サイト内検索:

Googleの最近のブログ記事

やっぱGoogleはすげーなー。

ということで、1台のGoogle Homeにアメリカ人とイギリス人がそれぞれ「カラーのスペルを教えて」と話しかけたところ、アメリカ人にはcolorと答え、イギリス人にはcolourと答えたというビデオです。

私が聞いた限りでは両者の発音の違いがわからないのですが、微妙なアクセントの違いとか最後の「u」の有無を聞き分けているのでしょうか。

なんにしてもすごいです。


American vs. Brit - YouTube

In 2017, the world asked "how." Questions like how to join the military, how to run for office, how to make a protest sign, how to be a good parent, and how to be a firefighter were asked more than ever before.

Googleから2017年の検索語のランキングが発表になりました。

2017年 Google 検索ランキング
2017 年の急上昇ワードを見る

んで、これらは検索語のランキングなのですが、傾向としてはどうなのか、というのを説明したのがこのビデオです。今年は「how」という言葉から始まるものがよく検索されたようです。例えば「軍隊の加入の仕方」とか「ポスターデザインの仕方」「よい親になるのは」といったようなことです。モノよりコト、ということなのかもしれません。

「消防士になるには」が他の年よりも多かったというのは山火事が多かったことが原因かもしれません。


Google - Year In Search 2017 - YouTube

これはいいですよ!最高です。

通常、YouTubeで検索窓使って検索すると検索結果ページに一覧が表示されるのですが、ビデオを再生中に検索するとページが遷移してしまうのでビデオが途中で終わってしまうことになります。

でもこの「YouTube Stay! 」というChrome用エクステンションを使うと、ビデオ再生中でも検索窓で検索した結果を右サイドバーに表示してくれます。

YouTube%20Stay%21

右サイドバーに検索結果が表示されるので現在見ているビデオが終わったらすぐに次のビデオを見ることができるようになるわけです。

これはほんと素晴らしい。YouTubeチームもこれは目からウロコだったんじゃないでしょうか。

YouTubeをよく使う人は試しに使ってみて下さい。だめならアンインストールするだけですからね!

YouTube Stay! - Chrome ウェブストア

iPhone users--this one's for you. Meet Gboard, a new app for your iPhone that lets you search and send information, GIFs, emojis and more, right from your keyboard.

Official Google Blog: Meet Gboard: Search, GIFs, emojis & more. Right from your keyboard.

Google謹製のiOS用キーボードアプリ「Gboard」です。「ジーボード」と「キーボード」って声に出してみるととても近い音がします。

以下のビデオでも説明されているのですが、キーボードにGoogle検索機能が付くって便利そうです。

しかも単に検索できるだけじゃなくて、検索後の利用方法までしっかり考えられているのが素晴らしいです。

でもね、

Get it now in the App Store in English in the U.S., with more languages to come.

ということで、英語版しかなくてしかも日本のApp Storeからはダウンロードできませんでした。でも近いうちに他の言語版も出るようなのでそれに期待です。

日本語の記事もありましたので、興味ある人は併せてどうぞ。

Google、iOSにGboardをリリース―ブラウザなしでアプリ内から検索可能なキーボード

Tilt Brush lets you paint in 3D space with virtual reality. Your room is your canvas. Your palette is your imagination. The possibilities are endless.

あなたの部屋がキャンバスになる、ってのはいい表現ですね。

ということで、OculusではなくHTC Viveで試せるGoogleのVRアプリ「Tilt Brush」です。

早くVRが普及して誰でもこういうのが体験できるようになるといいですね。

Tilt Brush by Google

Neverware社の「CloudReady」をWindows PCにインストールすればそのPCをWindowsも起動可能なChromebookに変えることができるようになります。

Neverware

古くなったWindows PCなんかを持っている人にはいいソリューションなのではないでしょうか?

「CloudReady」は学校向けは有料なのですが、個人使用であれば無料で使えます。

ただ、どんなPCでもインストールできわけじゃなくてUEFI搭載のやつじゃないとだめみたいなので、BIOSしかないやつだとだめですね。でも10年以上前のじゃなければ大抵大丈夫かと。

ダウンロードはこちらから。

Neverware

YouTube%20Music

好みに合わせたおすすめ情報、話題の曲、さまざまな発見ができるノンストップのラジオ局を使って、新しいアーティストを見つけたり以前好きだったアーティストに再会したりしましょう。

YouTubeから音楽に特化した新しいアプリ「YouTube Music」が出たということで早速ダウンロードしてみました。

ところが!

iOS版をダウンロードしようとしたのですが、どうやらApp Storeの日本のアカウントからはダウンロードできないようです。

そこでAndroidのApp StoreからAndroid版をダウンロードしようとしたのですが、Appのページには「Android 要件4.0.3 以上」と書いてあったので私の4.1.2端末でも大丈夫かと思ったのに、「このアプリはお使いのどの端末にも対応していません。」と表示される始末。

ホームページが日本語で書かれていたので大丈夫だと思ったのになあ・・・

そこでAppleのUS版のApp Storeへ行ってとりあえずアプリはダウンロードできました。

ところが!

「お住まいの国では音楽ストリーミングをご利用いただけませんが、YouTubeアプリをダウンロードしてご利用いただけます。」

と表示され何もできません。検索しても何も検索できませんでした。

ということで、だったらホームページとかアプリの紹介ページに日本からは使えないって書いておけよなー、と思った次第です。

そのうち使えるようになるのかなあ。

とりあえず紹介ビデオだけでもご覧下さい。

YouTube Music

「スーパーマリオブラザーズ」30周年だからかどうかはわかりませんが、Googleで「スーパーマリオブラザーズ」で検索するとこういうページが表示されるわけですが、

super%20mario%20bros

この検索結果ページの右側にあるゲームカセットとかスクリーンショットの下にある「?」のボックスは実はクリッカブルでクリックする度にチャリンチャリンと音が鳴ります。

100回クリックしたら何か起こるかもしれませんが、私はやってみませんでした。

それとついでですが、「スーパーマリオブラザーズ」30周年ということで、マリオがデビューしてから今までマリオが登場したゲームなどがまとめられていました。なかなか懐かしいものもありましたよ。

そういえば一番最初はドンキーコングだったんですね。


The Google Translate team tests their new app in 27 languages -- you can download it on the Google Play Store (https://goo.gl/translateappandroid) and App Store (https://goo.gl/translateappios)

Google翻訳のアプリが27カ国語対応になったようです。

標識などを瞬時に訳してくれるGoogle Translateが、対応言語を27ヵ国語に拡大

ということで、これを使って「ラ・バンバ」の歌詞を翻訳するデモをGoogleの中の人達がやっているのが以下のビデオです。

にしてもどうして標識などの文字の部分だけが翻訳されて差し変わるのは不思議でなりません。


Google Translate vs. "La Bamba" - YouTube

Deep neural network dreaming after eating one too many slices.

GoogleのdeepdreamDeepDreamAnimatorを使って変換されたピザのCMです。

ソースとなるビデオ映像をdreamer.pyを使ってフレームに分解し、それをDeepDreamで変換し、Animatorで再構成する、って感じのようで、なんか誰でもできそうな気がします。

まあ、どんな映像使ってもきっと気持ち悪い映像にしかならなと思いますがw

なんつうか「目」が怖いんですよね。

Deep Cheese Dreams from Neue Modern on Vimeo.


【過去記事】

COTOBACO

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちGoogleカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはCSSデザインです。

次のカテゴリはHTML5です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。