« 『おいでよ どうぶつの森』のケーススタディ | メイン | DELLが安いぞ »


 2006年03月28日

この日のCOTOBACO

3月28日のラッキーさん


BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「E=mc2」さんです。

関東にお住まいの建築関係の勉強をされている大学生の方のようです。
トレースとか模型作りとかうちの奥さん、大好きです。特に模型作りは大好きで、そのために建築設計事務所に入ったと豪語していますし、やめた今は飛び出す絵本が趣味で自分で作ったりしています。なので、小学生の子供の夏休みの工作の宿題はその「飛び出す絵本」となり小学生ではあり得ないクオリティに仕上がる毎年です。

ちなみに、「親が作ったのばればれじゃん」というのは現代の小学校では許される話らしく、その理由として「普段親と一緒に何かを作成するという時間がなかなかとれないため、一緒に工作するという「共同作業」はs実に好ましい」という事だそうです。ああ、時代はどんどん変わっていきますね。

ということで、今日のラッキーさんは12月8日から更新が止まっているので現在は何をやられているのかよくわからないのですが、今はいわゆる「春休み」であり、かつ、「桜が咲き始めている」ということからきっとまた再開されると思いつつ、今日のラッキーさんの紹介を終わります。


 投稿者 nagasawa : 2006年03月28日 12:14

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1536

 コメント

>「親が作ったのばればれじゃん」というのは現代の小学校では許される話らしく、

うひょー今ってそうなんですか??
過去に小学校の家庭科の宿題で、エプロン作ってそれにイニシャルの刺繍をする、ってのがあったんですが、当時親が刺繍やってたお陰でステッチの手解きを受けただけで一切手を借りず独力でつくっていったら、、、

せんせいに吊しあげくらった(号泣)。

クオリティーが高いというのが理由で信用してくれませんでした(しくしくしく。いいなーいまの小学生。

投稿者 yamato [TypeKey Profile Page] : 2006年03月29日 10:33