« 日本HP、Windows Mobile 5.0搭載の新「iPAQ」 | メイン | 腕のないお母さん »


 2005年12月01日

この日のCOTOBACO

消費者は「広告なし」の番組を好むが、わざわざお金は払わない


ITmediaニュース:消費者は「広告なし」の番組を好むが、わざわざお金は払わない

これまで調査に協力してもらったどのフォーカスグループにおいても、人々は“ラジオにCMは必要ない。CMを聴かずに済むのならば、お金を払ってもかまわない”と言っていた。だが、彼らにはそんなことをする気はなく、実際、そうはしていない

ということで、広告入り無償サービスに対して、お金を払えば広告が表示されなくなる、という提案はまったく勘違い、という記事です。

CMも品のない無益なものであればたしかにうざいんですけど、GoogleのAdSenseのように自分が興味をもっているものが「情報」の形態で提供されるとそれは「おまけ」みたいな感じであってもなくてもよいものになるわけで、場合によってはうれしかったりします。テレビのCMでもお気に入りのタレントが出てたりおもしろかったりするとむしろ積極的にみますしね。

雑誌なんてお金だして買って、さらにその中に広告入っていますからね。電車やバスも同様です。

んなわけで、やはり内容勝負、ということらしいです。


 投稿者 nagasawa : 2005年12月01日 13:47

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1131

 コメント

ラジオのCM。僕は好きです。
映像がないぶん、すごくいろいろなことを試しているとおもうし、実際おもしろいものたくさんあるとおもいます。
人(たれんと)がでている、ことよりも、如実に内容が重要になりますからね。

投稿者 yamato : 2005年12月01日 19:22

広告付きのブラウザにお金を払うと広告がなくなるビジネスモデルだった Opera が、結局全部広告なしにしたのが良い例ですね。

投稿者 Hit [TypeKey Profile Page] : 2005年12月01日 20:39

>yamatoさん
時々ラジオでショートコントのようなCMがあるのですが、あれ好きです(笑

>Hitさん
おお、そういえばそんな身近な例がありましたね。
広告も場所とタイミングなんでしょうけど、なかなかマッチングしないもんです。

投稿者 nagasawa [TypeKey Profile Page] : 2005年12月01日 20:49