サイト内検索:

クラウドファンドの最近のブログ記事

Help us make the world's first real working Dick Tracy watch inspired by the comic strip.

1990年にウォーレン・ベイティ主演で映画にもなった「ディック・トレイシー」が身につけていた時計を現実のものにしようとクラウドファンディングのIndiegogoで支援を求めています。

私、これ、とても気になっています。

やれるのはスマホを介した(Bluetooth)通話と時間を確認することだけなのですが、デザインがいいんですよ。こんな感じです。

Dick%20Tracy

で、気になる値段なんですが、メーリングリストに登録しないと教えてくれないようです。うーむ。

とりあえずメーリングリストには登録してみたのですが、やはり値段等は後日連絡がくるようです。安かったら買ってもいいな。


Dick Tracy® | The Official Watch | Indiegogo

あ、ディック・トレイシー知らない人はとりあえずWikipediaでどうぞ。

Kickstarterモノです。

Spinning desk toy that creates a mind-bending optical illusion of continuously flowing helix.

机の上に置ける小さな回転する円柱なんですが、回転することで永遠に続く螺旋状の模様を楽しむことができます。

「だからなんなんだ?」って気もするんですが、なんか煮詰まった時にこれで遊んでみるとリフレッシュできるかも、ですね。

工業製品としても非常に美しく、値段も4000円ぐらいなのでプレゼントにぴったりかもしれません。

で、現在、目標¥295,561に対して¥12,973,958もの支援が集まっています。人によっては1個だけじゃなくて2個、3個と購入している感じでしょうか。

ちなみに回転持続時間は回す力にもよるんですが、2本指で回した時は25秒ぐらい回り続けるようです。


VORTECON- Kinetic desk toy with mesmerizing motion by Kristoph Krisjans -- Kickstarterhelix

OJO - World's First Nintendo Switch Projector

indiegogoものです。

Nintendo Switchのドックみたいな感じでSwitch本体を差し込むタイプのプロジェクタです。

で、30インチから120インチのスクリーンまで投影できるようです。パーティなどみんなで楽しむ時に最適ですね。

残りあと少しで本体だけだと$349、ケースというかバッグ付きで$369で支援できるようです。


OJO projector promotion

ゲットしたい人は以下のページでどうぞ。

でも出荷予定が今年の10月ってことなんでそれまでに国産メーカーからも出てきそうだけど。
(ページを読むと特に任天堂のライセンスをとってないみたいなんだけど大丈夫かな・・・)

OJO - World's First Nintendo Switch Projector | Indiegogo

Kickstarterモノです。

From acclaimed artist Simon Stålenhag comes a new narrative artbook about a girl and her robot traveling west in an alternate 90s USA.

少女とロボットが90年代のアルタネイティブな米国を旅する絵本です。

なんというかありそうでない風景というか、映画のプロットを見ているようでとても刺激を受けます。ゲームだとこういう感じの風景はありそうです。

なかなか素敵な絵本になっておりますので、こういう感じのイマジネーションを受けたい方は購入してみてはいかがでしょうか。

以下は紹介ビデオです。


The Electric State - Simon Stålenhag's New Narrative Artbook by Fria Ligan -- Kickstarter

Uno Bolt is the worlds first e-unicycle with Gyro Force Technology. With built-in stabilizer sensors, it's the quickest responding gyroscope to be put into a one wheel machine.

Kickstarterモノです。

Uno%20Bolt

電動一輪車なのですが、ジャイロ搭載なので転びません。1回の充電で40km走るようです。

まあ日本だと公道は走れないと思うのですが、セグウェイが走っているようなところはOKでしょうね。
工場などの巨大な敷地での移動もいいかと思いますが、遊園地にあれば結構楽しいだろうな、と思いました。

公道走れるなら欲しかなあ。2輪車より駐車スペース取らないのがいいと思うんですよ。

$999で支援できるようです。


Uno Bolt: Worlds First E-Unicycle / E-Bike With Gyro Force by Uno Bolt -- Kickstarter

Hypoallergenic adhesive pad for walking freely wherever you want!

