« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月 アーカイブ

2008年01月07日

飛躍

あけましておめでとうございます。


といっても、
もう、とうに仕事に入っていて、
お正月気分も消えてしまった方のほうが多いでしょうか。

ともあれ、

みなさまにとって、
良い一年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

跳ぶ
跳ぶんだ
今年は跳んでやる!

上に
上へと、
のぼっていってやる!

ビヨヨーンだ!

ビヨンドしちゃあマズいけど、
天を目指して、イクのだ。

というワケで、
跳びます。

fly-bar.jpg

おおお、
スゴイ。
懐かしい感もありますね。
こういうオモチャ、ありましたものね。
なんか、定期的?に現れますね。こういうヤツ。
キックボードみたいに、ドバーッと広がって、
あれ?消えた?
みたいなね。
でも、コイツは・・・

ちょっとストリートの枠には収まらなさそうですね。

近所のコンビニまで、
ビヨンビヨンしてこ。
なんて思って、乗っていって、
段々飛距離が出てきて調子にノッて・・・
ビヨヨーン、ドッカーン! っと、
壁にブチ当たるか、車の飛ばされたりして・・・

でも・・・

欲しい。

071224flybar_montage.jpg


小さな枠組みに収まらない、
スケールの大きさがいいじゃないか。
男はやはり、スケールのデカい男にならないと!

サーキット一周タイムトライアルとか、
やってみたい!

お値段199ドル


これだけ飛距離がでると、
いろんなアクションが入れられますね。
宙返りしたり・・・
でも、失敗したら・・・

かなり

痛い
だろうな。

gizmodo japanさんより

2008年01月08日

ジャバジャバ

YO!タクシー!!

「ほないこか、まで頼むは。」
「へい」
「なんや、このタクシー、おもろい車やな。」
「へい。ちょっとワケありでして・・・
ああ、お客さん、道、エライ渋滞してますは。
ちょっと近道させてもらいます」
「ああ、早ういけるなら、何でもエエで。」
「・・・」
「・・・って、オイ!!どこ行くねん!な、なな、
オワー!!沈む、ワシ、泳げないのや!堪忍してえ!」
「エヘヘ」
「エ、エヘヘやあらへんやろボケ!なに、な、な・・・
あれっ!?・・・」

って、
どんな関西弁だよ。
なんでYO! とか言ってから、いきなり関西弁かというと、
何でかは分からないけど、
ええと、まあ、
大阪にあるバスと、タクシーが面白いな、
と、思ったからでして。
コイツがまた、水陸両用な車輌なので、
チャポっと、川を走って行っちゃったりするのですね。

suiriku-sho6.jpg

suiriku_2.jpg

優雅です。

どこまでも行ってみたく・・・
なる、かも、しれません。
(あるいは恐怖・・・)

タクシーは現在、2台。
街をながしては、いないので、予約が必要。


バスは、
なんばパークス→堺筋→桜宮公園(川へ)大川を約40分クルージング→
御堂筋→なんばパークス  走行時間約120分
大人5,800円(なんばパークスお食事券付)   子供3,800円

大阪水・かいどう808
さんより

小型船舶一級、もしくは2級資格を持て余していて、
バス、トラックの乗務経験をお持ちの方、、
こんな会社に就職。いかがですか?
ガイドさんも、募集中です。

デューク

ええっ!
デューク東郷の声を、館ひろし氏が演じるの?

今年の春に、
アニメ放送されることとなった、
「ゴルゴ13」で、
ゴルゴ13の声を担当することとなったそうです。
(デューク東郷はゴルゴが使う偽名の、けっこうポピュラーなひとつ)

