« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月02日

おお、やった!

おおお
やったねえ!

2008 ROTAX MAX Euro Challenge Rd.2
藤江選手、おめでとうございます!
パパパ、パーフェクトウィン、ですかね!
お?決勝中のファステストも?
お見事です。

塚本メカ、服部エンジニア、御家族のみなさまも、おめでとうございます!

みなさま、お疲れ様でした!


Final Rotax Max Juniors

1:Ryuya, Fujie HRS Motorsport CRG
2:Tetyukhin, Nikita AGS Racing Zanardi
3:Hoevenaars, Peter Team TKP Intrepid
4:Korjus, Kevin Team TKP Intrepid
5:Sorensen, Christian Swiss Hutless
6:Thomsen, Mads Swiss Hutless
7:Alarcon, Toni Mira Motorsport Sodikart
8:Calkoen, Olivier PCR PCR
9:Jager, Thomas Speedworld by MKR PCR
10:Markelov, Artem IPB Spartak Racing

本物に近く・・・

RaceFitKartMain%5B1%5D.jpg

racefit


いやあ、まあ、
こんなのも、どこかにあるだろうとは、
思っていましたが、
実際に見ると、
笑ってしまう。

と、同時に、
それでいいか、と。

こんなのひとつあれば、テレビ観戦も
あっという間に有意義さが倍増。

でも、

この値段じゃあ、
買う気はしないけど・・・

2008年06月03日

ユーロ第2戦動画

早いですねえ。
もう、raceworld.tv
EuroMax ドイツ戦の動画がアップされてますよ。

んん?
ローリング、一列なの?

藤江選手、スタート後、一度順位を落とすも、
冷静にまたポジションを取り戻し、
後は、引き離していってます。
ペースが一歩抜けてましたね、
いい引き離しっぷりです。

トンデ・・・モナイ

milejump.jpg

いつかやってみよう。
と、思うスポーツのひとつが、
スカイダイビング。
やってみたいけど、やりたくないスポーツなのです。
だって、
恐いもん。

どこまでも落ちていく夢を、見たことありませんか?
「ああああ!!!」
って、落ちていくとこで、目が覚めるのです。
いやあ、恐かったあ、と、目を覚ましますよね。

だけど、
目が覚めてるのに、どこまでも落ちていくんですよ、
スカイダイビングは!!

そんなスカイダイビングを、
高度4万メートルから、ヒョイっと落ちてみよう、
なんて、物凄い御大がいたそうな。
その方は、64歳の元フランス陸軍士官Michel Fournierさん。
2000万ドルの費用をかけ、
20年の歳月を、研究とトレーニングに費やし、
宇宙空間並みの過酷な環境となる、4万メートルから、
時速約1600キロを超えるスピードで、ダイビングしようとしたのです。

作戦はこうです。
加圧カプセルに乗り込み、
大きな風船で、4万メートルまで上がるわけです。
で、4万メートルまで達したら、
カプセルから、ヒョイっとな。
 
下手すれば、地面に落ちなくても、空で死んじまいます。
 
約21億円かけたプロジェクトです。
 
テレビクルーも大勢かけつけています。
 
さあ、彼のチャレンジはどうなるのか。
 
まずは、風船を膨らまします。
風船を膨らまします・・・
風船を・・・
風船だけ飛ばして??
風船だけ飛んでいってしまいましたが??

