« 天国と地獄のソロ・ツーリング | メイン | 到着しました。 »

愛車の故障

愛車グランドチェロキーの停まっている真下に緑色のクーラント液を発見。
前回の愛車がオイルパン腐食によって、オイルだだ漏れだったのを思い出し、チェックするとウォーターポンプから中身がちょびちょびと漏れているらしい。

ジープは頑丈だと思ったけれど、やはり経年変化には勝てなかったか(オドメーターで10万キロ以上も走行している中古なので)。ただ、不幸中の幸いというか、保証期間内なので無料で直してもらえるらしい。良かった。普通に交換したら6万円超えコースだ。

どうも、ここのところ床下廻りが呪われているなあ……。

コメント (5)

yana:

小生のチェロキー(やはり10万キロ越え)は、コンプレッサーが吹っ飛び、部品が調達できず、このまま永久の眠りにつきそうです(涙

ありゃありゃ、意外ともろいですね、ジープなのに。

どこかのユーザーグループとかで部品を大量に溜め込んでいないですかね……。

yana:

いま、探しているんだけどね。車体や足回り、エンジンそのものはまったくがたが来ていないので、コンプレッサーひとつで買い替えというのはどうにもくやしいのですが、なんと部品が見つかっても修理代が30万円を超える、ってんで、どうしたものかな、と思っておるわけです

げげっ。30万円。中古でもう一台買えるよ。

どれだけチェロキーを愛しているかにかかっていますね。(^^;

yana:

きらいじゃないんだけどね、さすがに30万円は・・・苦笑

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年09月23日 10:33に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「天国と地獄のソロ・ツーリング」です。

次の投稿は「到着しました。」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type