« 6月16日のラッキーさん | メイン | パンダ型ロボットスーツ »


 2006年06月16日

この日のCOTOBACO

ビル・ゲイツ氏、Microsoft経営の一線から引退


ビル・ゲイツ氏、Microsoft経営の一線から引退

米Microsoftは15日(現地時間)、ビル・ゲイツ会長兼CSA(Chief Software Architect)が2008年7月をもって同社経営の一線から退くことを明らかにした。ゲイツ氏は、今後2年をかけて自身の権限を移行する。

先日、Sunのスコット・マクニリーが同様にジョナサン・シュワルツに権限移行したりで、IT業界の一時代を築いた創業者達はそろそろみんな引退して次の世代の経営者の時代になりそうです。

次のMSを率いるのはレイ・オジー。ああ、納得って感じ。
おもしろいのはSunにしろMSにしろ途中から入ってきた人が選ばれているってことですか。
プロパーの人って第3者的なものの見方・考え方ができなくなっちゃうんだろうな。

にしても後継者がいるというのは幸せな話で、Appleのスティーブ・ジョブズは引退したくてもできないもんね。
スティーブがいなくなったらAppleってどうなっちゃうんだろう、ってこと考えるともしかしたら80歳になっても現役で仕切っちゃってるかもしれないです。

後継者育成、ってのも大事な話ですね。


 投稿者 nagasawa : 2006年06月16日 12:56

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1844