« 2004年08月 | メイン | 2004年10月 »

2004年09月 アーカイブ

2004年09月01日

モータースポーツの映像がテレビなどで流されるとき、大概BGMは、ロックっぽいノリ。だけど僕はクラシックの方が合うと考えている。
重力と慣性の妥協点を探り、限界点を探り、時間を削り取っていく作業。
スピードと冷静に語らい、競り合いともなれば、相手の心まで読みながら揺さぶる。
そんな時間の中に身を置いているときに、ハードロックはないだろう。
クラッシュするか、タイヤ滑らせてタイムロスしちゃう。
やっぱり表面は静かに音が漂い、その奥深くから、ほとばしる熱情がこみあげてくるような、そんな曲がいい。
走っているときは、一人の世界。自分がここに在り、生を感じている。
どこか哀しみさえも漂う時間。
静寂の時。
さらなる頂きを目指して、走り続ける。
おっと。スティーブン・ライヒを聞きながら書いていたら、違う一人の世界に入り込んだな。
ライヒ、素敵です。

2004年09月03日

北海道ラリー

今週末は北海道でWRC。お世話になっているMスポーツのドライバーが参戦します。
うちのトランスポーターはお供で北海道へ。
そして鈴鹿では、ジムカーナ。
Mスポーツのお二人のご健闘を祈ります。
そしてスタッフの皆様も、がむばってきて下さい!
僕達は18日瑞浪、10/3茂原、10/10瑞浪全国大会、
そして・・・まだまだ、続きます!

2004年09月06日

hi fidelity

「ハイ フィディリティー」という映画を観た。こだわりのレコード屋をやっている主人公ジョン・キューザックの、まあ、出て行った彼女とよりを戻すというのがストーリーの中心になっているんだけど、これが、男なら実は一度は考えたことあるだろうという道筋で彼女との事をみつめていくのです。イジイジした男っぷりを淡々と見せつけてくれるジョン・キューザック、普通なら飽きるような話しなんだけど、飽きません。音楽がとても良く、キャスティングがこれまた、素晴らしい。
流れがとても良く、いやらしくなく、思わず自分を見つめてしまいます。
なんか、いい時間過ごせました。
ちなみに、このDVD、ビッグバードから借りたやつなんだとなあ。
ホント、図体に似合わないセンスしてるよなあ。

2004年09月07日

健康診断

明日は健康診断なるものを受けに行きます。
長いこと非社会人な生活を送っていたもので・・・いや、今もあまりまっとうではありませんが、人並みなマネをできるようになり、学生時代以来の健康診断です。
バリウム飲んだり、検体出したり、直腸検査だってやっちゃいます。
余命短しな病気が発見されたらどうしよう。そのときはカートと過ごす闘病生活というブログにしよう。
膝の調子が悪いんだけど、相談しても来るとこちゃうわ!と無視されるかなあ。
と、なんか楽しみにしてみたりしてるんですが、多分何も発見されないでしょう。

2004年09月08日

で、健康診断

行ってまいりました。前日の21時以降、何も食してはいけなく、当日にいたっては水も飲んではいけないのですが、これが、健康状態を診断してもらうのに、身体に悪く思えた。といいますか、腹減ってしょうがないじゃないか!
おまけに検体を採るのを忘れていて、前日に必死にひり出すハメになり、8ミリ四方の切片からこじこじ。とまあ、フラフラになりつつ、病院に到着。