 
・・・
 
 

 えーと
 
 
 
何事も、失敗ということはあるもので・・・

まあ、なんだ、
風船だけで済んで、よかったじゃないですか。
また、チャレンジできるかもしれないし。
 

きっと、何者かの陰謀ですよ。
そんな、風船が、しっかりと留められてなかったなんて・・・
遠くから、固定ロープが、狙撃されたに違いない。
 
 
 
とまあ、
あの、
笑ってはしまうのですが、
あの、
ホント、
お疲れ様でした。
諦めずに、再チャレンジを是非。
楽しみにしています。


gizmodo japan動画もあり(風船しか映ってないけど・・・)

2008年06月06日

アヂ

2008RMCThai_080601_50%5B1%5D.jpg

お、
タイMAXですね。
エントリーの皆様、メカニックの皆様、お疲れ様でした。
表彰台獲得、おめでとうございます。
 
 
 
暑かったでしょうねえ、
あつ・・・
2008RMCThai_080601_52%5B1%5D.jpg
 
ヨンジュウゴ??
サウナか?
こりゃあ、10リットルくらい、
水分をバンバン取っていかないと、やってられないですね。
 
 
 
2008RMCThai_080530_19%5B1%5D.jpg

あ、
現地のメカニックの方たちですか?
 
 
 
2008RMCThai_Others_01%5B1%5D.jpg

あ、
こちらの写真も、現地の方でしょうか。
いやあ、向こうにも恐い顔の方がいますねえ。
よく似た人を、日本で知っていますが、
・・・
ん?
まさか、ね・・・
だって、どう見ても、向こうの人。
マカオでも見たし・・・

えーと・・・

タイに行かれた皆様、お疲れ様でした!

栄光HP写真館より

 
 
今度どこかで見かけたら、目を逸らそう・・・

ウハ


Rossi%2B2.jpg.jpg

Rossi%2B31.jpg.jpg

いいぞ、ロッシ!

ヘルメットのデザインは、
いろいろ考えるけど、
これは考えなかった。

・ ・・

まあ、考えても、自分ではやらないけど・・・

が、しかし、
いいぞ、ロッシ!

ビューンと走っていて、チラッと振り返ったときに、
このヘルメットを見たら、
「お?? おわー!!?」
と、なりますがな。

置いといても、かわいいんだか不気味なんだか。

ヘルメットが、あるゆえに、
表情が見れないスポーツですが、
このヘルメットがあれば、そんな問題も解消。
正にオレ様ヘルメットです。
一目瞭然です。

今日は、エンジン不調で、簡単に勝てそうにない。
なんてときに、
ヘルメットに捨てシールドみたいな捨てステッカーを貼っておいて、
なんとかトップに喰らいつき、プレッシャーをかけていけたら、捨てステッカーを剥がす。
そして、トップが後続との距離を見るために後ろを振り返ると、
パヨーンと、トップの選手の顔のヘルメットが迫ってきている。
「ハッ!?」と、動揺したら、しめたもの。その隙に、パス。
なんて、作戦も使えるかもしれない。
(まあ・・・使えないでしょうけど・・・)


ぜひ、誰か、このデザインにチャレンジして欲しい!


motogp.com

2008年06月09日

つるっと

まあ、
ああいうことが起きるのも、レースですけどね。
ちょっと、カッコ悪かったかな。

昨日のF1カナダグランプリの、
セーフティーカーが入ったときに、
トップグループが一斉にピットインし、出て行くときに起きた、
追突クラッシュのことなんですけどね。

ピット作業勝負で、飛び出したもん勝ちの状況ですから、
そりゃあ、急ぎます、慌てます。
真っ先に出ようとした二人だって、
(ん? なんか忘れてる・・・シ、シグナル!?)
(ぬわっ! 赤やんけ!! あ、赤だから、止まらないと、ダメ、だよな??)
(止まる?止まる? きょ、去年、これでペナルティー取られてたよな??)
とね、逡巡したのではないでしょうか。
でも、ギリギリで止まりました。
しかーし、その後方からやってきた、ハミルトン、
「前の二人が、急に止まった。」で、追突・・・
ピットレーン走行時のスピードなのだから、避けて欲しかったなあ。
F1なんだし。

最初、何事かと思いましたよ。
後ろから、ガンガン、玉突きでやられてるのかと思ったら、
あ、あなたでしたか・・・

あ、おまけに、ロズベルグさん、あなたまで、
そんな、ジリジリゴンと、いかなくても・・・

いっそのこと、誰も通れないように、
真横に向けてしまえばよかったのに。

そしたら・・・
どうなるの?