まあ、
元々、「・・・」っていう台詞?
の方が多いデュークですし、
どういう声質がイイかというと、
非常に難しいのですが、
館さんのイメージじゃないような・・・

じゃあ、過去に実写でゴルゴを演じた、
高倉健さん(1973)、千葉真一さん(1977)は、どうかというと、
・・・
観てないので分かりません。


まあ、
あんな特異なキャラクターですので、
喋る、動くが、頭の中にあるイメージ通りになることが、
無理な話ですよね。

さて、どうなるか。

2008年01月09日

三輪車

aptera-7-typ-1-e.jpg

aptera-5-interior.jpg

aptera-9-rear.jpg

これまた、乙なモノが出てきましたね。
カッコイイなあ。

・ ・・

でも、コーナリング安定性は、どうなんだろう。
衝突安全性は・・・

ハイブリッド・モデルで、リッター130キロも走ってくれちゃいます。
電気オンリーモデルもあり。

ガソリンは、確かに消費量が減ります。
しかし、大きな視点で見たときに、
こうしたクルマが、本当にエコ・カーなのか、
まだ、分かりません。

一面ばかり見て、他の面が見落とされていたら、
トータルで見たときに、
結局、環境破壊してた。
なんてことも、あったりします。

しかし、当然、何らかの開発をしていかなければならないワケで、
どういう方向が主流になるのか、
まだ、分からない、というのが本当のところじゃないでしょうか。

今までとまったく違う考えの、動力が出てくるかもしれませんし、
違う発想が、あるかもしれません。


でも、まあ、難しい話はおいとくとしても、
こういう乗り物には、ワクワクしちゃいますね!
普通のクルマと違う、楽しみが出てくると思うのです。
ドライブに行っても、違う感覚でしょうね。
まあ・・・
自分で買うかといったら・・・
買わないけど・・・

Popular mechanics


gizmodo japanさんより


2008年01月10日

2008年を占う


占いナビ2008年

「2008年を車のドライブに喩えてナビゲートします。
2008年の節分までは前年運です。
2008年運とは2008年立春から翌年節分までです。」


そんな感じで、2008年の運勢を占ってくれます。
生年月日を入力するだけで、
ショート・バージョン、ロング・バージョンの二通りの占いをしてくれるので、時間に合わせて試してみてください。

んんん、
だいたい言われることは似たようなことなのですが、
今年は、良い年に、
違いない!

ワシ

gn-20080110-04.gif

ワシはワシだ。
今、けっこうシアワシだ。
何故かと言うと、
ワシ、ワシがワシたるところを買われて、
仕事にありついたのじゃよ。
どんな仕事かというと、
空港での仕事じゃ。

スッチー・・・って、今は言わんのか、
えーと、CAね、CA。
その、CAの・・・を、ワシッとワシ掴みにして、
シエーッ!と、言わせちゃう・・・
いや、なんでもないです。

空港にはですな、ネズミやウサギ、そしてそやつらを狙うキツネなんぞが現れるのですじゃが、
勢いあまって、滑走路に迷い込まれたりすると、
大変なことになるのだな。

そこで、ワシが、そやつらを、こう、ワシッと、引っ掴んで連れ去るわけじゃな。
50キロくらいの獲物も、オッケー。
連れ去ります。
給料じゃが、1万5千ドルじゃ。
(ま、まさか、月収!?)
フォッフォッフォッ
教えん。
まあ、金の使い道も無いしな、
貯まる一方ですじゃがのう。


と、いうわけで、
イタリア南部にあります、BARI空港では、
イヌワシを雇ったそうです。

さて、
ワシに負けないように、
仕事しよ。
(月収1万5千ドルのワシだったらどうしよ・・・)
そのときは、ワシも、ワシになろ!


garbagenewsさんより


2008年01月11日

ティレッティなパーツ

Plastic_TAG_chainguard.jpg

Chaingaurd.jpg

やっぱりチェーンガードは、スッポリ覆ってくれるタイプがイイですなあ。
スーツ汚れないし。
カーボンのも、出たみたいだけど、
ナイロン製のも、出たのですね。
今度は色も選べるのか。
後は・・・もうちょっと安かったらイイのに。
でも、考えようによっちゃ、シャーシー換えても、このチェーンガードなら、
そのまま使える、かな。なので、そんなに高くもない、とも、考えられるかも。


ribcage.jpg

おっ!?
ほほー、こうきましたか。
・ ・・どうきたの?
ちょっと、試してみたいな、と。


tboardBig.jpg

おお!
これまた、欲しい。
でも・・・
高くて買ってられるかい・・・
という価格になるだろうな。
な、シート取り付け治具.