「あの、初めてなんですけど・・・」なんてやりつつ、人間ドックスタート。
まずはジャージに着替えて、レントゲンから。次に超音波で内臓チェック。以前に肋を折ってから、時々ひっかかりを覚える右脇腹、横隔膜近辺のチェックがやけに念入り。おお、早くも、何やら良くない症状が発見されたか?と、思ったが、ハイ、けっこうです。次行って下さい、と追い出される。今度はリンパやら脈、心音なんかを診る。ベッドに横になってカッケの検査。コンっと膝下を叩かれ、ピョコンと足が跳ねる。あ、いいんだけどなんか悔しい気分。
そしてさらに横に向くと、おもむろに看護婦さんが、おパンツをするりと、脱いでくれれば嬉しいが、脱がされた。しかも、もう少しお尻を突き出せと宣う。
「ハイ」とうつむきながらお尻を差し出し、うつむく私、奥歯をそっと噛むのでした。楽にしてて、なんて囁かれながら、やおら男性医者が、私のア○スを、ズブっとやります。(ハウッ!)と心で叫び、そっと涙を流すと、続いて、機械を入れると言います。「ハヒ」、ズブ、ここで先生は満足気に「良し」と呟きます。
「問題無し」。いや、私にはおおあり。ここで再び看護婦さん登場、お尻を拭かれます。(もう、好きにするがいいわ!)などと心で叫びつつ、平然とした表情で、ありがとうございます、と退出。看護婦さんも、とてもにこやかに送り出してくれます。しばし呆然としてから、血を出せと言われる。
ブスリと注射を打たれ、黙って見ていると、何やら5本もの管に次々と血を吸い出していく。3本目から、早くも血の勢いがなくなっていく。(もう血がなくなってきたか?)てなことはなく、採尿の容器をもらって、目の検査、身長体重といった、軽いメニューをこなす。なんと身長が1㎝伸びているじゃないか。視力はまた落ちているじゃないか。
ふ〜んふ〜んと思いつつ、胃の検査です。バリウムを飲む前に、発砲粉末を飲むのですが、一気に飲んでゲップしないで下さいと言われた2秒後に、ゲーップ。続いてバリウムをバリバリ飲んで、診察台で、5回転くらいぐるぐる回される。引っくり返されたり、逆さになってりし、バリウムをごくごく飲んで食道の映像を撮る。
ゲップは大丈夫だったけど、これでもか、と言う程食道の様子を撮りながらバリウムを飲まされ、半べそをかく。こんな栄養にもならんもん飲ませやがって。おまけに下剤で出せだと〜。ケエッ!
と、だんだん心もすさみ初めた頃、検査項目はすべて終了。
しかし、採尿に失敗し先ほどは5ccほどしか採れなかったので、居残ってお茶をがぶがぶ飲み、もよおすのを待ちます。3杯くらい飲んで、しばらく週刊誌なんぞを読んだ後、意を決してトイレに向かう。ウ〜ンウ〜ンと必死の形相を浮かべ、やっと30ccひり出すのに成功。やっとすべてが終了。
1000円のお食事券をもらって、売店で買い物をして、病院から退散。
てな感じで、人間ドック終了。もう、いいや。

ヘッダーの下に、トランポ、カート、エジプトの世界大会の画像を載せてみました。が、クリックしても拡大はされません。何故なら、やり方がわかりませねもので・・・そのうち、できるようにいたしたく存じます。

2004年09月09日

またあ?

やっと走りにいけると思ったら、また天気が怪しいときたもんだ。これで今週末雨だくだったら、ホント泣いちゃいます。いっぱいテスト項目があるのにい!
でも、ま、瑞浪に走りに行くときに、快晴ですという予報だったことは、滅多にないくらいなので、大丈夫でしょう。色々と持ちネタもできたし、とにかく早く走りたいのです。
全国大会が近いこともあって、今度のレースには鈴鹿シリーズの選手達、他のシリーズに参戦している選手達の登場があるので、またまた楽しき厳しきレースになりそうなので、万全を期したいですよ!
しかしあれだな、バリウムが出て来ないな。採尿ひねり出すのにコーヒーを検査直後にカパカパ飲んだからかな、薄茶なのはポンポン出て来てるんだけど。
カフェオレ?

できた

おっ、ヘッダーの下の画像をサムネイル表示にできた。
これからは、少し写真も載せていってみようかな。

2004年09月13日

毎度毎度

最近は泣き言ばっかり言っているようだが、週末の二日間のテストで余計に不安肥大。ほーほーふんふん、てな要素も多く、展望が見えてないわけではないが、まだまだ迷いたっぷりといった感じ。何といっても、シート位置が決まらない。
そのまま横の竜吟湖に飛び込もうかというようなタイムしかでません。う〜ん
が、色々と気にかけて情報、アドバイスをくれた、え〜と、ヒゲのVanspeedドライバー様^_^、圧迫骨折腰痛中のキング、以下省略の皆様ありがとうでした。
きっと今度のレースでは速くなっています。えー、速くなってますとも!
気合いだー!