まあ、おかげで、ちょっと目が覚めましたね。
なんか、面白い展開になったし、
クビサ、おめでとー!


ライコネン「おい、あれあれ」
ハミルトン「・・・」
ライコネン「おい、あれあれ、レッドシグナルな」
ハミルトン「・・・わかってらい・・・」

ライコネン、冷静だな。
でも、ハミルトンのリアクションないのは、さすがに気に入らないか、
ハミルトンにもう一度、あれあれ! っと、シグナルを指差してましたね。

その後のコメントで、
モナコのときの、スーティルを巻き込んだ自らのクラッシュを、
すかさず、引き合いに出すとこは、ナイスです。
「でも、僕のは時速約200キロのこと。ピットレーンで、ってのはねえ・・・」
「怒ってない。怒ってはいないよ。」
十分、怒ってると思われます。

2008年06月10日

年俸

ライコネンとアロンソ、スポーツ選手の世界最高年俸の仲間入りを果たしたそうな。

ライコネンは、2007年、約48億3,506万円、
アロンソは、約36億7,885万円、稼いだそうです。

ちなみに、1位はゴルファーのタイガー・ウッズ、約134億4,868万円、
2位、ゴルファーのフィル・ミケルソン、約65億5,820万円、
3位、米国外リスト1位のサッカー選手、ベッカム、約50億6,630万円(年俸/賞金プラスCM出演料)。

その他、
サッカーのロナウジーニョ、約39億4,162万円、
テニスのロジャー・フェデラー、約36億9,251万円、
MotoGPのヴァレンティーノ・ロッシ約35億7,374万円となっています。
(アメリカの大手スポーツ誌 "Sports Illustrated"より)

多分、実際にはもっと収入があると思われますが、
いずれにしても、いい金額ですねえ。
ま、その分、出費も大きくなりますが・・・
お金が全てじゃあ、決してありませんが、
金額は金額で、夢がありますね。

これくらい稼いだら・・・
フッフッフッ・・・

歴史の一部

Nigel%2520Mansell%5B1%5D.jpg

マンセル、若かりし頃。
エンジン、左側ですね。
お? フロント、ブレーキ付ですね。
 
 
 
Alain%2520Prost%25201%2520en%25201972%5B1%5D.jpg

アラン・プロスト。
約30年前、カートはこんな感じだったのですね。
コースも、ヘルメットにも、時代を感じます。
にー、しても、時代を感じさせすぎてくれる気がするのですが、
雨で、ジェットのヘルメットをかぶってたり、
河のツナギを着てないから、かなあ?

Alain%2520Prost%25202%2520en%25201972%5B2%5D.jpg

この年代でも、こんな感じ、ですよねえ?
 
 
 
Peter%2520De%2520Bruyn%2520a%2520nivelles%5B1%5D.jpg

ピーター・デブリン。
スッと、インリフトしています。
 
 
 
Oscar%2520Sala%25201970%5B1%5D.jpg

オスカル・サラ。
特徴ある乗り方ですね。
 
 
 
Mike%2520Wilson%25202%5B1%5D.jpg

マイク・ウィルソン。
グバッと、ブレーキを踏んでいるっぽい。
シューズがへこんでる。
 
 
 
Martin%2520Hines%2520demo%2520super%2520kart%2520a%2520Nivelles%5B1%5D.jpg

こーれは、カッコイイ。
今のスーパーカートより、なんかカッコイイぞ。

そんなに長い歴史ではない、
とはいえ、
長年の蓄積というものが、今のカートにあるのだな、
ということを感じました。

e-karting

2008年06月11日

ヌラッと


2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_001%5B1%5D.jpg

・・・

2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_002%5B1%5D.jpg

フガッ!
なんか、表情が変ったぞ!?
 
