« 先週の最終戦 | メイン | 何のために »

1.3気圧が襲ってくる

酸素カプセル、ってヤツ、
気になっていたんですね。
どーなの? と。
疲れが取れちゃう、とか、怪我が早く治っちゃう、とか、
若返っちゃう? とか、まあ、いろいろと言われているので、
一度、閉じこもってみたいなと思っていたのです。酸素カプセル。

でもなあ、酸素でしょ?
ミネラルウォーターを、素直に買えなかった頃の気持ちです。
蛇口ひねれば出るものを、なんでお金出して買うのさ。
酸素なんて、ひねらなくても、鼻ひくひくスピーッで、入ってくるわけです。
深呼吸しとけよ深呼吸。
いっぱい吸えば、いっぱい摂れるよ、とか思うわけです。

とはいえ、とりあえず試してみたい。
そして、チャンス到来。
初回限定50分2千円。
自分が乗り手のときに試したかったけど、
なんか、身体痛いし。
ここのところ疲れているから、メカでもいいかと、行ってみました。

おずおずと、カプセルに潜り込み、
足元を見ると、
あれ、密閉じゃないの?
「いや、半透明なのでそう見えるだけで、密閉されます。
10分かけて1.3気圧まで上げていきます」
ああ、そう。
で、バシッと閉められ、酸素カプセル体験、開始。

なんか、シューシューいいながら、
気圧が上がってくる気配。
耳抜きだっけ? 鼓膜が押されるので、
鼻をつまんで、クッ、クッ と、息で鼓膜を押し出すのですが、
あれ? 左側しかできない・・・
ピ、ピンチ。
上がっていく気圧。
こ、このままでは、やられる。
酸素カプセルの中で、おれの脳みそが破壊されてしまう。
酸素カプセルとは、こんな、過酷なものだったのか?
聞いてないよー・・・
と、口をパクパクさせていたら、
あ・・・
この手があったか。
アゴをカクカクさせて、耳抜きすることに成功。
以後、上がっていく気圧を、やりすごしながら、
上がっていく酸素濃度を、体感。
なんか、つまっていた鼻が、スーッと通ったときみたいに、
肺に空気が入ってくるような感じです。
身体の方も、気圧が上がるからか?
血管に変化が出るのか? 軽く、マッサージをされているかのような不思議な感じ。

そんな、緊張も緩んでくる頃合い・・・
ついね。やっちゃったんですね。
放屁。
まあ、屁を放ってしまったわけです。

密閉ですよ?
布団の中とは、レベルが違います。
1.3気圧ですよ?
グイグイ、押し込まれるわけです。
せっかく出したのに、
染み渡るように、返されるわけです。
むしろ濃度を上げたかのように、戻ってくるんです。
これは、
緊急事態だ。

でも、店の人呼んで、
開けてもらっちゃったら。
それは、
「波動砲、発射!」みたいな感じ?
呼べない、言えない。
何で酸素カプセルで、こんなモン(自分のだけど)吸わないといけないんだー!
有料なのか?
おれの屁は有料なのか?
売るよ? 貯めて、いくらでも売るよ!?
酸素カプセルで、
まさかの低酸素状態です。

悶絶しているうちに、ようやく気圧も安定・
多分、空気も浄化されたことでしょう。
ちょっと眠りについて、酸素を堪能しようとしましたが、
あっという間に、目が覚めてしまいました。

・・・
うーん
・・・・・
暇だ・・・

何も持たずに入ったことを後悔。
寝てようと思ったからなあ。
何度も寝返りをうちながら、もぞもぞモゾモゾ。
この気圧と酸素濃度なら、ジェット何番?
この中でトレーニングすると、
いつもより楽で、いっぱいできる?
こんなところに閉じ込められたら、どうやって脱出する?
・・・
助けてくれー!

とかね、
いろいろと、心で叫びつつ、
のたうちまわります。
おれ、忘れられているんじゃないか?
そのうち、店のヤツも電気消して帰っちゃって、
おれ、酸素過多で、死んじゃうんじゃないの?
と、まだ、妄想は続いていたのですが、
ようやくと、減圧が始まりました。
始まりました・・・
い、いつまでやってるんだよー!
やっぱり、まだ、のたうちまわりつつ、
やっと、最後にバコッと音がして、
終了の時間。
早く! 早く!! 開けろー!!!
と、心の声。

ガララッ、「大丈夫でしたか?」と、店の人。
「ええ。何も問題ないですよ」 余裕顔の僕。

これに入ることは、二度とないな。

「翌日を楽しみに」 と、店の人。
翌朝に、効果を実感するらしい。
「分かりました。楽しみにしています」

翌朝。
・・・
爽やかな朝なんて、あるわけねーだろ!!

何があっても、
朝は無理です。

もちろん、効果には個人差があります。
スゲー効いちゃった。という方もいます。
でも、何をもってきても、
朝は無理。

もの凄く好みの美女が、優しく、
「おはよう」と、起こしてくれても、
「おやすみ」と、答えます。

この世の終わりの気分と、身体の痛みが、
朝と共にくるのです。
朝は地獄。
午前中は鬼。

だから、朝にやるT.T.なんて、
タイム出るわけない。
午前中の予選なんて、前に行くわけない。
じゃあ・・・
午後の決勝は速いのか?
というツッコミには、
ナイターレースなら天下がとれる気がする!
25時、決勝スタートだ!

・・・
やっぱり、脳に酸素が足らないみたいだな・・・

コメント (2)

su-suke:

酸素カプセル体験しただか。
んでも、おっちゃんには合わんかったようだな。

わしの通っている加圧トレーニングで、酸素カプセルを1回無料体験できるらしいけど、まだやってません。

カプセル内での放屁だけは気をつけます。

su-sukeさん
いや、
むしろチャレンジして欲しい。
カプセル内放屁に!

アレを吸引すると、
身体にイイという、
学説がある、
とか、
ない、
とか。

About

2010年12月03日 16:23に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「先週の最終戦」です。

次の投稿は「何のために」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type