P.S.バリウムはやはり、白い姿を現さず。直腸検査を恋しくは思ってはいない。
そして健康診断して風邪をひいた。

2004年09月15日

ピラミッド

エジプトに行ったときの話し。エジプトと言ったらピラミッド。見てきましたとも、ピラミッド。しかもラクダに乗って。
ズララっと並んだラクダ達、みんなヒャーとか言いながらラクダに跨がります。
中には駄々をこねて立ち上がらないラクダもいて、ガイドにパコっと叩かれたりします。すると逆切れするラクダもいて、歯を剥き出しにして「ムモー!」と立ち上がり、首を振ります。
ササーっと逃げるガイド達、って逃げるなよ!ヤバい切れっぷりなのか!?
とビビっていると、何事もなくラクダは歩きはじめます。
無事、パッコパコとラクダでカイロの裏通りを行きました。が、この裏通り、無事ではすまなそうな雰囲気プンプン。冷たい視線を投げかける人々、群がる子供たち。これがカイロの生の姿か。なんて思っていると、○○様御一行様なんて日本語で書いてある観光バスがブ〜っと横を走り抜けていく・・・
やがて砂漠に出ました。おお、こうこなくちゃ、なんて思い、砂漠の入口で止まると、一斉に放尿を始めるラクダ達。ジャージャー派手な音たてて、川の流れのごとく流れていく御小水、脱糞大会も始まります。こいつら、ちょっと止まるとすぐジョージョー始めます。けっこう乗りにくいし、おケツが痛い。
とかなんとか、やってるうちにピラミッドに到着。でかいけど、ちょいとマイナーなピラミッドかと思ったら、エジプト最大のピラミッドだという。なんか、もっと神々しいものをイメージしていたのに、ただでかいだけじゃんか!というくらい、キレイなものではなかった。横にはライトアップ用のでかい照明。ゴミは散乱。ピラミッドのとこにいたガイドは、その横がトイレだという。いや、あんた、それピラミッドの壁ですがな。と、驚きつつ、いよいよピラミッドの内部へ!
ここは、まだ一般公開されてないところなんだとガイドは言う。が、しっかり電気が通り、中々の手あかの付きっぷり、隅っこには何かのチケットも落ちている。
ナイスエジプシャン。てなこと言いつつ、しっかり感慨にも耽りながら、スフィンクスを眺め、スフィンクスの眺めるケンタッキー・フライド・チキンを眺め、またラクダに乗って戻りました。

さ〜て

18日は、瑞浪でのレース。レースの前に、とにかく早く走りたい。
あー走りたい!統一戦に向けて、おそらくかなりの台数が金曜から走ることでしょう。まだ、試したいことが多いのでバタバタするとは思いますが、不安も飛んで楽しみになってきた。
ろくに仕事もせんと、木曜から瑞浪に向かって出発さ!
頑張ってまいります。

mini復活な感じ

いい加減、エア入れなくちゃと思い、エア圧を測ると、どえらく減っていた。
パシっとエアを入れると、走りがとても軽くなったもんです。
コーナーでもちゃんとグリップしてくれます。
やっぱminiはこうじゃなきゃ。
今度ボンネットにストライプ入れたろかな。
あまりにもminiが増えて、同じ配色のとしょっちゅうすれ違うは、二台並んじゃうこともあるもんね。
あまり目立たないようにしとこうと思ったけど、パーツ類を替えたりしない分、ちょいとアレンジしたくなりました。でも、カッティングシートでもって、自分でやるつもりなので、ちょいと先になるかな。
どういう風にするか、これも楽しみです。

2004年09月21日

瑞浪第6戦

の結果ですが、不甲斐なく9位に終わりました。
問題あり、光明ありの、9位でしょうか。
いずれにしても、不満たっぷりです。
どうもすいません。
金曜からの模様は以下に

