« 伊豆寒中ツーリング | メイン | 検証:ボクスター2.5(2) »

ボクスター 986に魅せられて

hummingsix_boxter04.jpg


僕なりのインプレ


ボクスター2.5(986)は今から12年前の車です。デビュー当時のプレスによる印象が悪かったせいか、ネットでも未だにその印象を引きずる意見が散見されます。

その多くは、「パワーがない」「エンストしやすい」「剛性感が乏しい」等々…。その後に登場した2.7の986は、その批判を払拭するかのごとく進化したかのようにメディアは喧伝している。ん〜、ほんとかな?

僕が上記のような意見を知る前に2.5に乗った印象は、そのどれとも違います。「あばたもえくぼ」の側面は否めません。でも、正直、違和感があったのは事実です。これは、ポルシェ初心者から見たフツーの人のためのボクスター2.5・レビューです。

パワーない? いや、いや。あるある。


まず、パワーについて。かなりあります。というか、速すぎ。普通に流そうとしても、どんどんスピードが上がっていきます。車と速度がバランスするスウィートスポットが日本の下道では見えてきません。

気持ちよい領域がかなり上のほう過ぎて、サーキットに持ち込まない限り使い切れないし、少なくとも公道で「遅い」クルマとは言えないでしょう。ちょっと運転したら、わかりますよ。踏めば、必ず応えてくれます。噛み付くようなエンジンのレスポンス。

まるでバイクのように鋭く回転し、実際にパワーも伴っています。問題は、楽しもうとすると免許の点数がとても気になることかな。


普通のことを普通にできるクルマは偉いのだ


2.5は数値だけをもってクルマの性能を決めるならば「遅い」クルマかもしれません。でも、いつも思うのですが、日本車はカタログ数値はすごいのですが、ドイツ車に乗るたびに数値では語りきれない「速さ」を感じることが少なくありません。その意味で、少なくともカタログ上だけで勝負するなら遅いかもしれません。

でも、ボクスターはこれまでに僕が経験したことのない「速さ」を身にまとっています。ボクスターからはハンドリング、シャシーを含めた挙動など、すべてにおいてガチな速さを感じるわけです。

たとえば、直線をズバっと加速させて溜飲を下げても、さてコーナリングするかという時に「なんだよ、このヘナヘナなハンドリングは!」「なんだよ、このちぐはぐな走りは!」「上がまったく伸びないじゃん!」と思うクルマは少なくありません。速さを「演出」として扱っているクルマだからでしょう。それに対する落胆も大きいわけです。単に加速感だけのことを言っているわけではありません。ほかにも空力やシャーシ、剛性など、本当は速さってトータルに造り込んだ結果に得られるものじゃないかと思うわけです。

ボクスターの挙動には違和感がありません。ドライバーの神経系統につながっている感覚とでも言いましょうか。「こう動くだろう」に対して忠実。オツリがきたり、ワンテンポ待って…ということがないのです。無論、忠実に動かないから面白い、というクルマもあるでしょう。だから、それが絶対価値でもないけれど、飛ばしたいドライバーと強固な信頼関係を築ける、ということでは世界でも屈指の出来でしょう。


ナンパなようで、ガチのスポーツカー


正直、僕も乗るまではボクスターはもっとフツーのクルマかと思っていました。メディアがSLKやZ3(当時)とかと比較するので、買い物にも使えるスペシャリティ・カーの一種かと(実際、買い物にも使えるけど)。それらほとんどの競合車に乗ったことありますが、まったく別ジャンルだと思います。ボクスターはリアル・スポーツカーですね。競合車はよくできたスポーティー・カー。

難点は、スピードのノリが良すぎて、加速感を楽しもうとすると、一般道では危険ゾーンに達してしまうこと。そして、高速では、アッという間に制限速度以上出てしまいます。


エンジンを背負って走る


そして、速さ以外に官能性についても書いておきましょう。ここはイタ車の十八番(おはこ)かと思っていました。しかし、バイザッハも負けていませんね。ボクスターに乗れば、誰もが指揮者になれます。

背中に積んだバイザッハ管弦楽団(フラットシックス・エンジン)の演奏を聞いていると、そいつをフルオーケストラで奏でたくなります。マニュアルだと、各ギアポジションによって音色を変えられるので、それがまた楽しいわけです。フラットシックス指揮者は、四六時中、あちこちでドスの効いたエグゾースト・ノートを鳴らしてしまうでしょう。カンパチでもカンナナでも、シュトコーでも。

さて、次回も喧伝されている評価について、僕が感じたことを綴っていきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年06月02日 17:26に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「伊豆寒中ツーリング」です。

次の投稿は「検証:ボクスター2.5(2)」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type