« CDやDVDをキズから保護するプロテクター | メイン | iTunesに再び「抜け道」 »


 2005年03月23日

この日のCOTOBACO

VHSを“特別扱い”しない3 in 1――東芝「RD-XV34」


ITmedia ライフスタイル:VHSを“特別扱い”しない3 in 1――東芝「RD-XV34」

東芝がVHS+HDD+DVDの“3in1”レコーダー「RD-XV44/34」を発売した。同社のVHS一体型としては初めてEPGを搭載し、より一体感を持った使い勝手を実現。またRDシリーズでは初となるスポーツ中継延長機能など、旧モデルの「RD-XV33」から大きな進化を果たしている。

この記事を読んでいたらがぜん「RD-XV44/34」が欲しくなってきたのですが、問題はどっちを買うかです。

違いはハードディスクの容量だけでXV44が250GBでVX34が160GB。今まではPCに120GB付けて録画していたので、容量的にはどちらでも問題ないんですが、やはりより大きな方がいいとはわかっているけど値段が違いすぎる(笑

TOSHIBA RD-XV34 VTR一体型HDD&DVDレコーダー HDD160GB WEPG搭載 地上アナログダブルチューナー搭載

TOSHIBA RD-XV3
価格:¥63,800(税込)




TOSHIBA RD-XV44 VTR一体型HDD&DVDレコーダー HDD250GB WEPG搭載 地上アナログダブルチューナー搭載


TOSHIBA RD-XV4
価格:¥94,800(税込)

それぞれ15%還元なのでVX34が54,230円、VX44が80,580円。26,350円の差で90GBの違いかあ・・・。1メガバイトあたりの単価も1円ぐらいしか違わないし。

価格.comを見ても最安値がVX34で55,200円、VX44が71,650円。

ふむ、じゃあAmazonでVX34にしますか。

VX44にしといた方がいいよ、っていうご意見がありましたら、聞かせていただけると嬉しいです。


 投稿者 nagasawa : 2005年03月23日 16:42

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
89