木曜の夜、健康診断に行ってからの風邪がまた、ひどくなってきて軽く唸りながら皆と集結。ほとんど横になったまま、皆に運転してもらい、深夜に毎度誰もいやしない瑞浪レイクウェイの駐車場に到着。
即仮眠をとる。
ぞくぞくと集まってきたトランスポーターのエンジン音で目をさまし、朝食をとりながらゲートオープンを待つ。風邪の具合は問題なくなっている。
さすが、MAXフェスタが近いだけあって、集まりっぷりが凄い。ゲートオープンと同時にドヤドヤと流れ込みピット設営。今回もピットクルーは、ビッグバードと松っちゃん。松っちゃん、気合いを入れて、プラハン、ガガガ、ア○ス!と工具類の名前確認。でも、松っちゃん、プラハンしか合ってないから・・・
絶対エリートに見えないよな、君。
てなことやりつつ、何やら降っている雨を見つつ、早弁して午後から走行開始。
が、がが、また、クルマが決まりません。当然タイムも出ません。何してもいっこうに決まらず、あまりのひどさに、ピットに戻って来て、グローブを叩きつけ、リブガードを放り投げ、ヘルメットをそっと置く。えらい荒れように、ピットクルーは右往左往。
クルマに手を入れ、投げたグローブを拾い走り出す。ホッと一息ついているピットクルー、出て行って1周で戻って戻って来た僕を見てイスから飛び上がり、何事かと寄ってきます。「メガネ忘れた・・・」。コースインしようと思ったらすごく視界が悪く、何かと思ったら、メガネをしていなかった。かまわず走ろうかと思ったけど、こりゃ恐いと、あえなくメガネを取りに戻ったのでした。
で、また走り戻ってきて、あまりグローブ叩きつけるわけにもいかんなと、グローブを水平投げにし、ひ〜んと泣いてみる。いやいや、トップタイムあたりと1.5秒は遅れている。とどめにストレートで5台に抜かれた。どんよりしながら空元気みせつつ、色んなところに泣き言いに行き情報をもらう。でも、どっぷりと不安要素をかかえたまま、金曜は終わるのでした。もう、正に「セッティングがバラバラだ」てな状態。
腹いせに、この名台詞を言って、メカニックを困らせた本人に嫌がらせをしかける。駐車場で今夜は泊まるというので、食事もせんと金縛りにあうとか、墓から火の玉がとんでくるとか色々言って怖がっていただく。
そしてビール飲んで眠りました。こういうときは、飲まないと、明け方まで考え込んで眠れなくなりますから。でなくても、飲みますが・・・
5時起床。フラフラと宿を出発。そして、コンビニに寄ったときに事件勃発。
トラックをよけつつ、駐車場の奥へ行こうとしたときに、ガリリ!とトランスポーターのルーフをコンビニのネオンに擦り当て、看板ポロロンと割れてくれました。
そのままトンズラしようかと思ったが、目立ちすぎるクルマなんでやめ、コンビニの店長に逆切れしてみようかと思ったが、なんかニコニコしてるのでやめ、トラックの運ちゃんに切れてみようかと思ったが寝てるのでやめ、素直にごめんなさい。
これは高くつきます。もうこのまま帰ろうかと思ったが、ボーッとしてたら瑞浪レイクウェイについてしまったのであきらめることにする。
気を取り直して、昨日入手した、SHIFTのグローブと、OAKLEYのシューズを見てニヤニヤしてみる。OAKLEYのシューズ、中々良いです。今日は雨、降らないで下さい。と、皇帝松○選手が来てくれて昨日の症状から、ここを変えるといいとアドバイスをくれる。さっそく変更して公式練習へと旅立ちます。
すると、「おお!」いいです、クルマの動きがいいです。これはうれしかったです。が、エンジンがうまく回ってくれないので、タイムは全然。
T.T.は最後尾から出て行くことにします。30台、ダミーグリッドにも入れないくらいの台数なので、前の方で渋滞に巻き込まれ、逆にタイムを落とすのを防ぐのと、今のペースだと、抜かれてかき乱されるだけと判断したためです。おまけに雨もパラついてます。で、最後尾から行き、渋滞の最後尾で間合いをはかりつつタイムを狙いますが、5周程回って、これ以上は望めないと、早々にピットイン。20番台だろうと予想したが、予想通り23位。厳しい。
チャカチャカとクルマに手を入れ、早弁。午後一の予選ヒートに備えます。
タイムとレースは別ものと、気を入れ直し、ダミーグリッドにつく。・・・先頭が遠い。ローリングスタート。前車、ファラオMとの間合いをはかりつつ、スタート。悪くない。ビュビュっと2コーナーまでにインをつき、5コーナー飛び込みでビュっと行き、けっこうの台数をパス。クルマの動き良く、インフィールドは悪くない。が、ストレートがいかんともしがたく、どえらいブロックラインでストレートを行く。16位。う〜ん、う〜ん。
引き続き、クルマに対策をしつつ、いよいよ決勝。天気があぶなげだが、何とかもちそう。というよりも、荒れてしまえ!などと思っていたのですが。
雨、降らぬまま決勝を迎える。グリッドにクルマをつけ、先頭を見やる。遠い。
ローリングスタート。1回仕切り直しし、2周目でスタート。一瞬エンジンがカブるが、そんなに離されることなくコントロールラインを越える。アウト側からのスタート、既にイン側には隙間無し、イン側から膨らんでこないことを祈りつつ、1コーナー、2コーナーをアウトから攻める。無事成功し、けっこうな台数をパスできた。バンバン抜いて行く、と言いたいところだけど、そう簡単には行かせてくれません。ホント今回はいつもにも増して面子が濃いのです。ストレートで抜けないどころか、離され気味なので、今ひとつ行ききれません。常に一台ストレートでスリップに入れるクルマが欲しいので、前車が仕掛けたときに乗じて、どさくさオーバーテイク。今までできなかったパッシングの仕方ができたりして、Vanspeed、ステキ!てなこと感じつつ、必死に走行、必死の防戦、やられたら必死にやり返し、やられたりしながら走行。
なんだか長く感じた15周が終わり、9位でゴール。先頭は、遠い。
当然納得いくわけもない結果ではありますが、シャーシが決まったことがうれしい。僕以外のVanspeedユーザーは、何もせずとも、乗り換えてからポンとタイムを出していましたから。次へに課題はエンジン。ひとつひとつ調整していき、まずは茂原の最終戦、そしてMAXフェスタに向かいます。

