« Flickrいろいろ | メイン | BlogPeopleブロトに関しての疑問へのお答え »


 2005年03月30日

この日のCOTOBACO

Niagara Moon 30th Anniversary Edition


Niagara Moon 30th Anniversary Edition

ナイアガラレーベル設立30周年の記念盤シリーズ第1弾。オリジナルの楽曲+キャラメルママ、山下達郎率いるシュガーベイブが白熱のバック演奏をつとめるリズムトラック集など、全23曲収録予定。デジタルリマスタリングに加え、本人による解説付き。

数量限定だそうです。欲しい。

で、この「白熱のバック演奏をつとめるリズムトラック集」ですが、これがすこぶるよいらしいです。Amazonのレビューを見ると、

アルバム用の生々しい全セッションが新ボーナス・トラックとして収められています。おもにインスト。とにかくすごい演奏力ですね。

あの頃のプレイヤーって今のプレイヤーに比べればあきらかにテクニックはないんでしょうけど、妙に熱いんですよね。で、テクがない分フレーズがよかったりして、何回聞いても飽きません。
上原裕(ds)細野晴臣(b)鈴木茂(g)佐藤博(p)によるインストのグループ感というのは言葉に表すことができないんだろうなあ。

Niagara Moon 30th Anniversary Edition


 投稿者 nagasawa : 2005年03月30日 14:48

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
122

 コメント

今のプレーヤーに比べて自分の体の中に持ってるリズムというのがあったのかもしれませんね。今の子供とかは遊びや生活の中にビートやリズムを感じる経験が少なくって、プレーヤーも練習環境は抜群に良くなっていても、音楽活動でしかリズムを刻めないところは逆にかわいそうかも。

なんてプレーヤーじゃない僕が言うのも気が引けますが。

投稿者 コイッチ : 2005年03月30日 17:43

モダシンさん リリース情報ありがとうございます!
このエントリーを見逃してたら
初回限定盤を買いそびれるところでした。

……というわけでウチにも届いたんですが、
ボーナストラック、震えが来るほどの出来ですねえ。
『論寒牛男』のギターにシビれまくりの今日この頃です。

投稿者 レオ社長 [TypeKey Profile Page] : 2005年04月04日 18:19