Laura-with-Ladies-Ribtec.jpg

う、うん。
そうだよね。
な、なるほどね。
じ、女性用リブ・プロテクター。

TILLETT

2008年01月15日

安い

nano_car.jpg

241-m.jpg

インドのタタ自動車より発表された、
日本円で約27万円の乗用車、「ナノ」。
新車で、カートより、安い。
まあ、比較の対象にするモノでも、ないですけどね。
でも、驚いちゃいますね。
高い自転車より安いですよ。
スゴイですね。

しかし・・・
インド国内ではともかく、
このクルマが、日本市場に合っているかといえば・・・
もう、お願いですから、走らないで下さい。
70キロ以上で壊れるクルマですか?
目の前でバラバラになられたら、たまりません。
衝突安全性なんて、通常の日本車、欧州車と、
比べることも、できないでしょう。
その国によって、交通事情は違うワケで、
コレは日本で走らせたら、マズイでしょう。

livedoor news


と、いったものの、
これは、タタ自動車のラインアップとは、
まったく別の話で、
他も同様の作りというわけではありません。
タタ自動車は、現在、ランドローバーと、ジャガーの買収交渉中という話もあり、
今後さらに、勢いを増していき、日本のメーカーだって、買収されることもある、かもしれません。
これからの自動車市場は、これまでの幅広いラインアップで、いろんな需要に答えられるように、というのは、まあ、大きくは変わらないのでしょうが、
今後は低価格車と高級車とに、よりハッキリと分かれていくのではないでしょうか。
こうした低価格車というのは、日本市場では分かりませんが、日本のメーカーでも目指す方向のひとつとなるのでしょう。
でも、27万はスゴイ。
ディーラーの前に通りかかって、新車で27万なんて値札、ちょっと想像つかないですよね。
下手すれば、保険代の方が、高い?なんてことにもなりそう。


2008年01月16日

いいセンサー

ありますねえ。

「全然開かないんだけど。なんで?」

「ストレートの終わり頃にやっと、パーッ、って開く。何で?」

って、いうこと。
ホントにね、どう動くのか、見てみたいワケですよ。
MAXの排気バルブ。

頭にきて、走りながら、ガンガン排気バルブのトコ、叩いてみたりしてね。
閉めた、開いた、んん??で、今、どれくらい回した?

シャーシー・セットに原因ありか、
キャブ・セットに原因ありか、
はたまた、両方か?
スリップに潜り込めれば開くということは?
もー、スパカーンと、排気バルブが開いてさえくれれば、
セットに文句無しなんだけどなあ・・・

で、

実際、
開いてるのかい?
排気バルブ。

という問題も、
これからは解決。
どこで開いていて、どこで閉じてるかも、分かります。
クリッ、クリッ、と調整したら、どう変わるかも、
分かりやすくなるでしょう。
という、排気バルブ・センサーが、
あるんじゃん!

DPE-Dealer-News-Letter---Al.jpg


って、栄光 HPにも、もう、載ってるのね!


アルファノ、スゲー。
まあ、欲を言えば、
排気バルブの動きを、
数値化してくれれば、もっとイイのに。

さて、
何かオカシイ。
色々チェックして、走りを繰り返したけど、
原因が特定できない。
コレは・・・バッテリーか?
と、
原因にいきつく時間を、これで短縮できる、かも。
というワケで、
バッテリーのチェックも、走りながらできるように、なっちゃう、バッテリーの電圧センサーも、あるのね。
んんん、ステキ。
もう、手に入るの?
それとも、もうちょい?