Hypoallergenicって単語が分からなかったので調べたら「アレルギーを起こしにくい, 低刺激性の」という意味のようです。つまり低刺激性の粘着型パッドってことのようです。

ってことでkickstarterモノです。

Nakefit

こんな感じの足形のパッドで足の裏に貼ります。

そうするとこういう感じになります。

Nakefit

夏のプールサイドなんかはとても熱くなってるので非常にいいと思うものの、そのままでプールに入るってのはどうなんだろうかといろいろ悩ましいです。

でも夏の公園の芝生の上、なんてのはいいですよね。

€20,000目標ですでに€182,314集まっています。

まあ、それはいいとして出荷はいつなんだろうか・・・。


Nakefit by Sabato Alterio -- Kickstarter

Kickstarterモノです。

smart headphones that improve your concentration

脳波センサーを5個搭載したヘッドホンです。ヘッドホンして音楽聴きながら何か仕事をしているんだったらそのついでに脳波まで測定しちゃえばいいじゃん、って感じでしょうか。

まず基本となるヘッドホンですが、Bluetooth、ノイズキャンセル対応です。で、肝心の音の方はONKYOがサポートしているようですのでまずは安心かと。

搭載している脳波(electroencephalography (EEG))センサーですが、こちらは病院などで50年以上も使われているもので脳の電気的活動を計測するようです。これにより感情の状態、例えば怒りとか集中度などがわかるようです。

集中度が記録できるので、何かを行っている時にどこでどれぐらい集中できたかがわかるようになります。これにより物事への取り組み方を計画することができるようになるのではないでしょうか。

こちらの「Mindset」、現在28日を残して目標10万ドルに対して$346,796の支援を集めています。今だと$229で支援できますので興味ある方はどうぞ。


Mindset: smart headphones that improve your concentration by Mindset -- Kickstarter

Kickstarterモノです。

Space-saving! Lumbar-supporting! Weather-resisting! Personality-enhancing! Mechanically-marveling! The superhero of chairs.

板のような状態からトランスフォームしてイスになる「The Ollie Chair」という名のイスです。

変更の様子は下に埋め込んだビデオをご覧下さい。

折りたためる(?)のでポータビリティがあるのですが、そうなると気になるのが重量です。調べたら16lbs、つまり7.25kgでした。まあ外に持ち出せないこともないけど、車がないときついですね。

目標金額$80,000に対して27日残して$58,313とあともうちょっとって感じです。今だと$300で支援できます。

よくある折りたたみ椅子と比べると、しっかりと腰がサポートされるのでこういうのが欲しかった腰が悪い人はチェックしてみてください。


The Ollie Chair: Shape-Shifting Seating by RockPaperRobot -- Kickstarter

Kickstarterモノです。

Learning guitar doesn't have to be tedious! Fret Zeppelin is a state-of-the-art full spectrum LED learning and display system.

鍵盤が光って次弾く音を視覚的に教えてくれるキーボードというのはよくありますが、それのギター版って感じです。「Fret Zeppelin」というネーミングが上手いのか下手なのか判断できませんが。

押さえるべきフレットのところがLEDで光るのでそこを押さえてあげればOKとなります。

これのよいところはどんなギターにも装着して使えるというところでしょうか。普通はLEDがネックに埋め込まれた形でギターとして完成した状態で販売されますからね。LED部分はモジュール化されているのでネックに上からはめ込むだけです。でもネックのスケール違いはどう吸収するのかな・・・。

LEDを光らせるのはスマホアプリのようなので、そのアプリでサポートされてる曲でしかLEDでガイドしてくれないというはちょっとあれなんですが、まあギター初心者向けということでそこは納得できるかもしれません。いきなり弾きたい曲は弾けませんからね。

で、初心者向けギター練習用システムなわけですが、すでに上手に弾ける人もこのLEDのイルミネーションはちょっと魅力かもしれません。特にクリスマスの時期のライブでこれ使ったらステージが艶やかになるでしょう。

とにかく、今自分が愛用しているギターに装着可能、ってのが一番の魅力ですかね?

Fret Zeppelin - Play Guitar in 60 Seconds by Edge Tech Labs -- Kickstarter

Kickstarterモノです。

This lamp is breaking away from traditions, with a switch in mid-air. Its unique design brings magic into your life.

ということで、2つの球体が空中で引かれ合うことでスイッチのオン・オフができるランプです。

Tabletop%20Lamp

以下のビデオを観てもらうとわかりますが、普段は下の球体は上の球体からは離れていて、下の球体を上の球体に近づけることでランプのスイッチがオンになります。球体同士は磁石で引かれ合っているので宙に浮いているように見えます。

まずなんといってもお洒落な感じがいいですよね。値段もそれほど高くないのでお洒落なお部屋に住んでいる人は支援してみてはいかがでしょうか?

Heng Balance Lamp - A unique lamp with switch in mid-air by Allocacoc DesignNest -- Kickstarter

【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクラウドファンドカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクラウドです。

次のカテゴリはゲームです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。