2004年09月24日

お熱です

おっ、栄光さんのHPのリンクリストに加えてもらったんですけど、
僕のブログの説明文は、何と書かれるか楽しみにして、何も言わなかったのですが、MAXレースにお熱の森選手と書かれております。
これ、社長の一声でこうなったのではと予想しています、うふふ。
そうです、かなりの高熱です。いや、もう倒れるかもしれない、が、倒れるときはせめて前のめりに倒れよう。てな塩梅です。
ところが、コメントが書き込みにくい状況になっているようで、すいません。
URL欄を入れないと送れないことがあるようですが、
そんなときは、僕のページのURLをコピペして、
ぜひぜひみなさん、コメントを残していって下さい。
よろしくお願いします!

D1を見に行って

瑞浪でのレースの翌日19日、お台場にD1を見にいきました。
1万人を越える人出だったようで、中々の混雑ぶり。
今回は二輪のモタードもやっていて、実はこれも楽しみでした。
出場選手のリストを見ると、僕がモトクロスをやっていた頃、まだ小学生だったライダーなんかもこのレースに出場していて、懐かしくもありました。
船の科学館駅の真横に会場があったのですが、思った程音がうるさいということはない感じ。
ぐるりと見回すとビルが見え、横を普通にクルマが通って行く中にあるこの会場、シチュエーションに興奮します。特設スタンドも満員。やはり観客に囲まれて走るのは燃えますからねえ、これはいいですね。
D1は面白かったし、モタードも面白かった。
が、ですよ、ROTAX MAXのレースもやっぱり面白いですよ!
このシチュエーションで、MAXのレース、やりたいですね!
見てもらいたいですね!
これは夢ですね、夢。この夢をですね、実現してやろうというプロジェクトを、
僕は会社でやっています。

追加

そうそう、D1の会場をうろついていて面白かったのが、
ドリフトラジコン(写真撮ってくるの忘れた!)
コーナーでツツツーツルーっとドリフトしながら走るラジコンが売っていて、
思わず買いそうになりました。
これがまた、ヒゲ面のいかついオヤジ達がムーンとして操って実演しているもんだから、ますます面白かった。
レースクイーンのケツ・・・、いや美貌ですか、を見るよりも面白かった。
ホントですよ!

コメント

ちょいとご面倒かもしれませんが、
コメントを書いて下さるとき、
☆アドレスのない方→ a@a.comと記入
☆URLのない方→httpと記入
していただければ送れます。
よろしくお願いします。

2004年09月27日

でぃ、でぃーわん?