でも、

また買わないと、
手には入らないのよね・・・

当たり前か・・・

2008年01月17日

今季のグランド・ファイナル

昨年のグランド・ファイナルでは、
大活躍を見せてくれた日本選手陣ですが、
今季も、さらに活躍を見せられるチャンスが増えそうです。

昨年は、ジュニアクラスでのみ、招待選手の他、
エントリー料等の経費を払っての枠がありました。
今季は、シニアMAXと、DD2クラスでも、
招待選手に加えて、経費を払っての出場枠が、できる模様。

チャンピオンを取り逃がしても、
世界大会に出場できるチャンスが、広がったわけですね。

開催地は、まだ決定してないようですが、
アラブ方面が有力のようです。
アブ・ダビあたりでしょうか。
ということは、
今年もイイ雰囲気のグランド・ファイナルとなるかもしれませんね。
レースに勝利するだけじゃなく、
「オオ! アノ ジャパニーズドライバー イケテマンナ。
スポンサー、シテミヨウカノウ。」
なんてなことを、思わせられる、活躍を見たいですね。
レースウィークのパーティーだって、無駄にはできません。
酔っ払わせて、スポンサー契約のサインを、
させちゃいましょう!
(あっ、あの人たち、お酒、飲めないんだっけ?)
じ、じゃあ、こうなったら・・・
いや、
なんでもないです・・・
とにかく、
昼夜活躍しても、ちっともヘバらない体力を、今からつけていきましょう!

今季はさらに、競争率も高くなりそうなMAXのレースですが、
楽しくなりそうですね。

DD2のレースも、
去年のキッツイ面子から、
キッツイ人からキツイ人まで、
幅広い面子のエントリーがありそうです。
(つまり、また、濃いぃ方向?)
た、楽しそう!

2008年01月18日

ふう・・・なに?

「マツダ、2008年北米国際自動車ショーにコンセプトカー「マツダ風籟(ふうらい)」を出品」


mazda_furai_10_t.jpg


mazda_furai_03_t.jpg


mazda_furai_09_t.jpg


furai071212.jpg


mazda_furai_11_t.jpg


このクルマ、いいなあ。
マツダは、FD、FC、ロードスターと、好きなクルマで、
ドライビングが楽しいクルマを作るメーカーなので、好きなのですが、
コレもまた、いいなあ。

ちょっとコテコテしすぎな感もあるので、
もう少しサラリとさせて、市販して欲しい!
そりゃあもう、乗り降り不自由、洗車大変、荷物なんて積めなさそうなステキなクルマです。
これで、GTRと同じくらいの価格だったら、イイなあ。
・・・

買えん。


gigazine さんより

コンセプトカーですが、
サーキットを走らせた動画なんかも、あります。

2008年01月19日

しょっちゅう消臭

ン、 ウーン・・・

5枚パックで約10ドルか。
費用対効果は・・・
どう?

そりゃあさあ、
悩むときはありますよ。
もの静かに、いたすコトはできる。
例えば、電車に乗っていて、
人知れず、スーッと、ため息混じりに、
放出したりね。
デート中だって、
「ウオッホン!」
なんて、咳払いしつつ、パスッと済ませてみたり。
でもね、
恐いのは、
その後。
スーッとして、スーッと香ってきたりすると、
ツライ。
「オ、オレじゃない!」
とか、
「おお、この辺、下水が臭い」
とかね、焦って言おうものなら、
なんだか、余計アヤシイ。
まあ、ホントにしてないのに、
ホントに下水が臭いとこなんかを通過したときも、
疑いをかけられてはいけないと、
結局同じリアクションをとってしまうのですけども・・・

べーつにたいしたコトじゃないのに、
なんだかとっても恥ずかしい、悩みを解消してくれて、
いつでもどこでも、スカッと爽やかなら、
安いものかもしれない。

コイツは、オナラの消臭パッド。
御パンツに貼付けるだけ。

詳しくは、CM動画をどうぞ。

Subtle Butt


gizmodo japanさんより

でも、あれだな。
コレを使用してるときは、
「待って! 灯りを消して・・・」
って、言わないとな。

いや、なんでもないです

2008年01月21日

布陣

各メーカーの、海外ワークスドライバー布陣、
こんな感じでしょうか?
 