 
 
2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_010%5B1%5D.jpg

んん?
目、閉じた??

 
 
2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_004%5B1%5D.jpg

・・・パカッ
ゲゲッ!
やぶけた!!
 
 
 
2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_013%5B1%5D.jpg

・・・
ミャーッ! し、皺がよった!!


な、なんだコイツ:::

BMWの新しいコンセプトカー、GINA Light Visionary Conceptです。

リヤエンドも、シートも、盛り上がったり、引っ込んだり。
テールランプも通常は見えない。

2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_016%5B1%5D.jpg

2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_020%5B1%5D.jpg

2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_030%5B1%5D.jpg

2008_BMW_Visionary_GINA_Concept_MotorAuthority_028%5B1%5D.jpg

そうキタのか、という考え方ですね。
そのうち、液体金属ボディ、なんていうのも、出てきたりして・・・
で、クルマも人工生命体化していく、と。
思考するクルマ、ですね。
それで、個体差があったりすると、えらいことになりますね。
やたらと臆病な個体は、スピードを出してくれなかったり・・・
やたらと元気な個体は、トロいクルマにクラクションを勝手に鳴らして、揉め事を起こしたり・・・
そうなると、クルマの査定ってのも、難しくなりますね。
なにをもって、優秀なクルマなのかが・・・


2008年06月13日

080523_1823~0001.jpg

するどく光る眼光。
燃えたぎる野心。
細身だが、鍛えられた肉体。
その当時、レースのときにレースクイーンがいたら、
・・・
現在の彼はいなかったであろう。

何故ならば・・・
いや、そのことに触れるのは、やめておこう。


「悪いが、今日のレースは、俺がもらった。悪いな。」
合言葉である。

080523_1936~0001.jpg


溢れる才能を持っていた。

チャンピオンを取れる器だった。

ただ、ほんの少しの歯車のズレが、
彼を違う道へ向かわせた。

そして彼は、
再びサーキットに帰ってきた。


Uryu080511_33%5B1%5D.jpg

南から来た男は、
北のサーキットに降りたった。

敵を見据える眼光の鋭さは、
少しも衰えていない。

Uryu080511_20%5B1%5D.jpg

あ、間違えた。
こっちね。

Uryu080511_22%5B1%5D.jpg
(またこの写真使っちゃった・・・)

み、見よ!
今も変らぬドライビング・フォーム。
ステアリングを、無駄にきったりはしない。
レンタルカートなのに、この縁石の使いっぷり。
このとき彼が見据える敵は、
彼のトコの従業員であった・・・ 
 
やっぱ負けるわけには、いかないっすよね。
しかしですねえ、従業員も従業員です。
接待ゴルフ、っていうのがあるように、
接待カートだってあるんです。
惜しいとこで負けた、くらいはしないといけません。
それを、後ろ振り向いて、手を振ったりするもんだから・・・
ボーナス、減りますよ。
茂木、一人で行かされますよ(あ、それは以前からか)
まあ、それはともかく・・・

 
彼の名を・・・
いや・・・
語るのは、やめておこう。

 
(某社社内よりの、情報漏えいにもとづいて、記載させていただきました)


2008年06月14日

いいのか?

Snap1%5B1%5D.jpg

ああ、よくやりますよねえ、こういうこと、
犬とか猫とかって。

なーにを好きこのんで、そんな快適ではなさそうなトコにって。
 
 
 
Snap2%5B1%5D.jpg

おいおいおい、どこまで潜り込むのよ・・・
 
 
 
Snap3%5B1%5D.jpg

!!

お、おま・・・

自分でそんなディープサイドに突っ込んでおいて、

その顔はどうよ・・・
 
 
 
Snap4%5B1%5D.jpg

そこまでのリアクションって・・・
どんな世界だったんだろう? そのシューズの中は・・・

というか、そうなる前に、気付けよ。

分かっているけど、止められない、

麻薬みたいなものか?

