« 6月29日のラッキーさん | メイン | 公衆無線LANを低価格に使いこなす »


 2005年06月29日

この日のCOTOBACO

DVD鑑賞記録「予想外によかった」


TSUTAYAが旧作半額セールをやっていたので週末に借りにいってきました。今回見たのは「スカイキャプテン」と「オールドボーイ」です。

まずは「スカイキャプテン」の感想。

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版

この映画を見る前、というか公開前と直後にいろいろ感想を聞く機会があったのですが、あまりいいものではなくあの井筒監督にいたっては「こんなの映画じゃない!」と激怒されておられたので、まあいつものハリウッドのあのノリなんだろうなということで全然興味なかったのですが、その後じわじわと「なんかいいかも」という話を聞くようになったので、まあ半額だしいいか、みたいなノリで借りて見ました。


いいです、好きです、これ。

今の最新技術を使ってハリウッド全盛時代のレトロタッチな映像を再現ってのは考えがちですが、そこのCGが絡んでくると違和感無い世界ができあたります。昭和30年代の大人が空想した未来がそこにあります。出てくるロボットは鉄人28号だったり、天空の空ラピュタだったり、エヴァの量産型みたいだし、攻撃用の銃が丸っこい形状のおもちゃのような光線銃だったり、途中から登場するアンジェリーナ・ジョリーがキャプテン・ハーロックみたいだったり、とにかくパロディではないんですが、日本のアニメのいいところがうまく組み合わさっていい感じの冒険活劇になっています。私はとにかく浦沢直樹の「21世紀少年」が映画化したらこんな感じになるんだろうなあ、と思いました。

で、次は「オールド・ボーイ」です。

オールド・ボーイ プレミアム・エディション
オールド・ボーイ プレミアム・エディション

うえーん、めちゃくちゃ面白いじゃないですか。さすが2004年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。クエンティン・タランティーノ絶賛もすごくよくわかります。特にラストのあの衝撃はかつて経験したことがないほどです。うん、おそらく初めて。

多少バイオレンスというか血があるんですけど、すごくお勧めですので、お近くのレンタルビデオ屋で探してみてください。


 投稿者 nagasawa : 2005年06月29日 13:10

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
483

このリストは、次のエントリーを参照しています: DVD鑑賞記録「予想外によかった」:

» 『オールド・ボーイ』 (2003/韓) from アントニオの木
『オールド・ボーイ』   原作:土屋ガロン 監督:パク・チャヌク チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン    ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月30日 09:24