 
 
CRG

KF1:Arnaud Kozlinski (FR)  Jean-Philippe Guignet (FR)

KZ1:Jonathon Thonon (BE)  Gary Carlton (US)
 
 
 
Maranello

KF1:Davide Fore (IT)  Tomas Pivoda (CZ)  Patrick Fontner (AT)

KF2:James Thorp (GB)  Alberto Cerqui “Giaguaro Nero” (IT)
Miki Weckstrom (FI) Stefano Marcelo (US)
Luke Wright (GB) with JRP

KF3:Aaro Vainio (FI) Kevin Giovesi (IT) Maxim Zimin (RU) Edward Frolenkov (RU) Henri Rajala (FI)Max Goff (GB)
Russell Danzey (GB) with JRP
Eddie Cheever (IT) Jony Wiman (FI) Daniele Bartoletti (IT) Johilton Pavlak (BR) Luis Felipe Derani (BR) with VRS Junior Team
Kevin Ceccon (IT) Jaime Ortega (US)
Kevin Tenorio (IT) with Gandolfi Ennio Racing

KZ1:Alessandro Piccini (IT)
 
 
 
Birel

KF1:Sauro Cesetti (IT)  Toman Libor (CZ) Maring Burkhard (DE) with KSB Jason Parrott (GB) with MGM Racing

KF2:Jack Harvey (GB) Zoel Amberg (CH)
Michael Simpson (GB, Europeans & World Cup)
Giacomo Patrono (IT) Michael Ryall (GB) with GKS
Matteo Vigano (IT) with MGM Racing

KZ1:Francesco Laudato (IT) and Thomas Mich (FR)
 
 
 
Spirit

KZ1:Danny Bleek (NL)
 
 
 
PDB Gillard

KF1:Jonathan Walker (GB) Michael Seidlmeyer (DE)
Thomas Eidjord (NO) Florian Alfano (BR) and Ramon Kuipers (NL)

KZ1:Manuel Renaudie (FR)
 
 
 
Tonykart

KF1:Marco Ardigo (IT) Gary Catt (GB) Will Stevens (GB)
Matias Laine (FI)

KZ1:Andrea Benedetti (IT)
 
 
 
Sodikart

KF1:Anthony Abbasse (FR)  Alban Varutti (FR)
 
 
 
Kosmic

KF1:Nikolaj Bollingtoft (DK)  Alessandro Bressan (IT)


2008年01月22日

使者?

080105car-crash.jpg

すごいよねえ。

んんん、確かに簡単にはできない飛び込み方です。

何かしら、巨大な力が働いていると考えてしまうのも、

不思議じゃあない(かも)。

これがまた、

ドライバーいわく、GPSの指示通りに走った結果だといいます。

橋を渡っている途中、ナビが「左に行け」というから、ハンドルをきったら、

チュドーン!

・・・

おかしいのは、ナビじゃなくて、

人ではない何者かが、運転していたのかもしれない。

突っ込んだドライバーも、突っ込まれた家の人も、

海兵隊に護衛された、連邦捜査員達に勾留されたそうですから・・・

もしかしたら、この事故の記憶を、一切失くして帰ってくるかもしれません。

いや、

もしかしたら、帰ってこないかもしれません。

良く似た人が、代わりにやってきて、生活するかもしれません。

この事故で集まっていた記者たちに、

正式な声明文が手渡されたそうです。そこには、

「ペンタゴンと全ての政府機関は、国中でGPS機と潜在的一般的な反乱とのつながりにおいて、予防措置を講じる」

といった内容が書かれ、

その週におきた、GPSの誤作動絡みの、事故レポートが付されていたそうです。

それは、

こんな事故たちだったのです。

080105gps-crash2.jpg

080105gps-crash4.jpg

080105gps-crash5.jpg

080105gps-crash8.jpg

み、見事です。

そう簡単にできるもんじゃあないです。

人間技じゃあないです。

こりゃあ・・・

政府も動くってもんです。

みんな、「ナビが行けっていうから行った」と、

言い張っているそうです。

スゲー。

カートにも、ナビを付けよう。

で、クラッシュしたら、

「いや、ナビが・・・」

スピンしたら、

「い、いや、ナビが・・・」

接触したら、

「い、い、いや、ナビが・・・」

優勝したら、

「ナビのおかげです」

って、

なるかー!


gizmodo japanさんより

いやあぁ、でも、

ほんとに、

宇宙よりの何か起こした事件か、

機械の反乱の始まりだったら、

どーしよー。



2008年01月23日

ホントに?

dualis.jpg

jaroさん、jaroさん、
この車のC.M.について、
ちょっとお聞きしたいと思います。
このような革新的な技術が、
一般企業によって実用化されているという話を、
聞いたことがありません。

また、このような低価格で、
こんな高性能なモノが手に入るのも、信じられません。
壁面を平気で走行したり、
飛び降りたりしていますが、
このような動作が可能な乗り物の、
運転免許はどうなるのですか?
に、二種免?