そーですよね、そーですよね、

そういうことやってると、そういう結果になるんですよ。

チーン
 
 
 
まさか、恍惚・・・

gigazineさんより

僕のシューズじゃないですよ…



2008年06月16日

インタイヤ?

360_board%5B1%5D.jpg
 
タイヤは付いているけど、
スケボー的な乗り物への耐性は、きわめて弱いので、
コイツの乗りこなし方のイメージがあまりわかないのですが、
さて、面白いのだろうか。
スケボーじゃあ、行けないような悪路でも、行けるけど、
むしろ、スケボーに乗るより、難しいような・・・
 
ん? 待てよ。
傾けて曲がるんだよね?
でも、あまりバンクさせちゃうと、コレ、地面との間で、足、もってかれない?
ま、まあ、サイトに動画もありますので、興味があれば・・・
zerofra
 
・・・
 
コレって、以前にも載せたことあったっけなあ・・・
 
gizmodo japanさんより

2008年06月18日

ステーン


4f2af0ef%5B1%5D.jpg

あ・・・
 
 
 
bc1a666c%5B1%5D.jpg

いやあ・・・
 
 
 
27f58fd6%5B1%5D.jpg

あいやあああ!
 
やてもうたー。
 
バイクのレースへのエントリーを続けている、
シューミーの、転倒シーンです。
カートのレースに出るんじゃないかと思っていましたが、
いろいろと、しがらみが多すぎる、かな?
出たら出たで、ごっつい、ミドリの広告塔になると思うのですが・・・
 
しかし、(あ、こりゃダメだ)という瞬間は、開脚しちゃいましたが、
まだ、コーナーの先を見ているし、
地面に落ちてからのスライディングも、堂に入ったものですねえ。
ヨッコラッショ、っと、一休みしているかのようです。
 
こうなりゃあ、いっそのこと、
ロッシは、F1を目指し、
シューミーは、モトGPを目指し、
二人して、二輪、四輪のダブルタイトル獲得を目指してほしい。
そうなりゃあもう、ハリウッド・ムービーもまっ青ですね。
 
 
f1通信さんより

2008年06月21日

早くも・・・

雨ですねえ。
今週末のレースは、雨のレースになりそうですね。
エントリーの皆様、がんばってください。


さて、シーズンも、早くも半ば。
ここまでの流れで、もう、既に、来シーズンに目を向けようと、
考えている方もいるかもしれません。

そんなときに、・・・
2009年 鬼が笑う・・・来年の占いナビ

来年が良い流れと出れば、それに向かって、今年も、あらためて気を引き締めていこうと、
考えられます。
来年が、悪い流れなら・・・
乗り切るために、力を今年、貯えようと、考えて、みますか?
いや、占いなんて、関係ねえ! で、行きましょう。
そーさ、関係ねえさ・・・

文句無しの、いい占いも、たまには見てみたいものだな。


2008年06月23日

昨日の

全日本のリザルト、
RESS-iomさんにしか、見当たりませんねえ。
雨は、降ったり止んだりの状況だったみたいですね。

まずは・・・
野田選手、おめでとう!

レポート、リザルトは

RESS-iom


オープンマスターズは、どうだったんだろう?
関東の方が、雨はひどかったと思うのですが・・・

ハラハラするか?

extnews_2008-06-23pic0%5B1%5D.jpg

「だいぶキテはね、お腹」
「うん。ビール腹だな」ペシペシ
 
まあ、そんな会話、よくありますよね。
 

「私の身体にはねえ、ワインが流れているのよ」
「ほほー・・・」
 
ええ、
そう、のたまう方、いますよね。
 
 
でもねえ・・・
 
ホントにビール腹と、ワインブラを出されても・・・
 
 
腹のビールをチュルチュル飲むんかい!

乳バンドのワインをチュルチュル飲むんかい!