昨日は茂原ツインサーキットへ。レース前週で、色々テストしたいことがあったのに、見事な雨。ドライでなきゃイヤ!っという内容だったので、午後から晴れることを期待しましたが、ばっちり雨。実は茂原のレインを走ったことがなかったので、そのデータも必要。また新車でもレインで走ったことがなかったので、走らなあかん。レイン、走るのはいいが、後片付けがイヤなんだ、濡れるのもキライだい、濡らすのは好きだがよー、と、散々文句言いながら実に渋々走り出しました。
走り出すと、雨中走ること自体はキライじゃないので、ウヒウヒ走りました。
雨量はそんなに多くはないので、川になっていることもなく、また最初からラバーなんてノッていないので、ライン取りもたいして変えません。
そして、前週に見たD1の影響色濃い、素晴らしいドリフト三昧です。
カートのドリフトを真剣に考えながら走っていました(ほとんど嘘)
で、見事にスピンアウトいたしました。今までこんなに土を載せたカート、見たことないくらいになるまで、トラクター状態で2回転半。どさくさにまぎれて、そのままアクセル踏んで走り抜けようかと思いましたが、やめときました。
クルマにもダメージ無く、バシャバシャと水洗いして、まじめに、また走りました。が、フレームに素敵なキズが入っているのを発見。やっぱ雨なんかキライだ。

カラードフラート

さて、どうもカートネタが少ない気がしてならないが、
重ね重ね下品ネタでございます。
以前に誰がこいたか屁は本当に燃えるということを書きましたが、
こいつは色とりどり燃えます。何でも、含有成分で、変わるらしい(工具の名前は覚えない、遺伝子博士のチームクルー談)
今のところ、赤、青、緑色、体験済みです。
ん?

モヒカン

この間の瑞浪のレースに出発するときのこと、僕の家に迎えに来てくれたビッグバード。買い物帰りの僕は後ろ向きに立っている奴の背後からテクテク歩み寄ると、何やら様子が変だ。お向かいさんのおばあちゃんと、近所のじいちゃんが怯えて動けなくなり、足が震えている。ヌ〜ンと立っている奴の頭はモヒカン刈りなっていた。裸の大将、モヒカン刈りにっ、てな有り様。うちの近所を怖がらせただけじゃなく、奴は自分のかあちゃんを脅して、髪を切らせたらしい。「かあちゃん、ゴメ〜ン」なんて言ってたけど、モヒカンは、曲がっていた。

レーシングシューズ

raceBootRed_big.jpg
raceMidBlack_big.jpg
以前使用していたアルパインスターのシューズが、けっこう傷んできたので、
シューズを買いました。SHIFTとOAKLEYとで悩みましたが、
まだ、履いている人がとても少ないOAKLEYに決定。
最初ハイカットが欲しかったのですが、カート用はなく、お値段やや高しで、MIDに。
画像だけだど、MIDはカッコが今いちと思っていたんだけど、履いてみるとこれがなかなかカッコ良し。
履き心地も良く、横幅がせまく感じることもない。靴底も固さがちょうど良い。アルパインスターよりも、少し固めの感じで、操作性良し。
ご満悦。
余談ですが、僕はOAKLEYのサングラスを拾ったことがある。ラッキーとばかりに、ときどき使っていたのですが、あるレースの昼休み、チームクルーと歓談しているとサングラスの話題になり、「俺はOAKLEYのサングラスを拾った」とみせびらかしていたら、それを手にとったうちの社長、「ん??
OAKEY?」
ハイ、信じていたものは、偽物でした。オーケー。

2004年09月30日

元気ですかー!

http://www.globetown.net/~hatabou/ketufire.mpeg
こ、これは勝てません。
バカですねー、
でも最高ですねー。
みなさん、内密の実験をするときは、決して裸でやらないで下さい。
いや、ホントに。

そういえば健康診断

人間ドッグの結果がでてたんだっけ。当初、白血病にかかり、このブログは闘病カート日記になる予定だったんだけど、白血病が発見されなかった。
γ-GTPだっけ?酒飲みの指標はたったの13。まあ、毎日のようにbarには行ってるけど、飲んでるのは大概コーラですからねえ。
というわけで、健康診断行って、風邪ひいただけでした。バリウムはカフェオレになったみたいで、白いものにはお目にかかれませんでした。
素敵なナース達とも、お友達になってません。素敵なナース以外には直腸検査はさせません。

茂原の最終戦

10/3は茂原カートカップの最終戦。台風も過ぎ去り、いい天気になるかな?
26日が雨で、やりたかったテストが全然できなかったので、土曜日はメニュー豊富な一日になりそうです。10/10のMAXフェスタに向けて、いい流れをつくるためにも、必死こきます。
必死こきますが、財布の中身は瀕死です。まだ、月初めなのに・・・

About 2004年09月

2004年09月にブログ「akira racing mo's kart blog」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2004年08月です。

次のアーカイブは2004年10月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type