« Lunch Time 1997 | メイン | 米MicrosoftがLonghornでRSSを全面採用 »


 2005年06月27日

この日のCOTOBACO

6月27日のラッキーさん


BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「tre*fle blog」さんです。

暑いですね。もうすべての思考が停止してしまいそうです。クールビズ、ということでオフィスの温度を28度にしてみたけど暑くて暑くてこんなにやってるやついるのかよ、と思いましたが、皆さんのところは28度なんでしょうね。かわいそうに。

そういう暑い中で料理を作るのはたいへんで、特にラーメンとかパスタといった「お湯で麺を煮る」系は相当たいへんかと。

黒コゲ」という記事では本人か弟さんか麺かソースかなんだかわかんないけどどっちかを誰かが焦がしたということを書いているんですけど、私の学生の頃一人暮らしを始めたときにはスパゲッティでえらい目にあったことがあります。

どれぐらい茹でればいいのかわかんないわけですよ。

なので、300g全部鍋にぶち込みました。で、そのまま12分放置です。そうするとどういうことになるかというと、

麺がものすごい量にふくれあがりまったく動かなくなる!わけです。

最終的にはこげついた麺が鍋の内側に貼り付き、一人暮らしの厳しさと寂しさを味わいながら焦げた部分をタワシで一生懸命落としていたものです。

まあ、一人暮らしの失敗談はいろいろあるわけですが、最終的には非常に一人暮らし上手になり、包丁さばきも非常に華麗にできるようになりました。まあ、なんでも経験ですな。

で、スパゲティなどを食べながら読む漫画は「DEATH NOTE」ですね。少年ジャンプです。

地方の方だとジャンプの発売日が火曜日だったりするので、今週の「DEATH NOTE」についてはあれこれ書きませんが、舞台がアメリカに移って役者が増えてきてからライトの「冴え」が見れなくなってきましたが、今週号ぐらいから徐々に復活しそうです。

というか、未だに「DEATH NOTE」を読んだことがない、という人がいること自体が信じられません。絶対人生損しています。今という瞬間は1分後には過去、つまり歴史になるわけで、そういう意味で「今」という「歴史」を実体験できる貴重なチャンスがありながらむざむざとそれを放棄しているのはホントもったいないです。

なので、漫画喫茶でもいいしお友達に借りてもいいのでまずは第1巻を読んで見ましょう。

DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)

というわけで、今日のラッキーさんがとりあげたテーマと同じようなもので書いてみました。ではよろしく。

しかし、いったい何歳になったら週刊漫画雑誌の定期購読をやめることができるんだろうか・・・。


 投稿者 nagasawa : 2005年06月27日 12:36

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
474