あ、そっちは・・・
いや、なんでもないです。
 
えーと、
そんなわけで、ドイツで、
ビール腹と、ワインブラが、発売されるそうな。
 
なかなか取れない、ビール腹なら、
いっそのこと、利用しようと、考えたかどうかは知りません。
だって、こんなの巻いたら、余計太くなるし、
飲めば少なくなってへこむかというと、
外から中に入るだけだし、
さらに、蓄積されていくし、
ビール腹、倍増ですよ。
 
ワインブラはというと・・・
 
知らん。
 
ちなみに、正式名称は
Bierbauch ビール腹
容量は2.3リットル。

Getraenke-BH ワインブラ
0.7リットル
だとか・・・

excite News

泣かされて


思わずホロリとしてしまった・・・

イギリスの、まあ、タレント発掘番組とでもいいましょうか、
厳しく、辛口コメントをビシバシ言われちゃうコンテストがありまして、
そこに現れた、冴えない、携帯電話のセールスマン。
それが・・・
この、これでもかな、映像の演出も、たまらんのですが、
ポール ポッツ氏の、ルックスとパワフルで美しい歌声のギャップに、やられます。
「この、ウンコ野郎どもが!」と、言いたくなる、審査員の変貌ぶりもまた、グッ。
 
 
サーキットにも、いますよねえ。
めちゃくちゃ、そのへんのオジサン、ってな雰囲気漂わせておいて、
ヘルメットかぶって、走り出すと、
どえらい速い人。
ああいうギャップ、好きです。

ゲレンデで、ものそごくスキーが上手くて、
(いやん、カッコイイ!)
って、思ったら、思いっ切り、地元のおじちゃん、みたいなね。
もっと、そういうおっちゃんが、サーキットに増えてほしい。

いや、おっちゃん、じゃなくてもいい。
若いけど、学校や職場でも目立たない存在で、
下手すりゃ「キモい」とか言われかねないのに、
速ええんだこれが。
っていうギャップ、いいなあ。
サーキットを、パピューンと、駆け抜ける姿って、やっぱりカッコイイですからね。
それがまた、速いときた日には、
ステキです。

まあ、そんなわけで・・・

 
 
映画のような感動をあなたに~ポール・ポッツ-英国オペラ歌手



 
 

 
こちらは、コンテストの決勝戦の模様かな
お、やや洗練されてきた感が。


 
 
うわ・・・
この人の歌声、泣ける・・・
スゴイや
どことなく、やさしさが漂うのよね。

その後、これだけで終わるわけはなく、
デビューアルバム「ワン・チャンス」(BMG JAPAN)が、2007年7月発売、全英初登場1位。
全世界で300万枚以上ものセールスを達成。
長い鍛錬と、苦難を乗り越え、
一夜にして、世界的なオペラ歌手へと、変貌を遂げました。

世界ツアーも行われ、2008年4月、日本にも来日。
二日間の公演は満席。

これからも、ますます、高く力強く、羽ばたくと、思われます。


おおっと、この子も
スゲーよ・・・
11歳!?
それで、この歌声かよ!


 
 
 


2008年06月24日

ピシャーッと

2365.jpg
 
リーンアウトで、
お前も、アウト!
テヤ!
 
・・・って、あんまり無事に済んだとは思えないなあ、フレーム。
この人、重そうだし。
まだ、立て直して走ろうとしてるのかなあ。
怪我がないことを祈ります。
 
 
 
1648.jpg
 
ええ、
こんな経験、させられたこと、あります。
決して嬉しくありません。
モトクロスでだって、別に嬉しくないのに・・・
 
 
 
1654.jpg
 
って、なんか嬉しそうじゃんか!

