« 不正アクセス | メイン | SNS で人気があるのは「mixi」「livedoor アミーゴ」 »


 2005年06月30日

この日のCOTOBACO

TBPのスパム削除


BlogPeopleのトラックバック・ピープルへのスパム・トラックバックですが、これまではスパム記事は削除されても新しいトラックバックがつくまでHTMLページやJavaScriptコードは更新されなかったのですが、今日、HTMLページやJavaScriptの再構築用のコードを追加しました。

これにより、記事削除後に再構築を行うことで各話題のページや配信している記事リスト表示用のJavaScriptをすぐにクリーンなものにすることができます。

話題の削除は話題の製作者、またはBlogPeople事務局が行えます。もし製作者の方がわからない場合は会員ページのトラックバック・ピープルのページの一番下にある「トラックバック・スパムのレポート」からご連絡いただければ事務局が削除作業をおこないます。

再構築機能は管理人だけがアクセスできるページの中にある「トラック・バックされた記事の削除はこちら」リンクからアクセスできるページ内にあります。

昨日ついた「トラックバック」っていう記事タイトルのスパムは1200件ほどありましたが、DBからは削除しましたので、新しいトラックバックを送ればリストから消えますし、再構築作業をしても消えます。

しかし、トラバ送信元のページが既になくなってるって、何てリソースの無駄使いをやっているんだろう・・・。

http://to-ra-ba.seesaa.net/
(もうないです)


 投稿者 nagasawa : 2005年06月30日 16:44

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
487