than A Cheap Trick - YouTube

In War for the Planet of the Apes, the third chapter of the critically acclaimed blockbuster franchise, Caesar and his apes are forced into a deadly conflict with an army of humans led by a ruthless Colonel. After the apes suffer unimaginable losses, Caesar wrestles with his darker instincts and begins his own mythic quest to avenge his kind. As the journey finally brings them face to face, Caesar and the Colonel are pitted against each other in an epic battle that will determine the fate of both their species and the future of the planet.

当ブログでもこれまで2記事ほど「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の予告編がリリースされる度に紹介してきましたが、今回のやつがファイナルのようです。

昔の映画の予告編って公開が近くなる度に尺が長くなっていくものの、その前の予告編の映像に新たな映像が追加されるというスタイルで予告編から得られる新情報ってそれほどないんですが、最近の映画の予告編は毎回映像が変わっていたり、しかも予告編の映像が本編では使われていなかったりしてもうなんだかよくわかんないですが、まあ楽しいからいいか。


War for the Planet of the Apes | Final Trailer | 20th Century FOX - YouTube

Take a shot-for-shot look at the original Blade Runner and Blade Runner 2049 trailers.

映画「ブレードランナー」の最新作である「ブレードランナー 2049」はリメイクではないので同じようなシーンはないかと思ったのですが、こうやって並べてみると案外似たシーンというのはあるもんなんですね。

でもこうやってみると初代も解像度が上がれば今でも全然問題ないんじゃないかというクオリティですね。さすがだ。


Shot For Shot: Blade Runner vs Blade Runner 2049 - YouTube

Thirty years after the events of the first film, a new blade runner, LAPD Officer K (Ryan Gosling), unearths a long-buried secret that has the potential to plunge what's left of society into chaos. K's discovery leads him on a quest to find Rick Deckard (Harrison Ford), a former LAPD blade runner who has been missing for 30 years.

そっかあ、最初のブレードランナーからもう30年なんだあ、って思ったら1982年公開じゃないですか。ってことは35年ですね。

この予告編見て思ったんですが、映像的にはどこかで見たことあるような感じのものでその点では斬新さはないですね。ってことはストーリーで魅せていかなきゃいけないわけで、そのあたりを楽しみにしたいと思います。やっぱりレプリカントの苦悩がテーマなんだろうなあ。


BLADE RUNNER 2049 - Official Trailer - YouTube

【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワインです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。