 
 
2092.jpg
 
なんか、オヤジパワーを感じる一枚だなあ。
でも、あれね、最低重量制限は、アップでお願いですね。
シートに座れば、比較的重心低いとこにいくけど、
ただでさえ身体デカいのに、みんな、バラストを抱えてますものね。
でも、いい光景だなあ。
 
 
 
1465.jpg
 
このヘルメットのカラーリングのデザイン、好き。
どシンプルで、いいなあ。
サイドはどうしてるんだろう?

kartsportnews

2008年06月25日

CM

海外の面白CMをいくつか。
 

 
 

 
う・・・
なんか、
こう、
ムズムズしてきます
ね。
 
 
 

 
・・・
複雑ですね。
 
 
 

 
そ、そーだったのか!
フェルナンド・アロンソと、ルイス・ハミルトンの仲違いには・・・
黒幕がいたのか!
そして、その後、マクラーレンのシートには・・・
このCMは、微笑ましいのに・・・
 
 
 

2008年06月26日

やっってもーたな

fail-mike-tyson%5B1%5D.jpg
 
タイソン、ダメだって!
シャレになってないから!
試合中にも、耳に噛み付いたりしてるんだから・・・
 
 
 
fail-crocodile-hunter%5B1%5D.jpg
 
「オレはワニを捕まえるプロなんだわに。
ワニ、全然恐くなんかないわに。
ほーれほーれ、ほ・・・
こわーーー!!!いに・・・」
 
 
 
bullfail%5B1%5D.jpg
 
もうね、真剣にビビってるときの表情って、
こうなのね。
牛は、そりゃあもう、ウッシッシ
って感じで、追っかけてますさ。
まあ、その後、沈没でしょうけど・・・
 
 
 
facebite%5B1%5D.jpg
 
こちらの方は、余裕の表情。
・・・なんだけど、
無事には済みそうにない、なあ・・・
 
 
 
fail-flying-eagle%5B1%5D.jpg
 
楽ちんだなあ、うん。
 
 
 
alternative-energy-fail%5B1%5D.jpg
 
楽・・・
って、こりゃあ風車の上の、
風車部分の上じゃんか!

 
 
fail-building-placement%5B1%5D.jpg
 
ハッハッハッ
ここまで見事にやられると、何も言えませんね。
見事すぎ!
 
 
 
fail-car-emblem%5B1%5D.jpg
 
そりゃあまあ、
シンボルですからねえ。
大切ですが・・・
 
 
 
failblog

2008年06月27日

びびる

080626dynamictop494.jpg

 

いやいやいやいや・・・

無理です。

まあ、金銭的にもですが、

お金持ちでも、無理です。

そりゃあ、アイディアとしてはスゴイと思います。

でも、地震の多い国に住んでいる身としては、

安心できる気がしない。

と、言いつつ、

今住んでいる家は、

多分、震度5には耐えられない気がするような、

古いボロ家ですけどね。

パタンと、倒れる気がします。

さて、このビル、

何がスゴイって、

クルマも、自分の部屋のフロアまで一緒に行けちゃう。

 

080626dynamic-architecture-f.jpg

 

080626dynamic-architecture-c.jpg

 

日当たりのいい部屋、なんて概念はなく、

どの部屋も、日当たり良しとなる。

なーんせ、クルクルウネウネと、ビルが回りますからね。 

これが一番、スゴイとこか。

住んでいる建物が、クネクネしてるんですよ。

ビシッとしてないんですよ!

太陽電池と風車による、自家発電型ビルである。

各戸をイタリアの工場で作り、リフトで持ち上げ、真ん中の支柱に、

ドッキングさせていくことで、

1フロアが、約6日間で出来上がる。(地上から積み上げていく手法だと、約6週間かかる)

080626dynamic-architecture-a.jpg


と、なんか、とてつもないモノです。

こりゃあ、何とかヒルズ族も、吹っ飛びますね。

ドバイとモスクワで、今秋着工予定だとか。

ちなみに、1平方フィートあたり3000ドルというお値段だそうな。

えーと、

すいませーん!
1平方フィート分、ください!

gizmodo japan



About 2008年06月

2008年06月にブログ「akira racing mo's kart blog」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年05月です。

次のアーカイブは2008年07月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type