« 中部電力、リンク集自動生成技術による検索サイト「NSBoard」を試験公開 | メイン | 永遠のモータウン »


 2005年03月10日

この日のCOTOBACO

「ツーカーS」を超えた?


ITmediaモバイル:「ツーカーS」を超えた? Siemensの簡単ケータイ

「CeBIT 2005」開幕を明日に控えた独Siemensのブースでは、早くも「正方形の不思議な携帯」「携帯ルームランナー」など面白い展示を見ることができた。

で、この「正方形の不思議な携帯」がおもしろいです。

温度、光、音などのセンサーを備え、デバイスそのものの動き(振るなど)を感知するセンサーを設定できる。たとえば、自動車を離れる際に車内にAy Oneを置き、Ay Oneが動くとアラームを出すように設定しておけば、早期に車の盗難に気がつく。

というのも使い方いろいろなのですが、やはり次の機能が一番かと。

Ay Oneではカバーを90度/180度/270度/360度回転させることで、計4種類の設定が可能となっている。このため下の写真のように、カバーの窓に「娘」が現れたときに側面のボタンを押すと、娘の携帯に電話するといった使い方が可能だ。

写真を見ると一目瞭然なので引用元サイトを見ていただきたいのですが、「ツーカーSを超えたか!?」というと、超えているでしょうね。
あとはどうやるかわかんないけど、電話がかかってきたときにその人の写真の部分が光る、なんてことがあればとりあえず完璧かと。

これがヒットすると、現在は4角形ですがどんどん5角、6角と増えていくんでしょうね。だったら最初から円にすればいいんだ。

ということで次のケータイの形は「円」になると予想してみる。


 投稿者 nagasawa : 2005年03月10日 16:48

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
36