あのような複雑な変形をしていく最中に、
衣服や身体の一部が挟まれたりした場合の、
保険はどうなりますか?
やはり、通常のクルマより、
高いのでしょうか。

えっ?
イメージ?
ああ、何か、小ぃさな文字で、
そのような表現がなされていますね。
しかしですよ、
イメージと現実の隔たりにも、
程度というものが、あるでしょう。
馬脂を注入して、霜降り肉として販売するより、
隔たりがあるのではないでしょうか。
だって、アッチは、
馬の脂を馬肉に注入ですが、
コッチは、クルマが、まあ、サイボーグですか?ロボットですか?
どっちでもいいのですが、まったく違うじゃないですか!
子供があのC.M.を見て、
「パパ、あのクルマすごい!あれ、買おうよ!」
とか言い出したら、どうするんですか。
それはもう、「サンタクロースは、いないんだよ」
なんていう事実を伝えるのより、
衝撃的かもしれません。

または、
「いいよー」
なんて言って、無責任に購入したはいいが、
待てど暮らせど、いっこうに変身しないクルマに、
「パパ、このクルマ、不良品だよ!
返しに行こう!取り替えてもらおう!」
と、泣かれたら、どうします?

「いや、あれはイメージ・・・」
「大人はみんな嘘つきだ!ウワー!!」
そりゃあもう、
楽しいはずの家族でドライブのつもりが、
家庭崩壊の引き金ですよ。
困ったことです。

・・・

いや、まあ、
いいんですけどね、
イメージで繋がるのは、
色だけのような気がするぞ。

nissan

JARO

2008年01月24日

リアル ガンダム


歩いて、走って、跳んで、見事にスムースな着地を決めるデュアリスに、
見事にトランスフォームしちゃうという、
ノーベル賞も受賞し、いったい幾つの特許が盛り込まれるのであろうと、
想像もつかないようなクルマである、デュアリス。
何がスゴイって、価格でしょう。
そのスゴさをナメてました。
だって、
ガンダムを製造した場合の価格を試算したら、
(したのは、僕じゃないけど)
なああんと、ガンダムは、
一体800億。
そして・・・

ガンダムは走れない。

いいとこ、ノッシノシと歩く程度だとか。

キラリーンと閃いて、
ササーッと動く、移動するなんていうことは、

「ニュータイプ?」
っていうのは、先を読むどころか、
先の先を読んで、先回りして動いていく、
ということになるのかもしれない。

すると、動作を読まれた敵は、
ゆっくりと動くモビルスーツの中で、
対処するのが手遅れになったことを悟り、
ずーっと叫びながら、
攻撃を受ける。

チュドーン

しかも、あんなスタイル良しなガンダムじゃあ、
すぐ地面に埋まっちゃう、とか。
すると、ピラミッド型なモノになってしまい、
すごく不細工。

800億かけて、攻撃能力はないは、
時間がかかるは、
身動きとれなくなるはで、
攻撃しやすい、ただの的みたいなモノになっちゃう。

で、それって、防衛費で造るのか?
国民の税金は、いったい、どれくらい取られるんだろうなあ。

800億の試算って言っても、
単純に材料費と加工費だけだし、
人件費やインフラにかかる経費は入れてないそうですから。

まあ、このガンダムは、
オリジナルの寸法と言いますか、
18メートル、43,4トンのサイズのモノの場合なのですが、
現実的に、(いや、こういう話が、もはや現実的な時代になってきましたが)
人が乗って操縦する、機動戦士を考えるのならば、
もっと小さいサイズとなるでしょうから、
材料費や、重量のストレス等を考えると、
コストは下がるでしょう。

で、大量に生産してコストをさらに削減するために、
兵器使用だけではなく、
重労働、警護、
無人タイプで家事手伝い、サービスといった分野で、
民間使用向けも製造販売。

