« 可動型ディスプレイ搭載モバイルノート | メイン | 「FlashGet」が完全無料化。今すぐダウンロード! »


 2006年06月15日

この日のCOTOBACO

次々に登場するFamily 2.0サイト


次々に登場するFamily 2.0サイト--テーマは家族のつながり - CNET Japan

こうしたサイトのことを「Family 2.0サイト」と呼んでもよいだろう。ティーンエージャーといっしょにMySpaceに顔を出すのは少し場違いと感じている人たち向けのサイトである。このような家族向けのサイトは随分前から存在していたが、新しいウェブテクノロジを活用したサイトはほとんどなかった。今では広く普及しているRSSフィードや地図リンクさえも使われていないサイトが大半だった。

Family 2.0ですか。あはははは。

ちなみにありがちな単語に「2.0」を付けてみるとなんとなくサイトのアイディアが浮かんでくるのがおもしろいです。
例えば5W1Hの法則に従うと、

When 2.0
Where 2.0
Who 2.0
What 2.0
Why 2.0
How 2.0

となるわけで、実際にWhen 2.0はカレンダー系のWebアプリなんかでも使われていますし、Where 2.0は地図アプリなどでしょうか。

Who 2.0がSNSになるのかどうかはわからないのですが、What 2.0とかWhy2.0、そしてHow2.0なんかはいわゆるQ&Aサイトの今っぽいやつになるんでしょうかね。

そんなわけでそういったことをあれこれ考えながら眠りにつくとすぐに眠れるので、いろいろな単語に2.0をつけながら寝てみてください。

ちなみにリンク先の記事はいろいろと参考になる部分が多く、勉強になりました。

J-WAVEでは木村カエラの「プリティ・ウーマン」が流れています。かっこいいですね。

「アテンションプリーズ」サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~ 「アテンションプリーズ」サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~


 投稿者 nagasawa : 2006年06月15日 17:05

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1838