« QRコードな時計とFAX | メイン | Let's note BLOG »


 2005年03月02日

この日のCOTOBACO

505iや506iで使えるjigブラウザ発表


Japan.internet.com ワイヤレス - jig.jp、30KB版「jig ブラウザ」を提供開始

株式会社 jig.jp は2005年3月1日、NTT ドコモの mova505iシリーズ、mova506iシリーズ、FOMA700iシリーズで利用できる30KB版の「jig ブラウザ」を提供開始する、と発表した。
設定した金額ごとにパケット料金を通知する「パケ代通知機能」を使うことで、パケット通信料金定額サービス「パケホーダイ」が適用されない505i/506iシリーズユーザーでも、使い過ぎ防止が可能。

とりあえず「パケ死」することはなさそうですが、でもはまると相当たいへんなことになるんだろうなあ。

jigブラウザそのものはスクロールも速いし、機能も豊富なのでまったく問題ないのですが、通信速度とかパケット代といったインフラの部分がボトルネックになってるという現実が口惜しい。

iアプリの場合はiアプリをダウンロードしたサーバとじゃないと通信できないので、jigブラウザ経由でも結局jigのサーバ経由になるわけで、そうなるととんでもない数のサーバを用意してやらないといけなくなるわけで、それの維持費を考えるとこれぐらいの使用料金がかかるのはしかたがないですね。ソフトのテストでもいちいち通信費かかるわけですし。FOMAならパケ放題がありますけど50xシリーズじゃねえ。きついですよ。うちなんかはケータイ向けのアプリ開発はとりあえず全部断ってしまってたりします。予算があまりないところで、下手したら開発費「赤」になっちゃいますから。

そういう状況を考えながら「月1050円、たけーよ」とブログで書いてみるといいかもしれません。


 投稿者 nagasawa : 2005年03月02日 16:54

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
5