とはいえ・・・
クルマ並の価格に、することはできるだろうか。
だいたい、人員の数で勝負していたような作業を、
ロボットによって無人化できるようになったら、
余った労働力は、どこへ行くんだ?
クルマの生産ラインがロボット化されていったときにも、
同様の問題が起きたのかな。
他の産業に流れたのかなあ。
でも、これからの時代は、そうそう新しい産業が誕生してくるとは思えないなあ・・・
日本は少子化に向かっていってるけども、
世界的にそういうわけでもないし。
少子化なら少子化で、国が必要とする財源を維持するために、
増税ですか?
人口の増えてる他国に大きな市場を持つ企業から、
ゴッソリ取りますか?
人口の増えているトコでも、労働する場がそんなにあるのか?
高価なロボットの供給を支えられる財力を保てるかなあ。
既存の戦車や戦闘機にとってかわるのなら、問題にならないくらいに、
コストも下がるかなあ。

いや

まあ、

そんなことより、
とりあえず
明日食う飯のことを考えるとするか。

yahoo news

からくり人形とロボットさんより

2008年01月25日

カッチュー

DSCN2585copy-341x455.jpg

pitbullarmory

甲冑屋さん?
無条件に、こういうのって、ワクワクしちゃったりするんですよね。
鎖カタビラっていうんですか?
コレ、ステキ。

コッチは、カラーリングされたモノ

Green_cuirass_and_tassets-3.jpg


今だったら、カーボンで作る?
耐火の裏地に、
おお、それこそ、「Zetix」みたいな新素材を使って、
軽く、動きやすく、防弾性もあってとしたら、なかなかの無敵っぷり。
ん、
でも、関節技には弱いか?
いやいや、関節の動きも考えて、動きを制限して・・・

世の中、平和にいこう。


ってことで、
リス!

War_Squirrel_elite_2-482x645.jpg


kain@はてなさんより

2008年01月28日

ロータリー

「自動車メーカー各社が環境に優しい「エコカー」開発にしのぎを削るなか、マツダは国内メーカーでは唯一、水素自動車の開発で勝負を挑んでいる。燃料電池自動車に比べて、「安価に提供できる」(マツダ関係者)のが強みの一つだ。昨年11月にはノルウェーの国家プロジェクトに参画するなど普及に向けて意欲的に取り組んでいる。しかし、肝心の水素を供給するインフラが未整備など課題も多い。」

headlines.yahoo.


いいなあ、マツダ。
国産メーカーの中でも、
ドライビング・プレジャーを与えてくれるクルマ作りをしてくれるメーカーと、
僕は思っているのですけど、
ロータリー・エンジンでも、我が道を行き、
エコカーでも、独自路線ですか。
まあ、どっちにいくか、そして何が主流になるか、
分からないですけどね。
ハイブリッドは、繋ぎだと思うし、
バイオエタノールも繋ぎ。
オール電化なのか、水素なのか、
または、もっと違う動力資源が出てくるのか、
どうなるのか、分からないですねえ。

水素をエネルギー源として走るクルマでも、
・ 燃料電池車は、水素と酸素の反応で生じた電気で走る。
・ 水素自動車は、水素を燃料として走る為、排気音もする。

という方式、違いがありますが、
双方式とも、二酸化炭素排出量は、ゼロ。

水素利用の場合で、
乗るのにどっちがイイって、
そりゃあ、水素自動車でしょう。
燃料電池車は、電気なので、ほぼ無音。
無音で「ムーンッッ・・・」で走るあのタッチは、
即、酔います。
プリウスを運転したら、
10分で、自分で運転しているのに、車酔いした。

ついでに、なんか、強力な電磁波かなんかが出てる気がしてならない。
燃料電池車は、そんな、プリウスのような感じなのかなあ。
こちらの方式の問題点は、バッテリー。
リチウム・イオンが、過充電により、発熱、炎上を起こしやすくコストがかかる。
というようなことでしょうか。

水素エンジンは、水素を補給する施設が少ないこと。
少ないというか、あったことも知らなかったですけど・・・
東京都内、横浜、川崎、愛知などにあるらしいですね。
そうした状況を変えるべく、

「水素社会実現に積極的な国と交流を深めることで普及していく取り組みを始めた。昨年、ノルウェーで水素インフラ整備を促進する国家プロジェクト「ハイノール」への協力に合意。今年夏から水素自動車「RX-8ハイドロジェンRE」30台をノルウェーに順次納入する計画だ。」

寒冷地でのデータ収集と、技術力アピールを、ノルウェーを通してするというのも、
狙いのようです。
日本でなんかやるより、いろんな意味で手っ取り早く、
ターゲットも、まずは向こうに照準を合わせているのでしょう。

ロータリーエンジンの仕組みが、
ガソリンの10分の1のエネルギーで着火してしまうため、
異常燃焼を起こしやすいという問題をクリアするのにも適しているとか。

いいですねえ。
ロータリー・エンジンが、
この形でメジャーになったりしたら、面白い。

でもねえ、
当然のこととして、
各社、技術開発を進め、イニシアチブを握ろうとするのでしょうけど、
淘汰されるものが出てくることになるでしょう。
机上だけではなく、テストを重ねないと分からない部分が多いので、
いろんな方式をいろんな企業がやってくれることで、
結果が絞り込まれていくという面もあるでしょうが、
こうした動力資源に関わる部分に、
競争原理を持ち込んで良いものかどうか、
ちょっとばかし、疑問も感じます。
VHSとベータの問題と、ワケが違いますからね。
と同時に、複雑な側面も多くはらんだ問題なので、難しいですね。

2008年01月30日

イニシエノチエ

我は「カヒブ・マニク」
鹿の神に護られし者。
4600年ほど前の地球、
今でいう中央アフリカの密林に、我らの都市はあった。
エジプトよりも多くのピラミッドを持つ建築技術、
ゼロを発見し、高度な数学を理解し、
天文学に長け、時間の謎を解いた。

人々は我らを
「ムー大陸」の一部、
「アトランティス」の生き残りが創り上げた、
ソロモン王の11人の使徒が創り上げた、
いや、宇宙よりやってきた、知的生命体によるものだ、
と、
様々な呼び方をする。

我らは、「時の民、マヤ」
未来の時間を手に入れし民。


と、
いうワケで、
マヤ文明は、時間の謎を解き、
予言の文明も持っていたのですね。
突如として、消えうせたと言われていますが、
スペイン兵の侵略を知っていたマヤの人々は、
密林に姿を消したのではないか、
とも、言われています。

そんな、マヤの予言テクノロジー、
マヤ・カレンダーによる、占いです。

占いと、マヤについても知れちゃうという、
ナイスなサイトです。


マヤ13神占い


自分の守護神、守護数を知り、
自分の運命を、望む方向に持っていきたいときは、
どういう人と組むといいか、
なんてことも、分かります。

生年月日を入力するだけなのですが、
ちょっと、ジックリ見たい占い、でしょうか。

そんな占いによると、
僕はカヒブ・マニク
って、言うらしいです。

どうも、
カヒブです。
早口で言うと、舌噛みます。

2008年01月31日

成りあがろう

2007_Ferrari_Dino_Concept.jpg

2007_Ferrari_Dino_Concept_black.jpg


おおお
以前、載せたことのあるディノより、
はるかにカッコイイ。
まあ、どちらも、コンセプトモデルですけれども・・・
ディノとして世に出るか、違うモデル名となるか、
まだ、分からないようです。
このディノなら、欲しいなあ!

会社の近くにコーンズがあるなあ。
うん
一台オーダー入れとくかな。

・・・

なんか、大事なことを忘れているような。

金か!

うーん、金か。

まあ、
でも、
今あるラインアップより、
低価格のモデルだし、
オーダーしても、
まだ発表もされていないし、
日本に来るのは、2~3年先でしょう。

なんとかなるんじゃ・・・
ない?
か?

・・・
キャ
キャンセル料、取られるかなあ・・・


Diseno-art.comDiseno-art.com

About 2008年01月

2008年01月にブログ「akira racing mo's kart blog」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年02月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type